FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園 乗物遊具・室内遊び編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第863弾は、愛知県豊橋市にある
「豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園」の
「乗物遊具・室内遊び編」です
豊橋乗物1
上画像の建物は愛知県豊橋市にある今回記事の舞台
「豊橋市交通児童館」です
そして、同じく今回記事の舞台である
「向山交通児童遊園」内に整備されている
アスファルト舗装の道路を
足漕ぎカートで走行、楽しんでいた
上画像に写っている人物は、我が家の次女です

2018年9月某日、のりゅは娘達を引き連れ
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園へ
おでかけしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・公園遊具編」では、同スポットの
施設概要と有している公園遊具を紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「乗物遊具・室内遊び編」です
同スポットで楽しめる
乗物遊具と室内遊びを紹介

思い出を振り返ります

今回記事では、同スポットへおでかけ
在ることを知って
のりゅが大いに驚いた
日本一低料金で遊べる
とある乗物遊具を紹介
いたします
ぜひぜひ、読んでくださいませ~

豊橋市交通児童館
向山交通児童遊園

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 58.5キロ(片道)

到着目安 1時間

高速料金 1260円(豊川IC降車の場合)
※2018年11月時点

駐車場 28台 無料

所在地 〒440-0864 愛知県豊橋市向山町字池下35

電話 0532-61-5818

定休日 ※月曜日、12/29~1/3
※祝日、振替休日の場合は営業、翌平日に休館となる
春休み、夏休み期間は休まず営業

営業時間 9:00~17:00

入場料 無料


それでは回顧録本文ということで
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園にて
楽しめる乗物遊具と室内遊びを紹介してまいります
まずは、乗物遊具から紹介しますね
豊橋児童3
(上画像は、拡大表示可能です)
自転車・一輪車レンタル
利用料金 無料


自転車は、補助輪付もありますし
保護者が押して乗れる手押し自転車もあります
一輪車(上画像左上付近に写っている)
向山交通児童遊園内に整備されている
アスファルト舗装の道路を走行できませんが
同園内にある「一輪車乗り場」で利用できます
豊橋乗物2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
足漕ぎカート・おもしろ自転車レンタル
利用料金 無料


足漕ぎカート、様々な変則自転車を
向山交通遊園内に整備されている
アスファルト舗装の道路を走行して遊べます
豊橋乗物4
(上画像は、拡大表示可能です)
自転車、一輪車、足漕ぎカート、おもしろ自転車は
上画像左の用紙に乗りたい車種を記入
豊橋市児童館の「事務室(上画像右)」
提出することで利用できます
利用したい乗物遊具が空いていれば
すぐに乗れますが、人気のある乗物遊具は
それなりの待ち時間が発生するかもしれません
豊橋乗物4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園で
利用できる※乗物遊具の一覧であり
利用条件・利用可能時間
です
(※黒塗り部分の載っている乗物遊具を除く)

利用条件は乗物遊具によって異なりますが
利用料金は全て無料です
つまり乗れば
お金がもらえるなんてスポットが無い限り
同スポットは日本一低料金で
足漕ぎカート、おもしろ自転車を
楽しめるスポット
なんですね~

しかし、ブログ管理人は
静岡県浜松市南区にある
「石人の星公園(遠州灘海浜公園)(紹介記事へ)」
愛知県豊田市にある
「豊田交通安全学習センター(紹介記事へ)」
愛知県西尾市にある
「愛知こどもの国(紹介記事へ)」
愛知県岡崎市にある「岡崎南公園(紹介記事へ)」
愛知県安城市にある「堀内公園(紹介記事へ)」など
豊橋交通児童館・向山交通児童遊園以外にも
足漕ぎカート・おもしろ自転車を
日本一低料金(無料)で楽しめるスポットを
複数知っているし、おでかけしています


回顧録序文で書いた
在ることを知って
のりゅが大いに驚いた
日本一低料金で遊べる
とある乗物遊具
とは
足漕ぎカート・おもしろ自転車では
ありませんでした!!


とある乗物遊具
39歳男性が、もったいぶって
上画像の黒塗り加工して
あえて隠した部分に載っています


それでは発表いたしましょう!
豊橋乗物6
(上画像は、拡大表示可能です)
バッテリカー(コインカート)です!

バッテリカー(コインカート)
利用条件 3歳から6歳の未就学児で
1人で運転ができる子供(保護者が見守る)
利用料金 無料


在ることを知って
のりゅが大いに驚いた
日本一低料金で遊べる
とある乗物遊具
とは
バッテリカーだった
のでありました


豊橋交通児童館・向山交通児童遊園の
バッテリカー利用料金は、なんと無料!

申し込み用紙に利用したい旨を記入して
豊橋交通児童館の事務室へ提出
動かすために必要なコインを受け取ることで
バッテリカーを利用できるのです
乗れば、お金がもらえるなんてスポットが無い限り
豊橋交通児童館・向山交通児童遊園は
日本一低料金で
バッテリカーを楽しめるスポット
なのです!

豊橋交通児童館・向山交通児童遊園へ
おでかけする前までは

群馬県桐生市にある「桐生が岡遊園地(紹介記事へ)」
群馬県前橋市にある「るなぱあく(紹介記事へ)」
長野県飯田市にある「飯田市動物園(紹介記事へ)」
愛知県岡崎市にある岡崎南公園(紹介記事へ)
愛知県刈谷市にある「岩ヶ池公園(紹介記事へ)」
愛知県安城市にある堀内公園(紹介記事へ)
1回50円が
バッテリカー利用料金における
自身の知る日本一低料金でした
それよりも安い利用料金無料の
バッテリカーと思いがけず出会い
のりゅは大いに驚いたわけであります


ただし、日本一低料金なだけあって
豊橋交通児童館・向山交通児童遊園の
バッテリカーの利用条件は厳しいのです
豊橋交通児童館・向山交通児童遊園の
バッテリカー利用条件は
3歳~6歳の未就学児のみ
隣に大人が乗ることは禁止
されております

自分は当然ながら乗れないし
娘達は乗れる年齢を過ぎてしまいました
「もっと早く知ることができれば
日本一低料金のバッテリカーを遊ぶ
娘達を写真撮影できたんだけどなぁ~」と
残念に思う気持ちがないわけではありませんが
のりゅは、より低料金で楽しめる
乗物遊具のあるスポットを
おでかけ知識として学び
そのスポットへおでかけすることで
一定の喜びを得ることができる人物
です
同スポットへおでかけ、日本一低料金で楽しめる
バッテリカーの存在を知り、写真撮影できただけでも
それなりの喜びを得ることができたのでした

日本一低料金で楽しめる
無料のゴーカートの存在を知って

愛知県豊川市にある
「豊川市交通児童遊園(紹介記事へ)」
おでかけしたこと

日本一低料金で楽しめる
無料のミニSL鉄道の存在を知って

静岡県浜松市中区にある「佐鳴湖公園」内スポット
「ミニ鉄道公園(紹介記事へ)」
おでかけしたこと

日本一低料金で楽しめる
2つの遊園地の存在を知って

愛知県刈谷市にある西の横綱
「刈谷交通児童遊園(紹介記事へ)」
群馬県前橋市にある東の横綱
るなぱあく(紹介記事へ)おでかけしたこと

上記の過去のおでかけ事実が
のりゅが、より低料金で楽しめる
乗物遊具のあるスポットを
おでかけ知識として学び
そのスポットへおでかけできれば
一定の喜びを得ることができる人物である証拠
です

日本一低料金(無料)な
サイクルモノレール目当てに
東京都江戸川区にある
「今井児童交通公園(公式HPへ)」
おでかけするか?否か?で
迷っていることが
2018年11月現在における
ブログ管理人の1番の悩み
です
豊橋乗物7
向山交通児童遊園のバッテリカー乗場には
上画像の使われなくなったバッテリカーが
オブジェ
として設置されています
乗物遊具の1つではあるので、一応紹介しました
豊橋乗物8
向山交通児童遊園の乗物遊具の1つ
三輪車、足蹴り車
豊橋市交通児童館の事務室で受付する必要ありません
3歳未満なら自由に利用可能
です

豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園の
乗物遊具については以上です

続いて、豊橋市交通児童館で楽しめる
室内遊びを紹介します

豊橋乗物9
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋市交通児童館1階マップです
豊橋乗物10
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋市交通児童館2階マップです
豊橋乗物11
豊橋市交通児童館1階にある
「プレイルーム」は、0歳~6歳までの子供が
保護者付で楽しめる遊び場
です
豊橋乗物12
豊橋市交通児童館2階にある
「図書室」では、絵本や児童書等が読めます
豊橋乗物13
図書室隣には、電子オルガン
設置されており自由に弾くことが可能
です

4歳~10歳までの多感な時期に
ピアノを習っていた過去を持ち
今や、ピアノやオルガンの鍵盤を見て
ドレミの配置が
まったくわからないレベルまで
実力が低下した39歳男性は

上画像の「きらきらぼし」「ねこふんじゃった」等を
弾いていた長女を後方から写真撮影

「パパ~、習ってたんだよね~
何か弾いてみてよ~」とか
からかわれる危険を察知しまして
こそこそと離脱
しました
豊橋乗物14
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋市交通児童館1階の
「コミュニケーションルーム」「ワークショップ」では
塗り絵、折紙、工作、けん玉、あやとり
オセロ、将棋、囲碁等で遊べます

豊橋乗物15
(上画像は、拡大表示可能です)
室内ゲームレンタル
利用料金 無料


さらに、豊橋市交通児童館の事務室で
※室内ゲームを借りたのち
コミュニケーションルーム、ワークショップへ
持っていき遊ぶことが可能
です
(※外の砂場で使い遊べる
砂遊びセットも事務室で借りられます)
豊橋乗物16
(上画像は、拡大表示可能です)
娘達は、豊橋市交通児童館の事務室で借りられる
室内ゲームに熱中していました

次女は、上画像に写っているように
室内ゲームをアレコレいっぱい
レンタルしまくり楽しんでいました
豊橋乗物17
長女は、ジェンガを楽しんでいました

我が子(長女)が電子オルガンを
弾いていたせいで
こそこそ逃げるような行為を
するハメになった39歳男性は
我が子(長女)が楽しむため
積み上げたジェンガを
崩れるか?崩れないか?の
ギリギリの場面の狙い
故意に崩してやりたくなりました

さすがに大人気なさすぎると考えて
やりませんでしたけれど…
豊橋乗物17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋乗物17-2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅ達が豊橋市交通児童館へ
来館した時に事務室で借りたのち
コミュニケーションルーム、ワークショップにて
遊べる室内ゲームの一覧
です
時間の経過とともに借りられる室内ゲームは
変化すると思われますが
参考ということで画像掲載しました
豊橋乗物18
あと、コミュニケーションルームでは、雨の日限定で
自転車シュミレーターが楽しめる
とのことです
自転車シュミレーターの利用条件は小学生以上です
豊橋乗物19
上画像は、豊橋市交通児童館2階にある
「遊戯室」です

豊橋市交通児童館の事務室で
利用したい旨を申し込んだのち道具をレンタル
遊戯室に設置されている卓球台にて

卓球を楽しむことが可能です

卓球
利用条件 小学3年生以上~高校3年生
小学3年生は保護者の同伴が必要
利用料金 無料


のりゅの卓球経験は
学校の授業で、やった程度であり
クラスで男子が20人いたとしたら
たぶん15番目以下の実力
だと思います
それでもまぁ~
これまで数回しか卓球経験のない
10歳女児よりは、実力が上
です
豊橋乗物20
「オマエ(長女)には
たぶん卓球の才能はないな
上手くなりたければ
人より努力するしかないぞ!」

(↑卓球を教えていた時
39歳男性が我が子に送った言葉)

のりゅは、上からな物言いと態度で
長女に卓球を教えてあげました


豊橋市交通児童館において
長女に、からかわれる可能性を察知
離脱するハメになった行動や
ジェンガを崩したい衝動を
我慢したせいで、少々溜まっていた
のりゅのストレスは晴れました♪


といったところで、今回の回顧録終了です
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園が舞台の
回顧録も終了です

豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園 施設概要・公園遊具編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第862弾は、愛知県豊橋市にある
「豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園」の
「施設概要・公園遊具編」です
豊橋児童1
2018年9月某日、のりゅは娘達を引き連れ
愛知県豊橋市にある今回記事の舞台
「豊橋市交通児童館」
「向山交通児童遊園」

おでかけしました

豊橋交通児童館・向山交通児童遊園にて
のりゅは、とある遊具と邂逅しました
今では希少過ぎる遊具であり
のりゅ的には少年時代に
夢中で遊んだ想い出の遊具に
39歳男性は目を輝かせました
しかし数秒後、39歳男性は
落胆することになったのでした…


豊橋市交通児童館
向山交通児童遊園

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 58.5キロ(片道)

到着目安 1時間

高速料金 1260円(豊川IC降車の場合)
※2018年11月時点

駐車場 28台 無料

所在地 〒440-0864 愛知県豊橋市向山町字池下35

電話 0532-61-5818

定休日 ※月曜日、12/29~1/3
※祝日、振替休日の場合は営業、翌平日に休館となる
春休み、夏休み期間は休まず営業

営業時間 9:00~17:00

入場料 無料

豊橋児童2
上画像の建物は、豊橋市交通児童館です

愛知県豊橋市にある今回記事の舞台
豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園は
入場料金&駐車料金無料なスポット
です
豊橋児童2-1
豊橋市交通児童館では
天候関係なく空調の効いた空間で
様々な室内遊びが楽しめます


豊橋市交通児童館で遊べる内容や
様々な遊びの利用条件等については
次回の「乗物遊具・室内遊び編」で紹介
いたします
豊橋児童3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、豊橋市交通児童館の「事務室」にて
受付したのち乗ることができる
自転車
です
自転車は、補助輪付、補助輪無し
年齢・身長に応じたサイズが用意されています

自転車レンタル
利用条件 3歳~小学6年生
利用料金 無料

豊橋児童3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋市交通児童館の屋外エリアとなる
向山交通児童遊園は
アスファルトで舗装された道路
信号・標識・踏切等が整備されています


同スポットは、自転車を楽しみながら
交通ルールを学べるスポット
なわけですが
遊べる乗物遊具は
自転車だけではありません

日本一低料金で楽しめる
とある乗物遊具等があります

ソレについては、もったいぶって
次回の回顧録にて紹介
しますね☆

豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園の
施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・公園遊具編」です
ここからは副題の残りの部分ということで
向山交通児童遊園に
設置されている公園遊具を紹介

思い出を振り返ります
豊橋児童5
スプリング遊具、砂場(上画像黒矢印)、スライド遊具

スライド遊具は2人で乗れるタイプもありました
豊橋児童6
幼児向け複合遊具
豊橋児童7
ブランコ
豊橋児童8
特殊形状のシーソー
豊橋児童9-1
少々特殊形状のジャングルジム
豊橋児童10
カタツムリ型複合遊具(滑り台、トンネル)
豊橋児童11
ローラー滑り台
豊橋児童12
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具

複合遊具の一部にある黒矢印部分の
愛知県豊橋市の名物、路面電車な遊具は
中に入ることができます
あとで、長女から聞いた話によると
路面電車な遊具内には、ハンドルがあるそうです
豊橋児童13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、複合遊具を反対方向から撮影した写真です

それでは、今回記事の締めとして
回顧録序文で書いた
とある遊具を公開いたしますね
それがこちらの…
豊橋児童14
箱ブランコです

※諸事情により撤去されまくっている関係から
今では希少過ぎる遊具となってしまいました

(※安全上の問題)
のりゅ的には少年時代に
夢中で遊んだ想い出の遊具
でもあります
文丘小公園11
(↑上画像は、別スポットにある箱ブランコです)
想い出の遊具と書いても
少年時代に、のりゅが
箱ブランコで、一緒に遊んだ相手は
野郎(男)ばっかりです
のりゅの人生において
※箱ブランコを一緒に乗った女子は
自分の娘な次女ちゃまだけ
です
(※2年半年以上前に、静岡県浜松市中区にある
「文丘小公園(紹介記事へ)」で乗りました)

まぁ~ともあれ、想い出の希少遊具と
偶然にも出会えたわけですから
のりゅは、目を輝かせて乗ってみました
豊橋児童15
向山交通児童遊園の箱型ブランコは
地面に固定されていて
動かないことが判明
しました
「動かねぇのかよ…」と
ブログ管理人は落胆しました


しかし、落ち込んで終わりなんてのは
「楽しむ努力が足りないぞ!」と
考えましたので

2つほど即興で思いついた遊び

やってみました


固定された箱型ブランコにて
39歳男性の即興遊び①


「動け!動け!動け!動け、動いてよ!
今動かなきゃ、何にもならないんだ! 」

(↑39歳男性は心の中で叫んでいました)

「動け、動け、動け!動け、動け、動け!
動け!動け、動け、動け、動け
動いてよ! 今動かなきゃ、今やらなきゃ
みんな死んじゃうんだ!
もうそんなの嫌なんだよ!
だから、動いてよ!」

(↑39歳男性は心の中で叫んでいました)

39歳男性は
超有名新世紀ロボットアニメの
主人公のマネネタな即興遊び
をしました
しかし、シンクロ率400%超えになって
箱ブランコが動くような
奇跡は起こりませんでしたし
あまり楽しくありませんでした

固定された箱型ブランコにて
39歳男性の即興遊び②


「今は~♪もう~♪
動かない~♪
この~ゆ~う~ぐ♪」

(↑箱ブランコに乗りながら小声で歌いました)

童謡「大きな古時計」の歌詞の一部を替歌にして
小声で歌いながら
憂うミステリアス美壮年ごっこ
やってみましたが
やはり、あまり楽しくありませんでした

「楽しむ努力はしてみた
もういいだろう、他ので遊ぶぞ」と考えまして
39歳男性は箱ブランコを降りました

といったところで、今回の回顧録終了です

豊橋市交通児童館・向山交通児童遊園
次回へ続きます☆
ポートインフォメーションセンター カモメリアへおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第861弾は、愛知県豊橋市にある
「ポートインフォメーションセンター カモメリア」です
カモメリア1
2018年9月某日、のりゅは娘達を引き連れ
愛知県豊橋市にある今回記事の舞台
「ポートインフォメーションセンター カモメリア」
おでかけしました
カモメリア2
カモメリアは、上画像赤矢印の
展望台を有するスポット
です
カモメリア3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は展望台から撮影した風景の写真です
カモメリアの展望台は
日本有数の自動車港である三河港
その周辺を一望できます
あと、展望台は飲食OKです
カモメリア4
展望台に置かれていた双眼鏡で
次女ちゃまが
のりゅのことを見てきたので


「絵にも描けない美しさ~♪な
パパが、はっきり見えるか~い?」


上記の質問をしてみました
カモメリア5
次女は、のりゅの質問には答えず
無言で双眼鏡を下ろしました
そして、次女は無言で
のりゅから視線を外した
のでした

この時の次女は
大海原の水平線の向こうを
見据えるかのような
遠い目をしていた
ように
父親である自分には見えたのでした


ポートインフォメーションセンター 
カモメリア

(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 64キロ(片道)

到着目安 1時間10分

高速料金 1260円(豊川IC降車の場合)
※2018年11月時点

駐車場 24台 無料

所在地 〒441-8075 愛知県豊橋市神野ふ頭町3-29

電話 0532-34-3712

定休日 12/29~1/3

営業時間 9:00~17:00
展望台の営業は、土日祝日のみ
展望台の営業時間は
4月~9月が、9:00~20:00
10月~3月が、9:00~19:00

入場料 無料


カモメリア6
(上画像は、拡大表示可能です)
ポートインフォメーションセンター カモメリアの
1階マップ
です

ポートインフォメーションセンター カモメリアは
入場料金&駐車料金無料
です
日本有数の自動車港である三河港について
遊びながら学べる施設とのことです

回顧録序文で紹介したとおり
同施設の4階が展望台です
3階は無くて、2階は研修室です
一般の来館客が自由に利用できるのは
展望台と1階にある2つの展示室、ホール
です

「展示室1」の展示から紹介します
カモメリア7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、展示室1の展示の1つ
スライド型パネルです
港で働く人たちについて学べます
上画像黒矢印部分にあるスイッチを押すと
上画像赤矢印部分がスライドして内容が変わります
カモメリア8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、展示室1の展示の1つ
Q&Aウォールです
港湾に関する問題が10問用意されてます
扉を開くと答えを知ることができます
カモメリア9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、展示室1の展示の1つ
自動車専用船カットモデルです
舵を回すと自動車専用船の半分が上昇・下降します
内部構造を学ぶことができます

他にも展示室1には
ミニシアターQ&A(港・海に関するクイズ)
みなと映像コーナー(港に関するDVDが
自由に視聴可能)
がありますし
カモメリア10
(上画像は、拡大表示可能です)
港湾に関する展示以外に、キッズスペース
折紙、塗り絵等で遊べるデスク
があります
カモメリア11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、カモメリアの「展示室2」です
展示室2では、救急救命艇、自動車
大型練習帆船「海王丸」の模型
等が展示されています
カモメリア12
(上画像は、拡大表示可能です)
救急救命艇は、中に入ることができました
カモメリア13
(上画像は、拡大表示可能です)
展示室2に展示されている
自動車も一部を除いて、乗ることができます

トヨタ自動車の高級車ブランド
「レクサス」の車
が展示されており
乗ることができました

のりゅは、自動車に対して興味の薄い人間なので
車種は分かりませんでしたけれど
自分の稼いでいる年収では
縁のない車だということは
理解していました

カモメリア14
カモメリアから帰宅したのち、のりゅは
我が家で使っている2台の車を
購入した時には
全部おまかせしたくらい車好きで
自動車に関する知識を持つマイハニー

レクサスの車が展示されていて
娘達が乗って喜んでいたことを教えてあげました

のりゅは、マイハニーに
「レクサスの車って具体的に
どれくらいの高級車なの?」と
質問しました

我が花嫁曰く
「オマエ(のりゅ)の※レベルで
乗っていい車じゃない」
だそうです
(※レベル→マイハニー様が言うには
身長・体型・身なり・財力等の総合力のことだそうです)
カモメリア13-1
「オマエ(のりゅ)のレベルで
乗っていい車じゃない」って
この時は、知らなかったので
乗っちゃってました~☆

カモメリア15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、カモメリアの「ホール」です

ホールにある展示は
三河港フロアマップ(床)、世界地図(壁)
カモメリア16
(上画像は、拡大表示可能です)
コンテナ船模型(上画像上左)
ロープについてを学べるロープワーク(上画像上右)
コンテナ船パズル(上画像下左)
ミニカーで遊べるコーナー(上画像下右)等です
カモメリア17
(上画像は、拡大表示可能です)
娘達が、カモメリアの展示で1番熱中していたのは
ガントリーシミュレーションゲーム
タブレットのアプリゲーム
でした
カモメリア18
ガントリーシミュレーションゲームは
港の巨大なクレーン
「ガントリークレーン」
操作体験できるゲーム
です
カモメリア19
(上画像は、拡大表示可能です)
難易度は、3段階で選択可能です
カモメリア20
(上画像は、拡大表示可能です)
小学生3年生以下が普通(難易度)で
50点以上獲得できた場合
小学生4年生以上が難しい(難易度)で
50点以上獲得できた場合に
受付のスタッフさんに言って
成績を確認してもらえば
1人1日1回に限り、粗品がもらえるそうです

カモメリア21
(上画像は、拡大表示可能です)
タブレットのアプリゲームは
幼児向けから小学生以上向けまで
10種類以上のゲームを楽しめます

カモメリア22
娘達がゲームを熱中していた長時間
のりゅは、談話コーナーに置かれている
漫画を読んでました
世界的ヒット漫画「ONE PIECE」がありまして
まったく退屈せず過ごすことができました
談話コーナーには、海に関する書籍が置かれてます

といったところで、今回の回顧録終了です

ポートインフォメーションセンター カモメリア
興味を惹かれましたら来館してみてね☆
豊橋総合動植物園(2017年2月上旬) 動物園後編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第539弾は、愛知県豊橋市にある
「豊橋総合動植物園(2017年2月上旬)」の「動物園後編」です
のんサー4
(上画像は、拡大表示可能です)
「豊橋総合動植物園」マップです

2017年2月上旬、愛知県豊橋市にある
豊橋総合動植物園の施設内に造られた
体感速度80kmな本格カートを
楽しめるサーキット場

のんほいサーキット目当てに来園
3つ前の記事(クリックにて、3つ前の記事へ)
「のんほいサーキット編」では、施設内容を紹介
本格カートを父娘で人生初挑戦した模様
その感想をお送りしました

前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)「遊園地編」では
遊園地エリアに、設置されているアトラクションを紹介
楽しめなかった本格カート体験の
ウサを晴らすべく37歳紳士が
思いっきり遊んだ様子
をお送りしました
のん動物前1
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋総合動植物園の動物園マップです
赤矢印ルートで観覧しながら移動しました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「動物園前編」では、豊橋総合動植物園の動物園を
見て回った内容の前半分
新設「マンドリル舎」~新設「コツメカワウソ舎」までを
お送りいたしました

豊橋総合動植物園を舞台とする回顧録最終回となる
今回記事は「動物園後編」と題しまして
年間入園者数100万人を目指す
「のんほいパーク 100万人プロジェクト」
推進中であり、2017年3月現在
大規模リニューアルの真っ最中の
豊橋総合動植物園の動物園を見て回った内容の後半分
「オーストラリア園」「極地動物館」までを
お送りいたします

豊橋総合動植物園
(公式HPに飛びます)

浜松浜北IC付近からの距離 62キロ(片道)

高速料金 1260円(豊川ICで降りた場合)
※2017年3月現在

到着目安 1時間5分

駐車場 1650台 普通車200円 中・大型車 400円
※通常は17:00で閉門

所在地 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238

電話 0532-41-2185

営業時間  9:00~16:30(最終入場16:00)

定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
     12/29~1/1

入園料金
大人 600円 
小・中学生 100円 
未就学児は無料


のん動物後1
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋総合動植物園のオーストラリア園は
2006年に施工が完成したエリアです
整備されてから10年以上の年月が経過しているので
新設展示とはいえないかもしれませんが
そこらの動物園とは違い
上画像下左の娘達のように
木製の観察デッキから見下ろす形で
カンガルーを観察できます


木製回廊からのりゅ達の来園日は、冬だったので
カンガルーは、活発に動いていませんでした
活動するカンガルーを見たい方は

カンガルーエサやり体験
毎週日曜日 11:30~
先着10名  100円


オーストラリア園の観察デッキで開催されている
エサやり体験イベントを通じてなら
飛び跳ねるカンガルーを観覧できるかもしれません
のん動物後2
オーストラリア園から移動
「動物資料館」はスルー、次のエリアを目指しました
のりゅ達は、来館しませんでしたけれど
動物資料館は、動物について楽しく学べるように
はく製やジオラマの展示が設置されており
タッチパネル形式の動物クイズなんかもあるとのこと
のん動物後3
「なかよし牧場」へ到着

これから書くお話は、ココ最近あった
マイハニーとのやり取りです
かなり長くなりますが
皆様にぜひ知ってほしいことなので
読み飛ばしたりしないでくださいね~

竹馬、縄跳びの前飛び、鉄棒の前回り
自転車の補助輪なし走行

上記が、何か?を説明しますと
※父親である自分以外の人物が
根気よく指導したことで
娘達がデキるようになったこと
です
(※嫁、娘達の祖父・祖母に当たる人達が指導しました)

嫁「アンタの教え方が悪い!」

嫁「娘ちゃん達じゃなく
アンタに、やる気と根気がないからよ!」


マイハニーは、上記のような台詞で
のりゅを非難したのです
まぁ~認めましょう…
タワー水26
(上画像は、拡大表示可能です)
(画像解説→次女がタッチプールのヒトデに触り
長女はソレを拒否、のりゅがムリヤリ起こして
無駄にプライドの高い姉に、妹の雄姿を見させたのです)
プライドをへし折り奮起させる
アクア アト編5
(上画像は、拡大表示可能です)
(画像解説→遊園地のお化け屋敷&絶叫系を前にしたり
体験したあとの長女です)
恐怖体験を経て涙を流させることで
「涙の数だけ強くさせる」
のが
のりゅの教育方針なので
「褒めて伸ばす」などという
甘っちょろい教育方針でないことは事実
何かを上達させるという面では
不向きな教育方針かもしれません
のりゅは、娘達を強者として育てること
ソレを重要視して教育
しておりますゆえ…

それに「そのうちデキるようになるっしょ~」と
竹馬、縄跳び、鉄棒、自転車を軽視していたのも事実です
娘達をいじることはバーニング☆
のりゅが情熱を注いでいるのは
娘達を強者として育てること
なので…

しかし、嫁の非難の一部は認めても

嫁「アンタを通じて娘ちゃん達が
デキるようになったことって
ひとつもないんじゃないかしら?」


上記台詞の非難は認められませんでした!
のん動物後4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ビフォー!!
我が家の娘達は
動物とのふれあいを恐れる弱者
でした
のん動物後5
(上画像は、拡大表示可能です)
アフター!!
上画像は、豊橋総合動植物園で
動物とのふれあいを楽しむ娘達
です

「自分が教育した結果、心が強くなり
動物とふれあいを楽しめるようになった!」
のりゅは、嫁相手に
力いっぱい反論したわけであります!




「皆様にぜひ知ってほしいこと」って
以上なんですのよ♪
のん動物後6
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅのおかげで
動物とのふれあいを楽しめるようになった娘達
次女は、モルモットのふれあい体験に夢中でした
自分のお触りタイムが終わると、すぐ順番待ちの列に並び
何度もふれあい体験を繰り返していたほどでした
のん動物後7
(上画像は、拡大表示可能です)
長女は、乗馬(引き馬)に参加しました

乗馬(引き馬)
利用条件 小学生
土・日・祝日 13:30~
先着順 30名


豊橋総合動植物園の乗馬(引き馬)は
乗るだけでなく飼育員さんに引かれた馬に跨り
広場を1周させてもらえます
長女の体験した乗馬(引き馬)は、小学生限定ですけれど
のん動物後8
(上画像は、拡大表示可能です)
乗馬体験(またがる)
利用条件 幼児
土・日・祝日 11:00~
30分の時間限定


幼児のみが参加できる乗馬体験(またがる)も
なかよし牧場にて開催されてます

そんでもって、なかよし牧場の新情報です
2017年3月18日(土)10:30~
ヤギ、ヒツジ、ミニブタ相手に
有料エサやり体験が楽しめる
「もぐもぐひろば」新設されるとのことです
オープニングセレモニーも開催されちゃうそうですよ~
のん動物後9
(上画像は、拡大表示可能です)
なかよし牧場を堪能したのち
クマ、ライオン、トラが飼育されているエリアへ移動しました
このあたりの展示は、昔ながらの動物園のままです
そのうちリニューアルされるのかもしれませんね
のん動物後10
(上画像は、拡大表示可能です)
「サルデッキ」へ移動しました
2008年にオープンしたサルデッキは
樹上生活するサルの様子を
客が同じ高さ観察できる展示
です
それだけでも画期的なのに、サルのため
冷暖房・床暖房が備わっている施設だそうです
そのサルデッキの近くに
のん動物後11
「リスザル舎」が新設されました
のん動物後11-1
リスザル舎建物内部の様子
のん動物後11-2
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅが、リスザルを観察していると
1匹のリスザル君に、ガラスに張り付くほど
逆に観察され返されてしまいました
よっぽどの色男でも居たんでしょうかね~?
該当者は一名だけでしたけれどぉ~☆
ハハッ♪(←どこぞのネズミの笑い)

のん動物後12-1
リスザル舎から「ゾウ舎」へ移動
ゾウ舎の建物外にて、アジアゾウ「ダーナ」君を観覧できました
のん動物後13
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋総合動植物園のダーナ君は
国内で飼育されている
ゾウとしては最大級
とのこと
※この日、何かしらの
日本最大(級)との出会い3件目
でした
(※他2件は、クリック先の前回記事を参照)

しかし、皆様
ダーナ君のスゴさは、体の大きさだけではありません
飼育下においては
繁殖が難しいとされるゾウという動物

にもかかわらず、ダーナ君は2児の父なのです
のん動物後14
(上画像は、拡大表示可能です)
ダーナ君の第1子は
2011年9月誕生したメスゾウの「マーラ」です
母親ゾウの「アーシャ」が初出産で混乱
我が子を攻撃したため人の手によって育てられた
マーラは、1歳4か月で両前脚の骨折が判明し
現在もリハビリ中です
ゾウは、繁殖も難しければ
人工育成していくのも難しいんですね

だからなのでしょう
のりゅ達が2016年5月に来園した
国内のゾウの繁殖・飼育においては
右に出るスポットないであろう動物園
千葉県市原市にある「市原ぞうの国(紹介記事へ)」
アーシャは、移送されまして
第2子「ラージャ元気」を出産いたしました

アーシャは、出産回数こそ
のりゅが、2016年7月に来園した
兵庫県神戸市にある「王子動物園(紹介記事へ)」のゾウ
「ズゼ」の4回には、及びませんけれど
アーシャの初産は
34歳(推定)という超高齢出産
でした
当たり前のお話、第2子は
もっと※超高齢39歳(推定)での
出産記録
となります
(※アジアゾウ国内最高齢出産記録
人間年齢換算だと40代後半とのこと)

そのアーシャは、2017年3月13日
豊橋総合動植物園へ戻ってくるとのことです
もしかしたら第3子の妊娠・誕生も
そう遠くない未来起こる出来事なのかもしれません
上記のゾウ語りをしたのち

「豊橋総合動植物園の
ゾウ夫妻の今後に
チューモーク!」


日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」のコーナー
チューモーク!の司会進行役になりきって
締めくくった
わけですが

嫁「アンタが注目するべきことは
私や娘ちゃん達との今後だと思うわよ
縁を切られないように
気をつけなさいね」


冷たい視線を向けつつも
のりゅの語りを一応聞いていた嫁は
洗濯物の取り込み作業をするため
その場から立ち去っていきました
のん動物後15
ゾウ舎から移動
豊橋総合動植物園へ来園したならば
「必見」と書いても
過大表現ではないイベント
が開催される
極地動物館へ到着しました
のん動物後16
(上画像は、拡大表示可能です)
極地動物館で飼育されているペンギン
毎日10:00~ 15:00~
エサやり公開時間
があります
運良く、その時間に遭遇した自分達は
極地動物館の建屋外にて
ペンギンの水中捕食シーンを観覧できました
のん動物後17
(上画像は、拡大表示可能です)
極地動物館の建屋内にも
ペンギンは大量に飼育されており
水中を活発に泳ぎまわるペンギンを観察できます

ペンギン以外の飼育動物
ゴマフアザラシもすんげー活発で
円柱水槽を何度も行ったり来たりする姿を観覧できました
しかし、まぁ、こういったモノは余禄に過ぎません
先述したとおり極地動物園では
豊橋総合動植物園の必見イベントが開催されるからです
それがこちらの
のん動物後18
ホッキョクグマのごはん時間です

数多くの動物の行動展示が楽しめるとして
日本一の知名度を誇るであろう「旭山動物園(公式HPへ)」
その超有名動物園のホッキョクグマの
水中へ飛び込む瞬間や泳ぐ姿を
ガラス越しの間近で観察できる展示方法は
豊橋総合動植物園を参考にしている
とのこと
つまり、こっちがオリジナルなのです!
2015年4月(クリックにて、2015年4月の回顧録へ)に来たときは
そんな事実を知らず
ホッキョクグマのごはん時間をスルーしちゃったので
この時の来園時は「絶対観覧してやる!」と決意していました
のん動物後20
必見イベントなだけあって
開催時間直前は、上画像な混雑具合でしたが
のん動物後21
のりゅ達は、開催時間20分前に
場所取りしましたゆえ最前列で観覧できました
のん動物後22
イベント開催時間直前のホッキョクグマ
観覧客の頭上あたりからエサが次々に投入されました
のん動物後23
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅが撮影したエサを探す水中のホッキョクグマです
のん動物後24
ガラス越し間近で視線が合いました
のん動物後25
大迫力の上画像の場面も観覧・撮影できちゃえました

必見イベントを首尾良く観覧できて満足♪
盛大にビビる長女を
見ることができて大満足でした☆


といったところで、今回の回顧録終了
豊橋総合動植物園を舞台とする回顧録も終了です

豊橋総合動植物園
興味を惹かれましたら
ぜひ来園してみてくださいませ☆
豊橋総合動植物園(2017年2月上旬) 動物園前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第538弾は、愛知県豊橋市にある
「豊橋総合動植物園(2017年2月上旬)」の「動物園前編」です
のんサー4
(上画像は、拡大表示可能です)
「豊橋総合動植物園」マップです

2017年2月上旬、愛知県豊橋市にある
豊橋総合動植物園の施設内に造られた
体感速度80kmな本格カートを
楽しめるサーキット場

のんほいサーキット目当てに来園
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
「のんほいサーキット編」では、施設内容を紹介
本格カートを父娘で人生初挑戦した模様
その感想をお送りしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)の「遊園地編」では
遊園地エリアに、設置されているアトラクションを紹介
楽しめなかった本格カート体験の
ウサを晴らすべく37歳紳士が
思いっきり遊んだ様子
をお送りしました

今回記事は「動物園前編」と題しまして
遊園地エリアを十分遊んだのち
豊橋総合動植物園のメインである動物園エリアを
父娘で見て回った内容を皆様へお届けいたします

豊橋総合動植物園
(公式HPに飛びます)

浜松浜北IC付近からの距離 62キロ(片道)

高速料金 1260円(豊川ICで降りた場合)
※2017年3月現在

到着目安 1時間5分

駐車場 1650台 普通車200円 中・大型車 400円
※通常は17:00で閉門

所在地 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238

電話 0532-41-2185

営業時間  9:00~16:30(最終入場16:00)

定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
     12/29~1/1

入園料金
大人 600円 
小・中学生 100円 
未就学児は無料


のん動物前1
(上画像は、拡大表示可能です)
豊橋総合動植物園の動物園エリアマップです

赤黄色星印地点が出発地点
赤矢印のルートで観覧していきました
終着点は、赤青色星印「極地動物館」でした

のりゅ達が、見て回った内容をお届けする前に
豊橋総合動植物園、動物園の施設情報を説明いたします
150種類以上、800頭羽以上の動物を
飼育
する豊橋総合動植物園は
のん動物前2
(上画像は、拡大表示可能です)
年間入園者数100万人を目指す
「のんほいパーク 100万人プロジェクト」
推進中であり、2017年3月現在
大規模リニューアルの真っ最中です

2017年2月上旬に来園した
のりゅ達が観覧した時も、いくつもの
新展示施設が完成・公開
されていました
そのひとつが、遊園地から移動、最初に来館した
のん動物前3
「マンドリル舎」です
新設のマンドリル舎は、建屋が奇麗なだけではありません
のん動物前4
(上画像は、拡大表示可能です)
マンドリルの飼育施設としては、規模が日本最大!
さらに、サルの仲間の中でも
高い社会性を持つとされるマンドリル
マンドリルを複数頭飼育することで
高い社会性の一端を観覧客が
垣間見ることができる
そうなのです
しかも
のん動物前5
(上画像は、拡大表示可能です)
ガラス越しの近距離にて観察できちゃえ…

ガラス外に
マンドリルがいるぅぅぅぅ!!




あ…よく見たら我が家の次女でした
一瞬、日本初
マンドリルの放し飼いかと思った~
あせったなぁ~
…なんて
実際の観覧時、取り乱しちゃったわけであります

全ては、和歌山県勝浦市にある
「狼煙山遊園(紹介記事へ)」で受けた
狸の呪いが原因です
次女に、似た何かを見ると
見分けがつかなり
時には取り乱してしまうこととなる
恐るべき呪い
ですね

幾多のおでかけを重ね
発動を押さえ込むことはもちろん
任意に発動させることも可能となったのですが
呪いの発動が久しぶりすぎて
押さえ込むのが間に合わなかったわけですね
ぷんすか怒ってきた次女には
のん動物前6
(上画像は、拡大表示可能です)
「ソ~リ、ソ~リ~
キュートな赤ちゃんと
ユーを間違えちゃったのサァ~
HAHAHA~♪」


上記の言い訳をしたところ許していただけました
チョロい♪
のん動物前7
(上画像は、拡大表示可能です)
続いて「カバ舎」へ向かいました

カバは、自分の地元の動物園
静岡県浜松市西区にある「浜松市動物園(紹介記事へ)」
飼育されていない動物なので
ちょいとレア感を感じます
のん動物前8
(上画像は、拡大表示可能です)
そんでもって、豊橋総合動植物園のスゴイところは
カバプールが、日本最大級ということです
水量350トンとのこと
マンドリル→カバと観覧して
何かしらの日本最大と連続遭遇するとはね
※奇縁ってヤツでしょうか?
(※奇縁→不思議な縁)

カバは、プール中央の島に居た2頭以外にも
建物内に、1頭居て水中にいる様子を観察できました
のん動物前9
「アフリカ園2」の観察台Cへ移動
のん動物前10
(上画像は、拡大表示可能です)
遠方に、シマウマが見えました
本来ならダチョウも一緒に、飼育されているそうですが
鳥インフルエンザの関係で
現在は展示を中止しているとのこと

観察台Cでは、動物を観察する以外
のん動物前11
(上画像は、拡大表示可能です)
シマウマエサやり体験
毎週土曜日 13:30~
先着15名様 1カップ100円


毎週土曜日 13:30~先着順にて
シマウマ相手のエサやり体験イベントを開催してます
そんでもって、公式HPには
2017年3月以降の予定しか書かれていませんが
4月以降も継続してイベントを開催していくそうですよ
のん動物前12
「アフリカ園1」と、アフリカ園2の間の通路を抜け
「シロサイ舎」にて、シロサイを観覧しました
サイもカバ同様
浜松市動物園で、飼育されていないので
のりゅ的に、ちょいとレア感を感じる動物です
のん動物前13
(上画像は、拡大表示可能です)
続いて「夜行性動物館」へ入館しました
館内が暗いため、カメラ撮影したところで、マトモに写りません
でも、活発に動き回る夜行性動物を
観覧できる工夫の展示施設でした
のん動物前14
(上画像は、拡大表示可能です)
飼育されている動物、その配置は上画像のとおりです
のん動物前15
アフリカ園1へ向かう途中「野外恐竜ランド」
「豊橋市自然史博物館(紹介記事へ)」が見えたので
長女がソコへ行きたいと主張してきました
のりゅは、遊ぶ優先順位の関係から
豊橋市自然史博物館を
この時、スルーしようと思ってました
でも、愛する娘の頼み事ですからね~
鹿島八幡12
(上画像は、拡大表示可能です)
「頬ズリズリ♡1回で許可
頬ズリズリ♡2回で

※シアターを鑑賞させてやろう」
(※豊橋市自然史博物館の大型映像で鑑賞できる
恐竜等を題材にしたムービー)
のん動物前15-1
長女「じゃあいいや、行かない」



即決!!
考えるそぶりもなしかい!

のん動物前16
「どの程度の見返りを用意すれば
長女は、超嫌がりながらも
頬ズリズリ♡をさせてくれるのかなぁ~?」

とか考えながら、アフリカ園1の観察台Aへ到着
のん動物前17
(上画像は、拡大表示可能です)
キリンエランドが観覧できました
のん動物前18
「郷土の動物園」へ移動しました
このエリアの飼育檻は
比較的新しいモノばかりのように感じました
のん動物前19
(上画像は、拡大表示可能です)
観覧できる動物は、ニホンカモシカ(上画像上左)
コウノトリ(上画像上右)タンチョウ(上画像下左)

日本に生息する動物ばかりなのですが
何故かフラミンゴ(上画像下右)
このエリアで飼育されていました
リニューアル工事関連の一時的な措置なのかもしれません

そんでもって、このエリアで
もっともホットなのが
のん動物前20
新設された「ニホンザル舎」です
のん動物前21
(上画像は、拡大表示可能です)
上から観察できるのはもちろん
ガラス越しに下からも観察できる構造な新展示施設です
ここでは

ニホンザルへのエサやり体験
毎週日曜日 13:30~
先着30名、1カップ100円

エサやり体験イベントも開催されるとのこと
のん動物前22
(上画像は、拡大表示可能です)
カラフルなオシドリ(上画像上右)
インドクジャクの変異種シロクジャク(上画像下左)
かっこいいハヤブサ(上画像下右)等を観覧しつつ
「バードエリア」を抜けたあたりにある
のん動物前23
コツメカワウソの新設展示に辿り着きました
のん動物前24
(上画像は、拡大表示可能です)
ガラス越しの間近で、コツメカワウソを
観察できる新設展示を上から覗いたところ
のん動物前25
(上画像は、拡大表示可能です)
1匹のカワウソ君が
5匹のいじわるカワウソに、追い詰められていました

最近のとある家庭のお話です
1人の可哀そうな男性が
徒党を組んだ
3人のいじわる女子に
非難されるんです


といったところで、今回の回顧録終了です

豊橋総合動植物園、動物園エリア
次回へ続きます☆
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.