FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
高林児童遊園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第866弾は、静岡県浜松市中区にある
「高林児童遊園」です
高林遊園1
毎年8月21日は「静岡県民の日」
普段は入場有料なスポットが
無料開放されたりする日
です
ゆえに、2018年の静岡県民の日
のりゅは娘達を引き連れ、静岡県浜松市内の


西区にある「中村家住宅(紹介記事へ)」
中区にある「加茂真淵記念館(紹介記事へ)」
中区にある「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
中区にある「浜松城天守閣(紹介記事へ)」
西区にある「浜名湖館山寺美術博物館(紹介記事へ)」
北区にある「気賀関所(紹介記事へ)」

上記6スポットを巡りました

さらにそれとは別に、同日
浜松市内の公園を5スポットも
巡っちゃっていたのでした

つまり、1日で11スポットも
巡っちゃった
わけですね~
何の準備もなく、おでかけをして
11スポットも巡れたわけではありません…

※綿密に練られ構築された計画の下
のりゅだからこそ成しえた成果
です
(※計画の詳細、のりゅだから成しえた理由を
知りたい方は、クリック先の記事序文を読んでね
2018年静岡県民の日に巡った
公園回顧録シリーズを第1回目から読みたい方も
クリックすれば、その記事へ飛びます)


…というわけで、2018年静岡県民の日おでかけ
公園の回顧録シリーズ

第2回目の舞台は、静岡県浜松市中区にある
「高林児童遊園」でございます

のりゅは、高林児童遊園へ来園

「なっ!?これは、まさに
『昭和的ご近所公園』の理想型!?」


同公園の様子や有する遊具を
初見確認した際39歳男性は
心中にて感嘆の叫びを上げました


「…」

続いて、瞬間的に判定した
自身の評価が正しいのか?を
確認するため、39歳男性は
もう1度、同公園が有する遊具を
見回しました


「むぅ…『あと一歩』
『昭和的ご近所公園』の理想型なのに
惜し過ぎる…」

(↑少々落胆した39歳男性)

39歳男性は上記へと評価を改めました

全てのネタ晴らしは回顧録本文にて、お送りいたします

高林児童遊園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 敷地内へ駐車できます

所在地 〒430-0907
静岡県浜松市中区高林3丁目2−24

電話 管理団体がわかりません


高林遊園2
上画像は、高林児童遊園の併設施設
「高林町公民館」です
車にて、高林児童遊園へおでかけした場合
高林町公民館の前あたりへ駐車できます


のりゅだけが感じるのかもしれない
高林児童遊園の魅力の1つ
と書きますか…
のりゅは、※昭和な雰囲気の遊園地を
愛しており、ソレ目当てに
各地へおでかけしています

(※クリックすると、参照記事へ飛びます)

併設施設である高林町公民館の
昭和な造りや雰囲気が
個人的に堪らなく好み
でした

高林児童遊園を初見確認した際
高林町公民館が併設施設としてあることが
「昭和的ご近所公園」の理想型
瞬間的ではありますけれど
のりゅが評価した理由の1つでもありました

高林遊園3
車で高林児童遊園へおでかけした場合
公園の敷地内へ駐車できますが、※到着直前に
通ることになる数十メートルの道は狭いです
(上画像黒矢印部分参照)
のりゅは軽自動車で来園したのですが
少々ヒヤヒヤしながら通過しました

同公園に設置されている遊具を紹介します
高林遊園4
砂場
高林遊園5
ジャングルジム+滑り台の複合遊具

車で高林児童遊園へおでかけした場合
上画像黒矢印ルートで進入できます
高林遊園6
太鼓橋、鉄棒
高林遊園7
シーソー、雲梯

高林児童遊園に設置されている遊具は以上です

同公園に設置されている遊具は全て
昭和の時代に設置されたであろう
定番遊具ばかり
でした

「なっ!?これは、まさに
『昭和的ご近所公園』の理想型!?」


昭和な遊園地を愛する自分は
昭和な公園も愛しています

同公園の様子や有する遊具を
初見確認した際
心中にて感嘆の叫びを上げました


その後、自身が瞬間的に判定した評価が
正しいのか?を確認するため
同公園が有する遊具を再確認して
ブランコが無いことに気が付きました


「むぅ…『あと一歩』
『昭和的ご近所公園』の理想型なのに
惜し過ぎる…」


のりゅは、評価を改めました

同公園での思い出は以上です

といったところで、今回の回顧録終了です

高林児童遊園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト
県居南公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第865弾は、静岡県浜松市中区にある
「県居南公園」です
県居南公園1
毎年8月21日は「静岡県民の日」
普段は入場有料なスポットが
無料開放されたりする日
です
ゆえに、2018年の静岡県民の日
のりゅは娘達を引き連れ、静岡県浜松市内の


西区にある「中村家住宅(紹介記事へ)」
中区にある「加茂真淵記念館(紹介記事へ)」
中区にある「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
中区にある「浜松城天守閣(紹介記事へ)」
西区にある「浜名湖館山寺美術博物館(紹介記事へ)」
北区にある「気賀関所(紹介記事へ)」

上記6スポットを巡りました

さらにそれとは別に、同日
浜松市内の公園を5スポットも
巡っちゃっていたのでした

つまり、1日で11スポットも
巡っちゃった
わけですね~
何の準備もなく、おでかけをして
11スポットも巡れたわけではありません…

綿密に練られ構築された計画の下
のりゅだからこそ成しえた成果
です

上記が、どういうことなのか?を
もっと具体的に書くのなら
営業開始時間の早いスポットから巡り
かつ、1つ1つのスポットが
なるべく最短ルートで巡れる
おでかけ計画を立案・構築
ついでに、何時までに1つ1つのスポットへ
到着しておきたいのか?を
大まかに記したタイムスケジュールも
作成していました
そして、おでかけにおける
のりゅの熱意と行動力があったからこそ
成しえた成果
だということです


のりゅのことを称賛してくださる方は
この記事の最期にある拍手ボタンを
押していただければ幸いです
さらに、差支えが無ければ
コメントをいただけると嬉しく思います

…というわけで、今回記事より
5回に渡って回顧録の舞台となるのは
2018年の静岡県民の日に巡った公園の数々
です
第1回目の舞台は、静岡県浜松市中区にある
「県居南公園」でございます

県居南公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 19.5キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 ありません

所在地 〒432-8036
静岡県浜松市中区東伊場2丁目7−2

電話 管理団体がわかりません


県居南公園に駐車場はありません
誰かに連れてきてもらえるのなら
それが1番のアクセス方法です

同公園に設置されている遊具を紹介します
県居南公園2
ブランコ
県居南公園3
砂場
県居南公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具
県居南公園5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、複合遊具を別角度から撮影した写真です

複合遊具の塔内部には、ハシゴが設けられています
長女は、次女が塔上部まで登り終えてから
ハシゴを登り始めてました
どんくさい次女の直ぐ後に続いて登った場合
イライラすることになるのを
長女は過去の経験から理解していたのでしょう

県居南公園6
しかし まわりこまれてしまった!

のりゅは、別ルートから
複合遊具の塔上部まで駆け上りました
「待ってたよ~♡」と
ニチャア~な笑みを浮かべて
さわやかな微笑を
浮かべて覗きこみました

長女は何故か悲鳴を上げました
県居南公園8
回転遊具
数多くの公園へおでかけ
数多くの回転遊具を見てきたと自負している
のりゅでも、初見の回転遊具
でした
2018年11月15日現在でも県居南公園以外に
上画像の回転遊具を有するスポットを見出せていません
県居南公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
県居南公園の回転遊具に娘達は大ハマりしていました
持ち手を引いたり、押したり
足場を漕ぐことで回転具合を操作できる
ことが
楽しかったようですね
県居南公園10
回転遊具から降りた時
次女は、ふらついてしまっても
その状態を楽しんでいたようでした

県居南公園に設置されている遊具
同公園での思い出は以上です

といったところで、今回の回顧録終了です

県居南公園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆

おまけの情報
県居南公園11
県居南公園には、バスケットゴールが1基設置されてます
小豆餅子供の遊び場へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第854弾は、静岡県浜松市中区にある
「小豆餅子供の遊び場」です
小豆餅遊び場1
2018年5月&6月に巡った
静岡県浜松市にある公園の回顧録
※ファイナルシリーズ(全5回)第4回目!

(※詳細を知りたい方は、クリックにて参照記事へ)

これまで幾度も公開した
おでかけするに値する公園を
見出しているブログ管理人の調査手法


浜松市の地図を広げ
おでかけしていない公園や
神社仏閣併設の緑地を捕捉

続いて「Google ストリートビュー」を利用
設置されている遊具を確認
100、200の※スカを積み上げながら
おでかけするに値する公園を見出す

(※スカ→遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)

上記が、その調査手法内容です
そして…

① 複合遊具がある
② 珍しい遊具がある
③ 遊具設置数が多い


のりゅが、調査の際
おでかけする価値アリと判定するのは
上記①~③に当てはまる場合
です
しかし、① or ②の場合
微妙過ぎるがゆえ
判定に悩む時がある
のです

まぁ~結局は、おでかけしちゃっているので
おでかけする価値アリと判定しちゃった
わけですが
そんな微妙過ぎるがゆえ
判定を悩ませてくれた遊具

その遊具のある公園を
回顧録4回に渡って紹介
します
そんな企画最終回の舞台は
静岡県浜松市中区にある今回記事の舞台
「小豆餅子供の遊び場」です

小豆餅子供の遊び場

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒433-8113
静岡県浜松市中区小豆餅2丁目2−10

電話 管理団体がわかりません


小豆餅子供の遊び場には駐車場がありません
誰かに連れてきてもらえるのなら
それが1番のアクセス方法です

同遊び場に設置されている遊具を紹介します
小豆餅遊び場2
(上画像は、拡大表示可能です)
鉄棒、ジャングルジム
小豆餅遊び場3
(上画像は、拡大表示可能です)
ブランコ、シーソー
小豆餅遊び場4
滑り台
小豆餅遊び場5
砂場
小豆餅遊び場6
切り株っぽい作りのステップ

回顧録序文で書いた
微妙過ぎるがゆえ
判定を悩ませてくれた遊具
とは
上画像赤矢印の遊具のことです

砂場内に設置されている動物オブジェや
コンクリ製ステップが設置されているのは
幾度も見たことがありますが
砂場内に設置されている
切り株っぽい作りのステップを
見たのは初めて
でした
「こんなのを珍しい遊具って判定して
公園へおでかけしてたら
それこそ切りがないんじゃね?」と自問

さらに「う~ん…どうすっかな~?」と悩んだ末
結局は「おでかけ決定!」と
判定したのでした!

ブログ管理人は
今後、公園巡りを続ける上で
自ら茨の道を選択しました!!


まぁ~そんな経緯から
小豆餅子供の遊び場へおでかけ
微妙過ぎるがゆえ判定を悩ませてくれた遊具を
自身の肉眼にて確認、写真撮影、遊んでみました
そして、滞在時間数分で
小豆餅子供の遊び場を退場しました

小豆餅遊び場7
ちなみに、この時の
公園巡りのパートナーだった
上画像赤矢印部分に写る次女
小豆餅子供の遊び場では
ブランコをキコキコしていただけ
でした
※同日何度も父親から
短時間で「次行くぞ」と宣言され
直ぐに立ち去ることなるのを
学習していたからだと思われます

(※微妙だけど悩んだ末、おでかけして
数分で退場した公園の数々
回顧録第851弾「幸町児童遊園(紹介記事へ)」
回顧録第852弾「半田北藪公園(紹介記事へ)」
回顧録第853弾「半田山北公園(紹介記事へ)」
今回記事の舞台、小豆餅子供の遊び場は
全て同日に巡った公園です
その証拠として次女の服装が同じです)

といったところで、今回の回顧録終了です

小豆餅子供の遊び場
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
幸町児童遊園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第851弾は、静岡県浜松市中区にある
「幸町児童遊園」です
幸町児童遊園1
2018年5月&6月に巡った
静岡県浜松市にある公園の回顧録
※ファイナルシリーズ(全5回)第1回目!

(※詳細を知りたい方は、クリックにて参照記事へ)

これまで幾度も公開した
おでかけするに値する公園を
見出しているブログ管理人の調査手法


浜松市の地図を広げ
おでかけしていない公園や
神社仏閣併設の緑地を捕捉

続いて「Google ストリートビュー」を利用
設置されている遊具を確認
100、200の※スカを積み上げながら
おでかけするに値する公園を見出す

(※スカ→遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)

上記が、その調査手法内容です
そして…

① 複合遊具がある
② 珍しい遊具がある
③ 遊具設置数が多い


のりゅが、調査の際
おでかけする価値アリと判定するのは
上記①~③に当てはまる場合
です
しかし、① or ②の場合
微妙過ぎるがゆえ
判定に悩む時がある
のです

まぁ~結局は、おでかけしちゃっているので
おでかけする価値アリと判定しちゃった
わけですが
そんな微妙過ぎるがゆえ
判定を悩ませてくれた遊具

その遊具のある公園を
今回記事より4回に渡って紹介
していきます
そんな企画第1回目の舞台は
静岡県浜松市中区にある今回記事の舞台
「幸町児童公園」です

幸町児童遊園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 14.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒433-8123 静岡県浜松市中区幸4丁目20

電話 管理団体がわかりません


幸町児童遊園に駐車場はありません
誰かに連れてきてもらえるのなら
それが1番のアクセス方法です

同公園に設置されている遊具を紹介します
幸町児童遊園2
(上画像は、拡大表示可能です)
鉄棒

幸町児童遊園には、鉄棒が
2基あって支柱の形状が違います

皆様!お得だと思いませんか?
好みの支柱の鉄棒を
選んで遊べるし
両方遊ぶことも可能ですよ!

幸町児童遊園3
太鼓橋
幸町児童遊園4
2方向にスライド可能な滑り台
幸町児童遊園5
砂場、ラクダのオブジェ
幸町児童遊園6
ブランコ
幸町児童遊園7
特殊形状のジャングルジム

回顧録序文で書いた
微妙過ぎるがゆえ
判定を悩ませてくれた遊具
とは
上画像の遊具のこと
です

上画像の遊具をグーグルストリートビューで確認
「う~ん…どうすっかな~?」と悩んだ末
結局は「おでかけ決定!」と判定したわけでありました
それで、実際におでかけ
自身の肉眼にて確認、写真撮影、遊んでみました
そして、滞在時間数分で
幸町児童遊園を退園しました


といったところで、今回の回顧録終了です

幸町児童遊園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜松城天守閣へ来城
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第843弾は、静岡県浜松市中区にある
「浜松城天守閣」です
浜松城天守0
静岡県民の皆様、毎年8月21日が
「静岡県民の日」なことを
ご存知ですか?

浜松城天守2
静岡県民の日は
県内の入場有料スポットが
無料開放される日
だったりするのです

2018年の静岡県民の日、のりゅは
自身の価値観において
入場無料であっても
おでかけする気にならない施設

ブログネタにできることを
メリットとして自身に言い聞かせ
萎える気力を奮い立たせたのち
1日で6スポットも巡っちゃった
のでした!

そんなわけで
※2018年静岡県民の日の
おでかけ回顧録シリーズ(全6回)

第4回目の舞台
静岡県浜松市中区にある
「浜松城天守閣」です
(※クリックにて、シリーズ第1回目の回顧録へ)

浜松城天守閣
(浜松城公園HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 17キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 55台(8:00~21:00) 無料

所在地 〒430-0946
静岡県浜松市中区元城町100-2

電話 053-453-3872

定休日 12/29~12/31

営業時間 8:30~16:30

入場料 高校生以上200円、中学生以下無料


浜松城天守3
(上画像は、拡大表示可能です)
「浜松城公園(紹介記事へ)」マップです
(↑浜松城公園の遊具内容を知りたい方は
上記リンク先の記事を読んでくださいませ)

浜松城天守閣は
浜松城公園内の赤枠部分にあります

浜松城天守4
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松城の概要です

浜松城について詳しく知りたい方は
上画像の記述を拡大して読んでくださいませ
ブログ管理人が、簡潔にまとめた紹介で良ければ
下記を読んでください

浜松城は、戦国時代の大名にして天下人
江戸幕府を創設した初代将軍
「徳川家康」が築城した城であり
29歳~45歳までの17年間を過ごした場所とのことです
江戸時代になってからは浜松城の歴代城主が
幕府の要職に就任したケースが多かったことから
出世城なんて言われるようになったそうです

2018年静岡県民の日は無料開放されましたが
通常の入場料金は、高校生以上200円
中学生以下無料
です
浜松城天守5
「長女ちゃん、今回は
『志村けん』の家に入れるね
嬉しいかい?」


のりゅは、浜松城を写真撮影しながら
側に居た長女相手に上記の質問をしました

事情や理由を知らない大抵の方には

「コイツ、娘に何聞いてんの?
きっとバカなんだろうな」


なんて思われてしまうかもしれませんね
説明いたしましょう


2014年の年末
※浜松城公園へおでかけした時
我が家の長女(当時6歳)が
かつて浜松城に住んでいた人物を
大御所お笑い芸人の志村けんだと
勘違いした珍事があった
のです
(※クリックにて、珍事があった時の回顧録へ)
バカは、のりゅではなく
長女でございます!


2014年の年末の珍事詳細

①のりゅ、幼稚園年長だった
長女でも分かりやすいように
昔、浜松城に住んでいた人物は
日本一有名な殿様なのだと教えた


②長女、おそらく
日本一有名な殿様→バカ殿→志村けん
との思考のシフトチェンジで勘違い


③のりゅ、発言が面白かったので
「大正解!」と長女を称賛した


④浜松城天守閣へ行こうとしたら
年末の休業日で入場できなかった


⑤志村けんの家に入れると
目を輝かせていた長女
ショックのあまり大泣き

浜松城天守5-1
そんな珍事があったからこそ
のりゅは、浜松城を臨みながら


「長女ちゃん、今回は
志村けんの家に入れるね
嬉しいかい?」


長女相手(上画像赤矢印の人物)
上記の質問をしたのでした


長女「…??パパ、何言ってるの?
浜松城は徳川家康の建てた城だよ」


長女の返答は上記でした
なんと長女(10歳)は、浜松城を
築城した人物を知っていた
のでした

浜松城天守5-2
上画像は、長女の部屋の本棚の本です
買い与えた歴史漫画経由で長女は
浜松城を築城した人物を知ったのだと思われます…
ともあれ、のりゅの仕掛けた
からかう意図の質問は
バカ(長女)に
無知だと思われてしまった
結果に終わりました…(哀)

浜松城天守6
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな39歳男性的に悲しい出来事がありつつ
浜松城天守閣へ到着しました

上画像右は、浜松城天守閣付近にあった
顔ハメパネルです
浜松城天守8
浜松城天守閣へ行く途中には
バカ殿(志村けん)
若かりし頃の徳川家康像がありました
浜松城天守9
浜松城天守閣へ行く前に天守門へ行ってみました
浜松城天守10
(上画像は、拡大表示可能です)
天守門内には、門に使われた瓦の展示
骨組みに関する展示
敵が攻めてきた時の石落としの展示等がありましたが
興味を惹かれるモノがなかったので短時間で退場
浜松城天守11
浜松城天守閣へ入城しました
浜松城天守12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、浜松城天守閣内の展示物です
歴史的資料、武具などが展示されていました
浜松城天守12-1
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松城地下には、地下井戸がありました
浜松城天守13
上画像は、浜松城天守閣の最上階の展望台です

浜松市内を一望できましたが
ブログ管理人にとっては
見慣れた風景でしかありませんでした


双眼鏡(1回100円)を利用したがった娘達に
NOをつきつけたのち、展望台を1周
「つまらん!次へ行くぞ」との
結論に至りましたので

浜松城天守閣を立ち去りました

といったところで、今回の回顧録終了です

浜松城天守閣
興味を惹かれましたら来城してみてね☆
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.