こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
島田中央公園 アスレチック編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第5.5弾は、静岡県島田市にある
「島田中央公園 アスレチック編」となります
5-1.jpg
回顧録第5弾の
「島田中央公園(クリックにて、紹介記事へ)」の記事を
修正・強化するにあたり
この公園のアスレチック遊具を含めてしまうと
1記事のボリュームが、やたら膨らんでしまうため
アスレチックに関しては、別の記事で紹介する形をとり
第5.5弾という小数点番号付の回顧録としました

上の画像は、島田中央公園のアスレチックを
こなしていくルートの一例です
平坦な場所にもアスレチックは、設置されてますが
山の中にもアスレチックは、設置されております
島田中央公園、全てのアスレチックをクリアするには
上画像の山道の階段や傾斜のきつい山道も
クリアしなければならないことを皆様
島田中央公園へ来園される前に、御承知くださいませ

島田中央公園(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北ICからの距離(片道) 38.5キロ

高速料金 島田金谷ICで降りた場合 930円

到着時間目安 40分

駐車場 560台(無料)

所在地 〒427-0007 島田市野田1633-1

電話 0547-36-7187(島田市市街地整備課公園係)

ミニ鉄道 運航日 土日祝日 
※第1日曜日はミニ鉄道愛好家の日のため乗車不可
夏(4月~9月) 10:00~17:00
冬(10月~3月) 10:00~16:00
利用料金 小学生以上 100円 
※小学生未満は、20歳以上の保護者が同伴が必要
※雨の日は運休

セット訪問候補 
島田市こども館 2.5キロ 7分(ブログ内紹介記事に飛ぶ)
蓬莱橋(ブログ内紹介記事へ飛ぶ) 4キロ 10分
ばらの丘公園 すぐ隣


それでは、島田中央公園、アスレチックをご紹介します
5-2.jpg
5-3.jpg
①ありじごく

中央の部分に落ちないように、走り抜けたり
案内板によれば、ロープにつかまって回るのもアリ


「浜北森林アスレチック(クリックにて、紹介記事へ)」にも
同様のモノがありますね
しかし、浜北森林アスレチックは、有料ですけれど
島田中央公園は、無料です
5-3-1.jpg
②陣取り

両側から進み、じゃんけんをして陣地を取り合うモノ
5-4.jpg
③とりで渡り

つり丸太を渡ります
5-5.jpg
④人間ロープウェイ

要は、ターザンロープ
5-6.jpg
IMG_2569.jpg
⑤空中散歩

吊られた丸太の足場、ネットの足場を渡ります
5-7.jpg
⑥丸太バランス

下に落ちないように渡ります

シーソーとなっている部分の障害は、この公園以外
見たことがありません、ちょっと新鮮でした
5-8.jpg
IMG_2570.jpg
⑦物見の塔

登って、降ります
5-9.jpg
ta-zannidou.jpg
⑧ターザン移動

ロープで吊られた揺れる丸太の足場を移動していくモノ
5-10.jpg
⑨冒険の塔

登って、降ります
5-11.jpg
⑩冒険ネット

登ります
5-12.jpg
⑪とびとび丸太

水面に浮かんだ丸太の足場を渡って進みます

明らかに水深より低い足場があったのですが…
5-13.jpg
IMG_2559.jpg
IMG_2555.jpg
⑫いかだ渡り

イカダに乗り、ロープを引き、川を渡ります

やはり、コレが娘達には、1番人気でした
「浜北森林アスレチック(クリックにて、紹介記事へ)」にも
似たようなモノがありますが
島田中央公園は、無料です

さて、ここまで、1人おでかけ時、撮影した写真と
昔、娘達と訪問した際の写真を交えつつ
たんたんと島田中央公園のアスレチックを
紹介してきただけですね

本来なら、いつもの回顧録同様
娘達との思い出も書きたいところなんですけど
娘達と訪問したのが、1年半前…
イカダ渡りを気に入って、何度も繰り返し
やってたなぁ~ってこと以外、思い出せません
つまり、1人おでかけ時の思い出しか
書けないのです
よって、ソレを書きますね

1人おでかけ時の思い出はですねぇ~
朝から山道を登ったり、降ったりしたことに加えて
「撮影するだけダメ!
遊ばなきゃダメ!」という
遊具を愛するがゆえの矜持
アスレチックを撮影だけして帰宅する行為を許してくれず
島田中央公園、アスレチックを
1人で挑戦、全てクリアしたため
疲れました☆

さらに
5-14.jpg
島田中央公園パンフレットにも乗ってない
昔のアスレチックの名残その①
5-15.jpg
名残その②
看板には、ロープのぼりって書いてありますけど
ロープなんてどこにも設置されていませんでした

島田中央公園のパンフレットを入手していれば
アスレチックの位置も数も把握できたのですが
公園到着時「※ローズアリーナ」
まだ営業時間外でした
(※島田中央公園、管理棟も兼任しており
公園パンフレットも置いてあります)

ゆえに、アスレチックに漏れが無いよう
公園敷地内の山中を
隅々まで駆け回った
ので
とっても疲れました☆

といったところで、今回の回顧録終了です

島田中央公園
12基の本格的なアスレチック遊具がございます
興味を惹かれましたら、ぜひ来園してみてネ☆
スポンサーサイト
蓬莱橋を踏破
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第221弾は、静岡県島田市にある「蓬莱橋」です
239-1.jpg
239-2.jpg
前回記事(クリックにて、前回記事へ)「野守公園」の後
同じ島田市内にあり、以前から機会があれば
行きたいと考えていた「蓬莱橋」の存在を思い出し
「※おでかけ仲間」のマー君、鋼鉄君に
訪問を提案いたしました
(※クリックにて、おでかけ仲間のプロフィール記事へ)
そして、2人からも反対意見があがらなかったので訪問決定
大井川沿いに南下、蓬莱橋へと到着いたしました
239-3.jpg
(拡大表示可能)
蓬莱橋周辺の散策コース
239-4.jpg
(拡大表示可能)
蓬莱橋の歴史、その他です

重要なのは「ギネス認定」
「世界一長い木造歩道橋」であること

ギネスブックに載っている橋を
乗り渡った経験のあるということは
自分もギネス認定されたも同然…


なんて大それたことは、考えていませんでしたけれど
職場や友人間のちょっとした話題で使えそうですよね
以前から興味がありました

興味があって、訪問したまでは良かったのですが
239-5.jpg
もう16:00近かったので
次女は、蓬莱橋行きの車内で寝てしまい
上写真のように、ぐでんぐでん状態…
中年太りの腹
自転車通勤にて、鍛え抜かれた腹筋に
まとわりつかれてました
239-6.jpg
20キロを抱えながら
蓬莱橋、897.4メートルを渡ることになりました
ちなみに、蓬莱橋の距離、897.4メートルという数字は
「やくなし」→「厄無し」の語呂合わせで
縁起のいい橋として人気があるそうです



のりゅのこの状態は「厄」じゃないんでしょうかね?

蓬莱橋(島田市HP内ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離(片道) 42キロ

高速料金  930円
※島田金谷ICで降りた場合

到着時間目安 50分

駐車場 56台

所在地 〒427-0017 静岡県島田市南2−22−14

電話 0547-37-1241

定休日 無休

通行料 大人100円、小学生以下10円、自転車100円
料金所は、8:30~17:00
時間外は料金箱へ通行料投入し通行可

セット訪問候補
島田市中央公園(紹介記事へ) 4キロ 10分
島田市 こども館(紹介記事へ) 1.5キロ 5分


239-7.jpg
「橋を渡るだけなんて、つまんない!」と文句を言われると
思いきや、我が家の長女は、気分良く渡っていました
239-8.jpg
パパは、ひぃふぅ、ひぃふぅ、渡っていました
239-9.jpg
「ど真ん中」と橋、直に書かれた表示をマー君が発見
「直に書かれているぜー!」なんて声を掛けられましたけれど
のりゅには、そんな余裕ありませんでした
239-10.jpg
ブログ用写真は、マー君と
我が家のカメラを預けた鋼鉄君が撮影してくれていました

2人は、長女の様子だったり
のりゅの抱っこしている状態(前から)だったり
抱っこしている次女の様子を撮影してくれており
この時、次女が起きていることに気づいていたなら
のりゅに、言ってくれても良かったのに…
(面白かったから放置していたのだと思いますけれど)
次女の目元を隠していますから
イマイチわかりにくいかと思いますが
この時の次女、実は起きていたようで
背後のマー君を次女が、にやにや見つめている写真を
帰宅後、彼から頂きました

この後、次女は、起きていることを長女に見つかり
「あー!次女、起きてるー!」と指摘され
239-11.jpg
「向こうまで、競争ねー!」という
姉の提案を受け、次女は、全力ダッシュ
239-12.jpg
序盤~中盤にかけての苦労はなんだったの?と思えるくらい
あっさり対岸へ到着
239-13.jpg
帰りの道程を見て
「絶対、抱っこしねぇ!」との決意を
自分自身に誓いました
239-13-1.jpg
(拡大表示可能)
蓬莱の意味について
「蓬莱思想」「愛和長寿」だそうです
239-14.jpg
縁起の良い…ということを強調したいためか
蓬莱橋の対岸には「七福神」やカメの置物といった縁起物が
設置されていました
239-15.jpg
239-16.jpg
対岸、ちょっとした高台から見える蓬莱橋
239-17.jpg
愛和の鐘、長寿の鐘というモノがあったので
愛和の鐘から行ってみることに
239-18.jpg
鋼鉄君に抱っこされ、長女は鐘を乱打
239-19.jpg
次女も鋼鉄君に、抱っこされ鐘を乱打

鋼鉄君、この時、明らかに※長女より重そうで
(※事実、2.5キロばかり重いんですけどね)
のりゅの写撮影にあたり
表情を写させないためか?顔をそらしてました
紳士ですよね~♪
239-20.jpg
(拡大表示可能)
愛和の鐘から長寿の鐘へ移動する途中
愛和の鐘、解説表示を発見
239-21.jpg
(拡大表示可能)
解説表示その②
赤枠部分を見て
乱打しちゃダメじゃん!
239-22.jpg
このままだと我が家に災厄が訪れかねないゆえ
のりゅが改めて、解説表示通り、鐘を鳴らせておきました
239-23.jpg
(拡大表示可能)
長寿の鐘、解説表示
239-24.jpg
今度は、解説表示通りに鳴らすよう、娘たちに指示
239-26.jpg
対岸の散策も終えたので
蓬莱橋を引き返すこととなりました

といったところで、今回の回顧録終了です

蓬莱橋
ギネス認定、世界一長いの木造歩道橋です
興味を惹かれましたら
ぜひ、訪問されてみてはいかがでしょうか?
野守公園(2015年7月)へ再訪
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第220弾は、静岡県島田市にある
「野守公園(2015年7月訪問)」となります
238-1.jpg
前回記事(クリックにて、前回記事へ)「塩郷の吊り橋」
渡り終えた後、本格的に行く予定の場所がなくなり
旧川根町周辺の遊び場で、最初に思いついたのが
以前も訪問、紹介したことのある「野守公園」でした
(クリックで、回顧録第4弾、野守公園の記事へ)

野守公園は、山奥の公園に
なんでこんな立派なモノがあるの?と
首をかしげてしまうほど珍しい遊具にして
遊園地のアトラクションとしても十分通用する遊具
238-2-1.jpg
238-2.jpg
「ボブコースター」のある公園です
こどもの喜ぶ遊び場としては、申し分がなく
普通の方でしたら訪問を迷う状況ではないのかもしれません
しかし、のりゅは、超迷っていました

のりゅたち一向の中で
野守公園のボブコースターの利用条件を満たしているのは
長女のみ(※5歳以上、大人はNG)
前回来園時同様
長女は、ボブコースターを楽しんで乗るでしょうね…
つまり、このまま野守公園へ来園するとなると
「娘を喜ばす目的で公園に訪問」
いうことになってしまい
皆様に「理想的なパパ」勘違いされる
とのジレンマがあったわけなのですね

もしそうなった場合を思い浮かべると
吐き気がします!
反吐が出ます!
アイデンティティーが崩壊します!


よって、訪問するには、何か別の理由を探さねばなりませんでした
何かないものか?と考え
238-3.jpg
野守公園から見える「野守の池」はなかなかの
景観だったことを思い出し
この時の同行メンバー「※おでかけ仲間」のマー君に
(クリックにて、おでかけ仲間の詳細記事へ)
伝えると「そいつは、興味あるねぇ~」との
言葉を引き出すことに成功いたしました

のりゅの「遊びの信念」
「※自分が楽しく、ついでに、こどもも楽しく」なのですが
(※まず自分が楽しくないとダメです)
遊びの信念より上位にあたる
人としての「生き方の信念」
「世のため、人のため…」なので
親友のためならば、遊びの信念を曲げても
仕方のないことだといえますネ☆

なので、この時の野守公園訪問は
あくまで、マー君、親友のためであり
娘のためではありませんので
皆様、勘違いしないでよ!!

野守公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離(片道) 45キロ

高速料金  930円
※島田金谷ICで降りた場合

到着時間目安 55分

駐車場 70台

所在地 〒428-0104 島田市川根町家山1173-3

電話 0547-36-7187(島田市市街地整備課公園係)

ボブコースター 土・日曜、祝日のみの運営
夏休み期間は平日も利用可能 

利用条件 5歳以上(※大人は乗れません)

利用料金 無料(素敵な言葉ですねぇ)

利用時間 12:00〜13:00を除き、10:00〜15:00まで

その他 野守公園、手前の建物「チャリム21」内に
飲料の自動販売機、綺麗なトイレがあります


238-4.jpg
野守公園の遊具は
長さ69メートルのロングローラー滑り台
238-5.jpg
※鋼鉄君もこの滑り台をスライドしていました
(※鋼鉄君の詳しいプロフィールは、クリック先の記事を参照)
長女は、ボブコースター
のりゅは、ブログ用掲載用の写真撮影
マー君も「景色やボブコースターを撮影したい」と言うので
特に用事もなく、あぶれた彼が
次女のお世話係でした
238-6.jpg
上から見ると、こんな感じの滑り台です
238-7.jpg
そして、野守公園、もうひとつの遊具が
ボブコースターです
238-8.jpg
238-9.jpg
ボブコースターコースは、207メートル
最高スピードは、 時速15Kmにもなるそうです
とても楽しそうですよねぇ…
238-10.jpg
1回のボブコースターを終えると
長女は、ボブコースター、スタート地点への階段を
輝く笑顔で駆け上がり
238-11.jpg
238-12.jpg
再度、ボブコースター!
この時の来園時、貸切状態で
長女は、十数回、ボブコースターを楽しんでいました

ここまで何度も書いてますけれど
ボブコースター、※大人の搭乗NGです
こどものように、軽量な方でしたら
管理者の方もOKしてくれるかもしれませんが
往復15キロの自転車通勤で鍛えた
※自分のマッスルボディでは
乗ることができません
(※最近、雨つづきで自転車に乗れてないので太りました
お腹のたるみとかやばいです
順調に、中年への道を爆進中です)
よって、夢中になって楽しむ我が娘を

長女「パパー♪」
(ボブコースターに乗りながら、長女の弾む声)

「おのれぇぇ!
見せつけやがってぇぇぇ!」


はらわた煮えくり返る気持ちで
眺めていました


娘は、知っているのでしょうか?
世の中、娘の嬉しそうに遊ぶ姿を
微笑ましく見守るの親ではなく
嫉妬しまくって眺める親もいることを…

でも、まぁ、世の中には、自分は楽しめなくとも
こどもの楽しむ姿を見れれば幸せなんて
親御さんもいるようなので
そういった特殊な喜び方のできる人は
野守公園、行ってみても損はないかもしれませんネ☆
238-13.jpg
我が家の長女様は
ボブコースターを1人満足した後
69メートルのロングローラー滑り台も忘れずにスライド
野守公園を最高に楽しんだようでした

けっ!(中指を立てる)
ぺっ!(つばを足元へ)

といったところで、今回の回顧録終了です

おまけのお知らせ
238-14.jpg
野守公園前の建物「チャリム21」内の
238-15.jpg
「川根図書館」が移転になったそうです
児童書の豊富な図書館で
のりゅは、ライトノベルに限らず、わりと読書好き
前回来園時
公園訪問ついでの時間過ごしに最適でしたので
個人的には、残念なお知らせでした
「新・川根図書館」は、川根小学校校舎に併設され
フロアが広くなり、蔵書数も増加
CDやDVDなんかも設置されるそうです
島田市こども館におでかけ  
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第7弾は、静岡県島田市にある「こども館」です
島田市こども館強化
「※おでかけ仲間」のCO君から
(クリックにて、おでかけ仲間紹介記事へ)

CO君「料金が安いし、綺麗だし、遊ぶモノも豊富だから
島田市の『こども館』良かったよ」


なんて、オススメされていたこともありまして
島田市にある「こども館」へやってまいりました



確かに、入館料金は安いし
館内は綺麗だし
遊ぶモノも豊富だったんですけどね~
それでも※CO君に騙されました
(※どう騙されたかは、後半明らかになります)

島田市 こども館(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北ICからの距離 34.5キロ(片道) 

高速料 金島田金ICで降車の場合 930円

到着時間目安 40分

駐車場 専用駐車場は、こども館から離れたところにあり 
利用時間 平日午前9時~午後9時30分
       土日・祝日午前9時~午後7時30分 
※時間をすぎると施錠されちゃうそうです
※詳しくは、公式HPを参照

所在地 〒427-0022 島田市本通3丁目3番の3

電話 0547-34-3341

営業時間 10:00〜19:00

入場料 未就学児  無料小学生 100円
大人 200円(市内の方は100円)

回数券(11回分)  小学生 1,020円
大人 2,050円(市内の方は1020円)

※2時間ごと入れ替え制
①10:00〜12:00 
②12:30〜14:30 
③15:00〜17:00 
④17:00〜19:00
(④の時間は保護者同伴)
※時間をすぎると退出を求められます

定休日 月曜日(但し、祝・休日の場合は翌日)

セット訪問候補

蓬莱橋(ブログ内紹介記事へ) 1.5キロ 5分
島田市中央公園 2.5キロ 7分(ブログ内紹介記事に飛ぶ)


IMG_2581.jpg
こども館へ入館
たくさんある遊具の数々に、うちの娘どもは、おおはしゃぎ
IMG_2582.jpg
ボールプールで、はしゃいだり
島田市こども館強化2
サイバーホイールをやってみたり
長女とサイバーホイールの向こうには
ふわふわの短距離トラック、エアトラックが見えますね
こちらも、娘達は全力で駆け抜けてました
IMG_2584.jpg
そして、サイバーホイール
次女は、うまくころがせなかったため
スタッフの方が、丁寧親切に補助してくださいまして
働く方々の印象も好感がもてました
IMG_2587.jpg
長女は、クライミングウォールにも挑戦!
万が一、転落しても下にマットが引かれております
安全の配慮もバッチリでした
IMG_2586.jpg
さらに、娘達は、エアキャッスルとの名称のトランポリン
跳ねまくり!遊びまくり!
いいねぇ~パパも昔、奥山高原わくわくランドの
トランポリン好きだったなぁ~



島田市こども館…
こどもは、すごい遊べる施設だと思います
こどもはね!!

周囲の奥様方は、友人同士で来てるのか
お子さまをほったらかし
安全に管理された空間内で
遊ばせて、優雅に談笑されてました

ちらほら見かけるおとーさんは
座って休みつつ、我が子を見守っているか
もしくは、子供のはしゃぐ姿を一生懸命撮影されてます
なんといいますか…
子供に混じって
全力で遊ぶ大人などいない
なぁ…と



大人は、思いっ切り
遊びにくい(環境)じゃないですか!
CO君に騙されました!

(実際には、クライミングウォール時
長女に指導するフリをして、ちょっと登ってみたり
トランポリンで撮影するフリをして
一緒に跳ねてみたのは秘密☆)

退出時間が来て、娘どもから「もう一回!、もう一回!」
アンコールされましたが
「パパが遊べないからダメ!」
って、しっかりと断ってやりました
のりゅは※NOと言える日本人なのです
(※我が子限定)

といったところで、今回の回顧録終了です

島田市こども館
子供が喜ぶおもちゃや設備が、低料金で充実しているため
子供の遊ぶ姿を見たり、撮影したりするのが
好きな理想的なお父様方
こどもを安全に楽しませつつ
お友達とお話しをされたいお母様方にはおすすめです
ただし、のりゅみたいに
自分が遊びたい方には
あんまり向かないかもしれません
島田中央公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第5弾は、静岡県島田市にある「島田中央公園」です
島田中央公園強化1
上の写真は「島田中央公園」内にある「鵜田沢の池」

回顧録第7弾の
「島田市こども館(クリックにて、紹介記事へ)」

自分が全然遊べなかった
うっぷんを晴らすため

遊ぶモノが豊富だと評判の
「島田中央公園」まで、やってまいりました

島田中央公園(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北ICからの距離(片道) 38.5キロ

高速料金 島田金谷ICで降りた場合 930円

到着時間目安 40分

駐車場 560台(無料)

所在地 〒427-0007 島田市野田1633-1

電話 0547-36-7187(島田市市街地整備課公園係)

ミニ鉄道 運航日 土日祝日 
※第1日曜日はミニ鉄道愛好家の日のため乗車不可
夏(4月~9月) 10:00~17:00
冬(10月~3月) 10:00~16:00
利用料金 小学生以上 100円 
※小学生未満は、20歳以上の保護者が同伴が必要
※雨の日は運休

セット訪問候補 
島田市こども館 2.5キロ 7分(ブログ内紹介記事に飛ぶ)
蓬莱橋(ブログ内紹介記事へ飛ぶ) 4キロ 10分
ばらの丘公園 すぐ隣

それでは、遊ぶモノが豊富
島田中央公園の遊具のラインナップをご紹介します
島田中央公園強化2
スプリング遊具3基、滑り台
島田中央公園強化2-5
幼児用迷路
島田中央公園強化3
ブランコ
島田中央公園強化4
小型のジャングルジム
島田中央公園強化5
やや長いタイプの滑り台2基

島田市中央公園、遊具は以上です



皆様「これで、遊具が豊富なの…?」って
思いませんでしたか?ご安心ください
通常の公園にあるような遊具は、以上ですけれど
島田中央公園には、ここまで紹介した遊具の他に
12基のアスレチック遊具が点在しています
島田中央公園のアスレチック遊具の詳細は
回顧録第5.5弾「島田中央公園アスレチック編」の記事を
ご覧くださいませ
(クリックにて、第5.5弾へ飛びます)

そして、そもそも、記事冒頭にて、島田中央公園は
のりゅは「遊ぶモノが豊富」とは
述べましたけれど
「※遊具が豊富」とは述べておりませんのよ
(※通常の遊具、アスレチック遊具を含めれば
十分遊具が豊富な公園ですけどね)

では、島田市中央公園、遊具以外の
遊べるモノをご紹介いたします
島田中央公園強化13
幅30センチの吊り橋だそうです
島田中央公園強化14
のりゅの足と足場の比較…

この吊り橋の足場、静岡県川根本町にある
「塩郷の吊り橋(クリックにて、紹介記事へ)」より
足場が狭いです
おまけに揺れますから、子供は怖がると思いました
つまり、渡れるか?渡れないか?の子供の度胸試し
パパから娘達へ課す愛の試練に使える
絶好のモノでございますね♪
とはいえ…
IMG_2564.jpg
我が家の島田中央公園訪問時
愛の試練を課したわけですが
長女はおろか、訪問当時、3歳の次女にも
楽々踏破されました
島田中央公園強化20
踏破後、余裕の笑顔を浮かべる次女(当時3歳)

この頃の次女は、たいへん頼もしい存在でした
それが、今年の夏に訪問した
「塩郷の吊り橋(クリックにて、紹介記事へ)」では
怖がって途中リタイア…
明らかに、度胸と根性が低下しております
もっともっと愛の試練
与える必要がありますね☆


吊り橋の他には
島田中央公園強化9
かばさんプール
7月下旬~8月の間の10:00~16:00まで利用可
小学3年生以下の子供、その保護者なら利用可

月曜休(祝日の場合営業)
利用料金は、無料

島田中央公園には、夏開放される
水深0.25m~0.6mの幼児用プールもあります

そして、そこらの公園にはない
島田中央公園の遊べるモノの最大の目玉はこちら
島田中央公園強化6
IMG_2578.jpg
島田中央公園強化7
ミニ鉄道 
運航日 土日祝日 
※第1日曜日はミニ鉄道愛好家の日のため乗車不可
夏(4月~9月) 10:00~17:00
冬(10月~3月) 10:00~16:00
利用料金 小学生以上 100円 
※小学生未満は、20歳以上の保護者が同伴が必要
※雨の日は運休


島田中央公園内を軽快に走り抜けるミニ鉄道です
ミニ鉄道は、実に爽快な走り心地で
島田市こども館で遊べず
暗く淀んでいた気持ちが
払拭されました☆

(クリックにて、参照記事へ)

島田中央公園で、遊べるモノは以上ですけれど
運動をするという目的なら
島田中央公園強化10
公園内には「ローズアリーナ」という立派な建物があり
島田中央公園強化12
内部には、一般利用可能(有料)なトレーニング室の他に
島田中央公園強化11
幼児用キッズスペースもあります
その他、屋内プール、卓球室、弓道場等を備える
総合スポーツセンターなので、島田市中央公園は
運動する目的にもバッチリな公園ですね
まぁ、わざわざ遠方から島田市中央公園へ来園しての
ローズアリーナの利用は、微妙なことかもしれませんが…

さらに、島田中央公園が遊ぶ、運動する以外の
利用にもバッチリなことをご紹介いたします
※島田中央公園内には
(※島田市中央公園内ではなく、すぐ隣
「島田市ばらの丘公園」の立地かも)
島田中央公園強化15
「カブーロ」という名のレストラン&カフェがあります
(クリックにて、お店の公式サイトへ)
テイクアウトメニューもあり、店内で召し上がることも可能です
公園で遊んだり、運動した後の休憩に、カブーロさんを
利用してもいいかもしれませんね

続いて、島田中央公園、おまけ情報をもうひとつ
島田中央公園強化16
島田中央公園強化16-5
島田中央公園のお隣には、島田市ばらの丘公園があります
島田中央公園強化21
(上の画像は、拡大表示可能です)
営業時間、定休日、入場料金等の情報です
島田中央公園強化17
(上の画像は、拡大表示可能です)
島田市ばらの丘公園マップです

「美少女戦士セーラームーン」
「タキシード仮面」様の
次くらいに、バラが似合う
自称していますゆえ、せひとも入場して
ばらの丘風景に一体化
絵にも書けない美しさ
写真撮影して、皆様にお届けしたかったのですが
来園時、朝早かったので営業していませんでしたし
島田市ばらの丘公園の入口、その他の写真は
1人おでかけ時のモノなので
ばらの丘風景に一体化
絵にも書けない美しさ
撮影してくれる人がいませんでした
あ~残念だなぁ~

ともあれ、ばらを愛でる感性のある方は
ついでに、島田市ばらの丘公園へも立ち寄ってみては
いかがでしょうか?

といったところで、今回の回顧録終了です

島田中央公園
遊べるモノが豊富、近くには
「蓬莱橋(クリックにて、紹介記事へ)」といった
超有名スポットや回顧録第7弾の
「島田市こども館(クリックにて、紹介記事へ)」
もあり
隣には、ばらの丘公園があって、ばらの観覧
散策も楽しめる優等生すぎる公園です
興味を惹かれましたら、ぜひ来園してみてくださいな☆
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.