FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
ラグナシア(2019年6月後半) 宮殿編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1023弾は、愛知県蒲郡市にある
「ラグナシア(2019年6月後半) 宮殿編」です
ラグ宮殿1
上画像は、愛知県蒲郡市にある今回記事の舞台
「ラグナシア」へ入場して直ぐの場所
「ゼフィロス広場」で撮影しました

2019年6月後半
のりゅは、娘達を引き連れ
ラグ宮殿2
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人
イチ君に同行してもらい
ラグナシアへおでかけしました
ラグ2019初3
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシア園内マップです

回顧録第1022弾(クリックにて、第1022弾へ)
「施設概要・4エリア外アトラクション編」では
ラグナシアの施設概要と
主要4エリア外で楽しめるアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「宮殿編」です
ラグナシア主要4エリアの1つ
「宮殿」で楽しめる
アトラクション&ショーを紹介

思い出を振り返ります

ラグナシア
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 63.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 1260円(豊川IC降車の場合)
※2019年10月時点

駐車場 1000台、1台1日800円

所在地 〒443-0014
愛知県蒲郡市海陽町2-3-1

電話 0570-097-117

定休日 不定休

営業時間 季節によって変動します
※わりと遅い時間まで営業していることが多い

入園料 中学生以上2250円、小学生1300円
      3歳以上800円

フリーパス料金
中学生以上4350円、小学生3250円、3歳以上2500円


ラグ宮殿3
ラグナシアの宮殿にあるゼフィロス広場は
暗くなるとライトアップされます

それでは、回顧録本文ということで
ラグナシア主要4エリアの1つ
宮殿で楽しめるショーから紹介

思い出を振り返ります
ラグ宮殿4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ラグナシアの宮殿にある
宮殿ステージです

宮殿ステージライブショー
観覧料金 立って観たり
最前列以外の席で座って観る場合は無料
最前列の席は有料で、3歳以上1席500円
ラグナシアのパスポートを
持っていれば、3歳以上1席300円
※有料席のチケットは
インフォメーションセンターで事前購入できますし
上演15分前からは現地で販売されます
※のりゅ達が観た時のショーの料金情報
備考 確実に観たい方は
上演日・上演スケジュールを
ラグナシア公式HPで調べることを推奨します

ラグ宮殿5
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が遊びに行った時に
上演されていたのは
サーカスパフォーマンス&
ミュージカルショーな内容の演目

ダズル
でした

2019年10月現在は別の演目
ディアーモンスターズが上演中
です
クリスマスシーズンになれば
また演目が変わる
とのことですが
サーカスパフォーマンス&
ミュージカルショーな内容は
変わらないみたい
なので
宮殿ステージで
開催されるショーの
参考として閲覧ください


宮殿ステージで開催されるショーは
映像&光の演出の中
ラグ宮殿6
(上画像は、拡大表示可能です)
役者のおねーさん達が歌って踊る
ミュージカルショーを観て楽しめますし
ラグ宮殿7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っているような
サーカスパフォーマンスを観て楽しめます
ラグナ宮殿7-1
(上画像は、拡大表示可能です)
「むぅぅ!集中しろ!
1秒たりとも見逃すな!」

(↑上画像のシーンを観ていた時の40歳男性心中)
ラグナ宮殿7-2
(上画像は、拡大表示可能です)
「くっ…『残念でした~♪
※ドロワーズを履いてま~す☆』
なのか…」

(↑上画像のシーンを観ていた時の40歳男性心中)
(※ドロワーズ→スカートの下に履く下着の一種)

「しかし、コレはコレで
グッド♪グッド♪グッドォォ~♪」

(↑上画像のシーンを観ていた時の40歳男性心中)

上画像のシーンを観ていた時
ブログ管理人の脳内の声は上記
でした

のりゅと同様な
むっつりスケベ紳士の方

現在上演中の
ハロウィーンバージョンでも
同様なスカートひらひらダンスが
披露されているかもしれませんし
これから上演される
クリスマスバージョンでも
同様なスカートひらひらダンスが
披露される予定かもしれませんよ~


ラグナシアの宮殿で楽しめるショーは以上です
続いて、ラグナシア主要4エリアの1つ
宮殿で楽しめるアトラクションを紹介

思い出を振り返ります
ラグ宮殿9
(上画像は、拡大表示可能です)
ファイアファイアNEXT
~レヴヤタンの逆襲~
利用条件 身長90cm以上
身長110cm未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回750円
パスポート利用可
雨天の場合でも楽しめる


ラグナシアが公式HPで
キッズ人気NO1アトラクションと謳う
シューティングライド
です
※3Dマッピングな演出アリとのことです
(上画像赤枠部分参照)
ラグ宮殿10
上画像のライドへ乗り込み
ラグ宮殿11
(上画像は、拡大表示可能です)
4つのゾーンを巡りながら
ライドに備え付いているレーザーガンを照射して
モンスターと対決します

そこらの遊園地で楽しめる大抵の
シューティングライドは
出発から終わりまで同じ高さのコースを
走り続けるだけですが
ファイアファイアNEXTのコースは
上昇したり下降したりする場所があります


「バーナクル(背中にフジツボ付モンスター)」
倒すとレーザーガンが
連射モードになる仕様もあります

ラグ宮殿12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ファイアファイアNEXTで
対決するモンスター例です

上画像下段のモンスター達のボス
「レビヤタン」は、3Dプロジェクションマッピングの
効果で変身する
とのことです
ラグ宮殿12-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ファイアファイアNEXTは、3回プレイしましたが
29100点が、のりゅの最高点でした

本日のランキング2位以上のスコアを獲得
のりゅの獲得した29100点は
スコアボード本日2位の部分に表示されましたが
ラグナシアが営業開始して
それほど時間が経ってなかっただけなので
たいしたことじゃあありません

「ファイアファイアNEXT 攻略」で
グーグル検索すると
のりゅの獲得した29100点の
2倍~3倍とスコアを獲得できる方々が
運営するサイトが表示されます

攻略サイトにて攻略法を下調べしてから
ファイアファイアNEXTをチャレンジした方が
より高得点が獲得できて楽しめるかもしれません
ラグ宮殿13
アルキンベーダー
利用条件 3歳以上
小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 初回1人1回500円
2回目以降は、1人1回300円
初回のみパスポート利用可
雨天でも楽しめる

ラグ宮殿14
(上画像は、拡大表示可能です)
アルキンベーダーは
かつて大ヒットしたゲーム

スペースインベータ―&アルカノイドの中へ
プレイヤーが入ってしまった感覚で楽しめる
アトラクション
です
最大10名同時でプレイできます

具体的には、壁・床に投影されるボールを
足で触ると、インベーダー目掛けて飛んで行き
打ち落とすと得点が加算されます

ラグ宮殿15
(上画像は、拡大表示可能です)
制限時間内に、全てのインベータ―を
打ち落とすことができれば
ラグナシアを滅亡から救うことができます

ラグ宮殿16
のりゅ達の
アルキンベーダ―チャレンジは
失敗で終わりました


「ラグナシアは滅亡した…」

上記は、上画像に写るワードであり
ラグナシアの
究極の自虐と書いても
過言ではないワード
ですね

並みの遊園地では
表示できないワードを
表示してしまえる胆力を持つ
テーマパークこそが
ラグナシアなのです!

ラグ宮殿17
ドリーミングクエスト
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 利用料金 1人1回600円
パスポート利用可
雨天でも楽しめる

ラグ宮殿18
(上画像は、拡大表示可能です)
受付を済ませると巡る範囲の地図が渡されます

生年月日、性別、血液型などの
プレイヤーデーターを端末にて入力して
ラグ宮殿19
ドリーミングクエストのキーアイテムとなる
ランタンを持って、ラグナシアの宮殿を探索します
ラグ宮殿20
(上画像は、拡大表示可能です)
宮殿内に設けられているポイントを見つけて
ランタンを置くと
ラグ宮殿21
(上画像は、拡大表示可能です)
プレイヤーが次にする行動が表示されます

「○○に行き、黄色の文字を読め」と表示されたら
そのポイントを発見して
フェイクに引っかからないよう行動せねばなりませんし
ラグ宮殿22
(上画像は、拡大表示可能です)
宮殿各所に隠されている何かを見つけて
ポイントにて正解のモノを
選んで入力せねばならないこともありますし
ラグ宮殿23
(上画像は、拡大表示可能です)
間違い探しゲームや
モリを突いて、制限時間内に
指定されたモノを壊すゲームなどを
クリアせねばなりません

受付の方から聞いたお話だと
探索のルートは
12パターンくらいあり
ランダムで選ばれる
そうです
再チャレンジしても
同じ探索ルートになるとは限りません
ラグ宮殿24-1
(上画像は、拡大表示可能です)
探索を終えたのちは、冒険の書が発行されます

冒険の書には
探索を通じて判定された
性格診断的な内容のことが
記されています

あと、冒険の書にラッキーの文字があると
ちょっとした景品がもらえちゃう
とのことです
ラグ宮殿24-2
探索する前、代表者として
次女の生年月日、性別
血液型などをデーターとして
端末に入力しました

ラグ宮殿24-3
(上画像は、拡大表示可能です)
総合評価が次女の性格を
判定したのだとしたら
「1つのことを
最後までじっくりやり遂げる
根気に欠けるところがある」との
記述以外は的外れだと思いました

ラグ宮殿27
ラロス3Dシアター
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 利用料金 1人1回300円
パスポート利用可
雨の日でも楽しめる

ラグ宮殿28
(上画像は、拡大表示可能です)
ミツバチの冒険アニメを3D映像にて観て楽しめます

「小学校低学年くらいまでなら
楽しく観れそうかな…?」と思った程度が
ラロス3Dシアターを観た感想でした
ラグ宮殿3
(上画像は、拡大表示可能です)
プエルプエラ
利用条件 0歳~小学生未満
0歳~2歳は保護者の付添が必要
利用料金 入場していれば無料
雨の日でも楽しめる


小学生未満が遊べるキッズコーナーです

ちなみの話ですが、上画像に写っているのは
2016年4月某日の次女(幼稚園児)です
ラグ宮殿30
リアル宝探し ラグーナ恐竜探検隊
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
パスポート利用1人1回500円
※3歳未満は無料


2018年4月28日より始まった
※おそらく期間限定開催のアトラクションです
(※開催終了年月日は公式HPに掲載されてません)
ラグ宮殿31
(上画像は、拡大表示可能です)
恐竜に関する謎解き&宝探しをすることが
目的のアトラクションとのことです
2種類あるコース、所要
アトラクションの流れを知りたい方は
上画像を拡大して確認するか
公式HPを閲覧してくださいませ

パスポートを持っていても
100円引きでしかチャレンジできないので
のりゅ達は、スルーしました

といったところで、今回の回顧録終了です

ラグナシア
次回へ続きます☆
スポンサーサイト



ブログ管理人が恐ろしいほどシンパシーを感じるブログ様を紹介します
ブログ管理人の「すずやす」様から
リンクの許可が頂けましたので
のりゅが、おでかけ情報収集に
利用させていただいている
ぼっち系観光ブログ様を紹介します
30462a096ee3f705292c78fa00978610.png

「観覧車ぼっち星」
(↑ブログタイトルをクリックすると飛びます)

すずやす様は
【家族が笑顔で楽しんだり
カップルが、イチャイチャするのに
利用される観覧車を
あえて1人で乗りまくること
目標100箇所!】を目指して
国内各地を飛び回り
見事達成された方
です

その回顧録を閲覧しながら
国内各地の観覧車の情報を
知ることができます


世界3大珍獣として数えられる動物を
飼育している国内の動物飼育施設
オールおでかけすることで達成した
「国内世界3大珍獣飼育施設制覇」

(↑クリックにて、参照記事へ飛びます)

浜松市内公園11箇所を巡り達成した
「浜松市内の巨大タコの滑り台全制覇」

(↑クリックにて、参照記事へ飛びます)

浜松市内19箇所の公園を巡り達成した
「浜松公園緑地協会HP
長~い滑り台特集紹介滑り台制覇」

(↑クリックにて、参照記事へ飛びます)

これまで上記の
自己目標を決めて達成してきた
達成してきたブログ管理人は
すずやす様に恐ろしいほど
シンパシーを感じております
ラグナシア(2019年6月後半) 施設概要・4エリア外アトラクション編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1022弾は、愛知県蒲郡市にある
「ラグナシア(2019年6月後半)
施設概要・4エリア外アトラクション編」です
ラグ2019初1
2019年6月後半
のりゅは、娘達を引き連れ
ラグ宮殿2
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人
イチ君に同行してもらいまして
愛知県蒲郡市にある今回記事の舞台
「ラグナシア」へおでかけしてきました

のりゅと次女は
2016年4月に遊びに行った以来
約3年2ヶ月ぶりの
ラグナシアへのおでかけであり

長女は、この時が
人生初のラグナシアへの
おでかけでした

太秦屋外3回33
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、写っているのは
のりゅが課した
※「愛の試練」を通じて
涙の数だけ強者へと
成長していた長女
です
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれるよ」
某ヒットソングのフレーズが有名ですね
絶叫・ホラーアトラクションを試練として与え
娘達を強者として成長させる育成方法です)


のりゅは、愛するがゆえ
我が子に厳しい試練を
課している父親なのです


そんなことを知ってもらった前提で
回顧録序文の余談として書くのは
ラグナシアへおでかけする前
愛する我が子(長女)に
まったく信用してもらなかった
40歳男性の悲しき思い出話
です

2019年6月某日、のりゅは
ラグナシアの公式HPを閲覧しました


前回おでかけ時には無かった
アトラクションが
いくつも導入されている
ことを知った
のりゅは、ラグナシアへ
久しぶりに遊びに行くことを決めました
娘達へ近いうちに
ラグナシアへ遊びに行くことを伝えたところ


長女「ラグナシアって
怖いジェットコースターとか
お化け屋敷ってあるの?」


長女から上記の質問をされました

2019年5月末に遊びに行った
大阪府大阪市此花区にある
「USJ(紹介記事へ)」
身長132cm以上でなければ
チャレンジできない
ライドアトラクションを乗り越えた
娘達を涙の数だけ強者へと
成長させてくれると期待できる
絶叫アトラクションは
ラグナシアには存在しません


お化け屋敷的な内容で
娘達を涙の数だけ強者へと
成長させてくれると期待できる
アトラクションならば
ラグナシアにも存在するんですが
年齢的にチャレンジできない
のです

のりゅは、長女へ
「怖いジェットコースターはないし
お化け屋敷的な内容の
アトラクションならあるけど
オマエ達は、年齢的に
チャレンジできないんだわ」と
嘘偽りない情報を伝えましたが
信用してもらえませんでした


「疑うんなら
聞いてくるんじゃねぇよ!」と
心中で、ツッコミつつも
長女に信用してもらおうと
のりゅは、ラグナシアへ
遊びに行った経験のある次女へ
「次女ちゃん、パパの
言ってること嘘じゃないよね?」と
振りました


次女は
「ねーね、パパの
言ってることホントだよ
ラグナシアは楽しい遊園地だよ」と
答えてくれました


長女「次女!ラグナシアに
新しい怖い乗物がデキたから
パパは『遊びに行く』って
言い出したかもしれないよ!」


長女の上記発言のせいで
のりゅは次女にも
信用されなくなってしまいました


結局のところ
マイハニーが、スマホにて
ラグナシアの情報を見せたことで
娘達は
「「ラグナシアへ行きたーい!」」と
なりました…


ラグナシア
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 63.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 1260円(豊川IC降車の場合)
※2019年10月時点

駐車場 1000台、1台1日800円

所在地 〒443-0014
愛知県蒲郡市海陽町2-3-1

電話 0570-097-117

定休日 不定休

営業時間 季節によって変動します
※わりと遅い時間まで営業していることが多い

入園料 中学生以上2250円、小学生1300円
      3歳以上800円

フリーパス料金
中学生以上4350円、小学生3250円、3歳以上2500円


ラグ2019初3
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシア園内マップです

ラグナシアは、愛知県蒲郡市にある複合型リゾート
「ラグーナテンボス」内テーマパークです

ラグーナテンボスは、ラグナシア以外に
ショッピングモール&レストラン
ホテル、温泉施設などを内包しています
興味のある方は、ラグーナテンボス公式HPを
閲覧してくださいませ

ラグナシアの入園料は
中学生以上2250円、小学生1300円
3歳以上800円
です
駐車料金は、1日1台800円です
ラグ2019初4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ラグナシアの
※パスポートを購入することで
楽しめるアトラクションの数々
です
(※入園+対象アトラクション利用)

アトラクションを楽しめる
ラグナシアの主なエリアは
「宮殿」
「バハムートの神殿」
「ビバ・ピアッツァ」
「ステラパーク」
です

上記4エリアで楽しめるアトラクションは
次回以降の回顧録で順次紹介
していきます

今回記事の副題は
「施設概要・4エリア外アトラクション編」なので
今回記事後半で紹介するのは
上記4エリア外で楽しめる
アトラクション
です

ラグナシアのパスポート料金は
中学生以上4350円、小学生3250円
3歳以上2500円
です
ラグ2019初4-0
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年10月現在は開催終了してしまいましたが
上画像は、期間限定で
ラグナシアで楽しめた
イベント&アトラクション
です

ラグナシアは、旬の映画やアニメとの
コラボに力をいれており
期間限定開催のイベント&アトラクションを
楽しめるテーマパーク
です
ラグ2019初5
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシアは
ショーを観て楽しめる
テーマパークでもあります


例えば、ラグナシア園内にある
「アートシアター(上画像左)」では
劇団
「歌劇 ザ・レビュー HTB」
ショーを観て楽しめます


歌劇 ザ・レビュー HTB ラグーナ
平日料金 自由席無料
SS席500円(当日券1000円)、プレミアム席1000円
土日祝日・8月11~19日料金 A席300円
SS席500円、プレミアム席1000円
備考 ・土日祝日は、全席指定席になる
・特別公演時は、指定席料金が変更となる
・休演日、公演時間は公式HPにて確認推奨


歌劇 ザ・レビュー HTBは
あの有名な「宝塚歌劇団」に類する
スターシステムを用いており
レビュー、ミュージカルを演じる劇団です

歌劇 ザ・レビュー HTBのショーを
無料で観れるのは、平日限定
とのことです
(↑入園料を払う or パスポートを購入して
ラグナシアへ入園する必要はあります)


さらに、ラグナシア内では
歌劇 ザ・レビュー HTBのショー以外にも
役者さんや公式マスコットキャラクターが
演じるショーが開催されてます

歌劇 ザ・レビュー HTBのショー以外の
役者さんや公式マスコットキャラクターが
演じるショーについては
次回以降の回顧録にて紹介します

ラグ2019初7
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシアは、花を見て楽しめる
テーマパークでもあります


上画像の施設は、ラグナシア園内にある
入園さえしていれば無料で楽しめる

「フワラーラグーン」です
ラグ2019初8
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワーラグーンでは、季節の花々を
様々な角度から見て楽しめます

でも、花を慈しむ感性に乏しい
どこぞの父娘3名は例外でした!

(↑短時間で、フワラーラグーンを退場
ブログ掲載用の写真撮影だけしときました)
ラグ2019初9
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシアは、イルミネーションを
楽しめるテーマパークでもあります


上画像は、アートシアター&フラワーラグーン付近に
設けられている橋です
ラグ2019初10
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、橋付近に設けられている
ランタンの平原&イルミネーションツリーです
ラグ2019初11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、ランタンの平原付近に設けられている
イルミネーションの城(?)です

イルミネーションの城(?)内部には
上画像右のバラの壁を背景に
記念撮影できるコーナーが
設けられています


日本の大人気少女漫画&アニメ
「美少女戦士セーラームーン」
登場する
タキシード仮面」様の次に
バラが似合うことを自称する自分は
ポージングして、上画像右の
絵にも描けない美しさを
表現してみました♪


絵にも描けない美しさだけど
写真撮影なら可能でした~☆

ラグ2019初13
(上画像は、拡大表示可能です)
ラグナシアは、プロジェクトマッピングショーを
楽しめるテーマパークでもあります


上画像は、のりゅ達がラグナシアへ
遊びに行った日開催された
プロジェクトマッピングショーを撮影した写真です

ブロックが飛び出して見えたり(上画像左)
無数の光の見えたり(上画像右)
ラグ2019初14
(上画像は、拡大表示可能です)
キラッキラに輝いて見えたりしました(上画像)
ラグ2019初14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
今年度の営業は終了してしまいましたが
夏季のラグナシアは、プールを
楽しめるテーマパークでもあります


ラグナシアのプールは、波のプール
流れるプール、キッズプール、ジャグジー
100mのウォータースライダーなどが楽しめ
ラグ2019初15
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年7月13日には、アスレチックプール
「ジュラグーン」がオープンしたとのことです
ラグ2019初17
(上画像は、拡大表示可能です)
今年度の営業は終了してしまいましたが
夏季のラグナシアは、プール以外に
海上ウォーターパーク
巨大エア遊具の集合体、
ビーチパーク
楽しめるテーマパークでもあります


ラグナシアは、楽しめる内容が満載過ぎますね

さて、のりゅの紹介するラグナシアの
施設概要は以上として
ここからは
宮殿、バハムートの神殿
ビバ・ピアッツァ、ステラパークの
上記4エリア外で
楽しめるアトラクションを紹介

思い出を振り返ります
ラグ2019初18
観覧車
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
乗場 「フェスティバルマーケット」1階
利用料金 1人1回600円(0~2歳は無料)
パスポート利用可
備考 観覧車の乗場へ行くには
ラグナシアを1度退場する必要あり
入退場口で再入場スタンプを
押してもらうことを忘れずに


観覧車は、ラグナシアのパスポートで
何度も楽しめちゃうアトラクションですが
乗場は、ラグナシア隣接の
ショッピングモール&レストラン街
フェスティバルマーケット1階にあります


観覧車の乗場へ行くには
ラグナシアを1度退場する必要あります
観覧車を楽しんだのち
ラグナシアへ再入場されたい方は
入退場口で再入場スタンプを
押してもらうことを忘れないようにしましょう

ラグ2019初19
(上画像は、拡大表示可能です)
観覧車の高さは、65mとのことです
夜になるとライトアップされます(上画像右)
ラグ2019初21
(上画像は、拡大表示可能です)
観覧車からは、ラグナシア全体や
ラグ2019初22
(上画像は、拡大表示可能です)
夏の営業に向けて建設中だった
海上ウォーターパーク&ビーチパークや
三河湾を望めました
ラグ2019初23
(上画像は、拡大表示可能です)
ハドーワールド
利用条件 コンテンツによって異なる
場所 フェスティバルマーケット2階
利用料金 初回500円、2回目以降300円
初回のみパスポート利用可
備考 混雑時には整理券配布制となる


ハドーワールドは
フェスティバルマーケット2階で
楽しめるアトラクション
です

ハドーワールドへ行くには
ラグナシアを1度退場する必要あります
ハドーワールドを楽しんだのち
ラグナシアへ再入場されたい方は
入退場口で再入場スタンプを
押してもらうことを忘れないようにしましょう


ハドーワールドでは
3種類のAR体験ゲームを楽しめます


ハドーワールドで楽しめる
AR体験ゲームの利用料金は初回500円
です
2回目以降は、300円で遊べます
ラグナシアのパスポートを持っていれば
1回だけ無料で遊べます

VS2回目5
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
ハドーワールドで楽しめる
AR体験ゲーム3種類は
上画像に写っている娘達のように
AR体験機器を身に着けて遊びます

ラグ2019初24
(上画像は、拡大表示可能です)
ハドーカート ゴーストバトル
利用条件 7歳以上、体重70㎏以下
利用料金 初回500円、2回目以降300円
初回のみパスポート利用可


ハドーワールドで楽しめるAR体験ゲームの1つです
AR体験機器を身に着け、本物のカートに乗り
プレイヤー同士が対戦します
ラグ2019初25
(上画像は、拡大表示可能です)
ハドーカート ゴーストバトルの
かっこいいバトルシーンは上画像ですが
ラグ2019初26
(上画像は、拡大表示可能です)
見知らぬ方々がプレイしていたのを
撮影した写真が上画像左で
見知らぬ方々がプレイしていた
映像のAR体験カートバトルを
撮影したのが上画像右です

カートを走らせ※火の玉に触れると
自分に付いて回るゴーストが他のプレイヤーを
攻撃してくれるそうです
ヒットしたら得点となり、制限時間内で
最も得点を稼いだプレイヤーが優勝となります
(※たぶん上画像右の黒矢印部分のモノ)
ラグ2019初27
(上画像は、拡大表示可能です)
ハドーシュート
利用条件 4歳以上
利用料金 初回500円、2回目以降300円
初回のみパスポート利用可


ハドーワールドで楽しめるAR体験ゲームの1つです
次々に出現するモンスターを
ハドーショットを撃ち退治するAR体験ゲームです
モンスターを退治して
最も得点を稼いだプレイヤーの優勝となります
ラグ2019初28
娘達は、ハドーシュートを遊びました

のりゅ&イチ君は、同時間
別のAR体験ゲームをプレイしていたので
娘達のプレイしていた場面と対戦結果を
見れなかったのですが
のちのち聞いた話だと、長女の方が
多くのモンスターを退治して得点を稼ぎ
優勝となったそうです
ラグ2019初29
(上画像は、拡大表示可能です)
ハドーモンスターバトル
利用条件 4歳以上
利用料金 初回500円、2回目以降300円
初回のみパスポート利用可


ハドーワールドで楽しめるAR体験ゲームの1つです
出現するモンスターをプレイヤー同士が
協力して退治するAR体験ゲームです
ゲームをクリアするには
モンスターの攻撃をしゃがんで
かわさねばなりませんし
出現するアイテムを取得して
攻撃能力を強化する必要があります

ゲーム、アニメ、ライトノベル
趣味が合いまくることから
大学時代に知り合って
20年以上の年月
仲良しのゴールデンコンビ
のりゅ&イチ君

ハドーモンスターバトルを遊びました


ゴールデンコンビは
ハドーモンスターバトルにて
ボスと相対して
見事撃破されました!


ハドーモンスターバトルを終えて
スタッフの方から聞いた講評によると
必殺技を確実に撃ててなかったことが
敗因だったそうです

のりゅは、必殺技を撃とうとして
発動しなかったことを何度も体験しました
しっかりと手を挙げて
振り下ろすモーションができてなくて
撃ちたい時に何度か
必殺技が発動しなかったみたいでした
ラグ2019初30
(上画像は、拡大表示可能です)
おまけな情報となりますが
フェスティバルマーケットには
キッズコーナー(上画像左)と
ゲームコーナー(上画像右)があります
ラグ2019初31
(上画像は、拡大表示可能です)
スペースインベーダーギガマックス
利用条件 0~2歳は保護者の同伴が必要
会場 アートシアター&フワラーラグーン付近
利用料金 1人1回500円
2回目以降は、1人1回300円で遊べる
初回のみパスポート利用可
備考 開催日は限定で夜間のみ
雨天の場合は開催休止となる


超巨大画面(建物の壁面)の
インベーダーゲームが楽しめます
最大10人同時対戦が可能
とのことです

利用料金は初回500円です
2回目以降は、300円で遊べます
ラグナシアのパスポートを持っていれば
1回だけ無料で遊べます


スペースインベーダーギガマックス開催会場は
アートシアター&フワラーラグーン付近
です
開催日は限定で夜間のみです
確実に遊びたい方は、ラグナシアへ
電話連絡して開催日を確認しましょう

開催予定の日でも
雨天の場合は開催休止となります

ラグ2019初32
(上画像は、拡大表示可能です)
ザコを撃破
ラグ2019初33
(上画像は、拡大表示可能です)
ボスを撃破、獲得したスコアで
プレイヤーの順位が決まります

ラグ2019初34
(上画像は、拡大表示可能です)
長女は、A席
次女は、B席

のりゅは、C席へ座りました
ラグ2019初35
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像黒枠部分を確認してください!
のりゅは、この回の
NO1のスコアを獲得しただけでなく
この日のNO1の
ハイスコアプレイヤーとして
表示されたのでありました!


まだ注目すべきことは
終わりではありません!

上画像赤枠部分を確認してください!
のりゅは、この週のNO1
ハイスコアプレイヤーとして
表示されたのでありました!!


いやぁ~~♪
少年時代入り浸っていた
ゲームセンターで
同じ常連客の方々から
「浜松のファミコンロッキー」
畏敬の目で見られていた過去が
懐かしい
ですね~☆




さて、ネタばらしをいたしますね

のりゅが、少年時代
近所のゲームセンターへ
通っていた過去があるのは本当です
でも、浜松のファミコンロッキーなどと
呼ばれていた過去はありません


のりゅ達が、ラグナシアへ
遊びに行った日は
スペースインベーダーギガマックスの
週の初日開催日であり
1番乗りプレイしたのは
のりゅ&娘達だったのでした~♪


といったところで、今回の回顧録終了です

ラグナシア
次回へ続きます☆
ハウス食品 静岡工場(2019年8月)を再見学
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1021弾は、静岡県袋井市にある
「ハウス食品 静岡工場(2019年8月)」です
ハウス2回目0
(上画像は、拡大表示可能です)
※2019年8月某日
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
静岡県袋井市にある
「ハウス食品 静岡工場」
工場見学してきました
(※上画像に写っている年月参照)

※ハウス食品 静岡工場は
2019年7月某日に
のりゅ&マイハニーの夫婦2名で
工場見学してきたばかり
でした
(※クリックにて、2019年7月某日に
ハウス食品 静岡工場を
夫婦2名で見学してきた回顧録へ飛びます)


1度見学した工場を
約1ヶ月後と短いスパンで
再見学してきた理由は
2019年7月某日に
ハウス食品 静岡工場を
工場見学して

マイハニーが感動したからでした
ハウス見学5
(上画像は、ハウス食品 静岡工場を
工場見学したのち頂けた土産が入っていた袋です
お土産の内容は、ブログなどでの掲載NGなのです)
工場見学者1人あたり
メーカー希望小売価格合計で
561円分(税別)の商品+記念品を
お土産としてもらえたことに

マイハニーは感動してました


感動したマイハニーは
娘達とも感動を共有したいと
考えた
のでしょう


マイハニーは
1回目(2019年7月某日)の
工場見学を終えて直ぐ
見学する人数を増やして
お土産を多く取得しようと

娘達を見学希望メンバーに加えた
2回目(2019年8月某日)の
工場見学の
申込手続したのでありました


ハウス食品 静岡工場
(↑工場見学申し込みページへ)

浜松浜北IC付近からの距離 26km(片道)

到着目安 35分

高速料金 410円(袋井IC降車の場合)
※2019年8月時点

駐車場 工場内にあり 無料

所在地 〒437-0043
静岡県袋井市新池524−1

電話 0538-43-5598

参加料金 無料

備考 見学には、Web上で事前予約が必要
工場見学開催日、開催時間は
公式HPにて確認してくださいませ


ハウス2回目1
ハウス食品 静岡工場は昭和57年に造られた
同社の5番目の工場だそうです
工場見学に参加しますと
レトルト食品の製造工程を見ることができます


参加料金&駐車料金は無料です
工場見学するには
Web上で事前予約が必要です
工場見学開催日、開催時間は
公式HPにて確認してくださいませ


ハウス食品 静岡工場の来客用駐車場へ
マイカーを駐車したんですが
大阪ナンバーの車があって驚きました
遠方から、ハウス食品 静岡工場へ
工場見学に来られる方も
いらっしゃったみたいですね

まずは、控室にて工場見学の
見所や注意事項を映像にて学びました

この時は、夏休み期間だったので
親子連れの参加者が多く
3グループに分かれて行動することになりました

控室→製造工場へと移動しました
ハウス2回目3
ハウス食品 静岡工場の敷地内では
上画像の無人で自動走行する運搬車を
見ることができます

無人の自動走行運搬車は
センサーで障害物などを感知しているそうで
人が前を通ると工場内を走行している
全ての運搬車が自動走行を
停止する仕様になっている
そうです

「相変わらずスゴイ技術だな~
でも、こんな短期間で
また見ることになるとわね~
」と
思いながら、のりゅは上画像を撮影しました


ちなみの話なんですが
この時の工場見学の申込手続をする前

のりゅは、マイハニーへ
「自分は留守番してるから
キミと娘達の3人で
行って来たら、どうかな?」と
提案しました


のりゅの提案は
マイハニーに即却下されました
 
お土産をもらえる数が減るから
呑んでもらえなかったんでしょうねぇ~

ハウス2回目4
ハウス食品 静岡工場の製造工場内は
写真・動画撮影禁止なので
画像掲載して内部の様子を
紹介することはできません

ハウス食品 静岡工場の製造工場へ入場すると
カレーの匂いが漂ってきます
そして、ほぼ全ての工程が
オートメーション化されている
レトルト食品製造工場を見ることができます
ハウス見学4-1
製造工場の見学が終わると控室に戻り
レモンウォーターをもらえました
そして、工場で作られたばかりの
トンガリコーンを試食できました

ハウス2回目5
工場見学の最後には
お土産を人数分もらえました


袋の中身は、その時によって異なるため
ブログなどで公開しないでほしいことを
案内してくれたスタッフの方より
伝えられたため画像掲載して紹介できません
なので、袋の中身は記述で紹介することにします

「ハウス食品さん、気前良すぎっ!」と
思えたくらいに袋の中には
ハウス食品の商品が入ってました
具体的には
※メーカー希望小売価格合計で
561円分(税別)の商品+記念品が
入ってました

(※控室で頂いたレモンウォーターは
金額に含めてません)

マイハ二ーは
家族合計2244円(税別)の
商品を取得できて
超感動できたようでした
再々見学へ
行くことになるかも~☆


といったところで、今回の回顧録終了です

ハウス食品 静岡工場
興味を惹かれましたら申し込みを済ませたのち
工場見学へGOしましょう!
越前松島水族館 展示・ふれあい後編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1020弾は、福井県坂井市にある
「越前松島水族館 展示・ふれあい後編」です
越前水3回1
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年8月某日
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
富山県、石川県、福井県と
北陸3県のスポットを巡る
旅行をしました


※旅行初日は、富山県魚津市のスポットを遊びました
(※クリックにて、富山県魚津市にあるスポットが
舞台の初回おでかけ記事へ飛びます)


※旅行2日目は、石川県能美市のスポットを遊びました
(※クリックにて、石川県能美市にあるスポットが
舞台の初回おでかけ記事へ飛びます)


そして、旅行3日目最初にして最後の目的地こそが
福井県坂井市にある今回記事の舞台
「越前松島水族館」でした

上画像のイルカ
エサをあげているような
トリックアートな写真が撮れる
記念撮影コーナーは
越前松島水族館内にありました


上画像に写っている
イルカ相手のエサやりを
疑似的に体験していた人物は
我が家の次女(小3)ですが

越前水3回1-1
(上画像は、拡大表示可能です)
越前松島水族館で
イルカ相手のエサやりを
実際に楽しんだのは
長女(小5)&のりゅ
でした

長女(小5)&のりゅが参加した
上画像のイベント
タッチ・ザ・ドルフィン

参加条件 小学4年生以上
先着順、1日1回開催、定員2名
参加料金1名1000円なので
次女(小3)は
参加できなかったのでありました


のりゅは、イルカと
触れ合えなかった次女から
「ねーねばっかりズルい!」と
不満を伝えられました

越前水3回2
(上画像は、拡大表示可能です)
なので、越前松島水族館へ遊びに行った日
館内にあった縁日コーナーで楽しめた
※玩具すくい(1回400円)
遊びたいとの
次女の希望を叶えてあげました

(※上画像赤枠部分に写っているのは
釣りゲームの料金ですが
玩具すくいも同じ料金で楽しめました)

越前水3回3
「くっくっく…
長女は、1回1000円の
イベントへ参加したのに
1回400円の遊びで
満足してしまうとは…
次女ちゃま、ちょろいぞ♪」

(↑上画像を撮影した時の40歳男性の心中)

嬉しそうな次女を撮影しながら
のりゅは、上記を考えて
ほくそ笑んでいました

越前水初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
越前松島水族館マップです

前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
「施設概要・アトラクション編」では
越前松島水族館の施設概要と
公式HPで「アトラクション」と分類されている
イベントを紹介、思い出を振り返りました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「展示・ふれあい前編」では
上画像マップに載っている番号1~20の
展示内容やイベントへ参加しなくても
触れ合うことができる生物を紹介
思い出を振り返りました

今回記事は、越前松島水族館が
舞台の回顧録の最終回
であり
「展示・ふれあい後編」です
上画像マップに載っている番号
21~32の展示内容や
イベントへ参加しなくても
触れ合うことができる生物を紹介

思い出を振り返ります

越前松島水族館
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 313km(片道)

到着目安 4時間15分

高速料金 7840円(最寄のIC降車の場合)
※2019年10月時点

駐車場 400台 無料

所在地 〒913-0065 
福井県坂井市三国町崎74-2-3

電話 0776-81-2700

定休日 年中無休

営業時間 9:00~17:30
※10月下旬~2月下旬の営業終了時間は、16:30
※GW、盆期間、夏休みの土日祝日は
ナイター営業日となり営業終了時間は、21:00

入場料 高校生以上2000円
小中学生1000円、3歳以上500円


越前水3回3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
越前松島水族館の入口付近にある
21 水族館事務所
スタッフの方が常駐している場所です

水族館事務所の側では
マッコウクジラの下顎骨歯が展示されてます

あと、越前松島水族館公式HPで
「特別体験プログラム」と分類されている
水族館の裏側を案内してもらえる
裏側探検ガイドツアー
水族館事務所で
申し込むことで参加できます


裏側探検ガイドツアー
対象 3歳~大人まで
小学生未満は保護者の同伴が必要
開催日 土日祝日限定(冬休み、春休みは毎日)
※夏休みなどの繁忙期は休止となる場合あり
開催時間 13:30~14:30(冬期は12:30~13:30)
定員 20名
参加方法 来館当日に水族館事務所で申込
参加料金 3歳以上500円

越前水3回4
22 おさかな館

1959年に建てられた
越前松島水族館がオープンした頃から
現存している施設とのことです
越前水3回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
さらに、おさかな館は
昔の水族館における展示水槽
「汽車窓式水槽」が現存している
国内でも珍しく貴重な施設とのことですが
越前水3回4-2
(上画像は、拡大表示可能です)
おさかな館内にある
クラゲや綺麗な魚を展示している
ラブリーフィッシュコーナー(上画像)
2012年に新設されました

傘の直径2m、重さ200㎏にもなる日本最大のくらげ
エチゼンクラゲ(上画像下左の標本)
巨大さに驚きました
越前水3回4-3
(上画像は、拡大表示可能です)
おさかな館を出て直ぐの場所には
クジラの標本が展示されてます
越前水3回5
(上画像は、拡大表示可能です)
おさかな館で、のりゅが
「おおおっ!こんなデカいイカは
初めて見たぞ!すげぇ!!」と
見入ってしまったのは
触腕を含めた全長は、6mを超える
世界最大級の無脊椎動物
ダイオウイカの標本でした
(↑おさかな館建物外で展示されてます)
越前水3回6
おさかな館で、のりゅが
「これって、スゴイの…?」と
考えながら注目していた時
たまたま近くに居たスタッフの方に
生物について解説していただけて
笑ってしまったのは
上画像の水槽前での出来事
でした
越前水3回7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の写っている
ゴマフエダイ
熱帯・亜熱帯海域に生息する魚で
福井県の海で捕獲されたのは
おそらく初めての記録
なんだそうです

スタッフの方「南の方の海では
普通に獲れる魚なんですけどね」


スタッフの方が締めに言われた言葉に
のりゅは、吹き出してしまいました
越前水3回10
(上画像は、拡大表示可能です)
23 かわうそ館

水族館の人気動物
コツメカワウソが飼育されています

あと、かわうそ館は
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)で紹介した
越前松島水族館で楽しめる
アトラクション(イベント)の1つ
カワウソのごはんタイムの開催会場でもあります
越前水3回11
(上画像は、拡大表示可能です)
24 ジュラチックアクアリウム

かわうそ館と同じ建物1階にあり
古代魚のシーラカンスのオブジェや
アロワナ、カブトガニなどの
何億年単位で、ほとんど姿を変えていない生物を
飼育しているコーナーです
越前水3回12
(上画像は、拡大表示可能です)
海の幸 タッチコーナーは、かわうそ館や
ジュラチックアクアリウムのある建物内の
ふれあいコーナーです
魚相手のエサやり(エサガチャ100円)や
触ったりして楽しめます
越前水3回13
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が遊びに行った日
海の幸 タッチコーナーでは
標本ではない生のリュウグウノツカイ
展示されていました

標本で良ければ、おさかな館でも
リュウグウノツカイは展示されています
越前水初回26
(上画像は、拡大表示可能です)
25 シアター館は、かわうそ館や
ジュラチックアクアリウムのある建物3階にあり
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)で紹介した
越前松島水族館で楽しめる
アトラクション(イベント)の1つ
3D立体シアターを鑑賞して楽しめる場所です
越前水3回14
26 アザラシプール

ゴマフアザラシが飼育されています

前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)で紹介した
越前松島水族館で楽しめる
アトラクション(イベント)の1つ
アザラシのふれあいタイムは
上画像黒矢印部分の場所で開催されます
越前水3回15
(上画像は、拡大表示可能です)
アザラシプールでは、ゴマフアザラシが
水面に顔を出していた姿と
水中を泳いでいた姿を見ることができました
越前水3回16
27 海洋館

今から約10年前の2009年夏にオープンした施設です
越前水3回17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、海洋館内水槽の1つ
エイ、サメ、約3000匹ものイワシが泳いでいる
海洋大水槽です
越前水3回18
(上画像は、拡大表示可能です)
海洋大水槽の上部へ行きますと
イワシ相手のエサやり(1カップ100円)を楽しめます
越前水3回19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、海洋館内水槽の1つ
さんごの海です

さんごの海は、越前松島水族館の
数ある水槽の中でも
おそらく1番有名だと思われます

越前水3回20
(上画像は、拡大表示可能です)
さんごの海の水槽上部は
透明ガラス張りで乗ることができ
上画像な写真を撮ることができます

越前水3回21
さらに、さんごの海の水槽上部は
壁面と天井が鏡となっているので
上画像な写真も撮れます

越前水3回22
(上画像は、拡大表示可能です)
マイハニーの
【イヤよイヤよも
好きのうちな写真】を
長女に撮ってもらいまして
一緒に写るブログ管理人は
人生のパートナーの反応を
楽しみました~♪

越前水3回23
(上画像は、拡大表示可能です)
28 フラミンゴ

フラミンゴが飼育されてます
越前水3回24
(上画像は、拡大表示可能です)
29 うみがめ館

アオウミガメへの
エサやり(1カップ100円)を
めっちゃ近い距離で楽しめます

越前水3回25
(上画像は、拡大表示可能です)
越前松島水族館は
様々な生物とのエサやりを
楽しめる水族館ですが
アオウミガメへのエサやりは
おそらく人気NO1だと思われます

越前水3回26
(上画像は、拡大表示可能です)
30 休憩所となってますが
のりゅ達が遊びに行った日は
様々な工作を楽しめる
わくわく体験ハウスに変わってました
季節によって変わるみたいです
越前水3回27
(上画像は、拡大表示可能です)
31 ドクターフィッシュ

水槽内へ手を入れると
ドクターフィッシュに舐められる
こそばゆい体験が楽しめます
越前水3回28
(上画像は、拡大表示可能です)
32 かめ・かえる館

カメ、カエルだけでなく
グリーンイグアナ(上画像下左)
ウーパールーパ―(上画像下右)
なんかも
飼育されています
越前水3回29
(上画像は、拡大表示可能です)
かめ・かえる館では、ケヅメリクガメへの
エサやり(1カップ100円)を楽しめますが
のりゅ達が足を運んだ時
エサをあげていた客はゼロでした

同じカメである
アオウミガメへのエサやりとの
人気の差を、すごく実感しました

越前水3回30
(上画像は、拡大表示可能です)
「このカエルが、今流行りの
タピオカジュースの
材料なんだってさぁ~」


かめ・かえる館で飼育されている
マルメタピオカガエルを見て
のりゅは、娘達相手に
上記の虚言を吐いてみました


次女「私、絶対に
タピオカジュース飲まない!」


長女「次女、パパの言ってること
ウソだからね!
タピオカって、おイモだから

パパの言うことなんて
信じちゃダメでしょ!!


まだまだ純真な心が残っている次女は
のりゅの虚言を信じちゃいましたが
タピオカのことを知ってやがった
長女には、ソッコー虚言であることを
見抜かれました

この時の長女の
発言から察するに
たとえ、タピオカのことを
知らなかったとしても
のりゅの吐いた虚言は
信じてもらえなかったと
思われます


といったところで、今回の回顧録終了
越前松島水族館が舞台の回顧録も終了です

越前松島水族館
興味を惹かれましたら来館してみてね☆
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.