こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
横浜・八景島シーパラダイス プレジャーランド後編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第554弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「八景島シーパラダイス プレジャーランド後編」です
プレジャーランド後1
(上画像は、拡大表示可能です)
2017年3月上旬、のりゅと娘達、嫁の家族4名は
神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス」へ1泊2日の日程で
家族旅行をしてきました

第546弾(クリックにて、第546弾へ)より
回顧録の舞台となっている横浜・八景島シーパラダイス
旅行初日は「アクアリゾーツ」という
4つの水族館集合体を時間の許す限り楽しみました
そして、宿泊した翌日は
「プレジャーランド(遊園地)」のアトラクションを
楽しむことを予定としていました

横浜・八景島シーパラダイスを舞台とする
回顧録の第9回であり最終回の今回記事は
「プレジャーランド後編」と題しまして
「八景島」内に、点在する形で設置されている
プレジャーランドのアトラクション
プレジャーランドパス&
ワンデーパス
にて乗り放題の
※15機種の内7機種を紹介
思い出を振り返ります

(※紹介するのは、上画像赤枠部分のアトラクション)

ということは、前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「プレジャーランド前編」では
ワンデーパス&プレジャーランドパスにて
乗り放題となる15機種の内8機種を紹介
思い出を振り返ったわけですね

紹介・思い出の舞台となったアトラクションの1つ
サーフコースター リヴァイアサンでは
「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを信じる自分が
娘達に与えた試練
プレジャーランド後2
(上画像は、拡大表示可能です)
久々の大成功~♪♪
父娘の感動ドキュメンタリーをお送りしました
しかし、皆様、不思議に思いませんでしたか?
娘達が、泣くほど怖いジェットコースターを
何故おとなしく乗ったのか?
を…

娘達が、サーフコースター リヴァイアサンを
乗ることになった理由や経緯の詳細は
回顧録本文で明らかになりますが
現時点で、簡潔にソレを書くのなら
「偉大なる父の大いなる愛」
といったところでございます

横浜・八景島シーパラダイス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 230キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5520円(並木IC有料道路出口で降車の場合)
※2017年3月時点

駐車場 4000台 A・B・C駐車場 1200円(1日1台)

所在地 〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

電話 045-788-8888(インフォメーションガイダンス)
045-788-9632(直通)

定休日 冬期不定休

営業時間 施設・季節によって異なります
※ナイト営業で、わりと遅い時間までやっている施設あり

ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション15機種パス)
高校生以上 5050円、小・中学生・65歳以上 3600円
4歳以上の幼児 2050円

アクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 3000円、65歳以上 2450円
小・中学生 1750円、4歳以上の幼児 850円
※アクアミュージアムのシアターを鑑賞する場合
別途1人500円かかります

アクアリゾートパス&アクアシアター
高校生以上 3200円、65歳以上 2650円
小・中学生 1950円、4歳以上の幼児 1050円

プレジャーランドパス
高校生以上・65歳以上 3000円
小・中学生 2650円、4歳以上の幼児 1550円

なかよし親子5回券 2000円
(※一部利用できないアトラクションあり)

楽園ナイトパス(水族館4施設+ナイトアトラクション)
高校生以上 3300円、小・中学生・65歳以上 2200円
4歳以上の幼児 1600円
※夕方からの販売

ナイトアクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 2500円、小・中学生・65歳以上 1500円
4歳以上の幼児 800円
※夕方からの販売


プレジャーランド後3
(上画像は、拡大表示可能です)
シートレイン
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
雨天・強風でも利用可


メリーゴーラウンドとアクアミュージアム間を運行します
移動手段としても使えますが
短い区間でしか動きませんゆえ、八景島内の移動には
前回記事(クリックにて、紹介記事へ)で紹介した
島内バスの方が便利です

それはそれとして
※公式HPのシートレインの紹介記述には
「夢と希望を乗せて出発進行!!」と書かれています
(※クリックにて、公式のシートレイン紹介文へ)

この時の自分の夢と希望
与えた試練を通じて、娘達が涙を流し
その数だけ強くなること…

プレジャーランド後2
(上画像は、拡大表示可能です)
※叶っちゃいましたね♪
(※試練を与えたのは、シートレイン体験後の出来事です)

「横浜・八景島シーパラダイス
シートレインに乗ると夢と希望が叶う!」

この時の夢と希望の成就が
横浜・八景島シーパラダイスの
新しいジンクスになっちゃうかも~☆

プレジャーランド後4-1
レッドバロン
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
雨天・強風でも利用可


レバーで、飛行機の上昇下降操作が可能です
公式パンフレットでは
「パイロット気分を味わえる爽快アトラクション」
説明されています
プレジャーランド後4-2
※のりゅの乗った機体は
備え付けの機関銃が固定されていて動きませんでした
(※他の機体も同様なのか?は不明)

よって、娘の後方機体に乗り、狙い撃ちという
※のりゅ定番の遊びが、やりにくかったです
(※クリックにて、参照記事①へ)
(※クリックにて、参照記事②へ)
つまり、爽快感がイマイチでした…
プレジャーランド後5
ドランケン・バレル
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
雨天・強風でも利用可


酒樽の形をしたコーヒーカップです
そこらの遊園地では味わえない要素として
プレジャーランド後6
土台が斜めに傾くそうです
ぜひ、体験してみたかったのですが
のりゅ達の訪問日、点検・休止中でした
プレジャーランド後7
メリーゴーランド
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回500円
雨天・強風でも利用可


メリーゴーランドです
でも、単なるメリーゴーランドではなくて
プレジャーランド後8
(上画像は、拡大表示可能です)
アメリカ・サンフランシスコの木馬専門店が制作
木馬はもちろん、床も天井も全部木製とのことで
ドラマやCMでも使われたこともあるそうです

しかし、上記なポイントよりも
のりゅ的に「スゲー」と思ったのは
プレジャーランド後9
1列に、6基木馬が
設置されている場所があったこと
です

のりゅが、今までで見たメリーゴーランドの中では
※1回の稼働で、さばける客の数は
最大のモノ
でしょう
(※1回の稼働における最大定員は、111人とのこと)

去年の12月に来園した千葉県野田市にある
「もりのゆうえんち(紹介記事へ)」
メリーゴーランドの定員を明らかに上回っています
プレジャーランド後10
(上画像は、拡大表示可能です)
ピーターパン
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
雨天・強風でも利用可


童話のスーパースターと同じ名前のアトラクション
ライドは、軽いアップダウンをチョコマカ動くので
わりとめまぐるしい感じです

アトラクションとは、名前以外関係ありませんが
※「寿命尽きるまで『ピーター・パン』」
のりゅは、そんなことを嫁に宣言したことがあります
(※この時の経緯を知りたい方は、クリック先の記事を参照)

嫁「アンタが、ピーターパンなんて
『ティンカー・ベル』
キモがって近寄らないし
ネバーランドが崩壊するわね」


のりゅは、嫁から辛辣なお言葉を頂きました
コレって、のちのち考えたら
嫁は、盛大に自爆していると思いました
ティンカー・ベルが
キモがって近寄らず
ネバーランドを崩壊させる男と
結婚したオマエはいったい何なんだ?

ソレ以下の存在なのか?
プレジャーランド後11
(上画像は、拡大表示可能です)
バイキング
利用条件 身長110cm以上
利用料金 1人1回500円
強風でも利用可


それほど大型の海賊船ではありませんが
揺れの振れは、かなり大きく
最大傾斜は、約65度だそうです
プレジャーランド後12
(上画像は、拡大表示可能です)
長女が、コレに大ハマり
初回は、のりゅと乗ったのち
何度も何度も1人繰り返し楽しんでいました(赤枠部分)
プレジャーランド後13
ブルーフォール
利用条件 64歳以下、身長130cm以上
10歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回1000円
雨天でも利用可


降下アトラクションとしては
※日本一の高さ、100mから落下

(※アトラクションの最高部は、107m)
最大降下速度 は、125km/h、最大加重4G
2段落としの仕掛けのある

横浜・八景島シーパラダイスが誇る絶叫アトラクションです

「涙の数だけ強くなれる」
娘達に与える試練としては
申し分がないスペックのアトラクションでしょうけれど
娘達は、利用条件を満たしていないため
ブルーフォールを挑戦させたくとも
叶わないことは、重々承知していました
プレジャーランド後14-2
上画像は、公式パンフレットの
ブルーフォール利用条件表示マーク
です

上画像赤枠部分のマークの意味
「10歳までは、保護者の同伴が必要」です
でも、パッと見だけなら
「保護者が居れば身長-10cmまでOK」な
意味のマークに見えなくもないですよね?


「コレを見ろ!パパと一緒なら
オマエ達乗れるゾぉ~!!」


ブルーフォールを挑戦させたくとも
叶わないことは、重々承知していました
しかし、ブルーフォール公式パンフレット
利用条件表示マークは
娘達を煽る用途には
使えたわけでございます☆

サーフコースター リヴァイアサンを
娘達に、挑戦させるための仕込み①
でした

続いて、仕込み②
「「絶対嫌っ!」」と主張していた娘達に
「よし!分かった!こうしよう…」と取引を持ち掛けました

娘達との取引内容

①「リヴァイアサンへ乗るのなら
ブルーフォールは、乗らなくていいこと」

② ①の前提条件として
「のりゅが、1人でブルーフォールへ挑戦
直前になって怖気づいたのなら
娘達は、両方とも乗らなくていいこと」


上記でした
娘達が、どこまで取引内容を
理解して頷いたのか?は分かりませんが取引成立
のりゅは1人でブルーフォールを挑戦することになりました
プレジャーランド後14-3
ブルーフォールを下から見上げた光景です

正直シャレにならん高さだと思いましたね
どんな理由付けをしたところで、怖いものは怖いです…
プレジャーランド後15
(上画像は、拡大表示可能です)
娘達の泣き顔が見れるのなら
しかし、娘達の成長のためならば
のりゅは、どんな絶叫系でも
乗りこなしてみせるという覚悟
があります
(上画像の赤枠部分に、のりゅがいます)

娘達が「パパなんて口だけ!」
「どうせ乗れないでしょ~☆」と
思って取引に応じたのなら

「偉大なる父の大いなる愛」
見誤っていましたね
プレジャーランド後16
ブルーフォール、上昇している最中は
それほど恐怖を感じることはなく
てっぺんで「3,2,1…」とカウントが聞こえる時が
1番「やだなぁ…」と思う一時でした
急降下している最中は、恐怖を感じる間もない…
といった感想でした

ということで、ブルーフォールを体験
のりゅは、娘達との取引内容をこなしました
ゆえに、前回記事(クリックにて、前回記事へ)
娘達は、サーフコースター リヴァイアサンを
おとなしく挑戦したわけであります

といったところで、今回の回顧録終了
横浜・八景島シーパラダイスを舞台とする回顧録も終了です

横浜・八景島シーパラダイス
全9回という超長編にて紹介、思い出を書ききりました
少しでも皆様のおでかけ願望を刺激できたのなら幸いです
興味を惹かれた方は、おでかけしてみてくださいませ☆

おまけ

今回記事で紹介したアトラクション周辺には
ワンデーパス&プレジャーランドパス対象外の
遊べる内容があります
プレジャーランド後17
VSゲームコーナー
プレジャーランド後18
(上画像は、拡大表示可能です)
土・日・祝日限定営業
上画像のゲームがプレイできるとのことです
VSゲームコーナーは、メリーゴーランド周辺にあります
プレジャーランド後19
(上画像は、拡大表示可能です)
カーニバルハウス

横浜・八景島シーパラダイスオリジナルのグッズを
入手できるクレーンゲームや限定プリクラ等が設置されている
屋内アミューズメント施設、ブルーフォール付近にあります
プレジャーランド後20
(上画像は、拡大表示可能です)
シーパラキッズタウン
バッテリーカーやコイン電動遊具コーナーが
八景島内に3箇所あります
レストランプラザ前が、トレインゾーン
ブルーフォール横が、ドライブゾーン
バイキング横が、キャラクターゾーン
です
スポンサーサイト
横浜・八景島シーパラダイス プレジャーランド前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第553弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス プレジャーランド前編」です
プレジャーランド前1
(上画像は、拡大表示可能です)
2017年3月上旬、のりゅと娘達、嫁の家族4名は
神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス」へ1泊2日の日程で
家族旅行をしてきました

第546弾(クリックにて、第546弾へ)より
回顧録の舞台となっている横浜・八景島シーパラダイス
旅行初日は「アクアリゾーツ」という
4つの水族館集合体を時間の許す限り楽しみました
そして、宿泊した翌日は
「プレジャーランド(遊園地)」のアトラクションを
楽しむことを予定としていました

横浜・八景島シーパラダイスを舞台とする
回顧録の第8回目となる今回記事は
「プレジャーランド前編」と題しまして
「八景島」内に、点在する形で設置されている
プレジャーランドのアトラクション
プレジャーランドパス&
ワンデーパス
にて乗り放題の
※15機種の内8機種を紹介
思い出を振り返ります

(※紹介するのは、上画像赤枠部分のアトラクション)

振り返る思い出の中には
「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを強く信じる自分が
娘達に与えた試練…
利用条件、身長120cmオーバーの
ジェットコースターデビューにおける
感動ドキュメンタリー
も含まれております

皆様の涙腺が崩壊すること必至!!
ハンカチとティッシュを用意して
回顧録本文を読まれることを推奨いたします

横浜・八景島シーパラダイス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 230キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5520円(並木IC有料道路出口で降車の場合)
※2017年3月時点

駐車場 4000台 A・B・C駐車場 1200円(1日1台)

所在地 〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

電話 045-788-8888(インフォメーションガイダンス)
045-788-9632(直通)

定休日 冬期不定休

営業時間 施設・季節によって異なります
※ナイト営業で、わりと遅い時間までやっている施設あり

ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション15機種パス)
高校生以上 5050円、小・中学生・65歳以上 3600円
4歳以上の幼児 2050円

アクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 3000円、65歳以上 2450円
小・中学生 1750円、4歳以上の幼児 850円
※アクアミュージアムのシアターを鑑賞する場合
別途1人500円かかります

アクアリゾートパス&アクアシアター
高校生以上 3200円、65歳以上 2650円
小・中学生 1950円、4歳以上の幼児 1050円

プレジャーランドパス
高校生以上・65歳以上 3000円
小・中学生 2650円、4歳以上の幼児 1550円

なかよし親子5回券 2000円
(※一部利用できないアトラクションあり)

楽園ナイトパス(水族館4施設+ナイトアトラクション)
高校生以上 3300円、小・中学生・65歳以上 2200円
4歳以上の幼児 1600円
※夕方からの販売

ナイトアクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 2500円、小・中学生・65歳以上 1500円
4歳以上の幼児 800円
※夕方からの販売


プレジャーランド前2
(上画像は、拡大表示可能です)
シーボート 
利用条件 3歳以上
9歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回500円
雨天でも利用可


上画像左が、シーボートの稼働可能範囲
上画像右が、シーボートです
横浜・八景島シーパラダイスのシーボートは
人力(足漕ぎ)ではなく電動
疲れることなく海のお散歩が楽しめます

もうひとつ、そこらの遊園地のボートでは
味わえない要素
として
シーボートの稼働可能範囲の海で
イルカが飼育されており

海上散歩をしながらイルカを観覧したり
エサやり体験するようなイベント

楽しめるそうです
しかし…
プレジャーランド前3
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達の訪問時は、繁殖計画のため
シーボートエリアのイルカの展示は
当面休止中
でした
シーボートを利用したイベントも
当面休止
みたいです
ついでに、シーボートの営業も休止日でした
プレジャーランド前4
(上画像は、拡大表示可能です)
パラダイスクルーズ
利用条件 小学生までは、保護者の同伴が必要
利用料金 大人500円 小学生250円
雨天でも利用可


19世紀~20世紀のアメリカ、ミシシッピ川を走っていた
リバーボートをイメージして造られた遊覧船だそうです
ミニクルージングが楽しめます
プレジャーランド前5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、パラダイスクルーズの航路
乗り場は「八景島桟橋」「西浜桟橋」の2箇所です
そんでもって、西浜桟橋の文字を
大きく表示したのには理由があります

プレジャーランド前6
上画像の船の乗り場名称を見た嫁から

嫁「乗り場の名前
すっごく変よね~!」


のりゅが瞬間的に、理解できなかった発言がありました
「そんな発言をするオマエの方が変わってる」と
返してやろうかと思いましたが
一歩遅れて、嫁の勘違いを理解しました

「嫁のヤツ、桟橋を
『西浜さんって人が所有する橋』
だと思い込んでいるな…」

弄ぶ好機だと判断した自分は
嫌みったらしく勘違いを正してあげました
すると嫁(36歳)

嫁(36歳)「あらら
可愛い勘違いをしちゃったわね♡
私ってば、本当に可愛すぎるわね~♡♡」


周囲の海が凍結、そのまま地球規模で
氷河期になりかねない厚顔な発言
をもって
自身を擁護してました…
プレジャーランド前7
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅは、水平線の彼方を見つめたり
船から見える八景島を見ながら
嫁の発言を無視する他なく
周囲では、娘達の鳴らす大砲の音だけが
虚しく響いていました…
プレジャーランド前8
島内周遊バス
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円
雨天・強風でも利用可


島内の主要箇所を巡る周遊バスです
「アトラクション…?」と疑問を抱いてしまうかもしれませんが
プレジャーランドパス&ワンデーパス対応
15機種のアトラクションに含まれてます
八景島内は、わりと広いので
移動手段として島内バスを利用すると良いでしょう
プレジャーランド前9
(上画像は、拡大表示可能です)
スプラッシュート
利用条件 64歳以下、身長120cm以上
利用料金 1人1回500円
雨天でも利用可


急流滑りです
しかも、いくつかの点で
そこらの遊園地では
味わえない要素がある急流滑り
です

そこらの遊園地では、味わえない急流滑りな要素
ひとつめは、いきなりハイライト!
たいていの急流滑りは、水路をプカプカ移動したのち
最後に急流が待っているのが定番です
しかし、スプラッシュートは
最初に斜面を下ります

プレジャーランド前10
そんなスプラッシュ―ト
持参した合羽が、2組しかなかったので
のりゅと長女がトライすることにしました
プレジャーランド前11
(上画像は、拡大表示可能です)
そこらの遊園地では、味わえない急流滑りな要素
ふたつめは、出発前の
スプラッシュチャレンジルーレットにて
スプラッシュ度が変化すること
です
スプラッシュ度は、A,B,Cの三段階
Cが最強のスプラッシュ
とのことです

のりゅは、ルーレットが回って止まるまでの間
「Cよ出ろぉぉ~」とつぶやき、念じていたのですが
結果は、Aでした…
プレジャーランド前12
(上画像は、拡大表示可能です)
長女「パパ~♪残念だったね~♪♪」

満面の笑みを浮かべる長女に、皮肉を送られちゃいましたね~
よって「えー(Aー)」と小粋なギャグを返したところ
長女には、全く気づかれませんでした
プレジャーランド前13
(上画像は、拡大表示可能です)
そこらの遊園地では、味わえない急流滑りな要素
みっつめは、アトラクションを終えた船を
人力で降り場まで隣接させていたこと
です
さらに、客が全員降りると
人力で斜面まで船を着けたのち
そこからは、機械で上まで引き上げていました

機械技術の発展した2017年の日本
今だ、こんな人の力頼りなアトラクションが
存在しているなんて…
ちょいと感動しちゃいましたね~♪
でも、人の力頼りな分
恐ろしく回転率の悪いアトラクションでもあります
それほど順番待ちの人はいなかったのに
そこそこ待ち時間がありました
プレジャーランド前14
(上画像は、拡大表示可能です)
オクトパス
利用条件 身長110cm以上
利用料金 1人1回500円
雨天・強風でも利用可


上下に、回転が加わるので
酔いやすい方には、多少きついアトラクションかもしれません
スプラッシュート隣接のアトラクションでもあり
のりゅと長女が、スプラッシュートの順番待ちをしたり
アトラクション体験中
※次女は、コレを繰り返し体験していました
(※乗り物酔いしやすい嫁は、休憩していました)
プレジャーランド前15
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアライドⅡ
利用条件 5歳以上、身長110cm以上
利用料金 1人1回800円
雨天・強風でも利用可


チューブ型ライドに乗り、激流を下るアトラクション
上画像は、長女1人で乗っていますけれど
プレジャーランド前16
(上画像は、拡大表示可能です)
初回は、家族全員で乗船
2組しかない合羽は、娘達に着せました

ずぶ濡れ必至と得ていた前情報から
のりゅが濡れたならば
「コレが、真の『水も滴る良い男』だぜ!」と
自信満々に、宣言
してやろうかと思っていました
でも、※のりゅは、全く濡れませんでしたので
「水も滴る良い男」宣言を使う機会がありませんでした
(※娘達や嫁は、何度か濡れた場面がありました)
プレジャーランド前17
(上画像は、拡大表示可能です)
シーパラダイスタワー
利用条件 4歳までは、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
雨天でも利用可


地上90mまで、ゆっくりと回転しながら上昇します
あたりが暗くなると上画像右のように、ライトアップされます
プレジャーランド前18
(上画像は、拡大表示可能です)
横浜・八景島シーパラダイスの施設を上空から撮影したのは
このアトラクションを体験している最中でした
富士山や房総半島が見える時もあるそうです
プレジャーランド前19
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、横浜・八景島シーパラダイスは
わりと遅い時間帯まで営業している施設です
夜の遊園地を楽しむことが可能であり
シーパラダイスタワーは、ナイト営業時間に
稼働しているアトラクションのひとつ
です

のりゅ達は、滞在日数、遊べる時間、優先順位の関係から
スルーせざるえませんでしたが
八景ショー32
(上画像は、拡大表示可能です)
回顧録第549弾(クリックにて、第549弾へ)
おまけで紹介した映像イベント
スカイ ライト マジック
シーパラダイスタワーから
鑑賞できる特別運転(先着60名)
があるそうです
高さ90mからのスカイ ライト マジックを
鑑賞してみたいの方は、特別運転に参加してみてくださいませ
プレジャーランド前20
(上画像は、拡大表示可能です)
シーパラダイスタワーでの余談となります
娘達から

次女「ママと2人で座る!
パパは、あっち行って!!」


長女「なんで隣に座るの!?
いっぱい席あいてるでしょ!!」


なんて言われちゃいまして…
プレジャーランド前20-1
長女&次女(嫁)から離れた席へのりゅは
1人着席したなんて出来事
がありました
まぁ~、この時
のりゅは、娘達から
いつも以上に邪険にされてました

その理由は…
プレジャーランド前21
サーフコースター リヴァイアサン
利用条件 64歳以下、身長120cm以上
利用料金 1人1回1000円
雨天でも利用可


「涙の数だけ強くなれる」
娘達に試練を与えたからですね
プレジャーランド前22
(上画像は、拡大表示可能です)
サーフコースター リヴァイアサンのコースを上空から撮影
プレジャーランド前23
(上画像は、拡大表示可能です)
サーフコースター リヴァイアサンのコースを海上から撮影

海に突き出たコース
全長1271m、最高部44m、最高速度75km/h
2014年3月リニューアルされた
横浜・八景島シーパラダイスの人気ジェットコースターです
利用条件、身長120cmオーバーな
娘達のジェットコースターデビューには
申し分のないスペック
です
プレジャーランド前23-1
(上画像は、拡大表示可能です)
「乗らずに後悔するか、乗って航海するか」
アトラクションの解説として上画像の記述があり
施設側の自信をヒシヒシと感じました
しかし、娘達の場合、どちらでもありません!
「乗って後悔してもらいます」
乗った直後は、後悔したとしても
ソレが将来の財産となるのです…

「強い子に育ってほしい」という
のりゅの切実なる願い
ですね
そんな願いを
プレジャーランド前26
神様も応援してくれていたのでしょう
※1番前の席に座ることができました
(※次女&嫁は、2列目)
プレジャーランド前27
のりゅや嫁には、登って行く時だけが、ちょっと怖くて
走ってしまえば爽快なだけなコースターでしたが
プレジャーランド前28
プレジャーランド前28-1
娘達には、久しぶりに
上々な試練だったようですね♪


※最近、イマイチな結果が続いていましたからねぇ~
(※クリックにて、イマイチな結果の参照記事①へ)
(※クリックにて、イマイチな結果の参照記事②へ)
久しぶりに、泣き叫ぶ娘達を見れて
久しぶりに、娘達の成長を感じられて
のりゅは、大満足&超笑顔♪
パシャパシャ娘達を撮影しまくちゃいましたよ♪♪

嫁「アンタ、顔がキモチ悪すぎるわよ…」

晴れやかな気持ちに満ち満ちていて
嫁の発言も全く気になりませんでしたね~☆

といったところで、今回の回顧録終了です

横浜・八景島シーパラダイス、次回へ続きます☆

おまけ

2017年4月現在の横浜・八景島シーパラダイスでは
3つの乗り放題対象外アトラクションがあります
プレジャーランド前29
影鰐~喰人奇獣の館~
4歳以上500円
※ワンデーパス、プレジャーランドパス、
トワイライトパス持っている場合300円


特殊な懐中電灯を用いて
館の中の人喰い奇獣を撃退するアトラクション

レーザーミッション~スパイの罠~
4歳以上500円
※ワンデーパス、プレジャーランドパス、
トワイライトパス持っている場合300円


飛び交うレーザーをかいくぐって
制限時間内に、目標物を目指すアトラクション
プレジャーランド前30
氷の国 -アイスファンタジア-
1人1回400円
※ワンデーパス、プレジャーランドパス、
トワイライトパス持っている場合300円


氷点下の世界、本物の氷の世界を体感可能なアトラクション

乗り放題対象外とはいえ
ワンデーパスやプレジャーランドパス
トライワイトパスを持っている場合
割引価格で体験可能
です
興味のある方は、興じてみてくださいませ☆
横浜・八景島シーパラダイス うみファーム編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第552弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス うみファーム編」です
うみふぁーむ1
2017年3月上旬、のりゅと娘達、嫁の家族4名は
神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス」へ1泊2日の日程で
家族旅行をしてきました

第546弾(クリックにて、第546弾へ)より
回顧録の舞台となっている横浜・八景島シーパラダイス
第7回目となる今回記事は
「うみファーム編」と題しまして
横浜・八景島シーパラダイスの
「アクアリゾーツ」という4つの水族館集合体
うみふぁーむ2
最後の1つとなる「うみファーム」を紹介
思い出を振り返ります

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「ふれあいラグーン」にて
次女と一緒に、3つの有料イベントへ
参加する予定を抱えていた時間帯
合間を利用して、うみファームへ訪れてみました

横浜・八景島シーパラダイス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 230キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5520円(並木IC有料道路出口で降車の場合)
※2017年3月時点

駐車場 4000台 A・B・C駐車場 1200円(1日1台)

所在地 〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

電話 045-788-8888(インフォメーションガイダンス)
045-788-9632(直通)

定休日 冬期不定休

営業時間 施設・季節によって異なります
※ナイト営業で、わりと遅い時間までやっている施設あり

ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション15機種パス)
高校生以上 5050円、小・中学生・65歳以上 3600円
4歳以上の幼児 2050円

アクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 3000円、65歳以上 2450円
小・中学生 1750円、4歳以上の幼児 850円
※アクアミュージアムのシアターを鑑賞する場合
別途1人500円かかります

アクアリゾートパス&アクアシアター
高校生以上 3200円、65歳以上 2650円
小・中学生 1950円、4歳以上の幼児 1050円

プレジャーランドパス
高校生以上・65歳以上 3000円
小・中学生 2650円、4歳以上の幼児 1550円

なかよし親子5回券 2000円
(※一部利用できないアトラクションあり)

楽園ナイトパス(水族館4施設+ナイトアトラクション)
高校生以上 3300円、小・中学生・65歳以上 2200円
4歳以上の幼児 1600円
※夕方からの販売

ナイトアクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 2500円、小・中学生・65歳以上 1500円
4歳以上の幼児 800円
※夕方からの販売


うみファーム2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、うみファームを上空から撮影した写真です

うみファームは、2013年3月開業
横浜・八景島シーパラダイスの
アクアリゾーツという4つの水族館集合体の中では
最も新しい施設です
うみファーム3
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな、うみファームのマップです

うみファームは「食育ゾーン」「オーシャンラボ」
エリアが分かれています
それぞれのエリアの特徴は、のちのち詳しく紹介するとして
うみファーム4
(上画像は、拡大表示可能です)
うみファームのコンセプトは「海育」
「ひとが自然の海のふれあい
海と共に成長していく」
だそうです
海育という言葉と定義は、施設側の考えた造語のようです
言葉を真の意味で理解したい方は
上画像を拡大表示するなりして読んでくださいませ
うみファーム5
うみファームの入場には「ガイダンスルーム」
映像解説によるレクチャーを受けねばなりません
とはいえ、拘束時間は、約1分です
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
「ふれあいラグーン」ほどは、拘束時間が長くないので
何度も入退場を繰り返すようなことになっても
それほど気にするほどのものではないと思いました
何度も入場したくなる
施設じゃあなかったけれど…


ガイダンスルームを抜けると
最初にあるのは、食育ゾーンです
食育ゾーンには
2つのプレイゾーン(スクエア)があります
うみファーム6
フィッシングスクエア
釣竿やエサをレンタル、釣りを楽しめます
うみファーム7
ハンティングスクエア
軍手をレンタル
魚のつかみ取りを楽しめます


そんでもって、釣ったり捕まえた魚は
うみファーム7-1
からっとキッチンで、調理・揚げてもらい
うみファーム7-2
(上画像は、拡大表示可能です)
ダイニングシップ内で、食べるのが
食育ゾーンのプログラムですが
注意事項があります
うみファーム8
(上画像は、拡大表示可能です)
魚釣り&魚とり共に、別途有料です
利用条件、利用料金は、上画像の通り
さらに、釣ったり、捕えた魚1匹ごとに
※料金が発生します

(※例:アジの場合、1尾190円)
釣ったり、捕まえた魚を戻すことは禁止
「八景島」外へ持ちだすことも禁止なので
食べられる量だけ釣ったり
捕まえることがルール
だそうです
うみファーム10
(上画像は、拡大表示可能です)
真鯛高いっすね…
フィッシングスクエアに関しては
魚ごとに、区分けされているそうなので
狙ってもいない魚を釣る心配はないみたいですけれど…

食育プログラムを体験しなくても
お金の大切さと儚さは
学び成長した気がします…

八景特別17
(上画像は、拡大表示可能です)
もともとやる気なーし!
次女と一緒に、食育プログラムを体験するか?否か?
すっごく迷いましたが
上画像の予定を抱えていた合間に、うみファームへ
入場しましたゆえ、食育プログラムを体験するには
時間が足りないと判断しました
なので、食育ゾーンの「海育」を通じて
父娘成長することを諦め

うみファーム11
(上画像は、拡大表示可能です)
もうひとつのゾーン
オーシャンラボを見て回る「海育」を通じて
父娘共に、成長を図ることにしました

いけすを覗けばお魚が泳いでいました
上から見てもあまり面白くありませんでしたね…
のりゅと次女は、この時
成長していたのでしょうか?

うみファーム12
(上画像は、拡大表示可能です)
エサガチャ(1回100円)を購入
次女とお魚へのエサやり体験に興じてみました
のりゅと次女は、この時
成長していたのでしょうか?

うみファーム13
オーシャンラボ最大の見所と思えた
海中観覧船「サブマリンリサーチ」へ到着
うみファーム14
(上画像は、拡大表示可能です)
海中観覧船なんて言葉から
のりゅは、2015年12月末に
和歌山県東牟婁郡にある「串本海中公園」へ訪問した際
体験した「海中観光船&海中展望塔(紹介記事へ)」
思い出していました
うみファーム14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、串本の海です)
あの時は、串本の海が誇る世界最北のサンゴ礁や
綺麗な海に泳ぐメジナの大群なんかを観覧できましたが
うみファーム15
(上画像は、拡大表示可能です)
サブマリンリサーチからは
きったね~横浜の海中を観覧できました…
のりゅと次女は、この時
成長していたのでしょうか?


といったところで、今回の回顧録終了です

横浜・八景島シーパラダイス、次回へ続きます☆

おまけ①
うみファーム16
(上画像は、拡大表示可能です)
うみファームでは、
オーシャンラボ観察なっとくツアーという
有料イベントが開催されているそうです
利用条件、利用料金、受付場所は上画像の通り
飼育員さんの解説付で変な生物に会えたり
ブリやマダイにエサやり体験ができたりするそうです

おまけ②
うみファーム17
(上画像は、イベント時のモノではありません)
うみファームでは
オーシャンラボでうおうさおうという
無料で観覧できるイベントが開催されてます
イベント内容は、飼育員さんが
右へ左へとエサを投入することで
右往左往する魚を観覧できるとのことです
このイベントに興味のある方は
横浜・八景島シーパラダイスのうみファームへ行く前に
開催スケジュールを確認しておくことをオススメします
横浜・八景島シーパラダイス 特別イベント参加編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第551弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス 特別イベント参加編」です
八景特別1
上画像は「横浜・八景島シーパラダイス」
コニュニケーションプログラム
シロイルカと遊ぼう
に参加
ベルーガにチューされている長女です

2017年3月上旬、のりゅと娘達、嫁の家族4名は
神奈川県横浜市金沢区にある
横浜・八景島シーパラダイスへ1泊2日の日程で
家族旅行をしてきました

第546弾(クリックにて、第546弾へ)より
回顧録の舞台となっている横浜・八景島シーパラダイス
第6回目となる今回記事は
「特別イベント参加編」と題しまして
横浜・八景島シーパラダイスの
「アクアリゾーツ」という4つの水族館集合体
ふれあいラグーン2
(上画像が「ふれあいラグーン」です)
その1つ、ふれあいラグーンで参加できる
有料イベントを紹介
ソレに参加した思い出を振り返ります

第546弾(クリックにて、第546弾へ)の回顧録で
「横浜・八景島シーパラダイスへの
興味が薄く、ローテンションだった嫁

必要な人材だったので連れてきた」と
書いたわけですが
アレって、今回記事の伏線だったんですね~
嫁がどういった人材として必要だったのか?
ずっと明かされなかったことに対して
まぁ、だ~れも気にしていかったと思いますけれど
今回記事で明らかになります

横浜・八景島シーパラダイス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 230キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5520円(並木IC有料道路出口で降車の場合)
※2017年3月時点

駐車場 4000台 A・B・C駐車場 1200円(1日1台)

所在地 〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

電話 045-788-8888(インフォメーションガイダンス)
045-788-9632(直通)

定休日 冬期不定休

営業時間 施設・季節によって異なります
※ナイト営業で、わりと遅い時間までやっている施設あり

ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション15機種パス)
高校生以上 5050円、小・中学生・65歳以上 3600円
4歳以上の幼児 2050円

アクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 3000円、65歳以上 2450円
小・中学生 1750円、4歳以上の幼児 850円
※アクアミュージアムのシアターを鑑賞する場合
別途1人500円かかります

アクアリゾートパス&アクアシアター
高校生以上 3200円、65歳以上 2650円
小・中学生 1950円、4歳以上の幼児 1050円

プレジャーランドパス
高校生以上・65歳以上 3000円
小・中学生 2650円、4歳以上の幼児 1550円

なかよし親子5回券 2000円
(※一部利用できないアトラクションあり)

楽園ナイトパス(水族館4施設+ナイトアトラクション)
高校生以上 3300円、小・中学生・65歳以上 2200円
4歳以上の幼児 1600円
※夕方からの販売

ナイトアクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 2500円、小・中学生・65歳以上 1500円
4歳以上の幼児 800円
※夕方からの販売


ふれあいラグーン8-1
上画像は、横浜・八景島シーパラダイス
ふれあいラグーン内施設「プログラム受付」です

コミュニケーションプログラム
ガイドプログラムの受付
施設側の撮影した写真の購入

全てココが取扱所です
八景特別2
(上画像は、拡大表示可能です)
コミュニケーションプログラム&ガイドプログラム共に
数種類のメニューが用意されており
どれも先着順・早いモノ勝ちです
横浜・八景島シーパラダイスへ赴き
有料イベントに、参加されたい方は
真先に、ふれあいラグーンへ入場、プログラム受付へ行き
自身が参加したいイベントの受付を
済ませておくことをオススメします

コミュニケーションプログラム&ガイドプログラム共に
1日複数回開催されるメニュー
※参加する時間の指定も可能です
(※定員に空きがあれば…のお話です)

そして、もうひとつ注意事項があります
のりゅと長女の参加した
コニュニケーションプログラム
シロイルカとあそぼう

ソレに限らず、複数あるコミュニケーションプログラムは
※インターネット上で事前予約が必要です
(※上画像のプログラム受付のモニター案内では
空きありの表示があって、事前予約しなくても
空きがあれば参加できるみたいです)

さて、有料イベントの参加方法、注意事項の説明は
こんなところでおしまい
のりゅ&長女が参加したコミュニケーションプログラム
シロイルカとあそぼうから紹介、思い出を振り返ります
八景特別3
シロイルカとあそぼう
利用条件 小学1年生以上
小学生は保護者の同伴が必要
定員 各回10名
所要 50分(レクチャー30分、遊び15分、着替え5分)
利用料金 1名2100円
備考 インターネット上で事前受付が必要


水深60cmの浅瀬に入り
ベルーガ(シロイルカ)とふれあえる
コミュニケーションプログラム
です
このプログラムに参加することを決めたきっかけは
嫁への嫉妬です

2016年5月に来館した千葉県鴨川市にある
「鴨川シーパラダイス(紹介記事へ)」にて、嫁は
イルカの海 コミュニケーションタイムという
擬似トレーナー体験ができるイベント
参加しました
上記の体験を単なるエサやり体験だと思っていた自分は
1000円をケチり、安易にパスしたことを後悔したのです

「旦那様を差し置いて
楽しそうな体験しやがってぇ~!」

後悔は嫁への嫉妬に変化
しました

そんな経緯から横浜・八景島シーパラダイスでは
「嫁を上回る貴重な体験をしてやる!」
考えまして、特別イベントへの参加を決意したわけですね
八景特別4
(上画像は、拡大表示可能です)
シロイルカとあそぼうは、受付を済ませ
上画像の恰好に着替えるところから始まります
上画像左は、中の胴長
水を通さない素材です
胴長を履いた段階で、長女から
「パパ、魚屋さんみたい」と言われちゃいましたね~
10数年前は「みたい」じゃなくて、魚屋だった過去があります

フル装備は、上画像の真ん中、右です
八景特別5
着替えが終われば、案内係のスタッフと
ふれあいラグーンの「ホエールオーシャン」へ行き
ベルーガプールの浅瀬へ入ります

ここでの注意事項があります
シロイルカとあそぼうの参加者は
カメラを携帯することができません

よって、のりゅは
嫁に、プール反対側からの
カメラ撮影を頼みました

上記が、嫁が必要な人材だった理由です

他にも
「オマエ以上の体験を楽しんでやる
羨ましいだろぉ~♪」と
見せつけてやるためにも
嫁を連れてくる必要がありますよね☆

八景特別6
(上画像は、拡大表示可能です)
シロイルカとあそぼうで、最初の体験は
いきなり、1番楽しみにしていた
ベルーガからのキッスでした

嫁以外の女性(メス)から
チューされちゃいましたね~♪
この時
マイハニーの内心は
嫉妬の嵐だったかもしれませんねぇ~♪
HAHAHA~♪♪

八景特別7
ベルーガがお腹を触らせてくれた場面
八景特別8
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達の合図で「海のカナリア」なんて別称で呼ばれる
ベルーガが鳴いてくれる場面
父娘の合図のタイミングがあってません!
八景特別9
(上画像は、拡大表示可能です)
参加者がその場で回るとベルーガも回ってくれる場面
八景特別10
ベルーガが口の中を見せてくれ、お触りもOKだった場面
八景特別11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、参加者がフラフープを投げて
ベルーガが取ってきてくれる場面なのですが
のりゅが最も緊張した体験内容でした
岐阜県各務原市にある
「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ(紹介記事へ)」での
アシカへのフラフープアシスト失敗による
トラウマ(心的外傷)が緊張した理由
でした
力加減を間違えて
隣のイルカプールまで飛ばしちゃいかねないし
無難にこなせて一安心でしたよ~
八景特別13
(上画像は、拡大表示可能です)
参加者の合図で、ベルーガが
右へ左へ体勢を傾けてくれる場面

そして、次が、キッス以外のもう1つのハイライト
八景特別14
(上画像は、拡大表示可能です)
ベルーガと水の掛け合いっこをする場面です
ただし、返ってくる水の量は
バケツ3杯分
だそうです
のりゅは、貴重にして非日常体験
男らしく正面から受け止めました!
八景特別15
(上画像は、拡大表示可能です)
長女は、トレーナーの方から教わった
掛けた瞬間、後ろを向く防御法を実践してました
貴重な機会なのに、もったいないですよねぇ~

ともあれ、シロイルカとあそぼうが終了となりました

横浜・八景島シーパラダイス、ふれあいラグーンの
コミュニケーションプログラムは
シロイルカとあそぼう以外にも

イルカ・クジラとあそぼう
利用条件 小学1年生以上
小学生は保護者の同伴が必要
定員 各回10名
所要 50分(レクチャー30分、遊び15分、着替え5分)
利用料金 1名2100円
備考 インターネット上で事前受付が必要


イルカ・コビレゴンドウ(クジラ)と遊べるモノもあります
体験内容は、シロイルカとあそぼうと同様みたいですが
参加者がジャンプの合図を出して
イルカが応えてくれる場面があるみたいです
さらに

シロイルカ・イルカ・クジラとおよごう
利用条件 小学5年生以上、25m以上泳げる方
小学生は保護者の同伴が必要
定員 各回10名
所要 100分
(レクチャー・着替え30分、遊び40分、シャワー着替え30分)
利用料金 1名12400円
備考 インターネット上で事前受付が必要


「遊ぼう」よりも「泳ごう」という
上位の体験プログラム
もあります
その分、利用条件のハードルが高く
利用料金も高め、所要時間も長いのですが
3種類のイルカと1度にふれあえ
イルカの背びれにつかまって
プール内を泳ぐなんて体験
もできちゃえるそうです
いつかは、娘と一緒にチャレンジしてみたいです

シロイルカとあそぼうを終えたあと
プログラム受付へ戻り
八景特別15-3
ベルーガからキッスされている上画像の写真を購入しました
ついでに、自分がキッスされている写真も
購入しようと手にとったところ

嫁「買ってもいいけど
アンタの喜んでるキモい写真なんて
家には飾らせないからね」


嫁から上記の発言があったため購入を諦めました
まったく…
のりゅが、女性(メス)に
キッスされている写真
だから
やっぱり嫁は
ヤキモチをやいていたんでしょうねぇ~♪
モテる男はつらいですぅ~♪♪
HAHAHA~♪♪

というわけで
嫁を気遣ってあげたわけでございます☆

そして、もう一人、嫉妬の嵐な人物がいました
八景特別16
我が家の次女です
上画像は、ご機嫌状態ですけれど
なだめるのに、お金を費やすハメになりました

次女は「ねーねばっかりずるい…」と
特別なイベント体験をして
写真を購入してもらった長女に嫉妬
のりゅが「幼稚園児は、参加資格がない!仕方ないの!」と
言い聞かせても納得してくれませんでした
八景特別17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅ&娘達が
参加した有料イベント
です

次女には、有料イベントを1つだけ参加
納得してもらおうとしたところ

嫁「次女ちゃん、長女ちゃんの
やったヤツの方が高いわよ」


余計なアドバイスをする輩が居たので
アレもコレも…と次女と一緒に
3つの有料イベントへ参加することになりました
八景特別18
そして、かき乱した輩
ホテルのチェックイン時間になったら
「もう私の役目は終わったわね」と言って
※長女を連れ、ふれあいラグーンを退場しました
(※長女は「ママとちょっと休もうよ?」と誘われ
あっさりついて行きました)



皆様、女性にヤキモチを焼かせる時は
後の事まで考えた方がいいですよ☆

八景特別19
シロイルカのおでこにタッチ
利用条件 介助機具なしで自立歩行ができる方
9歳未満は、保護者の同伴が必要
定員 30名(1回)平日1回、土休日3回
開催スケジュール 公式HPにて確認推奨
所要 20分
利用料金 1名520円(4歳以上)


イベント体験内容は、ベルーガへの
おでこタッチだけではありません
参加者が合図を送りベルーガが鳴いてくれる等
擬似トレーナー体験が可能なイベントでした
嫁は、長女を連れてホテルへ昼寝に行き
のりゅは、付き添い役でカメラを持ち込めないから
上画像の購入写真しか体験時の様子を
ブログに掲載できないのが残念です

ちなみに、施設側が写真撮影してくれる際
のりゅも一緒に写ることも可能だったのですが、次女に

次女「パパと一緒の写真なんて嫌っ!
ねーねは、1人で写ってた!ずるい!!」


と主張されてしまったので
のりゅは、一緒に写ることを辞退しました…
八景特別20
イルカごはん
利用条件 介助機具なしで自立歩行ができる方
9歳未満は、保護者の同伴が必要
定員 30名(1回)平日1回、土休日2回
開催スケジュール 公式HPにて確認推奨
所要 20分
利用料金 300円(魚3尾)


イルカにエサやり体験ができるイベントです
施設側から与えられる3尾中、2尾の魚は
次女が楽しみましたが
八景特別21
のりゅは、1尾だけ分けてもらえました

イルカごはん以外の
ふれあいラグーンのイルカ関連イベントとして

イルカとあくしゅ
利用条件 介助機具なしで自立歩行ができる方
9歳未満は、保護者の同伴が必要
定員 30名(1回)平日1回、土休日2回
開催スケジュール 公式HPにて確認推奨
所要 20分
利用料金 1名520円(4歳以上)


イルカと握手するという体験内容のモノがあります
コチラに関しては、イルカごはんとイルカと握手の
イベント開催時間の関係からどちらか?しか参加できず
のりゅは、ホッとしました
興味のある方は、ぜひ参加してみてくださいませ
八景特別22
カワウソとあくしゅ
定員 各回15名(1回) 1日2回
開催スケジュール 公式HPにて確認推奨
利用料金 1名300円
備考 利用条件の記載が公式HPにありませんでした
気になる方は、電話連絡にて確認推奨


前回記事(クリックにて、前回記事へ)で紹介した無料イベント
コツメカワウソの時間のあと開催されるイベントです
コツメカワウソに、エサをあげるついでに
握手しちゃえるわけですね
八景特別23
以上、3つの有料イベントをこなして
次女ちゃまのご機嫌取りは終了しました
といったところで、今回の回顧録終了です

横浜・八景島シーパラダイス、次回へ続きます☆

おまけ
八景特別24
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達は、参加しませんでしたけれど
ふれあいラグーンでは

ウォーキングツアー
利用条件 9歳未満は、保護者の同伴が必要
定員 15名(1回) 1日3~10回
開催スケジュール 公式HPにて確認推奨
所要 20分
利用料金 1名520円(4歳以上)


ウォーキングツアーが、1日けっこうな回数開催されてます
ゴマフアザラシに触ったり、ごはんをあげたり
セイウチやオタリアにも間近で会えるみたいです
興味のある方は、参加してみてくださいませ
横浜・八景島シーパラダイス ふれあいラグーン編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第550弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス ふれあいラグーン編」です
ふれあいラグーン1
2017年3月上旬、のりゅと娘達、嫁の家族4名は
神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス」へ1泊2日の日程で
家族旅行をしてきました

第546弾(クリックにて、第546弾へ)より
回顧録の舞台となっている横浜・八景島シーパラダイス
第5回目となる今回記事は
「ふれあいラグーン編」と題しまして
横浜・八景島シーパラダイスの
「アクアリゾーツ」という4つの水族館集合体
ふれあいラグーン2
(上画像が「ふれあいラグーン」です)
その1つ、ふれあいラグーンを紹介
そこでの思い出を振り返ります

横浜・八景島シーパラダイス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 230キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5520円(並木IC有料道路出口で降車の場合)
※2017年3月時点

駐車場 4000台 A・B・C駐車場 1200円(1日1台)

所在地 〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

電話 045-788-8888(インフォメーションガイダンス)
045-788-9632(直通)

定休日 冬期不定休

営業時間 施設・季節によって異なります
※ナイト営業で、わりと遅い時間までやっている施設あり

ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション15機種パス)
高校生以上 5050円、小・中学生・65歳以上 3600円
4歳以上の幼児 2050円

アクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 3000円、65歳以上 2450円
小・中学生 1750円、4歳以上の幼児 850円
※アクアミュージアムのシアターを鑑賞する場合
別途1人500円かかります

アクアリゾートパス&アクアシアター
高校生以上 3200円、65歳以上 2650円
小・中学生 1950円、4歳以上の幼児 1050円

プレジャーランドパス
高校生以上・65歳以上 3000円
小・中学生 2650円、4歳以上の幼児 1550円

なかよし親子5回券 2000円
(※一部利用できないアトラクションあり)

楽園ナイトパス(水族館4施設+ナイトアトラクション)
高校生以上 3300円、小・中学生・65歳以上 2200円
4歳以上の幼児 1600円
※夕方からの販売

ナイトアクアリゾートパス(水族館4施設)
高校生以上 2500円、小・中学生・65歳以上 1500円
4歳以上の幼児 800円
※夕方からの販売


ふれあいラグーン3
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあいラグーンの施設マップです

ふれあいラグーンは、魚や海の動物と
超近距離で、ふれあえる水族館です
ソレがどれほどのものなのか?は
施設内展示や無料イベントを通じて紹介するとして
ふれあいラグーン4
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあいラグーンへ入場するには
エントランス「ウェルカムポート」
約5分間の映像による注意事項を視聴せねばなりません
1回退場すると再度
ウェルカムポートのレクチャーを
受ける必要があります

のりゅは、昼食のため、他の施設を見て回るため
ふれあいラグーンの入退場を繰り返し
ふれあいラグーン5
ココのレクチャーを4回受けました
さすがに、飽きたのでしょう
4回目のレクチャーの際には
娘(次女)は、赤枠部分のようにダレていました
ふれあいラグーン6
ウェルカムポートから入場
すぐ正面にあるのが「フレンドリーサークル」
ちょっとしたイベント会場です
のりゅは、ココで開催される無料イベント
ふれあいパフォーマンスに参加しました

ふれあいパフォーマンス
セイウチ&オタリア

開催スケジュール 公式HPにて確認推奨


セイウチやオタリアが登場
ちょっとしたパフォーマンスを披露してくれたのち
ふれあいラグーン7
(上画像は、拡大表示可能です)
お触りタイムがあって
ふれあいラグーン8
記念撮影タイムがありました
ふれあいラグーン8-1
スタッフの方の撮影した写真を入手するには
上画像の施設「プログラム受付」へ行き
有料で購入せねばなりませんが
スタッフの方の横あたりから
自分のカメラで撮影する分には無料です
ふれあいラグーン9
たいした性能のカメラでもなく
撮影技能もへっぽこな自分の撮った
ふれあいパフォーマンスにおける
次女とセイウチの2ショット写真は
上画像程度のクオリティでした
しかし、スタッフの方の撮った写真は
素晴らしい出来栄え
でした
「セイウチが2匹!?」と
錯覚するほどのクオリティ

プログラム受付へ写真の確認に行った自分は
「エクセレント!」と惜しみない拍手を送ったほどでした
よって

「この写真スゴいねぇ~
次女ちゃんが2人いるみたいだよぉ~
パパが買ってあげるから
お友達に見せて自慢してみるぅ~?」


写真を購入してあげる旨を次女に伝えたところ
何故か力いっぱい拒否されました…
イベントで写真を撮ってもらう時はノリノリだったのに
「女心と秋の空」ってヤツですかね~?
この時も今も春なのにねぇ~☆
ハハッ♪(←どこぞのネズミ風の笑い)
ふれあいラグーン11
(上画像は、拡大表示可能です)
フレンドリーサークルから奥へ行くと「ヒレアシビーチ」です
ゴマフアザラシ、オタリア、※ペンギン等を観覧できます
(※のりゅ達の訪問時は、鳥インフルの関係で
ペンギンは展示休止中でした)
しかも、凝った造りの水槽にて観覧可能です
ゴマフアザラシのプールにあるのは、※円柱水槽
(※実は、上画像の円柱水槽は別の場所のモノです
ふれあいラグーンでは、5分くらい粘っても
アザラシが通過してくれなかったので流用しました)
ふれあいラグーン12
(上画像は、拡大表示可能です)
オタリアは、水中トンネルから泳ぐ姿を観察可能でした
横浜・八景島シーパラダイスは
水槽のクオリティや趣向が素晴らしいですね

さらに、ヒレアシビーチには
上部観察デッキも設置されてます
ふれあいラグーン13
上画像は、上部観察デッキから撮影
フレンドリーサークルで休憩中
ふれあいラグーンを
細部まで観覧しなかった嫁
です
マイハニーは「休んでる」と言うので
オタリアの水中トンネルは、のりゅと娘達で通過
嫁は、家族でただ1人未体験でした
帰宅後、オタリアの水中トンネルの写真を見た嫁に
「こんなのあったの?教えてくれれば行ったのに…」
のりゅは、軽く非難されました

のりゅは、ふれあいラグーンを
見て回る前も誘って
オタリアの水中トンネル通過後
「奇麗だったよ~、行ってみる?」と
誘った
んですね
のりゅは、2回誘った事実を指摘すると
嫁は「そうだったかしら…?」と呟き

嫁「たぶん、アンタの誘い方が
悪かったんじゃない?」

責任転嫁され話題は打ち切られました




嫁の記憶力は
都合の悪いことは忘れる便利仕様

さらに、責任転嫁が得意な
娘達の師匠
だけあって
その技は、超一流です
ふれあいラグーン14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像が、上部観察デッキ(上画像上左)
他の画像が、上部観察デッキから観覧した
ゴマフアザラシ(上画像上右)、オタリア(上画像下左)
セイウチ(上画像下右)です
ふれあいラグーン16
ふれあいラグーンの出口付近には
コツメカワウソの展示場があります

コツメカワウソの時間
開催スケジュール 公式HPにて確認推奨


常設の展示場ではなく、イベント開催時間になると
コツメカワウソが展示場に放たれます
ちなみに、観覧無料でした
ふれあいラグーン17
(上画像は、拡大表示可能です)
コツメカワウソは、前足を器用に扱えること
水中投下された食べ物を器用に探し出す等
飼育員さんの解説付で、生態や習性を楽しく学べました
ふれあいラグーン18
コツメカワウソの時間で、周囲の若い観客女性が
歓声を上げたのは
飼育員さんに焦らされた
コツメカワウソが鳴きながら腕を
伸ばし続けていたシーン
でした

あざとい女性が「可愛い~♡」と言いつつ
「言ってる私が可愛いだろ?」な作戦

展開するには、最高のシュチュエーションですね
実際この時、展開されていた方もいらっしゃたのでしょう…
この記事を読んでいて
狙っている男性がいる女性の方、使えますよ♪
ふれあいラグーン19
上画像が、ふれあいラグーンのメイン展示施設
「ホエールオーシャン」です
ふれあいラグーン20
イルカ
ふれあいラグーン21
ベルーガを上画像ほどの近距離で観察できる他
ふれあいラグーン22
赤枠部分のように
横向きになってイルカやベルーガが
「※触ってもいいよ」な体勢になった場合は
無料でお触りOK
なのです
(※顔に触る、海の生物が嫌がる行為等は禁止)

フレンドリータイム
シロイルカ&イルカ

開催スケジュール 知りたい方は、施設に直接連絡を推奨
公式HPでは開催時間の記載を発見できませんでした


ホエールオーシャンで開催される無料イベント
フレンドリータイムを狙えば
イルカやベルーガに触れる可能性大です
ふれあいラグーン23
ホエールオーシャンより奥にあるのは
東京湾の岩礁、砂地、藻場を再現した「サカナリーフ」です
プールに入ることが可能
ふれあいラグーン24
プール内は、魚がうようよ泳いでいます
魚のいるプールをざぶざぶ入って観察できちゃうわけですね
そんな情報を知ってもらった上で
皆様に見てほしい写真があります
それがこちら…
ふれあいラグーン25
(上画像は、拡大表示可能です)
サカナリーフへ素足で入り
魚を観察する長女
です

竹馬、縄跳びの前飛び、鉄棒の前回り
自転車の補助輪なし走行

以前(クリックにて、参照記事へ)も書きましたが、上記は
娘達が、のりゅ以外の人物に
根気良く指導され習得したモノ
です

嫁「アンタを通じて娘ちゃん達が
デキるようになったことって
ひとつもないんじゃないかしら?」


嫁は、旦那様を蔑みます…
しかし!!
タワー水26
(上画像は、拡大表示可能です)
(画像解説→次女がタッチプールのヒトデに触り
長女はソレを拒否、のりゅがムリヤリ起こして
無駄にプライドの高い姉に、妹の雄姿を見させたのです)

数年前まで
タッチプールを全力拒否していた長女
海の生物とのふれあいを
できるようにさせたのは誰なのか?

主張したいわけであります

「おれの名をいってみろ!!」

某世紀末名悪役の名台詞を書いて
今回の回顧録終了です

横浜・八景島シーパラダイス、次回へ続きます☆
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.