fc2ブログ

アニマルカフェ不可思議に遊びに行きました

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1413弾は、愛知県一宮市にある
「アニマルカフェ不可思議」です
アニマル不可思議1
2023年8月某日
のりゅは、次女を引き連れ
愛知県江南市にある今回記事の舞台
「アニマルカフェ不可思議」
遊びに行きました

アニマルカフェ不可思議は
この日1日で
おでかけした全6スポット中
ラストな目的地でした

アニマル不可思議2
アニマルカフェ不可思議に
遊びに行く前
5スポット遊んだ疲れから
次女は、道中の車中で
眠ってしまいました

アニマル不可思議3
上画像は、午睡中の
次女の顔面に
真夏の日差しが
当たっていた時に
撮影した写真
です
アニマル不可思議4
まどろみ中の次女の
真夏の日差し対策が
上画像矢印
でした~☆

アニマルカフェ不可思議
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 130.5km(片道)

到着目安 1時間50分

高速料金 4220円(最寄のIC降車の場合)
※2023年10月時点

駐車場 6台 無料

所在地 〒491-0927
愛知県一宮市大和町戸塚字宮崎西17-3

電話 090-5001-8228

定休日 金曜・日曜

営業時間 平日:13:00~17:00
土曜日・祝日:11:00~17:00

入場料 1名60分1600円
※延長料金は、30分500円


アニマル不可思議5
駐車料金無料な
アニマルカフェ不可思議の
入場料金は1名60分1600円で
延長料金は、30分500円
です
アニマル不可思議6
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が遊びに行った時
入場料金を支払いますと、ドリンクかアイス
どちらかから1点選んで、もらえました
アニマル不可思議7
(上画像は、拡大表示可能です)
あと、のりゅ達が遊びに行った時
好きなフクロウを選んだのちの
手乗せ体験1回は
入場料金コミコミ
でした

上画像に写ってますとおり
小さなフクロウを手乗せして楽しめましたし
アニマル不可思議8
(上画像は、拡大表示可能です)
大きなフクロウも手乗せして楽しめました
アニマル不可思議9
(上画像は、拡大表示可能です)
次女&のりゅが手乗せした以外にも
フクロウは上画像に写ってますとおり
アレコレ飼育されており、頭部を撫でたりの
ふれあい体験が楽しめました
アニマル不可思議10
(上画像は、拡大表示可能です)
さわろうとすると噛んでくるフクロウも
飼育されてましたが、解説に記されていたとおり
カミカミされても痛くなかったです
アニマル不可思議11
(上画像は、拡大表示可能です)
アニマルカフェ不可思議は、フクロウ以外にも
アレコレな鳥類を飼育しているスポットであり
上画像に写るチョウゲンポウ(ハヤブサの仲間)
その1種です

チョウゲンポウの近くには、ふれあいの際
爪とクチバシに注意との解説が設けられてました
アニマル不可思議12-1
(上画像は、拡大表示可能です)
アニマルカフェ不可思議では
ケープペンギン(上画像)
飼育されてました

ふれあい禁止ではないみたいでしたが
解説に触ると必ず噛まれて
ものすごく痛いと記されていたので
ナデナデチャレンジは諦めました

あと、解説に400万円と高額な
おむかえ価格が記されていたのを見て
「それなりの車が買えちゃうな…」との
感想を抱きました

そんな感想を抱いたケープペンギンは
毎週土曜日、事前に問い合わせて予約しますと
散歩体験が楽しめるとのことですが
入場料金とは別途で1組500円の料金が
かかるとのことです
アニマル不可思議13
(上画像は、拡大表示可能です)
アニマルカフェ不可思議では
世界で2番目に大きい現生鳥類の
エミュー(上画像)も飼育されてました

東武動物5回8-2
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
2020年12月某日の
上画像の出来事以来
次女は大きな鳥を
怖がるようになって
ソレは克服されてないと
認識していたのですが

アニマル不可思議14
(上画像は、拡大表示可能です)
2023年8月某日で
アニマルカフェ不可思議に
遊びに行った日
父親(のりゅ)から
撫でてみることを
勧められた次女は
エミューを、ためらう様子なく
ナデナデしてのけたのでした


「ちっ…怖がって嫌がると
思ったのに、つまらんな…」

(↑上画像撮影者が脳内で思ったこと)

当ブログ管理人は
次女の成長が見れて
大きな喜びを覚えました


ココまで鳥類ばっかりを紹介しましたが
アニマルカフェ不可思議は
哺乳類もアレコレと
飼育されているスポット
です

小さな哺乳類から紹介していきますね
アニマル不可思議15
(上画像は、拡大表示可能です)
モルモット(上画像左)
スキニーハムスター(上画像右)


モルモット&スキニーハムスターは
ふれあい体験OKな動物でした
アニマル不可思議16
(上画像は、拡大表示可能です)
ハリネズミ(上画像左)
リチャードソンジリス(上画像右)


ハリネズミ&リチャードソンジリスは
ふれあい体験OKな動物でした
アニマル不可思議16-1
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像左は、別スポットで撮影した写真です)
フクロモモンガ(上画像左)

上画像左は
別スポットで撮影した写真で
当ブログ管理人は
アニマルカフェ不可思議に
遊びに行った以前ですが
フクロモモンガと
ふれあうことに
執着してた時期がありました


アニマルカフェ不可思議で
フクロモモンガへの
執着を解消した場合
うんち&おしっこが
おまけなプレゼントとして
付いてきたみたいなので
前もって別スポットで
ふれあってから
今回記事の舞台に
遊びに行けて
ホントに良かったと
心の底から思いました

アニマル不可思議16-2
ミーアキャット(上画像)

ミーアキャットは
ふれあいOKな動物だったと思いますが
確実なことを知りたい方は
電話確認することを推奨します
アニマル不可思議17
(上画像は、拡大表示可能です)
パームシベット(上画像)

【ジャコウネコ】との名の方が有名な
上画像の動物
のウンチから出てきた豆は
高級なコーヒーになることで知られてますね

そんなパームシベットは
ふれあいOKな動物
でした
アニマル不可思議18
でも、パームシベットは
当ブログ管理人が
付けていたマスクを
噛んで外そうとしたくらい
ヤンチャな性格であり
野生では樹上で暮らす動物なので
爪が鋭く、腕の上を歩かれると
それなりに痛みを感じましたし
指なんかも噛まれたのですが
けっこう痛かった
です
アニマル不可思議19
キンカジュー(上画像)

キンカジューは
ふれあいOKな動物
であり
当ブログ管理人が、ぜひとも
ふれあってみたいとの
願望を抱いていたくらいに
目当てとしていた動物でもありました

アニマル不可思議20
(上画像は、拡大表示可能です)
キンカジューは通常
人に懐かない動物
とのことですが
アニマルカフェ不可思議で
飼育されている個体は
抱っこできちゃったくらいに
人なれしちゃってました


キンカジューと
ふれあえる
ことは
激レアな体験なわけですけれど
その代償として
300円の料金がかかりました

アニマル不可思議21
(上画像は、拡大表示可能です)
で、目当てとしていた動物と
ふれあえた上画像に写る男性の
マスクの下は、だらしない笑顔の
口状態だったと思われます

アニマル不可思議23
ケープハイラックス(上画像)

見た目はモルモットっぽいけれど
ゾウと近縁種な動物です

そんなケープハイラックスは
ふれあいOKな動物でしたが
解説に触り方にコツがあって
噛まれると少し痛いと記されてました
アニマル不可思議24
キイロマングース(上画像)

ふれあいはNGな動物でした
アニマル不可思議25
(上画像は、拡大表示可能です)
シマスカンク(上画像参照)

解説(上画像)によると
シマスカンクを見れる
国内の動物園は
わずか3箇所
とのことです

のりゅ達が遊びに行った時
アニマルカフェ不可思議では
そんなレアな動物である
シマスカンクが飼育されてた
ので
ブログ掲載用に写真撮影したいとの
願望を抱きましたが、同動物は
ケージ内の奥の方に終始
引っ込んでいて、その姿を見せてくれませんでした

あと、シマスカンクが
ふれあいOKか?NGか?は
確認し忘れてしまいましたので
臭かろうとも
もしくは臭くなってしまっても
同動物を可能なら撫でてみたいし
抱っこしてみたいとの
願望を抱いた方は
電話確認することを推奨します

アニマル不可思議26
(上画像は、拡大表示可能です)
コアリクイ(上画像)

威嚇ポーズがカワイイことで有名な
コアリクイは
ふれあいOKな動物
でした

そんなコアリクイとの
ふれあい体験は、この時が初
でした

当ブログ管理人が知る限りで
コアリクイふれあい体験が
楽しめる国内スポットは
アニマルカフェ不可思議のみ
です
(↑ちょいグーグル検索して調べた限りでは
コアリクイふれあい体験が
楽しめる他の国内スポットがあるのか?は
分かりませんでした)
アニマル不可思議28
カピバラ(上画像)

世界最大の現生げっ歯類動物ですが
ふれあいOKか?NGか?は
確認し忘れてしまったので
知りたい方は電話確認されることを推奨します
アニマル不可思議29
トカラヤギ(上画像)

トカラ列島、奄美群島などで飼育される品種で
ふれあいOKか?NGか?は
確認し忘れてしまったので
知りたい方は電話確認されることを推奨します
アニマル不可思議30
(上画像は、拡大表示可能です)
フタユビナマケモノ(上画像)

1日に18~20時間も眠り
ゆっくりでしか動けないことで有名な動物ですが
ふれあいはNGでした
アニマル不可思議31
(上画像は、拡大表示可能です)
解説(上画像)によると
フタユビナマケモノが
地上に降りるのは
1週間に1回程度

排泄の時とのことですが

アニマル不可思議32
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなレア場面(上画像)を
観覧できちゃったのでした!


日頃の行いが
良過ぎるがゆえの
【ウン(運)】
上画像レア場面を
見れたのかもと
写真撮影時は
判断しましたけれど
のちのちに
この時の思い出を
振り返ってみて
排泄が尿だったかもの
事実に気付きました


当ブログ管理人は
上記を考えれるくらいには
ゆとりがある人生を
送れていま~す☆

アニマル不可思議33
(上画像は、拡大表示可能です)
フタユビナマケモノは
ふれあいNGな動物でしたが
エサやりOKで
その体験料金は300円
でした
アニマル不可思議34
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅ達が遊びに行った時の
アニマルカフェ不可思議の
動物エサやり体験料金表を撮影した写真です

フタユビナマケモノ以外にも
アニマルカフェ不可思議は
アレコレな動物相手のエサやりが
楽しめるスポット
ですし
延長なし1時間の滞在では
写真を撮る時間を捻出できなかったがゆえ
画像掲載して紹介できませんでしたが
ヘビ、ヤモリなどの爬虫類も飼育されてますし
デグー、マイクロブタなど当ブログ管理人達が
ふれあわなかった哺乳類も飼育されてます

といったところで、今回の回顧録終了です

アニマルカフェ不可思議
心惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示