fc2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202204<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202206
琵琶湖博物館 水族展示室編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1223弾は、滋賀県草津市にある
「琵琶湖博物館 水族展示室編」です
琵琶水族展1
2021年春休み
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
滋賀県草津市にある今回記事の舞台
「琵琶湖博物館」に遊びに行きました
びわこ博初7
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館1階マップです

琵琶湖博物館が舞台の初回記事
「施設概要&ディスカバリールーム編(紹介記事へ)」
上記副題の回顧録では
同博物館の施設概要と館内1階にある常設展示室
ディスカバリールーム&おとなのディスカバリーを紹介
思い出を振り返りました
びわこ博初5
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館2階マップです

琵琶湖博物館が舞台の第2回目記事
「2階展示編(紹介記事へ)」
上記副題の回顧録では
同博物館の施設概要と館内2階にある常設展示室
A展示室、B展示室、C展示室を紹介
思い出を振り返りました
琵琶水族展2
琵琶湖博物館が舞台の
第3回目記事にして最終回であり
回顧録副題を「水族展示室編」と題しました
今回記事では
同博物館1階にある常設展示室

水族展示室を紹介

思い出を振り返ります

琵琶湖博物館が舞台の
初回記事&第2回目記事の宣伝と
今回記事本文の予告は以上であり
ここからは回顧録序文の余談としまして
水族展示室に入室する前の
思い出話
を書かせていただきます

のりゅは
上画像黒矢印部分に写る長女と
スローペースで
琵琶湖博物館2階の
常設展示室を観覧しまして

琵琶水族展3
別行動となった
※マイハニー&次女と
水族展示室入室前に合流しました

(※上画像赤矢印部分に写っているのがマイハニー)

合流時、自分のみが
マイハニーから
観覧ペースが遅いことを
責められました


理不尽なことで責められ
怒れましたので
「キミこそ早過ぎる!
博物館は、僕くらいに展示を
じっくり見るべきだぞ!」と
責め返しました


マイハニー「アンタの場合
じっくり見てるからじゃなくて
ブログの写真を
撮ってばかりだから
遅いだけでしょーが!」


マイハニーから上記発言で
さらに責め返されまして
「ぬぅ…痛いところを
突いてきやがった!!」と
思ってしまったのでした


図星を突いてやったとの
マイハ二-の笑顔が見て
とても不愉快な気分を
味わうことになった
のでした

琵琶湖博物館
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 219㎞(片道)

到着目安 2時間55分

高速料金 5650円(最寄のIC降車の場合)
※2021年10月時点

駐車場 普通車420台 1台1回550円

所在地 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091

電話 077-568-4811

定休日 月曜日(休日の場合は開館)
※臨時休館日あり

営業時間 10:00~17:00
※季節などで変動する場合あり

常設展示観覧料 一般800円
大学生・高校生450円、小中学生無料

企画展観覧料 大人300円
大学生・高校生240円、小中学生150円


びわこ博初8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、水族展示室に入って直ぐの場所に
設けられている水槽を撮影した写真であり
琵琶湖博物館は、トンネル水槽
有している博物館
なのです
琵琶水族展4
(上画像は、拡大表示可能です)
トンネル水槽を通過すると琵琶湖固有種にして
琵琶湖博物館が特別扱いで
飼育していると思われる

ビワコオオナマズ
の展示コーナーとなります

ビワコオオナマズ
特別扱いだと思えた
根拠としましては
コーナーの始まりの壁が
上画像
なことや

琵琶水族展5
飼育水槽までの通路に
ビワコオオナマズ型の
ライトアップ演出がある
ことや

琵琶水族展6
(上画像は、拡大表示可能です)
他のナマズとの大きさ比較解説(上画像)を含めて
琵琶水族展7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像のとおり、もんげー量の解説が
設けられている
ことでした

琵琶水族展8
以上の根拠から
特別扱いされていると思えた
上画像の生物こそが
ビワコオオナマズ(成魚)
です
琵琶水族展9
(上画像は、拡大表示可能です)
飼育されている水槽は
上画像のとおり
それなりに大きくて
ビワコオオナマズのサイズは
上画像赤枠部分くらい
でした

生体のビワコオオナマズに
イマイチ迫力を感じることができませんでしたが
同生物は大きな個体となると
体長1m20cm、体重20㎏以上にもなるんだそうです
琵琶水族展9-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ビワコオオナマズ(成魚)が飼育されている水槽側では
未成魚の同生物が飼育されてました
琵琶水族展10
(上画像は、拡大表示可能です)
ビワコオオナマズ展示コーナーを過ぎますと
コアユが飼育されている大きな円柱水槽が
設けられてます

コアユというのは、琵琶湖に生息しているアユです

通常のアユが川で生まれ海に下り
また川に上ってくるのに対して
コアユは死ぬまで琵琶湖で過ごして
エサが豊富でないことから体長が小さいとのことです
琵琶水族展11
(上画像は、拡大表示可能です)
円柱水槽を過ぎると、小さな水槽の展示が続きます

水族展示室の展示面積は、2000㎡
淡水生物の展示としては
国内最大級
とのことであり
小さな水槽群では
琵琶水族展12
(上画像は、拡大表示可能です)
アブラヒガイ(上画像左)、ビワヒガイ(上画像右)など
琵琶湖固有種な魚類や
琵琶水族展13
(上画像は、拡大表示可能です)
ブルーギルなどの外来種な魚類が飼育されてます
琵琶水族展14
(上画像は、拡大表示可能です)
「面白いなぁ~」と思えたのは
国内の内湾や湖に生息している
ワカサギが、琵琶湖にはもともと
棲息していなかった外来種の展示区分で
飼育されていることだったり
琵琶水族展15
(上画像は、拡大表示可能です)
オヤニラミ(上画像左)などの
絶滅危惧種な国内生物でも
琵琶湖にはもともと
棲息していなかった外来種の展示区分で
飼育されていることでした
琵琶水族展16
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖固有種な魚類だったり
外来種な魚類だったりが飼育されている
小さな水槽群を過ぎますと
木や竹などで作った仕掛けで魚を獲る漁法である
梁漁(やなりょう)を再現している上画像の水槽が
設けられていたり
琵琶水族展17
(上画像は、拡大表示可能です)
初見時は上画像の展示を
巨大水槽だと思いつつ、じっくり見たら
ガラス向こうに見える木々は
琵琶湖博物館の周辺の森だと気付いたりして
「演出が凝ってるなぁ…」と感心したりしました

で、水槽展示室の展示の演出に
凄みを感じつつ観覧していたら
琵琶水族展19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の水槽に着きました

上画像赤枠部分に写る哺乳類

琵琶水族展20
(上画像は、拡大表示可能です)
世界唯一の淡水な環境に
生息しているアザラシである

バイカルアザラシ(上画像)
です

マイハニーは、2016年9月末に遊びに行った
愛知県知多郡美浜市にある
「南知多ビーチランド(紹介記事へ)」
2017年2月上旬に遊びに行った
三重県鳥羽市にある
「鳥羽水族館(紹介記事へ)」
2019年8月某日に遊びに行った
石川県能美市にある
「いしかわ動物園(紹介記事へ)」
少なくとも、これまで3回は
バイカルアザラシを見ています

琵琶水族展20-2
なのに、マイハニーは
上画像赤枠部分の記述を見て
「こんなアザラシもいるのね~」と
初見のように感心しやがった
のです

のりゅは、マイハニーに
先述した家族全員で遊びに行った
バイカルアザラシ飼育スポットを
教えてあげまして

「キミは、少なくとも
これまで3回は
見てるはずなのに
しっかり見てないから
そんなマヌケなことを
言っちゃうんだよぉ~」と
注意してあげました


マイハニーは
旦那様(のりゅ)からの注意を
素直に聞き入れなかった上
先述した家族全員で遊びに行った
バイカルアザラシ飼育スポットを
完璧に覚えている夫(のりゅ)を
異常者だと罵ったのち
スタスタ先に行ってしまいました

琵琶水族展21
(上画像は、拡大表示可能です)
水族展示室入室前の
屈辱に対しての満足できる
仕返しの結果は得られず
40代壮年男性(のりゅ)は
バイカルアザラシを
見ながら舌打ちをしました

琵琶水族展22
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、バイカルアザラシ水槽と同展示区分にあり
マラウィ湖に生息している色鮮やかな魚類を
飼育している水槽内を撮影した写真です
琵琶水族展23
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、バイカルアザラシ水槽次の展示区分で
飼育されている巨大魚を撮影した写真です
琵琶水族展24
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、巨大魚を見てビビってました
琵琶水族展25
(上画像は、拡大表示可能です)
巨大魚が飼育されている水槽の観覧を終え
順路を進むと【マイクロアクアリウム】という
展示区分に着きました

【マイクロアクアリウム】は、琵琶湖や周辺水域に
棲息している微生物を紹介している展示区分です
琵琶水族展26
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は【マイクロアクアリウム】内展示の1つ
マイクロワールドシアターです
琵琶水族展27
マイクロワールドシアターでは
上画像の常設ビデオプログラムを視聴できます
琵琶水族展28
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は【マイクロアクアリウム】内展示の1つ
マイクロバーです

バー風凝った外観な上画像展示施設では
顕微鏡をつかって微生物を自分の目で
観察することができるとのことですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響から
利用できませんでした
琵琶水族展29
微生物をホログラフィーで観察できる
上画像の展示は利用できました

【マイクロアクアリウム】の観覧を終えたのち
のりゅ達は水族展示室を退室しました

といったところで、今回の回顧録終了
琵琶湖博物館が舞台の回顧録も終了です

琵琶湖博物館
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



琵琶湖博物館 2階展示編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1222弾は、滋賀県草津市にある
「琵琶湖博物館 2階展示編」です
琵琶博2回1
2021年春休み
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
滋賀県草津市にある今回記事の舞台
「琵琶湖博物館」に遊びに行きました
びわこ博初7
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館1階マップです

琵琶湖博物館が舞台の前回記事
「施設概要&ディスカバリールーム編(紹介記事へ)」
上記副題の回顧録では
同博物館の施設概要と館内1階にある常設展示室
ディスカバリールーム&おとなのディスカバリーを紹介
思い出を振り返りました
びわこ博初5
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館2階マップです

琵琶湖博物館が舞台の今回記事は
「2階展示編」と題しまして
同博物館2階にある
A展示室、B展示室、C展示室
常設展示室3室を紹介

思い出を振り返ります

前回記事の宣伝と
今回記事本文の予告は以上であり
ここからは回顧録序文の余談としまして
琵琶博2回2
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館の屋外展示である
樹冠トレイルを紹介

思い出を振り返ります

樹冠トレイルは、再現された古代の森や
琵琶博2回3
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖(上画像)
望める空中遊歩道
です

のりゅは、2016年8月上旬
滋賀県守山市にある
「びわこスカイアドベンチャー(紹介記事へ)」
遊びに行った時ですが
琵琶湖を目にしており
琵琶湖博物館に来館した
この日(2021年春)は
日本一の大きさを誇る湖を
人生で2回目に見た日
でした

ちなみに、マイハニーは
琵琶湖博物館に来館した
この日(2021年春)が
琵琶湖を人生で初めて見た日
でした

上画像の風景を見て
マイハニー相手に
「あらあら~そういえば
キミってば琵琶湖を
見た経験ないんだっけ~」と
マウントをとることが
デキなくなったことを
とても残念だと思いました…


2021年春、琵琶湖の畔に
日本一の大きさを誇る湖を
望みながら
日本一器が小さいことを
考えていたかもしれない
男性(のりゅ)が居ました


琵琶湖博物館
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 219㎞(片道)

到着目安 2時間55分

高速料金 5650円(最寄のIC降車の場合)
※2021年10月時点

駐車場 普通車420台 1台1回550円

所在地 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091

電話 077-568-4811

定休日 月曜日(休日の場合は開館)
※臨時休館日あり

営業時間 10:00~17:00
※季節などで変動する場合あり

常設展示観覧料 一般800円
大学生・高校生450円、小中学生無料

企画展観覧料 大人300円
大学生・高校生240円、小中学生150円


琵琶博2回4
A展示室
湖の400万年と私たち
~変わり続ける琵琶湖~

琵琶博2回5
(上画像は、拡大表示可能です)
A展示室には、琵琶湖の解説パネル(上画像左)や
岩石の標本(上画像右)など地味目な展示もありますが
琵琶博2回6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像のようなハイテクちっくな展示もあります
琵琶博2回7
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなA展示室の展示中で
のりゅが最も驚嘆したのが
太古の琵琶湖の水辺を再現した
ハイクオリティなジオラマ展示
ゾウのいる森(上画像)
でした
琵琶博2回8
(上画像は、拡大表示可能です)
A展示室では、動物標本(骨格標本を含む)が
種類多く数多く展示されてます
琵琶博2回9
(上画像は、拡大表示可能です)
多種多数な動物標本中の最大の見所にして
世界初の展示となるのが上画像の
ツダンスキーゾウ半身半骨模型
です

上画像を撮影した方向とは反対側に行くと
琵琶博2回10
(上画像は、拡大表示可能です)
ツダンスキーゾウの骨格標本を見ることができ
上画像の模型は、下を通り抜けることもできます
琵琶博2回11
(上画像は、拡大表示可能です)
A展示室では、化石も多種多数展示されてます
琵琶博2回11-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ちょい変わった化石としましては
ワニの足跡化石が展示されていて
太古の琵琶湖に同爬虫類が
棲息していたことを学びました

ココまで紹介しました展示は
見るだけの内容のモノばかりですが
琵琶博2回13
(上画像は、拡大表示可能です)
A展示室には、上画像のとおり
弄ることができる展示も多種多数設けられており
我が家のアホ娘どもは
学んではいなかったでしょうけれど
熱中して楽しんでました

琵琶博2回14
B展示室
湖の2万年と私たち
~自然と暮らしの歴史~

琵琶博2回15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の展示は、B展示室に入って直ぐの場所に
設けられている1300個のペットボトルを再利用
年単位の年月を費やし制作された全長7.5mの龍です

ライトアップ演出も見て楽しめます
琵琶博2回16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、B展示室の一角を撮影した写真です

B展示室では、縄文時代の暮らしが再現されており
琵琶博2回17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像のフォトスポットが設けられてます
琵琶博2回18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像も、B展示室の一角を撮影した写真です

B展示室では漁業に関する解説パネルや
漁具が展示されており
琵琶博2回19
(上画像は、拡大表示可能です)
中世末期~近代まで琵琶湖で用いられてきた
丸子船も展示されてます
琵琶博2回20
(上画像は、拡大表示可能です)
丸子船近くに設けられているタブレットを用いると
同舟が動き出すARを見ることができます

のりゅは、ブログ掲載用の写真撮影をしつつ
展示を、じっくり見て学び
長女は学んでなかったでしょうけれど
アレコレ弄るのが大好きなことから
観覧ペースが遅かったため
B展示室を見て回っていた時点で
マイハニー&次女とは
別行動となってしまいました


「家族全員で
博物館に来館したのに
勉強家なのは
自分1人であるがゆえ
孤独を感じてしまうとは…」


40代男性(のりゅ)は
上記を考えまして
※【ニヒルな笑み】を
浮かべました

(※ニヒルな笑み→嬉しかったり喜んでいるのではなく
どこか絶望をしているような冷めきっている笑み)
琵琶博2回21
C展示室
湖のいまと私たち 
~暮らしとつながる自然~

琵琶博2回22-1
(上画像は、拡大表示可能です)
C展示室には、クイズゲームだったり
植林ゲームだったり
ボタンを押すことで動作する展示だったりが
多種多数設けられており
長女は、とりあえず弄って楽しんでいました
琵琶博2回22-2
(上画像は、拡大表示可能です)
C展示室では、1960年~2010年間の
国内で流行したグッズや家電が展示されています
琵琶博2回22-3
(上画像は、拡大表示可能です)
1980年~1990年の展示に
少年時代に熱中したゲームや漫画があるのを見て
再プレイ&再読したくなりました
琵琶博2回25
(上画像は、拡大表示可能です)
C展示室では、昭和の時代の住宅が
上画像のとおり再現されていたりします
琵琶博2回27
(上画像は、拡大表示可能です)
C展示室には、琵琶湖おみくじコーナーもあります

40代男性(のりゅ)は
【楽して暮らしたい】との
人生最大の願いが
記されている
おみくじBOXを見て
迷わず手に取りました

琵琶博2回28
(上画像は、拡大表示可能です)
C展示室には、動物標本が
多種多数展示されてます


上画像のとおり哺乳類や
琵琶博2回29
(上画像は、拡大表示可能です)
昆虫(上画像左)や鳥類(上画像右)や
琵琶博2回30
(上画像は、拡大表示可能です)
微生物の標本まで
展示されていたりします


琵琶湖博物館2階にある
常設展示室3室を紹介は以上であり
今回の回顧録は終了です

琵琶湖博物館
次回に続きます☆
琵琶湖博物館  施設概要&ディスカバリールーム編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1221弾は、滋賀県草津市にある
「琵琶湖博物館 
施設概要&ディスカバリールーム編」です
びわこ博初1
2021年春休み
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
滋賀県草津市にある今回記事の舞台
「琵琶湖博物館」に遊びに行きました
びわこ博初2
詳しいことは回顧録本文で紹介しますが
琵琶湖博物館は、2020年10月
6年にわたる3期に分けた
リニューアルを完了させ
グランドオープンしたスポット
です

琵琶湖博物館新コンセプトは
「びわこのちから」であり
館内の展示を見て触れることで
日本一の大きさを誇る
湖のちからを実感できる
とのことです
びわこ博初3
そんな琵琶湖博物館の
入退場口に駐車場から
向かうまでのルートは
ゆるやかな上り坂なんですが

長女に
押してもらい歩いていた
マイハニーを見て
人生のパートナーの
ちから(体力)の無さを
実感しました…


琵琶湖博物館
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 219㎞(片道)

到着目安 2時間55分

高速料金 5650円(最寄のIC降車の場合)
※2021年10月時点

駐車場 普通車420台 1台1回550円

所在地 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091

電話 077-568-4811

定休日 月曜日(休日の場合は開館)
※臨時休館日あり

営業時間 10:00~17:00
※季節などで変動する場合あり

常設展示観覧料 一般800円
大学生・高校生450円、小中学生無料

企画展観覧料 大人300円
大学生・高校生240円、小中学生150円


びわこ博初4
(上画像は、拡大表示可能です)
駐車料金1台1回550円
常設展示観覧料金一般800円
大学生・高校生450円
小中学生無料な
琵琶湖博物館(上画像)は
湖をテーマにした博物館としては
国内最大規模
とのことです

回顧録序文でも書きましたとおり
琵琶湖博物館は、2020年10月
6年にわたる3期に分けたリニューアルを
完了させグランドオープンしたことで
さらに見応え満載なスポットとなったみたいです

回顧録副題を
「施設概要&ディスカバリールーム編」
題しました
今回記事本文前半では
琵琶湖博物館が
見応え満載なスポットであることの
片鱗を紹介します

びわこ博初5
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館2階には
A展示室、B展示室、C展示室
3部屋の常設展示室があります

びわこ博初6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、A展示室の一部分を
撮影した写真
です

3部屋の常設展示室
広い空間だったり
長い順路だったりで
展示量は膨大
です

しかも、琵琶湖博物館は
A展示室(上画像)を例として
世界初となるゾウの標本
古代の森が再現されている
ジオラマだったりが
設けられているくらいに
展示の質もハイレベル
です

琵琶湖博物館2階の3部屋の常設展示室は
次回の回顧録で詳しく紹介します
びわこ博初7
(上画像は、拡大表示可能です)
琵琶湖博物館1階にも
水族展示室、ディスカバリールーム
おとなのディスカバリー

3室の常設展示室があります

びわこ博初8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、水族展示室の
トンネル水槽を撮影した写真
であり
琵琶湖博物館は水族館的な展示も
楽しめるスポット
なのです
びわこ博初9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、水族展示室の通路を撮影した写真です

琵琶湖博物館には小さな水槽の展示も
多数設けられていまして
水族展示室の展示面積は、2000㎡
淡水生物の展示としては
国内最大級
とのことです

琵琶湖博物館1階の水族展示室は
次々回の回顧録で詳しく紹介します

琵琶湖博物館の施設概要は以上として
びわこ博初10
ここからは同博物館1階にある
常設展示室の1室
ディスカバリールームを紹介
しますね
びわこ博初11
(上画像は、拡大表示可能です)
ディスカバリールーム展示マップです

これより紹介していく展示の数々の配置を
知りたい方は上画像を拡大して確認ください
びわこ博初12
(上画像は、拡大表示可能です)
見つけてみよう-生き物のかたち-

身近な里山に生息している動物の剥製と骨格標本を
見比べ観察できましたし
びわこ博初13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左で長女が通過しているトンネルを
見上げると上画像右の光景が見れました
びわこ博初14
(上画像は、拡大表示可能です)
ザリガニになろう

おでかけ本などで琵琶湖博物館が
掲載されていたりすると
代表的な展示例として
紹介されていたりする展示
であり
ザリガニ型展示のハサミな部分は内部から
ある程度操作できます
びわこ博初15
(上画像は、拡大表示可能です)
さわってみよう

穴の中に手を入れることで化石などの
感触を体験することができる展示です
びわこ博初16
(上画像は、拡大表示可能です)
におってみよう&聞いてみよう

のりゅは、2021年10月現在
42歳メタボ男性ですので
「におってみよう」なんて
自発的に考えなくても
臭えちゃえますね~☆

びわこ博初17
(上画像は、拡大表示可能です)
におってみようは、オオサンショウウオなどの
においを体験できる展示ですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響から
利用できませんでした
びわこ博初18
(上画像は、拡大表示可能です)
聞いてみようは、仕掛けな部分を押し込むと
カエルなどの動物の鳴き声を聞ける展示です
びわこ博初19
(上画像は、拡大表示可能です)
大きくしてみよう

昆虫標本を虫メガネで拡大して観察できる展示です
びわこ博初20
(上画像は、拡大表示可能です)
ブックコーナー

展示名どおり本が読めるコーナーです
びわこ博初21
(上画像は、拡大表示可能です)
さがしてみよう

双眼鏡を用いて、ディスカバリールーム各所に
設けられている鳥を観察することで
バードウォッチング疑似体験が楽しめます
びわこ博初22
さがしてみようを
利用していた長女に
「パパならココですよ~」と
間近で教えてあげたのですが
愛娘(長女)は返事をしてくれず
視線も合わせてくれませんでした

びわこ博初23
(上画像は、拡大表示可能です)
ディスカバリーコーナー

玩具をレンタルして遊べるコーナーです
びわこ博初24
(上画像は、拡大表示可能です)
ディスカバリーコーナーには
琵琶湖博物館オリジナルな玩具が用意されてます
びわこ博初25
(上画像は、拡大表示可能です)
おばあちゃんの台所

昔の台所が再現されており
床部分には小さな丸窓が設けられていて
覗いてみての光景は上画像右です
びわこ博初26
(上画像は、拡大表示可能です)
のぞいてみよう-魚の世界-

水槽内で飼育されている魚類を
様々な角度から観察してる展示です
びわこ博初27
(上画像は、拡大表示可能です)
にんぎょうげきじょう

通常時ならば琵琶湖に生息している
生物の人形が設けられている展示であり
自由に遊べるみたいですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響からか?
人形は置かれてませんでした

長女が遊んでいた展示の一部となる
様々な色の糸をボードに貼り付け
ラクガキするかの如く楽しめる
糸描きコーナーは利用できました

ディスカバリールームの紹介は以上としまして
びわこ博初29
続いて、琵琶湖博物館1階にある
常設展示室の1室
おとなのディスカバリーを紹介
します
びわこ博初30
(上画像は、拡大表示可能です)
おとなのディスカバリー展示マップです
びわこ博初31
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、おとなのディスカバリー内部を
外から撮影した写真
です

おとなのディスカバリーは
大人の探究心に応え
学びと発見をしていく
国内初となる
リアルな知的空間
とのことですが
えっちぃ要素はゼロです
びわこ博初32
動物、昆虫、鳥類、植物、鉱物の標本を
手にとって観察したり
スタッフの方に質問したり
スケッチしたりして楽しめるとのことです
(↑上画像の標本は
手にとって観察できるのか?は不明)

のりゅ達が遊びに行った日
大人のディスカバリーは
非常事態な世の中の現状の影響から
入室制限措置がとられていて
他の常設展示室を優先して観て回っていたら
琵琶湖博物館の閉館時間になってしまいました

おとなのディスカバリーの紹介は以上としまして
びわこ博初33
琵琶湖博物館1階には
常設展示室以外に
企画展示室もあります

のりゅ達が遊びに行った日は
企画展示は開催されてませんでした

琵琶湖博物館で開催される
企画展示を観るには
大人300円、大学生・高校生240円
小中学生150円の企画展観覧料金を
常設展示観覧料金とは
別途で支払う必要があります


といったところで、今回の回顧録終了です

琵琶湖博物館
次回に続きます☆
めっちゃさわれる動物園 ジャングルゾーン編
重要な情報
この記事のスポットは
2019年1月15日で営業終了しました


どもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第447弾は、滋賀県守山市今浜町にある
「めっちゃさわれる動物園 ジャングルゾーン編」です
めっちゃジャングル1
2016年8月上旬
長女を引き連れ滋賀県へおでかけしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて、ショッピングモール
「ピエリ守山」内施設「めっちゃさわれる動物園」
「ふれあいコーナー」周辺を紹介、思い出を振り返りました
今回の回顧録は、めっちゃさわれる動物園「ジャングルゾーン」
めっちゃ5
(上画像は、拡大表示可能です)
めっちゃさわれる動物園の目玉動物
「百獣の王」ライオン
動かない鳥として有名なハシビロコウ
飼育されているのはジャングルゾーンです
残念ながら…というよりは、当然のことながら
目玉動物のライオン、ハシビロコウは
おさわりNGな動物
であり
そもそも、ジャングルゾーンからは
飼育されている生物の大半は、おさわりNG

めっちゃさわれなくなります

「動物園の名前、詐称じゃねーの?」と思われた方
アナタはたぶん、今回の記事から読んでいるでしょう
前回記事(クリックにて、前回記事へ)からお読みくださいませ
めっちゃさわれなくなるのにも理由があり
飼育されている生物がおさわりするには危険すぎること
おさわりなどしたくもない生物であること
あとは、生物のストレス的なことなどが理由ですね

しかし、さわれないからといって
めっちゃさわれる動物園、ジャングルゾーン
素晴らしく充実した内容でした
ジャングルゾーン展示の数々に、のりゅは
めっちゃ驚かされたり、唸らされたりの連続
生物との距離感はめっちゃ近く
そんじょそこらの動物園には負けないほど
めっちゃ色々な生物が飼育されていたのです

めっちゃさわれる動物園
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 224キロ(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 5360円(栗東IC降車の場合)

駐車場 ピエリ守山駐車場1000台

所在地 〒524-0101 
滋賀県守山市今浜町2520-5 ピエリ守山1F

電話 077-599-3325

定休日 年中無休

営業時間 平日10:00~18:00
       土日祝 10:00~19:00

入場料金 高校生以上1000円、3歳以上600円、2歳以下無料
※小学生低学年は高校生以上が同伴

セット訪問候補
ピエリ守山(公式HPへ) 動物園内包のショッピングモール
びわこスカイアドベンチャー(紹介記事へ) 隣接施設


めっちゃジャングル2
(上画像は、拡大表示可能です)
めっちゃさわれる動物園、ジャングルゾーンへ進入
ジャングルゾーンといっても飼育・展示されているのは
ジャングルの生物に限りません
上画像上左、ジャングルゾーンへ進入直後
上画像上右、ローランドゴリラ…
はさすがに造り物です
長女の立っている場所から順路とは反対
左方向へ行くと
上画像下段のデンキウナギが展示されていました
デンキウナギは、危険すぎて触れませんね
めっちゃジャングル3
(上画像は、拡大表示可能です)
少々順路を進むと気合いの入った感じで展示されているのは
カナダオオヤマネコ
運が良ければ観覧車の頭上に居ることもあるようです
めっちゃジャングル4
カナダオオヤマネコより順路を進み辿り着くのは
「アリゲーターウォーク」
赤枠部分の看板が目に入り…
めっちゃジャングル5
(上画像は、拡大表示可能です)
「フタユビナマケモノが上にいます」の解説看板でしたので
見上げたところ本当にホンモノがいました

フタユビナマケモノは、1日20時間以上
寝て過ごす動物ですけれど、
ミユビナマケモノより
※気性も荒く、動作が素早いそうです

(※今年7月末、神戸市立「王子動物園」で得た知識
クリックにて、参照記事へ飛びます)


のりゅは、こどもとおでかけブログを運営することから
動物を飼育するスポットへおでかけすることも多く
ソコの解説文書などで得た知識や
おでかけ記事を作成する際に、スポットで飼育されていた
動物の生態などを調べたりすることから
ブログを始める前より
断然、動物の生態に詳しくなりました

そういった経緯から得たナマケモノの生態無駄知識の中で
知った瞬間、脱力してしまったモノがありました
なんても、ナマケモノは
満腹でも餓死することがあるそうです

…意味がわかりませんね~

ナマケモノ餓死チャート
ナマケモノは、動作が遅い→生存競争の関係から
他の生物が食べない
毒素の強い葉っぱを食す(1日8g程度)→消化は
胃袋に飼っている微生物まかせ
消化にとても時間がかかる(50日)→だからよく寝る
→でも、哺乳類なのに変温動物なので
寒い日が続くと代謝機能が衰え
栄養を吸収できない場合あり→餓死


「生きるために必死に怠けてる…とは
なんとも難儀な生物だこと
しかし、ミユビナマケモノより動作が素早い
フタユビナマケモノは、ナマケモノの中でも
より餓死する確率が高いのかな~?」なんて思いながら
のりゅは、フタユビナマケモノを観覧していました
めっちゃジャングル7
(上画像は、拡大表示可能です)
めっちゃさわれる動物園のフタユビナマケモノが
寿命をまっとうできることを祈りつつ
アマゾン川を再現したであろう
アリゲーターウォークを進みました
途中、上画像左のワニの作り物があって
「ホンモノはいないのかな~?」と思った矢先
ホンモノ(上画像右)が飼育されてました

アリゲーターウォークを越えれば
めっちゃさわれる動物園の最奥エリアとなります
最奥で飼育・展示されているのは、目玉動物①
めっちゃジャングル8
(上画像は、拡大表示可能です)
ライオン「リオン」君です
「長女ちゃん!
ライオンの展示の中に!?」なんて
びっくりされる方はいない
と思われますが
説明いたします
めっちゃジャングル9
長女が立っていた場所は、上画像の赤枠部分です
めっちゃジャングル9-1
リオン君の飼育スペースに入りこんだように
記念撮影できる粋な工夫
なわけであります

しかし、おでかけ前、めっちゃさわれる動物園を下調べ
理解した上で来園したのに
「ショッピングモール内に、ライオン…」
どう考えても、ありえない組み合わせに違和感バリバリ…
変な凄みを感じてしまいました

以前訪問した
大阪府大阪市港区にあるショッピングモール
「天保山マーケットプレース」内施設
「天保山アニパ(紹介記事へ)」
アルパカの居る屋内動物園でも十分驚きましたが
ライオンとは…恐れ入っちゃいますよね
でも、コレで終わらないのが
めっちゃさわれる動物園の凄いところなのです
めっちゃジャングル10
目玉動物②ハシビロコウがいます
めっちゃジャングル11
名前は「はっちゃん」です
(ライオンのリオン君とはお隣にいます)

ハシビロコウを飼育しているスポットは
日本全国で7箇所

ハシビロコウは、絶滅危惧種であり
飼育されていることも、わりかし希少な鳥で
コアラより飼育されているスポットが少なかったりします

めっちゃさわれる動物園以外
のりゅの訪問したことのある
ハシビロコウを飼育しているスポットは
東京都台東区の「上野動物園(紹介記事へ)」の他
最近、静岡県掛川市の「掛川花鳥園(紹介記事へ)」
ハシビロコウ飼育スポットに仲間入りしました
地元のローカルニュースになりましたね~
なので、のりゅは、2016年8月末
掛川花鳥園へ行ってきました♪
その時の回顧録は、近日作成予定です
お楽しみに☆
めっちゃジャングル12
ハシビロコウの観覧を終えれば
上画像の通路がジャングルゾーンのラスト
めっちゃジャングル13
(上画像は、拡大表示可能です)
通路脇には、大きな水槽が設置されており
世界最大級の淡水魚のひとつ、ピラルクー
デンジャーな魚ピラニア等が飼育されていました
めっちゃジャングル14-1
水槽反対側では、ヒメコンドル
めっちゃジャングル14
リスザルが何の囲いもない近距離で観覧できちゃいました
リスザルに関しては、ふれあいOK
めっちゃジャングル15
(上画像は、拡大表示可能です)
手を差し出すと乗ってきてくれるくらい人懐っこい個体でした
めっちゃジャングル16
(上画像は、拡大表示可能です)
ジャングルゾーンの最後に飼育・展示されていたのは
「サバンナの美獣」サーバルキャットでした
シャープ&スマートな風貌
のりゅそっくり
…ではありませんね~

美しけりゃなんでも自分に結びつけるのも
節操なさすぎだと思いますし
そもそも、のりゅは、自分がサーバルキャットと
似ても似つかないような
風貌も体型だということを
しっかりと理解しています




のりゅは、※1日で2箇所も
空中冒険に挑むような

肉体派美形ですよね~♪
(※クリックにて、参照記事へ)
よって、最近のアーティストだと
「三代目J Soul Brothers」タイプ
なんじゃないかと自認しています
ちなみに、我が家の嫁は「山下健二郎」君が
三代目J Soul Brothersの中で
1番カッコイイと思っているそうで、以前
「のりゅと山下君
どっちが肉体派の美形かね?」

嫁に尋ねてみたところ

嫁「比べてんじゃねーよ!失礼ね!」

怒りながらの返答がありました



さすがマニハニー、分かってらっしゃる
旦那様が上だと思っているから
「比べないで…」との発言
ですね♪
怒っていたことに関しては
自分を過小評価している旦那様への喝…と
いったところでしょうか…?

脱線なお話が長くなりましたけれど
サーバルキャットの観覧を終えると
めっちゃさわれる動物園、ジャングルゾーンの出口となります

といったところで、今回の回顧録終了です

めっちゃさわれる動物園
全天候型、空調の効いた屋内なので
夏でも冬でも快適に動物を観覧
飼育動物との距離感も近く
めっちゃおさわりできちゃう動物園です
ぜひ、来園してみてくださいませ☆

長いおまけ
めっちゃジャングル17
(上画像は、拡大表示可能です)
本当にデンジャーだったので
おまけの紹介としました
めっちゃさわれる動物園、ジャングルゾーンには
「DANGER ZONE」という展示コーナーがあります
狭い通路に
めっちゃジャングル18
(上画像は、拡大表示可能です)
ヘビなどが飼育・展示されていますけれど
本当にデンジャーだったのは
めっちゃジャングル19
上画像の飼育・展示生物です
のりゅは、上画像の生物を見ても
たいして驚いたり、露骨な嫌悪感を抱いたりしないので
わりかし平気でしたけれど
人によっては、名前を聞くだけで
気絶するくらい衝撃を受けるかもしれません
これよりネタバレをしますが
自信のない方は、記事の閲覧をやめることを警告します







覚悟はいいですか?







責任はとりませんよ







警告終了~
めっちゃジャングル20
アフリカのゴキちゃんです
めっちゃさわれる動物園 ふれあいコーナー周辺編
重要な情報
この記事のスポットは
2019年1月15日で営業終了しました


「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第446弾は、滋賀県守山市今浜町にある
「めっちゃさわれる動物園 ふれあいコーナー周辺編」です
めっちゃ1
2016年8月上旬
長女を引き連れ滋賀県へおでかけしました
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)の舞台となった
「びわこスカイアドベンチャー」で挑戦できる
全ての空中冒険を乗り越えた自分&長女

続いて、この日、もしも琵琶湖湖畔にある
めっちゃ2
ショッピングモール「ピエリ守山」近くに訪れたなら
「ぜひとも行ってみよう!」と考えていた
ピエリ守山内施設の
めっちゃ3
「めっちゃさわれる動物園」へ来園してみました

めっちゃさわれる動物園へ行くことを告げると
長女は、その施設名称から連想したのでしょう
「さわれるの!?エサやりもできる!?」と
めっちゃハイテンションになりました
めっちゃ3-1
(上画像は、今から3年ほど前、とある公園での出来事
長女は、ミニブタから逃げたいのに
のりゅに手をぎゅっぎゅっぎゅ~とされていたのでした)

数年前まで、動物の臭いが大嫌いで
ミニブタクラスの動物ですら怖がっていたのに
人って苦手なモノを克服どころか
大得意なジャンルにすることもできるんですね~
我が娘ながら、たいしたもんだと思いました

めっちゃさわれる動物園
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 224キロ(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 5360円(栗東IC降車の場合)

駐車場 ピエリ守山駐車場1000台

所在地 〒524-0101 
滋賀県守山市今浜町2520-5 ピエリ守山1F

電話 077-599-3325

定休日 年中無休

営業時間 平日10:00~18:00
       土日祝 10:00~19:00

入場料金 高校生以上1000円、3歳以上600円、2歳以下無料
※小学生低学年は高校生以上が同伴

セット訪問候補
ピエリ守山(公式HPへ) 動物園内包のショッピングモール
びわこスカイアドベンチャー(紹介記事へ) 隣接施設


めっちゃ4
(上画像は、拡大表示可能です)
めっちゃさわれる動物園フロアマップです

めっちゃさわれる動物園は
「日本初!ショッピングモール内に本格動物園」
触れ込みで、2014年12月17日オープン
本格動物園を自称するだけあって
約100種類、350頭羽の動物を
飼育
しているそうです
飼育種類、頭羽数の数字を示されても
スゴさがピンとこない方向けに補足説明しますと
のりゅの住む浜松市にある
「浜松市動物園(紹介記事へ)」
匹敵する飼育種類、頭羽数だったりします

「どうせ、小型の動物ばっかり
たくさん集めたんだろう~」とか思った
捻くれ者な方向けに補足説明しますと
めっちゃ5
(上画像は、拡大表示可能です)
飼育動物の中には「百獣の王」ライオン
動かない鳥として有名であり
日本国内で飼育されているスポットが
それほど多くないため、皆様の住んでいる地域によっては
観覧するのに苦労するかもしれない鳥である
ハシビロコウがいます

さて、施設概要、スゴさが伝わったと思うので
ライオン、ハシビロコウが飼育されているエリア
「ジャングルゾーン」は、今回紹介いたしません
今回紹介するのは、めっちゃさわれる動物園の
「ふれあいコーナー」周辺です
めっちゃ6
めっちゃさわれる動物園へ入園
のりゅの撮影しているすぐ後ろが、入退場のゲートです
ここから
めっちゃ7
右を向いたのが、上画像です(多少移動しています)
赤矢印で示した場所が、めっちゃさわれる動物園
ジャングルゾーンの入口・出口
です
つまり上画像2枚が、ふれあいコーナーであり
めっちゃさわれる動物園敷地の
約3分の1
といったところでしょうか?

「めっちゃ狭っ!
これで、大人1000円、子供600円…
めっちゃ高っ!!」
と思われた方
まぁ~確かに、ショッピングモールの1テナントなので
動物園の敷地面積は、広くはありません
でも内容は、とても素晴らしく充実していました
「めっちゃさわれる」なんて
動物園の名前に偽りなし!
色々な動物にめっちゃさわれました

その例を紹介しますと…
めっちゃ8
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあいコーナーの一角
「ワンワンコーナー」「Cat Room」へ行けば
定番動物、イヌネコとふれあえましたし…
めっちゃ9
(上画像は、拡大表示可能です)
大型、中型、小型の鳥類
めっちゃ10
(上画像は、拡大表示可能です)
ヘビ、トカゲ、イグアナといった爬虫類…
土日祝日限定
小型のワニを抱っこ(1回1000円)
記念撮影できるイベント
が開催されているようです
めっちゃ11
(上画像は、拡大表示可能です)
イヌやネコ以外の哺乳類とふれあいたい場合
「ハムスターふれあいランド」へ行けば
色々な種類のハムスター
何故か、ハムスターふれあいランドに居たカンガルー
ウサギ、モルモット、小型カメ、ヤギ、シカともふれあえました
めっちゃ12
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあうだけでなく、ウサギ、モルモット、ヤギ、シカ相手なら
エサやり体験(1カップ200円)も可能でした
長女が「エサ買って!エサ買って!」と要求してきたので
のりゅは、全く渋ることなく
100円5枚、合計500円を渡しました
ひこね&びわこ、2つの空中冒険を乗り越えた長女への
ご褒美でした
アメとムチは、教育の基本ですね

さて、めっちゃさわれる動物園が両生類から哺乳類まで
色々な動物とふれあったり、エサやり体験ができることを
ご理解いただけたと思います
多くのふれあえる動物の中で
我が家の長女が最も夢中になったのは
めっちゃ13
(上画像は、拡大表示可能です)
ひよこでした
ひよこも、エサやり可の動物(1カップ100円)
「これで、エサやり好きなようにどーぞ」と長女に渡した
500円中300円をひよこに費やしたほどの
お熱っぷりでした
ひよこにお熱だった長女に
「突っつかれるとちょ~気持ちいいよ!
やってみる?パパ」
とオススメされたので…
めっちゃ14
(上画像は、拡大表示可能です)
エサをちょっとだけもらって
のりゅも、ひよこのエサやり体験をやってみました
「うむぅ…ぐずったい」とは思いましたけれど
長女の300円(3カップ分)も
やりたがる気持ちは
理解できませんでした…


回顧録序文でも書いたことですが
長女は、動物相手に物怖じしなくなりましたね~
物怖じしないどころか、楽しんじゃうようになったあたり
素晴らしい成長っぷりですね~

のりゅは、娘の反応が面白くって
動物とのふれあいを通じて
娘の心を豊かなモノにしよう

ゾウのエサやり体験・上に乗る体験(紹介記事へ)
キリンのエサやり体験(紹介記事へ)
ライオンのエサやり体験(紹介記事へ)
サイタッチ・ホワイトタイガーのエサやり体験(紹介記事へ)
他にも色々動物とふれあう機会を与えてきました
その成果が、めっちゃさわれる動物園での
長女の様子なのでしょう
全部、のりゅのおかげですよね♪

のりゅは「理想のパパ」扱いされるのは
まっぴらゴメンですが
1人の指導者・教育者として
褒められることは歓迎いたします

ゆえに、皆様からの拍手やコメントをお待ちしています☆

といったところで、今回の回顧録終了です

めっちゃさわれる動物園
「ジャングルゾーン編」へ続きます

おまけ①
めっちゃ15
めっちゃ16
(上画像は、拡大表示可能です)
アニメニシキヘビ(しかもアルビノ)首に巻いて
記念撮影できるイベント(1回1000円)

土日祝日限定で開催されているそうです

「コレ、パパとやる~?」と尋ねた際
「え~やだよ~!」と長女が、唯一嫌そうな反応を見せた
めっちゃさわれる動物園のふれあい体験
でした
ただ来園したのは、夏休みシーズンの平日だったので
イベントを体験したくともできない日でした
それに、心底嫌そうというよりは
気乗りしないレベルの表情でしたので
たとえ体験したとしても
※長女が、泣いて嫌がる効果
得られなかったのかもしれません

(※「涙の数だけ強くなれる」
某ヒットソングのフレーズを信じている自分は
娘を涙の数だけ成長させたいわけですね)


さらに
せめて嫌がる反応だけでも見たくって
気乗りしない感じで、お断りされても
チャラ男っぽく「いいじゃん、彼女~やろうぜぇ~?」と
長女をしつこく誘っていたところ

長女「『土日祝日のみ』って
書いてあるじゃん!」


最近ある程度の漢字を読めるようになった長女に
見破られてしまったこと
めっちゃさわれる動物園での思い出のひとつです

おまけ②
めっちゃ17
めっちゃさわれる動物園周辺
入園しなくとも鑑賞できる水槽のひとつで
メコンオオナマズが飼育されていました
世界最大の淡水魚のひとつ
メコンオオナマズを鑑賞できるスポットは
岐阜県各務原市にある
「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ(紹介記事へ)」
長崎県長崎市にある「長崎ペンギン水族館」
静岡県賀茂郡にある「iZoo」
そして、最近加わったのが、めっちゃさわれる動物園とのこと

先述したとおり、のりゅの来園時、メコンオオナマズは
入園しなくとも鑑賞できる水槽で飼育されていました
メコンオオナマズを
無料で鑑賞できるスポットは
めっちゃさわれる動物園だけ
かもしれません
copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.