FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
深萩公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第937弾は、静岡県浜松市西区にある
「深萩公園」です
深萩公園1
2019年3月初旬、のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市内の公園を巡りました

その時に巡った公園の1つが
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「深萩公園」でした

2019年3月初旬に巡った静岡県浜松市内の
公園おでかけ回顧録シリーズは
今回記事を含めて、あと2回続きます

小松尾島公園7
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
静岡県浜松市浜北区にある
前回記事(クリックにて、前回記事へ)の舞台
「小松尾島公園」にて
のりゅは長女相手に

【登り棒を頂上まで登れ】

上記内容の課題を与えました

長女相手に登り棒における
課題を与えた詳しい事情を知りたい方は
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
読んでくださいませ

のりゅ的には靴を履いた状態で
両足で挟む力と手の力で登る方法で
課題をクリアしてくれないと
真に合格とは認めがたい
んですが
長女は、裸足になり踏ん張りながら登る方法で
課題を一応クリアしました


「登り棒のある公園へは
あと2箇所おでかけする予定だ
同じ課題をクリアするのだぞ!」


深萩公園を目指していた車中にて
のりゅは、長女に上記を通告しました

深萩公園2
深萩公園にて
長女は血を吐きました!!


深萩公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 19.5キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 公園入口前に駐車できそうなスペースあり

所在地 〒431-1201
静岡県浜松市西区深萩町306−1

電話 管理団体がわかりません


深萩公園3
深萩公園は、上画像の「村社山神社」
道路を挟んで隣接するスポット
です

深萩公園は、スポット名称が書かれた看板等を
見つけることができなかったため
静岡県浜松市西区深萩町にあることから
のりゅが勝手に名付けました
正式なスポット名称は別にあると思われます
深萩公園4
小松尾島公園へ車で、おでかけした場合は
公園入口前へ駐車できそうです
でも、100%注意されないとは書けません
誰かに咎められても
ブログ管理人は責任を持てませんので
深萩公園の入口前へ車を駐車されるのなら
自己責任で、お願いします

深萩公園に設置されている遊具を紹介します
深萩公園6
鉄棒
深萩公園7
ブランコ
深萩公園8
滑り台
深萩公園9
砂場
深萩公園10
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具
深萩公園11
複合遊具には登り棒が付いています
深萩公園12
ちなみに、深萩公園にて
長女が血を吐いていたのは事実です
でも、のりゅが与えた課題が
原因ではありませんでした


深萩公園を目指していた車中
長女は「歯が、ぐらぐらする」と言って
抜けそうな乳歯を触っていました
そして、深萩公園へ入園して直ぐ
乳歯が抜けちゃったのでした


のりゅは長女に口をゆすぐことを命じました
そして、長女の口中の出血を止血するため
テッシュボックスのある
マイカーへ家族3名で戻りました

「長女の口の中の出血が止まるのを待ってから
深萩公園へ戻るのは正直めんどくさいな
次の登り棒のある公園へ行くべ」と考えた
ブログ管理人は次の目的地を目指すことにしました

といったところで、今回の回顧録終了です

深萩公園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト
はままつフラワーパーク フラワーイルミネーション2018
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録題870弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク」で開催されている
「フラワーイルミネーション2018」です
フラワーイルミ2018-1
今回記事を更新した2018年11月25日より
2日前と書きますか、一昨日の2018年11月23日
のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「はままつフラワーパーク」へおでかけ
同スポットで開催されている
「フラワーイルミネーション2018」
鑑賞してきました

(↑公式の参考動画、1分15秒あたりから歌が流れます)
「愛・おぼえていますか」

上記は、テレビアニメ「超時空要塞マクロス」
劇場版作品の副題であり
同作品の主題歌タイトルでもあります


愛を覚えているからこそ
のりゅは愛の結晶と一緒に
愛の想い出の地へ訪れ
愛の想い出のイベントを
鑑賞した
のでした

ここまで読んでくださった大半の方は
意味が分からないでしょうから説明いたしますね
今から十数年前、のりゅは
はままつフラワーパークの
イルミネーション鑑賞中に
マイハニーへ結婚を前提とした
お付き合いを申し込んだ
のです
愛を覚えているから、のりゅは
夫婦の愛の結晶たる娘達を連れて
愛の想い出のスポットで開催される
愛の想い出なイルミネーションを
鑑賞した
のでした

肝心の愛のパートナーが
おでかけ不参加でした!!


のりゅの愛のパートナーたる
マイハ二-は
イルミネーションを鑑賞する目的で
はままつフラワーパークへ
おでかけする予定日を
前々から何度も伝えてたのに
きれいさっぱり忘れていました
それがゆえ、マイハニーは
おでかけする予定日と同日に
ママ友とディナーする約束を交わし
悩むそぶりもなく
そちらへ行くことを選びました


上記だけを読んだ場合、マイハニーが
今年度は、たまたまミスしてしまったため
おでかけ不参加だったように思えるかもしれませんね

はままつフラワーパークへ
イルミネーション鑑賞目的で
おでかけした際の
我が花嫁の過去の所業

発表いたします


※2014年開催時
のりゅが、結婚を前提としたお付き合いを
申し込んだ想い出を語った際
マイハニーは上記の想い出を
きれいさっぱり忘れていました

(※クリックにて、2014年開催時の記事へ)

※2015年開催時、※2016年開催時
マイハニーは重い腰を上げての
おでかけ参加
でした
(※クリックにて、2015年開催時の記事へ)
(※クリックにて、2016年開催時の記事へ)

※2017年度開催時
マイハニーの重い腰が
ついに上がらなくなりまして
おでかけ不参加
でした
愛に誠実なのは、のりゅ
真なる「愛戦士」は、のりゅ…ということが
完全証明された年度
でもありました
(※クリックにて、2017年度開催時の記事へ)

今年度は前述したとおりです
我が花嫁は、年々順調に堕落していってますね~
来年度はどうなっちゃうんでしょうねぇ~?
安久路2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
「愛の試練」
「涙の数だけ強くなれるよ」
某ヒットソングのフレーズが有名ですね
絶叫アトラクションや
お化け屋敷等を通じて
子供を涙の数だけ強者へと成長させる
のりゅが実践する娘達を
愛するがゆえの教育方法
です
※これまでブログ上で、娘達に与えた
数多くの愛の試練の顛末をお送りしてきました
(※クリックにて、長女最新の愛の試練回顧録へ)
(※クリックにて、次女最新の愛の試練回顧録へ)
(※↑上記リンクは、愛の試練例です)

愛の落伍者(マイハニー)は
どちらが愛に真摯で
また、どちらの愛が正しいのかが
明らかなのに今年も変わらず
のりゅに対して、何度も
「アンタの愛は歪んでる」等の
戯言をほざきやがりました


ここまでの長々と書いた39歳男性が
自身の奥様相手に主張したいことを
超時空要塞マクロスの劇場版作品の副題
主題歌タイトルを模して
まとめさせてもらいますと…


「愛・おぼえていませんよね」
「愛・かたってんじゃねえよ」
「愛・※かえりみやがれ」

(※省みる→自分がしてきたことを振り返り反省すること)

上記3つとなります

はままつフラワーパーク
「フラワーイルミネーション2018」

(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5キロ(片道) 

到着時間目安 45分(浜松浜北IC付近から)

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 600台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

営業時間
3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

入園料
3月~6月 大人(高校生以上) 600円~1,000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人(高校生以上) 無料
小中学生 無料

10月~2月 大人(高校生以上) 500円、小中学生 無料
(園内で利用できる300円分のお買い物券付き!)

※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
フラワーイルミネーション開催期間
点灯時間  17:00~21:00 ※入園は20:30まで
2018年11月23日(金)~2018年1月6日(日)



フラワーイルミ2016-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

はままつフラワーパークで
見て楽しむことができる
季節の花々については
当ブログの専門外なので書きません

知りたい方は、ご自分で調べてくださいませ

はままつフラワーパーク(昼間)の
遊べる内容を知りたい方は
過去のおでかけ記事(クリックにて、参照記事へ)
読んでください

フラワーイルミネーションの会場は
だいたい赤枠部分です
フラワーイルミネーションの総電球数は約100万球
鑑賞料金は、中学生以下無料
大人(高校生以上)500円で
300円のお買い物券付!

とってもお得なイルミネーション開催スポットです

フラワーイルミネーション2018の開催期間は
2018年11月23日(金)~2018年1月6日(日)
2018年12月29~31日は
施設休園日なので開催されません

フラワーイルミ2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログを開設して以来
のりゅは、毎年鑑賞している
はままつフラワーパークで開催される
イルミネーションですが、今年度は
開催初日の点灯式へ参加してみました
…と書いても、のりゅは
施設関係者でも来賓でもありませんでしたゆえ
観客として見ていただけでした
フラワーイルミ2018-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパーク園長の挨拶が終わると
浜松市を拠点として活動するアイドル
※「H&A」様のライブを視聴することができました
(※クリックするとH&A様の公式ブログへ飛びます)

H&A様は、浜松市長や静岡県知事から
様々な役職を任命され地元を盛り上げるため
活動されている
とのことです
当ブログは、浜松市や静岡県における
レジャー情報を発信しており
ブログ運営者の自分は、微力とはいえ
地元を盛り上げるべく活動している
わけです
H&A様と自分は同志ですね~♪
フラワーイルミ2018-5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、施設関係者、来賓、H&Aの御二方
地元の幼稚園児数名が点灯スイッチを
押す直前の様子を撮影した写真です

上画像右は、公称電球数100万球が
一斉に輝いた瞬間を撮影した写真
です

上画像だけだと、ショボく見えるでしょうけれど…
フラワーイルミ2018-6
(上画像は、拡大表示可能です)
エントランス付近のイルミネーションを
全体的に撮影すると上画像な光景です

園内の電飾が一斉点灯して
フラワーイルミネーション2018の点灯式は終了しました
お客さんの大半は、イルミネーションを鑑賞するため
エントランスから移動し始めました
長女は立ち上がると
人の流れに従って移動しようとしたので
のりゅは制止しました

フラワーイルミ2018-7
「まずは、顔を拭け!」

口周りが、チョコまみれのまま
移動しようとしたアホ娘(長女)

のりゅは、ポケットテッシュを渡しました

点灯式の最中、上画像に写っているように
長女は、ヤンヤンつけボーを食していました
スティック菓子を切らしたのち
長女は、大衆の面前で
つけチョコをベロンチョ
してました
ゆえに、口周りがチョコレートまみれだったわけですね~
我が家の長女は、最低限の身嗜みや
周囲の目を気にしない
ずぶっとい10歳児なので~す…

フラワーイルミ2018-8
長女が口周りを綺麗したのを確認したのち
エントランス付近から移動しました

上画像は、エントランスから少々歩いた付近にある
はままつフラワーパーク園内施設の1つ
「カフェ“ハミング”」です
営業時間外だったようですが
2階バルコニーへ上がることができました
フラワーイルミ2018-9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、カフェ“ハミング”の2階バルコニーから
撮影したエントランス付近のイルミネーションです
フラワーイルミ2018-11
(上画像は、拡大表示可能です)
カフェ“ハミング”の2階バルコニーから下りたのち
ライトアップされた「噴水池」を眺めながら順路を移動
フラワーイルミ2018-12
(上画像は、拡大表示可能です)
2016年から導入された上画像のイルネーション
フジ棚の光のトンネルへと入りました
フラワーイルミ2018-13
上画像は、フジ棚の光のトンネル内部です
フラワーイルミ2018-14
フジ棚の光のトンネルを抜けたあたりには
上画像の天使の羽なイルミネーションがありました
過去のおでかけ見た記憶がないので
今年から導入されたイルミネーションかもしれません
フラワーイルミ2018-15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「クリスタルパレス(大温室)」までにある
イルミネーションの数々です
前年度からの流用なイルミネーションが多く
「今年もあるな~」程度の感想で
流し気味に鑑賞していたのですが…
フラワーイルミ2018-17
上画像のイルミネーションが施された丘を見て
のりゅは大いに驚きました
フラワーイルミ2018-18
(上画像は、拡大表示可能です)
正確に書くと丘に設置されている看板を見て
のりゅは、大いに驚きました

丘は「木下惠介の丘」と名付けられていました
木下惠介氏は浜松市出身の超有名な映画監督であり
様々な映画賞を受賞した実績がある他
紫綬褒章、勲四等旭日小綬章の受章者でもあり
文化功労者にも選出されています
そういった経歴もスゴいわけですが
もっとスゴいのは同年デビューの監督にして
終生のライバルとして競い合い
世の評価や人気を2分したのは
あの「黒澤明」監督とのことです

そんな偉大な方を称えて
名付けた丘が、はままつフラワーパークに在ることを
2014年~2017年まで年1回以上
同スポットへおでかけしているのに気付かず
2018年11月23日来園時、初めて気が付きました
のりゅが気づけた理由は、2018年8月21日に
静岡県浜松市中区にある
「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
おでかけしたからですね
おでかけしまくっているおかげで
のりゅは知らず知らずのうちに
知識を高め、気づく力も高め
人として成長していたんですね~♪
ならば今後も、おでかけに
励みまくらないといけませんね~☆

フラワーイルミ2018-20
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クリスタルパレス内のイルミネーションと
記念撮影スポットです
フラワーイルミ2018-20-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、フラワーイルミネーションの目玉?
クリスタルパレス内にある高さ8mのモミの木ツリー
周辺のイルミネーションです
フラワーイルミ2018-20-2
(上画像は、拡大表示可能です)
モミの木ツリー付近は
ナイトコンサートの会場でもあります

ナイトコンサート
開催日 2018年12月の土日祝日
開催時間 1回目18:00~18:30 
       2回目19:00~19:30


イルミネーションを鑑賞しながらの
コンサートに興味がある方は開催日時に注意して
はままつフラワーパークへおでかけしてくださいませ
フラワーイルミ2018-22
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クリスタルパレスを退場
エントランスまで戻ってくる間にあるイルミネーション
別角度から撮影した噴水池(上画像上右)
ライトアップされたフラワートレイン(上画像下右)です

上画像上段の次女の顔(赤矢印付近)が
周囲が暗いにもかかわらず
そこだけ明るくて、はっきりと写っていることが
分かっていただけるでしょうか?
秘策
(上画像は、拡大表示可能です)
1つ前の画像の上段は数年前に考案した
秘策(上イラスト)を用いて撮影しました
※秘策は、イルミネーションを綺麗に写しながら
人の顔をはっきりと写して写真撮影したい時に
けっこう有効な手法
です
(※カメラのフラッシュを使用して写真撮影すると
人の顔は、はっきり写っても
イルネーションの光を相殺してしまいますね)
秘策の欠点は、同様な手法で
写真撮影している人は
たぶんいないでしょうから
周囲に居る方に奇異な目で
見られちゃう可能性があること
です

のりゅは、ずぶっとい長女と違って
周囲の目が気になっちゃう
恥ずかしがりやさん♡
です

この日は、フラワーイルミネーション2018の
開催初日だったので、お客さんがそこそこ居ました
秘策を用いるにあたって
1番目立つであろう
ライトを持ち照らす役は
絶対やりたくありませんでした

フラワーイルミ2018-24
よって、適任者(長女)に
ライトを持ち照らす役を
担ってもらってました


といったところで、今回の回顧録終了です

はままつフラワーパークで開催されている
フラワーイルミネーション2018
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
志都呂公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第868弾は、静岡県浜松市西区にある
「志都呂公園」です
志都呂公園1
毎年8月21日は「静岡県民の日」
普段は入場有料なスポットが
無料開放されたりする日
です
ゆえに、2018年の静岡県民の日
のりゅは娘達を引き連れ、静岡県浜松市内の


西区にある「中村家住宅(紹介記事へ)」
中区にある「加茂真淵記念館(紹介記事へ)」
中区にある「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
中区にある「浜松城天守閣(紹介記事へ)」
西区にある「浜名湖館山寺美術博物館(紹介記事へ)」
北区にある「気賀関所(紹介記事へ)」

上記6スポットを巡りました

さらにそれとは別に、同日
浜松市内の公園を5スポットも
巡っちゃっていたのでした

つまり、1日で11スポットも
巡っちゃった
わけですね~
何の準備もなく、おでかけをして
11スポットも巡れたわけではありません…

※綿密に練られ構築された計画の下
のりゅだからこそ成しえた成果
です
(※計画の詳細、のりゅだから成しえた理由を
知りたい方は、クリック先の記事序文を読んでね
2018年静岡県民の日に巡った
公園回顧録シリーズを第1回目から読みたい方も
クリックすれば、その記事へ飛びます)


…というわけで、2018年静岡県民の日おでかけした
静岡県浜松市の公園回顧録シリーズ

第4回目の舞台は、静岡県浜松市西区にある
「志都呂公園」です
志都呂公園2
(上画像は別スポットに設置されている遊具です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、静岡県浜松市中区にある
「小豆餅公園(紹介記事へ)」
「代官平公園(紹介記事へ)」に設置されている
ロケット型複合遊具です

今回記事の舞台、志都呂公園にも
上画像のロケット型複合遊具が
設置されているとの情報を入手
した
のりゅは、同公園へおでかけしました

志都呂公園にて
目当てとしていた遊具を見た自分は


「…っ!?まさか
飛んで無くなったぁー!?」


驚き混乱のあまり
常識的にありえない上記なことを考え
空を見上げてしまいました


ロケット型複合遊具が
撤去されていた!…なんて
くだらないオチではありません


さて、この時の自分が
同公園にて何を見たのか?

回顧録本文にて発表いたします

志都呂公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 25キロ(片道)

到着目安 50分

駐車場 ありません

所在地 〒432-8066 静岡県浜松市西区志都呂町532

電話 管理団体がわかりません


志都呂公園には駐車場がありません
誰かに連れて来てもらえるのなら
ソレが1番のアクセス方法です

同公園に設置されている遊具を紹介します
志都呂公園3
鉄棒
志都呂公園4
ブランコ
志都呂公園5
砂場

そして、志都呂公園に設置されている
残り1基の遊具こそが
のりゅが目当てとしていた
ロケット型複合遊具
なわけですが
その一部が上画像の端っこに
写っていますね~


ロケット型複合遊具が
撤去されていた!…なんて
くだらないオチでは無いことが
証明されましたね~

志都呂公園2
(上画像は別スポットに設置されている遊具です)
(上画像は、拡大表示可能です)
小豆餅公園、代官平公園が有する
ロケット型複合遊具とは異なり…

志都呂公園6
ロケット型複合遊具の
※上部が無かった
のでした!!

(※上画像黒矢印部分を参照)

「…っ!?まさか
飛んで無くなったぁー!?」


上画像の遊具の状態を見て
のりゅは、驚き混乱のあまり
常識的にありえない上記なことを考え
空を見上げてしまったのでした




ロケット型複合遊具が
撤去されていた!…なんて
くだらないオチよりも

今回記事のオチは
皆様的に、くだらないオチ
だったりしますでしょうか~?


まぁ~たいぶ誇張なことを書きましたが
志都呂公園へおでかけして、のりゅが
ロケット型複合遊具の上部が無いことに
少々驚いたことは事実です
それだけが、志都呂公園での思い出だったりします

といったところで、今回の回顧録終了です

志都呂公園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
小山地区遊園地へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

毎年8月21日は「静岡県民の日」
普段は入場有料なスポットが
無料開放されたりする日
です
ゆえに、2018年の静岡県民の日
のりゅは娘達を引き連れ、静岡県浜松市内の


西区にある「中村家住宅(紹介記事へ)」
中区にある「加茂真淵記念館(紹介記事へ)」
中区にある「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
中区にある「浜松城天守閣(紹介記事へ)」
西区にある「浜名湖館山寺美術博物館(紹介記事へ)」
北区にある「気賀関所(紹介記事へ)」

上記6スポットを巡りました

さらにそれとは別に、同日
浜松市内の公園を5スポットも
巡っちゃっていたのでした

つまり、1日で11スポットも
巡っちゃった
わけですね~
何の準備もなく、おでかけをして
11スポットも巡れたわけではありません…

※綿密に練られ構築された計画の下
のりゅだからこそ成しえた成果
です
(※計画の詳細、のりゅだから成しえた理由を
知りたい方は、クリック先の記事序文を読んでね
2018年静岡県民の日に巡った
公園回顧録シリーズを第1回目から読みたい方も
クリックすれば、その記事へ飛びます)


…というわけで、2018年静岡県民の日おでかけした
静岡県浜松市の公園回顧録シリーズ

第3回目の舞台は後述しますので
読み続けていただければ判明します

舘山寺美術2
上画像は、浜松市西区ある遊園地
「浜名湖パルパル(紹介記事へ)」
です

2018年8月21日、娘達を引き連れ
静岡県浜松市内11スポットを巡った日
のりゅは、移動中の車中にて


浜松市西区にある遊園地へ
遊びに行くぞ!
楽しみにしとけ!」


上記の言葉を含めて
思わせぶりな発言を連発
娘達が浜名湖パルパルへ
遊びに行くのだと
思い込むように仕込み
をしました

舘山寺美術3
実際におでかけしたのは
浜名湖パルパルと
道路を挟んで隣接するスポット

浜名湖館山寺美術博物館(紹介記事へ)
だったのでした!

娘達をからかい楽しんだわけですね~☆

でも、娘達への仕込みに使った

浜松市西区にある遊園地へ
遊びに行くぞ!
楽しみにしとけ!」


上記の発言は
嘘ではありませんでした

なぜならば…
小山地区遊園地1
浜名湖館山寺美術博物館へ
来館する前に

今回記事の舞台にして回顧録第867弾の舞台
浜松市西区にある
「小山地区遊園地」へ娘達を
連れて行ってあげたから
で~す

小山地区遊園地

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 26キロ(片道)

到着目安 50分

駐車場 敷地内へ駐車できます

所在地 〒431-0102
静岡県浜松市西区雄踏町宇布見4637−4
※隣接する会社の所在地です
小山地区遊園地は、道路を挟んで反対側にあります

電話 管理団体の電話番号がわかりません


小山地区遊園地2
上画像は、小山地区遊園地です
スポット名の一部が「遊園地」と名付けられていても
小山地区遊園地は、ご近所レベルの公園です

小山地区遊園地へ車でおでかけした場合
敷地内へ駐車することができます

同スポットに設置されている遊具を紹介します
小山地区遊園地3
鉄棒
小山地区遊園地4
ジャングルジム
小山地区遊園地5
2方向にスライド可能な滑り台
小山地区遊園地6
砂場
小山地区遊園地7
ブランコ
小山地区遊園地8
多人数で乗れるスライド遊具

上画像に写っているように
娘達は、浜松市西区にある
小山地区遊園地の
遊具で遊んでいました


浜松市西区にある遊園地へ
遊びに行くぞ!
楽しみにしとけ!」


上画像を撮影した時は
のりゅの上記発言が
完全無欠に嘘で無くなった時
でもありました

小山地区遊園地に設置されている遊具は以上です

小山地区遊園地は
今回記事のジョークのためだけに
おでかけしたスポット
でした
よって、長居をする理由がなかったので
遊具を写真撮影、ちょっと遊んで短時間で退園しました

といったところで、今回の回顧録終了です

小山地区遊園地
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
浜名湖館山寺美術博物館へ来館
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第844弾は、静岡県浜松市西区にある
「浜名湖館山寺美術博物館」です
舘山寺美術1
静岡県民の皆様、毎年8月21日が
「静岡県民の日」なことを
ご存知ですか?

中村家住宅1
静岡県民の日は
県内の入場有料スポットが
無料開放される日
だったりするのです

2018年の静岡県民の日、のりゅは
自身の価値観において
入場無料であっても
おでかけする気にならない施設

ブログネタにできることを
メリットとして自身に言い聞かせ
萎える気力を奮い立たせたのち
1日で6スポットも巡っちゃった
のでした!

そんなわけで
※2018年静岡県民の日の
おでかけ回顧録シリーズ(全6回)

第5回目の舞台
静岡県浜松市西区にある
「浜名湖舘山寺美術博物館」です
(※クリックにて、シリーズ第1回目の回顧録へ)
舘山寺美術2
上画像は、静岡県浜松市西区にあり
浜名湖の湖畔にある遊園地
「浜名湖パルパル(紹介記事へ)」
です

「午後からは、パルパル…
の近く(小声)へ行くぞ~!」
(↑4番目の目的地を終えた時
娘達相手に発した39歳男性の発言)

「夏休みのパルパルは
15時から入ると、フリーパスが
かなり安く買えるんだぞ~」

(↑39歳男性は、道中の話題として娘達に
地元の遊園地のお得な情報を教えてあげました)

浜名湖館山寺美術博物館から
道路を挟んだ反対側にある遊園地

浜名湖パルパルへ
遊びに行くと思い込んでいた娘達は
わりとゴキゲンな様子でした~☆


浜名湖館山寺美術博物館
「時わすれ開華亭」HPの紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 23.5キロ(片道)

到着目安 45分

駐車場 5台 無料
※満車の場合は、舘山寺温泉の旅館
時わすれ開華亭の駐車場を利用可

所在地 〒431-1209 
静岡県浜松市西区館山寺町3313-1

電話 053-487-1513

定休日 水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
展示入替日、年末年始

営業時間 8:30~17:00

入館料 一般300円、高校生・大学生150円
※中学生以下は無料


舘山寺美術3
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
浜名湖館山寺美術博物館は
回顧録序文で書いたとおり
浜名湖パルパルと道路を挟んでの
隣接立地のスポット
です

長女「パパ!
パルパル行かないの!?」


次女「パルパルで遊びたい!」

浜名湖館山寺美術博物館へ入館前の
娘達の驚き&懇願の表情や声が
のりゅ的に堪りませんでした☆


「まずは、こっちからね♪」

のりゅは、上記言葉で娘達を諭したのち
同施設へ入館しました
舘山寺美術4
2018年静岡県民の日は無料開放されましたが
浜名湖舘山寺美術博物館の
通常の入場料金は、一般300円
高校生・大学生150円、中学生以下無料

舘山寺美術5
(上画像は、拡大表示可能です)
建物1階は、カフェスペース&ギャラリー(入場無料)
建物2階が、浜名湖舘山寺美術博物館です
舘山寺美術5-1
上画像は、建物2階へ上がって直ぐの辺りです

上画像黒矢印方向へ進んだ先が下画像左
上画像赤矢印方向へ進んだ先が下画像右です
舘山寺美術5-2
(上画像は、拡大表示可能です)
まぁ~正直書いて、展示物を収めたガラスケース前を
立ち止まらずに歩いて観覧したら
1分かからないのでは?な規模の美術博物館です
しかし、展示内容は素晴らしい
…ようです
素晴らしいと断言できないのは
ブログ管理人は、歴史的美術品&博物品を
得意気に解説できるほど知識がないからです

浜名湖舘山寺美術博物館で展示されている
歴史的美術品&博物品を
いくつか画像掲載して紹介しますので
皆様が、その価値を判断してください
舘山寺美術6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、学校の教科書にも登場する
江戸時代の美術家「尾形光琳」作の
十二ヶ月図屏風
舘山寺美術7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、戦国時代の大名にして裏切り者で有名な
「松永久秀」が所有していた茶釜であり
同じく戦国時代の大名にして
三英傑の1人「織田信長」が欲した茶釜、平蜘蛛釜
松永久秀は、平蜘蛛釜に火薬を詰め込み
日本で最初に爆死した男らしいです
それで、焼け跡から織田信長が平蜘蛛釜を探し出し
復元したモノが上画像の品らしいです
舘山寺美術8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、戦国時代の大名家
前田家が所有していた蒔絵文箪笥です
舘山寺美術9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は「聖武天皇」の妃
「光明皇后」が所持していたとされる
北方便法身尊如来です

上画像右は、戦国時代の大名にして三英傑の1人
「豊臣秀吉」の邸宅で使用されていた鏡台です
舘山寺美術10
(上画像は、拡大表示可能です)
他にも武器、防具等が展示されていました

浜名湖館山寺美術博物館は
舘山寺温泉の旅館である時わすれ開華亭が所持する
歴史的美術品&博物品を展示しているとのことで
季節ごとに展示内容を変更するそうです
のりゅは、同施設の有名展示物の1つ
織田信長書状を探したのですが
見つけることができませんでした
受付スタッフの方に質問してみたところ
この時は展示していないとのことでした

そんなこんなで
ブログ管理人は、観覧時間数分で
浜名湖館山寺美術博物館を退館
しました

長女「パパ!次は
パルパルへ行くんだよね?」


長女に上記の質問をされました

「行かないですわ~♡」

満面の笑みを浮べた
39歳男性の返答は上記
でした☆

といったところで、今回の回顧録終了です

浜名湖館山寺美術博物館
興味を惹かれましたら来館してみてね☆
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.