こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
上大瀬児童遊園地へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第581弾は、静岡県浜松市東区にある
「上大瀬児童遊園地」です
上大瀬1
浜松市の街角に隠れた※①ダイヤの原石
発見されたソレは、※②研磨作業を経て
ダイヤとしての輝きを放ちます!!
(※①珍しい遊具があるor遊具設置数の多い公園)
(※②当ブログで紹介すること)


ゲーム、読書(ラノベ)
近所のコンビニで立ち読み(漫画)
おでかけプラン構築、※関係各方面へ連絡
子供を引き連れおでかけ、ブログ更新…等
(※「おでかけ仲間(紹介記事へ)」への打診+雑談)
常人では、とてもとてもこなせないスケジュールの中
空いた時間を使い
のりゅは、ダイヤの原石を見いだすため
浜松市の地図を広げ、行っていない公園を捕捉
「Google ストリートビュー」を利用・確認したり
確認が難しい場合、自分1人で下見に行ってみたりと
地道な努力を続けています
100、200の※スカを積み上げる中
(※遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)
のりゅが新たに見いだした厳選されし12公園
※回顧録12回に渡ってお送りする第10弾
浜松市東区にある「上大瀬児童遊園地」です
(クリックにて、このシリーズの第1弾へ飛びます)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「植松第1公園」を退園
次なる目的地、上大瀬児童遊園地へやってきました

上大瀬児童遊園地をGoogle ストリートビューにて確認
とある遊具を見つけた際
「大発見だ!」と歓声を上げてしまいました
文丘小公園9
(上画像は「文丘小公園」の箱型ブランコです)
とある遊具とは、箱型ブランコでした
それも、2台設置されているのが確認できたのです

のりゅが把握している限りでは
箱型ブランコは、浜松市中区にある
「文丘小公園(紹介記事へ)」しか現存していません
安全上の問題から公園から姿を消しつつある箱型ブランコ
昔、友人と興じた遊具と再々会できることを期待して
上大瀬児童遊園地へ入園いたしました

上大瀬児童遊園地

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 9.5キロ(片道)

到着目安 20分

駐車場 数台止められます

所在地 〒431-3112 静岡県浜松市東区大島町1244

電話 管理団体がわかりません


上大瀬1-1
上大瀬児童遊園地は
「邑勢神社(おおせじんじゃ)」の敷地内にある公園です
上大瀬児童遊園地の入口前に数台駐車スペースがあります
設置されている遊具は
上大瀬2
鉄棒
上大瀬3
滑り台
上大瀬4
ブランコ
上大瀬5
上大瀬6
滑り台、ジャングルジム、登り棒の付いた複合遊具

そんでもって、上大瀬児童遊園地の真打
上大瀬7
上大瀬8
今や絶滅危惧種な遊具
箱型ブランコ2基…
…と書きたかったのに、くぅぅ…(哀)
上大瀬児童遊園地の箱型ブランコへ乗ってみて
のりゅは、落ち込みました
箱型ブランコは、動かないように
固定されちゃっていた
のです
つまり、ブランコとしての機能は
失われていました…
現状は、乗るだけの遊具ですね
上大瀬9
それから上大瀬児童遊園地には
ゆりかご遊具も設置されています
上大瀬10
こちらも箱型ブランコと同じく地面に固定されちゃってました
現状は、乗るだけの遊具ですね

といったところで、今回の回顧録終了です

上大瀬児童遊園地
箱型ブランコが形だけでも現存しているのは珍しいと思います
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松市の街角に隠れた
ダイヤの原石(公園)紹介シリーズは、次回も続きます
スポンサーサイト
植松第1公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第580弾は、静岡県浜松市東区にある
「植松第1公園」です
江東・植松1-0
浜松市の街角に隠れた※①ダイヤの原石
発見されたソレは、※②研磨作業を経て
ダイヤとしての輝きを放ちます!!
(※①珍しい遊具があるor遊具設置数の多い公園)
(※②当ブログで紹介すること)


ゲーム、読書(ラノベ)
近所のコンビニで立ち読み(漫画)
おでかけプラン構築、※関係各方面へ連絡
子供を引き連れおでかけ、ブログ更新…等
(※「おでかけ仲間(紹介記事へ)」への打診+雑談)
常人では、とてもとてもこなせないスケジュールの中
空いた時間を使い
のりゅは、ダイヤの原石を見いだすため
浜松市の地図を広げ、行っていない公園を捕捉
「Google ストリートビュー」を利用・確認したり
確認が難しい場合、自分1人で下見に行ってみたりと
地道な努力を続けています
100、200の※スカを積み上げる中
(※遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)
のりゅが新たに見いだした厳選されし12公園
※回顧録12回に渡ってお送りする第9弾
浜松市東区にある「植松第1公園」です
(クリックにて、このシリーズの第1弾へ飛びます)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「将監第2公園」を退園
次なる目的地、植松第1公園へやってきました

「未知との遭遇」
「スティーヴン・スピルバーグ」監督制作のSF映画の
日本語訳タイトルですね
映画のような大層な経験ではありませんが
植松第1公園は、のりゅにとって
未知なる体験の連続だった公園でした
江東・植松1-1
未知なる体験①
目的地の公園名が違う


上画像は、のりゅの持つ
地図帳の植松第1公園の記載名です
辿り着いたら目的地と違う公園名に混乱しました

「目的地とは違う公園へ行ったんじゃ?」と
皆様は思われるかもしれません
しかし、のりゅが公園を間違えた
あるいは、勘違いしていることはありません
その根拠として植松第1公園の隣に
「本誠寺」という名称のお寺があったのです
江東・植松2-1
未知なる体験②
さらに異なる公園名発見


「富吉公園?植松第1公園?」と混乱している最中
植松第1公園と隣接しているお寺、本誠寺の敷地入口で
「江東第1公園」という公園看板を発見しました
こちらに関しては、本誠寺の庭が江東第1公園で
浜松市中区富吉町と浜松市東区植松町の境が
2つの公園の境界線なのだろうと推察しました

そして、未知なる体験③
植松第1公園に
設置されている遊具にて
未知なる体験があった
のでした

植松第1公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 隣接のお寺の庭に止められそうですが
駐車してよいのか?わかりません

所在地 〒430-0803 静岡県浜松市東区植松町51−15

電話 管理団体がわかりません

江東・植松4
植松第1公園は、本誠寺という名前のお寺隣にある公園
〒430-0804  静岡県浜松市中区富吉町15−3
カーナビ検索しても辿りつけます
江東・植松5
本誠寺の庭先、江東第1公園には
駐車できそうなスペースがありました
しかし、植松第1公園を利用目的の方が
駐車しても問題ないのか?わかりません
誰かに連れて来てもらえるのなら、ソレが1番ですね

植松第1公園に設置されている遊具は
江東・植松6
(上画像は、拡大表示可能です)
江東・植松7
ブランコ3基
ひとつの公園に、ブランコが
3基設置されているのは珍しいですね
でも、そんなことが未知なる体験だったわけではありません
(1つの公園で、3つのブランコを目撃した記憶がないので
あるいは未知なる体験だったかもしれませんけれど…)
江東・植松8
(上画像は、拡大表示可能です)
動物のオブジェ、砂場
江東・植松9
滑り台
江東・植松10
(上画像は、拡大表示可能です)
3ルートでスライド可能な滑り台

そして、最後に紹介するのが
のりゅに未知なる体験をさせてくれた遊具
江東・植松11
UFO遊具です
江東・植松12
UFO遊具の内部は、空洞になってます

さて、肝心の未知なる体験③なのですが
UFO遊具(未確認飛行物体)なのだから
ソレを目撃したから未知なる体験…

…などと主張するつもりはありません!
本郷第1公園6
(上画像は、別の公園に設置されている遊具です)
植松第1公園へ来園するより以前、異なる形状のUFO遊具を
浜松市南区にある「本郷第1公園(紹介記事へ)」
目撃したことがあります

もっと書くなら
UFO遊具は、初見ではないわけで
目撃したことは未知なる体験になりませんね

江東・植松13
未知なる体験③
UFO遊具に自分が乗ったこと♪
でした☆

といったところで、今回の回顧録終了です

植松第1公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松市の街角に隠れた
ダイヤの原石(公園)紹介シリーズは、次回も続きます
将監第2公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第579弾は、静岡県浜松市東区にある
「将監第2公園」です
将監第2公園1
浜松市の街角に隠れた※①ダイヤの原石
発見されたソレは、※②研磨作業を経て
ダイヤとしての輝きを放ちます!!
(※①珍しい遊具があるor遊具設置数の多い公園)
(※②当ブログで紹介すること)


ゲーム、読書(ラノベ)
近所のコンビニで立ち読み(漫画)
おでかけプラン構築、※関係各方面へ連絡
子供を引き連れおでかけ、ブログ更新…等
(※「おでかけ仲間(紹介記事へ)」への打診+雑談)
常人では、とてもとてもこなせないスケジュールの中
空いた時間を使い
のりゅは、ダイヤの原石を見いだすため
浜松市の地図を広げ、行っていない公園を捕捉
「Google ストリートビュー」を利用・確認したり
確認が難しい場合、自分1人で下見に行ってみたりと
地道な努力を続けています
100、200の※スカを積み上げる中
(※遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)
のりゅが新たに見いだした厳選されし12公園
※回顧録12回に渡ってお送りする第8弾
浜松市東区にある「将監第2公園」です
(クリックにて、このシリーズの第1弾へ飛びます)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「子安公園」を退園
次なる目的地、将監第2公園へやって来ました
214-2.jpg
(上画像は、小豆餅公園の遊具写真です)
将監第2公園には、以前来園した
浜松市中区にある「小豆餅公園(紹介記事へ)」にある
飛行機型複合遊具が設置されていることを
Google ストリートビューにて補足

ソレを目当てに来園しました
しかし、飛行機型複合遊具とは別に
全く予期していなかった
のりゅ的に運命を感じた遊具
との出会いもあり
大いなる収穫を得ることができた公園でした

将監第2公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15キロ

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒430-0802 静岡県浜松市東区将監町 50

電話 管理団体がわかりません

将監第2公園は「蒲小学校」付近にある公園
駐車場はありませんので
誰かに連れて来てもらえるのなら、ソレが1番ですね

設置されている遊具のメイン
将監第2公園2
飛行機型複合遊具です
将監第2公園3
後ろから見ると上画像な感じ
パイプ2本の間を滑る滑り台付です
将監第2公園4
次女ちゃまは、この飛行機型複合遊具の
コックピットが気に入ったみたいです
他の遊具に目もくれず
退園直後まで、操縦桿を動かして遊んでました

飛行機型複合遊具以外
将監第2公園に設置されている遊具は
将監第2公園4-1
鉄棒
将監第2公園5-1
スプリング遊具
将監第2公園7
ブランコ
将監第2公園8
小型複合遊具
将監第2公園9
この複合遊具は、スロット付でした
今まで、数多くの公園を巡り巡ってきましたが
目撃した記憶がない複合要素でした

んでもって
のりゅ的に運命を感じた遊具というのは
将監第2公園10
変則形状の登り棒でした

最近の記事
浜松市の街角に隠れた
ダイヤの原石(公園)紹介シリーズ

初回「百里園公園(紹介記事へ)」でも
書いたことですが
のりゅは、少年時代登り棒を
(両足は使用)片手だけスルスル~と登れた
ことから
93-14.jpg
(上画像は、イメージです)
※「登り棒の王子様」と呼ばれていました
(※捏造した過去、片手で登れたのは本当)

登り棒が、公園遊具として
設置されていることは、割とレア
です
なのに、かつて登り棒の王子様と呼ばれた自分は
予期せず登り棒と出会ってしまったことから
運命めいたモノを感じてしまったわけですね
将監第2公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
嬉しすぎてハイテンションとなり
登り棒上部で雲低移動
次女ちゃまに撮影してもらっちゃいました♪
将監第2公園12
それはそれとして、将監第2公園の登り棒は
高さが低めの初心者向けです
具体的どれくらい低いのか?を説明しますと
上画像に注目してください
のりゅがジャンプをすれば
登り棒を登らなくとも
上部を掴めてしまう高さ
でした
将監第2公園13
(上画像は、拡大表示可能です)
年2回の会社の健康診断で測定する
のりゅの身長は、169cm前後です
でも、愛知県名古屋市にある
「名古屋市科学館(紹介記事へ)」
最先端科学測定機器で測った
のりゅの身長は、175cmでした
この時は、身長170cmの大台を大幅に超える
夢のような数字結果から
嬉しさのあまり
足の指先がプルプル震えてしまってました


そして、愛知県大府市にある
「あいち健康プラザ 健康科学館(紹介記事へ)」で測定した
のりゅの本気の
ジャンプ力(垂直飛び)は、62cm
でした

2つの結果を合算して考慮すれば
将監第2公園の登り棒の高さは
2m50cm程度
だと思いました

といったところで、今回の回顧録終了です

将監第2公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松市の街角に隠れた
ダイヤの原石(公園)紹介シリーズは、次回も続きます
子安公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第578弾は、静岡県浜松市東区にある「子安公園」です
子安公園1
浜松市の街角に隠れた※①ダイヤの原石
発見されたソレは、※②研磨作業を経て
ダイヤとしての輝きを放ちます!!
(※①珍しい遊具があるor遊具設置数の多い公園)
(※②当ブログで紹介すること)


ゲーム、読書(ラノベ)
近所のコンビニで立ち読み(漫画)
おでかけプラン構築、※関係各方面へ連絡
子供を引き連れおでかけ、ブログ更新…等
(※「おでかけ仲間(紹介記事へ)」への打診+雑談)
常人では、とてもとてもこなせないスケジュールの中
空いた時間を使い
のりゅは、ダイヤの原石を見いだすため
浜松市の地図を広げ、行っていない公園を捕捉
「Google ストリートビュー」を利用・確認したり
確認が難しい場合、自分1人で下見に行ってみたりと
地道な努力を続けています
100、200の※スカを積み上げる中
(※遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)
のりゅが新たに見いだした厳選されし12公園
※回顧録12回に渡ってお送りする第7弾
浜松市東区にある「子安公園」です
(クリックにて、このシリーズの第1弾へ飛びます)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「西伊場第1公園」を退園したのち
次なる目的地にして、今回記事の舞台となる
浜松市東区にある子安公園へ来園…の前に
子安公園1-1
次女ちゃま大好き(のりゅも大好き)
「CoCo壱番屋 浜松西伊場店」に入店、ランチタイムとしました
次女ちゃまが注文したのは
お子さまカレーA.ハンバーグ(390円)でした

次女「パパ、ねーね
カレー食べられなくって
可哀想だね~?」


回顧録第574弾の「弥生ヶ丘公園(紹介記事へ)」の回顧録でも
書いたことですが
弥生ヶ丘公園1-1
(上画像は、とある遊園地での姉妹ケンカ)
傍若無人で譲り合いの
精神皆無な長女と次女

さらに、次女は、甘ったれ、かまってちゃんなので
2人が一緒に行動していると高確率で姉に絡み
姉妹ゲンカを勃発させます
よって、のりゅ&嫁は、どこかへ連れて行く場合
2人を引き離せるのなら、ソレがベストだと思っています

そして、浜松市内の公園巡りをした日
「イオンモール浜松市野(公式HPへ)」
行きショッピングをしたい嫁と公園巡りをしたい
のりゅの利害が一致しました
長女は、春休みの宿題があるからお留守番
次女は、上記の表向きな話を聞かされ
結託した家族3名に騙されていたのです

ココイチでランチ中だった自分が
嫁と長女のランチを堪能した店とメニューを
知る由もありませんが
「次女より値の張るモノを食べているだろう」
容易に想像できました

嫁に、あとから聞いたお話では
「ブッフェ ガーデン プランツ」という
イタリアンバイキングだったそうです
小学生料金は、899円(税抜・土日)ですね



幸せそうに、390円カレーを堪能していた次女ちゃま…
のりゅが目頭を拭ったのは
カレーの辛さだけが理由ではありませんでした

子安公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありますが、開放されてませんでした

所在地 〒435-0015 静岡県浜松市東区子安町327

電話 管理団体がわかりません


子安公園には、数台分の駐車が確保されてましたが
ロープが張られ開放されていませんでした
普通の公園利用には使えないのでしょうか?
誰かに連れて来てもらえるのなら、ソレが1番です

子安公園に設置されている遊具は
子安公園2
鉄棒
子安公園3
コンクリート製滑り台
子安公園4
バッタのオブジェ+雲梯
子安公園5
砂場
子安公園6
大型複合遊具
大型複合遊具に付いている長い滑り台
砂場側がステンレス製
子安公園7
反対側は、細いパイプを束ねたタイプのモノでした
子安公園8
複合遊具途中の下部には、ブランコも付いてます

浜松市内の公園で、これだけの規模の複合遊具と
出会ったのは久しぶりでした
「まだ、こんなん残ってたんか~」という感想を抱きましたね
同時に
「浜松市内の大型複合遊具が
設置されている公園は行き尽くした」
などと
半ば思い込んでいた己の過信に、気づきました

のりゅは、悔い改めまして
「浜松の公園王」
多くの方より呼ばれるようになる日まで
公園巡り&ブログ更新を
邁進していく所存でありますゆえ
皆様、今後も応援よろしくお願いいたします…
要は、このブログを
読んでください!拍手ください!
コメントをいただけると嬉しいなぁ~
と思います

といったところで、今回の回顧録終了です

子安公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松市の街角に隠れた
ダイヤの原石(公園)紹介シリーズは、次回も続きます
半田緑ヶ丘公園にちょっとだけ来園
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第486弾は、静岡県浜松市東区にある
「半田緑ヶ丘公園」です
半田緑1
2016年9月某日
静岡県浜松市東区を中心とする公園巡りを実施しました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「地蔵平公園」から
約600mの距離を徒歩にて移動
「半田緑ヶ丘公園」までやってきました
意外というか、嬉しい誤算だったのは
半田緑1-1
(今年7月に実施した高丘葵地区公園巡り時の参考画像)
次女(28キロ)が、ここまでの道程の間に
抱っこ要求魔に変貌しなかったことです

2016年9月某日公園巡り

「中田公園(紹介記事へ)」→徒歩600m→
「上新屋第2公園(紹介記事へ)」→隣接→
「早出蒲北公園(紹介記事へ)」→徒歩750m→
「早出中根公園(紹介記事へ)」→車→
「鳩打谷公園(紹介記事へ)」→徒歩350m→
地蔵平公園(紹介記事へ)→徒歩600m→
⑦半田緑ヶ丘公園

途中、車での移動があったとはいえ
半田緑ヶ丘公園までの徒歩の移動距離を合計すると2.3キロ
いつもだったら③→④の移動くらいで
次女の抱っこ要求が始まる
んですけれど
この時は、どうしたんでしょうかね~?
回顧録トップ画像の通り元気いっぱいでした
次女ちゃまも多少は成長したのかな~?と思いきや
半田緑1-2
上画像は、2016年10月に、県外のとある場所へ
おでかけした時の画像なんですが
疲れ果てた次女は、抱っこ要求魔となりました
2016年9月のこの時は
たまたま調子が良かっただけみたいですね

半田緑ヶ丘公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 12.5キロ(片道)

到着目安 25分

駐車場 ありません

所在地 〒431-3125 浜松市東区半田山3丁目47 番15号

電話 管理団体がわかりません


半田緑が丘公園には、駐車場がありません
誰かに連れてきてもらえるのなら
ソレが1番のアクセス方法です

半田緑ヶ丘公園に設置されている遊具を紹介しつつ
思い出を振り返りたいところなんですけれど
滞在時間3分くらいでした

半田緑ヶ丘公園へ到着するちょっと前の段階で
1人別行動をしていたアッシーちゃんの嫁から
「MEGAドン・キホーテ 浜松三方原店」でのショッピングを
終えた連絡が入り
のりゅ達が着いた頃には、車を停車して待っていました
「もういいかげんにしなさいよ!」と
嫁に帰宅を促されてしまったゆえ
半田緑ヶ丘公園では遊んでいないのです
遊具の紹介だけいたします
半田緑2
(上画像は、拡大表示可能です)
ブランコ、2つの滑り台
半田緑3
(上画像は、拡大表示可能です)
チェーンネットクライム、タイヤのブランコ付の複合遊具
半田緑4
砂場
ちなみに、赤枠部分に嫁は、車を停車して待っていました
半田緑5
半田緑ヶ丘公園
複合遊具、砂場以外、遊具はありませんでした
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.