FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201604
日本モンキーパーク遊園地(2016年2月訪問) モンパティ前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第320弾は、愛知県犬山市にある
「日本モンキーパーク遊園地(2016年2月訪問)」の
「モンパティ前編」となります
モンパティ1-1
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「日本モンキーパーク遊園地」の「催事館周辺」
アトラクションを一通り体験した自分と娘達
すっかり存在を忘れていた
遊んでいる最中もずっと心配していた
マイファザーの車酔いも回復
「モンキーパークへ入場した」との連絡が入り
大観覧車下で合流
モンパ催事場2
(上の画像は、拡大表示可能です)
そのまま大観覧車のあるエリア「モンパティ」
遊ぶことにしました
モンパティにあるアトラクション数は全部で14つ
今回の回顧録は、その半分7つをご紹介
思い出を振り返ります

そして、モンパティは
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
何度も語っていたとある計画
長女相手に、ソレを仕掛ける舞台でもありました

日本モンキーパーク遊園地
(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北ICからの距離 134.5キロ(片道)

高速料金(小牧ICにて降りた場合) 3200円
※2016年3月現在

到着目安 1時間55分

駐車場 1300台
3月~秋イベント期間 1000円
秋イベント終了~2月 500円
自転車・自動2輪車・原付2輪車は無料

所在地 〒484-0081 愛知県犬山市官林26 

電話 0568-61-0870

営業時間 10:00~17:00 季節・曜日により変動

定休日 夏期と冬期にあり
※公式HPを確認推奨

入園料 おとな(中学生以上) 1100円
  こども(2歳から)   600円
※世界のサル類動物園は、別途入園料が必要

フリーパス代金 おとな(中学生以上) 3500円
           小学生        3000円
           こども(2歳以上)  2300円
※入園料込

セット訪問候補 
犬山ひばりヶ丘公園(紹介記事へ) 4キロ 10分


レディース&ジェントルメン!お待たせしました
お化けが大嫌いな長女に
お化け屋敷を挑戦させ
心の成長を促す企画第5弾~♪

(※クリックにて第1弾へ)
(※クリックにて第2弾へ)
(※クリックにて第3弾へ)
(※クリックにて第4弾へ)
モンパティ1-2
今回、長女ちゃんの挑戦する(させられる)
お化け屋敷は、日本モンキーパーク遊園地
※2014年6月に訪問した際には
外観を見るなり
「入らないからね」宣言
されてしまいました
あれから1年6ヶ月…
多少は、成長したといえど
素直に入館してくれるはずもありません
その方が個人的に燃える

外観からソレだと分かりやすい
日本モンキーパーク遊園地のお化け屋敷
「騙す」「さり気なく連れ込む」等
過去の手法が通用しないのは明白でした
では、いかなる手法を用いて挑戦させたのか…?
それは、追々語ることにして
モンパティのアトラクションをご紹介
思い出を振り返りたいと思います
モンパティ1-3
大観覧車
利用条件 6歳以上1人で利用可
1歳~5歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
雨天OK


高さ55m、1周約12分の観覧車
木曽川周辺の緑豊かな山々
晴れた日には、犬山城、小牧城、岐阜城を
望むこともできるそうです
モンパティ1-4
上画像の黒枠部分には、マイ両親と次女
モンパティ1-5
長女は、お1人様にて搭乗しました

次女「じーじ、ばーばと乗る
パパは、乗らないでね」


長女「1人で乗るから
パパは、乗らないでね」


その結果が、1家族3ゴンドラ利用です
綺麗な風景を「望む」ことはできても
アトラクションに、団結して「臨む」ことが
できませんでした
モンパティ1-6
(上の画像の搭乗者は、次女、マイマザーです)
モンパのサーカスパイロット
利用条件 6歳以上1人で利用可
1歳~5歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
小雨OK


飛行機は、支柱を中心にくるくる回ります
搭乗者は、上下操作が可能です

長女に、お化け屋敷を挑戦させる上で
まずネックになるのが、次女の存在でした
次女も長女と同様にお化けが大嫌い
本来なら姉妹まとめてお化け屋敷を
挑戦させたいところなのですが
2人そろって※全力拒否行動をされると
のりゅ1人では
さすがに、対処できなくなります
(※例→その場で大の字になる)
モンパティ1-7
(上の画像の搭乗者は、次女、マイマザーです)
ストロベリーカフェ
利用条件 6歳以上1人で利用可
1歳~5歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
雨天OK


サンリオキャラクターのコーヒーカップです

「二兎を追う者は一兎をも得ず」という
有名なことわざがあるように、欲張りは禁物
次女は、いずれの楽しみ
まずは、長女に専念しようと思いました
次女の世話は、マイ両親にまかせることにして
モンパティ1-8
のりゅは、計画遂行まで、長女と一緒に行動
その上で、長女が「1人で乗りたい」と主張するなら
好きなようにさせていました
モンパティ1-10
(上の画像は、拡大表示可能です)
モンピーのふわふわハングライダー
利用条件 小学生以上1人で利用可
3歳~6歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円


魔女の人形の付いた支柱が上昇
ハングライダーは、勢いよく回転します

長女が「1人で乗りたい」と主張するなら
好きなようにさせていました
長女へ仕掛ける企画(計画)達成のための
のりゅの「※戦略」です
(※戦略→全体的な方針)
モンパティ1-11
ぷかぷかドルフィン
利用条件 6歳以上1人で利用可
1歳~5歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
小雨OK


ミニミニ急流滑りです

長女が「1人で乗りたい」と主張するなら
好きなようにさせていました
そして「理想のパパ」に徹し
「長女ちゃ~ん♪」と
爽やかな笑顔で手を振る

企画(計画)遂行のための「※戦術」
(※戦術→戦略に基づいた細かい個所)
モンパティ1-12
アンパンマンのハッピースカイ
利用条件 5歳以上1人で利用可
1歳~4歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円
小雨OK


アンパンマンキャラクターのゴンドラに乗り
お空のお散歩をします
モンパティ1-14
(上の画像は、拡大表示可能です)
長女が「1人で乗りたい」と主張するなら
好きなようにさせていましたけれど
時には、長女の次に搭乗して
たまたま乗ることになったゴンドラが「バイキンマン」
(上画像の赤枠が、自分の乗ったゴンドラ)
瞬時の判断で、この状況を利用
「バイキンマンじゃ~ん!」と
心底嫌そうな顔を演出

モンパティ1-13
「パパ、バイキンマン~♪」と
嬉しそうな長女


自分を貶めて
長女をご機嫌にさせる…

コレも「戦術」の一環でした

アンパンマンのハッピースカイを体験した後
「そろそろ頃合いかな?」と判断
モンパお化け屋敷外観です
「次は、お化け屋敷に行ってみない?」と長女に
やんわりと提案しました

モンパ君のお化け屋敷
利用条件 小学生以上1人で利用可
1歳~6歳は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円


「え~」と気乗りしない感じだった長女ちゃん
いつもなら全力拒否される場面でしょうが
この時、機嫌が良かったんでしょうね

日本モンキーパークにて
長女に、お化け屋敷を挑戦させるための手法は
「長女をご機嫌にさせ
提案を通りやすくする」
というモノでした
人って、嫌なことでも機嫌が良ければ
「まぁ、仕方ない」とやってくれることがありますよね
モンパティ1-15
「ほらほら~、出てくるお化けは
『妖怪ウォッチ』的な
怖くないお化けばかりだしぃ~」


続いて、コミカルチックな外観の看板を指差し
長女ちゃんの承諾を得る工夫をしました

長女「う~ん…」



長女「やっぱり、やめとく~」



皆様、のりゅには
自分なりの矜持があります
あえて、情報を与えなかったり
全てを話さず、楽しさを
PRして誘導するのはOK
ですが
嫌がる我が子をむりやり体験させるのは
紳士たる自分の
美学が許しません!

許さないのですけれど…
矜持・美学をやむを得ず
捨てねばならない場面って
世の中にはありますよね?

提案・交渉がダメなら
下策中の下策しかないわけです

ああ…最も美しくない手法
採用するしかないなんて…
とても悲しかったですぅ~♪
モンパティ1-16
というわけで、お化け屋敷挑戦が実現♪
困難に臨む直前の長女ちゃんです
モンパティ1-17
(上の画像は、拡大表示可能です)
日本モンキーパーク、お化け屋敷の
「妖怪ウォッチ」的なお化けです
モンパティ1-19
長女ちゃんは、終始、この調子でした♪
この後、意外な展開がありました
モンパティ1-20
お化け屋敷の挑戦終了後、マイ両親と合流
何故か、マイマザーが
「長女ちゃん、一緒におばけ屋敷入らない?」と提案

長女「ばーばと一緒なら入る」

提案したマイマザーの行動も意外なら
応じた長女の行動も意外でした
マイマザーを利用すれば
美しくない手法を
採用しなくても良かったとは!

コレは、最終目標「富士急ハイランド」
「最恐戦慄迷宮」挑戦時に使えるかもしれませんね
モンパティ1-21
しかし、提案に応じたとはいえ、のっけから
耳をふさぎ、マイマザーに隠れる長女ちゃんでした☆

といったところで、今回の回顧録終了です

日本モンキーパーク遊園地
「モンパティ 後編」へ続きます☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.