こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
よみうりランド グッジョバ!!エリア編②
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第677弾は、東京都稲城市にある遊園地
「よみうりランド」の「グッジョバ!!エリア編②」です
グッジョバ中1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、今回記事の舞台となる遊園地
「よみうりランド」の6つあるエリアの1つ
「グッジョバ!!エリア」
そのエリア内に、4つある屋内施設の1つ
「カーファクトリー」に設置されている
約4mの全自動変形ロボ「CIRA(サイラ)」です
変形アクションは、30分に1回実施されています
カーファクトリーへ来館の際には
ぜひ観覧してみてくださいませ

2017年11月初旬
のりゅと娘達、マイハニーの家族4名は
東京都内でも都心から外れた立地にあるスポットを巡る
家族旅行をしました

旅行初日にして、最初の目的地は
東京都稲城市にある遊園地にして今回記事の舞台
よみうりランドでした
よみうり初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
よみうりランドマップです

回顧録第675弾(クリックにて、第675弾へ)
「施設概要・太陽の広場編」では、よみうりランドの
施設概要と6つあるエリアの1つ「太陽の広場」にある
アトラクションを紹介、思い出を振り返りました

回顧録第676弾(クリックにて、第676弾へ)
「グッジョバ!!エリア編①」では、同施設6つあるエリアの1つ
グッジョバ!!エリアで体験・遊べる
アトラクション15機種中4機種と
ワークショップ4種類中2種類を紹介
思い出を振り返りました

今回記事の副題は「グッジョバ!!エリア②」です
グッジョバ!!エリアで体験・遊べる
アトラクション15機種中5機種と
ワークショップ4種類中1種類を紹介

思い出を振り返ります

よみうりランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 221キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 5120円(東名川崎IC降車の場合)
※2017年11月時点

駐車場 普通車1日1500円 
※利用可能時間 7:30~22:00

所在地 〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1

電話 044-966-1111

定休日 不定休

営業時間 季節によって異なる

入場料 3歳~小学生1000円
中高生1500円、大人1800円、65歳以上800円

ナイト入園料(16時から) 小学生300円
中高生600円、大人1400円、65歳以上600円
※幼稚園児以下は無料

ワンデーパス(入園+乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ひよこパス(入園+お子様向けアトラクション乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ナイトパス(16時から販売、入園+乗り放題)
3歳~小学生 中高生1600円、大人2400円
65歳以上1600円
※大観覧車、閉園時間前に営業終了する
アトラクションには利用不可


よみうり初回3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
グッジョバ!!エリアのマップです

グッジョバ!!エリアは、2016年3月18日にオープンの
よみうりランド新エリアです
エリアの総工費は、100億円!
オープン当初は、テレビ等でよく取り上げられてましたね

自動車、食品、ファッション、文具の4業種における
モノづくりをテーマとした
アトラクション15機種で遊んだり
4種類のワークショップに参加することができます
15機種のアトラクションの中には
日本初のモノが4機種ある
とのことです

それでは、グッジョバ!!エリア編②の
回顧録本文ということで
アトラクション15機種中5機種と
ワークション4種類中1種類を紹介

思い出を振り返ります
グッジョバ中2
カスタムガレージ
利用条件 身長110cm以上
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回900円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用可


グッジョバ!!エリアが、オープン当初
テレビ等で特集された時、カスタムガレージは
目玉アトラクションの1つとして紹介されていました
だから、ミーハーなマイハニー
熱烈体験したかったアトラクションの1つでした
グッジョバ中3
(上画像は、拡大表示可能です)
カスタムガレージは、制限時間80秒以内
棚に置かれたパーツを選択、工具を使用して取り付け
自分好みの車に仕上げるアトラクションです
グッジョバ中4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像が、母娘3名の共作車両です
母娘3名が、一生懸命工作している間
のりゅは、写真撮影係に徹していました

上画像右、BOSS(マイハニー)から
※「残り時間も写真撮影しておきなさい!」
と命じられました
(※上画像右、赤枠&赤矢印参照)
グッジョバ中4-2
上画像は、残り31秒となってますが
BOSSに命じられてから撮影するまで
若干のタイムラグがあったので
たぶん35~40秒くらいは制限時間を
残しての完成だったと思われます
グッジョバ中5
車を仕上げたあとは、試験走行となります
試験走行コースは
きついカーブや急坂がありますが

自動運転なので
子供が運転席でも大丈夫
です
グッジョバ中5-1
運転席の長女は超真剣!
スーパードライビングテクニックで
自分が運転していると
思い込んでいるようでした!
傍から見ていて面白かったです♪

グッジョバ中6
(上画像は、拡大表示可能です)
我が家のカスタムガレージ結果(評価)です

マイハニー「組み立ては完璧♪
長女ちゃんの運転も完璧だったわよ!」


長女「ママが教えてくれたからね」

カスタムガレージの結果を見て
母娘はお互いを褒め称えあっていました

「運転は評価項目にないぞ!」

のりゅは、ツッコミたくなりました

しかし、前回記事(クリックにて、前回記事へ)でも
書いたことですが、この時の旅行費用は
生活費として計上することになっていました
マイハニーの機嫌を損なえば
「費用負担を求められるかもしれん…」と
懸念
しました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)から換算して
4たび発言による損失を考慮した結果
のりゅは、沈黙を選択しました

言いたい事も言えない
こんな状況じゃ POISON~♪
俺は俺をだましながら
生きてゆく OH OH~♪

グッジョバ中7
ともあれ、カスタムガレージの
アトラクション内容&結果(評価)に大満足
大いに楽しんだ母娘3名でした
グッジョバ中8
スピンドライブ
利用条件 3歳以上
身長90cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
ワンデーパス&ひよこパス利用可
雨天利用不可


コーナーに突入する時にライドは加速
赤矢印のように急な感じで曲がります

スピンドライブと同様のアトラクションは
これまでおでかけしたきた遊園地で
数回遊んだことがあります
その中で、この時、思い出したのは
群馬県前橋市にある日本一の激安遊園地
「るなぱあく(紹介記事へ)」くるくるサーキットでした

「日本一懐かしい遊園地」を自ら謳う
るなぱあくのくるくるサーキットは
昭和の時代から
稼動しているっぽいアトラクション
です
最先端の遊園地と書いても過言ではない
グッジョバ!!エリアのスピンドライブ…
2つのアトラクションの内容が
ほぼ一緒ということに想いを馳せ
のりゅは、感慨に耽ったのでした

グッジョバ中9
ev-グランプリ
利用条件 運転席は、10歳以上
身長130cm~190cm未満
助手席は、3歳以上、身長90cm~190cm未満
(助手席が5歳未満の場合は、中学生以上が運転)
利用料金 1台1000円
各種パス利用不可
雨天利用不可


全長約1100mのロングコース!
最大高低差16mのアップダウン!
コースの決められたポイントを通過すると
得点が加算されるゲーム機能あり!
電気で走る次世代のゴーカート!
ソレが、ev-グランプリなのです!!

グッジョバ中10
しかも、首都圏最大級のイルミネーション
ジュエルミネーションの開催期間は
上画像のような感じで
ev-グランプリのコースが
ライトアップされてます

「乗る」以外の選択肢なんてありえない!
と書いても過言ではないでしょう!!


各種パス利用不可
別途有料(1台1000円)
なので
のりゅ達は、スルーしました…
グッジョバ中11
SKYパト
利用条件 運転席は、身長130cm以上
6歳未満は、保護者の同伴が必要
助手席は、2歳以上(2歳は無料)
利用料金 1人1回600円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用不可


基本的なアトラクション内容は
遊園地の定番、サイクルモノレールです
グッジョバ中12
(上画像は、拡大表示可能です)
SKYパトのコースの大部分が屋外ですが
カーファクトリー建屋内を通過する場面があります
グッジョバ中13
(上画像は、拡大表示可能です)
SKYパトのアトラクション内容で
そこらの遊園地のサイクルモノレールと違う点は
モニター映像によるミニゲーム&
サウンド(ALSOK体操)付だということ
です

ミニゲーム内容は、モニターに映る泥棒を
逃げる速度に合わせて足元のペダルを漕ぎロックオン
捕まえることで、得点が加算されていくみたいです

モニターが見づらくって
ミニゲームは完全無視
適当に漕いでフィニッシュ
したのですが
結果(評価)は「ヒーロー」(上画像右)でした
持ってる漢は違いますね~♪
グッジョバ中14
マイレーシング
利用条件 運転席は、身長110cm以上
助手席は、身長90cm以上
利用料金 1人1回500円 
ワンデーパス利用可
雨天利用可


日本初となるアトラクション4機種の内の1つです
※ドリームマッチ!が実現しました
(※のりゅ家4名の対決)
グッジョバ中15
(上画像は、拡大表示可能です)
マイレーシングは、まずタッチパネル操作で
※マイカートをデザインします
(※スピード・曲がりやすさ・安定性といった
カート性能が変化するデザインと
装飾以上の意味のないデザインがあります)
グッジョバ中16
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、作ったマイカートを使って
家族・友人・恋人同士等、レース対決ができるのです
操作方法は、ゲームセンターにある
レーシングゲームと同じです
グッジョバ中17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
各マイカート名は

長女→「長女ごう」(上画像左)
次女→「次女みみ♡」(上画像真ん中)
のりゅ→「のりゅごう」(上画像右)
マイハニー→「さな♪」
でした
グッジョバ中18-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ドリームマッチ!初回結果です

のりゅが1着なのと操作方法を
イマイチ理解していなかった次女が最下位なのは
まぁ順当な結果でしょう
でも、マイハニーは、コンピュータードライバーと
長女に敗北しました!!

マ・イ・ハ・ニ・ィ・
ザ・コ・す・ぎ・る・♪

グッジョバ中19
マイハニー「もう1回やりましょ!」

「もう2度とやらないから
キミは、一生僕に勝てないのさ!」と宣言
いつもなら勝ち逃げするところ
です
しかし、マイハニーの機嫌を損なえば
旅行費用を生活費計上する話を撤回され
負担するように求められるかもしれませんね
のりゅは、応じてあげました
グッジョバ中20
次女に「パパ、一緒にやって」と頼まれたので
ドリームマッチ!2回目は、のりゅ&次女コンビ
マイハニー、長女の対決となりました

各マイカート名(2回目)は

のりゅ&次女→「かっこいいきき」
マイハニー→「さな☆」
長女→「かみなりごう」
でした

負けた時は、次女が
デザインしたカートのせいにして
「僕が負けたわけではない!
次女が負けたのだ!!」と主張しようと
目論んでいました

グッジョバ中21
(上画像は、拡大表示可能です)
ドリームマッチ!2回目結果です

のりゅ&次女が1着なのは順当だとして
マイハニーは、長女と
0.04秒差の接戦の末
かろうじて勝利
しました
リベンジに燃えて
この程度って…


マ・イ・ハ・ニ・ィ・
ザ・コ・す・ぎ・る・♪


のりゅ(対マイハニー)の
常勝神話
継続中です☆

今回記事にて紹介する
グッジョバ!!エリアのアトラクションは以上ですが
カスタムガレージ、マイレーシングの設置されている
屋内施設カーファクトリーには
グッジョバ中22
ワークショップスペース「ドライビングラボ」があります
グッジョバ中24
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が、遊びに行った時に開催されていた
※ワークショップです
(※ワークショップ4種類中1種類)

カーファクトリーで開催されるワークショップは
自動車関連の工作です
利用条件、利用料金、受付時間は
メニューによって異なるみたいです

のりゅ達は、スルーしちゃいましたけれど
興味を惹かれた方は、公式HPにて情報を確認したのち
よみうりランドへ遊びに行ってくださいませ

といったところで、今回の回顧録終了です

よみうりランド
「グッジョバ!!エリア編③」へ続きます☆
よみうりランド グッジョバ!!エリア編①
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第676弾は、東京都稲城市にある遊園地
「よみうりランド」の「グッジョバ!!エリア編①」です
グッジョバ前1
(上画像は、拡大表示可能です)
2017年11月初旬
のりゅと娘達、マイハニーの家族4名は
東京都内でも都心から外れた立地にあるスポットを巡る
家族旅行をしました

旅行初日にして、最初の目的地は
東京都稲城市にある遊園地にして今回記事の舞台
「よみうりランド」でした
よみうり初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
よみうりランドマップです

回顧録第675弾(クリックにて、第675弾へ)
「施設概要・太陽の広場編」では、よみうりランドの
施設概要と6つあるエリアの1つ「太陽の広場」にある
アトラクションを紹介、思い出を振り返りました

今回記事の副題は「グッジョバ!!エリア編①」です
2016年3月18日にオープンの新エリア
「グッジョバ!!エリア」
そこに設置されている
15機種のアトラクションの内4機種
4種類のワークショップの内2つを紹介

思い出を振り返ります
グッジョバ前2
グッジョバ!!エリアは、よみうりランド内でも人気エリアです
すごく混雑することを下調べして把握していました
よって、入園と同時にスタートダッシュをかけ
グッジョバ!!エリア全15機種ある中でも
特に人気があって順番待ちの行列が
発生すると予想されるアトラクションへ行き
「待ち時間ゼロで、ソレを体験しよう!」と計画しました

グッジョバ!!エリアは
上画像の臨時入園口
「オーロラゲート」から入園すると
最短で辿り着くことができます

グッジョバ前3
ただし、オーロラゲートは
あくまで臨時入園口なので
混雑する日でないと開門しません


よみうりランドへ※朝早く到着
(※朝7時頃、この日の営業開始10時~)
のりゅ達が遊びに行った日
オーロラゲートが開かないことを
スタッフの方から聞きました
仕方ないので、正門「スカイゲート」へ※1番乗りしました
(※上画像赤枠部分に、3DSしながら順番待ちの娘達)

上画像のチケット窓口は
営業開始1時間前くらいの様子なので
まったく混雑していませんね
しかし、営業開始15分前になれば
かなりの順番待ちの行列が発生してました
チケットを購入してからスカイゲートに並ぶのでは
グッジョバ!!エリアへ素早く辿り着くことができません

その対策として、セブンイレブンで
※前売り券(ワンデーパス)を購入しました
(※購入日から1ヶ月間有効、ゲートに並んでいれば
ワンデーパスのリストバンドを発行してくれます
そして、現地チケット窓口で購入するより
少々安い値段で買えちゃうのでお得です)


オーロラゲートを利用できないという
ちょっとした想定外の出来事はありましたけれど
よみうりランドへほぼ1番乗りでの入園を果たしました

のりゅを先頭にスタートダッシュ!
娘達もあとに続き、この日1番乗りで
グッジョバ!!エリアへ辿り着くことに成功!
のりゅは、スカイゲートから
グッジョバ!!エリアまでの
ルートを完璧に把握していた
のです!


長女「パパ、ママいないよ!」

長女の発言に「なぬぅ!」となりました
「何やってんだ!」と立ち止まり
マイハニーを待っている間に
元気な小学生集団に、抜かれまくってしまいました

マイハニーは、ぜぃぜぃ息を切らせて
歩きながらやってきました
マイハニーは、途中で
のりゅと娘達のペースについて行けなくなり
走るのを諦めたのです

マイハニー「こんなに走れなくなっているなんてね~
自分のことながらビックリしたわ~」

マイハニー「年かしら?」

マイハニー「まぁ、いいでしょ?
待ち時間なんてほとんど変わらないし」


マイハニー「私が
お金を出したんだから
文句言わないでよ!!」


上記(赤字)は、合流したあとの
マイハニーの発言集
です

のりゅ(38歳)、マイハニー(37歳)
走れなくなっているのは
年齢より運動不足が理由
です
それから
「アナタのお金じゃなくて
生活費ですよね~?」
「のりゅ持ちの旅行(おでかけ)でも
アナタは文句言いまくりだよね?」

のりゅ的には、パッと思いついただけでも
ツッコミどころ満載の発言ばかりでした
でも、発言による損失を考慮した結果
のりゅは沈黙を選択しました

よみうりランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 221キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 5120円(東名川崎IC降車の場合)
※2017年11月時点

駐車場 普通車1日1500円 
※利用可能時間 7:30~22:00

所在地 〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1

電話 044-966-1111

定休日 不定休

営業時間 季節によって異なる

入場料 3歳~小学生1000円
中高生1500円、大人1800円、65歳以上800円

ナイト入園料(16時から) 小学生300円
中高生600円、大人1400円、65歳以上600円
※幼稚園児以下は無料

ワンデーパス(入園+乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ひよこパス(入園+お子様向けアトラクション乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ナイトパス(16時から販売、入園+乗り放題)
3歳~小学生 中高生1600円、大人2400円
65歳以上1600円
※大観覧車、閉園時間前に営業終了する
アトラクションには利用不可


よみうり初回3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
グッジョバ!!エリアのマップです

グッジョバ!!エリアは、2016年3月18日にオープンの
よみうりランド新エリアです
エリアの総工費は、100億円!
オープン当初は、テレビ等でよく取り上げられてましたね

自動車、食品、ファッション、文具の4業種における
モノづくりをテーマとした
アトラクション15機種で遊んだり
4種類のワークショップに参加することができます
15機種のアトラクションの中には
日本初のモノが4機種ある
とのことです

それでは、グッジョバ!!エリア編①の
回顧録本文ということで
15機種中4機種のアトラクションと
4種類中2種類のワークションを紹介

思い出を振り返ります
グッジョバ前4
(上画像は、拡大表示可能です)
スピンランウェイ
利用条件 4歳以上、身長110cm以上
6歳未満で身長130cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回900円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用可


日本初となるアトラクション4機種の内の1つです

洋服の製造から披露までがテーマなことから
ライドに辿り着くまでの通路には
巨大なタンスやボタンのオブジェがありました
グッジョバ前5
上画像が、スピンランウェイのライドです
グッジョバ前6
スピンランウェイのコースは、上画像な感じです

スピンランウェイは、回転しながら疾走する
屋内型ジェットコースターです
小刻みに回転しまくるスリルを楽しめる他
ライドに搭載されたボタンを押して
洋服のコーディネートを
完成させるゲーム要素があります
でも、ライド乗車中は、写真撮影禁止なので
ゲーム要素を画像を使用して紹介することができません

まぁ、そこそこ面白かったです
スリルは、娘達がまったく怖がらず楽しめる程度でした
グッジョバ前6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
2017年11月~2017年クリスマス辺りまでは
スピンランウェイは、音と光の演出が
クリスマス仕様になっているとのことです
グッジョバ前7
マイニット
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1組1回500円
ワンデーパス&ひよこパス利用不可ですが
割引料金1組1回300円で利用可
雨天利用可


オリジナルの編み物を作れちゃうアトラクション
客が頑張る自転車、ボート、ルームランナーが動力となり
自動横編み機が稼働
自分のイニシャルが入ったリストバンドを
ゲットできるとのことです
のりゅ達は遊びませんでした

スピンランウェイ、マイニットは、グッジョバ!!エリアにある
4つの屋内施設の1つ
「ファッションファクトリー」にあります
ファッションファクトリーでは、アトラクション以外に
グッジョバ前7-1
ワークショップスペースが設けられています
グッジョバ前7-2
(上画像は、拡大表示可能です)
ファッションファクトリーのワークショップ
わくわくファッションラボです
体験メニューは、その時に応じて変わるようですが
内容は、服飾・装飾に関するモノでしょう
利用条件、利用料金、受付時間は
メニューによって異なるみたいです

のりゅ達は、スルーしちゃいましたけれど
興味を惹かれた方は、公式HPにて情報を確認したのち
よみうりランドへ遊びに行ってくださいませ
グッジョバ前8
スプラッシュU.F.O.
利用条件 身長110cm以上
身長130cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回900円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用可


日本初となるアトラクション4機種の内の1つです
さらに、グッジョバ!!エリアの中でも
屈指の人気アトラクションでもあり
数時間待ちなんてこともあるそうで

※優先乗車券「スムースチケット」
販売対象アトラクション
でもあります
(※1名1枚500円
優先乗車可能な時間帯 16:00~19:30
販売場所 ちえくらべ「たまゴロー」前の券売機)

あと上画像の娘達がカッパを着ている理由は
めっちゃ濡れるアトラクションだからです
グッジョバ前8-1
(上画像は、拡大表示可能です)
混雑するアトラクションの客を退屈させない対策なのか?
順番待ちの通路には、ゆらゆら揺れる映像の水面
ボタンを押すとエアーが吹き出す仕掛け
アニメのアトラクション説明等が設置されていました
グッジョバ前9-1
(上画像は、拡大表示可能です)
スプラッシュU.F.O.は、ゴムボートに搭乗
※急流を下るスリルと
(※上画像右のヤカンの水で濡れるわけではなく
急流を下る時、ゴムボートに入りこむ水で濡れます)
グッジョバ前10
焼きそばの製造を邪魔する「ケトラー」を退治する
映像ボタンシューティングゲームを
同時に楽しめるアトラクションでした
ゲームの評価は、最後にモニターで確認できました

でも、ゴムボートには、カメラ持ち込み禁止なので
画像を使用して我が家の評価を
お知らせできません

※盛大に泣きだして
涙の数だけ強くなった次女ちゃんも
写真撮影できませんでした…(哀)

(※某ヒットソングのフレーズが有名ですね♪)

成長した娘の姿を写真撮影できなかったことは
痛恨の極みでしたけれど
人気アトラクションだけあって面白かったです
スリルはそこそこ、次女が泣いた理由は
怖かったというよりは、カッパで防ぎきれず
ズボンの足元がぐしょぐしょに
濡れてしまったことみたいです
グッジョバ前11
U.F.O.バンプ!
利用条件 身長120cm以上
利用料金 1人1回400円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用可


日清焼そばU.F.O.をイメージしたライドに乗り
ぶつかり合うアトラクションです

それほど広くない空間で、ライド10台が一斉に稼働します
よって、逃げ回れるようなスペースは
無いと書いても過言ではない
です
のりゅは、娘達に狙い撃ちされました…
おのれ!2人がかりとは
卑怯なナリよ!!


スプラッシュU.F.O.、U.F.O.バンプ!の設置されている
グッジョバ!!エリアの4つある屋内施設の1つ
「フードファクトリー」にも
ワークショップスペースが設けられています
グッジョバ前11-1
マイU.F.O.ファクトリー
利用条件 小学生未満は、保護者の同伴が必要
要整理券取得
※30分ごとの整理券を配布(閉園1時間前最終受付)
利用料金 1食300円


マイU.F.O.ファクトリーは、グッジョバ!!エリアの
オープン当初、テレビ等でよく取り上げられてましたし
4種類あるワークショップの中では
最も有名だと思われます
グッジョバ前12
(上画像は、拡大表示可能です)
マイU.F.O.ファクトリーは
上画像右、次女が所持しているような
世界で1つ、自分だけのマイU.F.O.を
作れるワークショップ
です

のりゅは、まったく興味ありませんでした
「コレ、やるの?」とマイハニーに尋ねたところ

マイハニー「グッジョバ!!エリアへ来て
やらないなんてありえないでしょ?」


尋ね返されちゃいました

「いつの間に、そんな常識が!?」
「この人、テレビに影響されすぎぃ~!」

思いましたが、やはり発言による損失
考慮した結果、のりゅは沈黙を選択しました
グッジョバ前12-1
マイU.F.O.ファクトリーは、最初に
上画像のようなデザインシートを1枚受け取ります
デザインシートは、何種類かあって
キラキラのレアシートが出てくる場合もあるとのことです
グッジョバ前13
続いて、デザインシートにイラストを描きます

「長女ちゃん、ヘタすぎよ!貸してみなさい!
ママが描いてあげるから!」と言って
長女からデザインシートを受け取り
マイハニーは、イラストを描き始めました
たぶん、この人(マイハニー)
自分がやりたかっただけ
ですね
グッジョバ前14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左が、次女作
上画像右が、長女&マイハニー合作です
グッジョバ前15
(上画像は、拡大表示可能です)
完成したデザインシートをスタッフの方に渡して
ルーレットゲームをします
ルーレットの結果によっては
選択できる具材数が増えるみたいですが
通常は、12種類の具材から4種類を選択します
それから小袋を4種類から1つを選択
味の組み合わせは、5460通りにもなるとのことです
最後は、エアパッケージ(上画像下右)を作れば
世界で1つ、自分だけのマイU.F.O.完成となります

娘達は「楽しかった~♪」「またやりたい~♪」とコメント
マイハニーは、良い笑顔を浮かべていました
笑顔の理由として、娘達のコメントが
嬉しかったこともあったと思われますが
テレビのグッジョバ!!特集番組を視聴・感化され
体験することを夢見ていたであろうワークショップを
やれて満足だったのでしょう
感想は人それぞれ
価値観も人それぞれ
ですね

「コレ、何が楽しいの?
アトラクション遊んだほうが
ずっと楽しくない?
貴重な遊べる時間が
減っちゃっただろうがぁ!」


上記の感想を抱いた38歳男性が居ても
不思議はないということです

とはいえ、38歳男性
3たび発言による損失を考慮した結果
文句を言いたくなるのを堪えて沈黙を選択しました

今回の回顧録で複数回使用している
発言による損失とは何なのか?を説明します
この時の旅行費用
※色々あって、生活費として
計上することになりました

(※詳しく知りたい方は、クリック先の回顧録序文参照)

よって、発言による損失とは
マイハニーの機嫌を損なえば
生活費計上の話を撤回され
費用負担を課せられかねないこと
でした

自分のおこづかいで遊ばないがゆえ
自由に発言できないってのも
ストレスが溜まりましたね~

だから、ストレス発散するべく
おでかけ回顧録では
想いの全てを書いています!


といったところで、今回の回顧録終了です

よみうりランド
「グッジョバ!!エリア編②」へ続きます☆
よみうりランド 施設概要・太陽の広場編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第675弾は、東京都稲城市にある遊園地
「よみうりランド」の「施設概要・太陽の広場編」です
よみうり初回1-1
上画像の巨大キャラクターオブジェは「グッド」くん
東京都稲城市にあり、今回記事の舞台となる遊園地
「よみうりランド」のマスコットキャラクターです
よみうりランドへ来園したのは、11月初旬だったのですが
すでにクリスマス仕様となっていました

ちなみに、グッドくんの巨大キャラクターオブジェは
よみうりランドの正門「スカイゲート」より入園して
そのまま真っ直ぐ進むと辿り着く
「太陽の広場」に設置されています
よみうり初回2
2017年11月初旬
のりゅと娘達、マイハニーの家族4名は
東京都内でも都心から外れた立地にあるスポットを巡る
家族旅行をしました

旅行初日にして、最初の目的地は
東京都稲城市にある遊園地、よみうりランドでした
今回記事の副題は「施設概要・太陽の広場編」
よみうりランドの施設概要と
6つに分かれるエリアの1つ
太陽の広場のアトラクションを紹介

思い出を振り返ります

当ブログ「こどもとおでかけ回顧録」を愛読してくださり
※のりゅとマイハニーのおでかけ嗜好
そこそこ理解している方からすれば
少々意外なことかもしれません…
よみうりランドは
マイハニーが遊びに行くことを
熱望していたスポット
でした
(※マイハニー→のりゅに劣らずおでかけ好きですが
「ディズニーリゾート」「USJ」「サンリオピューロランド」
上記のテーマパークばかりへ遊びに行きたがる)
(※のりゅ→ディズニーの魔法が効かない)
(↑クリックにて、ソレを理解できる参照記事へ)

のりゅ的には、よみうりランドは
「機会があれば遊びに行こうかな?」程度の
優先順位のスポットで、同じ東京都内でも
都心から外れた立地の遊園地だったら
東京都練馬区にある「としまえん(公式HPへ)」
心惹かれます
よって、家族旅行計画の初期段階では
初日にして最初の目的地は、としまえんだったのです
でも、マイハニーから「よみうりランドにしない?」と
目的地変更の提案があったわけですね

心惹かれるスポットから優先順位の低いスポットへ
何の見返りもなく変更するのは納得いきません
のりゅは、宿代、高速料金、食事代
遊園地のフリーパス料金といった費用を
生活費計上することを条件とし
「呑めるのなら変更してやろう」
と伝えました

交渉の際、まず相手に吹っかけるのは
基本中の基本
ですね
それに、のりゅは
自分(のりゅ)希望のおでかけの場合
おでかけ先でかかる費用は
ほぼ全面負担(ガソリン代を除く)という
クソルールに、いつも苦しめられてますし
そんなクソルールを制定したのは
マイハニー自身
です
「たまには、やり返してやろう…」と考えても
罪はないと思いました

とはいえ、マイハ二―は
昔「コロコロコミック」で連載されていたギャグ漫画
※「つるピカハゲ丸」の主人公
「ハゲ丸」並みに、セコセコな人物
ですから
交渉は、揉めることを想定していました
(※のりゅ個人の認識、クソルール制定が証拠)

マイハニーは、渋ることなく
のりゅの提示した条件を呑みました!


完全想定外の展開でしたね~
「そこまで遊びに行きたいのか…」と驚かされました
マイハニーが、よみうりランドに
なぜ強く拘っていたのか?は、回顧録本文で明かします

よみうりランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 221キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 5120円(東名川崎IC降車の場合)
※2017年11月時点

駐車場 普通車1日1500円 
※利用可能時間 7:30~22:00

所在地 〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1

電話 044-966-1111

定休日 不定休

営業時間 季節によって異なる

入場料 3歳~小学生1000円
中高生1500円、大人1800円、65歳以上800円

ナイト入園料(16時から) 小学生300円
中高生600円、大人1400円、65歳以上600円
※幼稚園児以下は無料

ワンデーパス(入園+乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ひよこパス(入園+お子様向けアトラクション乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ナイトパス(16時から販売、入園+乗り放題)
3歳~小学生 中高生1600円、大人2400円
65歳以上1600円
※大観覧車、閉園時間前に営業終了する
アトラクションには利用不可


よみうり初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
よみうりランドマップです

よみうりランドアトラクション数は、43機種
今回記事で紹介する
太陽の広場を含めて、6つエリアがあります
他5つのエリアは「ファミリーエリア」「バンデットエリア」
「フラッグストリート」「らんらんエリア」

よみうり初回3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
マイハニーが遊びに行くことを熱望!
2016年3月18日にオープンの新エリア

「グッジョバ!!エリア」です

モノづくりをテーマなアトラクション15機種
モノづくり体験ができるワークショップ等が
楽しめる「グッジョバ!!」
その総工費は、100億円!
オープン当初は、テレビ等で
よく取り上げられてましたね


マイハニー「テレビでやってたよ!
録画しておいたから観なさいよ!」


マイハニー「100億円だよ!!
アンタ、行ってみたくならないの!?」


グッジョバ!!オープン当時は、特集番組を
半強制的に視聴させられゲンナリしましたね~
世間が騒いでいるということは
混んでいるということなので
思いっ切り遊べないことが容易に想像できて
のりゅは、そこまでグッジョバ!!に心惹かれませんでした

ですが、マイハ二ーは、ミーハーです
そして、普段セコい分(?)
※投資金額が巨額だと
それだけで興味を惹かれて
遊びに行きたくなる人物
なのですね
(※のりゅ個人の認識ですが
USJやディズニーリゾートの新エリアが造られると
巨額の総工費が、テレビで取り上げられますよね~
マイハニーは、ソレを見て
「スゴいわね~!行ってみたくなるわ」とか言ってます)

グッジョバ!!エリアや他4つのエリアは
今後お送りする回顧録にて詳しく紹介
思い出を振り返る予定です
よみうり初回4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ワンデーパスで
遊びたい放題のアトラクション一覧表

設置された当時は、世界最高速
世界最大落差だったジェットコースター、バンデット
日本初のループコースターにして
世界初のスタンディングコースターである
ループコースター MOMOnGA等が記載されてます
よみうり初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ナイトパスが利用不可のアトラクション
(ワンデーパス&ひよこパスなら遊びたい放題)
よみうり初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ひよこパス(+ワンデーパス)で
遊びたい放題のアトラクション一覧表

ひよこパスは、入園料+
お子様向けアトラクションが
乗り放題のチケット
です
絶叫アトラクションも充実していますけれど
ちっちゃなお子さんでも楽しめる
アトラクションが豊富なのも、よみうりランドの特徴ですね
よみうり初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
各種パス利用不可のアトラクションもあります

皆様に特に注目してほしいのは
東京都内では、よみうりランドでしか
体験できないアトラクション

バンジージャンプです
よみうり初回8
人生初のバンジーダイブに
挑んだ勇者(38歳)の物語

今後お送りする回顧録にて詳細に書く予定です

よみうりランドのアトラクションの概要については以上です
最後に紹介する施設概要は
よみうり初回8-1
よみうりランドが
首都圏最大級のイルミネーション

「ジュエルミネーション」の開催地ということです
よみうりランドは、※日が落ちてから営業終了まで
アトラクション+イルミネーションを楽しめる遊園地です
(※冬期限定)

よみうりランドを1日遊んで、のりゅは
「この遊園地、大人から子供まで万遍なく楽しめるな」
「スキがなさすぎるし優等生すぎる遊園地だな…」と
感心させられました

よみうりランドの施設概要は以上です

ここからは、今回記事の副題残りの部分
太陽の広場に設置されているアトラクションを紹介
思い出を振り返ります
よみうり初回9
(上画像は、拡大表示可能です)
フロッグホッパー
利用条件 3歳以上、身長90cm以上
5歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
ワンデーパス・ひよこパス利用可
雨天時利用不可


ライドは、カエルが飛び跳ねるかのごとく
小刻みな上昇・下降を繰り返します

フロッグホッパーは
これまでおでかけしてきた遊園地で
設置されているのを数回見かけたことがあり
そのたびに遊んだことのあるアトラクションです
よみうりランドのフロッグホッパーは
これまで見て遊んできたモノと
異なること
を感じました

1回の体験時間が短かった…気がしました

よみうりランドは
都心から外れているとはいえ東京都の遊園地ですから
地方遊園地に比べれば
1日の入場者数は、ずっと多いのでしょう
フロッグホッパーは、1回の稼動で
数名しか乗れないアトラクションです
回転率を上げるために
体験時間を短く設定しているのかもしれません
よみうり初回10
ぐるぐるドライブ
利用条件 3歳以上、身長90cm~130cm未満
利用料金 1人1回300円
ワンデーパス・ひよこパス利用可
雨天時利用不可


車型ライドに搭乗
よみうり初回10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ぐるぐるドライブというアトラクション名称どおり
螺旋状のコースを上ったり下りたり走行します
よみうり初回11
長女は、ぐるぐるドライブを楽しみました

次女は、このアトラクションで
2回不幸な目に遭いました
よみうり初回12
1回目の不幸は、長女が受付した時点で
アトラクションが満員となってしまったこと

(上画像赤枠部分に、次の稼動を待つ次女)

2回目の不幸は、1番先頭で受付を済ませ
どれでも好きな車を選べると思いきや
次女は、利用条件における
身長の最大値(130cmまで)に
引っ掛かってしまい
ぐるぐるドライブを体験できなかった
のです
よみうり初回13
メリーゴーランドドッグ
利用条件 5歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
ワンデーパス・ひよこパス利用可
雨天時利用可


なんの変哲もない遊園地の定番と思いきや
アトラクション名称は、メリーゴーランドドッグ
よみうり初回15
よみうりランドマスコットキャラクター、グッドくんが
馬の代わりに設置されていました(馬もあります)

ぐるぐるドライブを遊べず
メリーゴーランドのグッドくんに跨った次女は
とっても不満気でした
上画像の次女の肩辺り(赤枠部分)には
よみうり初回16 - コピー
身長130cmオーバーの
証明シール
が貼られていました

そのシールを見て、のりゅは
「長女は、小3でも乗れるのに
次女ちゃんは、小1で乗れなくなってしまうとは…」と
体の成長が著しいため
早くも生涯ぐるぐるドライブを
乗れなくなってしまった次女
に同情しました

しかしながら、続いて
とある遊園地に思いを馳せると
気分がバーニングハイテンション!
さらに、心がキラキラ輝きました☆

のりゅは、よみうりランドの
「太陽の広場」にて
太陽の如く燃え上がり
太陽の如く輝いたわけですね♪

湧水の里水2-1
(クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで
公表されたウィキペディアの
「富士急ハイランド(WIKIページへ)」の画像を二次利用)


この時の自分が思いを馳せた
とある遊園地とは
「富士急ハイランド(公式HPへ)」でした

「KING OF COASTERS」FUJIYAMA
はじめとする数多くの絶叫アトラクション

日本一長いお化け屋敷、絶凶・戦慄迷宮

山梨県南都留郡にある遊園地
「富士急ハイランド(公式HPへ)」
※娘達が、おでかけすることを
最も恐れるスポット
です
(※クリックにて、富士急ハイランド前を通過した時
娘達が恐慌状態になった参照記事へ)


次女の身長が130cmを超えたということは
富士急ハイランドへおでかけすれば
FUJIYAMA、絶凶・戦慄迷宮以外にも
テンテコマイ、高飛車、ええじゃないか
ド・ドドンパ、鉄骨番長、クール・ジャッパーン
レッド・タワー、パニック・ロック
…等
愛の試練を過去最高回数
与えてあげることができる
のです
夢ひろがりんぐ♪
おでかけする価値十分ですね☆


※娘達から「富士急行きたい!」という
言質は、すでに取得済み
です
(※クリックにて、巧みに言質を取得した回顧録へ)

あとは、長女の身長が130cmを
超える日を待つだけ…

「約束の日」は、間近だと
実感できました!!

よみうり初回17
(上画像は、拡大表示可能です)
次女ちゃま…
この時は、不満な気持ちでいっぱいだったのでしょう
でもでも嘆くことはありません

近い将来、パパが
※思いっきり涙を流して
その数だけ強くなれる機会を
与えてあげるからね♪

(※某ヒットソングのフレーズが有名ですね)

といったところで、今回の回顧録終了です

よみうりランド、次回へ続きます☆

おまけ
よみうり初回18
よみうりランドの正門、スカイゲートを付近には
ゴンドラ スカイシャトルの駅があります

ゴンドラ スカイシャトル
利用条件 12歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 片道1人1回300円 往復1人1回500円
各種パス利用不可
備考 小雨程度なら営業


ゴンドラ スカイシャトルは
京王よみうりランド駅から遊園地までを結んでいます
よみうりランドを上空から眺めて楽しめるとのことですが
各種パスが利用不可、別途有料なので
のりゅ達は利用しませんでした

この時期ならば、ジュエルミネーションを
上空から眺められますね
興味を惹かれた方は、よみうりランドへ遊びに行った時
もしくは、電車で遊びに行ったついでとして
ゴンドラ スカイシャトルを
利用してみてはいかがでしょうか?
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る 観察嘲笑編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第674弾は、静岡県静岡市清水区にある
「静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」の
「観察嘲笑編」です
まある観察嘲笑編1
上画像は、今回記事の舞台
「静岡市こどもクリエイティブタウン 
ま・あ・る」
の施設内にある顔ハメパネルです
開館4周年だそうですね

娘達のどちらかに顔ハメしてもらい
回顧録のトップ画像に
使用しようと考えました

まある説明編1
(上画像は、拡大表示可能です)
次女「今、忙しいからダメ!」

長女「パパみたいに
ヒマじゃないの!!」


前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設説明編」で紹介した
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るの
最大の催し、こどもバザール!
疑似仕事体験に熱中していた娘達は
のりゅの頼みを聞いてくれませんでした…
まある観察嘲笑編2
よって、のりゅ自身が顔ハメ
まある説明編2
同行していた「おでかけ仲間(紹介記事へ)」
マー君に写真撮影してもらいました

へんっ!娘達にあしらわれた
38歳男性を嘲笑したければ
お好きなだけどうぞなのですよ!

 
2017年10月某日
静岡県静岡市清水区におでかけした午後
のりゅと娘達、マー君は
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るへ
来館しました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)の施設説明編では
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るの
遊んだり体験できる内容を紹介
のりゅが、信念と葛藤の妥協点を見出し
ようやく来館を決意したことを明かしました


今回記事の副題は「観察嘲笑編」です
同施設最大の催し、こどもバザール
疑似仕事体験に熱中していた娘達を
見守るのではなく

「嘲笑ってやろう!」という考えの元
ナナメ上の視点で観察した記録

お送りします

静岡市こどもクリエイティブタウン 
ま・あ・る

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 83キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 2230円(清水IC降車の場合)
※2017年11月時点

駐車場 「えじりあ」有料駐車場
100円/20分、最初の20分は無料、最大1000円

所在地 〒424-0806 
静岡県静岡市辻1-2-1 えりじあ3・4階(受付3階)

電話 054-367-4320

定休日 水曜日、年末年始
※水曜日が祝日の場合営業、翌日休館
※こどもバザールの営業日 土日祝日
長期休みの平日

営業時間 9:30~17:30(最終入場17:00)
※こどもバザールの営業時間 10:00~16:30

入場料 18歳以上300円、子供無料


それでは、回顧録本文ということで
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る最大の催し
こどもバザールの擬似お仕事体験に
熱中していた娘達の様子をお送りいたします

それと何度も誘導しておりますけれど
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
読んでいたほうが、今回記事は理解しやすいです
まだの方は、先に施設説明編を読んでくださいませ
まある観察嘲笑編3
娘達が最初に斡旋してもらった仕事は
数十台のパソコンが設置されている「デジタル工房」での
デジタルのしごとでした

デジタルのしごと
仕事時間 約25分
給料 250まある


この日のデジタルのしごとは、パソコンを使用
イラストをデザインをすることでした
のちのち娘達から聞いた話によると作成したイラストは
ゆうびん局(ま・あ・る内の店舗の1つ)
販売されるハガキに使用されたりするとのことです
まある観察嘲笑編4
長女は、遠目(デジタル工房外)から見て
ちゃっちゃ~と仕事をこなしていました
まある観察嘲笑編5
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、スタッフの方や隣のお姉さんに
教えてもらいながら仕事に励んでいたようですが
遠目からでは、イラストを作成できたか?
わかりませんでした
まある観察嘲笑編6
約25分の擬似仕事体験が終わり
デジタル工房から娘達が出てきました
最初にこなした仕事の感想を聞こうと思っていた自分は
娘達を呼び止めるつもりでした
しかし、長女は、呼び止める間もなく足早に
ま・あ・る3階へ行ってしまいました

「次女ちゃん、ちょっと来て~」
のりゅは、次女に呼びかけました
まある観察嘲笑編7
次女は、のりゅを一瞥しただけで
行ってしまいました…


「何をそんなに急いでやがる…」と思った自分は
娘達を追いかけました
まある観察嘲笑編8
ハローワークで、次の仕事を斡旋してもらってました

ハローワーク
仕事時間 約20分
給料 200まある


この日の娘達は、お仕事熱心でしたね!
帰りの車中にて、のりゅは

「今日学んだことを糧として
将来、一生懸命働き
稼いだお給料の8割を
パパに納めるのだぞ!」


娘達に、上記の激励を送りました

しかし、娘達からは
「絶対ヤダ!パパなんかに渡したくない!」
「お給料は、全部自分のために使うの!」

といった横暴な返答しかありませんでした
のりゅの稼いだ(手取り)9割を
搾取する暴君(マイハニー)

その人物の血を引き
影響を受けまくっているから

娘達は、横暴な返答を吐くのだと思いましたね~
まある観察嘲笑編9
娘達は、2回目に斡旋してもらった仕事は
こどもファクトリーでした

こどもファクトリー
仕事時間 約20分
給料 200まある

まある観察嘲笑編10
こどもファクトリーの仕事(この日)は
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る内で
使用する装飾品を作成することでした
まある観察嘲笑編11
この日の午前に来館した静岡県静岡市清水区にある
「ちびまる子ちゃんランド(紹介記事へ)」
そして、この時と
足の引っ張り合いが日常!
バカ姉妹が協力している珍しい光景を
1日で2回も目撃
しました…

2017年10月に
台風21号、台風22号が続けて
日本へ上陸したのは、バカ姉妹が
レアなことをしたせい
かもしれませんね!

2回仕事をこなしたのち
娘達は、それぞれがやりたい仕事を
斡旋してもらってました
まある観察嘲笑編12
次女は、デジタルの仕事を再び斡旋してもらってました
まある観察嘲笑編13
(上画像は、拡大表示可能です)
次女「マー君、わたし
もう『初めてさん』じゃないから
このシールあげるね」


デジタルの仕事2回目をこなした次女は
調子に乗っていたのでしょう…
マー君の元まで駆け寄って来たと思ったら
上記台詞と共に
初めてさんシール
※マー君に貼り付けた
のち
足早に立ち去って行きました
(※赤枠部分に貼り付けていきました)
まある観察嘲笑編14
次女(赤枠部分)は、デジタルの仕事2回目のあと
ざっかやの仕事を斡旋してもらってました

ざっかや
仕事時間 約20分
給料 200まある


ざっかやの仕事は、雑貨の作成
販売業務(接客)なわけですが
まある観察嘲笑編15
次女「いらっしゃいませ~♪」

見知らぬお子さん「コレください」

次女「どうぞ~♪」
(↑のりゅは、この時の次女の発言は
「タダで持っていっていいよ」との意味だと解釈)


見知らぬお子さん「えっと…」

見知らぬお子さんは、次女が
まある(ま・あ・る内の擬似通貨)
やり取りをしてくれなくて困っていました

まぁ、現時点(小学校の算数)で
2桁の足し算や1桁の引き算を学習している段階の次女に
店頭業務は無理ですね
まある観察嘲笑編15-1
※次女は、すぐに
店頭業務から外されました

(※上画像赤枠、赤矢印部分に次女)
まある観察嘲笑編16
長女の3回目&4回目の仕事は、ミニロボでした

ミニロボ
仕事時間 約20分
給料 200まある

まある観察嘲笑編17
ミニロボの仕事は、ミニロボの動かし方の説明
ミニロボサッカーのルール説明
客の体験時間の管理(ストップウォッチにて計測)
まある観察嘲笑編18
(上画像は、拡大表示可能です)
お客さんが使用後の片づけ、次回の用意等です

ともあれ仕事をする側が
ミニロボの操作方法を
あるていど理解していないと
仕事になりませんね

まある観察嘲笑編18-1
長女は、のりゅ(パパ)ではなく
マー君を頼り、ミニロボの操作練習を
見守ってもらってました…


以上が、静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
最大の催し、こどもバザールで
擬似仕事体験に熱中していた娘達の様子でした



なんか、あんまり嘲笑えなかった気がします…
でも、ココまでお送りしたとおり
のりゅが脳内でツッコめる
珍プレーを娘達は披露してくれたので
観ているだけでも、そこそこ楽しめました
見守っていたわけじゃないですからね!
そこんところ勘違いしないでよ!!

まある観察嘲笑編19
(上画像は、拡大表示可能です)
次女のおしごとノート
まある観察嘲笑編20
(上画像は、拡大表示可能です)
長女のおしごとノートです
まある説明編11
個人的には、市役所の仕事を
娘達のどちらかに体験してもらいたかったですね~

市役所
仕事時間 約20分
給料 200まある


施設内放送業務をするとなった時
娘達がどんな珍プレーを
披露してくれるのか?
ぜひ、聞いてみたかった
です…
しかし、娘達が、それぞれ4回仕事をこなして時間は
16時過ぎになりました
こどもバザールは、16:30で終了してしまいます
お金(まある)を残しても
次回に来館するのは、いつになるのか?わからないので
(そもそも来ないかもしれませんし…)
まある観察嘲笑編21
銀行にて、娘達が稼いだ
全ての給料(まある)を出金させました

銀行
体験条件 小学4年生以上限定
仕事時間 約20分
給料 200まある


仕事をこなした子供への給料の支払い
まある(通貨)の出金・入金業務は銀行の仕事です
まある説明編16
娘達に、ショッピングするように促しました
まある観察嘲笑編22
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、ありったけのまあるで
ネイルや市民証を入れる小物を購入しました
まある観察嘲笑編23
(上画像は、拡大表示可能です)
長女は、ネイル購入に加えて
ゲームやで、運営側手作りの釣りゲームを興じたり
ミニロボサッカーで遊び、まあるを使い切りました

といったところで、今回の回顧録終了です
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るを
舞台とする回顧録も終了です

静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
今回記事で紹介した以外にも、こどもバザールにて
子供が体験できる擬似仕事はあります
興味を惹かれましたら来館してみてね☆
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る 施設説明編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第673弾は、静岡県静岡市清水区にある
「静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」の
「施設説明編」です
まある説明編1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、人生初の
擬似お仕事体験に熱中していた娘達です
まある説明編2
2017年10月某日、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のマー君に同行してもらい
静岡県静岡市清水区へおでかけしました

この日のおでかけにおける最大の目的地は
複合商業施設「エスパルスドリームプラザ」内にある
「ちびまる子ちゃんランド(紹介記事へ)」

ついでの目的地が、※エスパルスドリームプラザ
(※クリックにて、同施設の「屋内遊び編」回顧録へ)
(※クリックにて、同施設の「屋外遊び編」回顧録へ)

そして…
揺らぐ信念!
積み重ねてきた人生の意味を
覆しかねないほどの※葛藤…

(※葛藤→心の中で相反する欲求や感情が絡み
そのいずれかをとるか迷うこと)

信念と葛藤の妥協点を見出して
ようやく来館を決意!!

…したのが今回記事の舞台
まある説明編3
「静岡市こどもクリエイティブタウン
ま・あ・る」
でした

さて、皆様
理解不能でしょうから説明いたします
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るという
施設名称「ま・あ・る」の部分は

こどもが
「ま」なび 「あ」そび つく「る」まち


「」(括弧)内の文字をとって名付けられました
ま・あ・るの施設概要を簡潔に書けば上記であり

子供→学び遊び作る
大人→見守る


ま・あ・るで、子供と大人が
やれることの違いは上記
です

由々しきことですね!!

「何が問題なの?」と首を傾げる方がいらっしゃるでしょう
さらに詳しく説明いたします

のりゅの遊びにおける信念
「自分第一 子供第二」です

よって、娘達のみが
遊べる施設に行くなど
のりゅ的には禁忌な行為
なのです
積み重ねてきた人生の意味を
覆しかねないほどの葛藤を抱えました…


それに、もしもですよ…
この記事を読んだ皆様の中に


「なんだかんだ書いていても、この人
子供のためにおでかけしてる…」


「子供の笑顔を見れば幸せなんでしょ!?」

「結局『理想のパパ』なんじゃない!」

上記なことを思った方が
いらっしゃると想像します…
※のりゅは、ストレスで吐きそうになります!

(※のりゅは、理想のパパが大嫌いです
大嫌いな存在と認識されるのが我慢できません)

「そんなに嫌なら行かなきゃいいじゃん…」と
考えた方もいらっしゃるでしょう
この日の状況を説明します

エスパルスドリームプラザから
移動しようとした時間は、14時ちょっと前…
この日のおでかけ、時間が余ったら
静岡市の公園巡りをするつもりでした
でも、当日の朝まで雨が降っていたのです
遊具が遊べないなら公園巡りをしても楽しくないですね

そして、※近隣のおでかけ候補地(※静岡市内)
「日本平動物園(紹介記事へ)」
のりゅと娘達が、おでかけ済みの施設
「東海大学海洋科学博物館(紹介記事へ)」
「東海大学自然史博物館(紹介記事へ)」
「静岡科学館る・く・る(紹介記事へ)」
おでかけメンバー全員が、おでかけ済みの施設
のりゅの下調べが甘かったせいで
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るくらいしか
おでかけ候補地が思い当たりませんでした

かといって、早々帰宅するというのも
貴重な遊べる時間を無駄にする行為ですね
あまり採用したくない選択肢でした

のりゅは、妥協点を見出しました

静岡市クリエイティブタウン ま・あ・るで遊ぶ
娘達を見守るのではなく
ナナメ上の視点にて観察

「嘲笑って楽しんでやろう♪」
考えたのです


上記楽しみ方をするべく来館するならば
のりゅの遊びの信念に反しません

「我ながら発想が天才すぎる」と思いました☆

静岡市こどもクリエイティブタウン 
ま・あ・る

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 83キロ(片道)

到着目安 1時間5分

高速料金 2230円(清水IC降車の場合)
※2017年11月時点

駐車場 「えじりあ」有料駐車場
100円/20分、最初の20分は無料、最大1000円

所在地 〒424-0806 
静岡県静岡市辻1-2-1 えりじあ3・4階(受付3階)

電話 054-367-4320

定休日 水曜日、年末年始
※水曜日が祝日の場合営業、翌日休館
※こどもバザールの営業日 土日祝日
長期休みの平日

営業時間 9:30~17:30(最終入場17:00)
※こどもバザールの営業時間 10:00~16:30

入場料 18歳以上300円、子供無料


まある説明編3-1
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るは
清水駅前の複合ビル えじりあ3・4階にある遊戯施設です
入場料は、18歳以上300円、子供無料!

子供達を対象にした仕事・ものづくり体験を通じて
自主性や創造性を育み
社会・経済の仕組みや地域産業を学ぶ施設とのことです
まある説明編4
(上画像は、拡大表示可能です)
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る3階マップ
まある説明編5
(上画像は、拡大表示可能です)
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る4階マップ
まある説明編6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「ひだまりパーク」
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る3階にあります

ひだまりパークは、0歳~未就学児が
保護者の付き添いの元遊べるコーナー
小学生以上は利用禁止
です
絵本、ボールプール、ままごと玩具(衣装あり)
小型複合遊具
等が設置されています
まある説明編7
上画像は「みんなの広場」
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る4階にあります

赤枠部分のマー君がスマホを弄って
暇つぶしをしていた手前には、が設置されており
まある説明編8
マー君の座っていた後方には
カプラで遊ぼうコーナーが設置されていました
まある説明編8-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「クッキングスタジオ」「わくわくアトリエ」です
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る4階にあります

クッキングスタジオ&わくわくアトリエ
パソコン機器の設置されている「デジタル工房」では
まある説明編8-2
(上画像は、拡大表示可能です)
料理講座、ものづくり講座
遊びながらパソコン機器の使い方を覚えられる講座等が 
開催されています
参加対象は、子供だけだったり、親子でだったり
参加料金は、無料だったり有料だったり
講座に応じて違います
興味のある方は、公式HPにて講座の開催情報を確認
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るへ来館
参加されるとよいでしょう

ここまで紹介した内容も
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るにて
遊んだり体験できることですが
メインの体験内容
まある説明編9
土日祝日(長期休みの平日)に開催される
こどもバザールです

こどもバザールは
子供達が運営している商店が並んでいる
擬似的な街
です
のりゅが、公式HPを閲覧して最初に抱いた印象は
「学校の文化祭が休日のたび
開催されている感じかな~」でした

しかし、実際に
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るに来館すると
「こりゃ、すげぇ!凝ってるなぁ~」と
ま・あ・るのシステムに感心させられました

まある説明編11
まずは、上画像の「市役所(受付)」にて受付
こどもバザールへ参加する子供は、市民証と
まある説明編11-1
上画像のおしごとノートを受け取ります
まある説明編12
続いて、こどもバザールへ参加する子供は
市民証とおしごとノートを持って
「ハローワーク」へ行きます
※仕事を斡旋してもらうのです
(※先着で座っている子供から
やってみたい仕事を斡旋してもらえます)
まある説明編13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、体験できる仕事例です

市役所→運営・受付業務のサポート
施設内でのお知らせを放送する

ハローワーク→仕事の紹介、斡旋

銀行→パソコンを使ってお金の管理、給料の支払い
(小学4年生以上限定)

プラバンや→プラバンの作成(絵を書く)・販売

ビューティーショップ→ネイルチップの作成・販売

ゆうびん局→※ハガキの集荷、切手・ハガキの作成
(※ま・あ・る内で友達同士手紙のやり取りができる
例→AさんがBさんに手紙を出す
郵便局が保管、Bさんが来館した時
Aさんからの手紙を受け取れる)

ゲームや→手作りゲームの運営、景品の作成、接客

ざっかや→雑貨の作成・販売

デコめいしや→オリジナル名刺の作成・販売

ミニロボ→ミニロボサッカーゲームの操作方法
ルールを教える、審判、片付け、接客

こどもファクトリー→施設で使用する装飾の作成等

デジタルのしごと→パソコンを使用
与えられた業務をこなす


こどもバザール仕事体験の
利用対象は小学生以上
です
小学4年生以上の「こども店長」が居て
各店舗を運営していますので
娘達のよう初めてさんでも
優しく丁寧に指導してもらえてました
仕事の拘束時間は、20分~25分
取得できる給料は、
200~250まあるでした

上記の給料(単位)「まある」というのは
まある説明編14
こどもバザールで使用できる擬似通貨です

仕事をこなして、まあるを取得した子供は
まある説明編15
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、こどもバザールに並んでいる商品の例)

こどもバザールの各商店に並んでいる商品を見て回り
まある説明編16
ショッピングを楽しんだり
まある説明編17
(上画像は、拡大表示可能です)
ゲームで遊んだりすることができるのです

ここまで読んでくださった皆様
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るの
こどもバザールは
素晴らしく凝ったシステムだと思いませんか?

といったかんじで
今回記事の「施設説明編」は終了です

次回の回顧録の副題は
「観察嘲笑編」!!
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るで
お仕事体験に熱中
色々な珍プレーを披露してくれた
娘達の様子
をお送りします
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.