FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
金沢自然公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第890弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「金沢自然公園」です
金沢自然公園1
上画像は、神奈川県横浜市金沢区にある今回記事
「金沢自然公園」内にある「こども広場」です
こども広場には、上画像に写る
長い距離のローラースライダーを筆頭に
10種類以上の遊具が設置されています


2018年10月末、のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
1泊2日の日程の旅行で神奈川県横浜市内にある
動物飼育施設4スポットを巡りました

旅行初日にして最初の目的地は同県同市旭区にある
「よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)」でした

旅行初日にして第2の目的地は
同県同市西区みなとみらいにある大型商業施設
「マークイズみなとみらい」内スポット
「オービィ横浜(紹介記事へ)」でした

旅行2日目にして第3の目的地は同県同市西区にある
「野毛山動物園(紹介記事へ)」でした

旅行2日目にして第4の目的地は同県同市金沢区にある
「金沢動物園(紹介記事へ)」でした
金沢自然公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
金沢自然公園マップです

金沢自然公園内施設の金沢動物園を退園したのち
長い距離のローラースライダーを滑り
旅行を爽快な気分で
終えようと思った自分

娘達、マイハニーを引き連れ
上画像赤枠部分、こども広場を目指して
上画像赤矢印ルートで移動
しました

金沢自然公園2-0-1
金沢動物園を歩いて疲れていた上
遊具に興味ないのに、のりゅの都合で
余分な距離を歩くことになり
階段の上り下りをすることになった

※マイハニーは
不快な気分だったらしい
です
(※こども広場へ向かう道中、ぼやかれまくりでした)

上画像赤矢印付近まで来た時
マイハニーに「私は待ってるから
アンタ達だけで行ってらっしゃい」と言われました
よって、のりゅは娘達のみを連れて
こども広場へと向かったのでした

金沢自然公園
(金沢動物園HP内紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 226キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5250円(港南台IC降車の場合)
※2019年1月時点
※複数の有料道路の合計料金

駐車場 1200台(普通車1回600円)
※正面口駐車場、高速側駐車場の合計台数
駐車場定休日 高速側駐車場は動物園と同じ
正面口駐車場は年中無休
駐車場営業時間 9:00~17:00

所在地 〒236-0042
神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

電話 045-783-9100

セットおでかけ候補
金沢動物園(紹介記事へ) 公園内包スポット


金沢自然公園の敷地面積は、約60万㎡
広大な園内には
自然散策路やバーベキュー場が整備されていますが
当ブログの専門外なので
記述で紹介するだけに止めます
詳しく知りたい方は、公式HPを確認してください

それでは、当ブログの専門分野
金沢自然公園、こども広場に
設置されている遊具を紹介
します
金沢自然公園2-1
健康遊具
金沢自然公園2-2
ローラースライダー
金沢自然公園3
アスレチック遊具①
金沢自然公園4
アスレチック遊具②
金沢自然公園5
アスレチック遊具③
金沢自然公園6
ネットのトランポリン
金沢自然公園7
斜面に設置されたジャングルジム
金沢自然公園8
斜面に設置されたリングジム
金沢自然公園9
アスレチック遊具④
金沢自然公園10
アスレチック遊具⑤
金沢自然公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
横浜最大級の長さを誇る
ローラースライダー(100m)

金沢自然公園12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、横浜最大級の長さを誇る
ローラースライダーを終着点から撮影した写真です
金沢自然公園13
横浜最大級の長さを誇るローラースライダーの
推奨年齢は、6歳~12歳
とのことですが
「推奨なら問題なしだな!」と
39歳男性は考えました

金沢自然公園14
上画像は、横浜最大級の長さを誇る
ローラースライダーの出発地点から撮影した写真です
金沢自然公園15
「うおぉぉ!めっちゃ滑りが良い♪」

横浜最大級の長さを誇るローラースライダーは
めっちゃ爽快な滑りを楽しめる仕様
でした
金沢自然公園16-1
横浜最大級の長さを誇るローラースライダーを滑り
のりゅは、旅行を爽快な気分で
終えることができました♪

目的は果たしたので、のりゅは娘達を連れて
不快な気分だったらしいマイハニー
待つ場所へ戻りました

といったところで、今回の回顧録終了です

金沢自然公園
金沢動物園とセットおでかけにオススメです☆
スポンサーサイト
金沢動物園 イベント・その他の施設編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第889弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「金沢動物園 イベント・その他の施設編」です
金沢イベント1
2018年10月末、のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
1泊2日の日程の旅行で
神奈川県横浜市内にある
動物飼育施設4スポットを巡りました

旅行費用は、のりゅが
おこづかいから出資しました!


旅行初日にして最初の目的地は同県同市旭区にある
「よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)」でした

旅行初日にして第2の目的地は
同県同市西区みなとみらいにある大型商業施設
「マークイズみなとみらい」内スポット
「オービィ横浜(紹介記事へ)」でした

旅行2日目にして第3の目的地は同県同市西区にある
「野毛山動物園(紹介記事へ)」でした

そして、旅行2日目にして第4の目的地こそが
同県同市金沢区にある今回記事の舞台
「金沢動物園」でした
金沢動物初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
金沢動物園マップです

回顧録第888弾(クリックにて、第888弾へ)
「施設概要・動物観覧編」では
金沢動物園の施設概要と、のりゅが注目した
飼育動物と動物展示場を紹介、思い出を振り返りました

今回記事は「イベント・その他の施設編」です
金沢動物園で開催されている
動物関連イベントや
園内に設置されている遊具等の
その他の施設を紹介
、思い出を振り返ります

これから書くのは回顧録序文の余談です
金沢イベント1-1
(上画像は、拡大表示可能です)
旅2日目の朝
マイハニーが別行動することを
宣言していたこと

旅行初日の疲れと就寝時間の遅さから
長女が、くでくで状態でだったこと等の事情により
のりゅは次女と2人タクシーを利用して
この時の旅行における第3の目的地
野毛山動物園へおでかけしました


野毛山動物園にて飼育されている動物を観覧
動物ふれあいコーナーを楽しんだのち、のりゅは
宿泊したホテルのチェックアウト時間まで過ごしていた
マイハニーへ電話連絡しました
ホテル→野毛山動物園(約2.5㎞)は
マイハニーに、マイカーを
運転してもらいまして
迎えに来てもらったのでした


家族4名合流後、マイカーの運転は
のりゅが引き継ぎまして
金沢動物園を目指したわけですが

金沢イベント1-2
マイハニー「アンタの都合で
運転させられて疲れるわ~」


金沢動物園へ向かう道中
我が花嫁(上画像赤矢印の人物)から
上記発言がありました!


マイハニーの上記発言にたいする
のりゅ的ツッコミ


① この時の旅行の費用は
のりゅが、おこづかいから出資


② 旅行2日目の朝
マイカーをホテルの駐車場へ
置いていったのは
マイハニーが別行動することを
宣言していたことが理由の1つ


③ マイハニーが旅行中に
マイカーを運転した距離は
ホテル→野毛山動物園の約2.5㎞のみ
のりゅが旅行初日に
マイカーを運転した距離は、約220㎞
旅行2日目に、マイカーを
運転した距離も併せると、約455㎞


マイハニーに上記発言を言われて
のりゅは「えええっ~!?」と驚きました
のりゅ的ツッコミ①~③を
用いて理路整然と反論することは可能でしたが

「男のくせに細かい!」
「男として器が小さい!」と
半ギレされながら
男女平等の時代に
男性差別されるのは
いつものパターン
なので
のりゅは「そうだね~、すまないね~」と
上辺な労いの言葉を言って、マイハニーの
ご機嫌取りをしたのでした


金沢動物園
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 226キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5250円(港南台IC降車の場合)
※2019年1月時点
※複数の有料道路の合計料金

駐車場 1200台(普通車1回600円)
※正面口駐車場、高速側駐車場の合計台数
駐車場定休日 高速側駐車場は動物園と同じ
正面口駐車場は年中無休
駐車場営業時間 9:00~17:00

所在地 〒236-0042
神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

電話 045-783-9100

定休日 ※月曜日、12/29~1/1
※祝日や振替休日の場合営業、翌日休園
※5月と10月は無休

営業時間 9:00~16:30(最終入園16:00)

入場料 大人500円、高校生300円、小中学生200円
※未就学児は無料

備考 小中学生、高校生は毎週土曜日入場無料

セットおでかけ候補
金沢自然公園(紹介記事へ) 敷地外スポット


※金沢動物園で開催されている
イベントは参加料金無料
です
(※入場料を支払って園内に入園する必要はあり)
金沢イベント他2
コアラのランチタイム
開催日 営業日は毎日
開催時間 13:30~
開催場所 コアラ舎屋内展示場


金沢動物園の2大スターに
数えられる動物であり
1日20時間以上寝て過ごす動物
コアラの起きている姿を含めて
様々な状態を観覧できるイベント
です
金沢イベント他3
(上画像は、拡大表示可能です)
起きたばっかりで、ぼんやり状態のコアラ…

イベント開催時間が始まって
飼育員さんが、ユーカリの葉を交換していると
金沢動物園で飼育されている3頭のコアラは
食事をするため起床し始めました
金沢イベント他4
(上画像は、拡大表示可能です)
あくびをしたコアラ(上画像左)は
寝起きのウォーミングアップ(上画像右)をしてました
金沢イベント他5
(上画像は、拡大表示可能です)
わりと活発に動いていたコアラ

普通に園内を巡り、コアラ舎へ来館した時は
寝ていた状態しか観覧できませんでしたが
イベントを通じて様々な状態のコアラを観覧できました
金沢イベント他6
のりゅ達が金沢動物園へおでかけした日(日曜日)
動物園の人気者コアラのイベントだけあって
コアラのランチタイムが開催される5分前には
上画像の混雑具合でした

見やすい場所で、イベント開催中の
コアラを観覧したい方は
お早目に場所取りしておくことをオススメします
金沢イベント他7
(上画像は、拡大表示可能です)
ヤギさんのおやつタイム
開催日 営業日は毎日
開催時間 ①11:00~11:10 ②13:30~13:40
各回先着 30名
開催場所 「ほのぼの広場」
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


ヤギ、ヒツジにエサをあがることができるイベントです

のりゅ達は金沢動物園へ昼頃に入園しました
よって、午前の部は参加できず
午後の部は、コアラのランチタイムと
開催時間が被っていたので
ヤギさんのおやつタイムへ参加できませんでした
金沢イベント他8
(上画像は、拡大表示可能です)
ヤギ?ヒツジ?ひょっこりタイム
開催日 毎週土曜日
開催時間 11:15~11:25
開催場所 ほのぼの広場
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


ヤギ、ヒツジのどちらかが散歩するイベントとのことです

のりゅ達が金沢動物園へおでかけしたのは
前述したとおり、日曜日でした
よって、このイベントには参加できませんでした
金沢イベント他10
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラのほんわか打たせ湯
開催日 営業日は毎日
開催時間 14:30~15:00
開催場所 カピバラ展示場
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


竹筒より、40℃の湯が打たせ湯として流されます
湯に入るか?否か?は
カピバラの気分しだいなイベントとのことです
つまり運が良ければ湯に入り、ほんわか過ごす
カピバラを観覧できるわけですね

ブログ管理人は
日頃の行いが聖人レベルで良い
(…と本人は思っている)のと

この日は運も良かったみたいですね
湯に入り、ほんわか過ごす
カピバラさんを見ることができました
金沢イベント他11
オカピもぐもぐタイム
開催日 毎週日曜日
開催時間 14:15~14:25
開催場所 オカピ展示場
備考 天候や動物の体調によって中止する場合あり


シマウマっぽいけれどキリンの仲間で
20世紀に存在が確認された
「森の貴婦人」なんて呼ばれる動物
※世界三3大珍獣の1種であり
金沢動物園の2大スターに
数えられる動物でもある
オカピについて飼育員さんが
教えてくれるイベント
です
(※ジャイアントパンダ、コビトカバが残り2種)
金沢イベント他12
オカピもぐもぐタイムでは
飼育員さんが、大好物な木の葉を使い
上画像に写っているように
観客の間近まで、オカピを連れてきてくれました
金沢イベント他13
オカピの特徴的な長い舌を観覧できました
金沢イベント他14
飼育員さんは、資料を用いて
オカピについて教えてくれる場面もありました

上画像の時に教えてくれた内容は
オカピは足の指数が偶数だから偶蹄類
シマウマは、足の指数が奇数なので奇蹄類
見た目は似ているけれど違う種類の動物であり
オカピに近縁な動物は、キリンであることでした
金沢イベント他15
オカピもぐもぐタイムでは飼育員さんが客にたいして
オカピに関連するクイズを出題した場面がありました

オカピが生息している国名が
クイズとして出題されまして

雄々しく自信満々に
手を挙げたのは
ブログ管理人だけでした!


このブログを開設してから
ブログ管理人は、おでかけするため
あっちこっちの動物園の施設概要や
飼育している希少な動物について
情報雑誌やインターネットで下調べ
おでかけしたくなったら娘達を引き連れ
あっちこっちの動物園へおでかけ
その後は、あっちこっちの動物園の
おでかけ回顧録を作成と
そんなことして4年と数ヶ月…

ゲーム、アニメ、ライトノベル等
オタクコンテンツだけが
知識豊富な分野だった自分

動物や国内の動物園に関して
かなり詳しくなってしまいました
そして…


「国内オカピ飼育施設制覇」

上記は、おでかけブログ管理人の
おでかけにおける自己目標の1つ
であり
金沢動物園へおでかけすることで
達成した自己目標です

上記の自己目標を掲げて達成したくらいに
オカピに熱を入れていたブログ管理人は
生息している国名を知っていたのでした


コンゴ民主共和国です!」

見事に正解した
ブログ管理人は飼育員さんに
褒められちゃったのでした~♪
おまけに周囲の子供、親御さんから
尊敬の眼差しで見られちゃいました~♪
(…と本人は思ってますし
周囲に居た方々から
若干の拍手をいただきました)

金沢イベント他16
(上画像は、拡大表示可能です)
ボランティア・ツノきばガイド
開催日 毎週日曜日
開催時間 14:00~14:45
開催場所 アメリカ区トーテムポール前
備考 天候等により中止の場合あり


ボランティアさんによる
動物のツノやキバについてのガイドイベントです

オオツノヒツジ、アラビアオリックス
国内において飼育スポットの少ない希少動物の
ツノを触ることができました
金沢イベント他17
クロサイの口を見てみよう
開催日 毎週土曜日
開催時間 14:20~14:30
開催場所 ヒガシクロサイ展示場前
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


ヒガシクロサイのガイドイベントとのことです

前述したとおり、のりゅ達が金沢動物園へ
おでかけしたのは日曜日だったので
このイベントは参加できませんでした
金沢イベント他18
キリンのおやつパクパク
開催日 毎週日曜日
開催時間 14:30~14:40
開催場所 キリン展示場前
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


飼育員さんがエサを与えながら
キリンについて教えてくれるイベントです

のりゅ達は、このイベントへ参加しませんでした
金沢イベント他19
カンガルーガイド
開催日 毎週土曜日
開催時間 11:00~11:10
開催場所 カンガルーウォークスルー
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


オオカンガルーのガイドイベントとのことです

前述したとおり、のりゅ達が金沢動物園へ
おでかけしたのは日曜日だったので
このイベントは参加できませんでした
金沢イベント他20
ゾウさんタイム
開催日 毎週土曜日
開催時間 14:30~14:40
開催場所 インドゾウ展示場前
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


インドゾウについてのガイドイベントとのことです

前述したとおり、のりゅ達が金沢動物園へ
おでかけしたのは日曜日だったので
このイベントは参加できませんでした
金沢イベント他21
ヘビガイド
開催日 毎週日曜日
開催時間 14:00~14:10
開催場所 身近な生きもの館前
備考 天候・動物の体調により中止する場合あり


ヘビについてのガイドイベントとのことです

のりゅ達は、このイベントへ参加しませんでした

のりゅが紹介する金沢動物園の
動物関連イベントは以上です

金沢動物園は他にも2週間に1回ごと
月1回ごと、季節限定の動物関連イベント
その他のイベントが開催されるスポットです
興味のある方は公式HPで調べたのち
金沢動物園へおでかけしてくださいませ

ここからは金沢動物園が有する
その他の施設を紹介
します
金沢イベント他22
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、金沢動物園の
「わくわく広場」に設置されている遊具です

滑り台、動物のオブジェ、迷路(?)等があります
金沢イベント他23
(上画像は、拡大表示可能です)
わくわく広場の上画像左のハウス内は
積み木等が置かれており、自由に遊べます
金沢イベント他24
上画像は、金沢動物園内にある「ののはな館」です

ののはな館
開館時間 9:30~16:30

金沢イベント他24-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ののはな館の常設展示コーナーです

展示を通じて植物や昆虫について学んだり
金沢イベント他25
(上画像は、拡大表示可能です)
擬似バードウォッチングをしながら
鳥類について学べますし
金沢イベント他26
動物に関する書籍を閲覧して学ぶこともできます

あとは、動植物に関するDVDを借りて
AVコーナーで視聴することもできるそうですし
工作室は、工作イベントの会場だったりするそうです

といったところで、今回の回顧録終了
金沢動物園が舞台の回顧録も終了です

金沢動物園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
金沢動物園 施設概要・動物観覧編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第888弾は、神奈川県横浜市金沢区にある
「金沢動物園」です
金沢動物初回1
2018年10月末、のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
1泊2日の日程の旅行で
神奈川県横浜市内にある
動物飼育施設4スポットを巡りました


旅行初日にして最初の目的地は同県同市旭区にある
「よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)」でした

旅行初日にして第2の目的地は
同県同市西区みなとみらいにある大型商業施設
「マークイズみなとみらい」内スポット
「オービィ横浜(紹介記事へ)」でした

旅行2日目にして第3の目的地は同県同市西区にある
「野毛山動物園(紹介記事へ)」でした

そして、旅行2日目にして第4の目的地こそが
同県同市金沢区にある今回記事の舞台
「金沢動物園」でした

金沢動物園の2大スターに数えられる
とある珍獣を観覧した
おでかけブログ管理人(のりゅ)は
おでかけにおける
自己目標の1つを達成
しました


「うおぉぉしゃぁぁあ~!!」
(↑39歳男性心中での歓喜の叫び)

心中では、叫びながら
オーバーリアクションで達成感からの
喜びを表現したかったけれど
とある珍獣は神経質な動物であること
周囲から奇異な目で
見られてしまうこと等を考慮して、のりゅは
拳をぐっとした程度のリアクションで
控えめにガッツポーズ

「おめでとう!自分!!
頑張ったね!自分!!
素晴らしいね!自分!!」

(↑39歳男性心中での自画自賛)

自分で自分を褒め称えました
金沢動物初回2-0
上画像に写る家族3名に、のりゅの
おでかけにおける
自己目標を達成した話を語っても

理解してもらえないか、相手にしてもらえないか
※アホで変人呼ばわりされる
良い気分をマシマシできる
返答が得られないことが予想できたので
ブログ管理人は、心中にて
自分で自分を褒め称えたのでした
(※娘達の予想返答ではありません
旦那様を貶してばかりな
残り1名の普段の言動から
ブログ管理人が予想した返答です)


金沢動物園
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 226キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 5250円(港南台IC降車の場合)
※2019年1月時点
※複数の有料道路の合計料金

駐車場 1200台(普通車1回600円)
※正面口駐車場、高速側駐車場の合計台数
駐車場定休日 高速側駐車場は動物園と同じ
正面口駐車場は年中無休
駐車場営業時間 9:00~17:00

所在地 〒236-0042
神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

電話 045-783-9100

定休日 ※月曜日、12/29~1/1
※祝日や振替休日の場合営業、翌日休園
※5月と10月は無休

営業時間 9:00~16:30(最終入園16:00)

入場料 大人500円、高校生300円、小中学生200円
※未就学児は無料

備考 小中学生、高校生は毎週土曜日入場無料

セットおでかけ候補
金沢自然公園(紹介記事へ) 敷地外スポット

金沢動物初回2-4
(上画像は、拡大表示可能です)
神奈川県横浜市金沢区にある
「金沢自然公園」マップ
です

今回記事の舞台である金沢動物園は
金沢自然公園内スポット
です
金沢動物初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
金沢動物園マップです

金沢動物園は、草食動物を中心に
約50種類約310点(2018年3月時点)の
動物を飼育する動物園
です
飼育種類数、飼育点数においては
同県同市内にある2箇所の動物園
よこはま動物園ズーラシア&野毛山動物園に
及びませんけれど
同動物園の2大スターな動物を含めて
国内で数スポットしか見ることができない
あるいは、ココでしか見ることができない
珍しい希少動物を種類豊富に
飼育している動物園
でもあります

そんな金沢動物園の
駐車料金は普通車1回600円
入場料金は、大人500円、高校生300円
小・中学生200円、小学生未満は無料
ですが
金沢動物初回3-1
お得なことに毎週土曜日は
高校生以下が入場無料
となります

金沢動物園の施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・動物観覧編」です
ここからは、金沢動物園で
のりゅが注目した動物や
動物展示場を紹介

思い出を振り返ります
金沢動物初回4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、金沢動物園の入園券窓口と動物園を結ぶ
「なかよしトンネル」です

トンネル内は陽気な音楽が流れており
動物の人形(動く人形もあり)等が
客を送り迎えをしてくれます


「あれだね~
イッツ・ア・スモールワールドみたいだね~?」と
のりゅは、マイハニーへ
同意を求めるニュアンスで尋ねました


マイハニー「レベルが違うわよ!
それに『ディズニーランド』
十何年も行ってないアンタに
イッツ・ア・スモールワールド
例えとして使われるのは不愉快だわ」


ディズニー信者のマイハニーの
返答は上記でした

なかよしトンネル内での
なかよし夫婦(?)の会話
でした
金沢動物初回5
2 ヒガシクロサイ
(↑数字は、2018年10月時点で
施設側が飼育動物に付けている展示番号です)

のりゅの地元の動物園、静岡県浜松市西区にある
「浜松市動物園(紹介記事へ)」では
飼育されていない動物なので注目しました
金沢動物初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
3 キリン

動物園3種の神器とされる動物であり
動物園の定番飼育動物なので注目しました
金沢動物初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
4 アラビアオリックス

伝説上の動物「ユニコーン」
モデルになったとの説がある動物であり
野生では一度絶滅してしまったのち
飼育下で増やされ野に放たれた経歴の
絶滅危惧主な動物でもあります
野生では、1200頭程度しか生息していないと
金沢動物園の動物解説にかいてありましたが
いつ時点のデーターなのか?は分かりません

国内で、アラビアオリックスを飼育しているのは
福岡県福岡市にある「福岡市動物園」と今回記事の舞台
金沢動物園のわずか2スポットです
ゆえに注目しました
金沢動物初回8
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が、金沢動物園へおでかけした日は
バックヤードに居たのか?観覧できませんでしたが
2018年3月11日、アラビアオリックスの赤ちゃんが
誕生したとのことです
金沢動物初回10
上画像の動物展示場にて
おでかけブログ管理人は
おでかけにおける
自己目標の1つを達成
しました

おでかけブログ管理人の
おでかけにおける
自己目標の1つに係わっていた動物

上画像黒矢印部分に居ました

金沢動物初回11
(上画像は、拡大表示可能です)
5 オカピ

シマウマっぽいけれどキリンの仲間で
20世紀に存在が確認された
「森の貴婦人」なんて呼ばれる動物です
※世界三3大珍獣の1種であり
金沢動物園の2大スターに
数えられる動物でもあります

(※ジャイアントパンダ、コビトカバが残り2種)

ちなみに回顧録序文で書いた
とある珍獣とは、オカピのことであり
この時に達成した
おでかけブログ管理人の
おでかけにおける自己目標の1つ
とは

「国内オカピ飼育施設制覇」でした

2018年1月現在の国内のオカピ飼育施設は
東京都台東区にある「上野動物園(紹介記事へ)」
神奈川県横浜市旭区にある
よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)
今回記事の舞台、金沢動物園です
この日、のりゅは国内全ての
オカピ飼育施設へおでかけ
そして、オカピを観覧したのでした


「うおぉぉしゃぁぁあ~!!」
(↑39歳男性心中での歓喜の叫び)

心中では、叫びながら
オーバーリアクションで達成感からの
喜びを表現したかったけれど
オカピは神経質な動物であること
周囲から奇異な目で
見られてしまうこと等を考慮して、のりゅは
拳をぐっとした程度のリアクションで
控えめにガッツポーズしました

「おめでとう!自分!!
頑張ったね!自分!!
素晴らしいね!自分!!」

(↑39歳男性心中での自画自賛)

自分で自分を褒め称えましたところ…
金沢動物初回12
「国内オカピ飼育施設制覇」
上記の自己目標を達成した
ご褒美を、オカピが
プレゼントしてくれた
…のかもしれません
※バックヤードに居た
もう1頭のオカピが
ちらりと顔見せしてくれました

(※金沢動物園は、2頭のオカピを飼育しています
オカピは警戒心が強く
単独行動する習性の動物なので
同じ展示場へ2頭一緒に放つことはないそうです)

金沢動物初回13
「国内オカピ飼育施設制覇」
自己目標達成の、ご褒美ではありませんが
金沢動物園にて開催されている
オカピ関連イベント

オカピモグモグタイムに参加した
ブログ管理人は飼育員さんに
褒められちゃったのでした~♪


オカピモクモグタイムを含めた
金沢動物園で開催されているイベント内容は
次回の
「イベント・その他の施設編」にて紹介
します
ブログ管理人が飼育員さんに
褒められちゃったエピソードも
詳しく公開いたしますね~☆

金沢動物初回14
(上画像は、拡大表示可能です)
あくまで、ブログ管理人の予想ではありますが
上画像の動物展示場は
金沢動物園で最も設備投資費をかけて
造られたのだと思われます
維持費も最も高額だと思われます


そんな動物展示場で
飼育されているのは、オカピと並び
金沢動物園の2大スターに
数えられる動物
です
金沢動物初回15
(上画像は、拡大表示可能です)
6 コアラ

動物園においては、おそらく
ジャイアントパンダに次ぐ人気動物であり
※金沢動物園の2大スターに
数えられる動物
です
(※金沢動物園へおでかけした時に貼られていた
施設ポスターに載っていたキャッチコピーは
「コアラとオカピ、一緒に会えるのはココだけ」


ちなみのコアラ関連の話ですが
コアラは、どれだけ空腹であろうと
栄養価の低いユーカリの木の葉を筆頭に
数種類の好みの木の葉しか食べない
偏食家な動物だそうです
コアラの好みの木の葉を切らした場合
栄養不足から、ご臨終だそうです

コアラの好みの木の葉を切らさなければ
ご臨終な事態は避けられるわけですが
ユーカリの木は何百種類とあり
その中で、コアラが食べるのは数十種類ほど
コアラは出身地方によって個体ごとに
好みのユーカリの木の葉は異なるそうです

ユーカリの木は
日本では自生していない植物であり
台風被害が多い国であるがゆえ
国内の比較的温暖な地域にて
何ヵ所に分けて栽培されていたり
温室な環境下で栽培されていたり
オーストラリアから木の葉を輸入したりと
色々な手段で、コアラのエサは確保されているそうです
以上、上記全てによる弊害は
コアラのエサ代1匹あたり
※年間ン百万~ン千万円
とのことです
(※グーグル検索で、ちょい調べましたが
コアラを飼育する動物園ごと
エサ代の金額に大きな差がありました
でも、動物園で飼育されている動物中
ぶっちぎりエサ代のかかるのは、コアラみたいです)

のりゅは肉嫌い
エビや貝は超嫌いな偏食家
です
のりゅの偏食事情を知らない方が
主宰したバーベキューに参加した場合
ムリして食べれば苦行…
偏食なことを話せば気を遣われて
肩身の狭い思いをすることになります…

よって、ブログ管理人が
最も共感する動物は、コアラ
です
金沢動物初回16
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年1月現在
金沢動物園では、3頭のコアラが飼育されています

栄養価の低い木の葉を好み食するコアラは
省エネのため、20時間以上寝て過ごす動物です
普通に園内を巡って観覧した時
上画像3頭のコアラは寝ていましたが…
金沢動物初回17
金沢動物園で開催されている
コアラ関連イベント

コアラのランチタイムへ参加した時は
起きている状態を含めて
様々な状態のコアラを観覧できました


コアラのランチタイムを含めた
金沢動物園で開催されているイベント内容は
次回のイベント・その他の施設編にて紹介
します
金沢動物初回18
8 アオバネワライカワセミ

鳴き声が人の笑い声に似ているそうです
ちょい昔の2015年時点では
国内で飼育しているのは3スポットだけな鳥との
情報を入手していましたので注目しました
金沢動物初回19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、2016年4月22日に
リニューアルオープンした
金沢動物園の動物展示場
です

ウオークスルー形式な
動物展示場であり
飼育されている動物を
間近で観覧できる
とのことです
金沢動物初回20
(上画像は、拡大表示可能です)
9 オオカンガルー

先に紹介したリニューアルオープン&
ウォークスルー形式な動物展示場で
飼育されている動物
です
ゆえに注目したのですが、オオカンガルーは
上画像左に黒矢印部分に写っているとおり
遠方で固まって過ごしていました…

金沢動物初回21
(上画像は、拡大表示可能です)
10 オオツノヒツジ

金沢動物園のシンボルマークとして
採用されている動物
であり、国内において
飼育しているスポットが少ない動物でもあります
ゆえに注目しました
金沢動物初回22
生まれて、それほど年月が経ってないと思われる
子供な個体のオオツノヒツジも飼育されていました
金沢動物初回23
11 シロイワヤギ

2018年1月時点、国内の動物飼育施設で
シロイワヤギを飼育しているのは金沢動物園のみ
しかも上画像に写っている1頭だけ
しかもしかも、上画像のシロイワヤギは
平均寿命10~15年の動物でありながら
17歳の高齢個体
です
あまり不吉なことは書きたくありませんが
いつ展示終了になっても、おかしくありません
シロイワヤギを観覧したいと考えた方は、お早めに
金沢動物園へおでかけすることを推奨します
金沢動物初回24
17 ベアードバク

※国内において、飼育しているのは
わずか2スポットな動物であり
しかも、一般公開されているのは
今回記事の舞台、金沢動物園のみな動物
です
(※神奈川県横浜市旭区にある
よこはま動物園ズーラシア園内にある
一般非公開の動物飼育施設「横浜市繁殖センター」
ベアードバクは1頭飼育さているそうです)
しかも、飼育されているベアードバクは
上画像に写っている1頭だけ
しかもしかも、上画像のベアードバクは
平均寿命25年の動物でありながら
23歳の高齢個体
です
あまり不吉なことは書きたくありませんが
いつ展示終了になっても、おかしくありません
ベアードバクを観覧したいと考えた方は、お早めに
金沢動物園へおでかけすることを推奨します
金沢動物初回25
18 ガウル

野生のウシ科において最大の大きさな動物とのことで
国内では金沢動物園のみが飼育している動物です
しかも、飼育されているガウルは
上画像に写っている1頭だけ
しかもしかも、上画像のガウルは
平均寿命20年前後の動物でありながら
17歳の高齢個体
です
あまり不吉なことは書きたくありませんが
いつ展示終了になっても、おかしくありません
ガウルを観覧したいと考えた方は、お早めに
金沢動物園へおでかけすることを推奨します

不吉なことは書きたくないのに
3連発で紹介することになりまして
今回記事を作成していた途中、ブログ管理人は
ちょっとだけブルーな気分になりました

「慰め癒してあげたい!」と思った方
今回記事の最後にある拍手ボタンを押すか
コメントをいただけるのなら幸いです
金沢動物初回26
(上画像は、拡大表示可能です)
19 インドゾウ(アジアゾウ)

動物園3種の神器数えられる動物であり
動物園の定番飼育動物なので注目しました

ちなみの話、金沢動物園には
動物園3種の神器に数えられる
ライオンは飼育されてません
金沢動物初回27
(上画像は、拡大表示可能です)
金沢動物園で飼育されているインドゾウの1頭
「ボン」体格は、国内最大級であり
有する牙は国内最大とのことです

のりゅ達が観覧した時、ボンは
動物展示場の堀ギリギリの位置まで来て
自慢の牙を見せつけてくれました(上画像右)
金沢動物初回28
(上画像は、拡大表示可能です)
20 インドサイ

愛知県名古屋市千種区にある
「東山動植物園(紹介記事へ)」で、3頭
東京都日野市にある「多摩動物公園」で、3頭
山口県美祢市にある
「秋吉台自然動物公園サファリランド」で、1頭
そして今回記事の舞台である金沢動物園で、2頭
国内4スポット、合計9頭しか飼育されていない
希少なサイとのことです
ゆえに注目しました
金沢動物初回29
(上画像は、拡大表示可能です)
22 スーチョンワンバーラル

ちょい昔、2017年7月時点では
国内で飼育しているのは3スポットだけな動物との
情報を入手していましたので注目しました

のりゅの注目した金沢動物園で
飼育されている動物は以上です

といったところで、今回の回顧録終了です

金沢動物園
次回のイベント・その他の施設編へ続きます☆
野毛山公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第887弾は、神奈川県横浜市西区にある
「野毛山公園」です
野毛山公園1
2018年10月末、のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
1泊2日の日程の旅行で
神奈川県横浜市内にある
動物飼育施設4スポットを巡りました


旅行初日にして最初の目的地は同県同市旭区にある
「よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)」でした

旅行初日にして第2の目的地が
同県同市西区みなとみらいにある大型商業施設
「マークイズみなとみらい」内スポット
「オービィ横浜(紹介記事へ)」でした

旅行2日目にして第3の目的地が
同県同市西区にある
「野毛山動物園(紹介記事へ)」でした
オービィ後1-1
旅行初日、のりゅ達は
「ホテルJALシティ関内 横浜(公式HPへ)」
宿泊しました

野毛山公園2
旅行2日目の朝
ホテルの最終チェックアウト時間が
午前11時だったにもかかわらず
※のりゅと次女は、午前8時頃には
タクシーに乗り込んでいました

(※のりゅと次女が、2人だった経緯を知りたい方は
クリック先の回顧録序文を読んでくださいませ)


ホテルJALシティ関内 横浜→野毛山動物園は
車で10分程度の距離(約2.5㎞)です

のりゅと次女は午前8時15分頃には
目的地付近へ到着しました

野毛山公園2-1
しかし、この時の目的地
野毛山動物園の開園時間は
午前9時30分からだった
のでした
野毛山公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅが野毛山動物園の開園時間を
勘違いしていたわけではありません!
野毛山動物園付近へ
1時間以上前に到着したのは
計画どおりの行動だったのでした!

野毛山公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
野毛山動物園へおでかけする前に
隣接スポットである今回記事の舞台

「野毛山公園(上画像のスポット)」
ついでのおまけに来園するため
※計画・実施した行動でした!!

(※ホテルを早く出発
1時間以上前に目的地付近へ到着したこと)

もっと詳しく書くのなら
野毛山公園にて

①設置されている遊具の確認
②ブログ掲載用に遊具を写真撮影
③可能ならば遊具で遊ぶ


上記①~③をするため
※計画・実施した行動でした!!

(※ホテルを早く出発
1時間以上前に目的地付近へ到着したこと)

野毛山公園
(動物園の公園紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 217キロ(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 4840円(横浜町田IC降車の場合)
※2018年12月時点

駐車場 専用の駐車場はありません
(↓最寄りの有料駐車場)
※「野毛山有料駐車場」 95台
駐車場所在地 神奈川県横浜市西区老松町1
駐車場営業時間 8:30-20:30(火~金)
8:30-17:00(土日月祝)
駐車場料金 30分毎200円(月~金)
30分毎300円(土日祝)

所在地 〒220-0032
神奈川県横浜市西区老松町63-10

電話 045-231-1307
※野毛山動物園の管理事務所の電話番号です
公園の管理事務所も兼任しているとのことです

定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休園)
12/29~1/1
※野毛山動物園の定休日
野毛山公園には定休日はありません

営業時間 9:30~16:30(最終入園16:00)
※野毛山動物園の営業時間
野毛山公園には営業時間はありません

セットおでかけ候補
野毛山動物園(紹介記事へ) 隣接施設


野毛山公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
野毛山公園マップです

野毛山公園は
野毛山動物園と隣接するスポット
です
セットおでかけに最適です

野毛山公園の遊具設置場所は
上画像赤枠部分2箇所

「遊具広場」&「子供の遊び場」です
遊具広場に設置されている遊具から紹介します
野毛山公園5
鉄棒
野毛山公園6
ブランコ
野毛山公園7
砂場
野毛山公園8
ごっこ遊び可能なハウス型遊具
野毛山公園9
滑り台
野毛山公園9-1
前後に揺らして遊べる遊具
野毛山公園10
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具
野毛山公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、複合遊具を別角度から撮影した写真です

遊具広場の子供が遊ぶ用途の遊具は以上ですが
野毛山公園12
健康遊具が数基設置されています

遊具広場の遊具は以上です

自身の趣味(ロマン)で遊具を確認
ブログ掲載用に遊具広場の遊具の写真撮影を終え
遊具をちょっとだけ遊び

マイハニー「横浜へ旅行して
公園へ行くために早く出発するの?
あいかわらず理解不能だわ~」

(↑ホテルで出発の支度をしていた時に言われました)

人生のパートナーに趣味(ロマン)を
理解されない39歳男性

野毛山公園のもう1つの遊具設置場所である
子供の遊び場を目指しました、その道中
野毛山公園13
展望台
野毛山公園14
3ON3用バスケットコートがあったので
写真撮影しました
野毛山公園15
上画像が野毛山公園のバスケットコートの利用案内です
利用料金は無料だそうです
定休日、営業時間等を知りたい方は
上画像を拡大して確認してくださいませ
野毛山公園16
野毛山公園のもう1つの遊具設置場所である
子供の遊び場へ到着
設置されていた遊具はスプリング遊具
野毛山公園17
ブランコ
野毛山公園18
滑り台
野毛山公園19
(上画像は、拡大表示可能です)
斜面に設置されている複合遊具
野毛山公園20
(上画像は、拡大表示可能です)
斜面に設置されている複合遊具を
上部から撮影したのが上画像です

野毛山公園に設置されている遊具は以上です

マイハニー「アンタの
くだらないエゴに付き合わされる
次女ちゃんが可哀想ね」

(↑ホテルで出発の支度をしていた時に言われました)

旅費を出資したのは旦那様(のりゅ)
だったのにもかかわらず
皮肉を言ってくるのが
人生のパートナーである39歳男性

野毛山公園での目的を果たせて満足しました♪

といったところで、今回の回顧録終了です

野毛山公園
野毛山動物園とセットおでかけに最適です☆
野毛山動物園 なかよし広場・おまけ展示編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第886弾は、神奈川県横浜市西区にある
「野毛山動物園 なかよし広場・おまけ展示編」です
野毛なかよし1
2018年10月末、のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
1泊2日の日程の旅行で
神奈川県横浜市内にある
動物飼育施設4スポットを巡りました


旅行初日にして最初の目的地は同県同市旭区にある
「よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)」でした

旅行初日にして第2の目的地が
同県同市西区みなとみらいにある大型商業施設
「マークイズみなとみらい」内スポット
「オービィ横浜(紹介記事へ)」でした

そして、旅行2日目にして第3の目的地こそが
同県同市西区にある今回記事の舞台
「野毛山動物園」でした
野毛山動4
(上画像は、拡大表示可能です)
野毛山動物園マップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・動物観覧編」では
野毛山動物園の施設概要と
入場無料な動物園でありながら
豪華すぎる動物の数々を飼育している
同スポットにて、ブログ管理人が注目した動物を紹介
思い出を振り返りました

今回記事は
「なかよし広場・おまけ展示編」です

野毛山動物園の
動物ふれあいコーナーである

「なかよし広場」
園内にちらほら設置されている
おまけな展示を紹介

思い出を振り返ります

これから書くのは
回顧録序文の余談となります
オービィ横浜2
旅行初日の夕方
自宅を午前3時半頃出発したこと
日本最大級の敷地面積な動物園
よこはま動物園ズーラシアを
営業終了時間まで滞在したことから
次女は宿泊したホテルへ
着くなり力尽きました
次女のことは、マイハニーに任せて
のりゅは長女と2人で
オービィ横浜へおでかけしました

オービィ後9
上画像は、オービィ横浜で
ネコと遊んでいた長女を撮影した写真
です

次女「ねーねばっかり、ズルい!
パパ、私もネコと遊びたい!!」


旅行2日目の朝
ミジンコ並みに口の軽い我が花嫁
のりゅと長女が、オービィ横浜へ遊びに行き
ネコと戯れてきたことを
次女に教えやがった
のでした
メンドクサイことに、のりゅは次女の
ご機嫌取りをすることになってしまったのでした


「野毛山動物園は
長女を連れて行かないから
今日は、次女ちゃんだけ
可愛い動物とふれあえるよ~
『平等院鳳凰堂』だね~


のりゅは上記の言葉にて次女を説得しました
しょーもないジョーク部分は
次女(小2、8歳)が
理解できるはずもないので
スルーされました

それでも、次女の嫉妬と怒りを
鎮静させることには成功しました


オービィ横浜
パスポート料金1500円(小学生)
ヒヨコのエサ代100円

(↑のりゅが、おこづかいから長女のため出費した金額)

野毛山動物園 入場無料
動物ふれあいコーナー利用無料

(↑野毛山動物園で、のりゅが
次女のため出費した金額はゼロ~♪)


思い出は※プライスレスなので
平等院鳳凰堂ですね~♪

(※プライスレス→「価格をつけられないほど貴重」との
意味で認識してくださいませ)

野毛山動物園
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 217キロ(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 4840円(横浜町田IC降車の場合)
※2018年12月時点

駐車場 専用の駐車場はありません
(↓最寄りの有料駐車場)
※「野毛山有料駐車場」 95台
駐車場所在地 神奈川県横浜市西区老松町1
駐車場営業時間 8:30-20:30(火~金)
8:30-17:00(土日月祝)
駐車場料金 30分毎200円(月~金)
30分毎300円(土日祝)

所在地 〒220-0032
神奈川県横浜市西区老松町63-10

電話 045-231-1307

定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休園)
12/29~1/1

営業時間 9:30~16:30(最終入園16:00)

入場料 無料

セットおでかけ候補
野毛山公園(紹介記事へ) 隣接施設


野毛なかよし2-1
上画像が、野毛山動物園の
動物ふれあいコーナーである

「なかよし広場」
です

なかよし広場
利用条件 3歳以上は入替制の日(基本は土日祝日)
整理券を入手する必要がある
整理券配布時間 午前の部9:45~ 午後の部12:00~
※各回なくなり次第配布終了となる
※整理券の取得は、1人5枚まで
営業時間 土日祝日10:00~12:00、13:30~15:30
平日9:45~11:45、12:15~14:15、14:45~16:15
※集合時間は厳守
定員 平日は定員なし
休日は20分入替制となり、各回150名
利用料金 無料
備考 天候・動物の体調により休止となる場合あり

野毛なかよし3
(上画像は、拡大表示可能です)
平日は営業時間内なら
なかよし広場を自由に利用できる
ようですが
入替制の日(基本は土日祝日)は
3歳以上の客が
なかよし広場を利用するのには
上画像の
整理券が必要となります


整理券配布時間は
午前の部9:45~ 午後の部12:00~
各回なくなり次第配布終了
です
整理券の取得は、1人5枚までです
自分の取得した整理券に載っている
集合しめきり時間前に集合場所へ行きます
野毛なかよし4
スタッフの方の説明を聞いたのち
なかよし広場へ入場することができます
入替制の日は説明を聞く時間が5分
ふれあい体験時間が15分となります

野毛なかよし5
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあえる動物 モルモット
野毛なかよし6
(上画像は、拡大表示可能です)
モルモットは、好みの個体を選んだのち
席まで持っていき優しく撫でたり、触る分には自由です
野毛なかよし7
ブログ管理人が
「ハイレベルぅ~!」と感嘆した
ふれあえる動物① ハツカネズミ


国内あっちこっちの動物飼育施設へ
おでかけしまくっているブログ管理人ですが
ハツカネズミとのふれあい経験は
野毛山動物園へ来園するまで未経験でした
野毛なかよし8
(上画像は、拡大表示可能です)
ハツカネズミとのふれあいは
手の上を忙しなく移動する姿を見て楽しめますし
野毛なかよし9
手に乗せると、ハツカネズミは
利用客の腕をルートとして上って来ます
頃合いを見て空いている手で別ルートを作り
ハツカネズミを、そちらへ誘導させます
誘導行為を繰り返す
ことで
ハツカネズミが上ってくる様を見て楽しめます
野毛なかよし10
次女「パパ、助けてー!!」

腕をルートとして上って来るハツカネズミを
別ルートへ誘導する作業を失敗すると
肩や首あたりまで上られてしまいます


まぁ~のりゅ的には
次女の悲鳴を聞き、醜態を見て
ニンマリ笑顔になれたので
「ハツカネズミさん
良い仕事をしてくれました♪」な
展開だったんですけれど~☆

野毛なかよし11
ブログ管理人が
「ハイレベルぅ~!」と感嘆した
ふれあえる動物② ニワトリ


国内あっちこっちの動物飼育施設へ
おでかけしまくっているブログ管理人ですが
ヒヨコとのふれあい経験はあっても
ニワトリとのふれあい経験は
野毛山動物園へ来園するまで未経験でした
野毛なかよし12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像が、なかよし広場における
ニワトリとのふれあい方法です

のりゅは、ブログ掲載用に次女が、ニワトリと
ふれあっている写真を撮影したいと考えました
それで「さぁ~次女ちゃん
ニワトリさんを抱っこしてみよ~」と
促してみたところ
次女に「絶対嫌っ!触りたくない!」と
拒否されてしまいました

野毛なかよし13
よって、仕方なく
のりゅが、ニワトリを抱っこする役を務め
次女に撮影役を担ってもらいました

39歳男性は、ニワトリを抱えたまま
「さぁ~次女ちゃんの番ね~♡」と迫り
我が子のリアクションを楽しむプラン

我が子が嫌なことでも逃げずに
立ち向かうことができるよう
精神を鍛え成長を促すプランを
脳内で検討しました


上記プランには

①我が子に大きな声で喚かれ
注目の的となってしまう


②我が子に逃走された場合
カメラを投げ出され故障しかねない


2つのリスクがありました

リスクにたいして
得られる楽しさが割に合わない

リスクにたいして、我が子の成長を促せる効果が
割に合わないと判断した39歳男性は
脳内で検討していたプランを廃案としました
野毛なかよし14
なかよし広場では上画像のヘビ、アオダイショウ
飼育されています

変温動物がゆえ冬場は触ることができませんが
温かい季節になれば、職員の方が持つアオダイショウを
触れるチャンスがあるかもしれないとのことです

野毛山動物園、なかよし広場については以上です

ここからは園内にある
おまけな展示を紹介
します
野毛なかよし15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、しろくまの家です
野毛なかよし16
(上画像は、拡大表示可能です)
しろくまの家は、1999年まで使用されていた
ホッキョクグマの獣舎です

しろくまの家には、ホッキョクグマのオブジェが
設置されている他、かつての獣舎内を観覧できます
野毛なかよし17
上画像は、アニマルボックスです

動物の歯の展示、ふんの展示、トリの羽の展示等
動物に関する展示物を観覧できます
野毛なかよし18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、かつて横浜市内を走っていた市電です

市電は、中に入ることが可能です
野毛なかよし19
上画像は、野毛山動物園の管理事務所の入口付近です
野毛なかよし20
(上画像は、拡大表示可能です)
管理事務所の入口付近には
2018年12月現在、国内において
野毛山動物園でのみ観覧できる

ニューカレドニアの国鳥にして飛べない鳥である
カグーの骨格展示、剥製(?)
様々な動物のタマゴの標本展示等がありました

といったところで、今回の回顧録終了です
野毛山動物園が舞台の回顧録も終了です

野毛山動物園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.