FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201606<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201608
福田第1公園へ寄り道
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第405弾は、静岡県磐田市にある
「福田第1公園」です
福田第1公園1
上画像の公園名称看板は、文字が消えかかっていて
満足に読めない状態ですが「福田第1公園」と書かれています
んでもって、今回の回顧録のタイトルが
「福田第1公園へ寄り道」となっている理由は
今回の回顧録の舞台、福田第1公園が
本来は立ち寄る予定ではなかった訪問地だからです

2016年6月末、自分と娘達
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人、マー君と
静岡県磐田市の公園巡りをしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「浜部農村公園」を退園した後、次なる目的地を目指すため
福田第1公園2
マー君は、スマホで移動ルートを調べていました

おでかけ前の計画の段階&おでかけ時
マー君のお仕事

娘達の子守
抱っこ要求魔(次女)の運搬
ブログ掲載用写真撮影係
のりゅの雑談相手
訪問スポット提案役
おでかけ計画相談役
※ナビゲーター

(※近隣市町村を巡る車には、カーナビが搭載されておらず
のりゅはスマホを持っていないため)

数多くあるお仕事の中でも、横から見ていて
特に大変そうだなぁ~と思えるのがナビゲーター
のりゅの調べた公園名と所在地のみの情報から
※公園の位置を割り出し
リアルタイムで道順を案内しなければなりません

(※「あそこの近くだね~」とか言われても
方向音痴な自分は辿りつけない自信があります)

そして、何事もなく事が進めば
マー君への負担も予定範囲内となりますが
不測の事態というモノは
どうしても発生してしまいますよね~

マー君「アレ…?そっちは道が違うけど…?」

この時のマー君の指摘は的確なモノでしたけれど
不測の事態が発生した以上
仕方ありませんでした
今回の回顧録の舞台「福田第1公園」
不測の事態が発生した結果
急遽来園することになった公園です

福田第1公園
(市町村HP紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 23キロ(片道)

到着目安 45分

駐車場 公園入口前に縦列駐車で3台くらい

所在地 〒437-1204 静岡県磐田市福田中島1728

電話 0538-37-4806



福田第1公園3
福田第1公園に明確な駐車場はありません
公園入口付近、上画像の赤枠部分に縦列駐車すれば
車3台分くらいは止められる
と思います

急遽、福田第1公園へ
来園することになった不測の事態…

ソレは、のりゅの知的好奇心が原因です
マー君のナビに従って素直に移動していたところ
遠目にて福田第1公園を偶然発見
パッと見そこそこの公園でしたので、のりゅの中に
芽生えた「訪問したい!」との
内なる衝動が抑えきれませんでした




不測の事態ですよね~☆
さて、そんな経緯から来園した福田第1公園に
設置されている遊具のラインナップを紹介します
福田第1公園4
鉄棒
福田第1公園5
巨大な砂場
福田第1公園6
砂場を挟んで対面するように、ブランコが2基
福田第1公園7
スプリング遊具
福田第1公園8
リングジム
福田第1公園9
木製複合遊具です

福田第1公園は
まぁ~ご近所レベルの公園としては
そこそこ立派かな~?といった程度の感想
でした
長居する理由もないので、ちょっとだけ次女を遊ばせた後
本来行く予定だった公園へ向かう…



向かう前に、マー君にお仕事を
ひとつ頼みました

おでかけ計画相談役としてのお仕事でした

「福田第1公園ってことは
第2第3公園もあるのかな~?
ちょっと調べてくれる?」


マー君「ええっ~!?」

のりゅの突然の無茶な注文にもかかわらず
驚きながらも調べてくれる
マー君が大好きです☆

マー君の調査の結果、第2公園や第3公園は
特にヒットしなかったので
これ以上の寄り道はせず、本来行く予定だった公園を
目指すことになりました

といったところで、今回の回顧録終了です

福田第1公園
興味を惹かれたのなら来園してみてくださいませ☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.