FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102
半田運動公園 冒険遊具編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第625弾は、愛知県半田市にある
「半田運動公園 冒険遊具編」です
冒険遊具1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、今回記事の舞台となる
「半田運動公園」遊具集合体「冒険遊具」
設置されているブランコ及び唯一あった
乗る部分がボールの変わり種ブランコ
です

「変わり種ブランコ尋ねて30里」
1里は約4キロですね
のりゅの自宅⇔半田運動公園の距離は
約120キロ
なので上記表題に間違いはありません

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「ちびっこ広場編」で書いたことですが、のりゅは
上画像の変わり種ブランコとは違う
2種の変わり種ブランコ求めて
約120キロ離れた半田運動公園へ来園

夢破れました!!

世界名作劇場枠で放送されていた
「母を訪ねて三千里」
感動で泣ける作品でしたね
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
38歳紳士が泣いた記録です
半田運動公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
半田運動公園マップです

今回記事は「冒険遊具編」です
半田運動公園の遊具集合体である冒険遊具を紹介
夢破れたウサを晴らすべく
冒険遊具で遊んだ思い出を振り返ります

半田運動公園
(半田市HPの紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 119キロ(片道)

到着目安 1時間30分

高速料金 3170円(半田中央IC降車の場合)
※2017年7月時点

駐車場 700台(第1~第4駐車場合計台数、無料)

所在地 〒〒475-0945 愛知県半田市池田町3丁目1番地1

電話 0569-27-6663

定休日 12/29~1/3

営業時間 施設によって異なる
各施設の大半は、午前9時より営業開始

セット訪問候補
半田市空の科学館(紹介記事へ) 5.5キロ 10分
半田市立博物館(紹介記事へ) 5.5キロ 10分


それでは、半田運動公園の遊具集合体である
冒険遊具のラインナップを紹介します
冒険遊具2
幅広の滑り台(特殊な登れる遊具付)
冒険遊具3
(上画像は、拡大表示可能です)
砂場+複合遊具
複合遊具の遊べる内容は、チューブ滑り台
冒険遊具4
(上画像は、拡大表示可能です)
螺旋状の滑り台(上画像上左)、普通の滑り台(上画像上右)
いじって遊ぶ仕掛け(上画像下左)

複合遊具の裏には「Beach House」と書かれた
海の家ごっこが可能な建物遊具(上画像下右)
がありました
冒険遊具5
(上画像は、拡大表示可能です)
水遊び場

のりゅ達が半田運動公園へ来園したのは、6月下旬です
遊べるのなら、ありがたい暑さでしたけれど
残念ながら水遊び場は、稼動していませんでした
冒険遊具6
(上画像は、拡大表示可能です)
水遊び場は、小型の滑り台付でした
冒険遊具7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像が、冒険遊具メインのゴーゴーアジトです
個人的に、ものすごい好みな遊具でした
冒険遊具8
(上画像は、拡大表示可能です)
ゴーゴーアジトは、簡単な迷路になっており
上画像のような障害遊具が設置されている
のが
遊び心を刺激されて、のりゅ的に好みだったのです
ただまぁ、上部まで行くのがすんげー大変でした
冒険遊具9
(上画像は、拡大表示可能です)
自分と長女だけならば華麗に、ひょいひょい進めたのに…
※赤枠部分の30キロ
姉と同じルートを通らないと
喚いて納得してくれなかった
のです
(※先に行こうとすると暑いのに引っ付いてくるし…)

次女のお尻を支えて補助したり
冒険遊具10
次女の引っ張って補助したり、すんげー大変でした
冒険遊具11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ゴーゴーアジト内の
くるくる回るパネル遊具です

娘達「「変わり身の術!」」

娘達は、くるくる回るパネル遊具を利用
忍術のマネゴトを披露してくれました

まぁ、どちらに変わったところで
傍若無人なクソガキなんですけれど!


そうそう…
「変わり身」がキーワードな小話がありまして
余談として書かせていただきます
わりと最近、地域の小学生が夏休みに入った数日後
娘達の担任の先生と保護者との面談のため
マイハニーは、娘達の通う小学校に行きました

長女の担任の先生から語られた内容は
良いところ、少々問題のあるところ、学校での様子…等
マイハニーは「確かに…」と納得したそうです
次女の担任の先生から語られた内容
「うちの子の話じゃないでしょ!?
先生、他の子と間違えてない!?」と
マイハニーは
まったく信じられなかった
そうです

悪いところを指摘されたのではなく
褒めちぎられまくったゆえに…
冒険遊具11-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、次女の担任の先生が成績表と
一緒に渡してくれた手紙
です
ほぼ手紙の内容のまんまの内容で

担任の先生「クラスの役割を決める時
率先して立候補してくれます」


担任の先生「上級生の子とも遊んでます
人見知りしないお子さんですね」


担任の先生「次女さんは
気配りが素晴らしいです
誰かが1人でいると声をかけて
仲間に入れてあげたりしてます」


担任の先生「譲り合いのできる
優しいお子さんですね」


以上が、マイハニーが聞いた担任の先生の発言です
赤字の発言が、のりゅ的にも納得できず
最後に書いた赤字の大文字発言が
特に納得いきませんでした

岡崎文化15
(上画像は、拡大表示可能です)
我が家の次女は
周囲の目を気にすることなく
姉妹ケンカを繰り広げ
姉を叩きのめし
姉の使っているモノは
大抵欲しがり強奪する娘
です

マイハニーから又聞きした自分は

「登校中、親切な※ドッペルゲンガーと
入れ替わってるんじゃね?
んで、下校中に本物の次女と
入れ替わってるんだよ」

(※突然現れるもうひとりの自分
通常は、不吉の予兆だったりします)
(※もっと詳しく知りたい方は、参照サイトページへ)

「変わり身」している仮説を語りました
冒険遊具12
(上画像は、拡大表示可能です)
冒険遊具13
ゴーゴーアジトの上部は
長い距離の滑り台が2基設置されている

「つるりんモンスター」です
冒険遊具14
つるりんモンスターに設置されている
2基の滑り台中1基は
チューブタイプの螺旋滑り台です
冒険遊具15
(上画像は、拡大表示可能です)
もう1基の滑り台は
普通の長い距離な滑り台でした
名前通りの快速っぷりが楽しかったです♪

といったところで、今回の回顧録終了です

半田運動公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
半田運動公園 ちびっこ広場編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第624弾は、愛知県半田市にある
「半田運動公園 ちびっこ広場編」です
半田運動公園1
愛知県半田市にある
「半田運動公園」へ来園したのは
回顧録第618弾~第623弾で舞台となった
※愛知県常滑市にあるエンターテイメントパーク
「ワンダーフォレストきゅりお(紹介記事へ)」
同園の内包遊戯施設「ワンダーリンク(紹介記事へ)」
「シーサイドサーキット(紹介記事へ)」
「ワンダースカイ(紹介記事へ)」で遊ぶ前
2017年6月下旬早朝のことでした
(※半田運動公園⇔ワンダーフォレストきゅりおは
6.5キロ程度、車で約15分の近距離です)

半田運動公園は設置されている
遊具の数&質共に、ハイレベルな公園
です
大型複合遊具に、長い距離の滑り台
そこらの公園では、お目にかかれないような
珍しい遊具も複数設置されています
特に
上島交差点公園6
(上画像は、半田運動公園以外の画像です)
複数人が乗れる幅広ブランコ

のりゅの知る限り、上画像のようなブランコが
設置されている公園は
静岡県浜松市浜北区にある
「上島交差点脇公園(紹介記事へ)」だけでした

※半田運動公園に、同様のブランコが
設置されているとの情報を入手した時は
「ちょっと遠いけれど行っちゃう?」と
自問する程度に心が揺らぎました

(※クリックにて、のりゅが情報をキャッチしたサイトページへ)
冨塚公園1-1
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、半田運動公園以外の画像です)
対面2人乗りブランコ

数多くの公園を巡り、のりゅが確認した
2人乗りブランコが設置されている公園は
静岡県菊川市「菊川公園(紹介記事へ)」
浜松市東区「原島児童遊園(紹介記事へ)」
浜松市中区「新津町神明宮敷地内遊園地(紹介記事へ)」
浜松市西区「聖徳神社敷地内児童遊園地(紹介記事へ)」
4スポットです

※半田運動公園に
対面2人乗りブランコと同様なブランコが
設置されているとの情報をキャッチした時

「よし!行こう!」と決意しました
(※クリックにて、のりゅが情報をキャッチしたサイトページへ)

そんなわけで、2種類の変り種ブランコ求めて
自宅より、約120キロ近く離れた公園へ
来園しちゃった
のです

半田運動公園
(半田市HPの紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 119キロ(片道)

到着目安 1時間30分

高速料金 3170円(半田中央IC降車の場合)
※2017年7月時点

駐車場 700台(第1~第4駐車場合計台数、無料)

所在地 〒〒475-0945 愛知県半田市池田町3丁目1番地1

電話 0569-27-6663

定休日 12/29~1/3

営業時間 施設によって異なる
各施設の大半は、午前9時より営業開始

セット訪問候補
半田市空の科学館(紹介記事へ) 5.5キロ 10分
半田市立博物館(紹介記事へ) 5.5キロ 10分


半田運動公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
半田運動公園マップです

半田市運動公園は、総面積26.7haの運動公園です
公園遊具が設置されているのは
上画像赤枠部分の
「ちびっこ広場」「冒険遊具」の2箇所です
半田運動公園3-1
今回記事は「ちびっこ広場編」です

半田運動公園ちびっこ広場に設置されている遊具を紹介
思い出を振り返ります
半田運動公園4
上画像は、ちびっこ広場内にある「幼児広場」です

娘達は、見知らぬお子さんと仲良くなり
お店屋さんごっこを興じていました
半田運動公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
幼児広場には、小型複合遊具(上画像上左)
砂場、トンネル遊具(上画像上右)、ブランコ(上画像下左)
乗ってシェイクして遊べる遊具(上画像下右)
がありました
半田運動公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ちびっこ広場の
メイン巨大複合遊具「インディアン村」です
半田運動公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
滑り台、チューブ滑り台、螺旋状の滑り台
ネットトンネル、ウォールクライミング、ネットクライミング
ターザンロープ等が、インディアン村の遊べる内容
です
半田運動公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
レア遊具、くるくるパトロール
のりゅの知る限り
くるくるパトロールが設置されているスポットは
静岡県浜松市中区にある「和地山公園(紹介記事へ)」
静岡県掛川市にある「22世紀の丘公園(紹介記事へ)」
岐阜県各務原市にある「かさだ広場(紹介記事へ)」
3スポットだけでした
半田運動公園で、4スポット目です
しかもレア遊具、くるくるパトロールが
2基設置されているとは…
半田運動公園、スゴイですね
半田運動公園10
(上画像は、拡大表示可能です)
巨大遊具「もぐらのトンネル」

もぐらのトンネルは、遊具であり
ちびっこ広場の高所へ行く手段の1つです
半田運動公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
もぐらのトンネルは
トンネルを通過して遊べる他、ハシゴを登ったり
斜面に、ネットクライミングが設置されていたりします
半田運動公園12
岩登り

岩登りは、れっきとした遊具であり
ちびっこ広場の高所へ行く手段の1つです
高所へ登った先には
半田運動公園13
(上画像は、拡大表示可能です)
3種類の滑り台が設置されてます

細いコンクリートの滑り台は、ロケット滑り台
幅広の巨大コンクリート滑り台は、ジャンボ滑り台
1番奥にある滑り台は、ローラー滑り台です
半田運動公園14
(上画像は、拡大表示可能です)
ジャンボ滑り台、ロケット滑り台共に快速で楽しかったです♪
半田運動公園15
ローラー滑り台は、距離が長く
他2種類の滑り台同様に快速でした♪

まぁ~半田運動公園
ちびっこ広場のラインナップだけでも
遊具の数&質共に、ハイレベルな公園
でした
これでさらに、※冒険遊具という名の
遊具集合体まである
のだから素晴らし過ぎますね
(※冒険遊具については、次回の回顧録にて紹介します)

それで、お目当てだった
2種類の変り種ブランコ
なんですが
半田運動公園16
ででん!



2種類の変り種ブランコが在った場所には
普通のブランコ+小さなお子さん転落防止カゴ型ブランコ
設置されていたのでした

「変り種ブランコは何処へ…?」
納得がいかなかった自分は
半田運動公園の管理事務所を訪ね
変り種ブランコの所在を質問してみました

スタッフの方「撤去されました」

変り種ブランコ2種は
老朽化が理由で廃止
され
新たに上画像のブランコを導入したそうです



「ちくしょぉぉぉお!!(大泣)」

のりゅは、※またしても
世界の中心で
「哀」を叫びました…
(※クリックにて、前回の「哀」を叫んだ記事へ)

おまけ
半田運動公園17
(上画像は、拡大表示可能です)
半田市を代表する公園なだけあって
すんげー綺麗に整備された陸上競技場(上画像上左)
圧倒させられちゃいました
専用使用の予約がない場合は
個人使用可能(有料)
とのことです
スケートボードコーナー(上画像上右)は、広く設備が豪華
バスケットコーナーは、通常のコート、3on3コート
リングが9つ並んでいる変則バスケットゴール等が
設置されていました(上画像下右)
半田運動公園は、スケボーやバスケットをするべく
親子で来園しても十分楽しめる公園ですね
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.