こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
ラグナシア 宮殿編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第365弾は、愛知県蒲郡市にある
「ラグナシア 宮殿編」です
ラグ宮殿1
上画像のキャラクターは、入園開始直後
「ラグナシア」「宮殿」にある「ゼフィロス広場」
出迎えてくれたマスコットキャラクター
左から順に「ルナ」「ガトー」「ピート」です

愛知県蒲郡市にあるマリンリゾート「ラグーナテンボス」にある
テーマパーク、ラグナシアを舞台とする回顧録も
今回が最終回です

前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
ラグナシア「ビバ・ピアッツァ」を中心に
開催・営業されている
アトラクションやショー、イベントを紹介
それらでの思い出と次女に課すべく計画していた
最後の「※愛の試練」の様子を
振り返りました
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを信じる自分は
娘達を強者に育てるべく、試練を課しているのです

(※②愛の試練の具体例を知りたい方は
第362~364弾の回顧録を読んでくださいませ)

愛の試練全てを楽々クリアされて
次女が予想以上の強者だと分かった以上
父としての立場の自分が
我が子にしてやれることは
アトラクションの付き添いくらいです
となれば、残る目的はひとつ…
親子2人
思いっきり遊ぶだけですね♪

ラグ宮殿2
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシア、最後となるエリア
上画像の赤枠部分、宮殿周辺のアトラクションを
精一杯楽しむことにしました

ラグナシア
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 63.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 1260円
(豊川IC降車の場合)

駐車場 1000台、1台1日800円
※駐車料金は、季節によって変動する

所在地 〒443-0014 愛知県蒲郡市 海陽町2-3-1

電話 0533-58-2700

定休日 不定休

営業時間 季節によって変動します
(わりと遅い時間まで営業しています)

入園料 中学生以上2100円、小学生1200円、3歳以上700円

フリーパス料金
中学生以上4100円、小学生3000円、3歳以上2250円


ラグ宮殿3
(上画像は、拡大表示可能です)
プエルプエラ
利用条件 4歳~小学生未満
0歳~3歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円
フリーパス可


屋内アスレチックです
小学生以上、利用禁止なだけあって
アスレチックとしての規模や内容の面白さは
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
キャンディーファクトリーのほうが断然上…
正直、ショッピングモールとかの
有料キッズコーナーに設置されているレベルです
ブログネタとして、写真を入手したかったので
ちょっとの時間、次女を遊ばせましたけれど
テーマパークへ入園してまで、コレで時間を費やすのは
もったいないと思います
のりゅも、早々切り上げるよう次女に命じました
ラグ宮殿4
ドリーミングクエスト
利用条件 小学生以上
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
フリーパス可

ラグ宮殿5-1
(上画像は、拡大表示可能です)
キーアイテムとなるランタンを渡され
宮殿エリアを範囲に、宝探しをするアトラクション
です
ラグ宮殿06
(上画像は、拡大表示可能です)
最初のポイントで、ランタンを設置
参加人数、自分の名前…等情報を入力
後は、出される指示に従って特定のポイントで
ランタンを置くたびに
「○○へ行け」「紋章を探せ」といった
指令が下るので、プレイヤーは、ウロウロ歩き回り
「謎を解き、試練を乗り越える」ことを
要求されます


アトラクション終了後、受付の方から聞いたお話だと
探索のルートは、12パターンくらいあり
ランダムで選ばれるそうです
再チャレンジしても同じ探索ルートになるとは限りません
ラグ宮殿7
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみに、前述した「謎を解き、試練を乗り越える」というのは
クイズゲーム等のミニゲームをする場面があったり
上画像、右側の赤枠部分にあるような
ちょい分かりに難い位置に設置されている
紋章を探すこと
です

謎解き・試練の結果に応じて、宝探しの成否が分かれ
のりゅと次女の結果は、見事…











ラグ宮殿9
(上画像は、拡大表示可能です)
失敗でした☆(てへっ♪)
宝探しに失敗しても、結果が印刷されます
そこには、2人の「愛・知・勇」に関するコメント
「総合評価」では、2人の性格診断・相性的な
コメントが書かれていました
カップルやファミリーで、協力してプレイすると
大いに盛り上がるかと思われます

そして、ドリーミングクエストを体験。失敗した者としての
アドバイスがあります
「○○へ行け」「紋章を探せ」等、指令や紋章の形は
デジカメ、携帯・スマホのカメラでいいので
撮影しておくと便利
探索がスムーズにすすみます

というのも、指令や紋章の形などイチイチ覚えてられません
途中から、のりゅが活用していた手段です
ラグ宮殿10
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグリレ
開催場所 宮殿ステージ
無料席と前列有料席(3歳以上500円)があり
開催スケジュール確認推奨
所要30分


基本的には、ミュージカルで、途中…
ラグ宮殿11
大道芸的なシーンもあります

宮殿エリアをうろうろしていて
たまたま開催時間に遭遇したイベントショーです
「まぁ、せっかくだし…」程度の軽い気持ちで
後列無料席へ着席したところ…
ラグ宮殿12
(上画像は、拡大表示可能です)
ちょいエロい衣装の
セクシーな衣装のおねーさんが登場



うおぉぉおぉおお!
次の公演は、
最前列有料席!!
やっべぇ!オラ、わくわくして
アレコレたぎってきたぞぉぉ!!!




開催スケジュールを確認したら
本日最終公演でした…



わくわく、アレコレ鎮火しました…
まぁ、不純な観方をしなくとも
ハイレベルなミュージカルだと思いました
動画で、ラグリレを確認したい方は
下記のリンクをクリック、YOUTUBEの動画をご覧ください
(※クリックにて、ラグリレ、YOUTUBE動画へ)
上記のリンクが切れていた場合
(※クリックにて、ラグリレ、グーグル動画検索結果へ)
ラグ宮殿13
ワンダー
利用条件 小学生以上
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
フリーパス可
開催スケジュール確認推奨
所要10分くらい


上画像の若い女性が、とある夜
もう1人の自分と出会い、幻想的な体験をした…
そんなストーリーで綴られるシアター型アトラクション

ラグ宮殿14
(上画像は、拡大表示可能です)
女性ダンサーが華麗に踊り
その後ろにあるスクリーンの映像と音楽が
女性が遭遇した幻想的な体験を再現
してくれます
我が家の次女ちゃんは、感動したらしく
「キレー…」とつぶやいていました



けれど…

けれども…

ラグリレと違い
ちょいエロなシーンはゼロですにょ☆
動画で、ワンダーを確認したい方は
下記のリンクをクリック、YOUTUBEの動画をご覧ください
(※クリックにて、ワンダー、YOUTUBE動画へ)
上記のリンクが切れていた場合
(※クリックにて、ワンダー、グーグル動画検索結果へ)
ラグ宮殿15
(上画像は、拡大表示可能です)
ファイアファイアNEXT
利用条件 身長110cm以上
身長90~110cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回750円
フリーパス可


ラグナシアにおける人気NO1アトラクション
基本は、そこらの遊園地にもある
レーザーガンシューティング
なのですが
(上画像下側の的となる敵キャラを撃破していきます)
演出・プレイする楽しさ
のりゅが体験した中では、間違いなくNO1に
面白いレーザーガンシューティングです

まずは、モンスターが挑発的にしゃべりまくり
敵からの攻撃もあり
被弾するとレーザーガンを撃てなくなる演出
があります
3Dプロジェクションマッピングが使用されており
探検するステージの雰囲気が素晴らしいと思いました
そこらの遊園地のレーザーガンシューティングでは
コースは平坦ですけれど、ファイアファイアNEXTは
ライドが上昇したり、下降したりします
さらに「バーナクル」という敵を倒すと
レーザーガンがパワーアップ
連射機能が付いて、最終ボス「レビアタン」との
決戦が便利となる…なんて
隠し要素的なモノまであります
もうひとつ、小学生くらいの男の子にはたまらない要素…
ラグ宮殿16
(上画像は、拡大表示可能です)
成績に応じて、カードが発行されます
レアカードもありますので
小学生くらいの男子なら熱中すること間違いなしの
アトラクションだと思いました



思いましたが…ムズいです、コレ
何回やっても、3万点あたりをウロウロ
レビアタンを撃破することもかないませんでした
ラグ宮殿18
(上画像は、拡大表示可能です)
マジクエスト
利用条件 小学生以上
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
フリーパス可
所要時間 初回1時間
2回目以降 45分で時間切れ退出
初回利用 ワンズ(杖)の購入が必要
ワンズ料金 1300円


ファンタジー、魔法使いの世界を体感できるアトラクション
プレイヤーは、マギ(MAGI=魔法使い)となり
魔法の王国「マジックキングダム」を冒険
します

ラグナシア来園にあたり、のりゅが
最もプレイしてみたいと考えていたアトラクションです
注意事項として、プレイに必要なワンズ(杖)は
別途有料1本1300円~なこと
初回所要時間は、60分
2回目以降は、45分
です
時間を過ぎると魔法が使えなくなり退室するしかありません
ラグ宮殿19
(上画像は、拡大表示可能です)
ワンズを振ると宝箱が開いたり
火を灯すことができたり
…と魔法を使っている感覚を
楽しめます
ラグ宮殿20
(上画像は、拡大表示可能です)
次女からワンズを奪い
次女からワンズを借りて
のりゅも、何度か魔法を使ってみました♪
ラグ宮殿21
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像上左は、ルーン取得に必要なアイテム一覧
その他の画像は、ルーンを取得した瞬間です)

もちろん、ワンズを振って反応を楽しむだけ…な
アトラクションではなく
プレイヤーのやるべきことは
クエストとアドベンチャーの両方をクリア
していくこと
クレストは、ルーンを取得することが目的
アドベンチャーは、クエストを通して集めたルーンを
使ってさらに上位の謎、試練に挑むモノ

アドベンチャーは、ヒントがないので
プレイヤーは自ら推理していかなければならないそうです
(もっとマジクエストについて詳しく知りたい方は
クリック先のWIKページをご覧ください)

ラグ宮殿22
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、アドベンチャーに関する参考画像です)

所要時間と推理力のなさから
のりゅ達の集めることのできたルーンは2つ
初回プレイで、モンスターとの対決もあるアドベンチャー
体験することができませんでした
よって、次女に「もう1回、やってみる?」と尋ねたところ…

次女「抱っこしてくれる?」

上記台詞で、問い返されてしまいました
まぁ、それも仕方ないことでした
マジクエストをプレイしたのは
ラグナシアで最後に遊んだアトラクションだからです
1日遊んで次女ちゃんは、たいへん疲れていたと思われます



ところで、皆様
マジクエストの「マジ」の部分は
「MAGI=マギ(魔法使い)」から由来しています

次女(25.5キロ)を抱えつつ
マジクエストをプレイしたならば、ソレぞまさしく
「マジ(本気)クエスト(探求)」
そんな思いが脳裏を過ぎりましたので
マジクエストのセカンドプレイは諦め、帰宅しました

ラグナシアのマジクエストではなく
日本国内のマジクエストの情報ですが
2016年5月現在、国内で、マジクエストをプレイできるのは
「東京ドームシティ アトラクションズ」とラグナシアの2箇所
その内、東京ドームシティ アトラクションズのマジクエストは
2016年9月30日(金)にて営業終了だそうです
もうすぐ、ラグナシアでしか
マジクエストがプレイできなくなってしまいますね~
(ラグナシアは、今のところ、営業終了の予定なし)

ここからは、のりゅ達の体験していない
ラグナシアの情報です
ラグ宮殿23
フォルトゥーナ
宮殿エリア近くに、フォルトゥーナという
フリーパス不可カーニバルゲームコーナーがあります
でも、のりゅ達の来園時、イベントコーナーとして準備中
フォルトゥーナは、休止中でした

さらに、宮殿近くでは…
ラグ宮殿24
トリックアート迷宮館という期間限定イベント
開催されていましたが
フリーパス不可(割引)の※別途有料なので
スルーしました
(※大人500円、小学生以下400円、フリーパス100円引き)
2016年6月12日まで営業しているそうです
ラグ宮殿25
(上画像は、拡大表示可能です)
3大イルミ&3大マッピング
ラグナシア、3大イルミネーション&マッピングは
ぜひとも鑑賞してみたかったのですけれど
「次女は、幼稚園児だし
夜までもたないだろうなぁ~」と予想していたところ
予想通りもたなかったので諦めました
ラグナシア、3大イルミ&3大マッピングは
2016年5月29日まで開催されているそうです

といったところで、今回の回顧録終了
ラグナシアを舞台とする回顧録も終了です

ラグーナテンボス、ラグナシア
ぜひ来園してみてくださいませ☆
スポンサーサイト
ラグナシア ビバ・ピアッツァ編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第364弾は、愛知県蒲郡市にある
「ラグナシア ビバ・ピアッツァ編」です
ラグナシアビバ1
(上画像は、拡大表示可能です)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「ラグナシア」「バハムートの神殿」にあるアトラクションを体験
2016年3月19日オープンの新エリア
「フラワーラグーン」を鑑賞した後、ラグナシアにて次女に課す
最後の「※愛の試練」となるアトラクション
アクアウインドのある「ビバ・ピアッツァ」へ移動しました
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを信じる自分は
娘達を強者に育てるべく、試練を課しているのです)


前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
ステラコースター
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
レジェンドオブラビリンス
我が家の次女には、難題と思っていた
ふたつの絶叫アトラクションを楽々クリアされ
残るは、アクアウインドのみ…
その結果は如何に…

ラグナシア
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 63.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 1260円
(豊川IC降車の場合)

駐車場 1000台、1台1日800円
※駐車料金は、季節によって変動する

所在地 〒443-0014 愛知県蒲郡市 海陽町2-3-1

電話 0533-58-2700

定休日 不定休

営業時間 季節によって変動します
(わりと遅い時間まで営業しています)

入園料 中学生以上2100円、小学生1200円、3歳以上700円

フリーパス料金
中学生以上4100円、小学生3000円、3歳以上2250円


ラグナシアビバ2
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアウインド
利用条件 身長130cm以上、1人利用可
110~130cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回750円
フリーパス可


急カーブ、急降下のコースをコースターは
かなりのスピードで駆け抜けます
ラグナシア公式HPで、人気NO2アトラクション
紹介されています

のりゅが、ラグナシアにおいて
次女に課す最後の愛の試練でした
ラグナシアビバ3
特に、上画像の赤枠部分
コースの降下角度がキツい箇所

次女を恐怖のズンドコ
突き落としてくれるんじゃないかと期待しました
もし、のりゅの身の上が次女と同じ立場である
幼稚園児だと想定
こんなモノに乗せられたら
親を恨むと思います☆

ですが…
ラグナシアビバ4
次女は、ためらったり、怖がったりすることなく
アクアウインドへ搭乗…
ラグナシアビバ5
アクアウインドを終えてからも
余裕のよっちゃん(死語)で
体験後の記念撮影に応じてくれました

前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
序文で書いたとおり
最近、次女のヘタレ具合が目立つから
ラグナシアへ連れてきたのに
3つの絶叫系アトラクション全てを
楽々クリアされてしまいました

ヘタレどころか、5歳児でこれだけ乗れれば
まぁ~たいしたモンですよね~
次女の心の強さは
同じ頃の姉(長女)を超えていると思われます
現時点で、十分強者なのだと認識を改めました
次女の健闘を称えるということで…
ラグナシアビバ6
(上画像は、拡大表示可能です)
「※プレミアム生クリームソフト CREMIA(クレミア)」
おごってあげました
(※クリックにて、クレミア公式HPへ)
ラグナシアの値段設定は
600円くらいだったでしょうか?(正確な値段を忘れました)
わりと高額・高級なソフトクリームでございます
ラグナシアビバ7
(上画像は、拡大表示可能です)
マジカルパウダー
利用条件 小学生以上、1人利用可
利用料金 1人1回600円
フリーパス可


上画像右上のボックス型ライドへ搭乗
ボックス型ライドは、ゆっくり進んでいきます
そして到着するのは、妖精の国…
盗まれたマジカルパウダーを取り戻すため
ラグナシアマスコットキャラクター「ガトー」は冒険に出発
上画像、下側2枚のような動く人形と音声を通して
コミカルな人情劇を鑑賞・楽しむことができます

ラグナシアビバ8
(上画像は、拡大表示可能です)
キャンディーファクトリー
利用条件 4歳以上、1人利用可
0歳~3歳は、保護者の同伴が必要
施設内遊具、スウィートワゴンは
身長110cm以上、1人利用可
身長90cm~110cm未満は
保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
フリーパス可


コレ、めっちゃ楽しいです♪
ラグナシアビバ9
(上画像は、拡大表示可能です)
全屋内型アスレチック
ネット遊具、揺れる吊り橋、滑り台等が設置されており

ラグナシアビバ10
(上画像は、拡大表示可能です)
立体迷路
スウィートワゴンという名称のサイクルモノレールもあります


キャンディーファクトリーを次女と楽しんでいた
36歳男性の見た目は紳士でしたけれど
心の内は「世紀末モヒカン」でした
ご機嫌だぜ!ヒャッハーッ!
ラグナシアビバ11
キャンディ―ファクトリーの中でも
最も楽しかった内容は、上画像スポンジボールのある空間
ラグナシアビバ12
(上画像は、拡大表示可能です)
エアーの遊具が揃っており
上画像左上のように、ボールを浮かせたり
他3つの画像、エアーの大砲があり
ボールを打ったり、打ち上げることができます


エアーの大砲に、ボールを装填している間も
ご機嫌だぜ!ヒャッハーッ!
ラグナシアビバ13
(上画像は、拡大表示可能です)
打ち上げた瞬間(赤枠部分にボール)
ご機嫌だぜ!ヒャッハーッ!
ラグナシアビバ14
ご機嫌だぜ!ヒャッハーッ!
打ち上げたボールの行方を見る次女ちゃん
ラグナシアビバ15
アップセイルス
開催場所 ビバ・ピアッツァステージ


ビバ・ピアッツァのエリアのステージで開催される
ラグナシア、マスコットキャラクターショー
です
ラグナシアビバ16
マスコットキャラクター以外
海賊団の船長、船員の「パンタ」も登場します
光と音の演出、登場するキャラクター、人物も
軽快に踊りまくりのしゃべりまくり
楽しい楽しいショー
でした
ゲスト参加型キャラクターショーを謳うだけあって
ラグナシアビバ17
観客の1人が、船長&パンタに選ばれ
海賊団の入団テストということで
旗揚げゲームに挑戦する場面
がありました

のりゅ達の鑑賞時、旗揚げゲームに参加したお兄さんは
見事パーフェクト達成
海賊団の入団テスト、不合格となりました
「なんで?なんで?」と思っていたら
そこからの展開が面白かったです
入団テストをしたお兄さんは彼女連れでした
海賊の船長は「海賊になったらお兄さんは
遠い遠い船旅にでなきゃならない
こんな綺麗な彼女さんを残していけないだろ
空気を読んで不合格にした」
みたいなことを語り
爆笑させられてしまいました

まぁ、アレコレ書いたところで
動画の方がわかりやすいですよね~
下記クリックにて、アップセイルスのYOUTUBE動画へ
飛びます、興味のある方はご覧になってくださいませ
(クリックにて、アップセイルス動画へ)
上リンクが、リンク切れの場合
(クリックにて、アップセイルスグーグル動画検索結果へ)

ラグナシア、ビバ・ピアッツァで、のりゅ達の遊んだり
何かを鑑賞したりしたのは以上です
ビバ・ピアッツァ、アクアウインドの向かい側では現在…
ラグナシアビバ18
ASL熱き兄弟の絆inラグナシア
利用料金 1人1回600円(記念品付)
フリーパス不可


ASL熱き兄弟の絆inラグナシアという
ルフィ・エース・サボ、3兄弟の歩み、感動のシーンを
振り返るメモリアルアトラクション
ワンピースの期間限定イベントアトラクション

開催されています
さらに、ラグナシアというか「ラグーナテンボス」では、現在…
ラグナシアビバ19
ラグナシアビバ20
(上画像は、拡大表示可能です)
サウザンド・サニー号クルーズ
利用料金 中学生以上1200円 3歳以上500円
運行スケジュール 公式HPにて確認推奨


同じくワンピースのコラボイベント
サウザンド・サニー号クルーズが開催されています

のりゅは、少年時代から、少年ジャンプが大好きです
その証拠に、去年
「J-WORLD(紹介記事へ)」へ遊びに行っちゃいましたし
36歳になっても現役ジャンプ読者なのです

でも、何故か、ワンピースは
あまり好きな作品じゃないんですね~
しかも、ASL熱き兄弟の絆inラグナシア
サウザンド・サニー号クルーズ共に
フリーパス不可のイベントアトラクション
追加でお金を支払ってまで
体験したいと思わなかったため、スルーしちゃいました

スルーしちゃいましたけれど
サウザンド・サニー号が航行する姿は
ブログに載せたかったので
写真撮影したいと考えていました
ソレを滞りなく実現させるため
のりゅは、機転を利かせたんですよぉ~♪
自画自賛のお話となりますが読んでください

サウザンド・サニー号は、ラグナシア隣にある
「フェスティバルマーケット」側の港から出港します
ラグナシアビバ21
ラグナシアからフェスティバルマーケット方面へ行くには
上画像、赤矢印ルートの連絡通路を通る必要があり
それには、エントランスゲートで、再入場スタンプを
押してもらった後、1度、ラグナシアを
退園する必要があるのです

つまり、次女からすれば
楽しく遊んでいたのに
中断させられ
パパの趣味(ブログ)に
付き合わされ、さらに
港まで歩くハメになった
わけですね
その上、サウザンド・サニー号の写真だけ撮って
バカ正直に「戻るゾ~」なんて
言い聞かせたら
次女は、ぷんすか怒ってしまうでしょう
最悪、抱っこ要求魔に変貌してしまう
危険がありました
そこで…
ラグナシアビバ22
観覧車
利用条件 小学生以上
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
フリーパス可


フェスティバルマーケット隣に設置されている観覧車を
実際に利用するだけでなく
次女を説得する
口実(建前)にも利用
しました

「観覧車を乗りに行こう!
ワンピースのお船が
見れちゃうゾぉ~!!」

ラグナシアビバ23
(上画像は、拡大表示可能です)
次女ちゃんは、パパに
まんまとノセられちゃったわけですね♪

といったところで、今回の回顧録終了です

ラグナシア、次回へ続きます☆
ラグナシア バハムートの神殿・フラワーラグーン編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第363弾は、愛知県蒲郡市にある
「ラグナシア」の
「バハムートの神殿・フラワーラグーン編」です
バハムート1
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「ラグナシア」「ステラパーク」のアトラクションを
紹介しつつ、ソコでの思い出
次女に課した
「※愛の試練」の結果を振り返りました
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを信じる自分は
娘達を強者に育てるべく、試練を課しているのです)


ステラパークにて、我が子を
千尋の谷に叩き落した…つもりが…

次女「パパぁ~
わたしのこと舐めてるのぉ~?」


我が子(次女)に
上記の台詞を突きつけられたかのような
余裕っぷりを見せつけられてしまいました

確かに、のりゅは、次女を舐めていました
反省しました
もっともっと深い谷に
叩き落してやろう!

考えを改めました☆
というわけで、愛の試練は舞台を変え
ラグナシア「バハムートの神殿」
愛野試練、ソノ結果は如何に…

ラグナシア
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 63.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 1260円
(豊川IC降車の場合)

駐車場 1000台、1台1日800円
※駐車料金は、季節によって変動する

所在地 〒443-0014 愛知県蒲郡市 海陽町2-3-1

電話 0533-58-2700

定休日 不定休

営業時間 季節によって変動します
(わりと遅い時間まで営業しています)

入園料 中学生以上2100円、小学生1200円、3歳以上700円

フリーパス料金
中学生以上4100円、小学生3000円、3歳以上2250円


バハムート2
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシア、マップです

今回の回顧録の舞台は
上画像、赤枠部分のバハムートの神殿
新エリア「フラワーラグーン」
おまけとして、その周辺の施設にて
開催されているイベント・アトラクションも紹介
しちゃいます
バハムート3
(上画像は、拡大表示可能です)
新3D水族館
利用料金 1人1回300円
フリーパス可


お魚のイラストを書いて、ソレをスキャンしてもらい
映像を通して、自分の書いたお魚が
泳いでいる姿を鑑賞できるアトラクション
です
上画像右下、お手本となるお魚ポスターもあります
バハムート4
次女は、クリーチャー、お魚をカキカキ…
バハムート5
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、投影された自分の書いたクリーチャー
お魚を見つけて楽しそうでした

ちなみに、上画像の左の通路では、2D映像で
上画像の右の部屋では、3D映像で
自分の書いたお魚の泳ぐ姿を鑑賞できます
この時のラグナシア来園時、不在でしたけれど
落書きの好きな嫁&長女なら
大ハマりしそうなアトラクションだと思いました
バハムート6
(上画像は、拡大表示可能です)
パイレーツブラスト
利用条件 身長130cm以上
利用料金 1人1回750円
フリーパス可


上画像のトロッコは、外のコースを走行していますけれど
アトラクションの設定が
かつて海賊の要塞だった洞窟を激走…と
なっているので、コースの大半は外から見えません

次女が利用条件を満たしていないため
乗ることができませんでしたが
他所のサイトで、コレの内容・感想を調べてみたところ
「光や音響など演出が臨場感を盛り上げ
スピード感を高めている
走行中に流れるアクション映画のような音楽も最高
どっぷり冒険の雰囲気につかれる」
いった記述を見つけ
自分だけでも乗りたかったなぁ~と落胆しちゃいました
ラグナシアへ連れてきたのが
小学2年生の長女なら「ちょっと待ってろ!」と
言い聞かせ、乗ってきたんですけどね~
さすがに、幼稚園児を1人待たせるのは
「自分の欲望最優先!」を信条とする
のりゅにもできませんでした
バハムート7
レジェンドオブラビリンス
利用条件 身長110cm以上、1人利用可
身長90~110cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回750円


バハムートの神殿での愛の試練、大本命
舟に乗って海竜の棲む神殿を探検します
写真撮影が禁止なのは残念でなりません
すっごい面白かったです、コレ

薄暗い洞窟、霧の演出
船が突然停止、逆向きに水路を進む場面もあり
遭遇する巨大な伝説の海竜
(動きます)
海竜の造形は素晴らしかったです
そして最後は…
バハムート8
(上画像は、拡大表示可能です)
急流が待ってます☆
(注意事項→めっちゃ濡れます)
コレは、次女も確実に泣き叫ぶ…と
考えました♪

さらに、レジェンドオブラビリンスの利点は
コース水路の大半が建物内であるため
どんなアトラクションなのか?
次女は、乗るまで理解できないこと
バハムート8-1
(上画像は、拡大表示可能です)
赤矢印ルート、ステラパーク方面から(ラグナシア東側)
レジェンドオブラビリンスの受付(星印)に向かうと
急流部分を確認できないのも
レジェンドオブラビリンス、利点のひとつ

もしも、黒矢印ルート
ラグナシア西側から向かってしまった場合
急流部分が確認できちゃうので
次女は、ビビッて「乗りたくない!」と
言い出したかもしれませんね
しかし、ソノ程度の凡ミス
下調べの段階で、想定済みです
娘を想う、のりゅの愛の深さを
甘く見ないでいただきたい!!


さて、ココまでアレコレ盛り上げておきながら
愛の試練の結果なのですが…
バハムート9
次女は、全然ヘッチャラでした
バハムート10
ヘッチャラどころか
「もう1回乗りたい!」と主張してきました
そして、のりゅ達の後ろに並んでいた
他所の家族様から
「私達と一緒に行く?」と提案され
次女は相乗り、2周目を体験してました(赤枠部分が次女)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)のステラコースター
今回のレジェンドオブラビリンスと…
愛の試練を2連続で簡単にクリアされてしまい
ラグナシアへ来園にあたり
のりゅの考えていた愛の試練は
「ビバ・ピアッツァ」にある
アクアウインドだけとなってしまいました

ラグナシアを舞台とした最後の愛の試練…
その結果は、次回お送りいたします

レジェンドオブラビリンスを堪能した後は
バハムート神殿北側方面へ行ってみることにしました
バハムート11
エイベックス360°3Dシアター
上映時間 ラグナシアの営業時間にて異なる
席数 151席
上映タイトルによって
フリーパス可のモノと不可のモノがあります


直径16メートル、高さ6メートル
日本最大の円形スクリーンにて3D映像を上映
しているそうです
のりゅ達は、利用しませんでした
その理由を来園時、上映していたタイトルごとに語るなら
バハムート12
8ミニッツ AAAプラネットの旅
利用料金 1人1回500円
フリーパスを持っていれば、1人1回400円


フリーパスを持っていても割引のみ
AAAに興味もないしスルー
バハムート13
(上画像は、拡大表示可能です)
THE ROOM
上映時間 16:00以降

利用条件 16歳以上
利用料金 1人1回500円
フリーパス可


上映タイトルのTHE ROOM
次女と2人鑑賞できるのなら、愛の試練にもなるし
フリーパス不可だったとしても
喜んでお金を支払ったんですけどね~
THE ROOMは、16歳以下利用不可
鑑賞することがかないませんでした
バハムート14
(上画像は、拡大表示可能です)
ヘンゼル&グレーテル 不思議の森
上映期間・時間 期間上映・随時
利用料金 1人1回500円(3歳以上有料)
フリーパス可


THE ROOM
次女と2人鑑賞できれば
「コレがやってるね~」と次女を
騙すのに使った
のですが
THE ROOMは、利用不可
興味もないしスルーしました

ブログネタに、エイベックス360°3Dシアターを
写真撮影した後
ラグナシア、ビバ・ピアッツァへ向かう前に
バハムートの神殿北東にオープンした新エリア
フラワーラグーンへ行ってみることにしました
バハムート15
フラワーラグーンは「幸運のレインボーアーチ」
通り抜けた先にあります
フラワーラグーン以外にも…
バハムート16
建設中の「アートシアター」がありました
アートシアターのオープンは
2016年4月29日…
すでに、オープンしており
「ハウステンボス歌劇団」からチーム分けされた
「チームハート」のミュージカルが公演されています
ラグナシア入園料金で鑑賞できるそうなので
ラグナシアへ来園の際には、皆様
本格ミュージカルを鑑賞されてみてはいかがでしょうか?
バハムート17
新エリア、フラワーラグーンのエントランス
バハムート18
(上画像は、拡大表示可能です)
バハムート19
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワーラグーン内部の様子です
カフェレストランもエリア内に、もうけられています
花と芸術を愛でることができる感性の持ち主でしたら
たまらない空間かもしれませんね

ですが、フラワーラグーンは
のりゅと次女にとっては、宝の持ち腐れな空間でした
その理由は…
自分と次女、不在でしたが嫁と長女、家族4人誰1人
花鳥風月を愛でる境地に達しておらず
フラワーラグーンを一通り観覧しての感想は
「ふ~ん」だったからです

とはいえ、自分と嫁が
付き合って間もないカップルだとして
フラワーラグーンに入場したならば
「綺麗だね」「癒されるね」といった
建前の会話で盛り上がったと思います

といったところで、今回の回顧録終了です

ラグナシア、次回へ続きます☆
ラグナシア ステラパーク編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第362弾は、愛知県蒲郡市にある
「ラグナシア ステラパーク編」です
ステラ1
2016年4月上旬
愛知県蒲郡市にあるリゾート施設「ラグーナテンボス」内にある
テーマパーク「ラグナシア」
次女と2人、初来園を果たしました

訪問経験のないテーマパークなので~とか
遊びたいがため~とか
そういった来園理由もありましたけれど
ラグナシアへ来園した最大の理由は
「※愛の試練」
次女に課すためでした
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを信じる自分は
娘達を強者に育てるべく、試練を課しているのです)


愛するが故の行動…
たとえ我が子が
泣き叫ぶことになろうとも
のりゅは、心を鬼にして
試練を与えます!


これまで愛の試練、※対象となる人物は
主に、我が家のヘタレ長女でした
(※クリックにて、長女に与えた愛の試練代表例へ)

長女を主な対象にしていた理由は
次女は、後々の楽しみ
「二兎追う者は一兎をも得ず」という
ことわざがあるように
娘2人を同時に鍛えて
1人当たりの試練の効果が薄いモノとなり
成長を促せなければ本末転倒です
よって、先に長女を
重点的に鍛えていく予定だったのです

しかし、※昔は、頼もしかった次女
(※クリックにて、強かった次女、参照記事へ)
近頃「ナガシマスパーランド」への入園を
※体を張って全力拒否したり
(※クリックにて、次女ヘタレ参照記事①へ)
「東山動植物園」「遊園地」にて
※海賊船を怖がって逃げ出したり…と
(※クリックにて、次女ヘタレ参照記事②へ)
ヘタレ長女よりもヘタレ具合が目立つようになり
愛の試練、対象変更も仕方なし…と考えました
ゆえに、この時、ラグナシアへおでかけしたわけですね

ラグナシア
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 63.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 1260円
(豊川IC降車の場合)

駐車場 1000台、1台1日800円
※駐車料金は、季節によって変動する

所在地 〒443-0014 愛知県蒲郡市 海陽町2-3-1

電話 0533-58-2700

定休日 不定休

営業時間 季節によって変動します
(わりと遅い時間まで営業しています)

入園料 中学生以上2100円、小学生1200円、3歳以上700円

フリーパス料金
中学生以上4100円、小学生3000円、3歳以上2250円


ステラ2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシア、マップです

のりゅと次女が最初に向かった場所は
我が子に愛の試練1発目と考えていた
ステラコースターのある
上画像、赤枠部分の「ステラパーク」でした

今回の回顧録が、ラグナシアの
初回記事ということもありますゆえ
テーマパーク、ラグナシアを内包する
ラグーナテンボスについて解説いたします

ラグーナテンボスは、三河湾に沿岸に造られた
マリンリゾートです
テーマパーク(遊園地)ラグナシア
アウトレット・飲食店エリア「フェスティバルマーケット」
温泉・宿泊施設を内包
2014年まで「ラグーナ蒲郡」の名称で
営業されていましたが
長い間、経営不振が続いていました
そんな折、長崎県佐世保市にある
「ハウステンボス」を立て直したHISが経営再建に乗りだし
名称をラグーナテンボスと改めました
ハウステンボスと姉妹関係になって
その成功の手法をラグーナテンボスでも、展開しているため
新規・期間限定のイベント・ショー・エリア・アトラクションが
目白押し

ステラ3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像、左上
2016年4月末より劇場「アートシアター」が完成
「ハウステンボス歌劇団」のメンバーがラグナシアへ集結
「チームハート」としての公演が始まりました
さらに、上画像右上
季節の花々が咲き乱れ、ガラス状の橋からソレを観覧できる
新エリア「フラワーラグーン」
漫画やアニメで大人気「ワンピース」とのコラボイベント
「サニーサウザンド号クルーズ」
「ASL-熱き兄弟の絆」
というイベントアトラクションも
開催されています
その他、※トリックアート展やらイルミネーションやら
エイベックスとのコラボイベントやら…
2016年6月25日からは、ラグナシアのプールもオープン
去年大好評だった巨大ふわふわのアトラクション
「ビーチパーク」もプールオープンと一緒に
始まっちゃうそうです
ちなみに、上記以外にも
イベント・イベントアトラクション・ショーは
まだまだあるのです



なんというか…
新規オープン・イベント多すぎっ!

ラグーナテンボス&ラグナシアへ
来園した経験のない身の上でしたから
アレコレ多すぎて
「どこから回ればいいのやら…?」と
途方にくれちゃいましたね~
最終的には、1回の来園で全部体験するのは
無理だと判断
常設のアトラクションを中心に遊び
余裕があれば、イベント・ショーを観覧する方針としました

それでは、ラグーナテンボス&ラグナシアについて
ご理解いただけたでしょうから
ラグナシア、ステラパークのアトラクションを紹介しつつ
思い出、愛の試練の結果を振り返ることにします
ステラ3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
サブマリン アドベンチャー
利用条件 110cm以上、1人利用可
90cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円(3歳より有料)
フリーパス可


古き良きの遊園地の定番アトラクション
フライングカーペット(魔法の絨毯)の動きをするマシン

小学生頃の自分
フライングカーペットを見て
「怖そうだなぁ~」と思いつつ
※乗りませんでした☆

(※乗ることを強要する両親じゃなかったしぃ~)

まぁ~、そんな過去は、どうでもいいですよね?
今回のラグナシア来園時
幼稚園児の次女とコレに挑戦
次女が泣き叫んだら
心がほっこりします

愛の試練になるかな~?」と
期待
しました

結果は、試練とはならず
上画像、右下を見てもらえば分かってもらえるでしょう
次女は、全然平気でした
というより、自分も次女の隣で乗っていたのですが
コレ、全然、お腹にスゥ~となる感覚がなく
怖くないのも当たり前だと思いました
ステラ4
トレイントレイン
利用条件 小学生以上、1人利用可
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円(3歳より有料)
フリーパス可


遊園地の定番、こども汽車です
乗った感想は、特になし
走行中、わからんキャラクターがしゃべっていたかな?
(ちょっと記憶が曖昧です)
ステラ5
(上画像は、拡大表示可能です)
マーメイドカルーセル
利用条件 小学生以上、1人利用可
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円(3歳より有料)
フリーパス可


遊園地の定番、メリーゴーランドですが
マリンリゾートのラグーナテンボスのモノだけあって
イルカ、アザラシ、貝…等、海の生物仕様
です
自分の感想は特にありません
次女がコレを気に入り、何度も付き添いをさせられました
ステラ6
(上画像は、拡大表示可能です)
スイム&スイング
利用条件 110cm以上、1人利用可
90cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円(3歳より有料)
フリーパス可


遊園地の定番、回転ブランコ
回転中、支柱部分の笠が多少傾きます

次女がコレに大ハマり…



というよりは…
ステラ7
(上画像は、拡大表示可能です)
コレの担当をしていた
アルバイトらしき
お兄さんに大ハマり

していたんじゃないかなぁ~と
お兄さんに
対応してもらいたいがため
何度も乗っていた
…ように見えました
(上画像右、お兄さんの行方を追う次女に注目してネ)

のりゅほどでは、ありませんが
甘いマスク
のお兄さんでしたね~

ラグナシアへ来園した日は平日
ステラパーク全てのアトラクションで、1人ずつ待機ではなく
数名のスタッフの方が、お客さんを見ながら
忙しそうに対応していました
(のりゅ達は乗りたい放題でした)

そして、担当の方が
お兄さんでなくなった途端
次女は、乗らなくなりました

ステラ8
(上画像は、拡大表示可能です)
パラレルウォーク
利用条件 110cm以上、1人利用可
(足がペダルに届かない場合NG)
90cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円(3歳より有料)
フリーパス可


遊園地の定番、サイクルモノレール
130mのコース、高さは3mだそうです

感想は特になし
ちなみに、モノレールのキャラクターは
ラグナシアのマスコット、猫の「ガトー」です
ステラ9
キッズパイロット
利用条件 110cm以上、1人利用可
90cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円(3歳より有料)
フリーパス可


遊園地の定番、回転する飛行機です
キッズパイロットラグーナテンボス
コレのすぐ隣が、スイム&スイングです
次女は、お兄さんの担当が
こちらに移るとソレを追いかけ
キッズパイロットを搭乗…していたように見えました
はっきりしないのは、次女に
「お兄さんがかっこよかったから追いかけたの?」と
質問しても
「??」という反応しかしないからです
来園直後に聞いておくべきでしたね~



次女がストーカー気質だったらどうしよう…?
なんて思いを少々抱きました
ステラ11
(上画像は、拡大表示可能です)
ステラコースター
利用条件 110cm以上、1人利用可
90cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円(3歳より有料)
フリーパス可


キッズ向けのコースターですが
機体が傾いて走行する箇所があります

ちょっと珍しいと思ったことは
車両1台1台に「ブル」とか「ヴィオーラ」とか
名前がついています

ともあれ、ラグナシア、ステラパークにおける
愛の試練大本命!
今まで次女は、キッズ向けのコースターこそ
乗ったことあれど
機体が傾いて走行するコースターに
乗るのは初めて、その結果はいかに…













ステラ12
「もう1回乗りたい」なんて言うくらい、楽勝だったようですね

ラグナシア、ステラパーク
大本命のステラコースターが
愛の試練となりませんでしたけれど
ソレは、次女が思ったよりヘタレではなかった…
ということなのでしょう
ココは、父親として素直に次女を称えることにしました
しかぁ~し、コレで
終わりではありません!!

ラグナシアを舞台とし、次女に課す愛の試練は続きます☆
ステラ13
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達の来園した日
アトラクション休止中でしたが

ウォータービー
利用条件 2歳以上
身長120cm未満は、保護者同伴が必要
身長120cm未満は、ライフジャケットを着用
利用料金 一艇500円(1人利用)
一艇800円(2人利用)
一艇1,000円(3人利用)
一艇1200円(4人利用)
フリーパス可
プール営業期間、荒天の場合休止

ちびっこボート
利用条件 体重30kg以下
利用料金 1人1回200円
フリーパス可
プール営業期間、荒天の場合休止


ファミリー、カップルで乗れるボート
子供が乗れるボートがあり
営業期間外のプールをコースに楽しめる
みたいです

フリーパス不可、ステラパーク周辺で遊べる内容として
ステラ14
メロディペット
ステラ15
バッテリカーがございます

さらに、無料で遊べる内容として
ステラ16
(上画像は、拡大表示可能です)
中規模複合遊具①
ステラ17
(上画像は、拡大表示可能です)
中規模複合遊具②がございます

さらにさらに、のりゅ達の来園日
強風のため営業休止
激しくがっかり
しましたけれど
ステラ18
ステラ19
巨大ふわふわが2基設置されていました

今年の夏、営業予定のビーチパークは
こういった巨大ふわふわが楽しめるわけですね
とっても楽しそう~♪

とっても楽しそうだったから、ラグナシアを立ち去るまで
営業してくれることを期待していましたが
のりゅの願いは叶いませんでした

といったところで、今回の回顧録終了です

ラグナシア、次回へ続きます☆
竹島水族館(2015年3月末訪問) さわりんプール+アシカショー
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第175弾は、愛知県蒲郡市にある
「竹島水族館(2015年3月末訪問)」の
「さわりんプール+アシカショー」となります
187-- (2)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて、リニューアル後の
「竹島水族館」の展示を観覧した様子を記事にしました
今回は「さわりんプール」「アシカショー」での
我が家族の回顧録となります

上の写真は、さわりんプール前で
ブログ掲載用写真撮影には、応じても
海の生き物には「絶対触らないからね!」と
宣言していた長女です

うちの娘たち、水族館自体は、好きでも
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「フグマネをして負けたほうが
タッチプールでお触りね~」

パパの言葉に、必死で、フグマネをするくらい
海の生き物を触ることを嫌がります
(次女は、3歳の頃、触ってたんですけどねぇ~)

竹島水族館のさわりんプールは
そこらの水族館では、絶対触ることのできない
海の生き物たちがいて
貴重な経験を得る絶好の機会だというのに
情けないことですね

のりゅは、少年時代
基本的には、※本を愛する文学少年でありました
(※普通の児童文庫とかも読みましたけど
天竜川の河川敷に、釣り人の捨てた保健体育の本を
拾いに行くのが趣味でした)
しかし、同時に、ザリガニとか、カエルを捕まえる遊びも
平気でこなすワンパク少年でもあり
その少年時代の経験が、今の文武両道な自分へと
成長させたわけなのです
だからこそ、のりゅのような立派な大人になるため
娘たちには、竹島水族館のさわりんプールを
ぜひとも体験させたかったのですが
2人とも「触りたくない!」との意思を曲げませんでした

困りましたね
のりゅは、文武両道なうえ、紳士なので
娘たちを無理矢理体験させる行動はできません
かといって、竹島水族館の目玉、さわりんプールをスルーする
選択肢はありません

仕方ないので、ふがいない娘たちに代わり
文武両道、紳士、イケメン(?)
自分が、お触りすることにしました

竹島水族館(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 67キロ(片道)

高速料金 1560円(音羽・蒲郡ICで降りた場合)
       ※2015年1月時点

到着目安 1時間5分

駐車場  無料  他施設と共同で水族館前250台
      有料駐車場1日500円

所在地 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1-6

電話 0533-68-2059

営業時間 9:00~17:00
       (最終入館16:30)

定休日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
※春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・冬休み期間等は火曜日も開館
6月の第1週目の水曜日
12月29日・30日・31日

入館料  大人     500円
      小・中学生  200円
      小学生以下は無料


187-- (1)
竹島水族館のさわりんプールでは
小型のサメに触ることができました

小型のサメに触ることだったら
「海遊館(クリックにて、参照記事へ)」でも
触ることができましたが
竹島水族館のさわりんプールの凄いところは
187-- (3)
少し前話題となった「オオグソクムシ」に、触れることです
187-- (4)
実際に、触ってみました
187-- (5)
オオグソクムシ裏側(お腹)です
冒頭で述べましたとおり、のりゅは
こういうモノを全然平気な人なのです

さらに、竹島水族館のさわりんプールで
「すげぇ!」と思ったことは
187-7.jpg
「タカアシガニ」に、お触りOKなことでした

展示されていることはあっても
お触りOKな水族館なんて、竹島水族館以外他に
あるのでしょうか?
187-8.jpg
さわりんプールを堪能した後
アシカショーを観覧しようと会場へ移動
これは、15分前くらいの会場の状況なのですが
187-9.jpg
5分前には、この人の入り様…
最初は、席を確保してショー待ちしていた娘たちは
前に人が多く「見えない~」とのことで
187-10.jpg
最前列へ移動していました
こういった時、幼児の立場と体は、便利ですよね

竹島水族館のアシカショーは、1日4回開催され
ショーの開催時間は
10時30分、12時、13時30分、15時
です
1回のショーの時間は、15分~20分くらい
平日のお客さんが少ない日には
スタンド席まで、アシカが来てくれる時もあるそうです

この時の時間は、15時ちょっと前
この日、最後となるアシカショーで
「ラブ」という名の「オタリア」だったと思われます
ちなみに、オタリアというのは
南米に生息するアシカの一種だそうです
そもそもアシカというのが、アシカ科の動物の総称とのことで
トド、カルフォルニアアシカ、日本アシカもみんな
アシカ科の動物だそうですね
187-11.jpg
そんなこんなで、ショーの時間となりまして
飼育員さんとおじぎをすることで、アシカショーが開始されました

竹島水族館のアシカショー
小さな水族館のわりに見応え十分の内容でした
187-12.jpg
逆立ちをして移動する技(赤枠部分)
187-13.jpg
187-14.jpg
投げられたフープを首でキャッチする基本的な技
187-15.jpg
鼻の上にモノを乗せて横滑りする技
187-16.jpg
鼻にボールを乗せ、見事なバランス感覚を披露
187-17.jpg
最前列にて、娘たちは見入っていたようでした
187-18.jpg
鼻にボールを乗せたまま、プールの中を泳ぎはじめました
もちろん落とすことは、ありませんでした(赤枠部分)
187-18-1.jpg
長女「すごいね、パパ♪」
振り向いた長女の顔には、満面の笑みが浮かんでおりました



まぁ、パパがすごいのは当然だとしても
なぜ?このタイミングで、長女は
パパを褒めたのでしょうか?
187-19.jpg
褒められて悪い気はしませんゆえ
「まあね」と答えた頃には
長女は、再びアシカショーに見入ってました

アシカは、水中からジャンプ、大きなフープをくぐっていますね
187-20.jpg
そして、アシカショーの終盤
幼児の娘たちには、全く影響ありませんでしたが
飼育員さんの持つ棒目掛け、アシカが、大ジャンプする技にて
187-21.jpg
メガネが濡れました

プールの周りにあった囲いも
のりゅくらいの高身長になると…ネタも
いいかげんくどいですよね~(今まで、何回使っているんだろう?)
「20歳男性、170.9cm(2012年)」
下回る169センチの自分の顔に、水が飛んできたので
前列にいるとたいていの男性は、同じメにあうと思われます
187-22.jpg
(拡大表示可能)
アシカショー観覧後、帰宅となりましたが
竹島水族館の「バックヤードツアー」
参加できなかったことが、心残りとなりました

竹島水族館、バックヤードツアー
第2、第4日曜日開催
11時(受付10時~)14時(受付13時~)
定員先着20名前後、料金100円(小学生以上)

台本なし、マニュアルなし
あみだくじで、案内役が決まる
ツアーの内容も担当者しだい…

とのナナメ上のバックヤードツアー…
とても面白そうですよね

さすが、平成23年度
「年間入館者数
16万人を達成できなかったら
男性職員全員ボーズ」
なんて
無茶な公約を掲げた水族館なだけあるなぁ…と思いました
(ちなみに、無事、達成できて、未使用に終わったバリカンは
16万人目のお客様にプレゼントされたそうです)

竹島水族館
客として利用する分には、とても面白い水族館なのですが
働く側としては、どうなんでしょうね?

といったところで、今回の回顧録終了です

竹島水族館
オススメの水族館なので、ぜひ来館してみてください☆
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.