FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
はままつフラワーパーク(2019年6月) こども広場編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第981弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク(2019年6月)」の
「こども広場編」です
はまフラこども2019-1
2019年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のKGO君と
彼の娘の1人であるLちゃんに同行してもらい
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「はままつフラワーパーク」
おでかけしました
浜松フラワー2019-5
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・園内観覧編」では
はままつフラワーパークの施設概要と
園内の見所(一部)を紹介、思い出を振り返りました

今回記事は「こども広場編」です
上画像マップの現在地と記されている場所にある
「こども広場」にて楽しめる
遊園地的アトラクション&遊具を紹介

思い出を振り返ります

はままつフラワーパーク
(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5㎞(片道) 

到着時間目安 45分

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 537台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

こども広場の営業
12月~2月間は、土・日・祝日のみ


営業時間
3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30

入園料
3月~6月 高校生以上600円~1000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人&子供無料

10月~2月 高校生以上500円
(園内で利用できる300円分のお買い物券付)
小中学生無料
※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
セット訪問候補
浜松市動物園(クリックで、紹介記事へ) すぐ隣


はまフラこども2019-2
(上画像は、拡大表示可能です)
アニメのれるランド
利用条件 3歳以下は保護者の同伴が必要
利用料金 1台200円


アニメのれるランドのライドはレール上を走行します
ライドは、1台1回200円です
1名で乗っても、2名で乗っても
1台1回200円
です

アニメのれるランドは
ブログ管理人的に
ときめきポイント満載の
アトラクション
です
はまフラこども2019-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はまフラこども2019-4
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログ管理人ときめきポイント①
乗れるアニメキャラクターが不明


上画像2枚に写っているのは
のれるアニメランドにて
乗れるライドの数々
です
はまフラこども2019-5-1
(上画像右は別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
アニメのれるランドにて乗れるキャラクターは
超有名機関車キャラクターではないですし
その仲間達なキャラクターでもないです


ブログ管理人は、オタな人物であり
アニメには、それなりに詳しいと思ってますが
アニメのれるランドのライドに
採用されているキャラクターを知らないですし
調べても分かりませんでした


アニメキャラクターなのか?が
疑わしいし、そもそも
はままつフラワーパーク以外
存在するキャラクターなのか?も
疑わしいのに【アニメのれるランド】と
アトラクション名を名付けていることが
ブログ管理人的に堪んない
のです
はまフラこども2019-6
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログ管理人ときめきポイント②
1回稼動で全ライドが動く仕様

(↑上画像赤矢印部分を確認ください)

アニメのれるランドは
1台しか客が乗っていなくとも
1回の稼働で全ライドが動く仕様
です

次女とLちゃんが笑顔で楽しんでいた
微笑ましい光景だったのに
一抹の寂しさを覚えれたことが
ブログ管理人的ときめきポイント
でした
はまフラこども2019-8
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログ管理人ときめきポイント③
コース脇に設けられているオブジェ


ノルウェーの画家の
「エドヴァルド・ムンク」「叫び」
描かれている人状態なサルのオブジェと
※上画像右に写る
マヌケ面なゾウのオブジェを見た時
ブログ管理人は胸の高鳴りを覚えました

(※もう1基ゾウのオブジェがあるのもポイントでした)
はまフラこども2019-9
動物なオブジェに交じって
宇宙船のオブジェも設置されてます

ジャンルを問わず、アレコレ置いていることに
ブログ管理人は胸の高鳴りを覚えました

はまフラこども2019-10
メルヘン造詣の城のオブジェが
最高に堪んなかった♡
です
はまフラこども2019-11
メルヘン造詣の城のオブジェは
元コイン電動遊具
です

はままつフラワーパークの
※リュース(Reuse)な精神に
ブログ管理人は大きな
胸の高鳴りを覚えました

(※リュース→繰り返し使う、再使用する)

アニメのれるランドは、見るのも乗るのも楽しい
ブログ管理人的超オススメアトラクションです♪

はまフラこども2019-12
観覧車
利用条件 6歳以下は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円

はまフラこども2019-12-1
(上画像は、娘に撮影してもらいました)
(上画像は、拡大表示可能です)
それほど高くない観覧車ですが浜名湖が見えますし
296-8.jpg
(上画像は、2015年冬に撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
運が良ければ富士山(上画像赤枠部分)が見えます

そんな観覧車をブログ管理人は
KGO君と男2人で楽しもうと考えて
「一緒に乗りますぅ~?」と
誘ってみましたが断られてしまいました

なので、ブログ管理人は
この時のおでかけにて観覧車に乗りませんでした
はまフラこども2019-13
おもしろじてんしゃ
利用条件 身長100cm以上は1人でOK
身長100cm以下は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円/10分

はまフラこども2019-14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っているヘンテコな自転車に乗り
周回コースを走行して楽しめます

ブログ管理人は、おもしろじてんしゃを
利用しませんでした
はまフラこども2019-15
ふわふわ
利用条件 3歳~10歳
利用料金 1人1回200円/10分


跳ねて駆け回って遊べますが
利用できるのは、3歳~10歳の子供のみです
はまフラこども2019-16
ふわふわ内部は、上画像であり
アスレチックな要素はありません

上画像に写っているのは次女&Lちゃんです
同年齢&同学年(8歳&小3)女児コンビは
とても仲良く遊んでいたのですが

はまフラこども2019-17
(上画像は、拡大表示可能です)
長女(10歳、小5)は、割り込めず
Lちゃんと遊ぼうと試みたけれど
そのたび、次女に邪魔されたこともあり
1人遊んでいました


そんな長女を見かねたKGO君が
「可哀想だよね」と発言したこともありまして
大人2名が長女へ
サービスしてあげることにしました

はまフラこども2019-18
(上画像は、拡大表示可能です)
KGO君が長女相手にしてあげたサービスは
上画像のバッテリカー乗場にて
はまフラこども2019-19
女児2名には内緒で
バッテリカーを乗せてあげたこと
でした
はまフラこども2019-20
のりゅが長女相手にしてあげた
サービスは、アニメのれるランドに
一緒に乗ってあげたこと
でした

はままつフラワーパーク、こども広場での
思い出は以上ということで
ここからは、遊べる内容のみを紹介します
はまフラこども2019-21
(上画像は、拡大表示可能です)
コイン電動遊具
はまフラこども2019-22
(上画像は、拡大表示可能です)
恐竜型複合遊具

遊具内容は、長い距離のローラー滑り台
螺旋状の滑り台、リングジム
はまフラこども2019-23
(上画像は、拡大表示可能です)
普通の滑り台(尻尾部分)です
はまフラこども2019-24
アスレチック遊具①
はまフラこども2019-25
アスレチック遊具②
はまフラこども2019-26
(上画像は、拡大表示可能です)
国鉄浜松工場制作の蒸気機関車(第1号)

運転席部分は乗ることができます

はままつフラワーパーク、こども広場の
遊べる内容は以上となりますが
今回記事のトップ画像に写る階段を下りて
少し歩いた場所に
はまフラこども2019-27
上画像の複合遊具
はまフラこども2019-29
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像のスプリング遊具が設置されてます

といったところで今回の回顧録終了
はままつフラワーパークが舞台の回顧録も終了です

はままつフラワーパーク
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト
はままつフラワーパーク(2019年6月)  施設概要・園内観覧編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第980弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク(2019年6月)」の
「施設概要・園内観覧編」です
浜松フラワー2019-1
2019年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のKGO君と
彼の娘の1人であるLちゃんに同行してもらい
おでかけしました
浜松フラワー2019-2
(上画像は、拡大表示可能です)
最初の目的地は、静岡県袋井市にある
世界150品種・200万株の百合を観覧できる花園
「可睡ゆりの園(紹介記事へ)」でした
(※可睡ゆりの園と隣接立地の寺院
「可睡斎(紹介記事へ)」は有料駐車場を利用して
お参りしないのは勿体無いと考えて参拝したので
目的地ではありませんでした)

遊具が一切無い花園たる可睡ゆりの園に対して
ブログ管理人は、あまり興味を抱けませんでした
でも、たまたま無料招待券を入手して
利用可能期日が迫っており
使わないのは勿体無いと考えたことから
可睡ゆりの園へおでかけしました
加茂荘2019-1
第2の目的地は、静岡県掛川市にある
花菖蒲、アジサイ、ダイアモンドリリーなどの
花々を観覧できるスポット

「加茂壮花鳥園(紹介記事へ)」でした

加茂壮花鳥園は、おでかけした段階では
遊びに行く予定はありませんでしたけれど
移動中の車中における
ブログ管理人とKGO君との会話を切っ掛けに
Lちゃんと娘達が「行きたい」と言い出して
特に反対する理由が無かったことから
おでかけしました
浜松フラワー2019-3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、この日最後の目的地こそが
静岡県浜松市西区にある
四季折々の約3000種の草花を
楽しめる植物園な今回記事の舞台

「はままつフラワーパーク」でした
浜松フラワー2019-4
はままつフラワーパークは可睡ゆりの園と同じく
たまたま無料招待券を入手して
利用可能期日が迫っており
使わないのは勿体無いと考えたことから
おでかけしました

ここまで説明したとおり様々なことが重なって
のりゅ(+おでかけメンバー)は
1日で3スポットも花の名所へ
おでかけしちゃいました


「ふん、この我が花の名所を
1日で3スポットも巡っちまうとはな…
まったく、タチの悪いコメディーだぜ」

(↑はままつフラワーパークへ入園する前段階の
ブログ管理人脳内の声)

ブログ管理人は
【花】を慈しむ感性に乏しい自分が
1日で3スポットも【花】の名所へ
おでかけしちゃった結果を
省みたところ可笑しくなり
自身をあざけり笑う意味を込めて
【鼻】で笑った
のでした

はままつフラワーパーク
(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5㎞(片道) 

到着時間目安 45分

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 537台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

こども広場の営業
12月~2月間は、土・日・祝日のみ


営業時間
3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30

入園料
3月~6月 高校生以上600円~1000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人&子供無料

10月~2月 高校生以上500円
(園内で利用できる300円分のお買い物券付)
小中学生無料
※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
セット訪問候補
浜松市動物園(クリックで、紹介記事へ) すぐ隣


浜松フラワー2019-5
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

敷地面積は30万㎡(東京ドーム6.4個分)の
はままつフラワーパークは

回顧録序文で前述したとおり
四季折々の約3000種の草花を
楽しめる植物園
です

草花を楽しむだけでなく
はままつフラワーパーク園内にある
「こども広場」へ行けば遊具だったり
遊園地的アトラクションを楽しめます


こども広場にて楽しめる
遊具&遊園地的アトラクションの数々は
次回の
「こども広場編」にて詳しく紹介します

フラワーイルミ2018-20-1
(↑フラワーイルミネーションの参考画像です)
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワーイルミ2018-11
(↑フラワーイルミネーションの参考画像です)
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークは
毎年11月後半~1月上旬にかけて
総電球数約100万球の光の祭典

※フラワーイルミネーション
開催されるスポット
でもあります
(※クリックにて前年度開催の回顧録へ飛びます)

そんなはままつフラワーパークの
駐車料金は、1台1回200円
入園料金は、季節ごとに変動します
7月~9月間は
大人も子供も入園無料
でございます

はままつフラワーパークの施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・園内観覧編」です
ここからは副題の残りということで
はままつフラワーパーク園内(一部)を紹介
思い出を振り返ります
浜松フラワー2019-6
浜松フラワー2019-7
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワートレイン
利用料金 高校生以上100円、3歳~中学生50円


はままつフラワーパークマップに載っている
点線ルートを走る園内バスです
約15分かけて1周します
途中で降りることも可能なので
広大な敷地の移動手段としても使えます
浜松フラワー2019-9
はままつフラワーパークへ娘達を引き連れ
おでかけした回数は、この時通算8回目でした

なのに、フラワートレインに
乗ったのは、この時が初でした☆

(↑フラワートレインが動いていない
イルミネーションを観覧しに行った回数が6回
2015年冬、昼間に来園した時は乗りませんでした)
浜松フラワー2019-10
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワートレイン乗車中、運転手さんが
見頃の花について音声案内してくれました
浜松フラワー2019-11
フラワートレインを降りたのちは
園内の池で一定時間ごとに始まる
大噴水ショーを観覧しました
浜松フラワー2019-12
(上画像は、拡大表示可能です)
大噴水ショーは、噴水だけでなく
上画像右に写っているミストな演出もあります
浜松フラワー2019-13
大噴水ショーを見終えたのちは
大温室(クリスタルパレス)を目指して移動しました
浜松フラワー2019-14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室(クリスタルパレス)へ向かうまでの道中
写真を撮ってもらうことが好きらしい(←KGO君曰く)
Lちゃん(上画像黒矢印部分に写る女児)は
様々な植物の展示物の前でポージング
KGO君に撮影してもらいまくってました
浜松フラワー2019-15-0
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室(クリスタルパレス)内でも、Lちゃんは
KGO君に撮影してもらいまくってました
浜松フラワー2019-15-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像赤矢印部分に写る
Lちゃんの女優 or アイドルに
なりきったかの如きポージング
を見て
加茂屋敷18
(↑下記の遊びの参考画像です)
(上画像は、拡大表示可能です)
「ぬぅ!我考案の遊び
『古民家で物想いに耽る
※風雅な美壮年ごっこ』

匹敵するクオリティ!!」

(※風雅→高尚で、みやびな趣のあること)

約40歳男性(ブログ管理人)は
8歳女児(Lちゃん)の
今後伸びてゆくであろう
ポージング遊びの実力に
恐れ戦かされてしまったのでした

浜松フラワー2019-17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみに、Lちゃんは
上画像赤矢印部分に写っているような
お茶目なポージング遊びも恥ずかしがらず
やってしまう8歳女児
です
浜松フラワー2019-18
Lちゃんは、ブログ管理人が
「おっぱいをタッチしている写真を
撮らせてくれるかい?」と頼んでも
快く応じてくれる8歳女児
です

上画像を撮影したのち、のりゅ達は
大温室(クリスタルパレス)を退室しました
浜松フラワー2019-18-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみの情報となりますが
大温室(クリスタルパレス)内には
カフェがあり、上画像に載っている
バラのソフトクリームを購入することができます
ここでしか食べられない一品とのことです
浜松フラワー2019-19
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室(クリスタルパレス)を退室したのちは
ローズガーデンへ移動しました

ブログ管理人は、Lちゃん&次女に
ぶりっ子ポーズをやってもらい
上画像を撮影しました


「さぁ~KGO君~♪
バラに囲まれたシュチュエーションで
※美壮年2人で
イケメンポーズをして
写真を撮ってもらおうぜぇ~☆」

(※美壮年2人→のりゅとKGO君のことです)

上画像を撮影したのち
ブログ管理人は、KGO君に
上記の提案をしました


恥ずかしがり屋さんのKGO君には
お断りされちゃいました…(哀)

浜松フラワー2019-20
ブログ管理人はKGO君に
断られることを想定していました


提案して断られる前に
カメラを長女に渡しておきまして
バラに囲まれたシュチュエーションで
美壮年2人イケメンポーズはムリでも

バラに囲まれたシュチュエーションで
美壮年2人じゃれ合う様

撮影してもらいました~♪

上画像は、まさしく
【絵にも描けない美しさ】ですね!

浜松フラワー2019-21new7
(上画像は、拡大表示可能です)
ローズガーデンにて遊んだのち
メインエントランス内のカフェレストランに売っている
プレミアム生クリームソフト「CREMIA(クレミア)」
購入したのち堪能しました

CREMIA(クレミア)は
ソフトクリーム総合メーカー
「日世」
技術の粋を集めて生み出した
プレミアムソフト
です
(↑クリックすると紹介サイトへ飛びます)

はままつフラワーパークの
CREMIA(クレミア)販売価格は、1つ500円
です
(↑他スポットでの販売価格も、たいがい1つ500円)

以前は、ミルク味しかなかったのですが
チョコ味&ミックス味も販売開始されたとのことです
浜松フラワー2019-22
牛乳嫌いの長女は
濃厚なミルク味のCREMIA(クレミア)が
食べられないのですが
チョコ味なら食べられました


「『チョコなら食べられるかも…
挑戦してみる』とか言いやがって
1つ500円もするんだぞ!
チャレンジ精神を持つなら
スペックの高いジェットコースターが
お化け屋敷に対して持てよ!」

(↑上画像を撮影した時のブログ管理人脳内の声)

といったところで、今回の回顧録終了です

はままつフラワーパーク
次回へ続きます☆
緑ヶ丘第1公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第959弾は、静岡県浜松市西区にある
「緑ヶ丘第1公園」です
緑第1公園1
2019年3月初め、のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市内の公園を巡りました
その時の公園巡りにおける第2の目的地が
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「緑ヶ丘第1公園」でした

ちなみに、2019年3月初めに巡った
静岡県浜松市内の
公園おでかけ回顧録シリーズは
今回記事を含めて、あと4回続きます


「バカどもよ!
次に遊びに行く公園で
我ら部隊が遂行せねばならない
作戦名を伝える!しかと聞けぃ!」


緑ヶ丘第1公園へおでかけする前の車内にて
部隊長(のりゅ)は上記を通告しました

「作戦名は『稲妻』だ!!」

部隊長(のりゅ)は作戦名を発表したのち
無能な部下ども(娘達)
作戦の内容を通告したのでした


緑ヶ丘第1公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 19.5km(片道)

到着目安 40分

駐車場 ありません

所在地 〒431-1111
静岡県浜松市西区伊左地町2091−73

電話 管理団体不明



上マップの場所に、緑ヶ丘第1公園はあります

住宅に囲まれた場所にある
緑ヶ丘第1公園には駐車場が無く
公園周り道路の幅は狭い
です

そんな緑ヶ丘第1公園付近まで
車で、やって来てしまったがゆえ


入園→遊具撮影→退園

のりゅ達は上記の行動を
早く済まさねばならなかった
のでした

作戦名「稲妻」スタート!!

のりゅ達は、マイカーを降りたのち
緑ヶ丘第1公園へ
ダッシュで入園しました

緑第1公園2
スプリング遊具、鉄棒

「遊具の写真を撮るぞ!
次女よ!乗れぃ!!」

緑第1公園3
斜面に設置されている滑り台&登って遊べる遊具

緑ヶ丘第1公園へおでかけすることを決めた
きっかけとなった遊具です
ブログ管理人は、緑ヶ丘第1公園へ
おでかけした記念に、1回だけ滑りました
緑第1公園4
砂場

「遊具は以上だな…
よし!作戦は終了だ!
ダッシュで車へ戻るぞ!」


のりゅ達は、3分弱で
緑ヶ丘第1公園を退園
しました
緑第1公園5
長女「おかえり~」

当ブログのブログ名は
「こどもとおでかけ回顧録」
です

我が子を1名引き連れ
おでかけすれば
ブログ名的に問題無いわけであり
我が子を2名引き連れ
おでかけする必要は無いのです


さらに書くのなら
作戦名
「稲妻」
滞りなく遂行するのなら
率いる無能な部下は
少ない方が得策でした


ゆえに部隊長(のりゅ)は
無能な部下①(長女)は
マイカーに待機させておき
無能な部下②(次女)のみ率いて
緑ヶ丘第1公園へ入園したのでした


皆様「なんという冷静で
的確な判断力なんだ!!」


上記は、皆様が
のりゅに対して抱いたであろう
感嘆の言葉を予想して書いた記述
です

といったところで、今回の回顧録終了です

緑ヶ丘第1公園
ゆっくり滞在して遊びたいのなら
誰かに連れて来てもらうなりして
おでかけしてくださいませ☆
深萩公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第937弾は、静岡県浜松市西区にある
「深萩公園」です
深萩公園1
2019年3月初旬、のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市内の公園を巡りました

その時に巡った公園の1つが
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「深萩公園」でした

2019年3月初旬に巡った静岡県浜松市内の
公園おでかけ回顧録シリーズは
今回記事を含めて、あと2回続きます

小松尾島公園7
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
静岡県浜松市浜北区にある
前回記事(クリックにて、前回記事へ)の舞台
「小松尾島公園」にて
のりゅは長女相手に

【登り棒を頂上まで登れ】

上記内容の課題を与えました

長女相手に登り棒における
課題を与えた詳しい事情を知りたい方は
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
読んでくださいませ

のりゅ的には靴を履いた状態で
両足で挟む力と手の力で登る方法で
課題をクリアしてくれないと
真に合格とは認めがたい
んですが
長女は、裸足になり踏ん張りながら登る方法で
課題を一応クリアしました


「登り棒のある公園へは
あと2箇所おでかけする予定だ
同じ課題をクリアするのだぞ!」


深萩公園を目指していた車中にて
のりゅは、長女に上記を通告しました

深萩公園2
深萩公園にて
長女は血を吐きました!!


深萩公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 19.5キロ(片道)

到着目安 35分

駐車場 公園入口前に駐車できそうなスペースあり

所在地 〒431-1201
静岡県浜松市西区深萩町306−1

電話 管理団体がわかりません


深萩公園3
深萩公園は、上画像の「村社山神社」
道路を挟んで隣接するスポット
です

深萩公園は、スポット名称が書かれた看板等を
見つけることができなかったため
静岡県浜松市西区深萩町にあることから
のりゅが勝手に名付けました
正式なスポット名称は別にあると思われます
深萩公園4
小松尾島公園へ車で、おでかけした場合は
公園入口前へ駐車できそうです
でも、100%注意されないとは書けません
誰かに咎められても
ブログ管理人は責任を持てませんので
深萩公園の入口前へ車を駐車されるのなら
自己責任で、お願いします

深萩公園に設置されている遊具を紹介します
深萩公園6
鉄棒
深萩公園7
ブランコ
深萩公園8
滑り台
深萩公園9
砂場
深萩公園10
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具
深萩公園11
複合遊具には登り棒が付いています
深萩公園12
ちなみに、深萩公園にて
長女が血を吐いていたのは事実です
でも、のりゅが与えた課題が
原因ではありませんでした


深萩公園を目指していた車中
長女は「歯が、ぐらぐらする」と言って
抜けそうな乳歯を触っていました
そして、深萩公園へ入園して直ぐ
乳歯が抜けちゃったのでした


のりゅは長女に口をゆすぐことを命じました
そして、長女の口中の出血を止血するため
テッシュボックスのある
マイカーへ家族3名で戻りました

「長女の口の中の出血が止まるのを待ってから
深萩公園へ戻るのは正直めんどくさいな
次の登り棒のある公園へ行くべ」と考えた
ブログ管理人は次の目的地を目指すことにしました

といったところで、今回の回顧録終了です

深萩公園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
はままつフラワーパーク フラワーイルミネーション2018
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録題870弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク」で開催されている
「フラワーイルミネーション2018」です
フラワーイルミ2018-1
今回記事を更新した2018年11月25日より
2日前と書きますか、一昨日の2018年11月23日
のりゅは娘達を引き連れ
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「はままつフラワーパーク」へおでかけ
同スポットで開催されている
「フラワーイルミネーション2018」
鑑賞してきました

(↑公式の参考動画、1分15秒あたりから歌が流れます)
「愛・おぼえていますか」

上記は、テレビアニメ「超時空要塞マクロス」
劇場版作品の副題であり
同作品の主題歌タイトルでもあります


愛を覚えているからこそ
のりゅは愛の結晶と一緒に
愛の想い出の地へ訪れ
愛の想い出のイベントを
鑑賞した
のでした

ここまで読んでくださった大半の方は
意味が分からないでしょうから説明いたしますね
今から十数年前、のりゅは
はままつフラワーパークの
イルミネーション鑑賞中に
マイハニーへ結婚を前提とした
お付き合いを申し込んだ
のです
愛を覚えているから、のりゅは
夫婦の愛の結晶たる娘達を連れて
愛の想い出のスポットで開催される
愛の想い出なイルミネーションを
鑑賞した
のでした

肝心の愛のパートナーが
おでかけ不参加でした!!


のりゅの愛のパートナーたる
マイハ二-は
イルミネーションを鑑賞する目的で
はままつフラワーパークへ
おでかけする予定日を
前々から何度も伝えてたのに
きれいさっぱり忘れていました
それがゆえ、マイハニーは
おでかけする予定日と同日に
ママ友とディナーする約束を交わし
悩むそぶりもなく
そちらへ行くことを選びました


上記だけを読んだ場合、マイハニーが
今年度は、たまたまミスしてしまったため
おでかけ不参加だったように思えるかもしれませんね

はままつフラワーパークへ
イルミネーション鑑賞目的で
おでかけした際の
我が花嫁の過去の所業

発表いたします


※2014年開催時
のりゅが、結婚を前提としたお付き合いを
申し込んだ想い出を語った際
マイハニーは上記の想い出を
きれいさっぱり忘れていました

(※クリックにて、2014年開催時の記事へ)

※2015年開催時、※2016年開催時
マイハニーは重い腰を上げての
おでかけ参加
でした
(※クリックにて、2015年開催時の記事へ)
(※クリックにて、2016年開催時の記事へ)

※2017年度開催時
マイハニーの重い腰が
ついに上がらなくなりまして
おでかけ不参加
でした
愛に誠実なのは、のりゅ
真なる「愛戦士」は、のりゅ…ということが
完全証明された年度
でもありました
(※クリックにて、2017年度開催時の記事へ)

今年度は前述したとおりです
我が花嫁は、年々順調に堕落していってますね~
来年度はどうなっちゃうんでしょうねぇ~?
安久路2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
「愛の試練」
「涙の数だけ強くなれるよ」
某ヒットソングのフレーズが有名ですね
絶叫アトラクションや
お化け屋敷等を通じて
子供を涙の数だけ強者へと成長させる
のりゅが実践する娘達を
愛するがゆえの教育方法
です
※これまでブログ上で、娘達に与えた
数多くの愛の試練の顛末をお送りしてきました
(※クリックにて、長女最新の愛の試練回顧録へ)
(※クリックにて、次女最新の愛の試練回顧録へ)
(※↑上記リンクは、愛の試練例です)

愛の落伍者(マイハニー)は
どちらが愛に真摯で
また、どちらの愛が正しいのかが
明らかなのに今年も変わらず
のりゅに対して、何度も
「アンタの愛は歪んでる」等の
戯言をほざきやがりました


ここまでの長々と書いた39歳男性が
自身の奥様相手に主張したいことを
超時空要塞マクロスの劇場版作品の副題
主題歌タイトルを模して
まとめさせてもらいますと…


「愛・おぼえていませんよね」
「愛・かたってんじゃねえよ」
「愛・※かえりみやがれ」

(※省みる→自分がしてきたことを振り返り反省すること)

上記3つとなります

はままつフラワーパーク
「フラワーイルミネーション2018」

(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5キロ(片道) 

到着時間目安 45分(浜松浜北IC付近から)

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 600台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

営業時間
3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

入園料
3月~6月 大人(高校生以上) 600円~1,000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人(高校生以上) 無料
小中学生 無料

10月~2月 大人(高校生以上) 500円、小中学生 無料
(園内で利用できる300円分のお買い物券付き!)

※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
フラワーイルミネーション開催期間
点灯時間  17:00~21:00 ※入園は20:30まで
2018年11月23日(金)~2018年1月6日(日)



フラワーイルミ2016-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

はままつフラワーパークで
見て楽しむことができる
季節の花々については
当ブログの専門外なので書きません

知りたい方は、ご自分で調べてくださいませ

はままつフラワーパーク(昼間)の
遊べる内容を知りたい方は
過去のおでかけ記事(クリックにて、参照記事へ)
読んでください

フラワーイルミネーションの会場は
だいたい赤枠部分です
フラワーイルミネーションの総電球数は約100万球
鑑賞料金は、中学生以下無料
大人(高校生以上)500円で
300円のお買い物券付!

とってもお得なイルミネーション開催スポットです

フラワーイルミネーション2018の開催期間は
2018年11月23日(金)~2018年1月6日(日)
2018年12月29~31日は
施設休園日なので開催されません

フラワーイルミ2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログを開設して以来
のりゅは、毎年鑑賞している
はままつフラワーパークで開催される
イルミネーションですが、今年度は
開催初日の点灯式へ参加してみました
…と書いても、のりゅは
施設関係者でも来賓でもありませんでしたゆえ
観客として見ていただけでした
フラワーイルミ2018-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパーク園長の挨拶が終わると
浜松市を拠点として活動するアイドル
※「H&A」様のライブを視聴することができました
(※クリックするとH&A様の公式ブログへ飛びます)

H&A様は、浜松市長や静岡県知事から
様々な役職を任命され地元を盛り上げるため
活動されている
とのことです
当ブログは、浜松市や静岡県における
レジャー情報を発信しており
ブログ運営者の自分は、微力とはいえ
地元を盛り上げるべく活動している
わけです
H&A様と自分は同志ですね~♪
フラワーイルミ2018-5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、施設関係者、来賓、H&Aの御二方
地元の幼稚園児数名が点灯スイッチを
押す直前の様子を撮影した写真です

上画像右は、公称電球数100万球が
一斉に輝いた瞬間を撮影した写真
です

上画像だけだと、ショボく見えるでしょうけれど…
フラワーイルミ2018-6
(上画像は、拡大表示可能です)
エントランス付近のイルミネーションを
全体的に撮影すると上画像な光景です

園内の電飾が一斉点灯して
フラワーイルミネーション2018の点灯式は終了しました
お客さんの大半は、イルミネーションを鑑賞するため
エントランスから移動し始めました
長女は立ち上がると
人の流れに従って移動しようとしたので
のりゅは制止しました

フラワーイルミ2018-7
「まずは、顔を拭け!」

口周りが、チョコまみれのまま
移動しようとしたアホ娘(長女)

のりゅは、ポケットテッシュを渡しました

点灯式の最中、上画像に写っているように
長女は、ヤンヤンつけボーを食していました
スティック菓子を切らしたのち
長女は、大衆の面前で
つけチョコをベロンチョ
してました
ゆえに、口周りがチョコレートまみれだったわけですね~
我が家の長女は、最低限の身嗜みや
周囲の目を気にしない
ずぶっとい10歳児なので~す…

フラワーイルミ2018-8
長女が口周りを綺麗したのを確認したのち
エントランス付近から移動しました

上画像は、エントランスから少々歩いた付近にある
はままつフラワーパーク園内施設の1つ
「カフェ“ハミング”」です
営業時間外だったようですが
2階バルコニーへ上がることができました
フラワーイルミ2018-9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、カフェ“ハミング”の2階バルコニーから
撮影したエントランス付近のイルミネーションです
フラワーイルミ2018-11
(上画像は、拡大表示可能です)
カフェ“ハミング”の2階バルコニーから下りたのち
ライトアップされた「噴水池」を眺めながら順路を移動
フラワーイルミ2018-12
(上画像は、拡大表示可能です)
2016年から導入された上画像のイルネーション
フジ棚の光のトンネルへと入りました
フラワーイルミ2018-13
上画像は、フジ棚の光のトンネル内部です
フラワーイルミ2018-14
フジ棚の光のトンネルを抜けたあたりには
上画像の天使の羽なイルミネーションがありました
過去のおでかけ見た記憶がないので
今年から導入されたイルミネーションかもしれません
フラワーイルミ2018-15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「クリスタルパレス(大温室)」までにある
イルミネーションの数々です
前年度からの流用なイルミネーションが多く
「今年もあるな~」程度の感想で
流し気味に鑑賞していたのですが…
フラワーイルミ2018-17
上画像のイルミネーションが施された丘を見て
のりゅは大いに驚きました
フラワーイルミ2018-18
(上画像は、拡大表示可能です)
正確に書くと丘に設置されている看板を見て
のりゅは、大いに驚きました

丘は「木下惠介の丘」と名付けられていました
木下惠介氏は浜松市出身の超有名な映画監督であり
様々な映画賞を受賞した実績がある他
紫綬褒章、勲四等旭日小綬章の受章者でもあり
文化功労者にも選出されています
そういった経歴もスゴいわけですが
もっとスゴいのは同年デビューの監督にして
終生のライバルとして競い合い
世の評価や人気を2分したのは
あの「黒澤明」監督とのことです

そんな偉大な方を称えて
名付けた丘が、はままつフラワーパークに在ることを
2014年~2017年まで年1回以上
同スポットへおでかけしているのに気付かず
2018年11月23日来園時、初めて気が付きました
のりゅが気づけた理由は、2018年8月21日に
静岡県浜松市中区にある
「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
おでかけしたからですね
おでかけしまくっているおかげで
のりゅは知らず知らずのうちに
知識を高め、気づく力も高め
人として成長していたんですね~♪
ならば今後も、おでかけに
励みまくらないといけませんね~☆

フラワーイルミ2018-20
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クリスタルパレス内のイルミネーションと
記念撮影スポットです
フラワーイルミ2018-20-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、フラワーイルミネーションの目玉?
クリスタルパレス内にある高さ8mのモミの木ツリー
周辺のイルミネーションです
フラワーイルミ2018-20-2
(上画像は、拡大表示可能です)
モミの木ツリー付近は
ナイトコンサートの会場でもあります

ナイトコンサート
開催日 2018年12月の土日祝日
開催時間 1回目18:00~18:30 
       2回目19:00~19:30


イルミネーションを鑑賞しながらの
コンサートに興味がある方は開催日時に注意して
はままつフラワーパークへおでかけしてくださいませ
フラワーイルミ2018-22
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クリスタルパレスを退場
エントランスまで戻ってくる間にあるイルミネーション
別角度から撮影した噴水池(上画像上右)
ライトアップされたフラワートレイン(上画像下右)です

上画像上段の次女の顔(赤矢印付近)が
周囲が暗いにもかかわらず
そこだけ明るくて、はっきりと写っていることが
分かっていただけるでしょうか?
秘策
(上画像は、拡大表示可能です)
1つ前の画像の上段は数年前に考案した
秘策(上イラスト)を用いて撮影しました
※秘策は、イルミネーションを綺麗に写しながら
人の顔をはっきりと写して写真撮影したい時に
けっこう有効な手法
です
(※カメラのフラッシュを使用して写真撮影すると
人の顔は、はっきり写っても
イルネーションの光を相殺してしまいますね)
秘策の欠点は、同様な手法で
写真撮影している人は
たぶんいないでしょうから
周囲に居る方に奇異な目で
見られちゃう可能性があること
です

のりゅは、ずぶっとい長女と違って
周囲の目が気になっちゃう
恥ずかしがりやさん♡
です

この日は、フラワーイルミネーション2018の
開催初日だったので、お客さんがそこそこ居ました
秘策を用いるにあたって
1番目立つであろう
ライトを持ち照らす役は
絶対やりたくありませんでした

フラワーイルミ2018-24
よって、適任者(長女)に
ライトを持ち照らす役を
担ってもらってました


といったところで、今回の回顧録終了です

はままつフラワーパークで開催されている
フラワーイルミネーション2018
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.