FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
ストーンミュージアム博石館 施設概要・展示・遊び編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第956弾は、岐阜県中津川市にある
「ストーンミュージアム博石館」の
「施設概要・展示・遊び編」です
博石1
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年3月16日(土)
のりゅは、次女を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」イチ君
同行してもらいまして
岐阜県中津川市にあるスポットを巡りました

岐阜県中津川市の最初の目的地は
約30種類のアトラクションを楽しめる遊園地
「恵那峡ワンダーランド(紹介記事へ)」でした

第2の目的地は恵那峡ワンダーランドと隣接の
観光施設「恵那峡天界苑(紹介記事へ)」でした
博石1-1
回顧録序文の余談として書くのは
鉱物の博物館としての一面もある
ストーンミュージアム博石館
にて
ブログ管理人が、イチ君に
鉱物について&鉱物に纏わる話を教えてもらい

どういう反応や返答しようか?で
困ってしまった話
です
博石1-2
①昔、ラピスラズリ(上画像の鉱石)
絵の具の材料にもなったが
金より高価で貴重だったこと


③17世紀のオランダ美術を
代表する画家
「フェルメール」
ラピスラズリが原料の
絵の具を惜しまず使って
作品を作っていたこと


のりゅは、イチ君より、ラピスラズリ関する
上記①&②のことを教えてもらいました


美術に関することを教えてもらっても
ブログ管理人(+マイハニー)は
自宅より300㎞超の離れた
石川県金沢市にある美術館

「金沢21世紀美術館(紹介記事へ)」
はるばる来館したのに
有料ゾーンの入場料金を見て
「高いわ~払えんわ~」と判断して
入らず帰った人物
です

そんなブログ管理人ですから
どういう反応や返答しようか?で
困ってしまった
のでした

なので、のりゅは

「ごめんなさい
こんな時どんな顔を
すれば良いのか
分からないの」


日本の大ヒットSFアニメ作品
「新世紀エヴァンゲリオン」
登場するヒロインの1人
「綾波レイ」の有名な上記台詞を
イチ君への返答としました

ちなみに、イチ君から
「笑えばいいと思うよ」と
言われなくても
ニヤニヤ笑顔での発言
でした☆

ストーンミュージアム博石館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北ICからの距離 145.5km(片道)

到着目安 2時間

高速料金 3980円(恵那峡IC降車の場合)
※2019年5月時点

駐車場 200台 無料

所在地 〒509-8301 岐阜県中津川市蛭川5263-7

電話 0573-45-2110

定休日 12/29~1/1

営業時間 9:00~17:00(最終入場16:30)

入場料 大人800円、小人500円

セットおでかけ候補
恵那峡ワンダーランド(紹介記事へ) 1.5㎞
恵那峡天界苑(紹介記事へ) 1.5㎞


博石3
上画像は、ストーンミュージアム博石館の
門柱となる博石門です

7月の七夕イベント時には、ライトアップされるそうです
博石4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ストーンミュージアム博石館の
博石門を抜けた先にある芝生広場です

敷地内の至る所が石造りな
ストーンミュージアム博石館は
石がテーマの博物館&テーマパーク
です

入場料金は大人800円、小人500円
駐車料金は無料
です

展示物を観覧したり、遊具を遊んだり
工作体験をしたりして楽しむことができます

博石5
ストーンミュージアム博石館へ
遊びに来た客の方々の
大多数が目的とするのは

宝石探し体験 or

博石6
(上画像は、拡大表示可能です)
様々な非日常体験メニューが
楽しめる
鉱山体験
でしょう

宝石探し体験&鉱山体験
おまけで工作体験については
次回の「体験編」で詳しく紹介します

今回記事は「展示・遊び編」と題しまして
ストーンミュージアム博石館の
展示物や遊具を紹介

思い出を振り返ります
博石7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っているのは
ストーンミュージアム博石館のシンボル
日本最大の石のピラミッドです

モデルは、エジプトにあるオリジナルのピラミッドであり
その10分の1モデルとのことです
それでも、1辺23m、高さ14.6mと巨大です
博石8
(上画像は、拡大表示可能です)
石のピラミッド付近には
地下迷路の入口が設けられています
地下迷路の総延長は、360mとのことです
博石9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、地下迷路内を撮影した写真です

地下迷路内は造りが凝ってます

のりゅは、次女相手に
古代エジプト王
「ツタンカーメン」
墓を発掘した関係者が
次々に謎の死を
遂げてしまったとされる

「ツタンカーメンの呪い」の話を
教えてあげたくなった
んですが
穏やかで寛容なイチ君が
同行者として居たので止めました

博石10
(上画像は、拡大表示可能です)
スタートしてゴールを目指すだけでも良いのですが
地下迷路は
ポイントラリーをして遊べます


地下迷路ポイントラリー体験
受付場所 宝石探し体験コーナー受付
利用料金 ラリーカード1枚300円


迷路に隠された4種類の絵を探し出したのち
受付へ持っていくと、くじを引くことができ
景品を取得できるとのことです、はずれは無いそうです
博石11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ストーンミュージアム博石館の
敷地屋外にある遊具を撮影した写真です

輪投げ遊び場(上画像左)
石投げ遊び場(上画像中)
らくがき遊び場(上画像右)
が設けられてます
あと、けんけんぱをして遊べる石のステップ
あるそうですが撮影するのを忘れました
博石12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、鉱山体験館内部です

鉱山体験館は鉱山体験の体験場所ですが
ちょっとした遊具や展示物が設けられてます
博石13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、宝石が埋め込まれた通路です
足裏を刺激されながら歩いて楽しめます

好奇心旺盛なイチ君は
上画像赤矢印部分に写っているとおり
靴を脱いで通路の歩行をチャレンジされていました

上画像右は、石と光の部屋です
幻想的に光る石いっぱいの光景を見て楽しめます
博石14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、トリックアート写真を撮影できるコーナー

上画像右は、図書コーナーです
博石15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、分けられた部屋と部屋でも
伝言チューブを使うことで話し合って遊べるコーナー


上画像中は、天秤に石を乗せて
傾かせたり吊り合わせて遊べるコーナー


上画像左は、巨人の足跡コーナー
自分の足の大きさと比較して楽しむんですかね~?
博石16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、おもしろひろばです

おもしろひろば
受付場所 石の売店横
利用料金 子供400円 延長20分200円
同伴の保護者100円 延長料金無料


コマ、釣り遊び、ボーリング遊びなど
さまざまな玩具で遊べるとのことです
博石17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、鉱物展示館(内部)です

世界各地の珍しい鉱物や石が展示されてます
博石18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、鉱物展示館で展示されている
近年採れたモノとしては最大級らしいトパーズ

上画像右は、鉱物展示館で展示されている
エベレスト山頂の石
博石19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、鉱物展示館で展示されている
広島&長崎の原爆被爆石です
博石20
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、鉱物展示館で展示されている
地球最古の岩石

上画像右は、鉱物展示館で展示されている南極の石

ここまで画像掲載したのは
鉱物展示館の展示物の一部に過ぎません
鉱物、珍しい石好きには
堪らない展示場だと思われます
博石21
(上画像は、拡大表示可能です)
鉱物展示館は展示物や鉱業に関する
解説資料が大量に設けられていますし
関連書籍を閲覧できる図書コーナーもあります
博石22
上画像は、石職人体験室です
博石23
(上画像は、拡大表示可能です)
石職人体験室は、昔の石職人が使っていた道具
加工された石材などが展示されてます
石職人が使っていた道具の一部は
触ったり動かして楽しめます

イチ君は、上画像赤矢印部分に写っているとおり
興味深そうに展示物を観覧したり
昔の石職人が使っていた道具を動かしていました


展示物、昔の石職人が使っていた道具に
まったく興味を持てなかったブログ管理人は
イチ君に付いて歩いて
なんとなく写真撮影していただけ
でした
博石23-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、山小屋風チャペルです

100年前に造られたピアノが設置されており
自由に演奏して楽しむことができます


次女は小学校の授業で習い
鍵盤ハーモニカで自主練習を重ねて
弾けるようになったらしい民謡
※「山のポルカ」※「かっこう」を弾いてました

(※のちのち次女本人に曲名を聞きました)

のりゅは、次女が
ピアノの鍵盤の
ドレミの配列を把握しており
簡単な曲とはいえ
弾けていたことに驚きました


のりゅは、4歳~10歳の
何かを習得するには
最も適している時期に
ピアノを習っていましたが
今では、ピアノの鍵盤を見て
ドレミの配列が
全くわからないレベルまで
実力が低下している人物
です

のりゅは、とてもとても
いたたまれない気持ちになりまして
チャペルを退場しました

博石24
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、我楽多(がらくた)ホールです
博石25
(上画像は、拡大表示可能です)
我楽多(がらくた)ホールには
石の楽器が置かれており自由に演奏して楽しめます
博石26
我楽多(がらくた)ホールには
恐竜のうんちの化石が置かれていました
触ってもOKです
博石27
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、月空記念館です

旅しながら、はがき絵を描く「中島月空」氏の
記念館とのことで、はがき絵が展示されてます

ハガキに絵を描けるコーナーが
設けられてますが有料
です

上画像を撮影したのち、のりゅは
上画像赤矢印部分に写る次女の側へ行きました
次女の行動が有料だと気付いて
のりゅは慌てて止めました

間一髪でしたが間に合いまして
お金を払わずに済みました…(冷汗)

博石28
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、うんちく館です

日本&世界の昔のトイレ
トイレに関連する解説資料などを観覧できます

上画像赤矢印部分に写っているとおり
イチ君的に、めっちゃ興味深い展示場所だったのか?
写真撮影していたほどの見入りっぷりでした
博石29
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、玉井袈裟男となかまたちの記念館です

信州大学名誉教授であり
活気ある町づくりの風土論提唱者
「玉井袈裟男」氏と仲間達の記念館とのことです

入館した自分は
内部を写真撮影だけして退館しました

ここまで紹介した以外にも
総石造りのトイレ オーバル
ろうそくとたきぎの部屋(休憩所)、気充庵(茶室)
レストランバッカス(予約制イベントホール)
ミュージアムショップ(土産物売場)
などが
公式HPの施設案内で紹介されてます

といったところで、今回の回顧録終了です

ストーンミュージアム博石館
次回の「体験編」へ続きます☆
スポンサーサイト
恵那峡天界苑へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第955弾は、岐阜県中津川市にある
「恵那峡天界苑」です
天界苑1
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年3月16日(土)
のりゅは、次女を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」イチ君
同行してもらいまして
岐阜県中津川市にあるスポットを巡りました
恵那初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
岐阜県中津川市の最初の目的地は
約30種類のアトラクションを楽しめる上画像の遊園地
「恵那峡ワンダーランド(紹介記事へ)」でした

第2の目的地が、恵那峡ワンダーランドと
隣接の観光施設であり
上画像に載っている今回記事の舞台

「恵那峡天界苑」でした
天界苑2
(上画像は、拡大表示可能です)
天界苑3
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドを遊び終えた自分達は
遊園地と恵那峡天界苑を繋ぐ

「天界橋」という名の吊橋を渡りました

上画像左赤枠部分に
【天界橋】という吊橋名が写ってます
重要なことなので
皆様、覚えておいてくださいませ

恵那初回2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
天界苑4
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡は、木曽川中流にある溪谷であり
大井ダム湖、奇岩・怪石な溪谷が有名な景勝地です

【天界橋】や付近の展望台からは
上画像2枚の景色を望めます

恵那峡の景色を眺めながら
ライトでノリの良い歌を口ずさみ
【天界橋】を渡れば
とてもとても高揚しちゃえるかもしれませんよ~

ブログ管理人は
「CHAGE&ASKA」のヒットソング

「YAH YAH YAH」
小声で口ずさみながら

【天界橋】を渡り終えました
天界苑5
※【振り返れば別の橋がある】
(※上画像赤矢印&赤枠部分を見てね)

【天界橋】を渡り終えて
振り返ったら吊橋の名前が

「夢のつり橋」と表記されていて
ブログ管理人は、めっちゃ驚きました


下記は、ブログ管理人の推測ですが
天界橋(別称:夢のつり橋)でしょうか?

恵那峡天界苑
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 146キロ(片道)

到着目安 2時間

高速料金 3980円(恵那峡IC降車の場合)
※2019年5月時点

駐車場 平日は駐車料金無料
土日祝日・GW、学校の長期休み期間は
普通車1日1台800円

所在地 〒509-8301
岐阜県中津川市蛭川5735-211

電話 0573-45-3838

定休日 毎週水曜日
※6月・10月は毎週水・木曜日定休
※GW・学校の長期休み・祝日は営業
※冬季休園期間あり
今年度の営業は2019年11月24日(日)まで

営業時間 9:30~17:00
土日祝日・春休みは9:00~17:00
※季節によって変動

入場料 1人500円
※恵那峡ワンダーランド入場客は入場無料
※恵那峡天界苑→恵那峡ワンダーランドと
入場(移動)する場合は、中学生以上600円
3歳~小学生200円が別途必要となる

セットおでかけ候補
恵那峡ワンダーランド(紹介記事へ) 隣接
ストーンミュージアム博石館(紹介記事へ) 1.5キロ


天界苑6
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡天界苑マップです

回顧録序文でも書いたことですが
恵那峡天界苑は
恵那峡ワンダーランドと
隣接立地の観光施設
です

恵那峡天界苑には、冬季休園期間があり
営業期間は、3月中旬~11月終わり頃まで
今年度の営業は2019年11月24日(日)まで
です

恵那峡天界苑の入場料は、1人500円
恵那峡ワンダーランド入場客は入場無料
です
恵那峡天界苑→恵那峡ワンダーランドと
入場(移動)する場合は、中学生以上600円
3歳~小学生200円が別途必要
となります

駐車料金は、平日は無料
土日祝日・GW、学校の長期休み期間は
普通車1日1台800円
です

花や敷地内を流れる小川を眺めながら散策
天界苑7
(上画像は、拡大表示可能です)
散策ついでに、恵那峡天界苑のシンボル的建造物
展望風車へ行き
天界苑8
(上画像は、拡大表示可能です)
展望風車内に設けられている
鳴らすと幸せが訪れるとされる
幸せの鐘を鳴らして楽しめます

「恵那峡ワンダーランド関係者の方は
幸せの鐘を鳴らしているはずだよね…
コレに、御利益があるなら
※閑古鳥が鳴き過ぎている
遊園地の現状は
解消されていると思うのだけれど…」

(↑幸せの鐘を鳴らした時のブログ管理人の心中)
(※クリックにて、恵那峡ワンダーランドの
客入りの現状を理解できる記事へ)

天界苑9
(上画像は、拡大表示可能です)
散策しながら恵那峡天界苑内にある
中津川・恵那唯一の縁結びの聖地にして
学業成就、五穀豊穣、商売繁盛などの
御利益を得られるらしい

黒岩稲荷を参拝することもできます

「恵那峡ワンダーランド関係者の方は
黒岩稲荷を参拝しているはずだよね
御利益があるなら
※閑古鳥が鳴き過ぎている
遊園地の現状は
解消されていると思うのだけれど…」

(↑上画像を撮影した時のブログ管理人の心中)
(※クリックにて、恵那峡ワンダーランドの
客入りの現状を理解できる記事へ)

天界苑10
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡天界苑内にあるちびっ子広場には
ちょっとした遊具が設置されています

上画像黒矢印の動物オブジェ2つの遊具です
乗って遊べます
天界苑11
他には、カバのオブジェ
天界苑12
リス型滑り台
天界苑13
地面に埋められたタイヤ
天界苑14
バスケットゴールが、ちびっ子広場に設置されています
天界苑15
ふれあい広場では
動物との触れ合いが楽しめます

ふれあい広場の営業時間は
10:00~16:00
と書かれていました
天界苑16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ふれあい広場で飼育されている動物です
天界苑17
さらに、ふれあい広場の裏側には
ヒツジが飼育されています
天界苑18
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあい広場では、ウサギ&モルモット
撫でることができます
天界苑19
ハムスターは、手の上に乗せることができます
天界苑20
(上画像は、拡大表示可能です)
ヤギ、ウサギ、モルモット相手に
エサやり(1カプセル200円)を楽しむことも可能です

イチ君は、動物との触れ合い&エサやりを
楽しまれてました


のりゅとイチ君は、20年来の友人ですが
彼が動物好きなことは
この時初めて認識しました


「よし!動物園とかのおでかけ時は
イチ君に付き合ってもらおう!
どこへ遊びに行こうかな~?」


上画像右を撮影しながら、ブログ管理人は
イチ君を撒き込む
イチ君に付き合ってもらう未来のおでかけの計画を
立案・構築していました
天界苑21
ふれあい広場では土日祝日14:30~
ウサギのレースが開催
されます

1回100円で、どのウサギが1着となるのか?を
賭けることができ、的中させた場合は
景品がもらえちゃう
とのことです
天界苑22
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあい広場でなくても
恵那峡天界苑内にある池では
コイ相手のエサやり(1カプセル100円)が楽しめます
天界苑23
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、恵那峡天界苑内にある恵那のえきです

恵那のえき内は、レストラン、足湯(有料)
おみやげ売場、無料休憩所
珍宝館(上画像右黒矢印部分参照)があります
天界苑24
(上画像は、拡大表示可能です)
珍宝館には、恵那峡天界苑へおでかけしたならば
必見な展示物が大量に飾られていました


例えば、上画像に写っている
イチ君が観覧している展示物は
天界苑25
上画像な代物です
天界苑26
(上画像は、拡大表示可能です)
天界苑27
恐竜&魚などの化石が大量に飾られてます
天界苑28
(上画像は、拡大表示可能です)
NASA(アメリカ航空宇宙局)認定の大隕鉄
天界苑29
(上画像は、拡大表示可能です)
リンカーン直筆手紙(本物だそうです)

リンカーン直筆手紙が日本の岐阜にあるのは
ヤバすぎですよね
天界苑30
珍宝館の隣には、キッズコーナーがあります
天界苑31
のりゅとイチ君が珍宝館を見て回っていた時
次女は、キッズコーナーで遊んでいました

のりゅ達は、珍宝館を見終えたのち
恵那峡天界苑を退場しました
のりゅ達は天界橋を再度渡って
恵那峡ワンダーランドの敷地を歩いて移動
遊園地正面ゲートより退場しました
のりゅ達は、十数分歩いて
マイカーを駐車していた
恵那峡ワンダーランド駐車場へと
戻りました


次女は、上画像赤矢印部分に写る
背負っていたリュックサックを
置き忘れやがったのでした!


のりゅは、イチ君に次女のことを任せたのち
リュックサックを
取りに戻るハメになった
のでした

といったところで、今回の回顧録終了です

恵那峡天界苑
恵那峡ワンダーランドとセットで遊びに行ってみてね☆
恵那峡ワンダーランド 屋内施設編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第954弾は、岐阜県中津川市にある
「恵那峡ワンダーランド 屋内施設編」です
恵那4回1
2019年3月16日(土)
のりゅは、次女を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」イチ君
同行してもらいまして
岐阜県中津川市にある今回記事の舞台
「恵那峡ワンダーランド」へおでかけしました
恵那初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドマップです

回顧録第951弾(クリックにて、第951弾へ)
「施設概要・屋外アトラクション前編」では
恵那峡ワンダーランドの施設概要を紹介
恵那初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドで楽しめる
屋外アトラクション一覧
です

上画像の一覧に載っている
1~6番のアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

回顧録第952弾(クリックにて、第952弾へ)
「屋外アトラクション中編」では
上画像の一覧に載っている
7~14番のアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

回顧録第953弾(クリックにて、第953弾へ)
「屋外アトラクション後編」では
上画像の一覧に載っている
15~22番のアトラクションを紹介
思い出を振り返りました
恵那初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドの屋内施設一覧です

今回記事が、恵那峡ワンダーランドが舞台の
おでかけ回顧録の最終回
です

回顧録副題を「屋内施設編」と題しまして
上画像に載っている雨天でも遊べる
屋内アトラクション&屋内施設を紹介

思い出を振り返ります

恵那峡ワンダーランド

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 146キロ(片道)

到着目安 2時間

高速料金 3980円(恵那峡IC降車の場合)
※2019年5月時点

駐車場 100台以上 土日祝日・GW
学校の長期休み期間は、普通車1日1台800円
平日は駐車料金無料

所在地 岐阜県中津川市蛭川5735-209

電話 0573-45-3333

定休日 毎週水曜日
※6月・10月は毎週水・木曜日定休
※GW・学校の長期休み・祝日は営業
※冬季休園期間あり
今年度の営業は2019年11月24日(日)まで

営業時間 9:30~17:00
土日祝日・春休みは9:00~17:00
※季節によって変動

入場料 中学生以上1100円、3歳~小学生700円

とくとくパック料金(入園+乗物券3200円分セット)
中学生以上3800円、3歳~小学生3400円

備考 公式HPに割引クーポンあり

セットおでかけ候補
恵那峡天界苑(紹介記事へ)  隣接施設
ストーンミュージアム博石館(紹介記事へ) 1.5キロ


恵那4回2
ビックリハウス
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


昭和の時代に国内各地の遊園地で
導入された名機なアトラクションですね
昭和→平成→令和の時代が流れ
ビックリハウスを楽しめる遊園地は少なくなりました
でも、恵那峡ワンダーランドは
2019年5月現在も、ビックリハウスが楽しめます


イチ君は、この時
約30年ぶりのビックリハウス体験だったそうです
イチ君的には、ビックリハウスを
今だ楽しめる遊園地が国内に存在することが
ビックリ
だったそうです


愛知県名古屋市千種区にある
「東山動植物園(紹介記事へ)」
兵庫県神戸市灘区にある
「王子動物園(紹介記事へ)」
東京都台東区にある
「浅草花やしき(公式HPへ)」
福岡県太宰府市にある
「だざいふ遊園地(公式HPへ)」

※上記4スポットは、2019年5月現在でも
ビックリハウスを楽しめる遊園地です
(※王子動物園で遊べるのは
ビックリハウスの発展バージョンアトラクション)

のりゅ家族が、2017年夏に遊びに行った
長野県北佐久郡にある
「池の平ファミリーランド(紹介記事へ)」では
同年秋まで、ビックリハウスが楽しめたけれど
残念ながら営業終了してしまいました


上記の2019年現在における
ビックリハウスが楽しめる遊園地情報と
上記のビックリハウスの営業終了情報を

のりゅは、イチ君相手に
知識披露しました


イチ君から「すごいね!よく知ってるね」と
ビックリしてもらえたし
称賛してもらえちゃった自分は
ドヤ顔のまま
ビックリハウスへ入室
しました
恵那4回3
(上画像は、拡大表示可能です)
座席はブランコのように揺れ、部屋が回転するので
客は奇妙な感覚を体感して楽しめます

イチ君的には、ビックリハウス内部の
みすぼらしさにも、ビックリ
だったそうです

恵那峡ワンダーランドは
※①遊園地内の客の少なさ
※②アトラクションのライド造形
※③アトラクション名の大胆不敵さ
上記3つのことを例として
様々なことで、ビックリな遊園地
です
(※①~③について、詳しく知りたい方は
回顧録第951弾~第953弾を読んでくださいませ)
恵那4回4
(上画像は、拡大表示可能です)
サンプラザ

ゲーム、バッテリカー、メロディペット等を楽しめます
恵那4回5
(上画像は、拡大表示可能です)
サンプラザで楽しめるゲームの1つ、かえるつり
制限時間の30秒間で釣れた個数により
景品がもらえちゃえます
恵那4回6
めろめーろ
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


小規模な迷路です
恵那4回7
(上画像は、拡大表示可能です)
隠し通路を探し出さないとゴールできない仕様です
恵那4回8
2019年5月現在は
無くなってしまっているかもしれませんが
のりゅ達が遊び行った日は
冬季休園期間を終えた営業開始記念日として
めろめーろ内に、クイズが設けられていました


クイズ内容は、上画像左に載っている
恵那峡ワンダーランドのアトラクションの1つ
サイクルコースター
コース全長は何mなのか?
でした

正解基準は±5mと書かれていました

上画像右赤矢印部分に
写っているとおり
イチ君に、スマホで調べてもらっても
答えが分からない
マニアック過ぎるクイズを出題して
厳し過ぎる正解基準を設ける
恵那峡ワンダーランドの趣向に

ブログ管理人は、めろめーろ♡
とても楽しませて頂きました

恵那4回9
アスレチックワールド
利用条件 3歳~小学生まで
利用料金 1人1回400円

恵那4回10
(上画像は、拡大表示可能です)
アスレチック複合遊具、ボールプールで遊べます

次女が遊ぶ姿を眺めていただけなので
コレといった感想はありません
恵那4回11
ゲームスポット
恵那4回12
(上画像は、拡大表示可能です)
ゲームスポットでは
コイン電動遊具、ゲーム等が楽しめます
恵那4回13
ゲームスポットでは、ビリヤードも楽しめます

ビリヤード利用料金は
1人30分プレイ300円(現金のみ)
とのことです

恵那峡ワンダーランドは
【遊園地へ遊びに来て
ビリヤードをプレイしようとする
お客様が居るかもしれない】という
少な過ぎるであろう需要にも
配慮している遊園地
です
恵那4回14
(上画像は、拡大表示可能です)
わんぱくキッズランド
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


ゲームスポットと同じ建物内にあるアトラクションです
複合遊具、玩具
恵那4回15
(上画像は、拡大表示可能です)
ボールプール、ボールを入れると飛び出る遊具
ボールを入れ動きを見て遊ぶ遊具などを楽しめます

次女が遊ぶ姿を眺めていただけなので
コレといった感想はありません
恵那4回16
(上画像は、拡大表示可能です)
ゲームスポット、わんぱくキッズランドを
内包する建物(外)には、恵那峡ワンダーランドの前身
「恵那峡ランド」時代に営業していた
ロープウェイが置かれています

ちょっとした見所と思えたので
恵那峡ワンダーランドに遊びに来た記念に
写真撮影しておきました
恵那4回17
(上画像は、拡大表示可能です)
ジェラシックランド
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 中学生以上1人1回600円
3歳~小学生1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる

恵那4回18
恐竜(ロボット)が設置されている空間を
ライドは自動運転で進みます
恵那4回19
初回利用前、のりゅは
レーザーポイント銃が備え付いていることから
ジェラシックランドは
シューティングアトラクションだと思っていました

レーザーポイント銃は
単なる演出用のアイテム
でした

正確なことを書くと
レーザーポイント銃は照射できますし
照射音が鳴ります
でも、シューティングアトラクションの
的となる対象物はありませんし
恐竜(ロボット)を撃ったとしても
何の反応もありません

ライドに点数が表示される仕様もありません

レーザーポイント銃に関しては
若干がっかり仕様だと思いましたが
※薄暗い空間に設置されている
巨大な動く恐竜(ロボット)は
なかなかの迫力を感じました

(※アトラクション体験中は写真撮影禁止なので
ジェラシックランド内部の様子は画像掲載できません)
大高後編33
(上画像は、拡大表示可能です)
ディノ3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、過去のおでかけで
恐竜(ロボット)を見たり
恐竜の吼え声を聞いた時
次女が不安がったり
泣いてしまったり
ノルウェーの画家の
「エドヴァルド・ムンク」「叫び」
描かれている人状態になったり
恐怖から歩けなくなった時に
撮影した写真
です

上画像を撮影した頃の次女と一緒に
ジェラシックランドを遊んだのなら
のりゅは極上に楽しめたと思いました


ブログ管理人は
ジェラシックランドの動く恐竜(ロボット)を見て
昔の次女を思い出しました
恵那4回20
スリラーハウス
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる

恵那4回21
(上画像は、拡大表示可能です)
西洋妖怪が脅かし役のお化け屋敷です
恵那4回22
大きな音と共に激しく動いて
脅かしてくる西洋妖怪も設置されています
としまえん3回目11-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、2018年12月末おでかけ時
お化け屋敷を前にして
神妙な面持ちで怯んでいた次女
です

上画像右は、2018年3月おでかけ時
お化け屋敷をチャレンジしたのち
大泣きしていた次女
です

次女は、恐竜(ロボット)を見ても
怖がらない女児へと成長しましたが
お化けは現役で怖がる女児
です

※「愛の試練」
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれるよ」
某ヒットソングのフレーズが有名ですね
絶叫・ホラーアトラクションを試練として与え
娘達を強者として成長させる育成方法です)


我が子を強者へと成長させたいと考える
のりゅは、次女に、スリラーハウスを
一緒にチャレンジすることを通告しました


そうしたら、次女は姑息にも
イチ君に助けを求めやがった
のでした


イチ君「僕に免じて
今回は勘弁してあげてくれる?
代わりに僕が一緒に入るからさ」


イチ君の上記発言により諭されてしまった
のりゅは、スリラーハウスを通じて
次女を強者へと成長させる計画を
諦めるしかなくなってしまったのでした…

恵那4回23
上画像は、スリラーハウスへ入ったのち
イチ君に撮影してもらいました
上画像赤矢印部分に写っているのは、のりゅ
です

次女を強者へと成長させる計画を諦め
イチ君の提案を受け入れた自分は
本当に男2人で、お化け屋敷へ入った
のでした
恵那4回24
ファラオの遺産
利用料金 中学生以上1人1回600円
3歳~小学生1人1回400円


謎解きシューティングアトラクションです

イチ君に助けてもらった次女…
次女を助けたイチ君…

のりゅの目には
次女が父親(のりゅ)より
この日初めて遊んだ
イチ君を慕っていたように見えました

恵那4回25
(上画像は、拡大表示可能です)
ファラオの遺産には
壮大な背景設定があります

恵那4回26
(上画像は、拡大表示可能です)
受付を済ませると
懐中電灯のようなシューティングアイテムを渡され
上画像に載っている流れで進行します
恵那4回27
(上画像は、拡大表示可能です)
内部の雰囲気は
なかなか不気味な感じで凝っています


次女「パパとは絶対行かない!」

次女「イチ君、一緒に行ってね?」

次女から上記発言がありました
よって次女のことは、イチ君に任せて
のりゅは、1人アトラクションを進めました

恵那4回28
(上画像は、拡大表示可能です)
よく分からないまま進んで
アトラクションが終了しちゃいました


ファラオの遺産のアトラクション内容が
よく分からなかったのは
次女&イチ君も同じだったようで
2人の獲得した点数は、100点でした
のりゅの獲得した点数は、10000点でした
恵那4回29
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に載っているのは
ファラオの遺産の高得点を獲得する方法
です

高得点を獲るには、アレコレ覚えて
行動せねばならない
みたいです

メンドクサイと思えたので
2回目は、チャレンジしませんでした
のりゅ達は、フリーパスを
特別発行してくれた日に
おでかけして遊んだから良いけど
ファラオの遺産を
600円 or 400円を支払って遊び
よく分からないまま終了しちゃったら
受けるショックは、ヤバいと思います


この記事を読み、恵那峡ワンダーランドへ遊びに行き
ファラオの遺産をチャレンジしたいと考えた方は
アトラクションの仕様と高得点を獲得するコツを
把握した上で臨んでくださませ
恵那4回30-1
アイスパニック
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


マイナス35℃の世界を体感できます

次女が父親(のりゅ)よりも
イチ君を慕っていた様子に
ブログ管理人の心の温度は
アイスパニックへ入らなくても
マイナス35℃
でした
恵那4回31
(上画像は、拡大表示可能です)
非日常な体験を楽しめますが
アイスパニックは、通路が短いので
止まらず進んで出ちゃうと
数十秒で終了となってしまいます


上画像左の通路を移動、突き当りを曲がって
上画像右の通路を移動、突き当りを曲がって

恵那4回32
ベンチの置かれた部屋を出ると
アトラクション終了となってしまいます


のりゅ達は、フリーパスを
特別発行してくれた日に
おでかけして遊んだから良いけど
アイスパニックを
400円を支払って遊び
止まらず進んで出ちゃった場合
受けるショックは、ヤバいと思います


アイスパニックは、暑い夏に入って
オブジェを超スローペースが観覧しながら進み
ベンチで、ゆっくりと涼んだのち出ることを推奨します
恵那4回33
プリクラハウス

プリクラが置かれています
恵那4回34
クラフト体験コーナー
恵那4回35
(上画像は、拡大表示可能です)
クラフト体験コーナーでは
別途有料で工作体験が楽しめます

といったところで、今回の回顧録終了
恵那峡ワンダーランドが舞台の回顧録も終了です

恵那峡ワンダーランド
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆

そんでもって、次回のおでかけ回顧録の舞台は
恵那峡ワンダーランド隣接の観光施設
「恵那峡天界苑」です
恵那峡ワンダーランド 屋外アトラクション中編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第952弾は、岐阜県中津川市にある
「恵那峡ワンダーランド 屋外アトラクション中編」です
恵那2回1
2019年3月16日(土)
のりゅは、次女を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」イチ君
同行してもらいまして
岐阜県中津川市にある今回記事の舞台
「恵那峡ワンダーランド」へおでかけしました
恵那2回1-1
2019年3月16日(土)は
恵那峡ワンダーランドが
冬季休園期間を終え
2019年度の営業を開始した日
でした

そんな日に遊びに行った
のりゅ、次女、イチ君は
【恵那峡ワンダーランドの
2019年度営業期間における
入場1番乗りグループ客】
でした
恵那2回2
そんでもって
次女&イチ君よりも先に入場した
【恵那峡ワンダーランドの
2019年度営業期間における
入場1番乗り客】
は、のりゅ
でした
恵那2回3
名誉ある肩書き(?)
取得することを目論んだ自分は
恵那峡ワンダーランドの
営業開始2時間前に
駐車場門前に到着したのち
順番待ちをしました


次女&イチ君にも
譲ってあげられない

【ゆずれない願い】
抱きしめて
ブログ管理人は
恵那峡ワンダーランドへ
おでかけしたのでした!

恵那初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドマップです

回顧録第951弾(クリックにて、第951弾へ)
「施設概要・屋外アトラクション前編」では
恵那峡ワンダーランドの施設概要を紹介
恵那初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドで楽しめる
屋外アトラクション一覧
です

上画像の一覧に載っている
1~6番のアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

今回記事副題は
「屋外アトラクション中編」です
上画像の一覧に載っている
7~14番のアトラクションを紹介

思い出を振り返ります

恵那峡ワンダーランド

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 146キロ(片道)

到着目安 2時間

高速料金 3980円(恵那峡IC降車の場合)
※2019年5月時点

駐車場 100台以上 土日祝日・GW
学校の長期休み期間は、普通車1日1台800円
平日は駐車料金無料

所在地 岐阜県中津川市蛭川5735-209

電話 0573-45-3333

定休日 毎週水曜日
※6月・10月は毎週水・木曜日定休
※GW・学校の長期休み・祝日は営業
※冬季休園期間あり
今年度の営業は2019年11月24日(日)まで

営業時間 9:30~17:00
土日祝日・春休みは9:00~17:00
※季節によって変動

入場料 中学生以上1100円、3歳~小学生700円

とくとくパック料金(入園+乗物券3200円分セット)
中学生以上3800円、3歳~小学生3400円

備考 公式HPに割引クーポンあり

セットおでかけ候補
恵那峡天界苑(紹介記事へ) 隣接施設
ストーンミュージアム博石館(紹介記事へ) 1.5キロ


恵那2回4
(上画像は、拡大表示可能です)
サイクルコースター
利用条件 6歳以下は保護者の同伴が必要
利用料金 中学生以上1人1回600円
3歳~小学生1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる

恵那2回5
ペダルを漕ぐことでライドは進み
池周りに設けられているコースを周遊して楽しめます

初めて乗る前までは
面白そうに見えたアトラクションでした
でも、サイクルコースターに乗ってみたら
2点のがっかりな仕様に気づいて
ブログ管理人は、がっかりしました


ブログ管理人は全力で漕ぎ
ライドを速く走らせ楽しもうとしました


しかし、サイクルコースターは
一定以上のスピードとなると
漕いでも速くならない仕様
でした
のりゅ的に、がっかりな仕様①でした
恵那2回6
サイクルコースターのコースは
ちょっと進むと上り坂となります
上り坂は機械の力で運んでもらえます

恵那2回7
機械の力で運んでもらった勢いで
ライドが進み続けて
ほぼ最後まで、ペダルを漕がなくても
ゴールできちゃう仕様
でした
のりゅ的に、がっかりな仕様②でした

のりゅ的には、がっかりなだけで
サイクルコースターは風を受けながら
のんびり景色を見て楽しめるアトラクションです
恵那2回8
スカイドラゴン
利用条件 中学生以上運転可
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


【ドラゴン型ライド】と書くよりは
【タツノオトシゴ型ライド】と書く方が
正確なライド外観だよね?と
思えた外観のライド
に乗って
空中散歩を楽しめます
恵那2回8-0
(上画像は、拡大表示可能です)
施設側のアトラクション解説記述によれば
スカイドラゴンのライドは
【みんな大好きかわいいドラゴン】

なんだそうです

あと、施設側のアトラクション解説記述によれば
高い場所で
会話も弾みそうとのことですが
恵那初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、恵那峡ワンダーランド
2019年度営業初日となる土曜日
オープンして1時間ほど経過した頃に

ブログ管理人が撮影した写真
であり
スカイドラゴンに乗っていた時に
撮影した写真
です
恵那2回8-1
入場客が少な過ぎることを話題として
イチ君との会話が弾みました

恵那2回10
スカイメリー
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


回転アトラクションです
恵那2回10-0
施設パンフレットに書かれた記述によると
スカイメリーのライドは
【ちびっ子に人気のキャラクター】

とのことです
恵那2回11
上画像は、スカイメリーライドの1つです



【ちびっ子に人気のキャラクター】です
恵那2回12
上画像も、スカイメリーライドの1つです



【ちびっ子に人気のキャラクター】です

ちびっ子からの人気の真偽はどうあれ
ファミコンゲームで登場しそうな
レトロ過ぎるロボット外観&
ロボット型コイン電動遊具を
ライドとして取り付けたっぽい外観が
のりゅ的に堪りませんでした♡♡♡

恵那2回13
ロボット型ライドに乗って
スカイメリーを楽しめたことは
ブログ管理人の
【ときめきメモリアル】となりました~♡

恵那2回14
わくわくカントリードライブ
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴なら3歳未満の子供は無料で楽しめる


森の中に設けられているコースを
カートで走行して楽しめるとのことです

利用条件は、公式HPを確認しても
施設パンフレットを確認しても
3歳未満は保護者の同伴が必要となってます

3歳の子供が保護者無しで
運転するのはムリがあると思えたので
のりゅは、近くに居たスタッフの方に
利用条件について質問してみました

スタッフの方は
わくわくカントリードライブのカートが
自動運転で進む
ことを教えてくれました

ちなみに、わくわくカントリードライブは
のりゅ達が遊びに行った日は終日休止でした
恵那2回15
(上画像は、拡大表示可能です)
パターゴルフ
利用料金 1人1回400円


9ホールのパターゴルフ場が設けられています
恵那2回16
(上画像は、拡大表示可能です)
自分達で進行させていく仕様なので
パターゴルフは、恵那峡ワンダーランドの
アトラクション中でも
最も長い時間遊んだアトラクションでした
恵那2回17
GOGOスピンカート
利用条件 身長110cm以上
運転者は中学生以上
利用料金 中学生以上1人1回600円
3歳~小学生1人1回400円


ゴーカートです

普通に走った限りですが、ゴーカートコースに
スピンをしてしまうような箇所はありません
でした
恵那2回17-1
名称に偽り有りなアトラクションだと思いました
恵那2回18
宝石探し
利用料金 1人1回400円
制限時間 3分


制限時間は、3分です
恵那2回19
(上画像は、拡大表示可能です)
探して見つかる宝石は
上画像に載っている12種類とのことです
恵那2回20
砂の中に隠れた宝石を探し出して
持ち帰ることができます

次女は、1人真剣に宝石を探していました
のりゅとイチ君は
このアトラクションをプレイしませんでした
恵那2回21
バズーカ砲
利用料金 1人1回400円


受付すると、ボールを10球渡されます
恵那2回22
(上画像は、拡大表示可能です)
ボールを発射して遊べます
的に当てたとしても
得点が表示される仕様はありませんので
「やった!当たった♪」ってだけです

でも、大きな発射音がして
ボールは勢い良く飛んでいくので
なかなか爽快に楽しめるアトラクションでしたよ

といったところで、今回の回顧録終了です

恵那峡ワンダーランド
次回の「屋外アトラクション後編」へ続きます☆
恵那峡ワンダーランド 施設概要・屋外アトラクション前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第951弾は、岐阜県中津川市にある
「恵那峡ワンダーランド」の
「施設概要・屋外アトラクション前編」です
恵那初回1
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年3月16日(土)
のりゅは、岐阜県中津川市にある今回記事の舞台
「恵那峡ワンダーランド」へおでかけしました
恵那初回2
のりゅは、次女を引き連れ
大学時代からの友人にして
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人でもある
「イチ君」に同行してもらい
岐阜県中津川市へおでかけした日
2019年3月16日(土)
※冬季休園期間を終えた
恵那峡ワンダーランドが
今年度の営業を開始した日
でした
(※上画像赤枠部分に写る注意書参照)

のりゅ、次女、イチ君は
2019年度営業期間の
恵那峡ワンダーランドへ
1番最初に入場した
グループ客だったのでした!!


恵那峡ワンダーランド

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 146キロ(片道)

到着目安 2時間

高速料金 3980円(恵那峡IC降車の場合)
※2019年5月時点

駐車場 100台以上 土日祝日・GW
学校の長期休み期間は、普通車1日1台800円
平日は駐車料金無料

所在地 岐阜県中津川市蛭川5735-209

電話 0573-45-3333

定休日 毎週水曜日
※6月・10月は毎週水・木曜日定休
※GW・学校の長期休み・祝日は営業
※冬季休園期間あり
今年度の営業は2019年11月24日(日)まで

営業時間 9:30~17:00
土日祝日・春休みは9:00~17:00
※季節によって変動

入場料 中学生以上1100円、3歳~小学生700円

とくとくパック料金(入園+乗物券3200円分セット)
中学生以上3800円、3歳~小学生3400円

備考 公式HPに割引クーポンあり

セットおでかけ候補
恵那峡天界苑(紹介記事へ)  隣接施設
ストーンミュージアム博石館(紹介記事へ) 1.5キロ


恵那初回2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那初回2-2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、恵那峡ワンダーランドのある
恵那峡の風景を撮影した写真
です

恵那峡は、木曽川中流にある溪谷であり
大井ダム湖、奇岩・怪石な溪谷が有名な景勝地です

「大自然溪谷の総合レジャーランド」

上記は、恵那峡ワンダーランドが
公式HPにて自称するキャッチコピー
です
嘘偽りの無い自然豊かな景勝地な場所に
恵那峡ワンダーランドはあるのです
恵那初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那峡ワンダーランドの遊園地マップです

恵那峡ワンダーランドの敷地面積は、13ha
それほど広い敷地の遊園地ではありません

恵那峡ワンダーランドの前身は
「恵那峡ランド」という名の遊園地でした
その恵那峡ランドは、2000年11月に閉園
2002年4月、恵那峡ワンダーランドとして
リニューアルオープンしました
恵那初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、恵那峡ワンダーランドの
屋外アトラクション&屋内施設一覧
です

恵那峡ワンダーランドは、先述したとおり
それほど広い敷地の遊園地ではありませんが
約30種類のアトラクションを楽しめる遊園地です

恵那峡ワンダーランドは
冬季休園期間のある遊園地であり
営業期間は、3月中旬~11月終わり頃まで
今年度の営業は2019年11月24日(日)まで
です

そんな恵那峡ワンダーランドの入場料は
中学生以上1100円、3歳~小学生700円
です

入園+乗物券3200円分セット
とくとくパック料金は
中学生以上3800円、3歳~小学生3400円
です

駐車料金は、平日無料
土日祝日・GW学校の長期休み期間は
普通車1日1台800円
です

上画像に載っているとおり
アトラクション利用料金は
1人1回400円 or 1人1回600円
です

保護者同伴で3歳未満の子供が
無料で楽しめるのは
上画像2枚の一覧に載っている
子供OKマークの付いているアトラクション
です

フリーパスはありません
恵那初回5-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、恵那峡ワンダーランドの隣接施設
「恵那峡天界苑」の施設内容が
記されている看板です

天界苑は入場料1人500円の観光施設です
でも、恵那峡ワンダーランド入場客は
天界苑も無料で入場して楽しめます

恵那初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
恵那初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、恵那峡ワンダーランド
2019年度営業初日となる土曜日
オープンして1時間ほど経過した頃に
ブログ管理人が撮影した写真
です

「ネットで下調べをして
閑古鳥が鳴く遊園地なことは
知っていたけれど、今日は
2019年度オープン初日の休日だよ
マジのマジで客が居ないぞよ…」

(↑上画像を撮影した時のブログ管理人の心中の声)

この日、恵那峡ワンダーランドには
中京テレビの取材スタッフの方が来ていました


恵那峡ワンダーランドは
グルメバラエティ番組「PSゴールド」
4月19日放送の回
「あなたの近所にたぶん日本一」


たぶん日本一 あの手この手で
閉園危機と闘う遊園地

(↑クリックすると、PSゴールド番組HP
2019年4月19日放送回の紹介ページへ飛びます)


との内容で紹介されました

恵那峡ワンダーランドの施設概要は以上です
恵那初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
再び、上画像は
恵那峡ワンダーランドの屋外アトラクション一覧
です

今回記事副題は
「施設概要・屋外アトラクション前編」です
ここからは、上画像に載っている
恵那峡ワンダーランドの
1~6番の屋外アトラクションを紹介

思い出を振り返ります
恵那初回8
大観覧車
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 中学生以上1人1回600円
3歳~小学生1人1回400円
保護者同伴で3歳未満の子供は無料で楽しめる


高さ50mの観覧車です
恵那初回9
次女は、大観覧車のゴンドラへ1人乗り
のりゅは、イチ君と男2人で楽しみました
恵那初回10
(上画像は、拡大表示可能です)
大観覧車からは、恵那峡を見渡せます
恵那初回11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、大観覧車から撮影した
冬季休園期間を終え
2019年度営業初日となる土曜日
営業開始から30分ほど経過した時の
恵那峡ワンダーランド駐車場
です

駐車場両端に写っているのは
従業員の方々の車
です
駐車場中に写っている数台が
この日の客が駐車した車
です

上画像を撮影した時
のりゅは切ない気分になりました

恵那初回12
(上画像は、拡大表示可能です)
スワンサイクル
利用条件 5歳以下は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円


遊園地の定番アトラクション
サイクルモノレールのスワン型バージョンです
恵那初回13
大観覧車と同じく、スワンサイクルも
のりゅは、イチ君と男2人で楽しみました
恵那初回14
ジャングルコースター
利用条件 身長110cm以上
利用料金 1人1回400円


お子様向けジェットコースターです
恵那初回15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ジャングルコースターのコースです

お子様仕様のジェットコースターとはいえ
上画像黒矢印部分を通過した時
高さを感じて、そこそこのスリルを楽しめました
恵那初回16-1
二層メリーゴーランド
利用条件 3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴で3歳未満の子供は無料で楽しめる


2階建てのメリーゴーランドです
恵那初回17
(上画像は、拡大表示可能です)
木馬や馬車の他に、上画像のブランコにも
座れる仕様のメリーゴーランドです

メリーゴーランドの回転と連動して
ブランコは、上下に動きます
恵那初回18
スーパーチェアー
利用条件 身長110cm以上
利用料金 1人1回400円


遊園地の定番アトラクション
回転ブランコですが、回転速度は遅く
乗っている客は大きく傾いたりしません
恵那初回19
のりゅ達が、この日初めて
他のお客さんと一緒に楽しんだのが
スーパーチェアーでした


恵那峡ワンダーランドへ入場してから
そこそこの時間が経過して
ようやく見知らぬ客と
アトラクションを一緒に楽しめたことに
のりゅは感動してしまいました☆

恵那初回20
スワンボート
利用条件 中学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
保護者同伴で3歳未満の子供は無料で楽しめる


上画像は、スワンボートを楽しめる池です
恵那初回21
のりゅ達が遊びに行った時
スワンボートは終日休止のアトラクションでした

といったところで、今回の回顧録終了です

恵那峡ワンダーランド
次回の「屋外アトラクション中編」へ続きます☆
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.