こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
三ヶ日交通公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第655弾は、静岡県浜松市北区にある
「三ヶ日交通公園」です
三ヶ日交通1
2017年7月某日、マイハニーから
「次女ちゃんに自転車練習させてあげたい」

「一緒にやりましょう」との要望を伝えられました

たびたび書いていることですが
のりゅは、おでかけするのに忙しいし
おでかけ回顧録を作成するのも忙しいし
おでかけ情報の収集にも忙しいし
おでかけ計画を
立案・構築するのも忙しい
のです
ソレ以外にも
※世界救済活動を通じて精神練磨
(※世界を救う目的のRPGゲームをクリア
困難を乗り越え偉業を達成して精神修行です)
※読書を通じて叡智を高めているのです
(※ライトノベル読書)
あと、おまけで会社員してます

よって、娘の自転車練習などという雑事に
かまけている時間はありません!
…と本来ならば、上記主張を突きつけるところ
次女は実に運の良い娘でした

自転車をレンタル
安全に自転車練習だったり
交通マナーを学べる交通公園

静岡県浜松市中区にある「相生公園(紹介記事へ)」以外にも
浜松市内には、交通公園が存在します
ソコは、おでかけしていないスポットであり
のりゅは、機会があれば
おでかけすることを前々から目論んでいたのでした
よって、静岡県浜松市北区にある今回記事の舞台
「三ヶ日交通公園」へのおでかけを
マイハニーに提案しました

三ヶ日交通公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 33.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

駐車場 あり 無料

所在地 〒431-1411
静岡県浜松市北区三ヶ日町福長70−20

電話 053-524-3751(みかんの里資料館)

自転車レンタル営業日・時間
土・日・祝日 9:00~12:00 13:00~15:30 無料


備考 子供の自転車を持ち込んでも良いとのことです

セット訪問候補
みかんの里資料館(紹介記事へ) 隣接施設


我が家からマイカーを
走らせること約1時間!

次女の自転車練習はついでのおまけ!!
おでかけしてない公園の回顧録を
作成するため
、三ヶ日交通公園へ来園しました
三ヶ日交通2
マイハニー「次女ちゃんの自転車練習
近所の公園で良かったのに…」


道中、上画像だるそうに歩いている人
ぶつぶつ不満をもらしてました

では、回顧録本文ということで
三ヶ日交通公園の施設概要を紹介しましょう

三ヶ日交通公園は、回顧録序文で前述したとおり
自転車をレンタル、安全に自転車練習だったり
交通マナーを学べる交通公園
です
三ヶ日交通3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像上左は、三ヶ日交通公園にある自転車のレンタル所
ソレ以外の画像は、レンタルできる自転車の例です

補助輪付自転車、子供用自転車
大人でも乗れそうなママチャリまで用意されていました
三ヶ日交通4
(上画像は、拡大表示可能です)
自転車のレンタル営業日・時間
土・日・祝日 9:00~12:00 13:00~15:30
利用料金 無料

三ヶ日交通5
(上画像は、拡大表示可能です)
交通公園だけあって
アスファルト舗装の自転車専用コースが整備され
信号機、一時停止標識、踏切等がコースに設置されてます

上画像左、三ヶ日交通公園へ入園した時
だるそうに歩いていた人
三ヶ日交通6
次女の補助輪無し自転車練習に付き合うこと
5分も経たず休憩モードへ!
三ヶ日交通7
次女の補助輪無し自転車練習は
のりゅが引き継ぐことになりました


次女の補助輪無し自転車練習を提案してきた時
だるそうに歩いていた人は
「一緒にやりましょう」とか言ってましたが
近所の公園でも
この結果は、変わらなかった
と思います
三ヶ日交通7-1
のりゅが、まぁ~なんだかんだで
根気よく指導した結果、次女は、補助輪無しの自転車を
あるていど乗れるようになりました
三ヶ日交通8
次女の自転車練習に付き合った時間より
休憩時間の方が圧倒的に長かった人

「うん♪次女ちゃん、うまく乗れるようになったねー♪」と
さも、自分が仕込んだかのように
誇らしげに褒めてました

三ヶ日交通公園における
次女の自転車練習での思い出は以上です

三ヶ日交通公園は、自転車に乗り
自転車練習や交通マナーを学ぶ以外
公園遊具が設置されており、ソレで遊ぶことができます
設置されている公園遊具は
三ヶ日交通9
スプリング遊具
三ヶ日交通10
小型滑り台(複合遊具?)でした

補助輪無し自転車に乗れる長女は
勝手に自転車をレンタル
交通ルールを守る範囲で好き勝手乗り回したり
公園遊具で1人気ままに遊んでいました

といったところで、今回の回顧録終了です

三ヶ日交通公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト
岩根児童遊園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第654弾は、静岡県浜松市北区にある
「岩根児童遊園」です
岩根児童遊宴1
今より約3ヶ月ほど前、2017年6月下旬の話です
愛知県常滑市にあるエンターテイメントパーク
「ワンダーフォレストきゅりお(紹介記事へ)」
同施設内にある「ワンダースカイ(紹介記事へ)
愛知県半田市にある
「半田運動公園(紹介記事へ)」
「半田空の科学館(紹介記事へ)」といったスポットへ
おでかけしました

その時、のりゅは、※おこづかいの目減りを抑えるため
新東名高速道路を利用せず
静岡県浜松市北区の一般道路を走行していました
(※我が家のおでかけルール→ガソリン代以外の
かかった費用は、おでかけ希望者の自己負担)

旧細江町の道路を走行中、のりゅの視界に
見過ごせないモノが入りました
よって、のりゅは、今回記事の舞台
「岩根児童遊園」へ立ち寄ったのでした

岩根児童遊園

訪問先基本情報

浜松浜北付近からの距離 21キロ(片道)

到着目安 40分

駐車場 公園の敷地へ止められます

所在地 〒431-1305
静岡県浜松市北区細江町気賀10209
※岩根児童遊園は、上記所在地の隣にある公園

電話 管理団体がわかりません


岩根児童遊園に設置されている公園遊具を紹介します
岩根児童遊宴2
ブランコ

コレは見過ごせないモノではありません
岩根児童遊宴3
うんてい

コレも違います
岩根児童遊宴4
滑り台

コレまた違います
岩根児童遊宴5
岩根児童遊宴6
ぬぼぉ~とした表情の顔遊具

コレまたまたちが…
…いません、コレでした
コレが、のりゅ的に見過ごせない遊具でした

「コレが見過ごせないモノ?
頭おかしいのかしら?」なんて思った方

いらっしゃるかもしれません…

のりゅは、とても身近に
※そう思って
指摘してくる人が居ました!!

(※帰宅後、のりゅの話を聞いたマイハニーです)

一応、のりゅ的に見過ごせない理由を書かせていただくと
ぬぼぉ~とした表情の顔遊具が
設置されている公園

のりゅの知っている限り
岩根児童遊園を除くと
静岡県浜松市北区にある

「広岡児童遊園(紹介記事へ)」だけ
とても珍しい遊具
なんです

といったところで、今回の回顧録終了です

岩根児童遊園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松まつり会館へ来館
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第653弾は、静岡県浜松市南区にある
「浜松まつり会館」です
浜松まつり会館1
2017年8月21日(月)
のりゅは、娘達を引き連れ
静岡県浜松市内にある
おでかけしてない施設を巡る
おでかけをしました


一見なんでもない上記5行文ですが
※オブラートに包んで書いております
(※直接的な表現を避け、遠回しな言い方)
率直に書くと

無料開放される県民の日
タダでなければ、おでかけする気にならない
静岡県浜松市内の施設を巡りました!


となります

のりゅが、今まで積み重ねてきた
おでかけ実績を含めて
8月21日のおでかけプランを立案・構築したプロセス…
ソレをもっと詳しく知りたい方は
クリック先(クリックにて、参照記事へ)を読んでくださいませ

2017年8月21日(月)県民の日
浜松市中区にある「蜆塚公園(紹介記事へ)」
蜆塚公園内にある「浜松市博物館(紹介記事へ)」
同市同区内にある「浜松市楽器博物館(紹介記事へ)」
上記3スポットを巡りました
浜松まつり会館2
そして、この日のおでかけで最後の目的地だったのが
静岡県浜松市南区にある今回記事の舞台
「浜松まつり会館」でした

浜松まつり会館は、あくまで
のりゅ個人の価値観ですが

「浜松市博物館と浜松市楽器博物館
どっちも、お金を払って
入館するなんてありえないけど

浜松まつり会館は
1番ありえないよね~」


なんて考えを抱く施設でした

浜松まつり会館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 20.5キロ(片道)

到着目安 40分

駐車場 191台 無料

所在地  〒430-0845 静岡県浜松市南区中田島町1313

電話 053-441-6211

定休日 12/29~12/31以外は無休

営業時間 9:00~16:30

入館料 大人400円、中学背以下無料


浜松まつり会館3
上画像は、2017年度の
浜松まつりの凧揚げ合戦参加町数
御殿屋台引き回し参加町数
です

浜松まつり会館を施設概要を説明する前に
毎年5月3、4、5日に開催される
浜松まつりについて説明します

浜松まつりは、450年以上の歴史のある
静岡県浜松市の一大イベントです
開催期間中の観光客は、100万人以上
上画像の町数が参加、静岡県浜松市南区にある
「中田島砂丘」で開催される凧揚げ合戦と
1億円以上もかけて造られることもある煌びやかな御殿屋台
その屋台を持つ上画像の町数が
浜松市の中心街を引き回すことで有名な祭りです
浜松まつり会館4
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松まつり会館の館内マップです

浜松まつり会館は、祭りの開催期間でなくても
浜松まつりを学習できる施設です
浜松まつり会館4-1
のりゅが、浜松まつり会館へ入館
すぐに視界に入って、1番驚いたのは
上画像の入館者数の達成数値を見た時
です

1985年の開館からカウントされているのか?は
わかりませんけれど2016年4月17日時点で
入館者数130万人を達成したそうです
ということは、年間42000人くらい
1日平均115人くらい来館してるってことでしょうか?



マジっすか!?
無料開放日(県民の日)だったのに
※のりゅ達、浜松まつり会館へ来館した時
スタッフの方以外と出会いませんでしたよ!

(※この日最後の目的地、浜松まつり会館へ
来館したのが平日の15時過ぎだったのも理由の1つかも…)

のりゅ的には、お金を払って入館することが
1番ありえない施設であっても
他の方の価値観からすれば
そんなことはないのかもしれませんね…

浜松まつり会館5つのゾーンを紹介します
浜松まつり会館5
ゾーン①「凧糸製造室」

凧糸を製造していた機械
ソレにまつわる資料が展示されています
浜松まつり会館6
ゾーン②「ハイビジョンルーム」

浜松まつりのダイジェスト映像が鑑賞できます(上映時間8分)
浜松まつり会館6-1
ゾーン③「浜松出世大名」

太鼓芸能「浜松出世太鼓」で使用される太鼓を
展示しているとのことです

ゾーン①~③は、おまけなコーナーですね
浜松まつり会館7
ゾーン④「大凧展示室」

浜松まつりで使用される(た)凧が展示されています
記念撮影用の法被(はっぴ)が置かれていたので
娘達に着せて写真撮影しました
のりゅと娘達しかいない中、鳴り響いていた
ラッパの音と練りの声が寂し過ぎました…


大凧展示室にて記念撮影後
のりゅは、大凧展示室に
飾られている凧を1つ1つ確認しました

なぜ、そんなことをしていたのか?を書きますと
この時の自分は
ボス(マイハニー)から
とある任務を命じられていたからです

まったく気乗りしない任務内容でした
しかし、浜松市楽器博物館(紹介記事へ)の序文で書いた
マイハニーの実家敷地へ
マイカーを駐車させてもらうため
義父&義母(紹介記事へ)へ話を通してもらったがゆえ
のりゅは、断ることができませんでした

「めんどくさ~」とか考えながら任務開始
ターゲットは、見つからなかったので先へ進みました
浜松まつり会館8
ちなみに、大凧展示室では凧以外
法被も飾られていました
浜松まつり会館9
ゾーン⑤「御殿屋台展示室」

明治初期の屋台、明治後期の大八車
大正時代の底抜け屋台、御殿屋台が飾られています

センサーにて感知式なのでしょう
のりゅ達が、展示フロアに入ると
いきなり屋台の明かりが灯り
お祭りの音楽が流れたので、そこそこ驚きました
浜松まつり会館10
御殿屋台展示室メインは、上画像の
浜松市制80周年記念の御殿屋台ですね

とりあえず記念撮影はしました



浜松まつり会館の公式HPに記載されている
観覧所要時間は、30~40分
です
のりゅと娘達は、10分もかからず
一通りの観覧を終えました

任務を命じられず記念撮影しなかったら
観覧時間1~2分くらいだった
と思われます
浜松まつり会館11
5つのゾーンの観覧を終え
娘達は、平太鼓体験コーナーにハマっていました
浜松まつり会館12
平太鼓体験コーナーの利用時間は、9:00~16:00
看板には「順番ならんでね」と書かれていましたが
娘達は、やりたい放題な環境でした

娘達が、太鼓にハマっていた時間
のりゅは、ボスから命じられた任務を遂行するべく
スタッフの方がいる浜松まつり会館の事務所を訪ねました

ソコで、この日1番の「笑撃」を受けました!
浜松まつり会館13
スタッフの方「『二宮和也』さんの凧でしたら
去年で展示終了・解体されました」


のりゅが
ジャニオタのボス(マイハニー)から
命じられた任務内容
アイドルグループ「嵐」のメンバー
二宮和也さんが
テレビ番組の企画で造り揚げた凧を
写真撮影してくる
でした

二宮和也さんの凧は、マイハニー的に
浜松まつり会館へ足を運んでまで
見る気にはならない程度のこだわりの品でした
でも、何らかの機会があれば
写真でもいいから拝見したかったようですし
自宅を出発する際
「写真撮るの、絶対忘れないでね!」と
念を押された程度には
マイハニーにとって重要だったみたい
です



「やべぇ…笑いが込み上げてくる
解体された事実を知った時
ボスはどんな顔をするだろうか…?

まったく愉しみ過ぎるぜ!!」


のりゅは、最高の土産話をゲット♪
ボスの待つ自宅へ帰るべく

浜松まつり会館を退館しました☆

といったところで、今回の回顧録終了です

浜松まつり会館
興味を惹かれましたら来館してみてね☆
浜松市楽器博物館へ来館
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第652弾は、静岡県浜松市中区にある
「浜松市楽器博物館」です
楽器博物館1
2017年8月21日(月)
のりゅは、娘達を引き連れ
静岡県浜松市内にある
おでかけしてない施設を巡る
おでかけをしました


一見なんでもない上記5行文ですが
※オブラートに包んで書いております
(※直接的な表現を避け、遠回しな言い方)
率直に書くと

無料開放される県民の日
タダでなければ、おでかけする気にならない
静岡県浜松市内の施設を巡りました!


となります

のりゅが、今まで積み重ねてきた
おでかけ実績を含めて
8月21日のおでかけプランを立案・構築したプロセス…
ソレをもっと詳しく知りたい方は
クリック先(クリックにて、参照記事へ)を読んでくださいませ

2017年8月21日(月)県民の日
浜松市中区にある「蜆塚公園(紹介記事へ)」
蜆塚公園内にある「浜松市博物館(紹介記事へ)」と巡り
楽器博物館2
3番目の目的地が、静岡県浜松市中区にある
今回記事の舞台「浜松市楽器博物館」でした
楽器博物館2-1
県民の日、無料開放される施設としては
浜松市楽器博物館は
※入館料金が、お高い施設
です
※大人(大学生以上)800円もします
(※あくまで、のりゅ個人の価値基準です)
のりゅは、お金を支払って
楽器を観覧したい人の
価値観が理解不能です!!


この日は、入館料金は無料なので
のりゅの価値観的に、ギリギリセーフだったものの
浜松市楽器博物館には
もう1つの問題
があります
専用の駐車場がないため
移動手段がマイカーだった場合

「アクトシティ地下駐車場」「駅北駐車場」
浜松市楽器博物館付近の
有料駐車場を利用する必要があるのです

お金がかかるんじゃあ行く気になれませんね~
よって、知恵を働かせ
自分の持つ人脈を駆使!!
駐車料金を無料とすることに成功
しました
具体的に使った手段と人脈
楽器博物館2-2
浜松市楽器博物館まで
そこそこ頑張れば歩いて行ける距離にある
義父&義母(紹介記事へ)の住む
マイハニーの実家へマイカーを
駐車させていただきました!

そして、歩いて来館するつもりだったところ
なんと送迎してもらえました!
のりゅ日頃の行いによる人徳の賜物ですね~♪

浜松市楽器博物館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 17キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 ありません
※アクトシティ地下駐車場、駅北駐車場等が近くてオススメ

所在地 〒430-0929 静岡県浜松市中区中央3丁目9−1

電話 053-451-1128

定休日 毎月第2・4水曜日(祝日の場合は翌日)
8月は無休、年末年始

営業時間 9:30~17:00

入館料 大学生以上800円、高校生400円、中学生以下無料


楽器博物館3
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松市楽器博物館の見取り図です

浜松市楽器博物館は「アクトシティ浜松(公式HPへ)」
一角にある楽器専門の博物館
東洋最大の楽器博物館とのことです

建物の1階と地下1階が、浜松市楽器博物館スペース
建物1階には、浜松市楽器博物館の他に
ミュージアムショップ「アンダンテ(公式HPへ)」
カフェレストラン「LOLO 3RD CAFE(公式HPへ)」
併設のテナントとして営業しています
楽器博物館4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、浜松市楽器博物館ロビーです

ロビーには、上画像右
世界最大級の太鼓、クローン・エーが展示されてました
楽器博物館5
上画像は、浜松市楽器博物館
4つある常設展示室の1つ「第1展示室 アジア」です
約330点の楽器が展示されています
楽器博物館6
正直なところ、楽器への興味ゼロで入館した自分でしたが
上画像の楽器、ガムランには
「なんか、よくわかんないけどスゴいぞ!」と
圧倒させられちゃいました

ガムランは、ジャワ島の楽器で
厳密に書くと楽器ではなく演奏形態だそうです
打楽器を中心に、30種類の楽器を使用するとのことです
楽器博物館7
さらに世界最大の竹琴、竹筒を使用する演奏形態
ジュゴッグを見て

「ガンダムのモビルスーツ?
…って、それは
『ズゴック』だろ~が!」

あまり似ていない言葉を連想して
1人脳内ツッコミをしていた38歳男性
が居ました

ガムラン、ジュゴッグのような巨大楽器集合体には
興味ゼロの自分も軽いカルチャーショックを
与えられてしまいました
でも、第1展示室 アジアにて
展示されている楽器で
のりゅが1番驚いたモノは

楽器博物館8
(上画像は、拡大表示可能です)
絵本「※スーホの白い馬」で、登場する楽器
馬頭琴(ばとうきん)でした
(※クリックにて、絵本のWIKIページへ)

少年時代、何度も読んだことのある絵本の楽器を前にして
「現物はぢめてみた…」と、ちょい感動しちゃいました
楽器博物館9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、第1展示室 アジアの一角
日本の楽器展示コーナーです
こちらは、約200点の楽器が展示されているとのことです

上画像左赤枠部分に居る長女
浜松市楽器博物館へ入館してからというもの
上画像右ように、楽器の音を試し聞きできるヘッドホン
見つけては装着、楽しんでいました
楽器博物館10
箏(そう)の体験コーナーにて、娘達は
伝統的な日本の歌曲、さくらさくらに挑戦
次女は、ぺっぺっけぺ~でしたけれど
長女は、つたないながらも
それっぽく聞こえる程度には演奏
できてました



※のりゅの娘なのに信じられん!
(※のりゅの音楽の実力→4歳~10歳までの多感な時期に
ピアノを習っておきながら、ピアノやオルガンの鍵盤を見て
ドレミの配置がまったくわからない)
楽器博物館10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
箏(そう)の体験コーナーの後ろには
レファレンスコーナーがあります

レファレンスコーナーは、音楽関連の書籍を読める他
サウンドツアーという世界の楽器の音を聞いたり
気に入った音を使い作曲できるパソコンが設置されてました
ちなみに娘達は、作曲していたのではなく
適当に弄っていただけです
楽器博物館11
地下1階「第2展示室」へ移動しました

上画像は、オセアニアの楽器展示コーナー
約60点の楽器が展示されているとのことです
楽器博物館12
上画像は、アフリカの楽器展示コーナー
約60点の楽器が展示されているとのことです
楽器博物館13
上画像は、アメリカの楽器展示コーナー
約200点の楽器が展示されているとのことです
楽器博物館14
上画像は、ヨーロッパの楽器展示コーナー
約300点の楽器が展示されているとのことです

第2展示室へ移動した時点で
のりゅは飽きました!!

よって「第3展示室」の入ってすぐのところにある
シートに着席、娘達には
「この辺りに飽きたら、パパのところに来い」と伝えて
ライトノベルを取り出し、読書に没頭しました
楽器博物館13-1
読んでいた本は、8月20日に購入したばかりの
富士見ファンタジア文庫大人気作品
「※デート・ア・ライブ」でした
(※クリックにて、アニメの公式サイトへ)
(※クリックにて、小説のスペシャルサイトへ)

ブックカバーを付けていたので無問題!
周囲からは、文学青年にしか
見えなかったでしょうね♪

楽器博物館15
(上画像は、拡大表示可能です)
しばらくすると娘達がやってきたので
第3展示室を観覧することにしました

第3展示室は、オルガン、ピアノ、チェンバロ等の
鍵盤楽器
が展示されてます
「なんか高そうなモンばかりだなぁ~」が
一通り観覧した自分の感想でした

展示内容そのものよりも
第3展示室で面白かった出来事は

楽器博物館16
長女が、ノリノリになって
リズムをとっていたこと
でした
アップテンポの曲が流れていたんでしょうかね~?
楽器博物館17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、第3展示室を広範囲で撮影したモノです
上画像右赤枠部分では
楽器博物館18
(上画像は、拡大表示可能です)
スタッフの方によるチェンバロの
解説・演奏イベント
が開催されてました

娘達は、最前列で観覧
のりゅは、数枚写真撮影したのち
他の観覧客の邪魔にならないようイベントスルーしました
解説・演奏イベントに興味なかったのと
自分が聞いたところで
身にならないのだから意味がありません
合理的な判断
でした
(※だから、遠方から撮影した写真があるのです)
楽器博物館19
1階へ戻り「第4展示室」へ移動しました

第4展示室は、電子楽器、国産洋楽器が展示されてます
上画像赤枠部分の娘達は、第4展示室を足早にスルー
楽器博物館20
第4展示室の通り抜けた先にある「体験ルーム」へ突撃
楽器博物館21
(上画像は、拡大表示可能です)
体験ルームは、幼児でも適当に演奏できる楽器、ハンドベル
スチール・パン、電子ドラム
等が設置されており
自由に演奏できるコーナーです
楽器博物館22
馬頭琴(ばとうきん)も設置されてました

これから書くのは
のりゅが、マイハニーから
罵倒(ばとう)された話
です
回顧録序文で書いた義父&義母が
浜松市楽器博物館まで送迎してくれたエピソードを
帰宅後、マイハニーに語りました

マイハニー「アンタの人徳じゃないわ
冗談でも言わないでくれる!
気分が悪くなるから
だいたい、わたしのお父さん、お母さんが
孫を暑い中、歩かせるわけないじゃない!
アンタと違って人の心があるからね!!」


といったところで、今回の回顧録終了です

浜松市楽器博物館
興味を惹かれましたら来館してみてね☆
蜆塚公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第651弾は、静岡県浜松市中区にある「蜆塚公園」です
蜆塚公園1
2017年8月21日(月)
のりゅは、娘達を引き連れ
静岡県浜松市内にある
おでかけしてない施設を巡る
おでかけをしました


一見なんでもない上記5行文ですが
※オブラートに包んで書いております
(※直接的な表現を避け、遠回しな言い方)
率直に書くと

無料開放される県民の日
タダでなければ、おでかけする気にならない
静岡県浜松市内の施設を巡りました!


となります

ここまでは、前回記事(クリックにて、前回記事へ)でも
書いた内容です
浜松博物館3
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅと娘達は、2017年8月21日(月)県民の日
前回記事(クリックにて、前回記事へ)の舞台である
「浜松市博物館」を内包する公園
今回記事の舞台である「蜆塚公園」へ来園しました

蜆塚公園へおでかけした最大の理由
浜松市博物館(午前9時開館)があるから
…なわけですが

※蜆塚公園駐車場へは
午前7時半頃到着!!
しました…
(※浜松市博物館と蜆塚公園共用の駐車場)

この日、のりゅが
朝早く動くことを目論んだ意図
3つありました

朝早く動くことを目論んだ意図の1つ
①無料開放される県民の日
浜松市博物館がめっさ混み
駐車場が埋まってしまうことを
恐れたがゆえ…

蜆塚公園2
(上画像は、浜松市博物館外観&展示観覧時の様子です)
(上画像は、拡大表示可能です)
まったくの取り越し苦労でした!

朝早く動くことを目論んだ意図残り2つ
回顧録本文にて明かします…

蜆塚公園
(浜松市HP紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 19キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 45台 無料

所在地 〒432-8018
静岡県浜松市中区蜆塚4丁目22-1

電話 053-456-2208(浜松市博物館)

セット訪問候補
浜松市博物館(紹介記事へ) 内包施設


蜆塚公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
国指定史跡「蜆塚遺跡」マップです

蜆塚遺跡は、蜆塚公園内にある遺跡です
蜆塚公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
蜆塚遺跡の概要です

簡潔に蜆塚遺跡の概要を書くと縄文時代の村の跡です
蜆塚公園5
当時の村の様子が再現されてます
蜆塚公園6
竪穴式住居の正面に回ったら
内部に進入可能な入口がありました
蜆塚公園7
せっかく来た記念ということで入ってみました
蜆塚公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
厳重に保存された蜆塚遺跡の第1貝塚へ行ってみました
蜆塚公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
蜆塚遺跡の貝塚概要です
蜆塚公園10
蜆塚公園11
上画像2枚のような古代のゴミ捨て場を観覧できました
蜆塚公園12
蜆塚遺跡の端っこにある「旧高山家住宅」も行ってみました
蜆塚公園12-1
旧高山家住宅の概要です

江戸時代の終わり頃、浜名湖湖畔の標準的な住まいである
旧高山家住宅を蜆塚公園へ移築したとのことです
蜆塚公園13
(上画像は、拡大表示可能です)
旧高山家住宅は、内部を観覧することが可能でした

「ひひひ…お化けが出そうじゃな~い?」

娘達を先行させたのち
上記質問をしてみたのですが

次女「パパ、またバカなこと言ってる」

長女「パパが言ったこと
ママに言うからね!!」


娘達の恐怖心を誘発させることはできず
のりゅだけが痛手を被る結果となりました…
蜆塚公園14
(上画像は、拡大表示可能です)
旧高山家住宅では
かやぶき屋根の下で聞く日本の昔ばなし
というイベントが開催されているとのことです

かやぶき屋根の下で聞く日本の昔ばなし
利用条件 特になし、予約も不要
開催日・開始時間 毎月第2土曜日14時~
参加費 無料
備考 雨天でも開催されます


興味を惹かれた方は、蜆塚公園内にある
旧高山家住宅へ足を運んだのち
趣のある環境で昔話を聞いてみてはいかがでしょうか?
蜆塚公園15
(上画像は、拡大表示可能です)
旧高山家住宅から上画像赤枠部分にある
蜆塚公園「芝生広場」へ行ってみました

朝早く動くことを目論んだ意図残り2つ
空振りに終わりました!

②公園遊具を探す
③見つけた公園遊具で遊ぶ


上記が
朝早く動くことを目論んだ意図残り2つです

蜆塚公園は、公園遊具ゼロだったので
残り2つの意図は、意味が無かったわけであります…

といったところで、今回の回顧録終了です

蜆塚公園
公園遊具はありませんけれど
蜆塚遺跡&浜松市博物館(+旧高山家住宅)があります
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.