FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
青木中央公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第561弾は、静岡県藤枝市にある「青木中央公園」です
青木中央公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県藤枝市にある「内谷三輪公園」を退園
次にやってきたのが、この日のおでかけにおける
最後の目的地「青木中央公園」でした

青木中央公園には、駐車場がありませんので
最寄の1時間100円の有料駐車場
「※藤枝市営藤枝駅前駐車場」を利用しました

単なる公園へ行くために
駐車料金を支払った
わけですが
のりゅは、青木中央公園に
少年時代の夢を
実現させるために来園
したのです
なので「夢を叶えるためなら安すぎるぜぇ!」と
思ったくらいでした


青木中央公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 46.5キロ(片道)

到着目安 55分

高速料金 930円(島田金谷IC降車の場合)

駐車場 ありません
藤枝市営藤枝駅前駐車場 1時間100円(1台)
駐車場所在地 〒426-0034 静岡県藤枝市駅前2-5-17
青木中央公園は、徒歩500mくらい
7~8分で到着できます

所在地 〒426-0037 静岡県藤枝市 青木3丁目8−18

電話 054-643-3487(藤枝市花と緑の課)


青木中央公園2
青木中央公園マップです

青木中央公園は、2013年に開園した比較的新しい公園です
遊具は、全て「わんぱく広場」に設置されています

のりゅの少年時代の夢
ソレを叶えてくれる遊具については後回し
先に、青木中央公園に設置されている
その他の遊具を紹介します
青木中央公園3
ブランコ
青木中央公園4
鉄棒
青木中央公園4-1
幼児向け複合遊具
青木中央公園5
メインの中規模複合遊具
青木中央公園6
1つ前の画像の反対側から撮影した中規模複合遊具
青木中央公園7
イルカのスプリング遊具
青木中央公園8
複数人で乗れるクジラのスプリング遊具

んでもって、次に紹介するのが
のりゅの少年時代の夢
ソレを叶えてくれる遊具です
青木中央公園9
シャチのスプリング遊具です

のりゅは、少年時代
20数年前に放送されていたテレビアニメ
「七つの海のティコ(クリックにて、アニメ紹介サイトへ)」
ハマりにハマった過去があります
ティコ小説
その証拠をいくつか提示するのなら
20数年前に購入したモノなので
痛んじゃってますけれど小説+ファンブックは
いまだに所有してます
ティコアイコン
(画像素材サイトから頂きました)
さらに、七つの海のティコの主人公
上画像左の「ナナミ・シンプソン」ちゃんは
萌えていただけでなく
彼女は、多くのゲームやアニメ、漫画等を
体験した自分の人生の中で
※3大ヒロインの1人です
(※残り2人は
「風の谷のナウシカ(金曜ロードショーサイトへ)」
主人公「ナウシカ」
「銀盤カレイドスコープ(公式アニメHPへ)」
主人公「桜野タズサ」
ナナミちゃんの潜水能力に憧れて
プールや家のお風呂で
潜水の練習をした過去
もあります

もちろん、ナナミちゃんだけでなく、上画像左の生物
海の王者シャチには
特別な想い入れを抱いており
日本国内のシャチ飼育施設
愛知県名古屋市にある
「名古屋港水族館(紹介記事へ)」へシャチに会うため来館
公開トレーニングを鑑賞しました

千葉県鴨川市にある
「鴨川シーワールド(紹介記事へ)」では
日本唯一のシャチの本格パフォーマンスを鑑賞
ショーでは、盛大な海水の洗礼を
シャチからプレゼントしてもらいましたし
水中のシャチのじっくり観覧するべく
レストラン「オーシャン」にて身銭を切りました

さて、これだけ書けば
のりゅの七つの海のティコへの想い入れ
ひいては、シャチへの想い入れ
ご理解いただけたと思います

ですが、シャチに想い入れがあり
お金、時間、労力を掛けたとしても
「シャチに乗りたい!」
なんて少年時代の夢

シャチのトレーナーにでもならない限り
叶わないと思っていました…

ソレがどうでしょう!
青木中央公園ならば
シャチに乗れるんですよ!!

というわけで…
青木中央公園10
シャチに乗りました!
少年時代の夢を叶えました!!
次女ちゃまに
記念撮影してもらいました!!!


最後に、自分のミスを書かねばなりません
青木中央公園12
イルカ、シャチ、クジラのスプリング遊具周辺には
砂場があったようです
上画像の赤枠部分は、砂場のネットだと思われますが
砂場の写真を撮り忘れました
青木中央公園13
(上画像は、別の公園の砂場です)
なので、別の公園の砂場画像を流用しました
青木中央公園には、上画像のような砂場があります

といったところで、今回の回顧録終了です

青木中央公園
興味を惹かれましたら来園してみてくださいませ☆
内谷三輪公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第560弾は、静岡県藤枝市にある「内谷三輪公園」です
内谷三輪公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県藤枝市にある「貝立公園」を退園したのち
次にやってきたのが、同市内にある「内谷三輪公園」でした
つまり…

ブログ的故郷に帰ってきたぜ!
…な回顧録第2回目ですね

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
読んでおらず、理解不能な方がいらっしゃることを
考慮して再度説明いたしますと
このブログ
「こどもとおでかけ回顧録」
その第1弾の回顧録にて、紹介・思い出を
振り返ったスポットこそが、静岡県藤枝市にある
「藤枝市郷土博物館・藤枝市文学館(紹介記事へ)」なのです

ちなみに、第2弾の「蓮華寺池公園(紹介記事へ)」
第3弾の「駅南公園(紹介記事へ)」
静岡県藤枝市にあるスポットです
第1弾~3弾の記事を作成したのは、今から約2年半前
懐かしいですね~☆…などと
ブログの記事として藤枝市を取り上げるのは
確かに、久しぶりです

しかし、新東名高速道路を利用
東の方向へおでかけして帰ってくる時は
静岡県藤枝市にある藤枝PA(下り)内の
「ラーメン魁力屋(公式HPへ)」
かなりの頻度で立ち寄るんですね
おろしニンニク(好きなだけ入れられる)を
ラーメンスープに、大量投下!
素敵な口臭になって帰宅する
のが
のりゅの※慣例です
(※慣例→繰り返し行われ習慣のようになっている事柄)

それに
※過去の回顧録、修正・強化
とか計画して
1人自宅を出発
(※2015年10月の行動、クリックにて、参照記事へ)
駅南公園強化10
(上画像は、未明の藤枝市に行ったときの参考画像です
従って内谷三輪公園とは別の場所です)

※未明の藤枝市
遊具の写真を撮りに行ったこともあります
(※①未明→明け方)
(※②クリックにて、その時撮影した写真がある記事へ)

内谷三輪公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 51キロ(片道)

到着目安 45分

高速料金 1330円(藤枝岡部IC降車の場合)

駐車場 29台(3箇所ある合計)

所在地 〒421-1132 静岡県藤枝市 岡部町三輪653

電話 054-643-3487(藤枝市花と緑の課)


内谷三輪公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
内谷三輪公園マップです

内谷三輪公園は
2013年7月に整備された比較的新しい公園です
設置されている遊具は、まだまだフレッシュ
豊富なラインナップの公園でした
それでは、ソレを証明するべく紹介いたしましょう
内谷三輪公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
メインとなる大型複合遊具です
内谷三輪公園4
ひとつ前の画像の反対側から撮影した大型複合遊具
内谷三輪公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
内谷三輪公園の大型複合遊具は
アスレチック要素(上画像上左)
スライド移動遊具(上画像上右)
特殊形状の雲梯(上画像下段)

遊べる要素満載の優良複合遊具でした
内谷三輪公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
ただまぁ、トンネルのサイズは子供仕様なので
のりゅが、チューブ滑り台まで辿り着くのは苦労しました

大型複合遊具以外にも
内谷三輪公園8
ブランコ
内谷三輪公園9
鉄棒
内谷三輪公園10
スプリング遊具

スプリング遊具の後ろに見えるキリン
滑り台ではなく複合遊具です
滑り台は、遊べる内容の一部でしかありません
内谷三輪公園11
滑り台以外、次女が触っている部分を
がちゃがちゃ動かして遊べます




複合遊具には、間違いありませんのですよ
内谷三輪公園12
幅広の滑り台

周囲がレッドカラーで幅広の滑り台
この滑り台を前にした自分は、岐阜県岐阜市にある
「岐阜ファミリーパーク ミラクル広場(紹介記事へ)」
ミラクル広場12-1
(上画像は、岐阜ファミリーパークの滑り台です)
グレードフォールを思い出していました

去年の10月、グレードフォールを自分が滑ったところ
朝露で滑り台が湿っていて
恐ろしいほどの勢いで急降下
終着点で両足着地することができず
尻を強打・悶絶することになりました
帰宅後、尻が痛くて痛くて我慢できず
岐阜ファミリーパーク訪問から数日後
近隣の肛門科に行ってみたところ
尻の強打とは関係ないが発覚
※手術入院することになったのです
(※クリックにて、痔の手術入院直前に作成した記事へ)

ある意味、グレードフォールのおかげで
痔の症状に気づくことができ
完治させることができたともいえますが…
グレードフォールを彷彿させる
周囲レッドカラーの幅広滑り台
を前にして

「滑ったら痔が再発する…?」

なんて不安を抱いてしまうのは
仕方ないことではないでしょうか?
滑るか?否か?
※逡巡と葛藤が渦巻く胸中の自分

(逡巡→決心がつかずためらうこと、尻込みすること)
内谷三輪公園13
より良い未来を
踏み出すため滑ることを決意!

我が家の次女ちゃまに
撮影役と見届け役を務めていただきました
ついでに、この記事を読む皆様も
1人の漢(おとこ)の戦いの記録
見届けてくださいませ!
内谷三輪公園14
(上画像は、拡大表示可能です)
滑りました!トラウマ(心的外傷)を乗り越えました!!

事情を知らない方が見ても
おっさんが滑っているだけだが
本人にとっては 、大きな飛躍だ


内谷三輪公園に設置されている遊具は以上です

その他
内谷三輪公園15
(上画像は、拡大表示可能です)
プレイコートが整備されています
バスケットゴールとコート
上画像下段は、野球の投球練習に使うんですかね~
内谷三輪公園16
(上画像は、拡大表示可能です)
健康アスレチックも多数設置されており
次女は、そちらでも遊びまくっていました

といったところで、今回の回顧録終了です

内谷三輪公園
興味を惹かれましたら来園してみてくださいませ☆
貝立公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第559弾は、静岡県藤枝市にある「貝立公園」です
貝立公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県牧之原市にある「このはな公園」にて
※世紀のリベンジを果たした自分は
次なる目的地として設定していた
静岡県藤枝市にある「貝立公園」へやってきました
(※のりゅ個人の認識です)
貝立公園2
貝立公園より藤枝市岡部町の集落を見下ろした自分…

「藤枝市よ、私は帰ってきた」

アニメ「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」
登場キャラクター「アナベル・ガトー」
名台詞をもじって叫ぶ…のは
周囲に迷惑だと考えたので心の中で叫ぼうとしたのですが
「※書いた時は叫んでないけど
コレって前に使ったネタだなぁ…」
と思ったので
(※クリックにて、参照記事へ)

「帰ってきたぞ♪帰ってきたぞ♪
ふ~じえ~だしぃ~♪♪」


「帰ってきたウルトラマン」のOP、サビ部分の一部を
替え歌にして小声で口ずさんでみました

ともあれ、皆様に理解していただきたい
キーワードは「帰ってきた」です
のりゅは、藤枝市に帰ってきたのです!

とはいえ藤枝市が
のりゅの故郷というわけではありません
短い間だけ住んでたとか
友人や昔の想い人の関係で思い出のある土地とか
そういったことも全くありません
それでも、帰ってきたのです!

さぁ~皆様、気になって仕方ありませんよね?
「どうでもいい…」と思った方、ここで読むのをやめると
貝立公園の遊具の内容を知ることができませんよ~
「画像だけ見ればいい…」と思いました?
イケズなこと考えないでくださいませ~
なんにせよ「帰ってきた」の意味
回顧録本文にて発表いたします
引っ張りますですよぉ~☆

貝立公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 51キロ(片道)

到着目安 45分

高速料金 1330円(藤枝岡部IC降車の場合)

駐車場 19台

所在地 〒421-1121 静岡県藤枝市岡部町岡部

電話 054-643-3487(藤枝市花と緑の課)


貝立公園は、2004年に
旧岡部町の高台に整備された公園です
「帰ってきた」の意味は、貝立公園に設置されている
遊具を紹介してから発表しますね
さらに、引っ張りますですよぉ~☆
貝立公園3
スプリング遊具
貝立公園4
トンネルスプリング遊具
貝立公園5
特殊形状のジャングルジム
貝立公園6
砂場
貝立公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
メインは、木製複合遊具です
貝立公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具の遊べる内容は、アスレチックに
ネット遊具、揺れる橋、2つ伸びた滑り台等で
滑り台は、ステンレス製の通常タイプとローラータイプでした

貝立公園に設置されている遊具は以上です

それでは、遊具の紹介を終えたところで
皆様お待ちかねの
「帰ってきた」の意味を発表いたします

このブログ
「こどもとおでかけ回顧録」
記念すべき
回顧録第1弾(クリックにて、第1弾へ)
静岡県藤枝市にある
「藤枝市郷土博物館・藤枝市文学館」!
つまり藤枝市は、ブログ的な故郷なのです
だから帰ってきたのです!!
貝立公園9
ちなみに、この記事2枚目に使用した画像は
上画像の赤枠部分で撮影しました
アナベル・ガトーの名台詞をもじって叫ぼうとしたのも
帰ってきたウルトラマンのOPのサビの一部を替え歌にして
小声で歌ったのもココです



といったところで、今回の回顧録終了ですが
皆様、拍手拍手~!ということで
この記事の最後にある拍手ボタンを
押すのを忘れないでくださいね♪

貝立公園
興味を惹かれました来園してみてくださいませ☆
このはな公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第558弾は、静岡県牧之原市にある「このはな公園」です
このはな公園1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

もう数ヶ月前のお話です
わりと最近大ヒットした映画
「君の名は。(公式HPへ)」
嫁と2人、鑑賞しました

隣で、ぐしぐしズーズー泣く嫁が
面白かったです☆

すんげー面白かったです
しかし、泣けませんでした…

のりゅの涙腺が崩壊しなかった理由
郷愁を誘う要素が少なかったからだと思います
あのはな1
のりゅが、ココ数年最も泣いた作品
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(公式HPへ)」
略称「あのはな(あの花)」です
あの花は、2011年4月~6月、フジテレビ・ノイタミナ枠で
放送されたテレビアニメ
EDテーマソング
「※secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」
良すぎるといいますか…
(※曲を聴きながらアニメをダイジェストで知りたい方は
クリックするとYoutube動画へ飛びます)

もしも、どこかで、secret baseが流れていた場合
のりゅ的には、最初に使用された
TBS系列ドラマ「キッズ・ウォー」より
あの花を思い浮かべますね

のりゅは、視聴を終えた当時
郷愁&感動の気持ちを抑えきれず
幼友達と話をしたくなりまして
(←あの花の影響)
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」
「良かったし、泣けたよ~」と電話連絡しちゃいました
ウザかったでしょうにねぇ~

それでも一応は、聞いてくれたあたり
おでかけ仲間は、本当に良い人の集団ですね
でも、不満があります!
あのはなキャラ
(上画像は、公式HPのアイコンです)
おでかけ仲間に限らず、のりゅの幼友達には
あの花のヒロインキャラクター
めんま「本間芽衣子」
あなる「安城鳴子」
該当する人物がいないことです!
野郎(男)しかいね~じゃねえか!!




今回記事の舞台が「このはな公園」なので
「あのはな」への想いを書いてみただけです

このはな公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 52キロ(片道)

到着目安 1時間45分

駐車場 15台

所在地 〒421-0413 静岡県牧之原市仁田739-3

電話 0548-22-8899(榛原総合運動公園ぐりんぱる)


このはな公園2
このはな公園は「榛原総合運動公園ぐりんぱる」
敷地内にある公園です

設置されている遊具は
このはな公園3
キリン型ブランコ
このはな公園3-1
砂場
このはな公園4
スプリング遊具
このはな公園5
ぐにゃぐにゃ平均台
このはな公園6
メインの複合遊具
先客の見知らぬお父様とお子さんがいらっしゃいました
次女は「こんにちわ~」と声を掛け
複合遊具へ登っていきました
「むぅ、都合が悪いなり!」と思いました
(↑理由はのちのち分かります)

複合遊具には、上画像に写る滑り台の他
このはな公園7
チューブトンネル滑り台
このはな公園8
短い距離の滑り台付です
このはな公園9
ゆらゆら揺れるゴム素材の雲型遊具
次女は、複合遊具で出会ったお子さんと仲良くなり
このはな公園10
一緒に遊びはじめてしまいました…
「うぅ~、困ったぞぉ…」と思いました

次女が、見知らぬお子さんと
遊んでいただけなのに
何が不都合で困った事態だったのか?

説明いたします

のりゅは、この日、このはな公園の
とある遊具にて
リベンジをする予定でした

リベンジトライの様子を
カメラ撮影してもらいたかったため
次女の手が空いていないのは困るし
大人の方がいらっしゃる中
リベンジトライするのは
やり難いから不都合
というわけでした
なので
このはな公園11
ゆらゆら揺れるゴム素材の雲型遊具を
「ドラゴンボール」の主役「孫悟空」の乗る「筋斗雲」として乗り
「影山ヒロノブ」の歌うドラゴンボールのOP
「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を心の中で歌って
時間を潰したりしてました
それほど長時間も待つことなく
見知らぬ親子は、このはな公園を立ち去りまして
リベンジチャンス到来でした♪
このはな公園12
とある遊具とは、上画像の
弾力のあるゴム製ポールに
持ち手がついた遊具
でした

このはな公園以外、コレと同様の遊具が設置されているのは
のりゅの知る限り、愛知県犬山市にある
「犬山ひばりヶ丘公園(紹介記事へ)」のみです
このはな公園13
こうやって遊ぶのか?
ひばり17
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、犬山ひばりヶ丘公園での長女です)
こうやって遊ぶのか?
正式な遊び方はわかりません

よって、上画像の
長女のトライした
持ち手を両手で掴みジャンプ
ポールを両足で挟み
宙吊り状態になる遊び

のりゅが考案、長女に教えたモノです

体重の軽い長女は、見事成功させましたが
ひばり16
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像は、犬山ひばりヶ丘公園での自分です)
遊びを考案した本人は失敗…
地面に背中を強打したあげく
悶絶する苦しみを味わいました


このはな公園へは
失敗したリベンジを果たしにきたのです
このはな公園15
撮影役と見届け役を次女ちゃまに担っていただきました

年始の空の下行われた世紀の瞬間!
はたして結果は…

このはな公園16
このはな公園17
見事成功♪
リベンジを果たしました♪♪


といったところで、今回の回顧録終了です

このはな公園
興味を惹かれましたら来園してみてくださいませ☆
ふるさと体験の森 ゆうゆうらんどへおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第557弾は、静岡県牧之原市にある
「ふるさと体験の森 ゆうゆうらんど」です
ゆうゆうらんど1
2017年年始、※次女と2人
静岡県中部の公園巡りをしました
(※次女と2人の理由・経緯は、クリック先の記事を参照)

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
静岡県牧之原市にある「油田の里公園」を退園
次にやってきたのが
今回記事の舞台であり、同市内にある
「ふるさと体験の森 ゆうゆうらんど」でした
なんかスポット名が、テーマパークっぽいですよね~?
単なる公園なんですよ☆(爽やかな笑顔)

まぁ~とはいえ、ゆうゆうらんどは
牧之原市民や近隣市町村民以外でも
「知る人ぞ知る」公園だと思います

「知る人ぞ知る」の「知る人」とは
「識者」のこと
です
そして、識者とは「ある物事」における
確かな見識を持つ人物のこと
です
さらに、この場合の「ある物事」とは
静岡県の公園に
設置されている遊具に詳しいこと

そんなジャンルの識者といえば
例えば、ワタクシ(のりゅ)ですな!



おおぅ!
論理的に説明を組み立てたら
自分に辿り着いてしまったYO~!!
HAHAHA~☆




まぁ、ちょっとだけ有名だと認識してくだされば結構です

そんな、ゆうゆうらんど
ちょっとだけ有名な理由だと思える理由は
全長75mのロングローラー滑り台
設置されているからです

ゆうゆうらんど
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 47キロ(片道)

到着目安 1時間35分

駐車場 数十台は止められます

所在地 〒421-0406 静岡県牧之原市勝田100-1

電話 0548-53-2633(牧之原市役所都市計画課)


ゆうゆうらんど2
上画像が、ゆうゆうらんどに設置されている
75mのロングローラー滑り台
「クッションローラー滑り台」
です
正式名称の一部、クッションの意味はわかりませんが
滑り台の終着点からでは、乗り場が見えない程度には長く
なかなかのモノだと思えました

さっそく、滑り心地、爽快さを試すべく
次女と一緒に乗り場まで向かおうとしたところ…
ゆうゆうらんど2-2
滑り台へ至るまでの道の
整備・管理状態が悪し…
でした
ゆうゆうらんど3
それでも、ちょっと登ると滑り台の乗り場が見えました
上画像の立ち位置から反対側の様子を撮影すると
ゆうゆうらんど4
上画像な感じでした
ゆうゆうらんど5
(上画像は、拡大表示可能です)
クッションローラー滑り台の乗り場へ到着
次女が先行、のりゅはソレに続き…
滑り台の異変に気づいて急停止
ゆうゆうらんど6
滑り台に至るまでの道だけじゃなく
クッションローラー滑り台の
ローラーの管理状態も悪し…でした
止まらずそのまま滑っていたら
滑れない理由
(上画像は、拡大表示可能です)
(上画像右は、以前ダメにしてしまったズボンです
上画像左は、腰巻状態の参考画像です)

以前、静岡県浜松市中区にある
「住吉公園(紹介記事へ)」
やらかしてしまった二の舞

ズボンの尻が破れてしまったかもしれません…
そうなったら上画像の腰巻状態で
公園巡りを継続
しなきゃなりませんでした…
ふぅ~あぶなかった、あぶなかった…

のりゅは、尻を浮かせた状態で終着点まで滑り
先行した次女のズボン(尻)の状態を確認
幸いにも破れやキズはありませんでした
次女の服だって、破損させて帰宅したら
嫁に怒られちゃいますしねぇ~

ともあれ、75mのロングローラー滑り台
「もう1回滑りたい!」と主張していた次女に
許可してあげることができなくなりました
ローラーの管理状態が悪いことを知っていれば
尻に敷くダンボールを持参したんですけれど…
なので、ゆうゆうらんどに設置されている
他の遊具で遊ぶことにしました
ゆうゆうらんど7
(上画像は、拡大表示可能です)
ゆうゆうらんどマップです
その他の遊具は
赤枠部分、3箇所で設置
されています

3箇所の遊具設置エリア、ひとつは
「イベント広場」です
設置されている遊具は
ゆうゆうらんど8
雲梯
ゆうゆうらんど9
ゆうゆうらんど10
障害を落ちずに進んでいく遊具

3箇所の遊具設置エリア、もうひとつは
クッションローラー滑り台の
終着地点の近く
です
設置されている遊具は
ゆうゆうらんど10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
滑り台、タイヤブランコ付複合遊具
ゆうゆうらんど11
ボロボロのスプリング遊具、その奥には
ゆうゆうらんど13
(上画像は、拡大表示可能です)
厳つい造形のウサギ
コミカルな造形のタヌキ
が設置されてました

次女に「どっちが、次女ちゃんに似てる?」と尋ねたのち
「似ていると思う方に乗って~」と頼んでみたところ
次女は、厳つい造形のウサギを選びました
気性の荒さがそっくり、適切な選択ですね
ちなみに、タヌキでも適切な選択です
設置されていたのが
301-12.jpg
(上画像は、ゆうゆうらんどではなく別の場所で撮影したモノ)
信楽焼タヌキなら
次女との見分けがつきません!


3箇所の遊具設置エリア、最後のひとつには
アスレチック遊具が設置されています
場所に関しては、ゆうゆうらんどマップを見てください
アスレチック遊具のラインナップは
ゆうゆうらんど14
ターザンロープ
ゆうゆうらんど15
吊るされたタイヤをくぐるアスレチック遊具
ゆうゆうらんど16
アスレチック複合遊具
ゆうゆうらんど17
木製平均台
ゆうゆうらんど18
ネット遊具がありました
ただ、アスレチック遊具の管理状態は
あんまり良くなかったですね

といったところで、今回の回顧録終了です

ふるさと体験の森、ゆうゆうらんど
興味を惹かれましたら来園してみてくださいませ☆
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.