こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
新城総合公園 子供広場、子供の森、展望台へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第171弾は、愛知県新城市にある「新城総合公園」の
「子供広場」「子供の森」「展望台」となります
183-1.jpg
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
「新城総合公園」「わんぱく広場」の遊具を
設定された3つのルートを無視して、長女の望む順番にて
遊具全てを体験しながら
頂上の「二の丸」を攻略した様子を記事としました

わんぱく広場を楽しんだ後は
新城総合公園内にある残りの遊び場
183-2.jpg
(拡大表示可能)
「子供広場」「子供の森」「展望台」へ行ってみることにしました
(それぞれ、赤枠部分)

しかし、単純に行くと決めても、うちのおでかけには
抱っこ要求魔の次女(この時体重19キロ)がいる限り
常に、時限式爆弾を抱えている問題が
つきまといますゆえ
それなりに、考えて行動しなければなりません

車は、わんぱく広場からほど近い「東第1駐車場」へ止めました
わんぱく広場(黒枠部分)から近いのは
子供の森、展望台ですけれど
近いほうから行って、遠方の子供広場を終えた時点で
次女が爆発、帰りの行程全てを抱えて歩くよりは
先に遠くの子供広場を行っておいて
「抱っこしたら、この公園の楽しい遊び場、行かないで
帰っちゃうよぉ~」とか言い聞かせながら
次女の爆発までの導火線を騙し、騙し、伸ばしつつ
まぁ、よしんば、子供の森あたりで限界
爆発しても駐車場までは、近いから良しとしよう!

との計画を瞬時に、立案いたしました



次女と幾度も、おでかけした経験が
可能にした自分だけの技…

とも言えるかもしれませんね

新城総合公園(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 42キロ(片道)

高速料金 620円(浜松いなさICで降りた場合)
※2015年6月現在

到着目安 60分

駐車場 554台 ※閉門時間あり
(3〜10月)午前7時〜午後7時
(11〜2月)午前7時〜午後6時

所在地 〒441-1312 愛知県新城市浅谷字ヒヨイタ40

電話 0536-25-1144

定休日 スポーツ施設は、定休日あり

料金 スポーツ施設は有料


183-3-1.jpg
新城総合公園は、名古屋ドーム約9個分の敷地持つ広大な公園
移動は、それなりに大変なゆえ
途中、途中、休憩をはさみつつ、子供広場を目指しました
183-3-2.jpg
休憩をした東屋に、このような張り紙がありました
この日、春休みシーズンの平日だったので
遊具の貸し出しはありませんでしたが
土、日、祝日は「芝生広場」において
遊具の貸し出し(9:30~16:00)があるようです
183-3-3.jpg
子供広場へ到着

上の写真は、マイファザーと来園した
2回目の新城総合公園訪問時のモノ
この子供広場にて、3世代シーソーを興じました
(後ろには、スプリング遊具もありますね)
183-3-4.jpg
新城総合公園の凄いところは、この子供広場だけで
そんじょそこらの公園以上の遊具があるところ

上のコンビ遊具に
183-3-5.jpg
さらに、コンビ遊具がもう1基
183-3-6.jpg
長女の乗っている遊具に
その後ろには、ジャングルジム、鉄棒
183-3-7.jpg
娘たちに催促されて
のりゅが、長い足(身長169センチ、座高90センチ以上)を
使用して、補助したシーソー
ブランコもございます

ここで、しばらく遊んだ後、子供の森、展望台方面へ向かう途中
183-9-1.jpg
次女が、爆発いたしました

「抱っこしてもいいけど、そのまま帰っちゃうけどいいの?」
と言い聞かせても、次女からは、泣きながらの
「抱っこ!抱っこ!抱っこ~!!」しか返答がありませんでした

この時点で、爆発したのも計算外なら
言い聞かせが全く通用しなかったのも計算外です
世の中計画どおりには、いきませんよねぇ~

ちなみに、長女が何をしているのかと言いますと
ただ抱っこするのも悔しいので
泣いている姿を写真撮影してやろう…と実行したところ
「ダメ~、可哀そうでしょ!」と手をぶんぶんしながら
かばっている光景です
優しいと言えば、優しい行動でしょうけど
自分の体全体を使って、次女の泣いている様を隠すならともかく
腕をぶんぶん振ったところで、カメラが撮影するのは
静止した光景なんだから、ほぼ意味がありませんよね
183-9-2.jpg
抱っこしている様子を長女に撮ってもらいました

「可哀そう」言いながら、かばっていたのに
抱っこされている光景を撮るのは
長女的に、アリなんですね
183-9-4.jpg
子供の森へ到着

長女の乗る動物のオブジェや
183-9-5.jpg
上写真、裸足で駆け回りながら遊べる砂場があります
砂場 次女復活
ついでに、遊び場があれば
復活するのもお約束(赤枠部分の次女)
183-9-6.jpg
赤枠部分あたりから遊ぶ娘たちを撮影しようと
移動したところ、足を滑らせて落ちました

長女「パパ、滑って遊んだの?」

長女に、問いかけられまして

「まあね(フッ…)」

非常に痛かったのですが
髪をふぁさ~とやるような仕草にて
クールに、返答しなきゃならなかった一幕がありました

おまけに、この時、背中のリュックがダメージを受けていたようで
全く気が付かないで、自宅へ帰還
嫁に怒られる展開もありましたが
まぁ、帰ってからのお話でございました
展望台 新城
展望台へも立ち寄ってみましたが
この日、立ち寄った時間帯、開いておらず
上へ行くことがかないませんでした
183-11-2.jpg
2回目の新城総合公園来園時
マイファザー+娘たちで、撮影した展望台最上部の様子です

展望台は、無料で登れますので
新城総合公園へ来園した際は、ぜひ行ってみて下さい

といったところで、今回の回顧録終了です

新城総合公園
城攻めをテーマとした遊具が多数ある、わんぱく広場
普通の公園以上の遊具のある子供広場
駆け回って遊べる巨大な砂場のある子供の森
無料の展望台もあります
オススメの公園なので、ぜひ来園してみて下さい☆

おまけ

183-17.jpg
わんぱく広場、管理棟付近に
バッテリカーを乗れるスペースがあって
「バッテリカーに乗るか?自販機のジュースを飲むか?」
の選択肢を与えたところ
娘たちは、バッテリカーを選びました
スポンサーサイト
新城総合公園 わんぱく広場へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第170弾は、愛知県新城市にある「新城総合公園」の
「わんぱく広場」となります
182-1.jpg
「新城総合公園」へやってきたのは、2015年4月始めの事でした
娘たちが「忍者公園」と勝手に名づけて親しんでいる
この公園へ来園したのは、この時が3回目
過去の2回の訪問時は、ロクなブログ掲載用の写真がなく
もう1回行く必要があるな~なんて考えていました
そんなこんなで、春休みシーズンとなり
娘たちと休日が重なったこともあり
新城総合公園へ向かうことを決意
オススメの公園だったので、一応、嫁も誘ってみましたところ

嫁「公園なんて、興味もないし
山道で、車酔いするとわかってて
行くわけねーだろ!」

超不機嫌になりました



聞いた自分が、バカでしたね

参加しなかった嫁のことは、さておいて
新城総合公園は、名古屋ドーム約9個分の敷地持つ広大な公園
公園内には、テニスコート、野球場、陸上競技場、弓道場、展望台
散策コースなどがあり、我が家のお目当て、遊具も豊富な公園です

浜北区から新城総合公園へ行く問題として
引佐の山奥を抜けて、新城市へ向かう必要があり(それが1番近い)
終始山道のため、アップダウンに
カーブやぐねぐねした道が多く、車酔いしやすい人は
まず間違いなく酔うと思われます
しかし、終始山道にも利点もあって、新城総合公園までの道程は
信号機が少なく、40キロちょい(浜松浜北IC付近から)の距離も
1時間程度で到着できるのですよ

そして、娘たちの後ろは、新城総合公園内のメインエリア
「わんぱく広場」です
「城攻め」をテーマにした一風変わったアスレチック遊具が
9つのブロックで分かれて、多数点在しており
それらを攻略しながら頂上の「二の丸」を目指すという
大いに遊び心を刺激してくれる内容となっています

新城総合公園(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 42キロ(片道)

高速料金 620円(浜松いなさICで降りた場合)
※2015年6月現在

到着目安 60分

駐車場 554台 ※閉門時間あり
(3〜10月)午前7時〜午後7時
(11〜2月)午前7時〜午後6時

所在地 〒441-1312 愛知県新城市浅谷字ヒヨイタ40

電話 0536-25-1144

定休日 スポーツ施設は、定休日あり

料金 スポーツ施設は有料


182-2.jpg
赤枠部分が、わんぱく広場の総合案内看板
182-3.jpg
(拡大表示可能)
182-3-0.jpg
(拡大表示可能)
城攻めは、3つのルートが設定されており
急斜面を登って素早く攻めるなら「忍びルート」
真ん中を通って堂々と攻めるなら「将軍ルート」
ひとつひとつじっくり攻めるなら「武将ルート」

のりゅの実力、貫禄
正々堂々たる信念
から
将軍ルート以外ありえないと思いましたが
長女のこだわりのせいで、どのルートからもはずれました
(後述いたしますね☆)
182-3-1.jpg
城攻めのスタート場所「里」
182-3-2.jpg
看板前で、娘たちとミーティング
どのルートで、行くのか話合いました

まぁ、ミーティングと言ったものの
次女は、よくわかっていないし
のりゅも絶対譲れないほど、将軍ルートに
こだわっていたわけではなかったので、長女の意見を採用
「忍者ルートで行く~」と宣言した長女でしたが

長女「全部遊んでからでないと
次に、行かないからね!
わかったね!?パパ!!」


との宣言と念押しをされました

よって、赤枠部分、2基の滑り台をスライドを長女が終えるまで
待ちの展開となりました
182-5.jpg
忍びルート「斜面城遊具」
182-6.jpg
長女は、攻略開始(赤枠部分)
182-8.jpg
182-9.jpg
続く、土管タイプの遊具をクリアした後
182-13.jpg
武将ルート「城下町遊具」



忍びルートじゃありませんよね
忍びルートに沿って「城門遊具」へ向かおうとしたところ

長女「あっちに
やってない遊具がある!」


長女が抗議してきたので
忍びルートをはずれた後、斜面を降りて戻りました
あくまで、長女の希望であり、こだわりです
182-14.jpg
続いて、武将ルート「出城遊具」
長女は、看板(ひらがなで書かれている)しっかり読み
遊び方を確認していました(赤枠部分)

ゲームとかで、説明書を読まずに
とりあえずやってみる自分とは、違うなぁ~と思いました
182-15.jpg
182-16.jpg
出城遊具を攻略
182-17.jpg
続く、武将ルート「隠れ里」「合戦城遊具」では
くるくる回る足軽のパネルに、長女は、背中合わせになり
1枚、1枚丁寧に回転
182-18.jpg
アスレチック遊具を漏らさずクリア
182-18-1.jpg
武将ルート「防護柵崩し」でも
長女は、遊び方の看板をしっかりと確認(赤枠部分)
182-18-2.jpg
防護柵崩し、攻略開始(赤枠部分、長女)
182-19.jpg
攻略しても、隣に滑り台があったからとスライド
(画像は、姉を追いかけた次女です)
182-20.jpg
長女は、クリアした防護柵崩しを再攻略してました(赤枠部分)
182-21.jpg
ようやく、3つのルート合流地点「城門遊具」へ到着
182-22.jpg
城門遊具をクリア
182-23.jpg
このあたりは「城郭遊具」になるそうです

ぐらぐら揺れる「ウェイブデッキ」にて
長女の城攻め攻略難易度を上げてやろうとの親切心から
先行して、揺すってあげましたが
力一杯、実行しても、たいして揺れなかったので残念
182-24.jpg
182-25.jpg
娘たちは、城郭遊具を次々に攻略
(次女は、飛ばし、飛ばしですけど…)
182-26.jpg
「二の丸」へ到着

城攻め遊具、全てやりきっての
ロングローラースライダーは、さぞ気持ちよかったのでしょうね
長女、次女ともに、何回もトライしていました
182-27.jpg
ここまで、のりゅの姿を写した写真がなく
城郭遊具のウェイブデッキ以外、のりゅも遊んでいる証明を
皆様にお届けすることができませんが(ちゃんと遊んでますよん♪)
城攻めクリア、1番乗り
最初に、二の丸到達する役は
娘たちに、譲っておりません☆

(最後、ダッシュして「いっちば~ん♪」でございます)

といったところで、今回の回顧録終了です

新城総合公園、次回へ続きます☆
(こちらをクリックで、次回へGO)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.