FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
かみね遊園地へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1043弾は、茨城県日立市にある
「かみね遊園地」です
かみね遊園1
一時中断していた
2019年11月3連休に
茨城県旅行で巡ったスポットの
おでかけ回顧録シリーズ再開
です

心待ちしていた方は、この世に
存在しないのかもしれませんが
お待たせしました

かみね遊園2
(上画像は、拡大表示可能です)
旅行初日最初に遊んだスポットは
日本一のスライダー遊具などが楽しめる
「奥日立きららの里(紹介記事へ)」でしたが
旅行初日の朝7時頃
茨城県日立市に着いて早々
下見をした
スポットは
「かみね公園(紹介記事へ)」でした
かみね公園5
(上画像は、拡大表示可能です)
かみね公園マップです

かみね公園は

※20種類のアトラクションが楽しめる
「かみねレジャーランド(紹介記事へ)」
(※スポットパンフレットに載っている種類数)

約100種類約540点の動物を飼育しており
様々な動物ふれあいイベントが
開催されている「かみね動物園」

今回記事の舞台にして
※11種類のアトラクションが楽しめる
入場無料の
「かみね遊園地」

(※スポットパンフレットに載っている種類数)

上記3つの遊び場を内包しています

のりゅは
奥日立きららの里+上記3つの遊び場
旅行初日1日で
4つのスポットを巡る
遊びの計画を立ててました


結果的には、遊びの計画を達成
「上出来だな!」と思えたくらいに
アレコレ遊べたわけですが
旅行初日の朝
かみね公園を下見していた時


「やっぱ無茶な計画かなぁ…
かみね公園内3つの遊び場の
どれかは遊ぶのを
諦めるしかないかもしれん…
でも、ううう~あああー!
静岡県から茨城県まで
お小遣いと苦労を費やして
おでかけしたのに
諦めたくねぇなぁ…」


のりゅは、上記なことを考え
不安&葛藤に苛まれてました

かみね遊園3
上画像は、旅行初日の朝
営業時間外で閉まっていた
かみね遊園地チケット売場を
撮影した写真
です

不安&葛藤に苛まれてながら
下見をしていた自分
でしたが
かみね遊園地は営業時間外でも
ウロウロできる
ことを知りました


「かみね遊園地を遊ぶのを
諦めることになったとしても
朝のうちに、アトラクションの
写真を撮っておけば
【時間が無くて
遊べませんでしたが
早朝ウロウロしました】って
内容の回顧録は作れるぞ!」


のりゅは、上記の
※妙案を思いつきました

(※妙案→他の人では思い浮かばないような
独特な良いアイデア)

しかし、妙案を思いついても
40歳の男が1人で
営業時間外の遊園地を
ウロウロしつつ
写真を撮りまくる行為を
するとなれば
不審者として認識され
通報されてしまいかねない
ことに
気が付きました

かみね遊園4
妙案を安全に遂行するため
長女に同行してもらいました


我ながら素晴らしい
※リスク管理だったと
自負しています!

(※リスク管理→想定されるリスクが
起きないように防止策を検討して実行すること)

それでまぁ~、旅行初日の朝
長女に同行してもらいつつ
アトラクションの写真を
撮りまくったわけですが
結局のところ、かみね遊園地を
遊ぶのを諦める必要はなかったので
【時間が無くて遊べませんでしたが
早朝ウロウロしました】って内容の回顧録は
作成する必要なくなりました

ココまで書きました40歳男性の長文の思い出話
読んでくださった方、ありがとうございますぅ~

かみね遊園地
(かみね公園HP内紹介ページへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 380km

到着目安 4時間45分

高速料金 10020円(最寄のIC降車の場合)
※2019年12月時点

駐車場 800台 無料
※全ての駐車場の合計台数

所在地 〒317-0055
茨城県日立市宮田町5-2-22

定休日 12/31、1/1

営業時間 9:00~17:00(3月~10月)
     9:30~16:15(11月~2月)

入場料 無料

のりもの券販売価格
1枚券100円、13枚券1200円、30枚券2600円
※のりもの券は、かみねレジャーランドでも使える


かみね遊園5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、かみね遊園地の敷地の
3分の2くらいを撮影した写真
です

入場料金&駐車料金無料の
かみね遊園地で楽しめる
アトラクションは、お子様向け
です
かみレ前5
上画像のチケットは、かみね遊園地の
アトラクションを楽しむのに必要な
のりもの券
です

フリーパスは通常販売されてません
かみレ前6
(上画像は、拡大表示可能です)
かみねレジャーランドでも使える
のりもの券(1枚券)

販売価格は100円
です

13枚券は1200円
30枚券は2600円で販売されてます


かみね遊園地
または、かみねレジャーランドにて
がっつり遊ばれるつもりなら
30枚券の購入した方が、お得に遊べます

ちなみの話、アトラクションの
利用料金が発生するのは3歳からです
1歳&2歳の幼子は無料ですが
付添者の利用料金は発生します

施設概要は以上として
かみね遊園地で楽しめる
アトラクション11種類を紹介

思い出を振り返りますね
かみね遊園6
(上画像は、拡大表示可能です)
ブルートレイン
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券3枚


遊園地の定番アトラクション、子供汽車であり
ライド(汽車)の名前は「カーミー号」です

公式HPによれば、かみね遊園地の
人気NO1アトラクション
とのことです
かみね遊園7
おでかけメンバー中、ブルートレインを
乗って楽しんだのは長女のみでした

のりゅは、ブルートレインに乗らずに
コース外周を歩いて楽しみました


上記がどういうことなのか?を
説明しますと
のりゅは趣味の1つである
子供汽車のコースに
設置されているオブジェを
確認して楽しんだ
ということです
かみね遊園8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ブルートレインに乗った女児が
見て喜ぶようにとの狙いで
設けられたと思われる
メルヘンチックなオブジェの数々
です
かみね遊園8-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ブルートレインに乗った
男児が見て喜ぶようにとの狙いで
設けられたと思われる
ヒーローなオブジェの数々
です

「ウルトラマン(上画像右)」の放送年度は
1966年(昭和41年)~1967年(昭和42年)であり
「仮面ライダーV3(上画像中)」の放送年度は
1973年(昭和48年)~1974年(昭和49年)であり
「ミラーマン(上画像左)」の放送年度は
1971年(昭和46年)~1972年(昭和47年)です

令和の時代に昭和なことが
素敵だと思いました♪


「ひょっとしたら40歳の自分が生まれるに前に
設けられて今に至るんだろうかぁ~?」と
かみね遊園地の歴史を凄みを感じました

こういったオブジェとの出会いがあるから
地方遊園地の子供汽車のコースを確認するのって
楽しいんですよね~♪
かみね遊園地8-2
(上画像右は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
それはそれとして
ブルートレインのコース外周を
歩いていたら危うく
クモの巣(上画像赤枠)に
突っ込みそうになりまして
バンジージャンプチャレンジ時より
※肝が冷える体験をしちゃいました…

(※肝が冷える→危ない目に遭って、ぞっとする)
かみね遊園11
(上画像は、拡大表示可能です)
回転ボート
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


ボート型ライドは水上を回転します

おでかけメンバー全員が乗らなかったので
感想は特にありません
かみね遊園12
(上画像は、拡大表示可能です)
メリーゴーランド
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚
雨天利用可


メリーゴーランドです

おでかけメンバー全員が乗らなかったので
感想は特にありません
かみね遊園13
(上画像は、拡大表示可能です)
ピエロタワー
利用条件 身長110cm以上
5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


回転ブランコです
かみね遊園14
おでかけメンバー中、ピエロタワーを
乗って楽しんだのは次女のみでした
かみね遊園15
(上画像は、拡大表示可能です)
フワフワかみねっちょ
利用条件 3歳~小学4年生まで
利用料金 1人1回のりもの券2枚(3分間)


ふわふわの中に入って、はしゃいで跳ねて遊べます
かみね遊園16
ふわふわのキャラクターは
我が家の次女
です

ふわふわのキャラクターは
かみね動物園のマスコットキャラクター
「かみねっちょ」です
かみね遊園17
シンクロ率400%!!
かみね遊園18
次女は、溶けずに出てきました
かみね遊園19
(上画像は、拡大表示可能です)
アニマルサーカス
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 のりもの券3枚


ライドは回転、支柱は上昇します
かみね遊園20
次女は笑顔で楽しんでいました
かみね遊園21
(上画像は、拡大表示可能です)
ボールプール
利用条件 3歳~小学生まで
利用料金 1人1回のりもの券1枚(3分間)
雨天利用可


潜れるくらいに、ボールはいっぱいでした

ボールプールって、大人は
利用禁止なことが多いですよね


数年前までは
ボールプールを遊ぶ娘達に
嫉妬したりもしましたが…

スカイサーカス18
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
一生に1度くらい、ボールプールに
埋もれてみたいとの願望は
すでに叶えていたので
この時は嫉妬しませんでした

かみね遊園22
(上画像は、拡大表示可能です)
エアドーム
利用条件 3歳~小学4年生まで
利用料金 1人1回のりもの券1枚(3分間)
雨天利用可


はしゃいで跳ねて遊べます

おでかけメンバー全員が遊ばなかったので
感想は特にありません
かみね遊園22-1
(上画像は、拡大表示可能です)
コーヒーカップ
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚
雨天利用可


コーヒーカップです

おでかけメンバー全員が遊ばなかったので
感想は特にありません
かみね遊園23
(上画像は、拡大表示可能です)
かんらんしゃ
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚
雨天利用可


観覧車です
かみね遊園24
ぶっちゃけ無料で利用できる
かみね公園の展望台の方が
高い場所に設けられている分
眺めが良かったりします

(↑展望台からの景色を知りたい方は
クリックにて、参照記事に飛びます)

かみね遊園25
(上画像は、拡大表示可能です)
それでも上画像の景色や
かみね遊園地を上から眺めることができました
かみね遊園26
あと、大人1人で
恥ずかしがらずに乗りました~♪

かみね遊園28
(上画像は、拡大表示可能です)
バッテリカー
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1回100円(現金)


専用の広い乗場が設けられてます

かみね遊園地のアトラクションは以上ですが
かみね遊園29
(上画像は、拡大表示可能です)
コイン電動遊具
かみね遊園30
キッズコーナーでも楽しめます

といったところで、今回の回顧録終了です

かみね遊園地
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト



かみねレジャーランド 後編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1039弾は、茨城県日立市にある
「かみねレジャーランド 後編」です
かみレ後1
2019年11月の3連休、のりゅは娘達を引き連れ
茨城県のスポットを巡る旅行をしました

旅行初日にして最初の目的地は
茨城県日立市の山中にある
「奥日立きららの里(紹介記事へ)」でした

次に向かったのは、茨城県日立市にある
「かみね公園(紹介記事へ)」でした
かみね公園5
(上画像は、拡大表示可能です)
かみね公園マップです

かみね公園は
「かみね動物園」「かみね遊園地」
今回記事の舞台である
「かみねレジャーランド」
内包するスポット
です
かみレ前3
(上画像は、拡大表示可能です)
かみねレジャーランド園内マップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「前編」では、かみねレジャーランドの施設概要と
園内で楽しめる全20種類のアトラクション中
8種類を紹介、思い出を振り返りました

今回記事は「後編」です
かみねレジャーランドで楽しめる
全20種類のアトラクション中
残り12種類を紹介
、思い出を振り返ります

かみねレジャーランド
(かみね公園HP内紹介ページへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 380km

到着目安 4時間45分

高速料金 10020円(最寄のIC降車の場合)
※2019年12月時点

駐車場 800台 無料
※全ての駐車場の合計台数

所在地 〒317-0055
茨城県日立市宮田町5-2-22

電話 0294-22-4737

定休日 毎週月曜日、12/31、1/1
※月曜日が祝日の場合営業、翌平日が休業

営業時間 9:00~17:00(3月~10月)
       9:30~16:15(11月~2月)

入場料 高校生以上450円、4歳~中学生200円

動物園・レジャーランド共通割引入園券
高校生以上820円、4歳~中学生200円
※チケットに有効期限はありません

のりもの券販売価格 
1枚券100円、13枚券1200円、30枚券2600円
※のりもの券は、かみね遊園地でも使える


それでは、回顧録本文ということで
かみねレジャーランドで楽しめる
全20種類のアトラクション中
残り12種類を紹介
、思い出を振り返ります
かみレ後2
ビックリハウス
利用条件 小学生未満は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚

東遊園地後半11
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
ビックリハウスは、座席が揺れ
周囲が回転する仕組みのアトラクションです

昭和の時代に国内各地の遊園地で
導入された名機なアトラクション
です

昭和→平成→令和の時代が流れ
ビックリハウスを現役で楽しめる
遊園地は少なくなりました


かみねレジャーランドは
2019年12月現在も
ビックリハウスが楽しめます


それで、のりゅなんですが
狙ってもなく、自分本位で
おでかけ先を決めて
遊びまくっていたところ

岐阜県中津川市にある
「恵那峡ワンダーランド(紹介記事へ)」
石川県能美市にある
「手取フィッシュランド(紹介記事へ)」
茨城県日立市にある今回記事の舞台
かみねレジャーランドと
希少なビックリハウスを
現役で楽しめる遊園地を
2019年の間だけで、3スポットも
おでかけしちゃってました


上記事実に気づいて
ビックリしました!

かみレ後3
(上画像は、拡大表示可能です)
スカイサイクル
利用条件 4歳以上
7歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


最高部の高さは、6mとのことです
かみレ後5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、スカイサイクルのコースです

コース全長は、230mとのことです

おでかけメンバーでは
次女1人が、スカイサイクルを楽しみました
かみレ後6
おとぎ列車
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


汽車型ライドは、起伏のあるコースを回転します

おでかけメンバー全員が
乗らなかったアトラクションなので
コレといった感想はありません
かみレ後7
メリーゴーランド
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


メリーゴーランドです
かみレ後8
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅは、上画像を撮影しながら
「メリーゴーランドって
メルヘン気分を楽しむ
アトラクションだよね…
それなのに、木馬のツラが
少し不気味じゃね…?」と
考えてました


上画像に写る木馬…
皆様には、どう見えますか?

かみレ後10
エレファント
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


ゾウ型ライドは上昇・回転します

おでかけメンバー全員が
乗らなかったアトラクションなので
コレといった感想はありません
かみレ後11
パラトルーパー
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


ライドは回転、支柱は上昇します

おでかけメンバー全員が
乗らなかったアトラクションなので
コレといった感想はありません
かみレ後12
ダックス
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


ダックスフンド型ライドは
上下に揺れながら低速で回転します
かみレ後13
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像のアトラクション2機種は
かみねレジャーランドとは
※別スポットで楽しめる
ダックスと同内容のアトラクション
です
(※上画像のアトラクション2機種を
有する具体的なスポットは
静岡県浜松市西区にある
「浜名湖パルパル(紹介記事へ)」
三重県桑名市にある
「ナガシマスパーランド(紹介記事へ)」です)

皆様に注目してもらいたいことは
別スポットにある
ダックスと同内容のアトラクションは
ライドが回転する内周に
花が植えられている
ということです

別スポットにある
ダックスと同内容のアトラクションは
かわいいダックスフンド型ライドに
乗りながら、お花畑の
お散歩を楽しめる内容
なわけですが
かみレ後14
(上画像は、拡大表示可能です)
かみねレジャーランドで
楽しめるアトラクション
ダックスのライドが回転する
内周は殺風景
です
かみレ後15
チャイルドプレーン
利用条件 3歳以上
5歳&身長110cm未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券1枚


飛行機型ライドは回転します
かみレ後16
備え付いているレバーにて上昇操作が可能です
かみレ後17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
長女は、チャイルドプレーンを
笑顔で楽しんでいました

(※上画像右赤矢印部分参照)
かみレ後17-2
(上画像は、拡大表示可能です)
カメラを向けた時、のりゅが
頼んだわけでもなかったのに
上画像のポージングを
してくれちゃったくらいに
長女は、ゴキゲンでした


のりゅは「くっくっく…
このあと笑顔と機嫌が
反転するであろうことを
想像すると堪らんわ♪」と
含み笑ってました

かみレ後18
(上画像は、拡大表示可能です)
3Dサウンドパラゴン
利用条件 小学生未満は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回のりもの券1枚


所要時間は、約4分

3Dサウンド(超立体音響システム)の
効果的な演出により、仮想現実体験ができる
全く新しいタイプのアトラクションとのことですが
かみレ後19
(上画像は、拡大表示可能です)
端的に書いて説明しますと
3Dサウンドパラゴンは
ホラーアトラクションであり
疑似心霊体験が楽しめます

(↑ストーリーは、上画像を拡大して確認ください)

さらに素晴らしいことを
お知らせしますと

3Dサウンドパラゴンは
保護者が付添えば
0歳でも利用可能な
疑似心霊体験アトラクション
です

「愛の試練」

上記の試練の効果は
【涙の数だけ強くなれるよ】
某ヒットソングの
フレーズが有名
であり
絶叫&お化け屋敷チャレンジを
試練として課すことで
子供を強者へと成長させる
のりゅが、娘達への教育として
考案・実践している育成方法
です

赤子&幼子の親御さんであり
愛の試練を取り入れ
実践したいとお考えの方

かみねレジャーランドは
0歳の赤子相手でも
ホラーアトラクションが
舞台の愛の試練を
課すことができるスポット
ですよ☆
かみレ後20
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っているのは
3Dサウンドパラゴンを
みんなで、チャレンジすることを
伝えた時の娘達のリアクション
です

のりゅ的に堪らない
娘達の反応が見れて
気分上々でした♪

(↑クリック先の記事の最後辺りで、のりゅが
「次の遊びに行くスポットでは、くっくっく…」と
考えていたのは、3Dサウンドパラゴンを
チャレンジさせることを決めていたからでした)


これまで幾多のお化け屋敷を
チャレンジさせてきたのに
娘達は、ほんと強くなりませんねー

かみレ後21
(上画像は、拡大表示可能です)
3Dサウンドパラゴンを
チャレンジしないのなら
のりもの券は与えない旨を伝えたことで
娘達は渋々な様子で入室しました


3Dサウンドパラゴンは
イスに座って楽しむアトラクションであり
演出として床が振動します
かみレ後22
3Dサウンドパラゴンは
ヘッドホンを装着して楽しむアトラクションであり
ドアが閉じられると室内は真っ暗となり
疑似心霊体験が始まります

かみレ後23
それで、結果の話となりますが
3Dサウンドパラゴンを通じて
娘達が涙の数だけ強者へと
成長することはありませんでした


入室前に、のりゅ的堪らない
娘達の反応が見れたので
別に不満はありません


かみねレジャーランドの
のりもの券対応のアトラクションは以上
です

前編を含めて、ここまでで
17種類のアトラクションを紹介しましたが
残り3種類のアトラクションは
現金を投入することで稼動する仕様
です
かみレ後24
かみね新幹線
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1回200円(現金)

かみレ後25
(上画像は、拡大表示可能です)
先に紹介したダックス同様に
かみね新幹線が走行する
コース内周も殺風景
です
かみレ後26
バッテリカー
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1回100円(現金)

かみレ後27
メロディーペット
利用条件 5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1回200円(現金)


以上が、かみねレジャーランドで楽しめる
全20種類のアトラクションですが
かみレ後28
(上画像は、拡大表示可能です)
様々なゲームをチャレンジして景品を取得できる
カーニバルコーナー
かみレ後29
かみレ後30
コイン電動遊具でも遊べます

といったところで、今回の回顧録終了
かみねレジャーランドが舞台の回顧録も終了です

かみねレジャーランド
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
かみねレジャーランド 前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1038弾は、茨城県日立市にある
「かみねレジャーランド 前編」です
かみレ前1
2019年11月の3連休、のりゅは娘達を引き連れ
茨城県のスポットを巡る旅行をしました

旅行初日にして最初の目的地は
茨城県日立市の山中にある
「奥日立きららの里(紹介記事へ)」でした

次に向かったのは、茨城県日立市にある
「かみね公園(紹介記事へ)」でした
かみね公園5
(上画像は、拡大表示可能です)
かみね公園マップです

かみね公園は
「かみね動物園」「かみね遊園地」
今回記事の舞台である
「かみねレジャーランド」
内包するスポット
です

かみね公園が内包する
3つの遊び場へオールおでかけ
それぞれのスポットで
ほどほど遊ぶつもりだった自分と娘達は
まず、かみねレジャーランドへ向かいました


奥日立きららの里を遊んだあとだったので
かみねレジャーランドへ
入園した時間は午前11時頃でした


3つの遊び場の営業終了まで
5時間少々しか時間が
ありませんでしたが

※旅行初日の朝の努力により
「上出来だな!」と
思えたくらい遊べたことは
かみね公園が舞台の回顧録で
お知らせしました

(※どんな努力だったのか?を知りたい方は
クリックにて、参照記事へ飛びます)


でも、皆様
「上出来だな!」と
思えたくらい遊べたのには
旅行初日の朝の努力以上の
理由(要因)があった
のでした

かみレ前2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、11月の3連休初日の
かみねレジャーランド(営業中)を
撮影した写真
です

繁忙期なはずの
11月の3連休初日の
かみねレジャーランドの
客入りは上画像
でした

待ち時間ゼロで
アレコレ楽しむことができ
短時間(1時間ちょい)で
それなりに満足して
退園できちゃったことが
その理由(要因)
でした

かみねレジャーランド
(かみね公園HP内紹介ページへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 380km

到着目安 4時間45分

高速料金 10020円(最寄のIC降車の場合)
※2019年12月時点

駐車場 800台 無料
※全ての駐車場の合計台数

所在地 〒317-0055
茨城県日立市宮田町5-2-22

電話 0294-22-4737

定休日 毎週月曜日、12/31、1/1
※月曜日が祝日の場合営業、翌平日が休業

営業時間 9:00~17:00(3月~10月)
       9:30~16:15(11月~2月)

入場料 高校生以上450円、4歳~中学生200円

動物園・レジャーランド共通割引入園券
高校生以上820円、4歳~中学生200円
※チケットに有効期限はありません

のりもの券販売価格 
1枚券100円、13枚券1200円、30枚券2600円
※のりもの券は、かみね遊園地でも使える


かみレ前3
(上画像は、拡大表示可能です)
かみねレジャーランド園内マップです

※20種類のアトラクションが楽しめる
駐車料金無料の遊園地
かみねレジャーランドの入場料金は
高校生以上450円、4歳~中学生200円
です
(※かみね公園パンフレットに載っている種類数)
かみレ前4
(上画像は、拡大表示可能です)
かみねレジャーランドだけでなく
かみね動物園も楽しまれるつもりなら

動物園・レジャーランド共通割引入園券
購入することを推奨します


かみね動物園入場料は
高校生以上520円、4歳~中学生100円
です

かみねレジャーランドと
かみね動物園の入園券を
それぞれ別に購入した場合
高校生以上970円、4歳~中学生300円
支払うことになります


動物園・レジャーランド共通割引入園券は
高校生以上820円、4歳~中学生200円なので
高校生以上は、150円
4歳~中学生は、100円お得となります


動物園・レジャーランド共通割引入園券は
有効期限がないので、どちらかの入園券を
後日使ったりすることもできます

かみレ前5
上画像のチケットは
かみねレジャーランドの
アトラクションを楽しむのに必要な
のりもの券
です

フリーパスは通常販売されてません
かみレ前6
(上画像は、拡大表示可能です)
かみね遊園地でも使える
のりもの券(1枚券)

販売価格は100円
です

13枚券は1200円
30枚券は2600円で販売されてます


かみねレジャーランド
または、かみね遊園地に入園して
がっつり遊ばれるつもりなら
30枚券の購入した方が、お得に遊べます

ちなみの話、アトラクションの
利用料金が発生するのは3歳からです
1歳&2歳の幼子は無料ですが
付添者の利用料金は発生します

かみねレジャーランドの施設概要は以上です

ここからは
かみねレジャーランドで楽しめる
20種類のアトラクション中
8種類を紹介
、思い出を振り返ります
かみレ前7
(上画像は、拡大表示可能です)
ドリームコースター
利用条件 身長110cm以上
小学生未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券4枚


乗降場よりも低い位置まで
ハイスピードで降下する
ファーストドロップ(上画像左)など
なかなかのスリルを楽しめるジェットコースターです
かみレ前8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ドリームコースターのコースを
撮影した写真です

山の斜面に設けられており
平坦な土地に設けられている
そこらの遊園地のジェットコースターとは
ちょい違ったスリルを楽しめる
ドリームコースターのコース全長は、470mです
かみレ前9
回顧録序文で書いたとおり
繁忙期なはずの
11月の3連休初日であっても
かみねレジャーランドは
待ち時間ゼロの遊園地
でした

ゆえに、ドリームコースターは
「最前列で楽しみたい!」
「最後列で楽しみたい!」などの
ドリームなら容易に叶えつつ
楽しめるジェットコースター
です

上画像に写っているとおり、のりゅは
「1番前に乗りたいな~♪」との
ささやかな夢を叶えつつ
ドリームコースターを楽しみました
かみレ前10
(上画像は、拡大表示可能です)
スカイトレイン
利用条件 身長110cm未満及び
小学生未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券4枚


電車型ライドは
高所に設けられているコースを走ります

かみねレジャーランドで楽しめる
20種類のアトラクション中
利用料金が最も高額
だったりします
(↑先に紹介したドリームコースターと同額)

アトラクション内容を知らず
上画像を見て
上記の利用料金の情報を知った方は
驚かれるかもしれませんね

かみレ前11
(上画像は、拡大表示可能です)
スカイトレインは、ライドの見た目こそ
ショボかったりするのですが
本物の電車のように操作して楽しめる
凝った内容のアトラクション
なのです
かみレ前12
(上画像は、拡大表示可能です)
しかも、自動制御機能付の安全仕様なのです

スカイトレインの操作内容を詳しく知りたい方は
上画像を拡大して確認くださいませ
かみレ前13
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなスカイトレインを
娘達の両名から「乗りたい!」と
主張された時は
「え~、のりもの券8枚も
減っちゃうジャン…」と考えましたが
「まぁ~今日は記念日だし
許可してやるか♪」と思い直して
遊ばせてあげました

奥きらら初回18
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
かみねレジャーランドへ
遊びに行った日は
我が子(長女)に抱き続けてきた
積年の嫉妬から
解放された記念日
でした
(↑詳しいことを知りたい方は
クリックにて、参照記事へ飛びます)

かみレ前14
(上画像は、拡大表示可能です)
大観覧車 
利用条件 小学生未満は保護者の同乗が必要
利用料金 通常ゴンゴラは、1人1回のりもの券3枚
シースルーゴンドラは、1人1回のりもの券4枚


高さ30m
1周の乗車時間6分の観覧車
です

上記のスペックで
【大】観覧車を名乗っていることが
豪胆で素敵だと思います

かみレ前15
通常のゴンドラの利用料金は
1人1回のりもの券3枚であり
シースルーゴンドラの利用料金は
1人1回のりもの券4枚
です

先述したとおり、かみねレジャーランドへ
遊びに行った日は
我が子(長女)に抱き続けてきた
積年の嫉妬から解放された記念日でした

ゆえに奮発して
シースルーゴンドラに
長女と2人乗って楽しむことにしました

かみレ前15-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、シースルーゴンドラ内部を
撮影した写真
です
かみレ前17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、シースルーゴンドラ内部の
床を撮影した写真
です

のりゅ達が乗った
シースルーゴンドラ限定の話ですが
シースルーと書くよりは
曇りガラス仕様
でした
(↑シースルーゴンドラは、もう1基ありますので
そちらは、ちゃんとシースルーかもしれません)


それに、こじらせている
様々なことで楽しめる感性豊かな
のりゅ的には
ゾクゾクしちゃえる仕様であり
「こんな観覧車のゴンドラに乗るのは
人生初経験~♪」と楽しめました☆

かみレ前18
(上画像は、拡大表示可能です)
それに一部曇ってない部分もありまして
そこからは、茨城県日立市や太平洋などが
望めましたし
かみレ前2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像も望めました

繁忙期なはずの
11月3連休初日であっても
上画像の客入りだった
遊園地の光景は

こじらせている
様々なことで楽しめる感性豊かな
のりゅ的には
ゾクゾクしちゃえる光景であり
「うん!地方中の
地方遊園地な光景が堪らんね♪」と
楽しめました☆

かみレ前19
(上画像は、拡大表示可能です)
パールスレー
利用条件 3歳以上
5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券3枚


複数のライドを乗せた床は
波のような動きで回転しますし
ライドそのものも回転します

おでかけメンバーでは
次女1人が、パールスレーを楽しみました
かみレ前20
ファイヤーバード
利用条件 身長100cm以上
小学生未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券3枚


海賊船です

ブログ掲載用に
ライドの揺れの大きさを
写真撮影したいと考えました


自分達以外の客が乗ってくだされば
のりもの券を消費せず
ライドの動きを撮れると考えまして
ファイヤーバード付近で
少々待ってみましたが
ココまで何度も書いて
説明した理由により
「このまま待っても動かないまま
営業終了してしまうかもな…」と
不安になりました

かみレ前21
仕方ないので、長女様に
のりもの券を3枚渡して
ファイヤーバードに
乗ってもらいました


のりゅが、のりもの券を渡した時
長女様は
「仕方ないなぁ~」と
申されてました

かみレ前23
(上画像は、拡大表示可能です)
ファイヤーバードの揺れの大きさは上画像です
最大斜度は、60°とのことです
かみレ前24
(上画像は、拡大表示可能です)
ゴーカート
利用条件 2歳以上
小学生&身長135cm未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券3枚


コース全長300m
最高時速は、25㎞とのことです
2人乗り用のゴーカートもあります

おでかけメンバーでは
長女1人が、ゴーカートを楽しみました
かみレ前25
(上画像は、拡大表示可能です)
ドラゴンコースター
利用条件 1歳以上
5歳未満は保護者の同乗が必要
利用料金 1人1回のりもの券3枚


最高速度20㎞のジェットコースターです
かみレ前26
(上画像は、拡大表示可能です)
ドラゴンコースターのコースは上画像です

長女(11歳)&次女(9歳)には
爽快に楽しめただけの
ジェットコースターだったようですが

もっと幼い頃に乗ったのなら
結果は違ったかもしれません


ドラゴンコースターは
保護者が同乗すれば
1歳から乗れます


「愛の試練」

上記の試練の効果は
【涙の数だけ強くなれるよ】
某ヒットソングの
フレーズが有名
であり
絶叫&お化け屋敷チャレンジを
試練として課すことで
子供を強者へと成長させる
のりゅが、娘達への教育として
考案・実践している育成方法
です

幼子の親御さんであり
愛の試練を取り入れ
実践したいとお考えの方

かみねレジャーランドは
1歳の幼子相手でも
ジェットコースターが
舞台の愛の試練を
課すことができるスポット
ですよ☆
かみレ前27
ファンハウス
利用条件 小学生未満は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回のりもの券2枚


お酒を飲まずに、酔っ払い体験ができる
公式HPのアトラクション紹介ページに書かれてます
かみレ前28
(上画像は、拡大表示可能です)
ファンハウスへ入場して直ぐの場所
上画像の部屋は左右に揺れ続ける仕様です

揺れる部屋を抜けた先は真っ暗な通路が続きます
かみレ前29
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の通路は、上下に揺れ続ける仕様です
かみレ前30
(上画像は、拡大表示可能です)
揺れる通路を抜けた先には
上画像の記念撮影コーナーがあります
かみレ前31
「トイレの絵の前で
踏ん張るポーズをしてくれる?」と
頼んでみたところ
次女は「いいよ~」と
軽く応じてくれたのち
指定したポージングをしてくれました


かみねレジャーランドの
アトラクションを
アレコレ楽しんだことで
この時の次女は
恥じらいを忘れていたほど
ハイテンションだった
のだと思われます
かみねレジャーランドの
魔法にかかっていた
のでしょう
かみレ前32
記念撮影コーナー側にある
上画像のトンネルは
低速で回転し続けている仕様です

娘達は歩いたり、這ったりして楽しんでました

といったところで、今回の回顧録終了です

かみねレジャーランド
次回に続きます☆
かみね公園を下見
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1037弾は、茨城県日立市にある
「かみね公園」です
かみね公園1
2019年11月の3連休、のりゅは娘達を引き連れ
茨城県のスポットを巡る旅行をしました

旅行初日にして最初の目的地は
茨城県日立市の山中にある
「奥日立きららの里(紹介記事へ)」でした

でも、遊ぶのではなく
下見のため訪れたスポットを
目的地とするのなら
旅行初日にして最初の目的地は

茨城県日立市にある今回記事の舞台
「かみね公園」でした

かみね公園には、朝7時頃に訪れて
アレコレ下見をしました


なぜ下見をしたのか?を書きますと
効率良く行動するためでした


なぜ効率良く行動する
必要があったのか?を書きますと
遊びたい!見たい!体験したい!と
考えていたことが満載だったから
でした

かみね公園
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 380km

到着目安 4時間45分

高速料金 10020円(最寄のIC降車の場合)
※2019年11月時点

駐車場 800台 無料
※全ての駐車場の合計台数

所在地 〒317-0055
茨城県日立市宮田町5-2-22

電話 0294-22-4737

定休日 年中無休

営業時間 24時間入退場可

入場料 無料


かみね公園は、茨城県随一の
規模を誇る総合公園
であり
その広さは、15万㎡とのことです
あと、日本さくら名所100選に
選定されている公園だったりもするそうですよ

そんな、かみね公園は
入場料金&駐車料金無料なスポット
です
年中無休ですし
24時間入退場可能
です…と書いても
公園なわけですから
まぁ~そう珍しい話ではないかもしれませんね

かみね公園内に
滑り台、ブランコなどの
遊具はありません
遊具ゼロのスポット
です
かみね公園2
あ~でも
展望台はありますよ

かみね公園3
展望台からは、茨城県日立市や
太平洋が望めました








「話が違うぞ」と思われた方











のりゅの狙い通りなことを
思っちゃいましたね~♪


それでは、ネタバレです
かみね公園4
ででんっ!!

※20種類のアトラクションが楽しめる
「かみねレジャーランド」

(※スポットパンフレットに載っている種類数)

※11種類のアトラクションが楽しめる
入場無料の
「かみね遊園地」

(※スポットパンフレットに載っている種類数)

約100種類約540点の
動物を飼育しており
様々な動物ふれあいイベントが
開催されている
「かみね動物園」


かみね公園は
上記3つの遊び場を
内包する公園
なのです
かみね公園5
(上画像は、拡大表示可能です)
かみね公園マップです

回顧録序文でも書いたとおり
かみね公園には、朝7時頃に訪れて
アレコレ下見をしました

かみね公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、下見した朝に展望台から撮影した
かみねレジャーランドです
かみね公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、かみね公園内のスポット
かみね遊園地へ遊びに行った時に撮影した写真です
上画像には、かみね遊園地のアトラクションの数々と
かみね動物園の正門が写ってます

のりゅは、奥日立きららの里を
遊び終えた同日に
かみね公園内3つの遊び場を
オールおでかけしました

(↑奥日立きららの里⇔かみね公園の
距離は約8.5km、車なら15分ほどで着けます)


奥日立きららの里を遊び終えて
かみね公園に着いたのは午前11時頃でした
3つの遊び場の営業終了まで
5時間少々しか時間がありませんでしたが

「上出来だな!」と思えたくらいに
遊びたい!見たい!体験したい!と
考えていたことを
実現させちゃえたのでした♪


かみね公園を下見しておいたことで
効率良く行動できたことが
成功要因として大きかったですね~♪


というわけで、次回の回顧録の舞台は
かみねレジャーランドとなります
その後は、かみね遊園地
かみね動物園が舞台の
おでかけ回顧録を作成していきます


3つの遊び場は
次回以降の回顧録で詳しく紹介するので

ここからは、のりゅ達が
利用しなかった
かみね公園内スポットを紹介
します
かみね公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
「日立市郷土博物館」
電話 0294-23-3231
定休日 年末年始、その他臨時休館日
営業時間 9:30~16:30(最終入館16:00)
入館料 無料(特別展示は有料)

(※クリックすると公式HPへ飛びます)

茨城県日立市の
考古・歴史・産業・民俗資料、美術資料を
通じて学べる施設とのことです

どこぞの低俗な父娘3名は
時間に余裕があったとしても
来館しなかったと思います

かみね公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
「吉田正音楽記念館」
電話 0294-21-1125
定休日 年中無休
営業時間 10:00~18:00(展望カフェは、21:00まで)
入館料 無料

(クリックにて、公式HPへ飛びます)

茨城県日立市出身の作曲家にして
国民栄誉賞受賞者である
「吉田正」氏の関する資料を
展示する博物館とのことです

18時まで営業している施設であり
かみね公園内の
3つの遊び場を遊び終えてからでも
来館する時間はあったし
入館料無料の施設なので
お金を支払う必要もなかったのに
どこぞの低俗な父娘3名は
来館しませんでした

かみね公園10
(上画像は、拡大表示可能です)
市民プール
電話 0294-23-3045
定休日 月曜日
※月曜日が祝日の場合は営業、翌平日が休業
※3月25日~31日、4月、7月1日~9月10日は無休
12/31、1/1
営業時間 9:00~20:00(最終受付19:15)
利用料金 高校生520円、小中学生160円


年中利用可能な室内プールは
25mプール、幼児プール(スライダー付)
夏季利用できる屋外プールは
25mプール、幼児プールとのことです
かみね公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
「ホリゾンかみね」
電話 0294-22-2045
定休日 月曜日
※月曜日が祝日の場合は営業、翌平日が休業
※3月25日~31日、4月、7月1日~9月10日は無休
12/31、1/1
営業時間 9:00~22:00(最終受付19:15)
浴室の利用は、10:00~(冬季は、10:30~)
利用料金 高校生420円、小中学生160円


上記の情報に記載している利用料金は
上画像右の風呂
かみね公園12
(上画像は、拡大表示可能です)
地下にあるサウナ、トレーニングルームなどを
利用するのに必要な費用です

といったところで、今回の回顧録終了です

かみね公園
滑り台、ブランコなどの遊具はありませんが
様々な楽しみ方ができるスポットです

そして、次回の回顧録の舞台は
かみね公園内スポット、かみねレジャーランドです
お楽しみに☆
奥日立きららの里  無料遊具・動物ふれあい編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1036弾は、茨城県日立市にある
「奥日立きららの里 
無料遊具・動物ふれあい編」です
奥日立無料1
2019年11月の3連休、のりゅは娘達を引き連れ
茨城県のスポットを巡る旅行をしました

旅行初日における最初の目的地こそが
茨城県日立市にある今回記事の舞台
「奥日立きららの里」でした
奥きらら初回4
(上画像は、拡大表示可能です)
奥日立きららの里マップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「わくわくスライダー編」では
奥日立きららの里の施設概要と
日本一のスライダー遊具
わくわくスライダーも紹介

思い出を振り返りました

今回記事は
「無料遊具・動物ふれあい編」です
奥日立きららの里内で
※無料で楽しめる遊具の数々と
触れ合える動物を紹介

(※入場料は別途有料です)
思い出を振り返ります

奥日立きららの里
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 385㎞(片道)

到着目安 5時間

高速料金 10020 円(最寄のIC降車の場合)
※2019年11月時点

駐車場 323台 無料
※第1~第5駐車場の合計台数

所在地 〒311-0402
茨城県日立市入四間町863?1

電話 0294-24-2424

定休日 月曜日、12/29~1/3
※祝日の場合は営業、翌平日が休業となる
※春休み、GW、7月と8月は月曜日も営業

営業時間 9:00~17:00(3/16~11/15)
       9:00~16:00(11/16~3/15)

入場料 大人320円、小中学生100円


それでは、奥日立きららの里の
「やまびこ広場」に設置されている
無料遊具の数々から紹介
します

やまびこ広場から
最寄の駐車場は第5駐車場
です
奥日立無料2
(上画像は、拡大表示可能です)
大型複合遊具「きらら砦」
奥日立無料3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、きらら砦の別角度から撮影した写真です
奥日立無料4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、きらら砦の各所を撮影した写真です

娘達は、鐘を鳴らしてみたり
ネット部分に寝転がってして楽しんでました
奥日立無料5
(上画像は、拡大表示可能です)
長い距離のローラースライダー
奥日立無料6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、長い距離のローラースライダーを
きらら砦上部から撮影した写真です
奥日立無料7
特殊仕様なターザンロープ
「スウィングロープウェイ」


奥日立きららの里へ
おでかけするにあたって
わくわくスライダーの次に
この目で見て遊べることを
楽しみにしていた遊具
でした

深夜2時頃
静岡県浜松市浜北区の自宅を出発
奥日立きららの里まで
運転した距離は、390km超!
運転した時間は、約5時間!

頑張れた2番目の理由な
遊具だったわけですね


それで、スウィングロープウェイの
特殊仕様が、どんな内容なのか?を
説明しますと…

奥日立無料8
(上画像は、拡大表示可能です)
ターザン移動しながら
ガクン、ガクンと
少々落ちる体感を楽しめます

(↑レールの形状を確認ください)

「それだけっ!?」と思われた方も
いらっしゃるかもしれません


でも、のりゅ的には
感動できる仕様なのです


静岡県藤枝市にある
「駅南公園(紹介記事へ)」


愛知県安城市にある
「安城市総合運動公園(紹介記事へ)」


愛知県大府市にある
「あいち健康の森公園(紹介記事へ)」


愛知県知多市にある
「旭公園(紹介記事へ)」


上記4スポットは
特殊仕様のターザンロープを
目当てとして、のりゅが
おでかけした公園
です

自宅(静岡県浜松市浜北区)から
120km前後の距離のスポットなら
おでかけできる許容範囲と考えて
特殊仕様のターザンロープ目当てに
何度も、おでかけした過去を持つ
のりゅ的には感動できる仕様
なのです
奥日立無料9
ゆえに、40歳男性は
奥日立きららの里にて
スウィングロープウェイを
☆きらら~ん☆な笑顔
楽しんだのでした♪

奥日立無料10
スウィングロープウェイ奥には
複数人で乗れるウマ型スライド遊具があります

やまびこ広場に設置されている無料遊具は以上です

続いて、奥日立きららの里にて
触れ合える動物を紹介
します
奥日立無料11
「ふれあい広場」では、ポニー
奥日立無料13
(上画像は、拡大表示可能です)
ヒツジが飼育されており
エサやりをして楽しめます


ふれあい広場から
最寄の駐車場は、第4駐車場
です

粒状のエサが詰められたモナカは
ふれあい広場に設置されている
ガチャガチャにて購入できます
料金は、1モナカ100円
です
奥日立無料13-1
エサを購入したところ
ポニーが、めっちゃ近寄って来ました

のりゅは、エサを摘まんで
ポニーの口元へ運んで食べてもらう
エサやりをしていたのですが

奥日立無料13-2
※長女は、エサを柵の中へ
投げ入れたのち
動物に食べてもらう
エサやりをしていました

(※上画像赤矢印部分参照)

「ビビってんのか!?
情けないぞ!!」と
のりゅは長女に伝えました

奥日立無料14
(上画像は、拡大表示可能です)
「こうやって与えてみよ!」と
のりゅは、長女に伝えたのち
エサを手の平に乗せまして
ポニーに、バクッと食べてもらいました

奥日立無料15
(上画像は、拡大表示可能です)
奥日立無料16
(上画像は、拡大表示可能です)
「え、別にできるよ」と答えた長女は
父親が与えた試練を
怯むことなく、あっさりとクリアしました


そんな長女を見ながら、のりゅは
「ちっ…
怖がってたんじゃなかったのかよ
つまらん、でもまぁ
次の遊びに行くスポットでは
くっくっく…」と考えました

「ふむ、怖がっていたのではなかったか
まぁ~今さら、この程度の試練で
怖がってもらっては困るというものだ
次に遊びに行くスポットでも
父の与える試練を乗り越えるのだぞ」と考えました

といったところで、今回の回顧録終了
奥日立きららの里が舞台の回顧録も終了です

奥日立きららの里
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.