FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
上島公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第822弾は、静岡県浜松市中区にある
「上島公園」です
上島公園1
2018年5月&6月に巡った
静岡県浜松市にある公園の回顧録
※ファーストシリーズ(全6回)第5回目!

(※詳細を知りたい方は、クリックにて参照記事へ)
上島公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像上左の画像に写っているのは
千葉県市原市にある
「市原ぞうの国(紹介記事へ)」にて
ゾウに乗った自分(+娘達)です

上画像上右の画像に写っているのは
千葉県市原市にある
「Sayuri World(紹介記事へ)」にて
ビントロングを肩乗せ体験した自分です

上画像下左の画像に写っているのは
静岡県賀茂郡東伊豆町にある
「伊豆アニマルキングダム(紹介記事へ)」にて
キリンに、エサやり体験をした自分です

上画像下右の画像に写っているのは
同じく静岡県賀茂郡東伊豆町にある
伊豆アニマルキングダム(紹介記事へ)にて
サイを触る体験をした自分です
上島公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像上左の画像に写っているのは
静岡県裾野市にある
「富士サファリパーク(紹介記事へ)」にて
ライオンに、エサやり体験をした自分の手です

上画像上右の画像に写っているのは
神奈川県横浜市にある
「横浜・八景島シーパラダイス(紹介記事へ)」にて
ベルーガに、チューしてもらった自分です

上画像下左の画像に写っているのは
石川県七尾市にある
「のとじま臨海公園(紹介記事へ)」にて
カマイルカを触る体験をした自分(+長女)です

上画像下右の画像に写っているのは
三重県伊勢市にある
「伊勢シーパラダイス(紹介記事へ)」にて
ゴマフアザラシを膝枕する体験をした自分です

先に提示した8つを例として
のりゅは、そんじょそこらのスポットでは
ふれあうことができない動物と
ふれあったことがある経験の持ち主
です
そんな人生経験が、ささやかな自慢だったりする
ブログ管理人ではありますが
今後おでかけすることを計画しているスポットにて
ふれあってみたいと願う動物
まだまだ存在します


そして、のりゅが
今後おでかけすることを計画しているスポットにて
ふれあってみたいと願う動物
※邂逅したスポットこそが

静岡県浜松市中区にある今回記事の舞台
「上島公園」なのでした
(※邂逅→偶然出会うこと)

上島公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 14.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒433-8122
静岡県浜松市中区上島6丁目11-22

電話 管理団体がわかりません


上島公園には駐車場がありません
誰かに連れて来てもらえるのなら
ソレが1番のアクセス方法ですが
距離150m、徒歩3分の距離な場所に
静岡県浜松市中区にある
「四ツ池公園(紹介記事へ)」の駐車場があります
例えば1つの集団が、2つのグループで分かれて
同時間帯に両公園で遊ぶのならば
四ツ池公園の駐車場へ
マイカーを駐車しても問題ありませんよね~

上島公園に設置されている遊具を紹介します
上島公園4
鉄棒
上島公園5
シーソー、スプリング遊具
上島公園6
ブランコ
上島公園7
上島公園7-1
斜面に設置された幅広の滑り台(コンクリート製)
上島公園8
滑り台の終着地点にある砂場

上島公園に設置されている遊具は以上です
上島公園8-1
上島公園で遊具で遊んだ時の思い出は
この時のおでかけパートナーの
上画像赤枠部分に写る次女
幅広滑り台を隅っこでスライドしているのを見て
「スピードが出ると怖いから
隅っこで滑ってるんだろうけどヘタレやな~」と
思ったことくらいです

それでは、今回記事の締めとして
のりゅが、今後おでかけすることを
計画しているスポットにて
ふれあってみたいと願う動物であり
ブログ管理人が、上島公園にて
邂逅した動物
を発表いたします
上島公園9
上画像赤枠部分に写るリスでした

回顧録序文で書いたとおり
そんじょそこらのスポットでは
ふれあうことができない動物と
ふれあったことがある経験の持ち主
である
のりゅ(ついでに娘達)も
リスとは、ふれあった経験がありません

上島公園10
リスは、身近に棲む可愛らしい動物ながらも
臆病で警戒心が強く
人に懐きにくい習性の動物とのことです
なので、リスと、ふれあえる施設は
わりと限られます


※浜松浜北ICより出発地点として
なるべく近い距離にある
リスとふれあえる施設は


東の方向なら
走行距離210.5㎞、到着目安2時間45分
※高速料金4840円
(※横浜町田IC降車の場合)
かけたら辿り着ける
東京都町田市のスポット
「町田リス園(公式HPへ)」

西の方向なら
走行距離152㎞、到着目安2時間10分 
※高速料金4100円
(※複数の有料道路合算料金)
かけたら辿り着ける
岐阜県岐阜市にあるスポット
「金華山リス村(公式HPへ)」

上記2スポットです

おでかけに、アグレッシブで
おでかけに関することに
おこづかいを費やしまくっている自分でも
リスとのふれあいだけが目的では
両スポット共に、おでかけすることを
ためらってしまう走行距離、到着目安、高速料金です
よって両スポットは、メイン目的地のついでに
寄るようなサブな目的地として
おでかけすることを計画しているため
今のところ、のりゅは
リスとのふれあいたいと願う心を
満たすことができていません
上島公園11
その気になりさえすれば、のりゅの願う
リスとのふれあい体験ができたのに
興味がないから、その気にならないので
町田リス園を3年連続で素通りしたのが
上画像赤矢印に写る我が花嫁
です

上記が、どういうことなのか?を説明します
マイハ二ーは、※2016年、※2017年、※2018年と
義姉(マイハニーの実姉)、娘達を引き連れ
旦那様を除け者とし
東京都多摩市にある「サンリオピューロランド」
目的地とする移動手段は車の旅行
をしています
(※クリックにて、マイハニー作成の2016年回顧録へ)
(※クリックにて、マイハニー作成の2017年回顧録へ)
(※上画像は、2018年8月にサンリオピューロランドにて
スタッフさんに撮影してもらった写真とのことです)

サンリオピューロランドへ車で行く場合
横浜町田ICを降車
町田リス園前を通過する
のです
マイハニーのピューロ旅行は
3年連続で、2泊3日の日程でした
いつも最終日は、11時にチェックアウトして
帰宅しているだけらしいので
マイハニーが、その気になりさえすれば
町田リス園へ寄ることができたわけですが
本人が、リスとのふれあいに興味がないから
3年連続で、町田リス園を素通りした
わけであります
上島公園12
マイハニー「私がふれあいたいのは
サンリオキャラクターなの!
リスなんて興味ないわね!」


のりゅは今年
少々の嫌がらせをしました

のりゅは今年、少々の仕込みをしました
マイハニーが、ピューロ旅行へ出発する数日前
娘達に町田リス園の公式HPを
閲覧させまして、その気にさせたのち
「娘達は、町田リス園へ行きたがってるし
寄ってきたらどうよ?」と
我が花嫁に勧めた
ところ
上記言葉にて、行かない宣言をされちゃいました

といったところで、今回の回顧録終了です

上島公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト
萩の原神社敷地内公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第820弾は、静岡県浜松市中区にある
「萩の原神社敷地内公園」です
荻の原1
2018年5月&6月に巡った
静岡県浜松市にある公園の回顧録
※ファーストシリーズ(全6回)第3回目!

(※詳細を知りたい方は、クリックにて参照記事へ)

回顧録第819弾(クリックにて、第819弾へ)では
「笠井児童遊園」に設置されている遊具を紹介

のりゅは巡るに値する遊び場を
見出すため、浜松市の地図を広げ
行っていない公園を捕捉します

続いて「Google ストリートビュー」を利用
設置されている遊具を確認
100、200の※スカを積み上げながら
巡るに値する公園を見出している
のです
(※スカ→遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)

のりゅが独力で編出し活用
巡るに値する公園を見出している
上記の調査手法
も紹介
そして、浜松市の地図に載っている公園は
ほぼ調査し終えてしまった実情
を公開
その結果…

浜松市内の公園
      ↓
浜松市内の神社仏閣併設の遊び場


調査対象を移行させたことも公開しました

静岡県浜松市中区にある今回記事の舞台
「萩の原神社敷地内公園」は  
浜松市内の神社仏閣併設の遊び場を
調査して見出したスポットです

今回記事では、萩の原神社敷地内公園に
設置されている遊具を紹介

調査対象を移行させたのち、のりゅが

意欲と気力を失い
挫折しかけた※秘話


意欲と気力を取り戻し
挫折を乗り越えた※秘話


上記2つの※秘話を公開いたします
(※秘話→世間の人々に知られていない話)

萩の原神社敷地内公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒433-8111
静岡県浜松市中区葵西6丁目18

電話 管理団体がわかりません


萩の原神社敷地内公園は
「萩の原神社」の敷地内にある遊び場で
遊び場の名前を記した看板等を
のりゅが発見できなかったことから
便宜上名付けたスポット名です

萩の原神社敷地内公園には、駐車場がありません
誰かに連れて来てもらえるのなら
ソレが1番のアクセス方法です
百里園公園1-0
上画像は、のりゅが保有する
静岡県浜松市の地図帳
です

「神社仏閣って、ヘタすりゃ
公園より数が多いんじゃね?
全部調べるつもりなわけ…?
バカなの?…だからって
死んでたまるかぁ!
我は生きるっ!!」

(↑調査対象を移行させたのち
地図帳を見た39歳男性の自問自答と1人芝居)

回顧録序文で公開を予告した
調査対象を移行したのち、のりゅが

意欲と気力を失い
挫折しかけた秘話
は上記です

萩の原神社敷地内公園に
設置されている遊具を紹介します
荻の原2
鉄棒
荻の原3
ブランコ
荻の原4
滑り台+ジャングルジムの複合遊具
荻の原5
ゆりかご遊具

以上4基の遊具に加えて

「こういった遊具との
※邂逅こそが我が喜び!
だから遊び場調査と
公園巡りはやめられん…」

(※邂逅→思いがけなく出会うこと)

のりゅが、萩の原神社敷地内公園を
巡るに値する遊び場だと
認定することになった遊具
がございます

ちなみに回顧録序文で公開を予告した
調査対象を移行したのち、のりゅが

意欲と気力を取り戻し
挫折を乗り越えた秘話
は上記です

それでは、萩の原神社敷地内公園の
真打遊具を紹介いたしましょう!
ソレがこちらの…
荻の原6
回転遊具です
荻の原7
(上画像は、拡大表示可能です)
この時のおでかけパートナーだった
我が家の次女ちゃまは回転を楽しんでいました
荻の原8
(上画像は、拡大表示可能です)
立って乗ることに飽きた次女は
寝転がっての回転を楽しんでいました

萩の原神社敷地内公園での思い出は
その程度でございました

といったところで、今回の回顧録終了です

萩の原神社敷地内公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
佐鳴湖公園 遊具編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第809弾は、静岡県浜松市中区にある
「佐鳴湖公園 遊具編」です
佐鳴湖公園1
2018年7月の第1日曜日
のりゅは娘達を引き連れ自宅を出発しました
佐鳴鉄道2
おでかけの目的地は※静岡県浜松市中区にある
「佐鳴湖公園」でした
(※静岡県浜松市中区と西区を跨ぐ敷地の公園です
管理棟のある区を公園の所在地として表記しました)
佐鳴鉄道4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
佐鳴湖公園マップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「佐鳴湖公園 ミニ鉄道公園」では
上画像赤矢印部分の同公園内にある
「ミニ鉄道公園」にて、雨天や荒天ではない
月の第1日曜日の10~12時、13時~14時半という
限られた条件、日、時間のみ運行する
日本一低価格(無料)のミニSL鉄道を紹介
思い出を振り返りました

今回記事も舞台は佐鳴湖公園です
回顧録副題を「遊具編」と題しまして
同公園に設置されている遊具を紹介
思い出を振り返ります

佐鳴湖公園
(公園公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 20.5キロ(片道)

到着目安 40分

駐車場 296台

所在地 〒432-8002?
静岡県浜松市中区富塚町5147-4

電話 053-476-0210

管理棟休館日 月曜日

管理棟営業時間 9:00~17:00

セット訪問候補
ミニ鉄道公園(紹介記事へ) 公園敷地内


佐鳴湖公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
再び佐鳴湖公園マップです

佐鳴湖公園は、静岡県浜松市にある湖の1つ
「佐鳴湖」を囲う形で整備されたスポットです
よって※公園敷地面積は、50.43haと広大です
(※公園敷地の大半が湖なわけですが…)
佐鳴湖を1周する形で
湖畔に整備された
ウォーキングコースの距離は約6km

遊具が設置されているのは
上画像赤矢印&赤枠部分2箇所
です

公園スタッフの方「どちらも
たいした遊具はありませんよ」


上記は、おでかけ前に
のりゅが佐鳴湖公園の管理棟へ電話して
遊具設置場所を尋ねた際
応対してくれた公園スタッフの方が
追加情報として教えてくれたこと
です

「ふっ…ロクな遊具に出会えないと
教えてもらいながら
わざわざ、この暑い日に
遊具求めて、6km以上歩くとは…

我ながら酔狂過ぎるぜっ!

ブログ管理人は
※ハードボイルドを気取ってみました

(※ハードボイルド→感情や状況に流されず
軟弱、妥協を嫌う生き様)
佐鳴湖公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
ハードボイルドを気取って佐鳴湖を
1周するウォーキングを開始したものの
めっちゃハードでした
佐鳴湖公園3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
(のりゅ達が歩いたのは上画像赤矢印コース)
めっちゃハードだった道程を具体的に説明しますね
マイカーを駐車した上画像赤星の
「冨塚富士見台駐車場」から出発しました
駐車場⇔ウォーキングコースをつなぐ公園内の山道は
1㎞以上の距離があった気がしました
佐鳴湖湖畔へ着いたのち
約6㎞のウォーキングコースを1周歩いて
同公園の2箇所ある遊具設置場所を巡りました
遊具を確認したのちは
マイカーまで戻る必要があったわけですけれど
帰りは上り坂(1㎞以上?)でした

最初に辿り着いた佐鳴湖北岸の
遊具設置場所にあった遊具を紹介しますね
佐鳴湖公園4
ネット遊具
佐鳴湖公園5
木製平均台
佐鳴湖公園6
木製複合遊具
佐鳴湖公園7
ラッコのスライド遊具

佐鳴湖北岸の遊具設置場所の遊具は以上ですが
佐鳴湖公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
佐鳴湖北岸にある管理棟付近には
健康遊具が数基設置されていました

健康遊具で遊んでいた娘達に
のりゅは「そろそろ行くぞ~」と呼びかけました
すると長女に「パパ、暑い!」と
文句を言われました
「この暑い日に健康遊具で遊ぶから
余計に暑くなるのだ!愚か者!!」と
のりゅは、長女を心の中で罵ったのち
「熱中症になったら困るな」と考えました


「帽子があったら被せたいのだが…」

続いて、のりゅは上記なことを考えました
熱中症対策の帽子は、自宅出発前に
玄関に用意しておきました
しかし、マイカーへ入れ忘れてしまったのでした

なので、のりゅは
たまたまマイカーの中にあって
「帽子の代用として
使えるかもしれん…」と考え
持ち歩いていた

代用の熱中症対策アイテム
娘達に渡しました

佐鳴湖公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
次女に渡したアイテムは、雨傘でした
長女に渡したアイテムは、マイハニーが
ミカン狩りのバイト用に購入した

農作業用帽子でした
佐鳴湖公園9-1
「恥ずかしいから嫌っ!」と
突っ返されることを
想定していたのですが
娘達は、帽子の代用アイテムを
ノリノリに面白がって使ってくれました

のりゅの血を継ぐだけあって
娘達は、どちらも酔狂な女児ですね~☆


まぁ~そんなこんなで
周囲から奇異の目で
見られること覚悟

ウォーキングを再開しました

そして、佐鳴湖東岸の遊具設置場所へ辿り着きました
ソコに設置されていた遊具は
佐鳴湖公園10
ブランコ
佐鳴湖公園11
シーソーのみでした

佐鳴湖公園の遊具の確認を終え
目的を果たしてしまったわけですから
のりゅのモチベーションは低下しました
なので、マイカーへ向かう帰りの道は
ハードを超えて
ナイトメアでした…

といったところで、今回の回顧録終了です

佐鳴湖公園
のりゅと同じく酔狂でハードボイルドな方でも
暑い夏の日に遊具を求めて巡ることは
オススメできません
涼しくなってから来園してみてね☆
佐鳴湖公園 ミニ鉄道公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第808弾は、静岡県浜松市中区にある
「佐鳴湖公園」内スポット「ミニ鉄道公園」です
佐鳴鉄道1
2018年7月の第1日曜日
のりゅは娘達を引き連れ自宅を出発しました
佐鳴鉄道2
おでかけの目的地は※静岡県浜松市中区にある
「佐鳴湖公園」でした
(※静岡県浜松市中区と西区を跨ぐ敷地の公園です
管理棟のある区を公園の所在地として表記しました)
佐鳴鉄道3
(上画像は、拡大表示可能です)
愛知県豊田市にある
「豊田交通安全学習センター(紹介記事へ)」
ミニSL(上画像上左)

愛知県刈谷市にある
「刈谷交通児童遊園(紹介記事へ)」
ミニ新幹線(上画像上右)

群馬県前橋市にある
「るなぱあく(紹介記事へ)」
まめきしゃ(上画像下左)

栃木県鹿沼市にある
「千手山公園 (公式HPへ)」
おとぎ電車(画像無し)

入場無料な上記4スポットで遊べる
電車・汽車アトラクション(常設)
利用料金は、1人1回50円!


1人1回50円は、のりゅの知る限り
電車・汽車アトラクション(常設)における
日本一低価格の料金設定
です

しかし、遊べる機会は月1日
12月~2月の冬季は長期休止
雨天、荒天の場合は運休となり
また来月お越しくださいませ~という
営業のモノを含めれば
1人1回50円よりも安い利用料金の
電車・汽車アトラクションを
遊べるスポットが存在する
のです
佐鳴鉄道4
そのスポットこそが
佐鳴湖公園内にある今回記事の舞台
「ミニ鉄道公園」なのでした

佐鳴湖公園
(公園公式HPへ)

ミニ鉄道公園
(運営団体HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 20.5キロ(片道)

到着目安 40分

駐車場 296台
※ミニ鉄道公園から1番近い駐車場は105台

所在地 〒432-8002 
静岡県浜松市中区富塚町5147-4

電話 053-476-0210

営業日 3月~11月の第1日曜日
※雨天、荒天の場合は運休

営業時間 10:00~12:00 13:00~14:30

利用料金 無料


公園遊具情報
佐鳴湖公園 遊具編(紹介記事へ)


佐鳴鉄道4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
佐鳴湖公園マップです

ミニ鉄道公園は
上画像赤矢印の場所にある

佐鳴湖公園内スポットです

おでかけ手段が車の場合
全部で8箇所ある佐鳴湖公園の駐車場の内
上画像赤枠「富塚花見台駐車場」への
駐車をオススメします
ミニ鉄道公園へ行く際
歩く距離が1番短くて済みます

佐鳴鉄道5
(上画像は、拡大表示可能です)
ミニ鉄道公園の営業日は
3月~11月の第1日曜
雨天、荒天の場合は運休となり
次回の営業は来月となります


ミニ鉄道公園の営業時間は
10:00~12:00 13:00~14:30

佐鳴鉄道6
上画像は、のりゅがミニ鉄道公園へ来園した際に
走っていたミニSL鉄道の1つです

利用料金は、なんと無料!
乗車したら、お金をくれる
なんてモノがない限りは

常設・非常設を含めた
電車・汽車アトラクションにおける
日本一低価格の料金設定
ですね~☆
佐鳴鉄道7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅがミニ鉄道公園へ来園した際に
走っていたミニSL鉄道他3つ
上画像下右は、ミニSL鉄道同士
(上画像下右の黒矢印と赤矢印)が
すれ違った時に撮影したモノです

のりゅと娘達は3名合計で20回以上
ミニSL鉄道を乗車させていただきました
運営スタッフの方に注意されなかったことから察するに
営業日、営業時間内ならば
ミニSL鉄道に乗車回数制限はないようです
佐鳴鉄道8
上画像は、のりゅがミニ鉄道公園へ来園した際に
在った乗物、ガンチャリです

ガンチャリは、テレビアニメ
「機動戦士ガンダム」に登場する戦艦
「ホワイトベース」を模して造られた外観
佐鳴鉄道9-0
ペダルを漕ぐことで進む乗物でした

のりゅは、出社前に確認する
天気予報で雨の予報でない限り
往復25㎞の自転車通勤を
己への課題として実施続ける程度に
自転車を嗜む人物です
ガンチャリの漕いで進む仕様に心惹かれました
のりゅの心に

「ガンチャリ乗って
コースを1周してみてぇ…」


上記の欲が生まれましたが
ソレを満たすには
勇気、覚悟、精神力、あと
父娘の絆の力
が足りませんでした
佐鳴鉄道9-1
上画像は、ミニ鉄道公園のガンチャリ乗場案内です

ガンチャリ利用条件は載っていませんでした
よって、ガンチャリを大人が1人で
乗ってよいのか?が分かりませんでした


上記を知るには
質問する他なかったわけですが
運営スタッフの方に
「あの~ガンチャリって
大人が1人乗っていいんですか?」と
尋ねる勇気
が必要でした
そして、運営スタッフの方に
良くて「えっ!?」と驚かれ
悪ければ「コイツ、おかしい…」と
認識されるであろう覚悟
が必要でした
そして、運営スタッフの方から
奇異の目で見られた場合は
ソレに耐えうる精神力
が必要でした


運営スタッフの方の返答が
OKだった場合で想定
します
佐鳴鉄道10
上画像は、ミニ鉄道公園にある
ミニSL鉄道の乗車駅とガンチャリ順番待ちの行列です

ガンチャリ順番待ちの行列に
並んでいたのは子供ばかりでした
ちらほら大人が、ガンチャリ順番待ちの
行列に並んでいましたけれど
1人漕げない子供の付き添い役
でした

大人が1人、ガンチャリ順番待ちの
行列に加わるには勇気
が必要でした
そして、いざ乗る番になったとします
その時は、周囲の方々から
奇異の目で注目される覚悟
が必要でした
そして、ガンチャリを漕ぎ始めたとします
その時は、周囲の方々から
奇異の目で注目されたとしても
コースを1周することに
耐えうる精神力
が必要でした

佐鳴鉄道11-1
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、ガンチャリを1人漕げる子供ですが
まだ小学生2年生(7歳)です
のりゅが付き添ったとしても
それほど不自然ではないと考えました
次女が、のりゅの付き添いを
容認してくれれば、※運営スタッフの方に
利用条件を質問する必要ありませんし
周囲の方々の目を
気にする必要もありませんでした

(※たとえ運営スタッフの方に、重量制限等の理由で
注意されたとしても「じゃあ、娘1人で漕がせます」と
言って、のりゅが諦めればよいだけですね)

「パパと一緒に乗らない?」と
尋ねてみたものの

父娘の絆の力が足りず
次女の返答は「や~だよ!」でした

※買収を試みれば
次女の協力を得ることができたでしょう
(※ガチャガチャをやらせてあげる約束を交わす等)
とはいえ、ガンチャリは
おこづかいを減らしてまで
遊びたい乗物ではありませんでした
よって、のりゅは、ガンチャリ乗って
コースを1周したいとの欲を満たすことを諦め
娘達が、ガンチャリを遊ぶ姿を
妬ましい気持ちで眺めていました


といったところで、今回の回顧録終了です

佐鳴湖公園内スポット、ミニ鉄道公園
次回の営業日は、2018年8月5日(日)です
興味を惹かれましたら、遊びに行ってみてね☆
新津町神明宮敷地内遊園地(2018年2月末)へ急遽立ち寄りました
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第782弾は、静岡県浜松市中区にある
「新津町神明宮敷地内遊園地(2018年2月末)」です
神明宮2018-1
2018年冬(2月末)におでかけした
静岡県浜松市中区にある今回記事の舞台
「新津町神明宮敷地内遊園地」
※おでかけ回顧録を作成するのが遅れに遅れて
2018年の夏が始まってしまった時期に
皆様にお届けすることになってしまいました…
(※回顧録作成が遅れた理由を知りたい方は
クリックにて、参照記事へ飛びます)


静岡県浜松市西区の公園巡りを終えた自分と娘達
帰宅するには、まだまだ早い時間帯だったので
お隣の市町村である静岡県磐田市まで移動
当ブログのブログ仲間(紹介記事へ)
「tomパパのつれづれブログ(タイトルブログへ)」さんの
2018年1月28日にアップされた記事を読んで
存在を知ったスポットへ行ってみようと考えました

浜松市西区→磐田市への移動は「柳通り」を通過
国道1号線へ合流するルートを採用しました
それで、柳通りの通り沿いにある
新津町神明宮敷地内遊園地前を通ったわけですが…

「…っ!!(くぅぅぅ…
ショック過ぎて泣けてくる…
でも目を逸らすわけにはいかない!)」

(↑車を運転していた38歳男性の心中)

運転しながらチラ見の確認でも
のりゅ的には
すごく悲しいことであり
現実逃避したかったけれど
受け入れるべき案件

知ってしまった
のでした…
そんな経緯から急遽、新津町神明宮敷地内遊園地へ
立ち寄ってみることにしました

新津町神明宮敷地内遊園地

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 17キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 数台は停められます

所在地 〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町956

電話 管理団体への電話番号不明


神明宮2018-2
新津町神明宮敷地内遊園地は
「神明宮」という神社
「新津町自治会館」の敷地内にある公園です
数台程度は駐車できるスペースがあり
新津町神明宮進入法
(上画像は、拡大表示可能です)
新津町神明宮の駐車スペースには
柳通りを矢印方向で走行、左折して進入できます

新津町神明宮敷地内遊園地は、今回記事だけでなく
回顧録第243弾(クリックにて、第243弾へ)
舞台でもあり、以前紹介したことがあるスポットです
神明宮2018-3
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅのお気に入り
昭和の時代に設置されたであろう
上画像の珍しい遊具2種類
※対面2人乗りブランコ&
多人数で乗れるブランコ

無くなってました!!

(※他にも撤去された遊具あり)

のりゅ的には
すごく悲しいことであり
現実逃避したかったけれど
受け入れるべき案件
でした

古い遊具を撤去した代わりなのでしょうか?
新津町神明宮敷地内遊園地には
いくつか新しい遊具が導入されていました

2018年2月末に来園した新津町神明宮敷地内遊園地に
設置されていた遊具を紹介します
神明宮2018-4
滑り台

新設遊具の1つ、滑り台が設置された場所は
以前、対面2人乗りブランコが設置されていた場所です
神明宮2018-5
鉄棒、シーソー

古い金属製のシーソーは撤去されました
上画像で娘達が遊んでいるのは新設のシーソーです
神明宮2018-6
ブランコ
神明宮2018-7
ジャングルジム
神明宮2018-8
雲梯
神明宮2018-9
太鼓橋
神明宮2018-10
砂場
神明宮2018-11
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具
神明宮2018-12
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具を別角度から撮影

2018年2月末に来園した新津町神明宮敷地内遊園地に
設置されていた遊具は以上です

珍しい遊具2種類が撤去されても
新津町神明宮敷地内遊園地は
ご近所レベルの公園として考えるならば
十分素晴らしい公園だと認識しています
しかし、残念ながら以前ほど
のりゅ的お気に入り&オススメな公園では
なくなってしまいました…(哀)

といったところで、今回の回顧録終了です

新津町神明宮敷地内遊園地
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.