こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
安城市総合運動公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

(大きな子供が)1人おでかけ回顧録第5弾は
愛知県安城市にある「安城市総合運動公園」です
1人5-1
2015年12月上旬
※愛知県方面の1人おでかけを決行
(※クリックにて、1人おでかけの経緯、参照記事へ)

以前コメント欄で「たれ~」さんに、ご紹介いただいた
「安城市総合運動公園」へやってまいりました
大型複合遊具や珍しい遊具が
設置されているとのことで
とても楽しみにしていたのですけれど
来園した時、何やらフェスタが開催されており
ソレ目当ての利用客がいっぱい
周囲に誰もいないのを見計らい
遊具で遊んでみることは不可能な状況でした
ならばせめて、安城市総合運動公園の遊具の数々を
拝みつつ写真撮影しよう…と行動開始
1人5-1-1
遊具のあるエリアへ向かう途中
警察車両や警察官の方々の姿も目撃
「明石公園(クリックにて、参照記事へ)」
「碧南海浜水族館(クリックにて、参照記事へ)」時の
ように、おろおろびくびくしていた場合
職務質問されかねません
「1人おでかけ」なんてマネをしていた身としては
とっても面倒な事態になることは間違いありませんね
しかし、絶対にない!と確信していましたゆえ
この時の自分は
自信に満ち溢れ
威風堂々たるモノ
だったんですよ
なぜならば…
1人5-2
adidasジャージの上下!
adidasのダウンジャケット!
adidasのシューズ!
完全無欠のスポーツマンな装い

完全無欠のスポーツマンが、運動公園に居ることは
森の中の木の如く自然なこと…
職務質問なんてされるわけがないのですよ♪

安城市総合運動公園

浜松浜北IC付近からの距離 84キロ(片道) 

到着時間目安 1時間25分

高速料金 岡崎IC降車の場合1910円

駐車場 1050台

所在地  〒446-0061 愛知県安城市新田町池田上1

電話 0566-71-2220

営業時間 野球場等のスポーツ施設は、営業時間あり

定休日 野球場等のスポーツ施設は、定休日あり

セット訪問候補
安城産業文化公園デンパーク(紹介記事へ) 6.5キロ 15分
堀内公園(紹介記事へ) 6キロ 15分


1人5-2-1
(上の画像は、拡大表示可能です)
安城市総合運動公園マップです

遊具のあるエリアは「タコ公園」「トリムの森」
「とんがり広場」
の3ヵ所(各赤枠部分)
各エリアの遊具のラインナップをご紹介します
まずは、タコ公園から
1人5-3
動物のオブジェ
1人5-4
ブランコ(幼児が安全に乗れるカゴタイプあり)
1人5-5
砂場
1人5-6
タコ型滑り台
タコ公園なんて、エリア名称なので
コレが※メイン遊具(※1番スゴイ遊具)と
思われるかもしれませんが…
1人5-7
「ワンピース」に登場しそうな帆船複合遊具
1人5-8
後ろから見るとこんな感じ…
1人5-9
くじら型複合遊具
1人5-10
後ろから見るとこんな感じ…
帆船複合遊具、くじら型複合遊具のほうが遊べるかと…
タコ公園の遊具は以上です

続いて、トリムの森の遊具は
1人5-11
機関車の遊具、残念ながら
「※イケメン機関車トーマスごっこ」はできないタイプです
(※クリック先のラストあたりを参照)
1人5-12
ロングローラースライダー
トリムの森の遊具は、以上です

続いて、とんがり広場の遊具は
1人5-13
大型ザイルクライミング
1人5-14
それなりの規模な複合遊具
1人5-15
反対側から見るとこんな感じ…

安城市総合運動公園、来園してみての感想は
楽しく遊べる遊具の豊富さにびっくり
娘達を連れてこなかったことを後悔しました
ちなみに、上記の後悔は
「娘を遊ばせてあげたい…」って殊勝な考えではなく
娘達の付き添いという偽装の元
自分が遊べないことへの後悔
です

でも、皆様、のりゅが娘達を連れてこなかったことを
1番悔やんだのは、これまで紹介した遊具の数々ではなく
こちらとなります
1人5-16
1人5-17
エンドレスターザンロープです
(1回転してスタート位置へ戻ります)

のりゅの知る限り、静岡県では
藤枝市の「駅南公園(クリックにて、紹介記事へ)」
愛知県では、ココ、安城市総合運動公園と
「あいち健康の森公園」に設置されている
非常に珍しいターザンロープです

静岡県藤枝市の駅南公園は
利用にあたって年齢制限が書かれていましたけれど
1人5-18
安城市総合運動公園は
年齢制限が書かれていません
娘達を引き連れ、いつの日か再訪しようと決意しました

といったところで、今回の回顧録終了です

安城市総合運動公園
楽しく遊べる遊具がいっぱい
エンドレスターザンロープも設置されています
超オススメの公園だと思いました☆
スポンサーサイト
堀内公園 家族でおでかけ編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第143弾は、愛知県安城市にある「堀内公園」の
「家族でおでかけ編」となります
堀内公園強化1
155-1.jpg
2014年11月、「安城産業文化公園デンパーク」で開催されていた
「※熱気球フライト体験(紹介記事へ)」
(※来年、同時期に開催予定だそうです
浜松から訪問を考えている方には、参考となる記事なので見てね♪)
「バンジートランポリン体験(紹介記事へ)」
デンパークに設置されている遊具
「ロング滑り台 スカイスライダー(紹介記事へ)」
上記3つの目的を見据えて、全て体験した我が家族は
午後になってから
同じ市内にある「堀内公園」へとやってまいりました

自分と娘たちは、2回目(1回目の訪問記事は、こちらをクリック)
嫁は、この時、初訪問となります

初回訪問時、堀内公園のアトラクションを十分堪能したのに
再訪したのには、理由がありまして
horiuti kouzi
ひとつは「おでかけ仲間のTAKA君(クリックにて、紹介記事へ)」
彼の横(赤枠部分)あたりが、初回訪問時工事中で
コレが完成したとの情報を入手したこと

もうひとつは、嫁が「※B級スポット」と呼んでいる
5つある愛知県の格安遊園地のひとつへと連れて行く
ちょうど良い機会だったからです
(※のりゅは、素晴らしい訪問地だと思っていますよ~♪)

「刈谷交通児童遊園(クリックで、回顧録32弾へ)」
「明石公園(クリックで、回顧録33弾へ)」
「岩ヶ池公園(クリックで、回顧録85弾へ)」
そして、今回の堀内公園へ訪問して
嫁が、訪問してないのは「岡崎南公園(クリックで、回顧録154弾へ)」
だけですね~♪

堀内公園訪問後、この上記事実を突き付け

「なんだかんだ言って
あとひとつで、コンプリートだよ~ん☆
これって、よーするに
『イヤよイヤよも好きのうち』って
やつですか~?」


ニヤニヤしながら聞いてやりました
嫁はしてやられたみたいな顔をして

嫁「岡崎南公園は、絶対行かない!」

とムキになって宣言しておりましたが…



「最後の砦」を破ってから
突き付けてやったほうが、面白かったかもしれませんね
少々、後悔いたしました

堀内公園(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 82.5キロ(片道) 

到着時間目安 1時間20分(浜松浜北IC付近から)

高速料金 1910円(岡崎ICで降りた場合)
       ※H27年6月現在

駐車場 無料 400台

所在地 〒444-1155愛知県安城市堀内町安下1-1

電話 0566-99-5947

営業時間 平日 9:00~12:00/13:00~16:30
       土日祝  9:00~16:30
       夏休み期間の金曜日 9:00~12:00/13:00~18:00
       夏休み期間の土日祝 9:00~18:00
       ※平日の12:00~13:00の間は、有料遊具等の運転は休止

入園料 無料

休園日 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~翌1月3日)

お得情報
管理棟窓口で、1000円分乗り物チケットを購入すると
100円分のおまけが付いてきます


セット訪問候補 
安城産業文化公園 デンパーク 5.5キロ 15分
(クリックにて、デンパーク遊具の記事へ飛びます)
安城市総合運動公園(紹介記事へ) 6キロ 15分


堀 足こぎカート
(上記写真は、初回訪問時のモノです)
堀内公園に、たどり着いて、最初に
長女は「足こぎゴーカート」をやりたがりました
しかし、2014年11月は、ブログをはじめて1ヶ月経った頃
当然、ブログ用の写真を撮影するため
娘たちを自由に遊ばせるわけにはいかなくなってましたゆえ
最初は、有料アトラクションに乗るよう指示しました

パパの指示に、長女は「えー!?」と反発したのち

長女「1回だけだからね!
もう勝手なんだから、パパは!!」


なんて怒っていました



「ブログのためとはいえ、パパが
お金を出して、お前たちを遊ばせてやっているのだよ~」
と主張したかったですけど
うちの娘たちが、理解してくれるはずありません
なんせ、この時の自分の指示が
長女のさらなる怒りを誘う要因になってしまったので…
(詳細は、後述いたします)
155-5.jpg
サイクルモノレール
利用条件 小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回50円(3歳以下は、無料)


サイクルモノレールです
初訪問の記事では、写真になかったので
紹介できませんでしたが
堀内公園には、大きな池があります



それだけっす
155-6.jpg
メリーゴーランド
利用条件 小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円(3歳以下は、無料)


メリーゴーランドです
初回訪問時、ちょっとした手違いから
4800円分の乗り物チケットを使い切る必要があって
消化がいいからという理由で8回乗りました
(クリックで、参照記事へ)
これが、計2回の堀内公園訪問にして
通算9回目のメリーゴーランド体験となります
155-7.jpg
観覧車
利用条件 小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円(3歳以下は、無料)


観覧車です
安城市の街並み、堀内公園全体が見渡せます
155-7-1.jpg
観覧車にて、嫁は、娘たちに囲まれ
ピースサインをしながら写真撮影に、応じてました

嫁は、堀内公園を心の底から
楽しんでいると思いますよね?皆様♪

155-4.jpg
メルヘン号(電動汽車)
利用条件 小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円(3歳以下は、無料)


園内を走る電動汽車です
155-10.jpg
メルヘン号にて、嫁は、1番先頭の席で乗車
ここでも、ピースサインで写真撮影に応じてました



やっぱり、心の底から楽しんでますよね~



きっと、堀内公園後の自分の指摘は
嫁の心の奥底を見透かしたモノだったので
ムキになっちゃったんですかね~
(ツンデレな嫁なので、仕方ないのですが…)

堀内公園の有料アトラクションは、以上となります

有料アトラクションを一通り、遊んだ後
続いて、娘たちには、記事冒頭で
再訪理由のひとつとして挙げた
新しく導入された遊具に行くよう指示
これには、反対意見はありませんでした
155-2.jpg
ふわふわドーム
平成26年4月26日に完成した無料遊具です

しかもぉ…
愛知県最大級らしいですのよ♪
155-3.jpg
まぁ、年齢制限があるので、大人は遊べませんが…
(小学生以下対象)

堀内公園を訪問する前から、うすうす遊べないだろうな~と
想定してましたが、注意書きを見て
改めてがっかりいたしました
155-8.jpg
ふわふわドームにて、娘たちが
満足するまで飛び跳る姿を
のりゅは、けなげにも指をくわえて、眺めていた後
ロングローラースライダー等、他の無料遊具を遊びつつ
ブログ用写真撮影をしようとしたところで
アクシデントが発生しました

この日、15時頃から雨が降るとの予報だったのですが
どんぴしゃりで、雨降りとなり
しかも相当な大降りだったため
ブログ用の写真撮影どころではなくなり
車に引き返して帰宅となってしまいました

よって、堀内公園の足こぎゴーカートを
今回、遊べず終わった長女に、車中にて

長女「パパのせいで
ゴーカートできなかった!!」


と責められたわけなのですが…

パパのせいかなぁ…?
お前が、ふわふわドームで、長時間飛び跳ねていたから
だと思うのですが…

これって、とっても
理不尽ですよね!?
可哀そうですよね!?


だからぁ…
同情してくださいね、皆様☆
(拍手やコメントをしてくれると嬉しいな♪ってことです)

といったところで、今回の回顧録終了です

この時の訪問時、遊べませんでしたが、堀内公園には
堀内公園強化5
バッテリカー(1回50円)
堀内公園強化6
小型電動遊具(1回50円)
堀内公園強化7
堀 芝そり
無料ソリすべり
堀 ターザン
乗りやすい形のターザンロープ
堀内公園強化3
堀内公園強化4
大型の複合遊具
堀内公園強化8
堀内公園強化9
ブランコ、滑り台、シーソー、砂場、スプリング遊具のある
ちびっこ広場

堀内公園強化10
何種類かの鳥が飼育されているバードハウス
ありますので、ぜひ訪問してみてください☆
堀内公園 TAKA君とおでかけ編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第34弾は、愛知県安城市にある、堀内公園となります
堀内公園強化1
堀 観覧車前
ここは、嫁とではなく
おでかけ仲間のTAKA君との訪問となりました
写真は観覧車搭乗前、娘二人とTAKA君で記念撮影です
彼のプロフィールはおでかけ仲間(紹介記事へ)を見てもらうとして

回顧録23弾「岡崎南公園」(紹介記事へ)
回顧録32弾「刈谷市交通児童遊園」(紹介記事へ)
回顧録33弾「明石公園」(紹介記事へ)

遊園地を探求する者として、着実に「愛知県にある格安遊園地」を
訪問を重ねていき、ここにきて
思わぬアクシデントが発生したのです!
それは、後ほどってことで…

堀内公園(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 82.5キロ(片道) 

到着時間目安 1時間20分(浜松浜北IC付近から)

高速料金 1910円(岡崎ICで降りた場合)
       ※H26年11月現在

駐車場 無料 400台

所在地 〒444-1155愛知県安城市堀内町安下1-1

電話 0566-99-5947

営業時間 平日 9:00~12:00/13:00~16:30
       土日祝  9:00~16:30
       夏休み期間の金曜日 9:00~12:00/13:00~18:00
       夏休み期間の土日祝 9:00~18:00
       ※平日の12:00~13:00の間は、有料遊具等の運転は休止

入園料 無料

休園日 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~翌1月3日)

セット訪問候補 
※安城産業文化公園 デンパーク 5.5キロ 15分
(※クリックにて、紹介記事へ)
安城市総合運動公園(紹介記事へ) 6キロ 15分

これまで、誠心誠意
説得
説得2
説得してきた嫁が
「もう、しばらくB級スポットにはいかない!」
「行きたきゃ自分で金を出せ!」
「自分ひとりで遊びに行くんじゃないよ!」
「こどもは連れてけ!わたしが休めない!」


非常に外道で、残酷で
悪魔で、自己都合満載のセリフ
を繰り出したのです


なんという悲劇でしょう
なみだ、なみだの物語です…
「お前の血は何色だー!?」
お決まりのセリフを吐こう…とも思ったのですが

それもそうだな♪

とも…思いました

メリットとして
自分でマネーを出すんだから、嫁さんに気をつかう必要は
まったくありません
自分で、選択して嫁の了承を得ず、好きなところに行けますね

費用は、自分のマネーとなりますが
のりゅは健康優良児、お酒もタバコもやりません
ゲームや趣味に使ってた分をこちらに回せば
どうとでもなるでしょう

最大の不安は
怪獣二人
ひとりで相手をしなければならない
ということですが…
ここで、トーマス・エジソン並みに
冴えわたる頭脳
が光ります

友人を巻き込もう♪

ククク…
怪獣を一人押し付ければ
自分の負担は軽くなるし
ついでに、高速料金をワリカンすれば
自分のマネーの減りも軽くなります


さっそく、ある紳士にホットライン(※電話)にて連絡

のりゅ「やぁ、TAKA、今、時間は大丈夫かい?」

TAKA「のりゅか…時間がないってのは、自分を管理できない
     人間のいいわけさ、問題ないよ」

のりゅ「うちの子猫ちゃんたちが、君を指名していてね♪どうだい?」

TAKA「そいつは、どんな案件よりも優先しなきゃならないな!
     これから、弁護士と管財人相手にネゴシエーションしなきゃ
     ならなかったんだが、迅速にかたづけよう」
     ※彼のお仕事の関係で、本当にそういう状況があるそうです

のりゅ「報酬は…」

TAKA「そいつは、必要ない、子猫ちゃん達の笑顔がそれさ」

と、かっこいい一幕を挟んで

堀 観覧車
やってきました、堀内公園!
写真は観覧車+サイクルモノレールとなっております

この公園のアトラクションの利用条件は、
小学生以上はひとりでOK 未満は保護者が同伴
ただし、サイクルモノレールは身長120センチ以上じゃないと
ひとりはNGです

さっそく、管理棟に向かって
のりものチケットを購入します
とりあえず2000円くらいかな~と
あまり考えず、この時、購入してしまいました
人のいいTAKA君は、俺も買った…と
もう2000円分
しかも、なんかキャンペーン中だったのか
1000円につき200円分のチケットのおまけが…

つまりのりもの券は4800円ですね

堀内公園のアトラクション(有料)チケットが使えるものは

観覧車     1人1回100円      
汽車(メルヘン号)  1人1回100円
メリーゴーランド   1人1回100円 
サイクルモノレール 1人1回50円


となっています
しかも、この時、次女は3歳、無料で遊べます

TAKA「観覧車、メリーゴーランド、汽車なら、常に4人で乗っても
     16回乗れるな…」

のりゅ「サイクルモノレールなら48周できるぞ
自分とTAKA君で娘とペアで別れてこいでも32周だ!」

ちなみに、
のりものチケットの
払い戻しはできません

堀内メルヘン号
堀 汽車
幼いころあまり遊園地に連れて行って
もらった記憶がないとのTAKA君…
 堀 サイクル
この日は…
堀 メリー
うちの子猫ちゃん達とともに…
堀内公園強化2
堀 観覧車前
4種類のアトラクションを
昔の分を取り返すが如く
楽しんでもらいました♪


TAKA「チケット消化率がいいからって
メリーゴーランドだけで8回だよ…」

のりゅ「今までの人生分だと、思えば少ない少ない♪」

みなさん、来園の際には、
計画的に購入しようね♪
おにーさんとの約束だよ♪


堀内公園は、他にも
堀 ソリ発射前
堀 芝そり
無料ソリすべり
堀 ターザン
乗りやすい形のターザンロープ
155-8.jpg
ロングローラースライダー
堀 足こぎカート
無料足こぎゴーカートと専用コース
堀内公園強化5
バッテリカー(1回50円)
堀内公園強化6
小型電動遊具(1回50円)
堀内公園強化3
堀内公園強化4
大型の複合遊具
堀内公園強化8
堀内公園強化9
ブランコ、滑り台、シーソー、砂場、スプリング遊具のある
ちびっこ広場

堀内公園強化10
何種類かの鳥が飼育されているバードハウス
堀内ふわふわドーム
愛知県最大級のふわふわドーム(無料)があります

自動販売機は、ありましたが
(お菓子の自動販売機がありました)
レストランとか軽食を取り扱う場所はないのでご注意を
というわけで、今回の回顧録終了です

堀内公園、オススメですよ♪
熱気球フライト体験へGO(安城産業文化公園デンパーク、第4駐車場)
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第17弾は、安城産業文化公園デンパーク、第4駐車場にて
開催された、熱気球フライト体験についてとなります
今回のデンパーク行の3つの目的のひとつであり
最大の訪問理由でありました
気球体験までには、さまざまなドラマがあったのですよ
IMG_3520.jpg

安城産業文化公園デンパーク(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 86キロ(片道) 

到着時間目安 1時間30分(浜松浜北IC付近から)

高速料金 1910円(岡崎ICで降りた場合)
       ※H26年10月現在

駐車場 無料 乗用車1000台

所在地  〒446-0046 愛知県安城市赤松町梶1

電話 0566-92-7111

営業時間
通常 午前9時30分~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
冬時間 午前9時30分~午後4時30分

休園日 毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

セット訪問候補

堀内公園 5.5キロ 15分

その他

熱気球フライト体験

料金

大人 1000年
3歳~中学生 500円

※デンパークの第4駐車場で開催されたため
 パーク入園料はかかりませんでした

11月1日~11月3日(終了してます)
来年も同様の時期に、開催予定だそうです

午前9時30分~12時00分
午後14時00分~16時30分

午前9時より整理券配布

天候・強風によっては中止あり

先着300名様

赤字がドラマ部分です

つまり、浜松市浜北区から訪問して
先着300名に入らねばならず
どう考えても、その日の開催を電話で
問い合わせてから向かったのでは
とうてい間に合わない
ってことです

開催されることを信じて
朝6時30分に自宅を出発して
到着したのは午前8時頃

11月2日は、のりゅの日ごろの行いを
神様が見てくださっていたのでしょう
無事、開催されてました

自分たち家族の順番は300番中50番目くらいで
最初の人は、何時から待っていたんでしょうね

IMG_3496.jpg
熱気球に乗るのは、我が家族、だれ一人
体験したことはありません
IMG_3515.jpg
搭乗前の記念撮影
ドキドキもマックスですな
IMG_3523.jpg
娘どもは、背が足りないので
覗き穴から、景色を眺めてます
しかし、気球体験は非常に良いのですが
遠方の景色を写真にとっても
高い場所から、景色を撮影するのと変わらないじゃん
って感じまして
IMG_3524.jpg
仕方ないので、嫁を撮影
すばらしいほどの笑顔でした

6時30分に出発のため
6時前の起こしたことを
ぶちぶち文句をいい
車の中では、ずっとぶーたれて
(運転はのりゅです)
到着後、早く並んでいた方達を
物好きよばわり

していたことは、つっこまないでいて
あげましょう
のりゅは大人ですね~
あ、料金も、もちろん
のりゅの全もちですよ
人のお金で、気球に乗って
人を見下ろす気分は
さぞ、気持ちいいのでしょう~


来年も同様の時期に、熱気球フライト体験は
開催予定だそうで、もし来年チャレンジしてみたいと
思った方は、我が家の訪問の軌跡を参考
にしてみてくださいな

ちなみに、蛇足の蛇足になりますが
IMG_3531.jpg
11月3日まで、ハイジフェスタが
開催されてました
IMG_3544.jpg
IMG_3534.jpg
ヨーゼフのふわふわで
たわむれる娘ども

11月22日からは、ムーミンの世界展だそうで
さまざまなイベントが開催される
デンパーク、すーぱーオススメですよ
安城産業文化公園デンパーク スカイライダー+その他の遊具
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第16弾は、安城産業文化公園デンパークの
こども広場や、風車広場あたりの遊具で遊んだ記録となります
つまり今回が、普通にデンパークの遊んだ内容ってことですね
IMG_3575.jpg
安城産業文化公園デンパーク(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 86キロ(片道) 

到着時間目安 1時間30分(浜松浜北IC付近から)

高速料金 1910円(岡崎ICで降りた場合)
       ※H26年10月現在

駐車場 無料 乗用車1000台

所在地  〒446-0046 愛知県安城市赤松町梶1

電話 0566-92-7111

営業時間
通常 午前9時30分~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
冬時間 午前9時30分~午後4時30分

休園日 毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

入園料

大人(高校生以上)  600円
小・中学生       300円
幼児           無料
高齢者(65歳以上) 480円

コンビニ前売り券なら、ラクラク入園&10%OFF!
一般:600円⇒540円、小・中学生:300円⇒270円

次のコンビニエンスストアの端末で、お得な入園券の事前購入が可能

 ・セブンイレブン(マルチコピー)
 ・ローソン(Loppi)
 ・ミニストップ(Loppi)
 ・ファミリーマート(Famiポート)
 ・サークルKサンクス(カルワザステーション)

セット訪問候補
堀内公園(紹介記事へ) 5.5キロ 15分
安城市総合運動公園(紹介記事へ) 6.5キロ 15分



遊具が密集しているのは、デンパークの西端
IMG_3605.jpg
風車小屋を目印に、するとよいかと
IMG_3590.jpg
こんなメルヘンチックな遊具
ペンキぬりたてだったため、コーンがあったのがやぼですが
IMG_3592.jpg
その内部
IMG_3597.jpg
遊具その2
IMG_3598.jpg
裏側、ネットの先が、遊具2の上部
窓の部屋につながってます
IMG_3587.jpg
ほかにも、船の形の遊具や
IMG_3577.jpg
こんなんだったり
IMG_3585.jpg
こんなんだったり
ほっとけば、うちの娘どもは、永遠に遊べそうですね

しかし、まぁデンパークに遊びにきたのは
こういった遊具はおまけなのですよ
遊びにきた、3つの目的のひとつ
IMG_3581.jpg
スカイスライダー(55メートル)
というロング滑り台です
名前が、超かっこいい
IMG_3602.jpg
説明書きのとおり
3~5歳のこどもは
大人と一緒に滑ろう

と書いてあります
つまり、次女(4歳)は自分と
滑らなきゃならないわけです

ルールだから仕方ありません
しょうがないから、大人なわたしが滑ってやりましょう
IMG_3646.jpg
きゃっはー
ローラーの滑りがいいのか
滑り台の乗り場までの傾斜が
そんなに、きつくないのに
なかなか爽快なスピードがでます
こどもの付き添いをする
体力と根性がない大人に、優しい滑り台ですね
IMG_3583.jpg
きゃっほー
あ…こいつは6歳でしたね
付き添いの必要ありませんでした
失敗、失敗☆
IMG_3648.jpg
IMG_3649.jpg
ひととおり遊んだあと「鉄砲山」と
呼ばれるあたりに移動
木琴や自由に鳴らせる鐘がありました
IMG_3651.jpg
メルヘン号(ハロウィーン仕様?)
毎時「00分」「20分」「40分」発
大人(高齢者を含む):200円
小中学生、障害者、介護者:100円なり

いやぁ、イベントとかなくても十分遊べる内容と
なっています(花とかぜーんぜん見てません)
デンパーク恐るべしですね
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.