FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202011
磐田市竜洋昆虫自然観察公園 屋外ゾーン編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1116弾は、静岡県磐田市にある
「磐田市竜洋昆虫自然観察公園 屋外ゾーン編」です
竜洋昆虫2回1
2020年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のマー君に
同行してもらいまして
静岡県袋井市&磐田市にある
スポットを巡り遊びました

この日巡り遊んだスポットの1つこそが
静岡県磐田市にある今回記事の舞台
「磐田市竜洋昆虫自然観察公園」でした
磐田昆虫3
(上画像は、拡大表示可能です)
磐田市竜洋昆虫自然観察公園マップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「こんちゅう館編」では
磐田市竜洋昆虫自然観察公園の施設概要と
同スポットが内包している昆虫展示施設
「こんちゅう館」の展示内容を紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「屋外ゾーン編」と題しまして
磐田市竜洋昆虫自然観察公園の
屋外敷地に設置されている遊具や
散策しつつ観て楽しめる内容を紹介

思い出を振り返ります

それでは、言葉遊びの一種
「なぞかけ」を1つ披露
しまして
今回記事序文を締めさせていただきます
竜洋昆虫2回1-1
磐田市竜洋【昆虫】自然観察公園

整いました!!

【昆虫】とかけまして
竜洋昆虫2回2
(上画像右は、別スポットで撮影した写真です)
【父親(のりゅ)から
ゴリラのオブジェに
抱かれてみることを
勧められた次女】
と解きます!


その心は
ズー遊具5
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
どちらもむし(無視)(虫)】です

でも、上画像は
2018年10月末に撮影した写真であり
プライドに囚われていた頃の次女
撮影した写真でもあります

本郷2&3-9
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
最近(2020年)の次女は
父親(のりゅ)から

ブタ型オブジェ
乗ることを勧められても
プライドに囚われることなく
ユーモアを披露できちゃう
素晴らしき女児へと
成長しました!!


磐田市竜洋昆虫自然観察公園
(公式サイトへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 24.5㎞(片道)

到着目安 50分

駐車場 50台 無料

所在地 〒438-0214 静岡県磐田市大中瀬320-1

電話 0538-66-9900

定休日 木曜日、12/28~12/31
※木曜日が祝日の場合営業、翌平日が休業となる

営業時間 9:00~17:00(最終入園16:30)

有料ゾーン入場料 大人330円 小中学生110円
※幼児は無料


竜洋昆虫2回3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の複合遊具
磐田市竜洋昆虫自然観察公園内にある
遊具広場に設置されてます

遊具広場は無料ゾーンなので
複合遊具は、お金を支払わず遊べます

竜洋昆虫2回4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、複合遊具を別角度から撮影した写真です

複合遊具が設置されている
遊具広場周辺の林や草むらは
昆虫採集ゾーンとなっており
無料で昆虫を捕まえて楽しむことができます

竜洋昆虫2回5
娘達は複合遊具の一部の上画像遊具部分が
気に入ったらしく乗る役と押して揺らす役を
交互に交代して楽しんでました
竜洋昆虫2回6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、磐田市竜洋昆虫自然観察公園内の
中央ゾーンを撮影した写真です

中央ゾーンは、入場有料の
こんちゅう館を通り抜けねば行けません
(↑有料ゾーン入場料
大人330円 小中学生110円 幼児無料)


中央ゾーン内ゾーンの1つ、学校ゾーンには
小学校の生活科・理科の教科書に出てくる
草花や野菜、樹木が植えられているとのことです
竜洋昆虫2回7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、磐田市竜洋昆虫自然観察公園内の
中央ゾーンにある「めだかの学校」
名付けられている小川を撮影した写真です

めだかの学校(小川)では
メダカを観察して楽しめるとのことです
竜洋昆虫2回8
(上画像は、拡大表示可能です)
めだかの学校(小川)脇には
童謡「めだかの学校」の歌詞の書かれた看板が
設置されてます
竜洋昆虫2回9
(上画像は、拡大表示可能です)
磐田市竜洋昆虫自然観察公園内の
屋外ゾーン(有料ゾーン)には
クイズラリー(野外編)の
問題を記した看板も設置されてます

通常時なら、こんちゅう館内の受付で
解答用紙と鉛筆を借りたのち
昆虫関連のクイズラリーが楽しめるとのことですが
2020年10月現在は
非常事態な世の中の現状の影響で
クイズラリーは休止中とのことです
竜洋昆虫2回10
(上画像は、拡大表示可能です)
クイズラリーの答えは、こんちゅう館内に貼られてます
竜洋昆虫2回11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、磐田市竜洋昆虫自然観察公園内の
中央ゾーンと北ゾーンを、つないでいる
地下通路を撮影した写真です

地下通路には
水中観察窓が設けられてます

(↑上画像黒矢印部分参照)

モツゴ、テナガエビ、コマツモムシ、モクズガニなど
生物を観察して楽しめるとのことですが
竜洋昆虫2回12
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が遊びに行った日は
観察しづらかった
です
竜洋昆虫2回13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、磐田市竜洋昆虫自然観察公園内の
北ゾーンを撮影した写真です
竜洋昆虫2回14
(上画像は、拡大表示可能です)
遊具ではありませんが、北ゾーンには汽車(電車)を
意識して設置されたようなベンチがあります
竜洋昆虫2回15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、北ゾーンにある
野鳥観察舎を撮影した写真です
竜洋昆虫2回16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、野鳥観察舎から
見えた風景を撮影した写真です

野鳥観察舎の小窓からは
水鳥を見ることができるかもしれませんし
晴れた日は富士山が見えるかもしれないとのことです
竜洋昆虫2回17
野鳥観察舎を利用する前
散策路を歩いていて
同舎建物が遠目で確認できた時

マー君(上画像の男性)が
「なんのための小屋だろ?」と
つぶやいたのが聞こえました

竜洋昆虫2回18
磐田市竜洋昆虫自然観察公園の
パンフレットを片手に歩いていた
自分は、マー君に
野鳥観察舎だと
教えてあげようと思いました

竜洋昆虫2回19
しかし、のりゅが
教えるよりも先に
上画像赤矢印部分に
写っている輩(長女)

マー君に
【バードウォッチング】のための
小屋
だと教えてしまいました!


「長女の分際で、我を
差し置いて解説しやがってぇ!
しかも、アホのくせに
【バードウォッチング】なんて
シャレオツなワードを
用いるとは生意気だ!!」


のりゅは、上記を考えて憤りました
竜洋昆虫2回20
のりゅは、長女に
「ねぇ~
【バードウォッチング】を
英語で書けないのに
使っちゃって
恥ずかしくないのぉ~?」と
言いがかりをつけて絡みました


長女から「ウザい!○ね!」と
罵られましたが、イラっとしていた
我が子の表情を見れたことで
のりゅは怒れていた気持ちは
多少晴れました~♪


でも、結果として
我が子をイラつかさせる
挑発には成功したものの

少々危うい賭けでもありました

なぜなら、長女だけでなく
のりゅもまた
【バードウォッチング】を
英語で書けないから
です

長女「そんなこと言う
パパは書けるんだね?
地面の上でいいから
【バードウォッチング】を
英語で書いてみろ!クソ親父!
マー君、答え合わせしてね」

(↑四十路男性が恐れた長女の想像上の発言)

長女に上記を
言われたとしたら
ぐぅの音もでない立場に
追い込まれる未来も
あったかもしれませんね…


磐田市竜洋昆虫自然観察公園の
屋外ゾーンの紹介は以上です
竜洋昆虫2回21
おまけな情報

ガイドウォーク
開催日 主に土日祝日開催
時間 11:00~、13:00~、14:00~ 1日3回
参加費 無料
備考 予約不要


通常時、磐田市竜洋昆虫自然観察公園では
スタッフの方がここだけの話も交えながら
屋外ゾーンを案内してくれるとのことですが
2020年10月現在は
非常事態な世の中の現状の影響で
ガイドウォークは休止中とのことです

といったところで、今回の回顧録終了
磐田市竜洋昆虫自然観察公園が
舞台の回顧録も終了です

磐田市竜洋昆虫自然観察公園
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



磐田市竜洋昆虫自然観察公園 こんちゅう館編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1115弾は、静岡県磐田市にある
「磐田市竜洋昆虫自然観察公園 こんちゅう館編」です
磐田昆虫1
2020年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のマー君に
同行してもらいまして
静岡県袋井市&磐田市にある
スポットを巡り遊びました

この日巡り遊んだスポットの1つこそが
静岡県磐田市にある今回記事の舞台
「磐田市竜洋昆虫自然観察公園」でした
磐田昆虫2
上画像に写っている人物は
娘達&マー君なのですが
アンフェアなのは誰か?


答えは全員です

なぜ、上画像に
写っている人物全員が
アンフェアなのか?を説明しますね


のりゅ達は
磐田市竜洋昆虫自然観察公園に遊びに行く前
静岡県袋井市にある
「みつかわ夢の丘公園(紹介記事へ)」
来園しました
みつ夢の丘10
みつかわ夢の丘公園は、2018年3月に
整備が完成してオープンしたばかりのスポットであり
設置されている遊具も
なかなかハイレベルなのですが
のりゅ達が朝早く来園した時間
ハチが、ぶんぶん飛び回ってました


娘達&マー君、おでかけメンバー3名から
マイカーに戻りたい意思を主張されたため
ロクに遊具を遊ばないまま、みつかわ夢の丘公園を
退園することになりました

そんな虫関連のトラブルに
被災おきながら
次の目的地なスポットが
昆虫関連なスポットだったことから
娘達から
「またハチがいる!」
「そんなところ行きたくない!」と
大ブーイングをくらいました


のりゅは、娘達に
磐田市竜洋昆虫自然観察公園は
スタッフの方が日中常駐していて
管理されているスポット
だから
ハチなんて危険な昆虫は
棲息していないと思われることを
説明しました

磐田昆虫2
次女「じゃあ、ハチが居たら
罰として私に
500円払ってもらうからね!」


ハチと遭遇する危険リスクは
低いことを我が子らに
説明した自分でしたが、そのことで

次女から
アンフェアな賭けを
通告されてしまいました


そして、その直後

長女「パパ~♪その時は
私にも払ってね~♪」


マー君「僕にも払ってね~♪」

次女に便乗した
長女&マー君からも
アンフェアな賭けを
通告されてしまった
のでした

アンフェアなのは
上画像の人物全員
です

以上が、磐田市竜洋昆虫自然観察公園に
遊びに行く前、移動中の車中での思い出話です

磐田市竜洋昆虫自然観察公園
(公式サイトへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 24.5㎞(片道)

到着目安 50分

駐車場 50台 無料

所在地 〒438-0214 静岡県磐田市大中瀬320-1

電話 0538-66-9900

定休日 木曜日、12/28~12/31
※木曜日が祝日の場合営業、翌平日が休業となる

営業時間 9:00~17:00(最終入園16:30)

有料ゾーン入場料 大人330円 小中学生110円
※幼児は無料


磐田昆虫3
(上画像は、拡大表示可能です)
磐田市竜洋昆虫自然観察公園マップです

磐田市竜洋昆虫自然観察公園は
様々な昆虫や自然と触れ合えるスポットであり
駐車料金無料なスポットでもあります

上画像マップに載っている遊具広場
無料ゾーンであり、お金を支払わず
設置されている遊具を楽しむことができます


遊具広場に設置されている遊具は
次回の回顧録で紹介しますね

さらに遊具広場周辺の林や草むらは
昆虫採集ゾーンとなっており
無料で昆虫を捕まえて楽しむことができます

磐田昆虫4
磐田市竜洋昆虫自然観察公園内にある上画像施設
こんちゅう館、入場有料であり
大人330円、小中学生110円
支払うことで入館できます


こんちゅう館を通り抜けなければ
行くことができない屋外ゾーンもあります


磐田市竜洋昆虫自然観察公園の
屋外ゾーンは次回の回顧録で紹介しますね

今回記事は、回顧録副題を
「こんちゅう館編」と題しまして
上画像の施設
こんちゅう館の展示を紹介

思い出を振り返ります
磐田昆虫5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、こんちゅう館に入館して直ぐの場所の
展示コーナーを撮影した写真です

こんちゅう館1階には
生態展示室&企画展示室があります

上画像だけでも
国内外の昆虫を生きた状態で
飼育・展示している
透明展示BOXが
数多く設置されているのを分かってもらえるでしょう
磐田昆虫5-2
(上画像は、拡大表示可能です)
透明展示BOX(水槽を含む)は
こんちゅう館1階の各所に膨大な数
設置されており
「こりゃ1階だけで
入場料以上の価値があったな」と
思えたほど見応えアリアリ
でした

ここからは、のりゅが注目した
こんちゅう館1階の展示の数々を紹介
します
磐田昆虫6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、ヘラクレスオオカブトです

昆虫に疎い自分でも知ってる
世界最大のカブトムシということで注目しました
磐田昆虫6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、世界最大のカブトムシの蛹&幼虫は
この時が人生初観覧だった自分は
上画像の展示にも注目しました

ヘラクレスオオカブトの幼虫の解説書を見たら
※【昆虫は幼虫のときしか大きくなれない】との
知識を得ることができました
(※上画像赤線部分の記述)
磐田昆虫8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、ネプチューンオオカブトです

世界で2番目に大きいカブトムシであり
上画像右の解説によれば、カッコよさでは
ヘラクレスオオカブトに負けておらず
レア度は、ネプチューンオオカブトの方が
上とのことなので注目しました
磐田昆虫9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、エレファスゾウカブトです

上画像右の解説によれば
世界最大の重量級なカブトムシとのことなので
注目しました
磐田昆虫10
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、サビイロカブトです

ツノが短いカブトムシとのことですが
上画像右の解説に
【「ほんとにこれで戦えるのか?」って
ぐらいみじかい】
との記述があり
ちょい笑ってしまったので注目しました
磐田昆虫11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、ギラファノコギリクワガタです

世界最大のクワガタムシとのことなので注目しました
磐田昆虫12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、ニジイロクワガタです

世界一美しいのクワガタムシとのことなので
注目しました
磐田昆虫13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、ダイオウヒラタクワガタです

上画像右の解説の記述
※【我が名は『大王』】とのインパクトにやられて
注目させられてしまいました
(※上画像右赤枠部分の記述)
磐田昆虫14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は
ローゼンベルグオウゴンオニクワガタです

上画像右の解説に
※【とりあえず名前が ど長い】
※【名前をスラスラいえるようにしておきたい
クワガタNO1】
の記述があり
かなり笑ってしまったので注目しました
(※上画像右赤枠部分の記述)
磐田昆虫15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像解説の昆虫は
エメラルドゴキブリバチです

日本初展示となる美しい姿のハチとのことですが
のりゅが注目した理由は
ハチが展示されていたことで
アンフェアな人物3名に
1500円(罰金500円×3名)
払えと要求されることを
心配したから
でした
磐田昆虫16
(上画像は、拡大表示可能です)
アンフェアな人物3名は
ハチが展示されていることに
気付かなかったのか?
それとも、のりゅに通告した
アンフェアな賭けのことなど
すっかり忘れていたのか?は
分かりませんが罰金を払えと
要求されたりする展開はなく
心配は杞憂に終わりました

磐田昆虫16-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の昆虫は、ヨロイモグラゴキブリです

上画像右の解説によれば
世界最大の重量級なゴキブリとのことなので
注目しました
磐田昆虫16-2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像解説の昆虫は
ブラベルスギガンテウスです

この名前でゴキブリなんかぁ~」と考えて
注目しました

のりゅが注目した昆虫は以上ですが
こんちゅう館では
昆虫以外の生物も飼育・展示
されてました
磐田昆虫17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の生物は
メキシカンレッドニータランチュラです

クモなのに見た目が
カッコ良すぎと思えたので注目しました
磐田昆虫17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の生物は
スラウェシブラックオオムカデです

ムカデなのに見た目が
カッコ良すぎと思えたので注目しました
磐田昆虫18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左の生物は、日本に生息しているサソリ
ヤエヤマサソリです

日本にサソリが棲息していることを
上画像右の解説を見るまで知らなくて注目しました

のりゅが注目した昆虫以外の生物は以上ですが
こんちゅう館では、他にもカエルなどの両生類
トカゲ、カメなどの爬虫類も飼育・展示されてました
磐田昆虫22
(上画像は、拡大表示可能です)
こんちゅう館1階の展示を一通り観て回ったのち
同館2階に移動しました

こんちゅう館2階の展示内容のメインは
上画像の標本展示室です
磐田昆虫23
(上画像は、拡大表示可能です)
標本展示室では
国内外の約1700種・約3000点の
昆虫標本が展示されてます

磐田昆虫24
(上画像は、拡大表示可能です)
カブトムシ&クワガタムシ
磐田昆虫25
(上画像は、拡大表示可能です)
色鮮やかなチョウなど
数多くの昆虫標本が展示されてました
磐田昆虫26
(上画像は、拡大表示可能です)
あと、巨大なの昆虫標本や
磐田昆虫27
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅの手くらいの大きさな
カミキリムシの昆虫標本も展示されていて
「生きている個体を実際に目にしたら
キモイだろうけど標本を見る分には面白いな」と
考えつつ楽しみながら観て回れました
磐田昆虫27-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、こんちゅう館2階にある
ジオラマコーナーです

保護色によって外敵から身を守る習性のある
昆虫が展示されているので
探し楽しみつつ学べる展示です

こんちゅう館2階の展示内容の紹介は以上です
磐田昆虫28
(上画像は、拡大表示可能です)
おまけな情報①

同館1階には、図書室があります

図書室では昆虫に関する本を自由に読んだり
おりがみを折って遊べるとのことですが
のりゅ達が来館した日は
非常事態な世の中の現状により使用禁止でした
磐田昆虫29
(上画像は、拡大表示可能です)
おまけな情報②

こんちゅう館と書くよりは
磐田市竜洋昆虫自然観察公園は
上画像を例として
様々なイベントが開催されるスポットです

興味を惹かれた方は、公式HPに掲載されている
イベント情報を閲覧して参加することを
検討されてみてはいかがでしょうか?
磐田昆虫30
(上画像は、拡大表示可能です)
おまけな情報③

こんちゅう館内には、自由に持ち帰れる
昆虫ぬり絵が置かれてます

非常事態な世の中の現状でなければ
色鉛筆を借りたのち、その場で
昆虫ぬり絵を楽しむことができたみたいです
竜洋昆虫2回10
(上画像は、拡大表示可能です)
おまけな情報④

通常時なら、こんちゅう館内の受付で
解答用紙と鉛筆を借りたのち
昆虫関連のクイズラリーが楽しめるとのことですが
2020年10月現在は
非常事態な世の中の現状の影響で
クイズラリーは休止中とのことです

といったところで、今回の回顧録終了です

磐田市竜洋昆虫自然観察公園
次回の「屋外ゾーン編」に続きます☆
安久路公園(2018年2月末)へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第786弾は、静岡県磐田市にある
「安久路公園(2018年2月末)」です
安久路2018-1
2018年冬(2月末)におでかけした
静岡県磐田市にある今回記事の舞台
「安久路公園」
2018年の夏が始まってしまった時期に
皆様にお届けすることになってしまいました…
(※回顧録作成が遅れた理由を知りたい方は
クリックにて、参照記事へ飛びます)


静岡県浜松市西区の公園巡りを終えた自分と娘達
帰宅するには、まだまだ早い時間帯だったので
お隣の市町村である静岡県磐田市まで移動
前回記事(クリックにて、前回記事へ)の舞台
「磐田市交通安全教育センター」を退場したのち
同市内にある今回記事の舞台
安久路公園へ来園しました
安久路2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
「愛の試練」
「涙の数だけ強くなれるよ」
某ヒットソングのフレーズが有名ですね
絶叫アトラクションや
お化け屋敷等を通じて
子供を涙の数だけ強者へと成長させる
のりゅが実践する教育方法
です
※これまでブログ上で、娘達に与えた
数多くの愛の試練の顛末をお送りしてきました
(※クリックにて、長女最新の愛の試練回顧録へ)
(※クリックにて、次女最新の愛の試練回顧録へ)
(※↑上記リンクは、愛の試練例です)

対象となる子供が持つ
勇気や怖いモノへの耐性にもよりますけれど
幼稚園児~小学生低学年相手ならば
愛の試練の舞台として十分使える遊具が
安久路公園にはある
のです
安久路2018-2-1
この時の愛の試練ターゲットは
我が家の次女ちゃま(7歳)
でした☆

安久路公園
(市町村の紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 17キロ(片道)

到着目安 40分

駐車場 30台

所在地 〒438-0017 
静岡県磐田市安久路2丁目10−4

電話 0538-38-4150(ゆめりあ)


安久路2018-3
(上画像は、拡大表示可能です)
安久路公園マップです

遊具が設置されているのは「こども広場」です
安久路公園に設置されている遊具を紹介します
安久路2018-4
鉄棒
安久路2018-5
ブランコ
安久路2018-6
スプリング遊具
安久路2018-7
砂場
安久路2018-8
幼児向け複合遊具
安久路2018-9
(上画像は、拡大表示可能です)
※静岡県磐田市内NO1の規模を誇る
スウェーデン製の大型複合遊具

(※のりゅの推定です)

実は、上画像は大型複合遊具の裏側だったりします
幼稚園児~小学生低学年相手ならば
愛の試練の舞台として十分使える遊具

大型複合遊具の正面に付いているので
もったいぶった結果、裏側の画像から掲載しました
大型複合遊具正面の画像はこちら…
安久路2018-10
(上画像は、拡大表示可能です)
ででんっ!!
安久路2018-10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
トンネル滑り台、吊り橋チェーン
クライミングウォール、ジャンプして移動する足場
触って遊べる仕掛け等付の
安久路公園の大型複合遊具
ですが
目玉な遊べる内容は
2つ前の画像で、一際目立つ滑り台
ですね
安久路2018-11
(上画像は、拡大表示可能です)
でででんっ!!

大型複合遊具正面に付いているのは
安久路公園が誇る急降下仕様の滑り台

「フリーフォール」!!
安久路2018-12
(上画像は、拡大表示可能です)
フリーフォール上部より撮影した画像です

フリーフォールの急降下仕様にビビった次女は
「怖い!こんなの滑りたくない!」と言いだしました
そこで、のりゅは

「フリーフォールを滑れたら
帰りに、ガチャガチャ1回
やらせてあげちゃいま~す」


娘達に、フリーフォールを滑った場合の
ご褒美を提示しました
安久路2018-13
フリーフォールが急降下仕様とはいえ
※6歳の時に滑ったことのある長女は
難なくフリーフォールをクリアしました
(※クリックにて、その時の参照記事へ)

「長女に、ガチャガチャ1回か…
まぁ~6歳の時に滑ってたしな
今さらビビったりせんかぁ~
さて、7歳の次女ちゃんは
滑ってみるぅ~?」


のりゅは、写真撮影したのち
隣で長女のフリーフォールスライドを見ていた次女に
チャレンジするか?否か?を尋ねました
安久路2018-14
次女のやる気スイッチをONにする
のりゅの仕込みは成功しました☆

安久路2018-15
(上画像は、拡大表示可能です)
次女ちゃまの初回スライド場面です
安久路2018-16
初回スライドを終えた次女
恐怖から腰が抜けてたんでしょうかね~?
ずり下がったズボンを直さず、4つんばいで
フリーフォールの終着点へ移動してました
安久路2018-17
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、1回滑ったら
フリーフォールへの恐怖が無くなったようです
娘達は何度もスライドを楽しんでいました

といったところで、今回の回顧録終了です

安久路公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
磐田市交通安全教育センターへおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第785弾は、静岡県磐田市にある
「磐田市交通安全教育センター」です
磐田交通1
2018年冬(2月末)におでかけした
静岡県磐田市にある今回記事の舞台
「磐田市交通安全教育センター」
2018年の夏が始まってしまった時期に
皆様にお届けすることになってしまいました…
(※回顧録作成が遅れた理由を知りたい方は
クリックにて、参照記事へ飛びます)


静岡県浜松市西区の公園巡りを終えた自分と娘達
帰宅するには、まだまだ早い時間帯だったので
お隣の市町村である静岡県磐田市まで移動
当ブログのブログ仲間(紹介記事へ)
「tomパパのつれづれブログ(タイトルブログへ)」さんの
2018年1月28日にアップされた記事を読んで
存在を知った磐田市交通安全教育センターへ
この時、おでかけしました
磐田交通2
磐田市交通安全教育センターでの目的は
次女の補助輪無し自転車における
走行技術の維持・向上

ソレに伴う、のりゅの
対マイハニー反論力の強化
でした

次女の自転車補助輪無し走行技術の維持・向上が
なぜ、のりゅの対マイハニー反論力の強化に
つながるのか?は、回顧録本文にて説明いたします

磐田市交通安全教育センター
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 16.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 10台 無料

所在地 〒438-0086 静岡県磐田市見付5921

電話  0538-32-5029

定休日 月・火・年末年始

営業時間 8:30~16:30 

備考① 施設利用料、自転車レンタル料は無料です

備考② 施設利用は、1人1回30分とのことです

備考② 自転車を持ち込んでも良いとのことです


磐田交通3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、磐田市交通安全教育センター施設情報です

磐田市交通安全教育センターは
駐車&施設利用料金無料
施設利用は、1人1回30分

磐田交通4
受付を済ませれば
※補助輪付自転車、子供用自転車
ママチャリ等の自転車を
無料で借りることができます

(※三輪車もありました)
磐田交通5
あとは、アスファルト舗装コースで自転車練習したり
磐田交通6
(上画像は、拡大表示可能です)
信号機、一時停止標識、踏切等が
コースに設置されているので、親の指導の元
子供が、交通ルールや交通マナーを学べる施設です
磐田交通6-1
磐田市交通安全教育センターの
施設内容を紹介したところで
次女の補助輪無し自転車における
走行技術の維持・向上が

なぜ、のりゅの
対マイハニー反論力の強化

つながるのか?
を説明します
磐田交通7
(上画像は、拡大表示可能です)
2017年夏、静岡県浜松市北区にある
「三ヶ日交通公園(紹介記事へ)」にて
どっかの誰かさんが
休憩ばかりしていた中

のりゅは辛抱強く一生懸命
次女の補助輪無し自転車を
走行練習に付き合いました
その結果、次女は補助輪無し自転車を
乗れるようになりました

次女相手に
自転車の補助輪無し走行を
仕込み・習得させたことは
のりゅの教育成果の1つ
なのです

マイハニー「ブログばっかりで
アンタって、娘ちゃん達のこと
何もやってくれないよね~」


のりゅは、マイハニーから
上記な嫌味をよく言われます

そんな時、次女相手に
自転車の補助輪無し走行を
仕込み・習得させたことは
のりゅの反論材料の1つ
なのです

通っている小学校のルールにより
自宅付近だけが自転車の乗って良い範囲の次女
母親(マイハニー)が
「身長が伸びるだろうし、今買ったら
もったいないでしょ」との意見なため
次女は、マイ自転車を持たせてもらえてません
普段乗る機会が少ないあまり
次女ちゃまが補助輪無し自転車を
乗れなくなってしまったら
のりゅ的に困るわけであります!
磐田交通9
(上画像は、拡大表示可能です)
「乗れなくなってたりして…」なんて
少々心配していましたけれど
次女は、補助輪無し自転車を普通に乗れてました

「次女ちゃん
GOODな走りだよ!
きっと教えた人が
素晴らしい
んだね!」


娘達の自転車走行を見守っていた自分は
上記な台詞で、次女を褒め称えました
磐田交通10
「次女って普段乗らないのに
うまく乗れているよね
きっと教えた人が
素晴らしいから
だよね?」


のりゅは、長女相手に  
次女を褒める内容の話を振り同意を求めました
しかし、同意に対しては無視され
長女に「パパ、あそこを走るから見て!」と言われました
磐田交通11
磐田交通12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、8の字コースをはみ出さず
足をつくことなく走ってのけた長女です

しかし、そんな自転車走行技術を
見せつけられたということは
のりゅが次女ばっかり褒めるもんだから
長女は嫉妬したということ
でしょうかね~
磐田交通13
(上画像は、拡大表示可能です)
8の字コース成功で調子に乗った長女は
続けて、U字コースをチャレンジ
その際、失敗・転倒してました☆

磐田市交通安全教育センターでの思い出は以上
といったところで、今回の回顧録終了です

磐田市交通安全教育センター
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆

おまけの情報
磐田交通14
(上画像は、拡大表示可能です)
磐田市交通安全教育センターの自転車コース脇には
動物のオブジェが設置されてます
小さいお子さんが、乗って遊ぶことくらいは可能です
かぶと塚公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第408弾は、静岡県磐田市にある
「かぶと塚公園」です
かぶと塚1
2016年6月末、自分と娘達
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人、マー君と
静岡県磐田市の公園巡りをしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「今之浦公園」
我が家の次女のせいで恥をかいた
2016年6月末に実施した静岡県磐田市の公園巡り
最後の訪問予定地「かぶと塚公園」へやってきました
…が、何らか競技大会が開催されていたようで
来園した日のかぶと塚公園は、メチャ混み状態
駐車場の空きが見つかりません
でした

そんな状態を見かねたマー君から
「駐車場の空きを見つけたら止めておくから
娘さんと行って来れば~」と提案
されました
さすが「※おでかけ四天王」筆頭ですね
(※おでかけ仲間の別称、クリック先の
おでかけ仲間の紹介記事には、5名のメンバーが
名を連ねていますが仕様です)


効率重視で魅力的かつ
「この場は俺にまかせろ!」的ニュアンスの
少年漫画王道提案!
頼りになりますね~

おでかけ前の計画の段階&おでかけ時
マー君のお仕事

娘達の子守
抱っこ要求魔(次女)の運搬
ブログ掲載用写真撮影係
のりゅの雑談相手
訪問スポット提案役
おでかけ計画相談役
※ナビゲーター

(※近隣市町村を巡る車には、カーナビが搭載されておらず
のりゅはスマホを持っていないため)

上記に、困ったときの代理運転手が加わりました☆

この場は、マー君に甘えて(任せて)娘達と
かぶと塚公園へ行こうとしたのですが…
かぶと塚2
長女「今、良いところ~
やめられないから待ってる~」


3DSに夢中だった長女は、かぶと塚公園の来園を拒否
まぁ、ヘタにやめさせても長女が不機嫌になって
対応がめんどくさくなるだけなので認めることにしました
なので、次女と2人で来園しようとしたところ…

次女「パパと行きたくない!」

前回記事(クリックにて、前回記事へ)のこともあり
次女は、拗ねていました
娘達2人が同伴してくれないとなる
今回の回顧録が
「(大きな子供が)1人おでかけ回顧録」
なってしまいますね
それは、極力避けたいところでしたゆえ
次女相手の伝家の宝刀を抜くことにしました

かぶと塚公園
(市町村HP紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 16.5キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 108台

所在地 〒438-0086 静岡県磐田市見付4075−1

電話 0538-32-4236(NPO法人 磐田市体育協会)

公園内運動施設 定休日 第2火曜日(祝日の場合、その翌日)
12月29日~1月3日

公園内運動施設営業時間 施設によって異なる


かぶと塚3
次女相手の伝家の宝刀といっても
単なる買収です
我が家の次女は、チョロいので
「ジュース買ってあげるから、行こう~」と言えば
あっさり機嫌を直して付いてきてくれるのです

次女「アイスも買ってくれる?」

調子に乗った次女から追加要求がありましたが
「アイス売っているところが公園内にあったらね~」
適当に誤魔化しておきました
かぶと塚4
(上画像は、拡大表示可能です)
かぶと塚公園マップです

公園名称の由来は
かぶと塚公園内にある「兜塚古墳」からであり
その他、陸上競技場、テニスコート、ソフトボール場
弓道場、体育館を内包する
磐田市で最も大きい運動公園
だったりします
のりゅ達のお目当ては、かぶと塚公園の「子供広場」でした
ソコに設置されている遊具のラインナップは
かぶと塚公園5
スプリング遊具
かぶと塚公園6
砂場+幼児用遊具
かぶと塚公園7
幼児用落下防止座席のブランコ
かぶと塚公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
4種類の滑り台付複合遊具
かぶと塚公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具の周囲には、巨大なラッパ、鉄琴、伝言配管などが
設置されています

しかし、さすがは、磐田市で最も大きい運動公園
遊具目当てに来園している方々も多く
次女の付き添いを装っても
大人は遊びにくい雰囲気でしたね~

子供広場の遊具を一通り遊び(次女が)
ブログ掲載用の写真撮影もしたところで
マー君&長女も待っているだろうし
電話連絡して合流した後、退園することにしました
とはいえ、子供広場以外にも、遊具の設置エリアがあると
再訪問するハメになってしまいますゆえ
最後に、かぶと塚公園内の体育館にある管理事務所へ
立ち寄りまして、子供広場以外の遊具の有無を
確認(スタッフの方に尋ねる)

その結果…
かぶと塚公園10
かぶと塚公園11
体育館付近に、パンダの足つぼ健康遊具があるだけで
「子供広場以外に遊具は無し」との回答
いただきました
ただ…
かぶと塚公園12
体育館入口付近に、アイスの自販機が設置されていたため
次女の追加要求に応えるハメになりました…

といったところで、今回の回顧録終了です

かぶと塚公園
ぜひ来園してみてくださいませ☆
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.