FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
新居文化公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第698弾は、静岡県湖西市にある「新居文化公園」です
新居文化公園1
2017年10月某日、のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市西区&湖西市の公園巡りをしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「湖西運動公園」の回顧録で書いたとおり
のりゅが一生懸命立案・構築した
湖西市内5箇所の公園を巡る計画

娘達を含めた数名の人物によって頓挫!
計画修正をせざるえなくなりました

具体的には、湖西市から浜松市浜北区の自宅まで
夕飯の時間までに帰宅することを考慮した結果
「あと1箇所が限界か…
巡れなかった3箇所の公園は、またの機会だな…」と
計画を修正しました

それで、湖西市内の5箇所の公園中
のりゅ的優先順位2番目だった今回記事の舞台
「新居文化公園」へ来園しました
新居文化公園1-0
(上画像は、拡大表示可能です)
「文化人(自称)」
新居文化公園へ来園しちゃいましたぁ~♪

上画像は、過去のおでかけで
色々な遊びにチャレンジした自分です
あえて「文化人」のイメージとは
かけ離れたモノを掲載してみました

文化人とは、文化の創造的な面に携わる人物のこと
芸術家や※著作家、思想家、学者など
主に芸術や学問の分野で働く者のこと
だそうです
(※文章を書くことを職業とする人)

おでかけブログを運営していることは
※収入があるわけではないので、単なる趣味です
(※①でも一時期収入があった頃があります)
(※クリックにて、収入があった頃の参照記事へ)
でも精力的に、おでかけ記事を書き
ブログ更新しているわけですし
「のりゅが文化人(著作家)を
自称しても、まったく説得力なしって
わけでもないでしょ~」
と思ってます

そして、のりゅは
新居文化公園へおでかけした日の午前中

「とあるスポット」へ行き
「とあるモノ」を見て
「やっぱり、のりゅって文化人を
自称しちゃってもいいね♪」
なんて思うこと
があったのです

「とあるスポット」&「とあるモノ」 
のりゅが自分を文化人なのだと
自称してもよい思った根拠

回顧録本文にて明かすことにいたします

新居文化公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 33.5キロ(片道)

到着目安 1時間5分

駐車場 62台

所在地 〒431-0302 湖西市新居町新居250-5

電話 053-576-4545 (湖西市役所土木管理課)

定休日 毎週火曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)
年末年始
※湖西市立「新居図書館」の定休日です

営業時間 9:30~18:30
※新居図書館の営業時間です


新居文化公園1-2
上画像は、新居文化公園内の併設施設
湖西市立新居図書館です
公園名称の一部に「文化」なんて文字を
入れているだけありますね

そんな新居文化公園に設置されている遊具は
新居文化公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
前後にシェイクして遊べるパンダ型遊具(上画像左)
2人で乗って前後シェイクして遊べる遊具(上画像右)

新居文化公園3
シーソー
新居文化公園4
幼児向け複合遊具
新居文化公園5
ジャングルジム
新居文化公園6
複合遊具①
新居文化公園7
複合遊具②
新居文化公園8
複合遊具②の裏側です
新居文化公園9
幅広で途中に、でこぼこの仕様がある滑り台

上画像の滑り台は、のりゅ達の来園時、使用禁止でした
「そろそろ修理完了したかな~?」と思って
公園管理団体に問い合わせてみたところ
年内は修理する予定がないそうです
よって、2017年12月19日現在も使用禁止です
早く遊べるようになるといいですね

新居文化公園に設置されている遊具は以上です

それでは「とあるスポット」&「とあるモノ」を発表
のりゅが自分を文化人なのだと
自称してもよい思った根拠
を説明します
新居文化公園10
新居文化公園へおでかけした日の午前中に行った
「とあるスポット」とは
静岡県浜松市南区にある「スズキ歴史館」でした
新居文化公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
それで「とあるモノ」とは
上画像のスズキ歴史館内にある
浜松市の
文化施設の紹介展示です

「浜松市楽器博物館(紹介記事へ)」
「浜松科学館(紹介記事へ)」
「浜松市博物館(紹介記事へ)」
「浜松まつり会館(紹介記事へ)」

「浜松市美術館(公式HPへ)」以外の
上画像の文化施設4スポットを
特に狙ったわけでもないのに
おでかけしちゃっていた
のです
その事実を知った自分は

「文化人であるからこそ
なんとなくでも文化に
関わってしまうのかもしれん…」


※感慨を覚えました
(意味→心に深く感じてしみじみとした気持ち)

のりゅが自分を文化人なのだと
自称してもよい思った根拠
です♪
もちろん根拠は
ソレだけではありませんでした!

新居文化公園12
(上画像は、拡大表示可能です)
『安城産業文化公園デンパーク (紹介記事へ)』
『井の頭自然文化園(紹介記事へ)』にも
遊びに行ったことあるしね♪

やっぱり文化人を自称しよう!
いや、自称するべきだな!!

新居文化公園へおでかけした日の午前中
スズキ歴史館の一角で
38歳文化人(自称)
上記なことを考えました
そして、同日の午後に
新居文化公園への来園を果たした時
「ココのおでかけ回顧録で
文化人を自称すること発表しよう!」と決意しました
無事発表することができて満足です☆

といったところで、今回の回顧録終了です

新居文化公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト
湖西運動公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第697弾は、静岡県湖西市にある「湖西運動公園」です
湖西運動公園1
2017年10月某日、のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市西区&湖西市の公園巡りをしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「表浜公園」
※娘達は遊ぶことなく自分1人が
遊具と児童プールの写真撮影だけして退園

(※理由や経緯を知りたい方は、前回記事を読んでください)
次の目的地だった静岡県湖西市にある今回記事の舞台
「湖西運動公園」へ来園しました

※浜松市と隣接する市といえば
磐田市&湖西市ですね
(※静岡県内限定の話)

※当ブログの浜松市と隣接する市の記事数
(※①2017年12月16日、この記事作成前までの話)
(※②今回記事は含めない)

磐田市で遊ぶ 17記事
湖西市で遊ぶ 1記事
湖西運動公園1-2
(上画像は、美しいバランスイメージです)
両市記事数のバランスに偏りがありますね
このブログを発展させることに
人生を懸けている38歳粋人

「美しくない!」と考えました
よって、2年近く前に遊びに行った
「浜名湖競艇場内公園『ボートランド』(紹介記事へ)」
以来ぶりに、湖西市へのおでかけを決意しました

決意したからには最善を尽くすのが
38歳粋人のスゴいところです

百里園公園1-0
地図を広げ公園を捕捉
「Google ストリートビュー」にて
どのような遊具を設置されているか?を
確認しています


確認が難しい場合は
実際に、下見に行ったりもします

たいていの場合※スカなのですが
(※遊具がない、遊具の設置数が少ない等
子供とおでかけして、ブログに取り上げるほどでもない公園)
100、200…と探せば
珍しい遊具のある公園 or 
遊具設置数の多い公園

すなわち、ダイヤの原石の発見できるわけです

そして、あくまで原石ですから
磨かなければ輝きを放ちません
当ブログで取り上げることこそ
研磨作業に該当する
わけであります

のりゅは、この時の公園巡りのため
湖西市5つのダイヤの原石を見出し
ソレを巡る計画を立案・構築しました

忙しい現在社会を生きる人間には
マネしたくもないこと
そう簡単に
マネできないことだと自負しています


しかし、のりゅの努力の結晶たる
湖西市の公園5箇所を巡る計画

今回記事の舞台である湖西運動公園にて
娘達と数名の人物によって頓挫!
計画修正をせざるをえなくなってしまったのでした…(哀)

湖西運動公園
(市町村HPの紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 40キロ(片道)

到着目安 1時間20分

駐車場 あります
※正確な駐車可能台数はわかりませんが
かなりの台数が駐車可能です
※開門6:00~閉門21:00

所在地 〒431-0441 静岡県湖西市吉美830−1

電話 053-576-4795


湖西運動公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
湖西運動公園マップです

湖西運動公園は、運動公園だけあって
陸上競技場・弓道場・野球場・テニス場が
整備されている公園です

遊具が設置されているのは
上画像の赤枠部分「児童広場」です
湖西運動公園3
上画像が児童広場です

それほど広くないスペースではありますが
なかなかの量と質な遊具が設置されております
それでは、設置されている遊具を紹介します
湖西運動公園4
スプリング遊具
湖西運動公園5
タイヤブランコ
湖西運動公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
幼児向け複合遊具①
湖西運動公園6-1
幼児向け複合遊具②
湖西運動公園7
丸太のトンネル
湖西運動公園8
丸太のジャングルジム
湖西運動公園9
吊るされたロープの足場を渡っていく遊具

吊るされたロープの足場を渡っていく遊具の
進行ルートは複数あります
湖西運動公園10
進行ルートの中には
ロープを結んで作ったコブだけが足場のルートもあり
攻略難易度が高い遊具だと思いました
湖西運動公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
メインの複合遊具
湖西運動公園12
メインの複合遊具反対側
湖西運動公園13
(上画像は、拡大表示可能です)
メインの複合遊具中心部です
湖西運動公園14
木製平均台

のりゅの努力の結晶たる
湖西市の公園5箇所を巡る計画

この木製平均台で遊んでいた
娘達と数名の人物によって頓挫!
…させられてしまったのです(哀)
湖西運動公園15
娘達は、湖西運動公園で仲良くなった数名の子供
その親御さんと遊んでました
それで、木製平均台にて
上画像の遊びを始めたのです

上画像の遊び概要・ルール

① 2つのチームを作る
② 2つのチームは、両端からスタート
相手チームの出発点目指して進む
③ 相対したらジャンケン
④ 負けた方が木製平均台から下りる

湖西運動公園16
⑤ 敗者復活あり
(上画像赤矢印の感じで戻りまくりでした)

上記のルールのおかげで
遊びが終わらないこと終わらないこと…
終わっても2回戦、3回戦と続きました…


「公園巡りをする時間が
無くなっちゃうぅぅのぉぉ!!」

(↑この時の38歳男性心の叫び)
湖西運動公園17
木製登り棒(上部に鐘付)
湖西運動公園18
カンカンカンカーン!!
(↑38歳男性が、鐘を激しく叩く音)

「その遊びはやめてぇぇ!
もう次の公園行くのぉぉ!!」


…なんて行動をしたくなりましたが
キチガイだと思われるので我慢しました…

その後、持参したライトノベルを読書をして
娘達と遊んでいたグループが
湖西運動公園を立ち去るのを待ちました
2時間半ほど待ちました…

といったところで、今回の回顧録終了です

湖西運動公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜名湖競艇場内公園「ボートランド」へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第116弾は、静岡県湖西市新居町にある「浜名湖競艇場」…
125-1.jpg



あ~

誤解しないでくださいね、皆様
のりゅは、酒もタバコも賭け事も一切やらない
健康優良イケメン紳士(後半部分は自称)です

よって「浜名湖競艇」自体には、全くもって興味がありませんし
本来ならば、訪問する必要のない場所なのですが
125-2.jpg
「ボートランド」という名称の公園が、浜名湖競艇場敷地内にあり
そこに「雲の城」と呼ばれる立派な遊具があるとの情報を入手
この時、訪問したわけであります

浜名湖競艇
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 39キロ

到着目安 1時間5分

駐車場 競艇場の駐車場があります

所在地 〒431-0301 湖西市新居町中之郷3727−7

電話 053-594-7111

営業時間 競艇場の営業時間終了で閉門

入場料 競艇場から行く必要があるため大人は、100円かかる

注意事項 「ボートランド」は浜名湖競艇、本場開催日のみ入園可能


125-3.jpg
朝一番に、浜名湖競艇場へ入場したため
まだレースは、始まっておらず、試走をしている段階でした

「ちょっと観ていきたい」と娘たちが言うので
しばらく試走の様子を眺めることに
すると娘たちは、イスに座り、長女の主導の元
ふたりだけの「ごっこ遊び」始めました

長女「皆さん、こんにちわ
司会の長女です
本日の素敵なお客様は、次女さんです
次女さん、こんにちわ~」


長女、存在しないマイクを次女に向ける

次女「こんにちわー!!」

長女「次女さんの注目選手は、何番ですか!?」

次女「3番でーす!!」

長女「3番ですか~…

とぉっても深いですねぇ~!!」

「何が!?」と心の中で
ツッコミを入れたくなる内容でした

この「ごっこ遊び」の大元は、たぶんマイファザーの
スカパーで観戦している「オートレースの中継」です
そして、周囲に聞こえない程度の音量でやってくれるのなら
そのまま放置しててもよいのですが
大声でやっていたので、親の立場からすれば
いい迷惑でしたね

なんとなく居心地が悪くなってしまったゆえ、ボートランドの方へ移動しました
125-4.jpg
ボートランドの遊具は、円形の輪をくぐりぬけていく遊具に、ブランコ
125-6.jpg
球体に登り、そこから滑り台が伸びている遊具
125-7.jpg
カラフルな段差を登った先に球体があり
125-8.jpg
その球体にも登れる遊具(登れるだけですけど…)
125-9.jpg
造形は、変わっていますが、螺旋状の階段になっており
登った先には、なにもありませんでした
遊具というよりは、見晴らし台なのかな?

そして、いよいよボートランドのメイン遊具「雲の城」をご紹介
125-10.jpg
娘たちの後ろ、小高い丘に聳えたつその姿…
あれこそが「雲の城」であります

いやぁ~、立派な遊具ですね~♪
のりゅの遊び心を大いに、刺激してくれました
125-11.jpg
さっそく、雲の城の遊び方の確認をしようと
看板を見たところ、長年の劣化により、全くわからなくなってました…
これでは、自分たちの思うがまま遊ぶしかありませんね

雲の城は、正面に立って
右のルート、左のルートがありましたので
近い方、右のルートから攻略を開始しました
(正面からでも登れますが…)
125-12.jpg
モタモタ手間取っている娘たちを置き去りにして
自分は、大きく先行しました
125-13.jpg
のりゅは、腕を組みふんぞり返る
いわゆる威風堂々としたポーズをとり
娘たちを見下ろしました

そして…

「娘どもよ!
我が高みまで登りつめるがよい!」


と娘たちに向かって叫んでみました(かっこいー♪)



この時のボートランドは
自分たちの家族以外の利用者は、いなかったので平気です
周辺の道にも人がいないのを確認してから
実行したので抜かりはありません☆
125-14.jpg
125-15.jpg
パパの激励が効いたのでしょうね
娘たちは、必死で雲の城を右ルートに挑戦してました
125-16.jpg
一度、滑り台をスライドした後、雲の城、左のルートを攻略開始
125-17.jpg
こちらのルートは、ゆらゆら揺れる丸太渡りが大半でした
そしてどちらのルートも最終的に
125-19.jpg
上の写真、雲の城、最上部にある滑り台へとつながります
125-20.jpg
長さ、ローラーの回転具合、申し分のない滑り台でした

その後、1時間くらい
ボートランドの遊具を楽しんだ後
帰宅するため、競艇場の方へ戻っていると
125-21.jpg
「ジョイハウス」という看板のかかった建物を発見しました
娘たちは、入りたがりましたが
長い間、営業をしていないような雰囲気でした

少々、気になったので、帰り際、ジョイハウスのことを
係りの人に尋ねてみたところ
営業を再開する予定はないそうです

それよりも係員の方に、ものすごく驚かれて
「もうお帰りなんですか!?
よろしいのですか!?」
って
退場の希望を再確認されてしまいました

朝1番で、入場して1時間半程での帰宅となりましたから
たぶん、この日の浜名湖競艇の入場者の中では
最初に退場した人間だと思われます

競艇場のスタッフの方からすれば
何年も前に閉鎖された施設の質問してくるし
早々、帰るし
「何しに来たの…?この親子」
って思われても仕方なかったかな?
そんなことを気にしながら、浜名湖競艇場を後にしました

といったところで、今回の回顧録終了です

浜名湖競艇場、ボートランドは、レース開催日のみ利用可能です
興味を惹かれて訪問される際には
浜名湖競艇のレース日程を確認されてから
訪問されることをオススメします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.