こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
青木中央公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第561弾は、静岡県藤枝市にある「青木中央公園」です
青木中央公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県藤枝市にある「内谷三輪公園」を退園
次にやってきたのが、この日のおでかけにおける
最後の目的地「青木中央公園」でした

青木中央公園には、駐車場がありませんので
最寄の1時間100円の有料駐車場
「※藤枝市営藤枝駅前駐車場」を利用しました

単なる公園へ行くために
駐車料金を支払った
わけですが
のりゅは、青木中央公園に
少年時代の夢を
実現させるために来園
したのです
なので「夢を叶えるためなら安すぎるぜぇ!」と
思ったくらいでした


青木中央公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 46.5キロ(片道)

到着目安 55分

高速料金 930円(島田金谷IC降車の場合)

駐車場 ありません
藤枝市営藤枝駅前駐車場 1時間100円(1台)
駐車場所在地 〒426-0034 静岡県藤枝市駅前2-5-17
青木中央公園は、徒歩500mくらい
7~8分で到着できます

所在地 〒426-0037 静岡県藤枝市 青木3丁目8−18

電話 054-643-3487(藤枝市花と緑の課)


青木中央公園2
青木中央公園マップです

青木中央公園は、2013年に開園した比較的新しい公園です
遊具は、全て「わんぱく広場」に設置されています

のりゅの少年時代の夢
ソレを叶えてくれる遊具については後回し
先に、青木中央公園に設置されている
その他の遊具を紹介します
青木中央公園3
ブランコ
青木中央公園4
鉄棒
青木中央公園4-1
幼児向け複合遊具
青木中央公園5
メインの中規模複合遊具
青木中央公園6
1つ前の画像の反対側から撮影した中規模複合遊具
青木中央公園7
イルカのスプリング遊具
青木中央公園8
複数人で乗れるクジラのスプリング遊具

んでもって、次に紹介するのが
のりゅの少年時代の夢
ソレを叶えてくれる遊具です
青木中央公園9
シャチのスプリング遊具です

のりゅは、少年時代
20数年前に放送されていたテレビアニメ
「七つの海のティコ(クリックにて、アニメ紹介サイトへ)」
ハマりにハマった過去があります
ティコ小説
その証拠をいくつか提示するのなら
20数年前に購入したモノなので
痛んじゃってますけれど小説+ファンブックは
いまだに所有してます
ティコアイコン
(画像素材サイトから頂きました)
さらに、七つの海のティコの主人公
上画像左の「ナナミ・シンプソン」ちゃんは
萌えていただけでなく
彼女は、多くのゲームやアニメ、漫画等を
体験した自分の人生の中で
※3大ヒロインの1人です
(※残り2人は
「風の谷のナウシカ(金曜ロードショーサイトへ)」
主人公「ナウシカ」
「銀盤カレイドスコープ(公式アニメHPへ)」
主人公「桜野タズサ」
ナナミちゃんの潜水能力に憧れて
プールや家のお風呂で
潜水の練習をした過去
もあります

もちろん、ナナミちゃんだけでなく、上画像左の生物
海の王者シャチには
特別な想い入れを抱いており
日本国内のシャチ飼育施設
愛知県名古屋市にある
「名古屋港水族館(紹介記事へ)」へシャチに会うため来館
公開トレーニングを鑑賞しました

千葉県鴨川市にある
「鴨川シーワールド(紹介記事へ)」では
日本唯一のシャチの本格パフォーマンスを鑑賞
ショーでは、盛大な海水の洗礼を
シャチからプレゼントしてもらいましたし
水中のシャチのじっくり観覧するべく
レストラン「オーシャン」にて身銭を切りました

さて、これだけ書けば
のりゅの七つの海のティコへの想い入れ
ひいては、シャチへの想い入れ
ご理解いただけたと思います

ですが、シャチに想い入れがあり
お金、時間、労力を掛けたとしても
「シャチに乗りたい!」
なんて少年時代の夢

シャチのトレーナーにでもならない限り
叶わないと思っていました…

ソレがどうでしょう!
青木中央公園ならば
シャチに乗れるんですよ!!

というわけで…
青木中央公園10
シャチに乗りました!
少年時代の夢を叶えました!!
次女ちゃまに
記念撮影してもらいました!!!


最後に、自分のミスを書かねばなりません
青木中央公園12
イルカ、シャチ、クジラのスプリング遊具周辺には
砂場があったようです
上画像の赤枠部分は、砂場のネットだと思われますが
砂場の写真を撮り忘れました
青木中央公園13
(上画像は、別の公園の砂場です)
なので、別の公園の砂場画像を流用しました
青木中央公園には、上画像のような砂場があります

といったところで、今回の回顧録終了です

青木中央公園
興味を惹かれましたら来園してみてくださいませ☆
スポンサーサイト
内谷三輪公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第560弾は、静岡県藤枝市にある「内谷三輪公園」です
内谷三輪公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県藤枝市にある「貝立公園」を退園したのち
次にやってきたのが、同市内にある「内谷三輪公園」でした
つまり…

ブログ的故郷に帰ってきたぜ!
…な回顧録第2回目ですね

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
読んでおらず、理解不能な方がいらっしゃることを
考慮して再度説明いたしますと
このブログ
「こどもとおでかけ回顧録」
その第1弾の回顧録にて、紹介・思い出を
振り返ったスポットこそが、静岡県藤枝市にある
「藤枝市郷土博物館・藤枝市文学館(紹介記事へ)」なのです

ちなみに、第2弾の「蓮華寺池公園(紹介記事へ)」
第3弾の「駅南公園(紹介記事へ)」
静岡県藤枝市にあるスポットです
第1弾~3弾の記事を作成したのは、今から約2年半前
懐かしいですね~☆…などと
ブログの記事として藤枝市を取り上げるのは
確かに、久しぶりです

しかし、新東名高速道路を利用
東の方向へおでかけして帰ってくる時は
静岡県藤枝市にある藤枝PA(下り)内の
「ラーメン魁力屋(公式HPへ)」
かなりの頻度で立ち寄るんですね
おろしニンニク(好きなだけ入れられる)を
ラーメンスープに、大量投下!
素敵な口臭になって帰宅する
のが
のりゅの※慣例です
(※慣例→繰り返し行われ習慣のようになっている事柄)

それに
※過去の回顧録、修正・強化
とか計画して
1人自宅を出発
(※2015年10月の行動、クリックにて、参照記事へ)
駅南公園強化10
(上画像は、未明の藤枝市に行ったときの参考画像です
従って内谷三輪公園とは別の場所です)

※未明の藤枝市
遊具の写真を撮りに行ったこともあります
(※①未明→明け方)
(※②クリックにて、その時撮影した写真がある記事へ)

内谷三輪公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 51キロ(片道)

到着目安 45分

高速料金 1330円(藤枝岡部IC降車の場合)

駐車場 29台(3箇所ある合計)

所在地 〒421-1132 静岡県藤枝市 岡部町三輪653

電話 054-643-3487(藤枝市花と緑の課)


内谷三輪公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
内谷三輪公園マップです

内谷三輪公園は
2013年7月に整備された比較的新しい公園です
設置されている遊具は、まだまだフレッシュ
豊富なラインナップの公園でした
それでは、ソレを証明するべく紹介いたしましょう
内谷三輪公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
メインとなる大型複合遊具です
内谷三輪公園4
ひとつ前の画像の反対側から撮影した大型複合遊具
内谷三輪公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
内谷三輪公園の大型複合遊具は
アスレチック要素(上画像上左)
スライド移動遊具(上画像上右)
特殊形状の雲梯(上画像下段)

遊べる要素満載の優良複合遊具でした
内谷三輪公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
ただまぁ、トンネルのサイズは子供仕様なので
のりゅが、チューブ滑り台まで辿り着くのは苦労しました

大型複合遊具以外にも
内谷三輪公園8
ブランコ
内谷三輪公園9
鉄棒
内谷三輪公園10
スプリング遊具

スプリング遊具の後ろに見えるキリン
滑り台ではなく複合遊具です
滑り台は、遊べる内容の一部でしかありません
内谷三輪公園11
滑り台以外、次女が触っている部分を
がちゃがちゃ動かして遊べます




複合遊具には、間違いありませんのですよ
内谷三輪公園12
幅広の滑り台

周囲がレッドカラーで幅広の滑り台
この滑り台を前にした自分は、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク ミラクル広場(紹介記事へ)」
ミラクル広場12-1
(上画像は、岐阜ファミリーパークの滑り台です)
グレードフォールを思い出していました

去年の10月、グレードフォールを自分が滑ったところ
朝露で滑り台が湿っていて
恐ろしいほどの勢いで急降下
終着点で両足着地することができず
尻を強打・悶絶することになりました
帰宅後、尻が痛くて痛くて我慢できず
岐阜ファミリーパーク訪問から数日後
近隣の肛門科に行ってみたところ
尻の強打とは関係ないが発覚
※手術入院することになったのです
(※クリックにて、痔の手術入院直前に作成した記事へ)

ある意味、グレードフォールのおかげで
痔の症状に気づくことができ
完治させることができたともいえますが…
グレードフォールを彷彿させる
周囲レッドカラーの幅広滑り台
を前にして

「滑ったら痔が再発する…?」

なんて不安を抱いてしまうのは
仕方ないことではないでしょうか?
滑るか?否か?
※逡巡と葛藤が渦巻く胸中の自分

(逡巡→決心がつかずためらうこと、尻込みすること)
内谷三輪公園13
より良い未来を
踏み出すため滑ることを決意!

我が家の次女ちゃまに
撮影役と見届け役を務めていただきました
ついでに、この記事を読む皆様も
1人の漢(おとこ)の戦いの記録
見届けてくださいませ!
内谷三輪公園14
(上画像は、拡大表示可能です)
滑りました!トラウマ(心的外傷)を乗り越えました!!

事情を知らない方が見ても
おっさんが滑っているだけだが
本人にとっては 、大きな飛躍だ


内谷三輪公園に設置されている遊具は以上です

その他
内谷三輪公園15
(上画像は、拡大表示可能です)
プレイコートが整備されています
バスケットゴールとコート
上画像下段は、野球の投球練習に使うんですかね~
内谷三輪公園16
(上画像は、拡大表示可能です)
健康アスレチックも多数設置されており
次女は、そちらでも遊びまくっていました

といったところで、今回の回顧録終了です

内谷三輪公園
興味を惹かれましたら来園してみてくださいませ☆
貝立公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第559弾は、静岡県藤枝市にある「貝立公園」です
貝立公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県牧之原市にある「このはな公園」にて
※世紀のリベンジを果たした自分は
次なる目的地として設定していた
静岡県藤枝市にある「貝立公園」へやってきました
(※のりゅ個人の認識です)
貝立公園2
貝立公園より藤枝市岡部町の集落を見下ろした自分…

「藤枝市よ、私は帰ってきた」

アニメ「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」
登場キャラクター「アナベル・ガトー」
名台詞をもじって叫ぶ…のは
周囲に迷惑だと考えたので心の中で叫ぼうとしたのですが
「※書いた時は叫んでないけど
コレって前に使ったネタだなぁ…」
と思ったので
(※クリックにて、参照記事へ)

「帰ってきたぞ♪帰ってきたぞ♪
ふ~じえ~だしぃ~♪♪」


「帰ってきたウルトラマン」のOP、サビ部分の一部を
替え歌にして小声で口ずさんでみました

ともあれ、皆様に理解していただきたい
キーワードは「帰ってきた」です
のりゅは、藤枝市に帰ってきたのです!

とはいえ藤枝市が
のりゅの故郷というわけではありません
短い間だけ住んでたとか
友人や昔の想い人の関係で思い出のある土地とか
そういったことも全くありません
それでも、帰ってきたのです!

さぁ~皆様、気になって仕方ありませんよね?
「どうでもいい…」と思った方、ここで読むのをやめると
貝立公園の遊具の内容を知ることができませんよ~
「画像だけ見ればいい…」と思いました?
イケズなこと考えないでくださいませ~
なんにせよ「帰ってきた」の意味
回顧録本文にて発表いたします
引っ張りますですよぉ~☆

貝立公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 51キロ(片道)

到着目安 45分

高速料金 1330円(藤枝岡部IC降車の場合)

駐車場 19台

所在地 〒421-1121 静岡県藤枝市岡部町岡部

電話 054-643-3487(藤枝市花と緑の課)


貝立公園は、2004年に
旧岡部町の高台に整備された公園です
「帰ってきた」の意味は、貝立公園に設置されている
遊具を紹介してから発表しますね
さらに、引っ張りますですよぉ~☆
貝立公園3
スプリング遊具
貝立公園4
トンネルスプリング遊具
貝立公園5
特殊形状のジャングルジム
貝立公園6
砂場
貝立公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
メインは、木製複合遊具です
貝立公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具の遊べる内容は、アスレチックに
ネット遊具、揺れる橋、2つ伸びた滑り台等で
滑り台は、ステンレス製の通常タイプとローラータイプでした

貝立公園に設置されている遊具は以上です

それでは、遊具の紹介を終えたところで
皆様お待ちかねの
「帰ってきた」の意味を発表いたします

このブログ
「こどもとおでかけ回顧録」
記念すべき
回顧録第1弾(クリックにて、第1弾へ)
静岡県藤枝市にある
「藤枝市郷土博物館・藤枝市文学館」!
つまり藤枝市は、ブログ的な故郷なのです
だから帰ってきたのです!!
貝立公園9
ちなみに、この記事2枚目に使用した画像は
上画像の赤枠部分で撮影しました
アナベル・ガトーの名台詞をもじって叫ぼうとしたのも
帰ってきたウルトラマンのOPのサビの一部を替え歌にして
小声で歌ったのもココです



といったところで、今回の回顧録終了ですが
皆様、拍手拍手~!ということで
この記事の最後にある拍手ボタンを
押すのを忘れないでくださいね♪

貝立公園
興味を惹かれました来園してみてくださいませ☆
駅南公園へおでかけ 
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第3弾は、静岡県藤枝市にある「駅南公園」です
駅南公園強化1
「駅南公園」は、藤枝駅の南側に
平成22年7月オープンした比較的新しい公園です
よって、とても綺麗に整備されており
遊具も豊富な公園なのですが
駅南公園の凄いところは、そんな事ではありません
なんと、この公園には、静岡県において
駅南公園のみ設置されてる遊具
あるのです
それを目当てに、のりゅと娘達は
浜松浜北IC付近から54キロの道程を経て
来園したのでありました

駅南公園

浜松浜北ICからの距離(片道) 54キロ

高速料金 藤枝岡部ICで降りた場合 1330円

到着時間目安 55分

駐車場 二台 身障者のみ
※近くの有料パーキングに止めました

所在地 〒426-0061 藤枝市田沼1-22

電話 054-643-3111(藤枝市役所 公園緑地課)

セット訪問候補 
蓮華寺池公園(紹介記事に飛ぶ) 4.7キロ 15分
藤枝郷土博物館+文学館(紹介記事に飛ぶ) 4.7キロ 15分


駅南公園強化2
(上の写真は、拡大表示可能です)
駅南公園マップです
遊具のあるゾーンは「やすらぎゾーン」「プレーゾーン」
2ヵ所です
駅南公園強化3
上画像のモニュメントを対面に、右がプレーゾーン
左が、やすらぎゾーンとなります
まずは、やすらぎゾーンの遊具をご紹介します
駅南公園強化4
やすらぎゾーンの遊具は、うんてい
駅南公園強化5
安全配慮付のブランコです
続いて、プレーゾーンの遊具を紹介します
駅南公園強化6
普通のブランコ
駅南公園強化7
スプリング遊具
駅南公園強化8
砂場(犬、ネコの糞尿対策網付)
駅南公園強化9
幼児向けの複合遊具
駅南公園強化10
駅南公園強化11
大型複合遊具です

そして、いよいよ、静岡県において
ここ駅南公園のみ設置されている遊具をご紹介いたします
それがこちら…
駅南公園強化12
駅南公園強化13
エンドレスターザンロープ!!
なのですよ☆

このエンドレスターザンロープを
やりたいがためだけに
この公園にやってきましたが
早速、はりきって挑戦するといたしましょう!
…と、娘達と来園した時は思ったんですけどね
藤枝駅南公園 ターザン
いやまぁ、普通に無理でした
やっぱり、この公園にしかないだけあって
エンドレスターザンロープは大人気
順番待ちをしている子供は多かったし、根本的な問題として
使用年齢制限が書かれているのです

娘達と一緒に順番待ちをして
娘達の付き添いを装うにしても
エンドレスターザンロープで、付き添いって
娘達がロープにつかまる補助以外できませんよね
多くの親御さんが見ている中、公園ルールを破って
自分が、プレイすることなんてできるわけないですし
もし※仮に、プレイできる環境を想定するのなら
(※仮のお話なのですよ)
誰もいない時間を狙う以外方法は
ないのかもしれません



誰もいないような時間に
1人エンドレスターザンロープを
励むおっさん
(36歳)



通報されても文句言えませんね☆
やめたほうが賢明だと思いましたゆえ諦めました
IMG_253.jpg
そんなわけなので、このエンドレスターザンロープで
遊ぶことができたのは、長女のみ
次女(当時4歳)は力が足りずロープに
つかまり続けていることができませんでした

そして、回顧録強化・修正のため、1人でおでかけした
訪問2回目の駅南公園、到着したのは
※明け方5時半くらいでした
(※回顧録の修正・強化に使った遊具の写真
周辺が薄暗いと思いませんか?)

「誰もいなければ
エンドレスターザンロープをプレイ可能!?」
なんて考えが、※全くなかったといえばウソになります
(※実行するつもりはありませんでしたのよ)
しかしながら、明け方5時半とはいえ
駅南公園強化14
公園を巡回する警備員さん
駅南公園強化15
公園のごみをかたづけていたご老人

皆様、仕事なり、ボランティアなりで
明け方から頑張っておられましたゆえ
1人おでかけ時の駅南公園、誰にも悟られず
エンドレスターザンロープをプレイできる環境では
ありませんでした



しかし、なんですかな…
この時、駅南公園にいた人達は
仕事なり、ボランティアに励んでいたわけなのですが
約1名だけ
ブログのため、おひとり様で
明け方の公園へ来園
遊具の写真をパシャパシャ撮影
「エンドレスターザンロープ
やりたいなぁ~
でも、できないなぁ~」
なんて思いながら退園した人物

混じっていたことを皆様にお伝えして
今回の回顧録終了となります

今度は、真夜中を狙う
蓮華寺池公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第2弾は、静岡県藤枝市にある
「蓮華寺池公園」となります
蓮花寺池強化0
IMG_2525.jpg
「蓮花寺池公園」には
総延長150メートル超の滑り台が
あるとの情報を入手
ココまで足を運んだわけですが…
行く道中、娘達の怪獣化防止用
ポータブルDVDを充電し忘れていて
(シガースポットからの電源も忘れました)
アニメが見れなくなるアクシデントがありました
怪獣化した長女をなだめるため
「すごい楽しい滑り台のある公園に行くから少し我慢してくれ」
と言ったところ
「楽しくなかったら許さないからね!」
長女から脅迫されました
楽しくなかったら何をされるのでしょう…?
ゾクゾクしてしまいました

蓮華寺池公園
(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離(片道) 49.5キロ

高速料金 藤枝岡部ICで降りた場合 1330円

到着時間目安 45分

駐車場の利用時間 6:30~21:00 無料
(時期によっては有料時もあるとのこと)

所在地 静岡県藤枝市若王子694-1

電話 054-643-3111(藤枝市役所 公園緑地課)

セット訪問候補 
駅南公園(ブログ内紹介記事に飛ぶ) 4.7キロ 15分
藤枝郷土博物館+文学館(ブログ内紹介記事に飛ぶ) 隣


蓮花寺池強化1
(上の画像は、拡大表示可能です)
蓮花寺池公園マップです

蓮花寺池公園は、周囲1.5キロの「蓮花寺池」をぐるっと回り
ウォーキングをしたり
季節によって、梅、桜、フジの花を観覧できる
藤枝市の中心的な公園です

まぁ、我が家族が、そういった用途で
公園を利用することはありませんゆえ
さっそく1番の目的、総延長150メートル超の滑り台へ
向かいました
蓮花寺池強化14
こちらが総延長150メートル超の「ジャンボ滑り台」です
全部で3基あり、それぞれ、24メートル、54メートル
80メートル、合計で、158メートルとなるそうです
上の写真には、2基しか写っていませんが
2基の滑り台の上に
IMG_3307.jpg
renngeike sannki
3基目のローラースライダーがあります
IMG_2532.jpg
ともあれ、娘たちには、このジャンボ滑り台
とても楽しんでもらえたようで
長女からのペナルティは
免除していただけました☆


自分も何回か「ヒャッハー」
世紀末モヒカンのような声を上げ滑りましたが
乗り場までの階段の行程は、多少きつかったですね
1番下で、多くの親御さんたちが待っているのも納得です

蓮華寺池公園、ジャンボ滑り台以外の遊具をご紹介しますと
蓮花寺池強化2
コンクリートの斜面をクライミングする遊具
蓮花寺池強化3
上まで登って降る滑り台
蓮花寺池強化4
ネットの壁
たぶん、上画像のコレは
唯一残ったアスレチック遊具だと思われます
というのも、少々前まで、蓮華寺池公園には
アスレチック遊具が数基あったそうですが
老朽化のためか?撤去されてしまったそうです
その代わりに設置されたと思われるのが…
蓮花寺池強化5
蓮花寺池強化6
蓮花寺池強化7
こちらの平成22年に、新しく設置された複合遊具です
蓮華寺池公園の遊具は以上ですけれど
この公園は、遊具以外も楽しめる公園です
蓮花寺池強化15
この公園には動物型の足漕ぎボートがありまして
娘どもに「乗りたい!乗りたい!」を
全力でダダをこねられましたが
4人乗りボード 
(大人2名、子供2名)
利用料金 30分1200円

3人乗りボート
(大人2名、子供1名)
利用料金 30分1050円


料金を見て撃沈
お金がないことを切実に訴えて
勘弁してもらいました

のりゅには、この時、お金がなかったということなので
おサイフ…じゃなくて、マイファザー&マザー登場
IMG_3311.jpg
IMG_3312.jpg
マイファザーのポケットマネーで、娘たちを
ボートに乗せてあげることができました

娘達は、喜び
マイファザー&マザーは、孫を喜ばすことができて嬉しい
自分は、ボートに乗って遊べなくて、少々残念だったけど
たまには、両親に親孝行するかな~と…

具台的には、マイファザーに
大好きな孫の前で、足漕ぎボートを一生懸命漕ぐ
見せ場を譲ってあげまして
自分は、コーヒー(Mカン)を飲んでブレイクタイム
これぞ、まさしく
WIN&WINN&WINな関係でした
蓮花寺池強化8
その他、遊び目的の設備ではありませんけれど
蓮華寺池公園には、健康用アスレチックが1基
蓮花寺池強化9
蓮花寺池強化10
夏には、じゃぶじゃぶ池として利用できるエリアもあり
遊んだり、運動したりするには、もってこいな公園です
そして、遊んだり、運動した後、休憩にも
蓮華寺池公園は、もってこいな公園なのですよ♪
蓮花寺池強化11
綺麗に整備された日本庭園に、豪華な造りの東屋
蓮花寺池強化12
軽食、アイス、ジュース、お菓子等を取り扱うレストハウス
蓮花寺池強化13
公園内に茶屋もございます
我が家は、利用してませんけど
休憩するには、十分な施設ですよね?

といったところで、今回の回顧録終了です

蓮華寺池公園、力いっぱい遊んだり、運動したり
さらに、休憩するのにも適した公園です
興味を惹かれましたら
ぜひ来園してみてはいかがでしょうか?
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.