FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202010<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202012
浜松餃子のマルマツ 工場見学
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1061弾は、静岡県浜松市西区にある
「(株式会社)マルマツ」様が
定期開催している「工場見学」です
マルマツ1
2020年12月某日
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
静岡県浜松市西区にある
「(株式会社)マルマツ」様が
定期開催している
参加料金無料な
「工場見学」目的の
おでかけをしました
マルマツ2
マルマツ様の会社概要
簡潔に説明しますと
【世界一の浜松餃子をつくる会社】
とのことです
マルマツ3
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、上画像に写るは
司会進行役スタッフの方が
工場見学の説明を話し始めても
ラクガキすることを止めず
没頭していた11歳女児
であり
のりゅが知る限りではありますが
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】
です
(↑ゴーイングマイウェイ→他人はどうあれ
自分なりの生き方や流儀を貫くこと)

マルマツ4
(上画像は、拡大表示可能です)
工場見学後半の試食タイムにて
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】は
ラクガキを広げたまま

マルマツ様製造の浜松餃子を食して
「美味しい♡」と評しておられました


長女「パパ、ここの
工場見学なら
また一緒に行ってあげるよ」


【日本一ゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】は

マルマツ様の工場見学の申込手続をした
父親(のりゅ)に対して
上記を伝えてきました


浜松餃子のマルマツ
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北ICからの距離 21.5㎞(片道)

到着目安 40分

駐車場 工場の駐車場に駐車可 無料

所在地 〒431-1112
静岡県浜松市西区大人見町3647

電話 0120-524-002
053-485-2737(FAX番号)
※受付日時は、祝日を除く
火~金曜日の9:00~17:00

工場見学開催日時
毎週木曜日・金曜日・土曜日(1日2部制)
午前の部 10:00~ / 午後の部 13:30~
※工場見学は完全予約制
※前日16:00までに事前予約が必要

各回の最大定員 60名

参加料金 無料


マルマツ5
(上画像は、拡大表示可能です)
マルマツ様の工場見学フロアマップです

回顧録序文で書いたことの繰り返しとなりますが
マルマツ様は、世界一の浜松餃子を
つくる会社とのことです

工場見学を通じて
上画像フロアマップに載っている
見学コーナーからは
生産ラインの一部を見学できますし
上画像フロアマップに載っている
試食コーナーでは
マルマツ様製造の浜松餃子を
試食することができます


おそらく皆様が1番知りたいであろう
試食タイムの詳細については
回顧録後半にて紹介するとしまして
マルマツ様の工場見学は
参加料金無料
であり
駐車料金も無料です

でも、工場見学は完全予約制です

一般の見学客は公式HP上で
参加申込をする必要があります


工場見学開催日時は
毎週木曜日・金曜日・土曜日(1日2部制)
午前の部 10:00~ / 午後の部 13:30~
です
(↑見学開始時間の10分前には
集合してほしいとのことです)


各回の最大定員は、60名です

餃子を試食する際のアレルギー上の注意事項
その他の注意事項については
公式HPを確認してくださいませ

事前予約を済ませたのち
工場見学日にマルマツ様へ行き
上画像フロアマップに載っている
インフォメーションで受付を済ませます
マルマツ6
その後は、試食コーナー(上画像のホール)で
工場見学が始まるのを待つことになります

試食コーナーには
マルマツ様製造の商品が並べられていました

【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】な姉
と異なり
9歳妹(次女)は興味深そうに
マルマツ様の商品を眺めていました


のりゅが「マルマツさんは
海外にも餃子を販売しているらしいよ」と
教えてあげたところ
次女は「スゴい会社だね!」と感心してました
マルマツ7
(上画像は、拡大表示可能です)
マルマツ様は、地域のスーパーとコラボして
様々な特徴の限定商品(浜松餃子)を
販売されている
とのことです
マルマツ7-1
(上画像は、拡大表示可能です)
工場見学を通じてでは
マルマツ様製造の浜松餃子を
購入することができませんが
工場隣にある
「遠鉄ストア大人見店」には
特設販売コーナーが設けられている
とのことです
マルマツ8
(上画像は、拡大表示可能です)
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】な姉は
工場見学が始まる前から
ラクガキし始めてました


そして、上画像黒矢印部分に写る
9歳妹(次女)は

マルマツ9
(上画像は、拡大表示可能です)
マルマツ様の浜松餃子の
製造工程を紹介する映像を
興味アリアリで眺めていました

マルマツ10
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなこんなで、試食コーナーにて
工場見学の流れの説明を受け
商品や注文の流通について
工場の衛生管理に関することを
教えていただけました
マルマツ11
(上画像は、拡大表示可能です)
その後は、見学コーナーへ移動して
生産ラインの一部を上部から観覧しました

【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】な姉
と異なり
9歳妹(次女)は興味深そうに
生産ラインを眺めていました

マルマツ12
(上画像は、拡大表示可能です)
見学コーナーでは、パネル展示を通じて
製造→出荷までの流れ、海外にも出荷していること
マルマツ様の浜松餃子製造量
マルマツ13
(上画像は、拡大表示可能です)
会社の歴史、マルマツ餃子の3大すごいコト
全国のご当地餃子のことなどを学べました

一通りの説明が終わると
スタッフの方が試食用餃子を焼き始めるので
その時間は自由時間となります
マルマツ15
(上画像は、拡大表示可能です)
自由時間は
再び見学コーナーへ行き
生産ラインを上部より再度観覧したり
パネル展示を通じて
トリックアートな写真を
撮影したりして楽しめます


【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】な姉は
父親(のりゅ)の
「ブログ掲載用のトリックアートな
写真を撮りたいから協力せよ」との
要請を受け入れてくれず

9歳妹(次女)は快く応じてくれました

マルマツ16
(上画像は、拡大表示可能です)
パネル展示は、クイズも楽しめます
マルマツ17
(上画像は、拡大表示可能です)
見学コーナーには、パネル展示の他に
餃子なイスが設けられています

人気お笑い芸人の「銀シャリ」の御二方も
上画像の餃子なイスに座ったとのことです
マルマツ18
(上画像は、拡大表示可能です)
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】は、自由時間中も
ラクガキに没頭していました

マルマツ19
でも、そろそろ浜松餃子が
焼き上がる時間となれば
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】は
1番乗りで順番待ちしてました

マルマツ20
(上画像は、拡大表示可能です)
熟練スタッフの方の手と
専用機器で焼き上がった
マルマツ様製造の浜松餃子は
見た目が、とても美味しそうであり
とても良い匂いがしました
マルマツ21
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみに、のりゅ達が工場見学した時は
冷凍生餃子1種類とチルド餃子2種類が
試食できました

マルマツ22
(上画像は、拡大表示可能です)
初回は、6粒の浜松餃子が配られました
マルマツ23
マルマツ様製造の浜松餃子が美味しかったのでしょう

次女ちゃまは
初回に配られた6粒の浜松餃子を
あっという間に平らげて
2回ほど、おかわりをしてました

(↑時間内で、餃子が品切れにならない限りは
おかわり自由です)


上画像を撮影しつつ、のりゅは
「食い方が豪快具合が
【おっさん】だな…」と思いました

マルマツ24
(上画像は、拡大表示可能です)
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】は
マルマツ様製造の浜松餃子を食べて
体が温まってきたのでしょう


上着を脱いで、次女ちゃまと同じく
2回ほど、おかわりをしてました

マルマツ25
2回ほど、おかわりをしたのち
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】は
「余は満足じゃ♡」と言わんばかりに
喉を潤してました


水を1杯飲んだら
新しい紙コップで
また1杯飲んでいたあたりが
エコ意識や遠慮が皆無で
【世界一のゴーイングマイウェイな
11歳女児(長女)】らしいと思いました

(↑上画像赤矢印部分参照)
マルマツ26
(上画像は、拡大表示可能です)
試食タイムは、水のおかわりも自由で
餃子のたれも複数種類から好みで選んで使えます


工場見学参加客から
たびたび要望があるそうですが
残念ながら、ご飯は用意できないとのことです
マルマツ27
それと、ビールも用意できないとのことですが
清涼飲料、コーヒー、炭酸飲料で良ければ
試食コーナーに自動販売機が設置されてます

マルマツ28
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅ2回目の
おかわり時に撮影した写真
です

ここまで、娘達のことばかりを
マルマツ様の工場見学時の思い出として
書いてばかりでしたが

のりゅ&マイハニーは
【試食】と書くよりも
【食事】との認識で
浜松餃子を
夫婦合計60粒以上
食べちゃいました~♪


といったところで、今回の回顧録終了です

マルマツ様が開催されている工場見学
興味を惹かれましたら参加してみてね☆
スポンサーサイト



はままつフラワーパーク フラワー・イルミネーション2019
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1040弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク」で開催されている
「フラワー・イルミネーション2019」です
フライル2019-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク」内にある
大温室内の記念撮影コーナーで撮影した写真です

2019年11月18日~2019年12月2日間に作成した
当ブログの記事は
2019年11月の3連休の旅行で巡った
茨城県日立市にあるスポットの数々が舞台の
おでかけ回顧録です

そして、上記期間に作成した1記事
「かみね公園(紹介記事へ)」が舞台の
おでかけ回顧録で、同公園が内包する
3つの遊び場を順次紹介していくことを
記述しましたが
すみません、予定変更です

2019年12月4日現在
静岡県浜松市にある
3スポットで期間限定開催中の
イルミネーション
を観る目的の
おでかけをしてきましたので
情報価値が無くなる前に
優先して発信させていただきます

というわけで、今回記事の舞台は
静岡県浜松市西区にある
はままつフラワーパークであり
紹介するイルミネーションは
2020年1月5日(日)まで
開催される予定の

「フラワー・イルミネーション2019」
です
フライル2019-2
フラワー・イルミネーション2019を
観る目的のおでかけに参加したのは
のりゅ、娘達

ほとばしる熱いパトスではなく
不誠実な理由で
思い出を裏切った人物
上画像赤矢印部分に写る
マイハニーでした


上記を理解できない方のため
説明します


2019年12月現在より約13年前
2006年12月10日
のりゅが、マイハニーに
結婚を前提のお付き合いを
申し込んだスポットが
イルミネーション開催中の
はままつフラワーパーク
なのです

ゆえに
はままつフラワーパークで
開催されるイルミネーションは
のりゅ&マイハ二ーにとって
【ときめきメモリアル】な
イルミネーション
であり
夫婦のラブヒストリーにおいては
【その時歴史が動いた】な
イルミネーション
なのです

ゆえにゆえに
毎年通い続けることは

【愛の義務】と書いても
過言ではない
でしょう

それなのに、マイハニーは
フラワー・イルミネーションを
観に行く目的のおでかけに
※2017年度&※2018年度と
2年連続で参加しなかった
のです
(※クリックにて、2017年度開催おでかけ回顧録へ)
(※クリックにて、2018年度開催おでかけ回顧録へ)

しかも、マイハニーは
【寒い】【めんどい】
【のりゅが観に行く日を
事前に伝えておいたのに
きれいさっぱり忘れてて
ママ友とディナーへ行く約束を
交わした】などの
不誠実な理由で参加しなかった
のです

真摯で健気な自分
2019年11月29日に
フラワー・イルミネーションを
観に行くことを決めた時

またまたまた
裏切られる覚悟で
マイハニーを誘いました


マイハニー「今日は
そんなに寒くないから
一緒に行ってあげるけど
誘ったんだから
駐車料金と入場料は
アンタが払いなさいよ」


寛大な自分
マイハニーの上記な発言にも 
腹を立てることなく応じてあげたことにより
しばらくぶりに、家族4人全員揃って
フラワー・イルミネーションを
観に行くことになりました


はままつフラワーパーク
フラワー・イルミネーション2019

(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5キロ(片道) 

到着時間目安 45分

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 600台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

営業時間 3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30
(↑通常の営業時間)

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

入園料
3月~6月 大人(高校生以上) 600円~1,000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人(高校生以上) 無料
小中学生 無料

10月~2月 大人(高校生以上) 500円、小中学生無料
(園内で利用できる300円分のお買い物券付き!)

※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
フラワーイルミネーション開催期間
点灯時間  17:00~21:00 ※入園は20:30まで
2019年11月23日(土)~2020年1月5日(日)



フラワーイルミ2016-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

はままつフラワーパークで
見て楽しむことができる
季節の花々については
当ブログの専門外なので書きません

知りたい方は、ご自分で調べてくださいませ

はままつフラワーパーク(昼間)の
遊べる内容を知りたい方は

参照記事①(クリックにて、参照記事①へ)
参照記事②(クリックにて、参照記事②へ)
読んでください


フラワー・イルミネーションの会場は
だいたい赤枠部分です
フラワーイルミネーションの
総電球数は約100万球

鑑賞料金は、中学生以下無料
大人(高校生以上)500円で
300円のお買い物券付!

とってもお得なイルミネーション開催スポットです

フラワー・イルミネーション2019の
開催終了日は
2020年1月5日(日)であり
2019年12月29~31日は
施設休園日なので開催されません


フラワー・イルミネーション2019の概要は以上です

ここからは
園内各所に設けられている
イルミネーションの数々を紹介

思い出を振り返ります
フライル2019-3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、はままつフラワーパークへ
入場して直ぐの場所である
ウェルカムガーデンです

去年は、お城のオブジェなどが置かれており
洋風の装いだったのですが
今年のウェルカムガーデンは和風な装いでした
フライル2019-4
上画像は、ウェルカムガーデンに設けられている
イルミネーションの1つです
フライル2019-5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、ウェルカムガーデンから
少々歩いた付近にある
はままつフラワーパーク園内施設の1つ
「カフェ“ハミング”」付近に設けられている
イルミネーションです

はままつフラワーパークのマスコットキャラクター
「ふらまる(上画像右)」のイルミネーションもあります
フライル2019-6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「すみれ橋」周辺に
設けられているイルミネーションです

上画像のイルミネーションの反対付近には
下画像の記念撮影コーナーがあります
フライル2019-7
しばらくぶりに
愛するパートナーと
思い出のイルミネーションを
観に行けた喜びを
表現してみました♪

フライル2019-8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、すみれ橋付近から
大温室「クリスタルパレス」方面を撮影した写真です

くじらのイルミネーションが設けられている辺りは
噴水池なのですが、現在改修工事中です

はままつフラワーパーク開園50周年となる
2020年3月下旬には、新しい噴水ショーが
観れるようになる
そうです
フライル2019-9
(上画像は、拡大表示可能です)
2016年から導入された上画像のイルネーション
フジ棚の光のトンネルは、今年もあります
フライル2019-10
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、フジ棚の光のトンネル内部です
フライル2019-10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、フジ棚の光のトンネルを
抜けた先に設けられている
天使になった気分で記念撮影できる
イルミネーションです
フライル2019-12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クリスタルパレスへ
向う途中に設けられているイルミネーションです

上画像のイルミネーション付近は
2009年開催の浜名湖立体花博で造られた
モザイカルチャー
展示されていた場所付近です

旧モザイカルチャーは解体されまして
2020年秋~冬
新たなモザイカルチャーが展示される
そうです
フライル2019-13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、クリスタルパレス付近に
設けられているイルミネーション

上画像右は、クリスタルパレスに入って直ぐの場所に
設けられているイルミネーションです
フライル2019-14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、フラワー・イルミネーションのメイン
高さ8mのモミの木のツリーと周辺
です

上画像の場所では
ナイトコンサートが開催されます

ナイトコンサート
開催日 2019年12/22(日)までの土・日(全8回)
開催時間 ① 18:00〜18:30
② 19:00〜19:30 (各30分間)


興味がある方は開催日時に注意して
はままつフラワーパークへおでかけしてくださいませ
フライル2019-15
(上画像は、拡大表示可能です)
高さ8mのモミの木のツリーと周辺には
上画像の記念撮影コーナーが設けられてます
フライル2019-16
愛するパートナーとは
2017年度&2018年度と
2年連続で思い出の
イルミネーションを
観に行けませんでした


愛するパートナーと
思い出のイルミネーションを
観に行けた喜びを
表現するのは
1回では足りないと考えまして
上画像の場所で
2回目を表現してみました♪

フライル2019-17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クリスタルパレス出口へ
向かう途中に設けられているイルミネーションです
フライル2019-18
(上画像は、拡大表示可能です)
フライル2019-19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像2枚は、クリスタルパレスを退場
ウェルカムガーデンまで戻ってくる間に
設けられているイルミネーションです
フライル2019-20
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワー・イルミネーションを観終えまして
600円のお買い物券を使おうと思いました

上画像の看板を見て、のりゅは
ソフトクリーム総合メーカー「日世」
技術の粋を集めて生み出した
プレミアムソフト(1つ500円)
「CREMIA(クレミア)」を堪能したいと考えました
(↑クリックすると紹介サイトへ飛びます)

しかし、2019年11月の3連休の
茨城県旅行で遊びまくり
お小遣いをかなり使ってしまって
この時も、2019年12月4日時点も
のりゅは、※素寒貧です
(※素寒貧→非常に貧乏で何も無いこと)

CREMIA(クレミア)は、600円のお買い物券内で
購入できないので諦めました
フライル2019-21
(上画像は、拡大表示可能です)
フライル2019-21-1
(上画像は、拡大表示可能です)
600円のお買い物券内で購入できる
オリジナルソフトクリームを2つ購入しました

上画像右赤矢印部分に写る
長女の笑顔に注目して下さませ

フライル2019-23
上画像は、1つのソフトクリームを
分け合って食べていた
マイハニー&長女を撮影した写真です

上画像赤矢印部分に写る
長女の笑顔に注目して下さませ

フライル2019-24
「パパにもちょーだい」

上画像赤矢印部分に写る
長女の表情に注目して下さませ


といったところで、今回の回顧録終了です

はままつフラワーパークで開催中の
フラワー・イルミネーション2019
興味を惹かれましたら観に行ってみてね☆
浜松市動物園(2019年8月) ナイトズー編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第998弾は、静岡県浜松市西区にある
「浜松市動物園(2019年8月) ナイトズー編」です
浜松動物2019-0
2019年8月10日(土)
のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「浜松市動物園」へおでかけしてきました

この日、のりゅ達が浜松市動物園へ
入園したのは、17時頃でした
※通常なら浜松市動物園は
営業終了していた時間でしたが

(※通常は、16:30営業終了)
浜松動物2019-1
2019年8月10日(土)は
ナイトズー開催日だったので
20:30まで営業していました


※2019年度のナイトズーは
8月17日(土)、8月24日(土)
8月31日(土)も開催されます

(※8月3日もナイトズー開催日でした
浜松市動物園のナイトズーは
例年どおりなら、8月の土曜日に開催されます)


よって、今回記事の副題は
「ナイトズー編」です
でも、通常の営業時間に来園した場合の
浜松市動物園の※必見動物や見所
遊べる内容を紹介します
ので
ナイトズーに興味ない方も安心して閲覧くださいませ
(※のりゅ基準での必見動物です)

2019年8月1日~3日にかけて
のりゅは、娘達&マイハニーを引き連れ
北陸3県のスポットを巡る旅行をしてきました
お小遣いを10万円ほど費やしました


よって、のりゅは
お盆休みの間おでかけをせず

ブログ更新、ゲーム、ラノベなどの
趣味に時間を費やし、お小遣いを極力使わず
過ごそう思っていました
浜松動物2019-2
でも、2019年8月10日(土)の朝
マイハニー(上画像赤矢印の人物)
「浜松市動物園のナイトズーへ
(家計費で)行ってみない?」と
持ち掛けられちゃいました


のりゅは、マイハニーへ
「よし!行こうか!」と普通の返答を返しました


「行くのなら本気を出す!
マイハニーよ!キサマが
我のおでかけ魂を
バーニングさせたのだ!
覚悟するんだな!!」

(↑普通の返答を返した40歳男性心中の声)

のりゅは、内心
娘達&マイハニーを撒き込み
暑い中、浜松市動物園の
広い園内を忙しなく移動して
ナイトズーで開催されるイベントを
可能な限り参加する計画を
立案・構築する決意を固めてました


浜松市動物園
(公式HPへ)

浜松浜北IC付近からの距離 21.5km(片道)

到着目安 40分

駐車場 590台 1台1回200円

所在地 〒431-1209 
静岡県浜松市西区舘山寺町199番地

電話 053-487-1122

定休日 12/29~12/31

営業時間 9:00~16:30(最終入園16:00)
ナイトズー開催日は、20:30まで営業

入場料 高校生以上410円
70歳以上&中学生以下無料

備考 ナイトズー開催日も入園料は変わらない

セットおでかけ候補
はままつフワラーパーク(紹介記事へ) 隣接施設
(↑上記施設の遊び場情報記事へ飛びます)


浜松動物2019-3
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松市動物園マップです

2019年8月12日時点
浜松市動物園は
91種類・362頭羽の動物を
飼育している動物園
です

地方都市の動物園としては
展示内容が充実している
そうです
(↑どう充実しているのか?は後述します)

浜松市動物園に通いなれていない方が
来園した場合は
「すごいなぁ~、充実しているなぁ~」との
感想を抱くのかもしれませんね

そんな浜松市動物園の入園料は
高校生以上410円
70歳以上&中学生以下は無料
です
駐車料金は、1台1回200円です
浜松動物2019-3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、浜松市動物園の
2019年度ナイトズーのイベント一覧
です

※2019年度のナイトズーは
8月17日(土)、8月24日(土)
8月31日(土)も開催されます

(※8月3日もナイトズー開催日でした
浜松市動物園のナイトズーは
例年どおりなら、8月の土曜日に開催されます)


ナイトズーで開催されるイベントを
可能な限り参加するのなら
暑い中、浜松市動物園の広い園内を
あっちこっちへと移動せねばなりません
同じ時間に開催されるイベントもあるので
1回の来園で全て参加するのは
難しいと思われます

(↑その証拠として、頑張ったけれど
のりゅは全てのイベントを
網羅することができませんでした)

施設概要・ナイトズーイベント概要は以上です

ここからは、浜松市動物園の
※必見動物や見所や遊べる内容を紹介

(※のりゅ基準での必見動物です)
思い出を振り返ります
浜松動物2019-4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、正面ゲートから入園
ちょい歩いた場所にある遊びの広場に
設置されている複合遊具
(↑17時頃に入園した時は暑さのせいか?
暗くなることを考慮してなのか?使用禁止でした)

上画像右は、遊びの広場から
ちょい歩いた場所にある切り株遊具です
(↑遊具ではなく座る目的で設けられているのかも)
浜松動物2019-5
クロカンガルー

珍しい動物ではありませんが
カンガルーは、ナイトズーイベントの
対象動物であり
土曜日・日曜日・祝日に開催される
通常イベントの対象動物
でもあります

カンガルーのエサやり 
開催場所 カンガルー舎前
開催日 土日祝日
※ナイトズー開催日は、毎回開催
開催時間 13:30~
※ナイトズー開催日は、18:30~19:30
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


カンガルーにエサやり体験ができるとのことです

別のイベントを優先したがゆえ
このイベントは、スルーしました
浜松動物2019-7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、クロカンガルーの展示場から
ちょい歩いた場所にある展示施設
フライングケージです

鳥類が飼育されている
上画像右の展示施設内を歩いて観覧できますが
17時過ぎに入園した時は進入禁止でした
通常営業時間なら進入できます
浜松動物2019-8
(上画像の鳥類は別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、フライングケージから
ちょい歩いた場所にある展示施設
ワシタカ舎です

動物園で飼育されているのが
わりとレアな鳥類として
アメリカの国鳥であるハクトウワシ
アンデスコンドルが飼育されてますが
17時を過ぎた頃には、ワシタカ舎へ続く
園路は閉鎖されていました
通常営業時間なら観覧できます
浜松動物2019-9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ワシタカ舎から
ちょい歩いた場所にある展示施設
こんちゅう館です

こんちゅう館では、上画像下段を例として
様々な昆虫の標本が展示されてます

こんちゅう館外の階段を上ると
てんぼう広場へ行くことができます
浜松動物2019-10
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松動物園各所に設けられていた
回転遊具&スプリング遊具
てんぼう広場へ移設されてました
浜松動物2019-11
2019年度のナイトズー開催日の
※8月17日(土)、8月24日(土)は
静岡県浜松市西区にある

「浜名湖パルパル(紹介記事へ)」
打ち上げられる花火を観覧できます

(※2019年8月3日、8月10日も
花火は観覧できたとのことです
来年以降開催のナイトズーでも
花火は観覧できると思われます)

浜松動物2019-12
(上画像は、拡大表示可能です)
ホッキョクグマ

飼育下では、自然繁殖が難しいとされる
ホッキョクグマですが
浜松市動物園では、その少ない繁殖成功例である
「モモ」と母「パフィン」が飼育されてます
ちなみに上画像の写るホッキョクグマは
パフィンです

ホッキョクグマは
ナイトズーイベントの対象動物
です

ホッキョクグマに氷のプレゼント
開催場所 ホッキョクグマ展示場
開催日 ナイトズー開催日は毎回
開催時間 18:00~18:30
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


パフィンが氷の塊を倒して粉々に割った光景と
中に入っていたスイカを
豪快に食べていた姿を観覧できました

浜松動物2019-13
(上画像は、拡大表示可能です)
※マイハニーと次女は暑さと
浜松市動物園の園路の
上り坂にやられ、バテバテ状態
でした
(※上画像左参照)

おでかけ言い出しっぺのくせに
マイハニーは
「冷房の効いた部屋で
寝れてば良かった…」
「暑いし、上り坂は多いし気まぐれで
来るもんじゃなかったわ…」と
弱音を吐いていました


そんでもって、長女は
暑さと動物の臭いにやられて
イライラしていたようでした

(↑上画像右参照)
浜松動物2019-14
ウサギと写真
開催場所 ふれあい広場東
開催日 ナイトズー開催日は毎日開催
開催時間 18:30~19:30
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


ナイトズー開催日限定の
ウサギを撫で写真撮影可能なイベント
です

ウサギとのふれあい
開催場所 ふれあい広場
開催日 土日祝日
開催時間 13:30~14:15
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


通常の営業日&営業時間に
浜松市動物園へ来園しても上記イベントへ
参加すれば、ウサギと触れ合うことができます


あと、ウサギとのふれあいが開催される
※ふれあい広場は、営業開始~16:00までの間
進入したのち、
ヒツジなどの動物と
触れ合いが楽しめる広場です

(※11:30~13:15は、ふれあい広場で
飼育されている動物の休憩タイム)


ウサギとの写真撮影を終えたのち
のりゅが次のイベントへ
行くことを急かしたところ

マイハニーに「私と娘ちゃん達は
ゆっくり見て回るから、アンタは
1人好きに行動していいよ」と
伝えられました


結婚式で辛さも喜びも
分かち合うことを誓ったはずなのに
我が花嫁に裏切られました!

浜松動物2019-16
ポニーと写真
開催場所 ポニー運動場
開催日 土日祝日
※ナイトズー開催日は毎回開催
開催時間 13:30~ 先着30名
※ナイトズー開催日は、19:00~20:00
定員は、通常営業時より多いと思われます
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


ポニーと一緒に記念撮影ができるイベントです

マイハ二ーに裏切られ
1人行動していた自分は
イベント開催で展示場から出てきた
ポニーを写真撮影だけして移動しました
浜松動物2019-17
アメリカバイソン

ポニー展示場の隣で飼育されてます
動物園で飼育されているのが珍しいか?は、さておき
でっかい動物なので必見だと思いました
浜松動物2019-18
(上画像は、拡大表示可能です)
キリン

動物園3種の神器とされる動物です
浜松市動物園のキリン夫婦は 
交尾の相性が良いようで
仲が良いようです
浜松市動物園のキリン夫婦の間には
2015年、2017年、2019年と子供が授かってます

2019年7月8日に生まれたばかりの
第3子のキリンを観覧できました
浜松動物2019-19
(上画像右のゴリラは、別スポットで撮影した
イメージ写真であり、超有名イケメンゴリラです)

(上画像は、拡大表示可能です)
ナイトズー開催日で、18時過ぎだった時間は
ニシローランドゴリラ、オランウータン
チンパンジー
、小型のサルなとの展示施設
類人猿舎&サルのアパートへ続く園路は
閉鎖されてました
通常営業時間なら進入できます

浜松市動物園は
霊長類の展示の展示において
国内最大規模の動物園
とのことです
浜松動物2019-20
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、ポニー、アメリカバイソン
キリンの展示場から、ちょい歩いた場所にある
小型サル舎です

小型サル舎では国内において
浜松市動物園のみが飼育している
上画像右に写る希少なサル

ゴールデンライオンタマリン
飼育されています

浜松動物2019-21
(上画像は、拡大表示可能です)
小型サルガイド
開催場所 小型サル舎
開催日 ナイトズー開催日は毎回開催
開催時間 19:15~20:00
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


飼育員の方は、小型サル舎で飼育している
ゴールデンライオンタマリンを含めた
小型のサルについて教えてくれました

浜松動物2019-22
(上画像は、拡大表示可能です)
他、ゴールデンライオンタマリンを
間近で観覧できましたし
飼育員さんから、エサを器用に受け取り
食べる姿を観覧できました

浜松動物2019-23
ヤマアラシ

動物園で飼育されているのが珍しいか?は、さておき
ヤマアラシは、2019年8月3日&10日に開催された
ナイトズー限定ガイドイベントの対象動物でした
来年以降も、ナイトズー限定ガイドイベントの
対象動物となるかもしれません
浜松動物2019-24
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラ

珍しい動物ではありませんが
10頭近く飼育されていたこと
生まれたばかりの赤ちゃんカピバラが見れたので
必見動物として紹介しました
浜松動物2019-25
(上画像は、拡大表示可能です)
レッサーパンダ

動物園で飼育されているのは
珍しくありませんけれど
人気動物なので必見動物として紹介しました
浜松市動物園では、2019年7月
レッサーパンダ双子の赤ちゃんが誕生しました
浜松動物2019-26
(上画像は、拡大表示可能です)
コツメカワウソ

コツメカワウソは
ナイトズー限定イベントの対象動物
です

カワウソにドジョウのプレゼント
開催場所 カワウソ舎前
開催日 ナイトズー開催日は毎回
開催時間 17:30~
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


飼育員の方が展示場の池に、ドジョウを投下
コツメカワウソが、ドジョウを捕まえたのち
食べた場面を観覧できましたし
飼育員の方が、コツメカワウソの生態や
飼育秘話を教えてくれました

浜松動物2019-27
アジアゾウ

動物園3種の神器とされる動物であり
ナイトズー限定イベントの対象動物です
浜松動物2019-28
(上画像は、拡大表示可能です)
ゾウガイド
開催場所 ゾウ運動場前
開催日 2019年8月17日
※2019年8月3日、10日も開催されました
開催時間 19:30~20:00
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


イベントの最中、飼育員の方は
アジアゾウの
「ハマコ」にエサをあげながら
タブレットを使用して、ゾウに関する
様々なことを解説していました


①ゾウは、アフリカゾウとアジアゾウの
2種類で大別されていたけれど、近年
マルミミゾウが分類される種として増えたこと

②頭を狙ったとしても
ゾウを倒すには、銃弾1発では無理なこと
浜松動物2019-29
(上画像は、拡大表示可能です)
③※ハマコは、浜松市西区に移転する前から
飼育されているアジアゾウであること
(※上画像左参照、浜松市動物園は
浜松市の中心街から
1983年4月に移転オープンした歴史があります)

④飼育員さんが、清掃時に
水を撒くのに、ホースを使っていると
微妙に踏む悪戯をして
反応を楽しむくらい頭の良いこと

のりゅが覚えている限り(①~④)でも
様々なことを教えてくれました
浜松動物2019-30
ユキヒョウ

2017年末時点、国内で飼育されている頭数は
わずか21頭の希少動物です
浜松動物2019-31
(上画像は、拡大表示可能です)
クロヒョウ

2017年末時点、オスとメスがペアで
飼育しているのは国内で浜松市動物園だけ

※クロヒョウの子供を見れるのも
日本で浜松市動物園だけ
とのことです
(※2018年3月に、クロヒョウの双子が誕生しました)
国内で数頭しか飼育されていない
クロヒョウが、浜松市動物園では
4頭も飼育されています

浜松動物2019-32
ヨーロッパオオカミ

タイリクオオカミの亜種
ヨーロッパオオカミは、国内の動物園において
飼育されているのは珍しいみたいです
浜松動物2019-33
アムールトラ

動物園の人気動物なので紹介しました
浜松動物2019-34
(上画像は、拡大表示可能です)
ライオン

動物園3種の神器とされる動物です
浜松市動物園で飼育されているオスは
タテガミがありません
病気で抜けてしまったとのことです
展示場に、在りし日の姿の写真が飾られています
浜松動物2019-35
(上画像は、拡大表示可能です)
ニホンザル

珍しい動物ではありませんが
ニホンザルは
ナイトズーイベントの対象動物
です

サル山ガイド
開催場所 サル山前
開催日 ナイトズー開催日は毎回
開催時間 19:30~20:00
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


ニホンザルについて教えてくれるイベントです

のりゅは、他のイベントに参加していたので
サル山ガイドは、参加できませんでした

ニホンザルのエサやり
開催場所 サル山前
開催日 土日祝日
開催時間 15:00~
備考 動物の体調やその他の都合により
休止となる場合あり


通常営業日の土日祝日、サル山にて
ニホンザルにエサやり体験ができます


といったところで、今回の回顧録終了です

浜松市動物園
興味を惹かれましたら、ナイトズー開催日に限らず
おでかけしてみてね☆
はままつフラワーパーク(2019年6月) こども広場編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第981弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク(2019年6月)」の
「こども広場編」です
はまフラこども2019-1
2019年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のKGO君と
彼の娘の1人であるLちゃんに同行してもらい
静岡県浜松市西区にある今回記事の舞台
「はままつフラワーパーク」
おでかけしました
浜松フラワー2019-5
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・園内観覧編」では
はままつフラワーパークの施設概要と
園内の見所(一部)を紹介、思い出を振り返りました

今回記事は「こども広場編」です
上画像マップの現在地と記されている場所にある
「こども広場」にて楽しめる
遊園地的アトラクション&遊具を紹介

思い出を振り返ります

はままつフラワーパーク
(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5㎞(片道) 

到着時間目安 45分

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 537台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

こども広場の営業
12月~2月間は、土・日・祝日のみ


営業時間
3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30

入園料
3月~6月 高校生以上600円~1000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人&子供無料

10月~2月 高校生以上500円
(園内で利用できる300円分のお買い物券付)
小中学生無料
※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
セット訪問候補
浜松市動物園(クリックで、紹介記事へ) すぐ隣


はまフラこども2019-2
(上画像は、拡大表示可能です)
アニメのれるランド
利用条件 3歳以下は保護者の同伴が必要
利用料金 1台200円


アニメのれるランドのライドはレール上を走行します
ライドは、1台1回200円です
1名で乗っても、2名で乗っても
1台1回200円
です

アニメのれるランドは
ブログ管理人的に
ときめきポイント満載の
アトラクション
です
はまフラこども2019-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はまフラこども2019-4
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログ管理人ときめきポイント①
乗れるアニメキャラクターが不明


上画像2枚に写っているのは
のれるアニメランドにて
乗れるライドの数々
です
はまフラこども2019-5-1
(上画像右は別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
アニメのれるランドにて乗れるキャラクターは
超有名機関車キャラクターではないですし
その仲間達なキャラクターでもないです


ブログ管理人は、オタな人物であり
アニメには、それなりに詳しいと思ってますが
アニメのれるランドのライドに
採用されているキャラクターを知らないですし
調べても分かりませんでした


アニメキャラクターなのか?が
疑わしいし、そもそも
はままつフラワーパーク以外
存在するキャラクターなのか?も
疑わしいのに【アニメのれるランド】と
アトラクション名を名付けていることが
ブログ管理人的に堪んない
のです
はまフラこども2019-6
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログ管理人ときめきポイント②
1回稼動で全ライドが動く仕様

(↑上画像赤矢印部分を確認ください)

アニメのれるランドは
1台しか客が乗っていなくとも
1回の稼働で全ライドが動く仕様
です

次女とLちゃんが笑顔で楽しんでいた
微笑ましい光景だったのに
一抹の寂しさを覚えれたことが
ブログ管理人的ときめきポイント
でした
はまフラこども2019-8
(上画像は、拡大表示可能です)
ブログ管理人ときめきポイント③
コース脇に設けられているオブジェ


ノルウェーの画家の
「エドヴァルド・ムンク」「叫び」
描かれている人状態なサルのオブジェと
※上画像右に写る
マヌケ面なゾウのオブジェを見た時
ブログ管理人は胸の高鳴りを覚えました

(※もう1基ゾウのオブジェがあるのもポイントでした)
はまフラこども2019-9
動物なオブジェに交じって
宇宙船のオブジェも設置されてます

ジャンルを問わず、アレコレ置いていることに
ブログ管理人は胸の高鳴りを覚えました

はまフラこども2019-10
メルヘン造詣の城のオブジェが
最高に堪んなかった♡
です
はまフラこども2019-11
メルヘン造詣の城のオブジェは
元コイン電動遊具
です

はままつフラワーパークの
※リュース(Reuse)な精神に
ブログ管理人は大きな
胸の高鳴りを覚えました

(※リュース→繰り返し使う、再使用する)

アニメのれるランドは、見るのも乗るのも楽しい
ブログ管理人的超オススメアトラクションです♪

はまフラこども2019-12
観覧車
利用条件 6歳以下は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円

はまフラこども2019-12-1
(上画像は、娘に撮影してもらいました)
(上画像は、拡大表示可能です)
それほど高くない観覧車ですが浜名湖が見えますし
296-8.jpg
(上画像は、2015年冬に撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
運が良ければ富士山(上画像赤枠部分)が見えます

そんな観覧車をブログ管理人は
KGO君と男2人で楽しもうと考えて
「一緒に乗りますぅ~?」と
誘ってみましたが断られてしまいました

なので、ブログ管理人は
この時のおでかけにて観覧車に乗りませんでした
はまフラこども2019-13
おもしろじてんしゃ
利用条件 身長100cm以上は1人でOK
身長100cm以下は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円/10分

はまフラこども2019-14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っているヘンテコな自転車に乗り
周回コースを走行して楽しめます

ブログ管理人は、おもしろじてんしゃを
利用しませんでした
はまフラこども2019-15
ふわふわ
利用条件 3歳~10歳
利用料金 1人1回200円/10分


跳ねて駆け回って遊べますが
利用できるのは、3歳~10歳の子供のみです
はまフラこども2019-16
ふわふわ内部は、上画像であり
アスレチックな要素はありません

上画像に写っているのは次女&Lちゃんです
同年齢&同学年(8歳&小3)女児コンビは
とても仲良く遊んでいたのですが

はまフラこども2019-17
(上画像は、拡大表示可能です)
長女(10歳、小5)は、割り込めず
Lちゃんと遊ぼうと試みたけれど
そのたび、次女に邪魔されたこともあり
1人遊んでいました


そんな長女を見かねたKGO君が
「可哀想だよね」と発言したこともありまして
大人2名が長女へ
サービスしてあげることにしました

はまフラこども2019-18
(上画像は、拡大表示可能です)
KGO君が長女相手にしてあげたサービスは
上画像のバッテリカー乗場にて
はまフラこども2019-19
女児2名には内緒で
バッテリカーを乗せてあげたこと
でした
はまフラこども2019-20
のりゅが長女相手にしてあげた
サービスは、アニメのれるランドに
一緒に乗ってあげたこと
でした

はままつフラワーパーク、こども広場での
思い出は以上ということで
ここからは、遊べる内容のみを紹介します
はまフラこども2019-21
(上画像は、拡大表示可能です)
コイン電動遊具
はまフラこども2019-22
(上画像は、拡大表示可能です)
恐竜型複合遊具

遊具内容は、長い距離のローラー滑り台
螺旋状の滑り台、リングジム
はまフラこども2019-23
(上画像は、拡大表示可能です)
普通の滑り台(尻尾部分)です
はまフラこども2019-24
アスレチック遊具①
はまフラこども2019-25
アスレチック遊具②
はまフラこども2019-26
(上画像は、拡大表示可能です)
国鉄浜松工場制作の蒸気機関車(第1号)

運転席部分は乗ることができます

はままつフラワーパーク、こども広場の
遊べる内容は以上となりますが
今回記事のトップ画像に写る階段を下りて
少し歩いた場所に
はまフラこども2019-27
上画像の複合遊具
はまフラこども2019-29
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像のスプリング遊具が設置されてます

といったところで今回の回顧録終了
はままつフラワーパークが舞台の回顧録も終了です

はままつフラワーパーク
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
はままつフラワーパーク(2019年6月)  施設概要・園内観覧編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第980弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク(2019年6月)」の
「施設概要・園内観覧編」です
浜松フラワー2019-1
2019年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のKGO君と
彼の娘の1人であるLちゃんに同行してもらい
おでかけしました
浜松フラワー2019-2
(上画像は、拡大表示可能です)
最初の目的地は、静岡県袋井市にある
世界150品種・200万株の百合を観覧できる花園
「可睡ゆりの園(紹介記事へ)」でした
(※可睡ゆりの園と隣接立地の寺院
「可睡斎(紹介記事へ)」は有料駐車場を利用して
お参りしないのは勿体無いと考えて参拝したので
目的地ではありませんでした)

遊具が一切無い花園たる可睡ゆりの園に対して
ブログ管理人は、あまり興味を抱けませんでした
でも、たまたま無料招待券を入手して
利用可能期日が迫っており
使わないのは勿体無いと考えたことから
可睡ゆりの園へおでかけしました
加茂荘2019-1
第2の目的地は、静岡県掛川市にある
花菖蒲、アジサイ、ダイアモンドリリーなどの
花々を観覧できるスポット

「加茂壮花鳥園(紹介記事へ)」でした

加茂壮花鳥園は、おでかけした段階では
遊びに行く予定はありませんでしたけれど
移動中の車中における
ブログ管理人とKGO君との会話を切っ掛けに
Lちゃんと娘達が「行きたい」と言い出して
特に反対する理由が無かったことから
おでかけしました
浜松フラワー2019-3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、この日最後の目的地こそが
静岡県浜松市西区にある
四季折々の約3000種の草花を
楽しめる植物園な今回記事の舞台

「はままつフラワーパーク」でした
浜松フラワー2019-4
はままつフラワーパークは可睡ゆりの園と同じく
たまたま無料招待券を入手して
利用可能期日が迫っており
使わないのは勿体無いと考えたことから
おでかけしました

ここまで説明したとおり様々なことが重なって
のりゅ(+おでかけメンバー)は
1日で3スポットも花の名所へ
おでかけしちゃいました


「ふん、この我が花の名所を
1日で3スポットも巡っちまうとはな…
まったく、タチの悪いコメディーだぜ」

(↑はままつフラワーパークへ入園する前段階の
ブログ管理人脳内の声)

ブログ管理人は
【花】を慈しむ感性に乏しい自分が
1日で3スポットも【花】の名所へ
おでかけしちゃった結果を
省みたところ可笑しくなり
自身をあざけり笑う意味を込めて
【鼻】で笑った
のでした

はままつフラワーパーク
(公式HPへ飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5㎞(片道) 

到着時間目安 45分

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 537台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

こども広場の営業
12月~2月間は、土・日・祝日のみ


営業時間
3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30

入園料
3月~6月 高校生以上600円~1000円
小中学生 300円~500円

7月~9月 大人&子供無料

10月~2月 高校生以上500円
(園内で利用できる300円分のお買い物券付)
小中学生無料
※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
セット訪問候補
浜松市動物園(クリックで、紹介記事へ) すぐ隣


浜松フラワー2019-5
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

敷地面積は30万㎡(東京ドーム6.4個分)の
はままつフラワーパークは

回顧録序文で前述したとおり
四季折々の約3000種の草花を
楽しめる植物園
です

草花を楽しむだけでなく
はままつフラワーパーク園内にある
「こども広場」へ行けば遊具だったり
遊園地的アトラクションを楽しめます


こども広場にて楽しめる
遊具&遊園地的アトラクションの数々は
次回の
「こども広場編」にて詳しく紹介します

フラワーイルミ2018-20-1
(↑フラワーイルミネーションの参考画像です)
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワーイルミ2018-11
(↑フラワーイルミネーションの参考画像です)
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークは
毎年11月後半~1月上旬にかけて
総電球数約100万球の光の祭典

※フラワーイルミネーション
開催されるスポット
でもあります
(※クリックにて前年度開催の回顧録へ飛びます)

そんなはままつフラワーパークの
駐車料金は、1台1回200円
入園料金は、季節ごとに変動します
7月~9月間は
大人も子供も入園無料
でございます

はままつフラワーパークの施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・園内観覧編」です
ここからは副題の残りということで
はままつフラワーパーク園内(一部)を紹介
思い出を振り返ります
浜松フラワー2019-6
浜松フラワー2019-7
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワートレイン
利用料金 高校生以上100円、3歳~中学生50円


はままつフラワーパークマップに載っている
点線ルートを走る園内バスです
約15分かけて1周します
途中で降りることも可能なので
広大な敷地の移動手段としても使えます
浜松フラワー2019-9
はままつフラワーパークへ娘達を引き連れ
おでかけした回数は、この時通算8回目でした

なのに、フラワートレインに
乗ったのは、この時が初でした☆

(↑フラワートレインが動いていない
イルミネーションを観覧しに行った回数が6回
2015年冬、昼間に来園した時は乗りませんでした)
浜松フラワー2019-10
(上画像は、拡大表示可能です)
フラワートレイン乗車中、運転手さんが
見頃の花について音声案内してくれました
浜松フラワー2019-11
フラワートレインを降りたのちは
園内の池で一定時間ごとに始まる
大噴水ショーを観覧しました
浜松フラワー2019-12
(上画像は、拡大表示可能です)
大噴水ショーは、噴水だけでなく
上画像右に写っているミストな演出もあります
浜松フラワー2019-13
大噴水ショーを見終えたのちは
大温室(クリスタルパレス)を目指して移動しました
浜松フラワー2019-14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室(クリスタルパレス)へ向かうまでの道中
写真を撮ってもらうことが好きらしい(←KGO君曰く)
Lちゃん(上画像黒矢印部分に写る女児)は
様々な植物の展示物の前でポージング
KGO君に撮影してもらいまくってました
浜松フラワー2019-15-0
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室(クリスタルパレス)内でも、Lちゃんは
KGO君に撮影してもらいまくってました
浜松フラワー2019-15-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像赤矢印部分に写る
Lちゃんの女優 or アイドルに
なりきったかの如きポージング
を見て
加茂屋敷18
(↑下記の遊びの参考画像です)
(上画像は、拡大表示可能です)
「ぬぅ!我考案の遊び
『古民家で物想いに耽る
※風雅な美壮年ごっこ』

匹敵するクオリティ!!」

(※風雅→高尚で、みやびな趣のあること)

約40歳男性(ブログ管理人)は
8歳女児(Lちゃん)の
今後伸びてゆくであろう
ポージング遊びの実力に
恐れ戦かされてしまったのでした

浜松フラワー2019-17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみに、Lちゃんは
上画像赤矢印部分に写っているような
お茶目なポージング遊びも恥ずかしがらず
やってしまう8歳女児
です
浜松フラワー2019-18
Lちゃんは、ブログ管理人が
「おっぱいをタッチしている写真を
撮らせてくれるかい?」と頼んでも
快く応じてくれる8歳女児
です

上画像を撮影したのち、のりゅ達は
大温室(クリスタルパレス)を退室しました
浜松フラワー2019-18-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ちなみの情報となりますが
大温室(クリスタルパレス)内には
カフェがあり、上画像に載っている
バラのソフトクリームを購入することができます
ここでしか食べられない一品とのことです
浜松フラワー2019-19
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室(クリスタルパレス)を退室したのちは
ローズガーデンへ移動しました

ブログ管理人は、Lちゃん&次女に
ぶりっ子ポーズをやってもらい
上画像を撮影しました


「さぁ~KGO君~♪
バラに囲まれたシュチュエーションで
※美壮年2人で
イケメンポーズをして
写真を撮ってもらおうぜぇ~☆」

(※美壮年2人→のりゅとKGO君のことです)

上画像を撮影したのち
ブログ管理人は、KGO君に
上記の提案をしました


恥ずかしがり屋さんのKGO君には
お断りされちゃいました…(哀)

浜松フラワー2019-20
ブログ管理人はKGO君に
断られることを想定していました


提案して断られる前に
カメラを長女に渡しておきまして
バラに囲まれたシュチュエーションで
美壮年2人イケメンポーズはムリでも

バラに囲まれたシュチュエーションで
美壮年2人じゃれ合う様

撮影してもらいました~♪

上画像は、まさしく
【絵にも描けない美しさ】ですね!

浜松フラワー2019-21new7
(上画像は、拡大表示可能です)
ローズガーデンにて遊んだのち
メインエントランス内のカフェレストランに売っている
プレミアム生クリームソフト「CREMIA(クレミア)」
購入したのち堪能しました

CREMIA(クレミア)は
ソフトクリーム総合メーカー
「日世」
技術の粋を集めて生み出した
プレミアムソフト
です
(↑クリックすると紹介サイトへ飛びます)

はままつフラワーパークの
CREMIA(クレミア)販売価格は、1つ500円
です
(↑他スポットでの販売価格も、たいがい1つ500円)

以前は、ミルク味しかなかったのですが
チョコ味&ミックス味も販売開始されたとのことです
浜松フラワー2019-22
牛乳嫌いの長女は
濃厚なミルク味のCREMIA(クレミア)が
食べられないのですが
チョコ味なら食べられました


「『チョコなら食べられるかも…
挑戦してみる』とか言いやがって
1つ500円もするんだぞ!
チャレンジ精神を持つなら
スペックの高いジェットコースターが
お化け屋敷に対して持てよ!」

(↑上画像を撮影した時のブログ管理人脳内の声)

といったところで、今回の回顧録終了です

はままつフラワーパーク
次回へ続きます☆
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.