こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
弥生ヶ丘公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第574弾は、静岡県浜松市中区にある
「弥生ヶ丘公園」です
弥生ヶ丘公園1
浜松市の街角に隠れた※①ダイヤの原石
発見されたソレは、※②研磨作業を経て
ダイヤとしての輝きを放ちます!!
(※①珍しい遊具があるor遊具設置数の多い公園)
(※②当ブログで紹介すること)


ゲーム、読書(ラノベ)
近所のコンビニで立ち読み(漫画)
おでかけプラン構築、※関係各方面へ連絡
子供を引き連れおでかけ、ブログ更新…等
(※「おでかけ仲間(紹介記事へ)」への打診+雑談)
常人では、とてもとてもこなせないスケジュールの中
空いた時間を使い
のりゅは、ダイヤの原石を見いだすため
浜松市の地図を広げ、行っていない公園を捕捉
「Google ストリートビュー」を利用・確認したり
確認が難しい場合、自分1人で下見に行ってみたりと
地道な努力を続けています
100、200の※スカを積み上げる中
(※遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)
のりゅが新たに見いだした厳選されし12公園
回顧録12回に渡ってお送りする第3弾
浜松市中区にある「弥生ヶ丘公園」です
(クリックにて、このシリーズの第1弾へ飛びます)

2017年春休みシーズン、のりゅは
新たに見出した12箇所の原石を1日で全て制覇するべく
次女を引き連れ自宅を出発しました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「青葉台公園」を退園
次なる目的地である弥生ヶ丘公園を目指しました
移動中の車内で次女に

次女「パパ、ねーね
公園で遊べなくて可哀想だね~?」


なんて同意を求める的なニュアンスの質問をされ
「そうだねぇ…」と曖昧な返答をした
自分の内心はヒヤヒヤでした

この時の公園巡りをする前
長女は、春休みの宿題を
終わらせていないから
嫁と一緒にお留守番…という
表向きの話
を次女は聞かされていたのです
しかし、本当のところ、浜松市東区にある
「イオンモール浜松市野(公式HPへ)」
嫁や長女は、ショッピング目的でおでかけ
施設内レストランでランチ
さらに、ゲームセンターをエンジョイ
してました
つまり
次女は、結託した
家族3人から騙されていました


次女を騙した理由を説明いたします
小堤山公園1-2
(上画像は、拡大表示可能です)
我が家の次女は
※傍若無人、甘ったれ、かまってちゃん
三拍子が揃っている性根
であるためです
(※次女の性根を詳しく知りたい方は、クリック先を参照)
…と書いたところで
ちょいちょい当ブログを読んでいる方ならともかく
大抵の方には、さっぱりですよね
もうちょっと分かりやすい例を示します
弥生ヶ丘公園1-1
上画像は最近行った、とある遊園地での出来事です

メリーゴーランドの1基のピンク色の木馬を巡って
長女と次女は、周囲の視線など
お構い無しに醜い叩き合いを始めました

我が家のバカ姉妹は、お互い
譲り合いの精神など皆無
なのです

上画像を例に、三拍子の揃った次女は
傍若無人な長女に、頻繁に絡むため
ソレに応じて、姉妹ゲンカが勃発します

おでかけに限らず、どこかへ行く時
できることなら長女と次女
2人を同時に連れて行きたくないのが
のりゅと嫁の本音
なんですね

弥生ヶ丘公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21キロ(片道)

到着目安 45分

駐車場 ありません

所在地 〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町3010−1
※「(有)古橋精工」の所在地
弥生ヶ丘公園は、道路を挟んで隣です

電話 管理団体がわかりません


弥生ヶ丘公園は、浜松市中区富塚町の住宅地
「弥生ヶ丘団地」内にある公園です
そんな弥生ヶ丘公園には、駐車場がありません
誰かに連れて来てもらえるのなら、ソレが1番です

弥生ヶ丘公園に設置されている遊具は
弥生ヶ丘公園2
ブランコ
弥生ヶ丘公園3
鉄棒
弥生ヶ丘公園4
シーソー
弥生ヶ丘公園5
小型滑り台
弥生ヶ丘公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
小型の滑り台の終着点には、大きな砂場
砂場内には、動物のオブジェ(上画像上段)
ママごとに使えそうなハウス(上画像下左)
丸いコンクリートの台(上画像下右)が設置されてます

そして、弥生ヶ丘公園の真打
弥生ヶ丘公園8
弥生ヶ丘公園9
なが~い滑り台…
弥生ヶ丘公園10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
…付複合遊具です
上画像の滑り台のスタート地点高台は
周囲や中央部を登ったりして遊べます
よって、複合遊具なわけですね
弥生ヶ丘公園11
弥生ヶ丘公園12
のりゅも次女に続き、なが~い滑り台を試してみました

次女「パパ、ねーね
遊べなくて可哀想だね~?」


なが~い滑り台を終えると
下で待っていた次女に、また同意を求める的なニュアンスの
質問をされました
次女は、譲り合いの精神が皆無でも
己が優越感に浸れる立場なら
姉を同情できるくらいの優しさを持っているのでしょう

嫁と長女は、イオンモール浜松市野だけで
切り上げてくると思いきや、この日
長女が「カラオケ行きたい!」とダダをこねたそうで
根負けした嫁は、イオンモール浜松市野の隣にある
「ラウンドワン浜松店(紹介記事へ)」
連れて行ったそうです
2人でカラオケやらゲーム
お遊びのスポーツを楽しんできた
ようですね

そんな事実を知った場合
次女は、わずかな優しさも見失い荒れ狂うことでしょうね
一石を投じてみたい…
でも、あっさり特定されちゃうだろうし
嫁に、後始末を厳命される展開が
読めましたゆえ諦めました

伝えないことが父としての優しさだと思いました

といったところで、今回の回顧録終了です

弥生ヶ丘公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松市の街角に隠れた
ダイヤの原石(公園)紹介シリーズは、次回も続きます
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.