FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
蓬莱橋を踏破
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第221弾は、静岡県島田市にある「蓬莱橋」です
239-1.jpg
239-2.jpg
前回記事(クリックにて、前回記事へ)「野守公園」の後
同じ島田市内にあり、以前から機会があれば
行きたいと考えていた「蓬莱橋」の存在を思い出し
「※おでかけ仲間」のマー君、鋼鉄君に
訪問を提案いたしました
(※クリックにて、おでかけ仲間のプロフィール記事へ)
そして、2人からも反対意見があがらなかったので訪問決定
大井川沿いに南下、蓬莱橋へと到着いたしました
239-3.jpg
(拡大表示可能)
蓬莱橋周辺の散策コース
239-4.jpg
(拡大表示可能)
蓬莱橋の歴史、その他です

重要なのは「ギネス認定」
「世界一長い木造歩道橋」であること

ギネスブックに載っている橋を
乗り渡った経験のあるということは
自分もギネス認定されたも同然…


なんて大それたことは、考えていませんでしたけれど
職場や友人間のちょっとした話題で使えそうですよね
以前から興味がありました

興味があって、訪問したまでは良かったのですが
239-5.jpg
もう16:00近かったので
次女は、蓬莱橋行きの車内で寝てしまい
上写真のように、ぐでんぐでん状態…
中年太りの腹
自転車通勤にて、鍛え抜かれた腹筋に
まとわりつかれてました
239-6.jpg
20キロを抱えながら
蓬莱橋、897.4メートルを渡ることになりました
ちなみに、蓬莱橋の距離、897.4メートルという数字は
「やくなし」→「厄無し」の語呂合わせで
縁起のいい橋として人気があるそうです



のりゅのこの状態は「厄」じゃないんでしょうかね?

蓬莱橋(島田市HP内ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離(片道) 42キロ

高速料金  930円
※島田金谷ICで降りた場合

到着時間目安 50分

駐車場 56台

所在地 〒427-0017 静岡県島田市南2−22−14

電話 0547-37-1241

定休日 無休

通行料 大人100円、小学生以下10円、自転車100円
料金所は、8:30~17:00
時間外は料金箱へ通行料投入し通行可

セット訪問候補
島田市中央公園(紹介記事へ) 4キロ 10分
島田市 こども館(紹介記事へ) 1.5キロ 5分


239-7.jpg
「橋を渡るだけなんて、つまんない!」と文句を言われると
思いきや、我が家の長女は、気分良く渡っていました
239-8.jpg
パパは、ひぃふぅ、ひぃふぅ、渡っていました
239-9.jpg
「ど真ん中」と橋、直に書かれた表示をマー君が発見
「直に書かれているぜー!」なんて声を掛けられましたけれど
のりゅには、そんな余裕ありませんでした
239-10.jpg
ブログ用写真は、マー君と
我が家のカメラを預けた鋼鉄君が撮影してくれていました

2人は、長女の様子だったり
のりゅの抱っこしている状態(前から)だったり
抱っこしている次女の様子を撮影してくれており
この時、次女が起きていることに気づいていたなら
のりゅに、言ってくれても良かったのに…
(面白かったから放置していたのだと思いますけれど)
次女の目元を隠していますから
イマイチわかりにくいかと思いますが
この時の次女、実は起きていたようで
背後のマー君を次女が、にやにや見つめている写真を
帰宅後、彼から頂きました

この後、次女は、起きていることを長女に見つかり
「あー!次女、起きてるー!」と指摘され
239-11.jpg
「向こうまで、競争ねー!」という
姉の提案を受け、次女は、全力ダッシュ
239-12.jpg
序盤~中盤にかけての苦労はなんだったの?と思えるくらい
あっさり対岸へ到着
239-13.jpg
帰りの道程を見て
「絶対、抱っこしねぇ!」との決意を
自分自身に誓いました
239-13-1.jpg
(拡大表示可能)
蓬莱の意味について
「蓬莱思想」「愛和長寿」だそうです
239-14.jpg
縁起の良い…ということを強調したいためか
蓬莱橋の対岸には「七福神」やカメの置物といった縁起物が
設置されていました
239-15.jpg
239-16.jpg
対岸、ちょっとした高台から見える蓬莱橋
239-17.jpg
愛和の鐘、長寿の鐘というモノがあったので
愛和の鐘から行ってみることに
239-18.jpg
鋼鉄君に抱っこされ、長女は鐘を乱打
239-19.jpg
次女も鋼鉄君に、抱っこされ鐘を乱打

鋼鉄君、この時、明らかに※長女より重そうで
(※事実、2.5キロばかり重いんですけどね)
のりゅの写撮影にあたり
表情を写させないためか?顔をそらしてました
紳士ですよね~♪
239-20.jpg
(拡大表示可能)
愛和の鐘から長寿の鐘へ移動する途中
愛和の鐘、解説表示を発見
239-21.jpg
(拡大表示可能)
解説表示その②
赤枠部分を見て
乱打しちゃダメじゃん!
239-22.jpg
このままだと我が家に災厄が訪れかねないゆえ
のりゅが改めて、解説表示通り、鐘を鳴らせておきました
239-23.jpg
(拡大表示可能)
長寿の鐘、解説表示
239-24.jpg
今度は、解説表示通りに鳴らすよう、娘たちに指示
239-26.jpg
対岸の散策も終えたので
蓬莱橋を引き返すこととなりました

といったところで、今回の回顧録終了です

蓬莱橋
ギネス認定、世界一長いの木造歩道橋です
興味を惹かれましたら
ぜひ、訪問されてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト



コメント
コメント
のりゅさん、こんにちは(´∀`)

次女さんの抱っこ、お疲れ様です。
蓬莱橋、いいですね!
キレイに晴れ渡っていて、景色も最高ですね。
これなら橋から富士山が見えたでしょうか?
浜松の実家への行き帰りに寄ったことがありますが、
なかなか富士山は見れません。
ブログを拝見して、キレイに晴れ渡っている日を狙ってまた
行ってみたくなりました!
2015/09/19(土) 11:17:56 | URL | はなみづき #- [ 編集 ]
蓬莱橋は…
コメントありがとうございます
はなみづきさん
次女の抱っこは、行きの行程半分程度で済んだので
まだ良かったです
行きも帰りも全部抱っこだったら
蓬莱橋での思い出が全て苦いモノになるところでした
ちなみに、富士山が見えることは
はなみづきさんのコメントを
読むまで知りませんでした
もしかしたら見えたのかも…

それと、さすがに有名な観光名所だけあって
はなみづきさんも訪問済みでしたか…
蓬莱橋だったり、塩郷の吊り橋あたりは
うちよりも
はなみづきさんのブログの記事で紹介される方が
なんというか…
圧倒的に合っていますよね
2015/09/20(日) 09:37:56 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.