FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201510
富士サファリパーク ジャングルバス編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第224弾は、静岡県裾野市にある
「富士サファリパーク ジャングルバス編」となります
ジャングルバストップ
前回記事(クリックにて、前回記事へ)のマイカーによる
「富士サファリパーク」「昼のサファリ」を体験した我が家
しばらく※軽食などを食べて腹ごしらえをしながら
(※マイマザーのおごりだよん♪)
搭乗予約していた「ジャングルバス」の出発時刻を待ちました

ジャングルバスとは、富士サファリパークのサファリゾーンを
周遊する動物を模したバスで
マイカーは、アスファルトコースを走りながら観覧することしか
できませんが
241-9.jpg
ジャングルバスは、アスファルトコースからはずれて
ライオンの集団のいる場所へ停車
バス搭乗者は、金網越しに、エサやり体験ができる等
より迫力のある非日常体験が楽しめます

そんなジャングルバスの利用料金
家族5名分(6500円)をのりゅが負担することになりました
なんで?と問われれば
同行させたおサイフ…マイマザーが
出してくんなかったから…なわけですけれども
前回記事(クリックにて、前回記事へ)でも述べたとおり
※我が家のおでかけルールでは
(※クリックにて、参照記事へ)
「おでかけしたい!」と希望した人物に
様々なおでかけ費用の支払い義務が発生します
よって、少しでも、のりゅの負担を減らすため
孫(娘)のおねだり作戦にて、マイマザーを同行させ
富士サファリパーク入園料金(割引金額で、8000円)を
マザーに、負担させることに成功
そこまでは、良かったのですが
続いて、のりゅが立案、娘どもに実行させた
「ばーばとジャングルバスへ乗りたい!
おねだり大作戦」」


マザー「ばーば、もうお金ないよぉ~
パパに出してもらおーね☆

はねのけられました

※孫が大好き、孫に甘々なマイファザーでしたら
陥落すること間違いなしの作戦だったのに
さすがに、長年、我が家の家計を
支えていただけあって、可愛い孫のおねだりとはいえ
マイマザーには、一定以上通用しないようでした
(※マイファザーの孫大好きエピソードは、クリック先を参照)
おサイフとしての能力は
マイファザーのほうが上ですね

(マイファザーは、お仕事で欠席)

ちなみに、のりゅの傍らには
富士サファリパークに入園してから
1円たりとも使っていない人物
いましたけれど、その人物については
詳しく触れないでおきますね☆

さて、お話をジャングルバスへ戻します
ジャングルバスの搭乗手続きは
予約案内所
上写真の案内所にて実施することができます

夏休みシーズンの平日
9:30前に、富士サファリパークへ来園
すぐさま予約案内所へ行ったにもかかわらず
結構な混雑具合でした
サファリ画面
結構な混雑具合がどのような影響を及ぼすのか?を
説明いたします
ジャングルバス予約案内所には
上写真のモニターがあって
出発時刻さえ気にしなければ好きな動物のバスへ
搭乗できると思われます
しかし、我が家は、バスのえり好みをせず
家族5人で最速で乗れるバスを選択したにもかかわらず
12:00過ぎのバスへ搭乗となりました
よって、ジャングルバスへ乗りたい方は
富士サファリパーク来園後、すぐに予約を済ませるか
もしくは、富士サファリクラブ会員には
ジャングルバスの予約枠があるので、入会後
インターネット上で、事前予約を
済ませておくことをオススメします

富士サファリパーク
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離(片道) 118キロ

高速料金  2700円
※新富士IC降車の場合

到着時間目安 2時間

駐車場 1400台

所在地 〒410-1231 静岡県裾野市須山2255−27

電話 055-998-1311

営業時間 9:00~17:00(季節によって変動)

定休日 無休

入場料
大人(高校生以上) 2700円
小人(4歳~中学生) 1500円
シニア(※65歳以上)  2000円
※年齢を証明できるモノが必要
3歳以下 無料
※公式HPに入園割引券あり
※富士サファリクラブ会員になり、カードを提示すれば
公式HPの入園割引券より高い割引料金
大人(高校生以上)は700円割引
小人(4才~中学生)600円割引


ジャングルバス
1人1300円(3歳以上有料)
平日 約30分間隔で運行
土日祝 約10分間隔で運行
※夏休み、ゴールデンウィーク期間は、約10分間隔で運行
サファリゾーン 1周約50分



長女マザー
ジャングルバスへ搭乗
のりゅ、長女、マイマザーで着席
次女 嫁順
反対側の席に、嫁、次女が着席しました
最初のクマさん
ジャングルバス出発
サファリゾーン最初のエリア「クマゾーン」のクマ
ジャングルバスは
金網越し+着席すると基本的にその場所から動けないため
動物を写真撮影するという行為は
ぶっちゃけ、マイカーよりやりにくかったです
クマのエサやり
クマゾーンにて、最初のエサやり体験
座席下にあるハサミを使用して金網越しにエサやりを実施

クマゾーンのクマは
ある程度、芸を仕込まれているようです
ジャングルバスがクマゾーンの所定の位置で停車
kumanogei.jpg
立ち上がる芸を披露してくれました
(芸の終えると富士サファリパークスタッフの乗る4WD車から
エサが投げられてました)
ライオンの群れ
ジャングルバス、メインイベント
「ライオンゾーン」でのエサやり体験
満腹食べない
クマゾーンと同じくハサミを使ってエサを車外へ
周囲で寝ているライオンは、満腹なのか
のりゅのエサに、全く反応してくれませんでしたが
遠方からメス
遠方からメスライオンが歩いてきて
メス食べる
のりゅのエサを食べてくれました
「伊豆アニマルキングダム」では「ホワイトタイガー」への
エサやり体験、やりたかったのに
できませんでしたからね~
(クリックにて、参照記事へ)
ちょっとした感動の瞬間でした☆
日本語通じない
エサが全部なくなったところで
寝ていたオスライオンが起き上がり、長女と視線が合いました
「もうないよぉ~、ゴメンネ~」とオスライオンに
言い聞かせていた長女
通じるはずありませんな
プレッシャーから解放
搭乗者全員のエサやりを終えると
ジャングルバスは、発進
オスライオンのプレッシャーから解放された長女は
安心したのか?その場でズルズルズル…
プロレスごっこ
ライオンのエサやり体験後、ライオンゾーン移動中
赤枠部分のライオンのつがいと遭遇
何をしているのか?を説明すれば交尾をしておりました

この時、ジャングルバスの運転手さんから
「良い子のお子さまは
反対側をご覧くださーい」
「プロレスごっこをしています」
「プロレスごっこは
1日数十回いたします」
「でも1回20秒くらいです」

といった面白い解説が入りました

ジャングルバスは、淡々とコースを周遊するのではなく
上記のような面白い解説や
「サイの角は、骨ではなく毛でできている」
動物のトリビアなどを教えてくれるので
「へぇ~」だの「ほぉ~」と感心してしまった場面が
何度もありました
ゾウゾーンへ
そして、いよいよ「ゾウゾーン」
前回記事(クリックにて、前回記事へ)で書いたとおり
マイカーで、サファリコースを周遊した際
ゾウが泳いでいなかったため
2015年7月11日より開始された
日本初「水中のゾウ」
見ることができませんでしたが
6500円も支払って
搭乗したジャングルバス

きっと水槽前に停車して
決定的な瞬間を
観覧させてくれるに
違いありませんね♪












走り抜けた
停車することなく走り抜けました
「マジで!?」な展開でした
この時もゾウは、泳いでませんでしたけど…
運転手さんの解説も全く入らず
減速することなく水槽前を走り抜けてしまい
本当に、びっくりいたしました
242-17-1.jpg
ジャングルバス、最後のエサやり体験は
「一般草食ゾーン」のラクダが対象でした

直接エサを渡すのではなく
赤枠部分に、エサを投入、回転させると
エサが車外へ出る仕組みとなってました
ラクダ臭い
ラクダ、金網越しに最接近
tyouzyoutiwa.jpg
長女「いやー!臭いー!!」

ラクダの臭いに顔をしかめつつ
必死で手のうちわを扇ぐ長女
でした☆

といったところで、今回の回顧録終了です

富士サファリパーク、次回は「ふれあい牧場編」となります

おまけの情報
我が家は、利用しませんでしたが
富士サファリパークのサファリゾーン観覧方法として
マイカーで回る、ジャングルバスで回る以外

ナビゲーションカー
利用料金 4WD車1台1回5000円
(5人乗り用、7人乗り用あり)

タッチパネル式のタブレット端末を操作して
動物の説明を聞きながらサファリゾーンを周遊
キリン等の草食動物にエサやり体験ができる

(クリックにて、富士サファリパーク公式紹介ページへ)

というモノがあります

ジャングルバス搭乗手続き前
1円たりとも使ってない人物
「わたし、ジャングルバスより
ナビゲーションカーの方が面白いと思う
4WD車にも乗ってみたいと思わない?」なんて
ススメられる場面がありました

のりゅも多少興味ありましたけれど
1円たりとも使ってない人物
喜ばせるため、のりゅが負担する気にもなれないし
1円たりとも使ってない人物
自分で負担してまで
乗ってみる気にはならなかったようでした
スポンサーサイト



copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.