こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
岐阜ファミリーパーク あどべんちゃあバレイ 格安遊園地編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第490弾は、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク」
「あどべんちゃあバレイ 格安遊園地編」です
岐阜有料1
2016年10月平日
次女と2人、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク」へおでかけしました

前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)「ミラクル広場編」
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「あどべんちゃあバレイ 無料遊具編」と続いた
岐阜ファミリーパークを舞台とする回顧録も今回が最終回です
今回は「あどべんちゃあバレイ 格安遊園地編」ということで
岐阜ファミリーパーク、あどべんちゃあバレイで楽しめる
アトラクション(有料遊具)を紹介
思い出を振り返ります

岐阜ファミリーパーク
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 155キロ(片道)

到着目安 2時間5分

高速料金 4170円(関広見IC降車の場合)
※2016年11月時点

駐車場 460台
※開閉門時間は設定されてません

所在地 〒501-2502 岐阜県岐阜市山県北野北997

電話 058-229-3922

定休日 毎週火曜日 12月29日~1月1日
※祝日の場合は、その翌日

営業時間 
12月~2月 9:30~15:00
3月~6月 9月~11月 9:30~16:30
7月と8月 9:30~17:00

備考 毎月第三日曜日は、中学生以下は有料遊具が無料


あバレイ2
(上画像は、拡大表示可能です)
岐阜ファミリーパーク
こどもゾーン あどべんちゃあバレイのマップです
あバレイ3
(上画像は、拡大表示可能です)
マップに記載されている各施設の一覧です

アトラクション(有料遊具)の数は7つ
たいていのアトラクションの基本料金は
中学生以上200円、小学生100円
ですけれど
岐阜有料2
保護者の付き添いを必要とする幼児は無料
さらに、お得な情報をひとつ
毎月第3日曜日は
アトラクション(有料遊具)の利用が
中学生以下無料
となるそうです
とはいえ、その日はめっさ混むらしいですけれど
岐阜有料3
さらにさらにお得な情報をひとつ
アトラクションチケット(100円 or 200円券)
券売機にて、10枚分まとめて購入すると
11枚分発券
されます
岐阜有料4
上画像が、岐阜ファミリーパークのアトラクションチケットです
赤線部分のインラインスケート
残念ながら営業終了となってしまいました


それでは、あどべんちゃあバレイのアトラクションを紹介
思い出を振り返っていきます
岐阜有料5
サイクルモノレール
利用条件 幼児、1人で漕げない子供は保護者が同伴
利用料金 中学生以上200円、小学生100円


遊園地の定番サイクルモノレール
今まで様々なスポットで乗ってきた
アトラクションではありますが
岐阜ファミリーパークのサイクルモノレールは
珍しい形状のモノでした
岐阜有料6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
今年7月におでかけした神戸市立「王子動物園」
ソコの遊園地(クリックにて、紹介記事へ)
人生初サイクルモノレールを漕いだ次女ちゃま
相当嬉しかったんでしょうね~
だからなのか?この日の次女ちゃまは
自分で漕ぎ進むことにこだわっていました
(上画像下右の体勢で頑張ってました)
のりゅが、ちょっとでも手助けすると
隣から怒声が飛んできた
のです
仕方ないのでスローペースで進む
サイクルモノレールからブログ用の写真撮影をしてました
岐阜有料7
ゴーカート
利用条件 小学4年生以上、身長135cm以上運転可
それ以外は保護者の同伴が必要
利用料金 中学生以上200円、小学生100円


遊園地の定番ゴーカート
特別な感想はありません
しかし、気づいたことがひとつあります
岐阜有料8
(上画像は、拡大表示可能です)
岐阜ファミリーパークの
ゴーカートの子供席ハンドル
ダミーと連動しているタイプがあります




そんなことが分かるということは、ゴーカートを
2回以上乗っているわけですね



実は、3回乗ってます♪
「特別な感想はありません」なんて書いておきながら
しっかり楽しんでましたね☆
岐阜有料9
(上画像は、拡大表示可能です)
ボート
利用条件 小学4年生以上1人乗り運転可
それ以外は、保護者の同伴が必要
利用料金 中学生以上200円、小学生100円(20分)


様々なタイプのボートが用意されてます
無難にスワンタイプのボートに乗りました
岐阜有料10
(上画像は、拡大表示可能です)
次女ちゃまは、時には漕いで、時には運転して
利用制限時間の20分、大いに楽しんでもらえたようです
んでもって、のりゅは
岐阜有料11
岐阜ファミリーパーク公式HP(クリックにて、そのページへ)
にて「龍が浮かんでいます」
「龍を近くまでいって、是非みてください」と
書かれている
公式必見オブジェ
間近でしっかりと観覧してきました♪
岐阜有料12
(上画像は、拡大表示可能です)
スーパーモービル
利用条件 小学生未満は保護者が同伴
利用料金 中学生以上200円、小学生100円


「ターミナル広場」「勇気の丘(頂上展望台)」間を
つなぐアトラクション
山の斜面を軽快に登っていきます
スーパーモービルを次女と2人乗って
勇気の丘側まで移動
ソコで、大失敗に気がつきました
岐阜有料12-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ボブスレー
利用条件 1人乗り
身長130cm以上、小学3年生以上利用可
利用料金 中学生以上200円、小学生100円


スーパーモービル勇気の丘側に乗り場のある
山の斜面を滑走するアトラクション、ボブスレー
岐阜ファミリーパークにて、のりゅが
1番挑戦したかったアトラクションです
「よーし楽しんじゃうぞぉ~!」とチケットを
取り出そうとしたところで
ボブスレーは1人乗り、幼稚園児は
保護者同伴だろうが利用不可

あまり深く考えず次女を
上まで連れてきてしまったけれど
のりゅが、1人ボブスレーを利用
下まで行っちゃった場合
次女は、どーすんの?な状況
に気がつきました

次女だけで山の麓まで戻れればよいのですが
※スーパーモービルも、幼稚園児1人で
利用できないアトラクション
なんですね~
※チェックメイトでございました
(※補足説明→勇気の丘⇔ターミナル広場まで
徒歩で行けるルートもあります
しかし、山道を幼稚園児1人で
戻りなさいってわけにはいきませんよね)

岐阜有料13
結局、勇気の丘側で、何もしないまま
降りのスーパーモービルを利用、麓まで戻ってきました
行って戻って400円です
あぁ…もったいない…
岐阜有料14
(上画像は、拡大表示可能です)
バッテリーカー
利用料金 1回100円


のりゅが、ボブスレーに挑戦、戻ってくるまでの間
次女ちゃまには、バッテリーカーを楽しんでもらうことに…
100円玉3枚を渡しました
岐阜有料15
のりゅは、スーパーモービル乗り場まで素早く移動
スーパーモービルを利用して勇気の丘側に到着
岐阜有料15-1
ようやくボブスレーを堪能できました♪
上画像のピースサインをする自分
年配スタッフの方に撮影していただいたんですよ
テンションMAXでしたね~☆
「いい歳した大人が…」と皆様
ドン引きしているかもしれませんが
のりゅのボブスレーへの想いを知れば
この時の自分のテンションをご理解いただけると思います

のりゅのボブスレーへの想いの始まりは
我が家の長女が、静岡県島田市にある
「野守公園(クリックにて、紹介記事へ)」
※ボブコースターを楽しむ様を
見せつけられて嫉妬
(※ボブコースターは、5歳以上が利用条件
そして、大人は乗れません)


「いいな~いいなー
いいなぁぁぁ~!!」


なんて思いつつ
自分でも利用可能なボブコースター
もしくは、類似アトラクションがないか?と
インターネットを使い探しまくりました

その結果、日本全国で数個所
ボブスレーの設置されているスポットを発見
そのひとつが岐阜ファミリーパークだったわけですね

ついでに、付け加えるなら
三重県桑名市にある「ナガシマスパーランド」
ボブカート(紹介記事へ)
愛知県名古屋市にある「東山動植物園」
スロープシューター(紹介記事へ)
ボブスレーの類似アトラクションは体験済みですが
本格的なボブスレーは初挑戦だったのです
この時の自分のテンション
ご理解いただけましたか?

岐阜有料16
まぁ、理解されなくてもいーや
のりゅ、行きま~す♪
ボブスレーは、とてもとても爽快なアトラクションでした♪
岐阜ファミリーパーク訪問の際には
絶対挑戦するべきアトラクションだと
オススメしておきます

さて、ここまでで、岐阜ファミリーパーク
7つのアトラクションの内6つを紹介
思い出を振り返ったわけですがあと1つ
岐阜有料17
(上画像は、拡大表示可能です)
パターゴルフ
利用条件 小学生以上
利用料金 中学生以上200円、小学生100円


パー3、9コースのパターゴルフは
2016年11月現在、アトラクション休止中です
再開されるのは、前回記事(クリックにて、前回記事へ)
紹介した建設中の無料遊具の完成後だそうです
2017年3月~4月頃再開されると思われます

岐阜ファミリーパークのアトラクションについては以上
アトラクションではありませんが
有料で楽しめる内容として
岐阜有料18
(上画像は、拡大表示可能です)
鯉のエサやり(100円)
岐阜有料19
電動式コイン遊具があります

といったところで、今回の回顧録は終了
岐阜ファミリーパークを舞台とする回顧録も終了です

岐阜ファミリーパーク
低価格で素晴らしいほど遊べるスポットです
ぜひ来園してみてくださいませ☆

おまけ
岐阜有料20
土日祝日限定
電動カート(無料)
正門⇔ゴーカート乗り場を往復運行しています
岐阜ファミリーパークは、至れり尽くせりですね☆
スポンサーサイト
岐阜ファミリーパーク あどべんちゃあバレイ 無料遊具編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第489弾は、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク」
「あどべんちゃあバレイ 無料遊具編」です
あバレイ1
2016年10月の平日
次女と2人、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク」へおでかけしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)で紹介した
岐阜ファミリーパーク「スポレクゾーン」にある
ミラクル広場2
(上画像は、拡大表示可能です)
遊具集合体「ミラクル広場」
ミラクル広場は、今まで数多くの公園へ来園
数多くの公園遊具と出会い、遊んできた自分が
「It’s a miracle!!(意図的)」と
思わず叫んでしまうほど
素晴らしいモノ
でした
ミラクル広場を前にして自分が受けた衝撃
国民的大人気漫画&アニメ
「ドラゴンボール」
「フリーザ」様の名言で例えるなら
「私の戦闘力は530000です」
くらいの衝撃
でした
にもかかわらず、岐阜ファミリーパークの無料遊具
まだまだ終わりじゃあないんです
むしろ真価はこれからでございますのよ~♪
なぜならばミラクル広場は、スポレクゾーンという
スポーツ&レクリエーションがメインであるゾーンの一角に
造られた遊具集合体のひとつに過ぎず
岐阜ファミリーパークには
子供が遊ぶことメインのゾーン
「こどもゾーン」
「あどべんちゃあバレイ」
があるのです

あどべんちゃあバレイは
ミラクル広場に匹敵する規模の
無料遊具の数々が設置されている他

中学生以上200円
小学生100円の低価格で遊べる
格安遊園地でもある恐るべきゾーン
なのです

上記事実を知った皆様は
ドラゴンボールのフリーザ様の名言で例えるなら
「何しろ力があり余っているんだ。
ちょっとやりすぎてしまうかもしれん。
くっくっく…戦闘力にしたら
100万以上は確実か…」と
最初の変身後の台詞と
同様の衝撃
を受けたでしょうか?

今回の回顧録では、そのあどべんちゃあバレイに
設置されている無料遊具を紹介いたします

岐阜ファミリーパーク
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 155キロ(片道)

到着目安 2時間5分

高速料金 4170円(関広見IC降車の場合)
※2016年11月時点

駐車場 460台
※開閉門時間は設定されてません

所在地 〒501-2502 岐阜県岐阜市山県北野北997

電話 058-229-3922

定休日 毎週火曜日 12月29日~1月1日
※祝日の場合は、その翌日

営業時間 
12月~2月 9:30~15:00
3月~6月 9月~11月 9:30~16:30
7月と8月 9:30~17:00

備考 毎月第三日曜日は、中学生以下は有料遊具が無料


あバレイ2
(上画像は、拡大表示可能です)
岐阜ファミリーパーク
こどもゾーン あどべんちゃあバレイのマップです
あバレイ3
(上画像は、拡大表示可能です)
マップに記載されている各施設の一覧です

こどもゾーン、あどべんちゃあバレイは
スポレクゾーンとは反対側に位置しており
のりゅ達は、8:00から1時間程度
ミラクル広場で遊んだ後、9:00頃
あどべんちゃあバレイへやってきました
よって、9:30~より営業が開始されるアトラクションで
遊べる時間帯ではありませんでしたけれど
あどべんちゃあバレイへ入場することは可能であり
無料遊具で遊ぶ分には問題ありませんでした
岐阜ファミリーパークのスタッフの方々が
営業開始に向けて一生懸命働く中
のりゅと次女は、無料遊具で
一生懸命遊んでいたわけですね♪

あバレイ4
(上画像は、拡大表示可能です)
あどべんちゃあバレイにある
岐阜ファミリーパーク管理棟「海賊船」
赤枠部分に、営業開始前の清掃をしている
スタッフの方が写ってますね

海賊船は、自動販売機、フードコート、休憩所がある他
屋内プレイルーム(上画像下段)があります
あバレイ5
あどべんちゃあバレイ無料遊具メイン、ジェロニモ砦
あバレイ6
(上画像は、拡大表示可能です)
巨大複合遊具ジェロニモ砦の概要
上画像赤線部分に
「子ども達はもう、冒険せずにはいられません!」
「子ども達の冒険が今、始まります」
と書かれています

冒険したくなったのは
子供だけではありません!
37歳のりゅも冒険したくなりましたので
のりゅの冒険が、始まりました!!
そして「輝く少年の心を忘れない
自分って素敵だな♪」と思いました!!!

あバレイ7
ジェロニモ砦の一部、アスレチックマウンテン
あバレイ8
(上画像は、拡大表示可能です)
ジェロニモ砦の一部、ウッディベース
様々なタイプの滑り台、触って遊べるアイテム付複合遊具
あバレイ9
(上画像は、拡大表示可能です)
ジェロニモ砦、上部
チャレンジクリフ、ロックビレッジ
触って遊べるアイテムの他
あバレイ10
(上画像は、拡大表示可能です)
チャレンジクリフ、ロックビレッジの下部は
簡単な迷路になっています
迷路内部には、トンネル滑り台が設置されています
迷路探索もドキドキしますけれど
トンネル滑り台スライド中は、完全に真っ暗
ジェロニモ砦の中でも
最もドキドキしたポイント
です
あバレイ11
(上画像は、拡大表示可能です)
ジェロニモ砦上部
物見やぐら、ジャイアントトーテムポール
ジャイアントトーテムポールを登って
ジェロニモ砦をコンプリートしました♪
とっても楽しかったです☆
(上画像右の赤枠部分に次女がいます)

あどべんちゃあバレイ、その他の無料遊具として
あバレイ12
ネット遊具①
あバレイ13
(上画像は、拡大表示可能です)
ネット遊具②
あバレイ14
芝滑り場
ソリは貸してくれます
あバレイ14-1
夏期、水遊びして遊べる人工の小川があります

岐阜ファミリーパーク、あどべんちゃあバレイで
2016年11月時点の
無料で遊べる内容は以上
です
あどべんちゃあバレイで
遊べる内容全体
としてなら
今回紹介した無料遊具に
アトラクション(有料遊具)が加わるわけですね
やばいですよねぇ~?
恐ろしいほど遊べるスポットですよねぇ~?
ですが皆様
さらにさらに恐るべき情報があります
あバレイ15
あどべんちゃあバレイは
現在進化している最中なんです

上記情報を知ってしまった皆様の衝撃を
ドラゴンボールのフリーザ様の名言で例えるなら
「このフリーザは変身をするたびに
パワーがはるかに増す…
その変身をあと2回も
オレは残している… 
その意味がわかるな?」との
台詞同様の衝撃
でしょうか?

では、フリーザ様で例えるなら
2回目の変身(進化)
岐阜ファミリーパーク、あどべんちゃあバレイで
現在建設中の遊具情報をお教えいたしましょう
あバレイ16
長い距離のローラー滑り台
あバレイ17
(上画像は、別の場所のふわふわドームです)
ふわふわドーム

あとひとつ、※ハチの家という
複合遊具が建設されるそうです
(※その遊具の詳細を知りたい方は、こちらをクリック)

遊具工事完了予定は、2017年3月末とのこと

といったところで、今回の回顧録終了です

岐阜ファミリーパーク
フリーザ様で例えるなら最後の変身(進化)
あどべんちゃあバレイの
アトラクション(有料遊具)については次回となります☆
岐阜ファミリーパーク ミラクル広場編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第488弾は、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク」の「ミラクル広場編」です
ミラクル広場1
Miracle(奇跡)

皆様の中に、奇跡のような体験をされたことのある方は
いらっしゃるでしょうか?
のりゅの体験した奇跡といえば
嫁とのミラクルロマンスくらいですね~♪
自分と嫁の恋愛の何が奇跡なのか?
説明するのなら
当たり前のように
寄り添っているけど
70億分の1のKSK
だからです☆

2016年10月の平日
岐阜県岐阜市にある「岐阜ファミリーパーク」
次女と2人おでかけしました

岐阜ファミリーパークは、数ある岐阜県のスポットの中で
のりゅが最も訪問することを熱望していた遊び場
熱望理由のひとつが、岐阜ファミリーパーク
「スポレクゾーン」にある
ミラクル広場2
(上画像は、拡大表示可能です)
遊具集合体「ミラクル広場」だったりします

「It’s a miracle!!」

ミラクル広場の前にした時、のりゅは上記台詞を
お散歩していたご年配の方々に
聞こえない程度の声量で
叫んでしまいました
(意図的)
これまで数多くの公園遊具と出会い遊んできた自分…
その自分が唸らされるほど
ミラクル広場は、素晴らしき遊具集合体だったからです

岐阜ファミリーパーク
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 155キロ(片道)

到着目安 2時間5分

高速料金 4170円(関広見IC降車の場合)
※2016年11月時点

駐車場 460台
※開閉門時間は設定されてません

所在地 〒501-2502 岐阜県岐阜市山県北野北997

電話 058-229-3922

定休日 毎週火曜日 12月29日~1月1日
※祝日の場合は、その翌日

営業時間 
12月~2月 9:30~15:00
3月~6月 9月~11月 9:30~16:30
7月と8月 9:30~17:00

備考 毎月第三日曜日は、中学生以下は有料遊具が無料


ミラクル広場に設置されている遊具を紹介
思い出を振り返る前に、今回が岐阜ファミリーパークを
舞台とする初回の回顧録となります
岐阜ファミリーパークの概要から説明いたしましょう
ミラクル広場3
(上画像は、拡大表示可能です)
岐阜ファミリーパークは
岐阜県における最大の公園であり
無料遊具、格安のアトラクション(有料遊具)で遊べる
「こどもゾーン あどべんちゃあバレイ」
野球場、テニスコートといったスポーツ施設
今回の回顧録の舞台であるミラクル広場のある
スポレクゾーンに分かれています
駐車料金、入園料金など存在せず無料
さらに、お得なことに
毎月第3日曜日は、あどべんちゃあバレイの
アトラクション(有料遊具)が
中学生以下無料
になるとのこと
とはいえ、その日はめっさ混むらしいですけれど…

そんな岐阜ファミリーパーク
おでかけした先達として、皆様へアドバイスがあります
岐阜ファミリーパークの
駐車場は開閉門時間がありません
こどもゾーン、あどべんちゃあバレイの
アトラクションの営業開始時間は、9:30~ですけれど
岐阜ファミリーパークは
9:30前より入場可能なのです
よって、ミラクル広場を筆頭とする
岐阜ファミリーパークの無料遊具は
9:30前から遊ぶことが可能なわけですね
ミラクル広場4
午前中のうちに岐阜ファミリーパークを遊び尽くし
次なるおでかけスポットへ行きたいと考えていた自分は
8:00前に岐阜ファミリーパークへ到着
ミラクル広場で遊び始めました
だからこそ、回顧録序文において
「お散歩していたご年配の方々に
聞こえない程度の声量で…」
なんて
書いたわけですね~

ついでに付け加えるなら
岐阜ファミリーパークの訪問日は平日
皆様が、一生懸命働き始めた時間帯
のりゅ&次女は
全力で遊び始めました♪

ミラクル広場4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみに、のりゅが遊ぶことに関しては
ミラクル広場のルールとして合法です
6歳未満は、必ず保護者同伴で
利用せねばなりません
(赤線部分に注目)
次女は、この時ギリギリ5歳だったので
のりゅが付き添わねばならなかったのですよ♪
では、ミラクル広場の遊具を紹介、思い出を振り返ります
ミラクル広場5
スカラベトンネル
簡単なトンネル迷路、ゴールには滑り台が付いてます
ミラクル広場5-1
(上画像は、拡大表示可能です)
「己の運と知恵を信じ
スカラベの迷宮を脱出せよ」

スカラベトンネルの解説看板に書かれている一文です
1番低い難易度である
レベル1幼児向け遊具
なのに
御大層な解説文が書かれているのが
ミラクル広場遊具の面白いところ
迷路自体は、簡単そのものなのですが…
ミラクル広場5-2
(上画像は、拡大表示可能です)
大きなトンネル同士をつなぐ小さいトンネルは
大人な自分が通り抜けるのには狭くて
次女を追いかけるのに苦労しました
ミラクル広場6
ハッピークラウド
東屋&ベンチの設置された遊び場
ミラクル広場6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
小型滑り台、触って遊ぶアイテムが揃っているので
お子様を適当に遊ばせて
大人が休憩するにはもってこいの遊具です
ミラクル広場7
(上画像は、拡大表示可能です)
バランスファイト
段差のある平均台です

バランスファイトの解説看板には
「真の強運の持ち主のみが
己が路を誰にも譲らず歩める」

書かれていましたが
ミラクル広場7-1
午前8時ちょっと過ぎ、遊んでいるのが
次女(後ろから付き添う自分)だけなら
強運もへったくれもありませんね

それとも、この時の状況こそが強運なのでしょうか?
ミラクル広場8
(上画像は、拡大表示可能です)
ボルケーノスライド
名前が超かっこいいと思いました
ボルケーノスライドの解説看板には
「全方向に滑り降りることができる…」
書かれていますが
登るネット部分は無理だと思いました(細かい)
ミラクル広場9
ミラクル広場9-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ジャンピングボム
たくさんのボールの上に張られたネットの上を飛び跳ねる
ふわふわドームとは違う造りのトランポリン

ジャンピングボム解説看板に書かれている
「力果てるまで飛び跳ねよ」を実践した場合
次女(28キロ)が抱っこ要求魔となり
のりゅが苦労する未来が待っている
ので
やりませんでしたけれど
次女に付き添いながら存分に楽しませていただきました
ミラクル広場10
(上画像は、拡大表示可能です)
モンスターウォール
ウォールクライミングから始まり、クモの巣状のネット
ミラクル広場10-1
穴の開いた壁と続きます
ミラクル広場11
(上画像は、拡大表示可能です)
スネイクロード
特殊形状の長い距離のジャングルジム
スタートからゴールまで地面に足をつかなければクリア
ミラクル広場12
(上画像は、拡大表示可能です)
グレードフォール
幅広の滑り台だけでなく
上部にローラースライダーが付いています
ミラクル広場12-1
(上画像は、拡大表示可能です)
次女がグレードフォールを気に入り
何度も滑り降りていました
のりゅは、幅広の滑り台中央あたりからスライドしてみたところ
朝露で滑り台が湿っていて
恐ろしいほどの勢いで急降下

終着点で両足着地することができず
尻を強打・悶絶することになりました
この時から尻が痛くて痛くて我慢できず
岐阜ファミリーパーク訪問から数日後
近隣の肛門科に行ってみたところ
尻の強打とは関係ない持病が発覚
11月半ばから入院
することになりました
なんともはやな展開ではありますが
命にかかわるような病気ではなく
この時の尻の強打がきっかけで
持病を発見できたのは、幸運だったのかもしれません
持病や入院によるブログへの影響は
後日お知らせいたします
ミラクル広場13
(上画像は、拡大表示可能です)
レインボーピラミッド
カラフルなマス目が斜めの特殊ジャングルジム

マス目が斜めなだけのジャングルジムなら
静岡県浜松市天竜区にある
「宮山児童遊園(紹介記事へ)」にもあります

んでもって、最後に紹介するのが
レインボーピラミッドとつながっている
ミラクル広場メイン遊具
ミラクル広場14
(上画像は、拡大表示可能です)
ホーンテッドマウンテン
どこぞのネズミの王国にあるアトラクションを
彷彿させる遊具名称だと思いました
ミラクル広場14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ホーンデッドマウンテンは、滑り台、チューブ滑り台
たくさんのネットが張られた巨大複合遊具です
ホーンテッドマウンテンの解説看板には
「魔の山の頂をめざせ」と書いてありましたので
ミラクル広場14-2
次女と2人、ホーンテッドマウンテンの頂を制覇☆
2016年10月平日の午前8時から約1時間
一生懸命遊び、いい汗をかきましたね~
のりゅ達以外の大勢の皆様が
お仕事や勉学に励んでいたことを
考えながら遊ぶと
優越感でより楽しく遊べました♪


といったところで、今回の回顧録終了です

岐阜ファミリーパーク、次回へ続きます☆
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ アシカショー編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第317弾は、岐阜県各務原市にある
「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」の
「アシカショー編」です
アクアトトアシカ1
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」
ご紹介しつつ、思い出を振り返りました

アクア・トト館内を一通り巡った自分と次女は
帰宅前の最後の締めとして「アシカショー」
観覧することにしました

アクア・トトは
世界最大級、淡水魚専門の水族館です
当然、飼育されている生物は、淡水魚が中心
その他は、川辺で暮らす※両生類や哺乳類でした
(※爬虫類や鳥類もいます)
しかし、何事も例外はあるのでしょう
アクアトトアシカ2
海獣であるアシカが、飼育されており
「アシカステージ」という名称のショー会場にて
約20分間のショー
10:30、12:00、13:30、15:00
※1日4回開催されています
(※冬季以外の土日祝日は
16:30にも開催され1日5回
アシカステージは、15分前から開放されますゆえ
少しでも良い席をゲットするべく
20分前に会場前へ到着
15分前ジャストに会場入りしました

のりゅの卒業した小学校は
5分前行動が基本でしたからね~
大人になった現在も、何事も早めに行動するのが
習慣になってしまっているのです

結婚前、嫁とのデートで
迎えに行く約束の時間、30分前に到着
「女性には、化粧とか、支度がいろいろあるの!
早く来られても迷惑!!」と怒られてしまったのも
今となっては懐かしい思い出ですなぁ~
アクアトトアシカ3
ショー開始10分前くらいの様子です
「別に急がなくてもよかったかぁ~」と思う反面
「アシカショー、開催されるよね…?」と
ちょっと不安になってしまいました

世界淡水魚園水族館 
アクア・トト ぎふ

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 152キロ(片道)

到着目安 2時間10分

高速料金 3620円(一宮木曽川IC降車の場合)

駐車場 
中央駐車場 496台
東口駐車場 200台
西口駐車場 200台
※駐車場は8:30に開門

所在地 〒501-6021 
岐阜県各務原市川島笠田町1453 河川環境楽園内

電話 0586-89-6200

定休日 河川環境楽園閉園日

営業時間 9:30~17:00(平日)
9:30~18:00(土日祝日)

入館料金 
大人1500円、中学・高校生1100円
小学生750円、3歳以上370円

アシカショー開催時間
10:30 12:00 13:30 15:30 ※16:30
(※冬季以外の土日祝日)


セット訪問候補
オアシスパーク(紹介記事へ) 同一敷地内
かさだ広場(紹介記事へ) 徒歩圏内
木曽川水園(紹介記事へ) 徒歩圏内
体験・学習施設(紹介記事へ) 徒歩圏内


不安は杞憂であり
ひとつフォローさせてくださいませ
アクア・トトは、年間来場者数
※50万人を超える水族館(※2014年度)
閑古鳥が鳴いているようなスポットではありません
のりゅ達の来館した日は
寒い時期(1月末)雨降りの平日
たぶん年パスを持っているような
気軽に来れる地元の方しか
お客さんがいなかったんじゃないかと思われます
ましてや、たまたま会社が
平日休みになるからといって
娘を幼稚園休ませて
付き合わせたあげく
150キロ遠方から来た奴
なんてねぇ~
アクアトトアシカ4
ともあれ、アクア・トトのアシカショースタート
アイドルアシカの「マリン」ちゃんが、観客のために
招待状を書いてくれるとのことでした
アクアトトアシカ5
マリンちゃんの招待状完成、超達筆にびっくりしました
それ以上に、アクア・トトのアシカは
漢字やら平仮名を書くことができるくらいに
頭が良いとは…







アクアトトアシカ6
すぐに、ネタバレ(ホンモノ)がありました

招待状ネタを一例として
アクア・トトのアシカショーは
アクアトトアシカ7
(上の画像は、拡大表示可能です)
司会進行のお姉さんとアシカが料理
アシカは、包丁を振り回したり
ふざけすぎた反省として仏像の被り物をしたりと
コミカルな展開で観客を笑わせてくれます
もちろん、それだけでなく
アクアトトアシカ8
フラフープを回したり
アクアトトアシカ9
鼻でボールバランスをしたり
アクアトトアシカ10
(上の画像は、拡大表示可能です)
投げられた小さいフープを首でキャッチする
アシカショー定番の技で観客を
沸かせてくれる場面もありますので、ご安心ください

そんなアクア・トトのアシカショーで
のりゅが1番面白かったのは
アクアトトアシカ13
アシカさんが、ステージより出てきてくれて
観客に挨拶をしてくれる芸です

まぁ、芸そのものが面白かったというよりは
アクアトトアシカ14
アシカさんに、真横で、ご挨拶されたくなくって
さりげない逃走行動をしていた
次女ちゃんが面白かったです
この瞬間だけは、回避できたのですが
アクアトトアシカ15
観客が少なければ
ご挨拶をしていない子を覚えているんですかね~
次女は、アシカさんに、ロックオンされました

挨拶とは、人間関係を円滑にするためには
必要最低限の事ですよね
その最低限の事すらできない娘に
育ったら将来が大変だと思いましたゆえ
のりゅは、次女が
逃走できないように
ガッチリホールド♪

アクアトトアシカ16
情けないことに、Dear My Daughterは
アシカさんと対面して、ご挨拶ができませんでした



また連れて来てあげなければなりませんね☆
アクアトトアシカ19
アクア・トトのアシカショーのオススメは
観客が参加できる機会があることです
小さいお子さんならとても喜ぶだろうし
良い思い出になると思います

ボールをアシカに渡す役
アシカが首でキャッチをしてくれるので
小さいフープを投げる役

前者は、1名だけでしたが
小さいフープを投げる役は、比較的大勢の観客が
体験可能で我が家の次女も参加
といいますか…
アクアトトアシカ20
※のりゅも参加することになりました
(※この日は、観客が少なかったので
辞退した人以外、全員参加していたと思います)
しかも、次女のように、柵越しに投げるのだと
高をくくっていたのですが
大役を任されてしましました
自分以外の参加者が終えた後
上画像の位置から投げるように指示があったのです
この状況における問題は、のりゅが
ノーコンだってことですね
「浜北森林アスレチック(クリックにて、紹介記事へ)」
「ぐりんぱ」
「ピカソのタマゴ(クリックにて、紹介記事へ)」

回顧録で、長女のノーコンっぷりをネタにして
笑っていましたけれど
この状況は、笑えませんでした
アクアトトアシカ21
(上の画像は、拡大表示可能です)
案の定、失敗しました…
1投目は、飛距離が足りなさすぎました
アシカさんが、キャッチしづらい絶妙な位置へ
フープを投げ、アシカさんが首にかけていたフープを
バラバラと落としてしまうアクシデントを誘発
(1投目、赤枠部分)
2投目は、力を入れ過ぎて
青枠部分辺りの明後日の方向へ飛んでいきました
アクアトトアシカ22
3投目は、自主的に辞退
お隣に座っていた見知らぬ淑女へ大役を譲りまして
見知らぬ淑女は
見事一発で、アシカさんへの
アシストを決めてました☆

アクアトトアシカ23
この日のアクア・トトのアシカショー、ラストあたりは
誰かさんのせいで
多少締まらない展開
となりましたが
無事終了
アクアトトアシカ24
「バイバイ、またね」のご挨拶をして
のりゅ達もアクア・トトを退館、帰宅いたしました…
といったところで今回の回顧録終了です

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
世界最大級の淡水魚の水族館です
さらに、趣向を凝らした照明、内装、水槽展示の数々
とっても面白いアシカショーも開催されています
ぜひ来館してみてくださいませ☆
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ 後編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第316弾は、岐阜県各務原市にある
「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ 後編」です
アクアトト2-1
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」
4階から3階までをご紹介、思い出を振り返りました
アクア・トト前半、館内の照明、内装、水槽等は
趣向を凝らした素晴らしいモノであることは
ご理解いただけたかと思います

しかし、飼育されている生物に関しては
長良川の源流から河口までに
生息しているモノであるため、皆様に
「イマイチかな~」なんて
感想を抱かれてしまったかもしれません

しかし、皆様
アクア・トトの本領発揮は
2階から1階にかけて
なのです

館内の照明、内装、水槽等は
趣向を凝らした素晴らしいモノはそのままに
飼育されている生物は、スケールアップ
世界の河川、湖沼に棲む
珍しくもインパクトのある生物
多数展示されているのですよ

世界淡水魚園水族館 
アクア・トト ぎふ

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 152キロ(片道)

到着目安 2時間10分

高速料金 3620円(一宮木曽川IC降車の場合)

駐車場 
中央駐車場 496台
東口駐車場 200台
西口駐車場 200台
※駐車場は8:30に開門

所在地 〒501-6021 
岐阜県各務原市川島笠田町1453 河川環境楽園内

電話 0586-89-6200

定休日 河川環境楽園閉園日

営業時間 9:30~17:00(平日)
9:30~18:00(土日祝日)

入館料金 
大人1500円、中学・高校生1100円
小学生750円、3歳以上370円

セット訪問候補
オアシスパーク(紹介記事へ) 同一敷地内
かさだ広場(紹介記事へ) 徒歩圏内
木曽川水園(紹介記事へ) 徒歩圏内
体験・学習施設(紹介記事へ) 徒歩圏内


アクアトト2-2
アクア・トトの2階へ降りて、最初のフロア

回顧録序文にて
「アクア・トトの2階から1階は
世界の河川、湖沼に棲む生物が多数展示されている」

解説したものの、上の画像の水槽に
まだワールドワイドな生き物は、飼育されていません
北海道、釧路湿原に生息する魚や生物が
展示されています
その中でも印象に残ったのは
アクアトト2-3
「碧南海浜水族館(クリックにて、紹介記事へ)」でも
観覧した日本最大の淡水魚
「幻の魚」とも称されるイトウです
碧南海浜水族館は、1匹のみでしたが
アクア・トトは、3匹展示されていました
イトウは、釧路湿原でも生息しているんですね~

そして、これから語るお話は
イトウとはなんら関係ない内容ですけれど
釧路湿原は、新婚旅行で北海道へ行った時に
訪問したスポットのひとつ
当時、日本最大の湿原を
一目みたいと考えていた自分は
新婚旅行の際、1人
釧路湿原を巡りました☆




新婚旅行なのに、意味がわかりませんよね~
説明いたします
釧路湿原へ行く前の段階で
嫁が風邪をひいてしまいダウン
「私は、ホテルで休んでいるから
お1人でどうぞ」と嫁に言われました
一応、新婚さんでしたから
気をつかって「看病しましょうか~?」と
申し出たところ、嫁の返答は

嫁「ゆっくり休みたい
居られると迷惑なの」


でしたから、1人で巡っても問題ありませんよね
「新婚なのに、病気の奥さんをほっといた」なんて
思わないでくださいませ
のりゅは、悪くありません!
アクアトト2-4
イトウの展示されている辺りは
「淡水魚博士の探検小屋」とのフロア名称が
付けられています
「博士たちがメコン川の環境調査を行っている」という
設定で、凝りに凝った内装であることは
上画像を見てもらえればご理解いただけると思います
その内装の一部、デスクの上には
パソコンが置かれています(赤枠部分)
アクアトト2-5
ココに置かれているパソコンは、実際に操作して
ビデオライブラリを視聴したり
図鑑やインフォメーションを閲覧
アクアトト2-6
(上の画像は、拡大表示可能です)
お魚クイズを挑戦することも可能です
アクアトト2-7
順路を進み、のりゅが
※最初に「おおっ!」と感嘆させられたお魚
(※アクア・トトで飼育されている生物にて
最初にびっくりした生物という意味です
アクア・トトの凝った内装、工夫の数々には
ココまでの間に、何度も驚かされています)
揚子江の水槽で飼育されている
アクアトト2-8-1
(上の画像は、拡大表示可能です)
アオウオです
解説文書には、全長180cmもあること
ソウギョ、ハクレン、コクレンと共に
中国では「四大家魚」と称されていることが
書かれていました

四大家魚なんて…
なんか超カッコイイ!
なんて「中二病」をこじらせ調べてみたところ
中国でなら珍しくもなんともない
ありふれたお魚という意味合いらしく
日本で例えるとサンマ、サバみたいなお魚だそうです
ちょっとがっかりしました
アクアトト2-9
東南アジア、メコン川の大水槽は
アクア・トトへ来館の際
絶対はずせない目玉のひとつです
というのも…
アクアトト2-10
大きいモノで体長300cm
体重300キロにもなる世界最大級の淡水魚のひとつ
メコンオオナマズが飼育されているからです

日本全国の施設で、メコンオオナマズを観覧できるのは
ココ、アクア・トトと
長崎県長崎市にある「長崎ペンギン水族館」
静岡県賀茂郡にある「iZoo」だけとのこと
アクアトト2-11
ゆ~らりと漂うメコンオオナマズ
愛嬌のある姿は、Dear My Daughterに
似ていると思いました



アクア・トト来館日
平日の雨降りだったため、周囲に誰もいませんでした
例え話ですが、ちょっとくらい騒いだところで
咎められないかな~?って思いました



だんだんホンモノとの見分けが…



なんで次女が、複数居るの…?
なんで息継ぎなしに泳げるんだろう…?



分身の術に加えて
恐るべき潜水能力を
身に着けた
Dear My Daughterに驚愕!

水槽ガラスに貼り付いた自分は

「次女ちゃん!?
次女ちゃんがいっぱい
泳いでるぅぅうう~!?」


声を上げた瞬間
メコンオオナマズに襲撃され…
…と思いきや、体当たりしてきたのは
次女でした
どうも「狼煙山遊園(クリックにて、紹介記事へ)」
タヌキに化かされて以来、何度も
※同様の体験をしてしまいます
(※この時もそうでしたね、クリックにて、参照記事へ)

「違う!私じゃない!」なんて叫んでいた次女を
「わかった、わかった」と、なだめつつ
ソレはソレとして
「次女ちゃんに、似ているお魚がいっぱい居たこと
ママやねーちゃんに教えてあげていいかな~?」と
尋ねてみました

次女「ママとねーねには、絶対言わないで!
一生のお願い!!

次女ちゃんは、最近
「一生のお願い」という言葉を覚えました
この時、脳裡に浮かんだ疑問は
そんなんが、一生のお願いでいいの?というモノと
コレが何度目の一生のお願いだったかな~?と
いうモノでしたね
アクアトト2-12
メコン川の大水槽から順路を進み
アフリカ、コンゴ川の生物達が飼育されている水槽へ
この辺りで印象に残ったのは
アクアトト2-13
淡水に棲むフグ、テトラオドン・ムブ
「海以外にもフグなんているんだぁ~」なんて思いつつ
解説表示を確認したところ
約20種類、淡水に生息するフグがいるそうです



あんまり珍しくない…?
アクアトト2-14
サカサナマズ
基本的には、逆さに泳いでいるそうです
アクアトト2-15
代用魚、フライの白身魚として知られるナイルパーチ
※碧南海浜水族館で観覧したアカメとは
近縁種だそうです
(※クリックにて、参照記事へ)
アクアトト2-16
デンキナマズ
450ボルトの強い電気を発生できるそうです

アマゾン川に棲むデンキウナギの存在は
知っていましたけれど、デンキナマズなんて生物
この時、始めて知りました
「こんな生物、みんな知らんだろうなぁ~
ブログに掲載しよぉ~」と思っていたのですが
電気魚って※多種多様らしいですね
(※ちょっと調べたところ100種類以上)
のりゅが、無知なだけなのでしょうか…?
アクアトト2-17-1
アフリカ大陸東部の湖、タンガニーカ湖の水槽
アクアトト2-18
アクア・トト、数多くある美しい水槽展示中でも
屈指に美しいモノだと思いました
アクアトト2-19
2階から1階へ向かうスロープを降り
アクア・トト展示の舞台は
世界最大の流域面積を誇るアマゾン川へ
アクアトト2-20
アクアトト2-21
アマゾン川の水槽のひとつ
飼育されている種類、数ともにハンパじゃありません
アクアトト2-22
上画像の大水槽は、アクア・トトのメイン中のメイン
アクアトト2-23
メコンオオナマズ同様、世界最大の淡水魚のひとつ
大きいモノなら体長400~500cmにもなり
進化において1億年間姿を変えてないとされ
「生きた化石」とも言われる
ピラルクーが飼育されています
もっとも、飼育されている水族館のレア度は
メコンオオナマズの方が上のようですが…
アクアトト2-24
次女ちゃんは、ピラルクーをとても気に入ったようで
なんかすっごく嬉しそうでした
アクアトト2-25
(上の画像は、拡大表示可能です)
何気に、アマゾン大水槽の反対側には
デンキウナギも飼育されていたりします
最高800ボルトの強い電気を
発生できるそうです

デンキウナギもそうでしたが、物騒な生物だから
他の魚と一緒の水槽で飼育できないんだろうなぁ~と
アクアトト2-26
アマゾン川のフロアを終えると常設の展示は終了
特別企画展スペースとなります
2016年1月末に来館した時の企画展は
「世界のハイギョ」でした
アクアトト2-27
(上の画像は、拡大表示可能です)
ハイギョの生態の解説文書
アフリカ、オーストラリア、南米に棲むハイギョが
展示されていました

世界のハイギョは、2016年4月10日まで
開催されているそうです
アクアトト2-28
特別企画展を見終えた先にあるのが「トト・ラボ」
図書コーナー、淡水博士の探検小屋にあったパソコンが
複数台設置されています
こちらの方が腰を据えて使用できるかもしれません
アクアトト2-29
(上の画像は、拡大表示可能です)
トト・ラボの先には、お魚のエサのガチャガチャ
自由に、エサやりできる水槽があります
水槽内は、お魚がいっぱいでした
この水槽に、エサをまくと
キモイくらい群がってくれましたので
「見ろ!!魚がゴミのようだ!!」
ジブリアニメの「ム○カ大佐」
気持ちを味わえました♪
1回くらいやってみる価値アリですよ☆

ちなみに、前回記事(クリックにて、前回記事へ)
ご紹介した「カピバラテラス」
このエサやり水槽に隣接して建設中でした

といったところで、今回の回顧録終了です

世界淡水魚園 アクア・トト ぎふ
「アシカショー編」へ続きます☆
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.