FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
竹島水族館(2017年5月) 施設観覧編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第593弾は、愛知県蒲郡市にある
「竹島水族館(2017年5月) 施設観覧編」です
竹島常設2017-1
2017年5月中旬、娘達を引き連れ
愛知県蒲郡市のスポットを中心に、おでかけしてきました
最初の目的地が「蒲郡市生命の海科学館(紹介記事へ)」
2番目の目的地が、今回記事の舞台である
「竹島水族館」でした

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「2大哺乳類ショー鑑賞編」では、竹島水族館で開催されている
アシカ(オタリア)ショー
公式HPにて
「世界初!?カピバラショー開催中!」
宣伝しているカピバラショーを紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「施設観覧編」と題しまして
竹島水族館の展示を見て回った際に
のりゅが興味を惹かれた水槽や生物を紹介
思い出を振り返ります

竹島水族館(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 67キロ(片道)

高速料金 1560円(音羽・蒲郡ICで降車の場合)
※2017年6月時点

到着目安 1時間5分

駐車場  約40台(水族館前駐車場、無料)
約200台(竹島園地駐車場、平日無料
4月、5月は500円それ以外の月は300円)

所在地 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1-6

電話 0533-68-2059

営業時間 9:00~17:00
       (最終入館16:30)

定休日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
※春休み・ゴールデンウィーク・夏休み
冬休み期間等は、火曜日も開館
6月の第1週目の水曜日
12月29日・30日・31日

入館料  大人     500円
      小・中学生  200円
      小学生以下は無料

セット訪問候補
蒲郡市生命の海科学館(紹介記事へ) 1キロ 5分


竹島2017-4-1
上画像は、竹島水族館の建屋です

竹島水族館の入館料金は
大人500円、小・中学生200円と激安価格

小規模な水族館ながらも
見応えは、大規模水族館以上かもしれません

のりゅが、竹島水族館の見応えは
大規模水族館以上だと考える理由①

約500種類の生物を飼育していること

ちなみに竹島水族館の生物飼育点数は、4500点です
飼育点数は、イマイチかもしれませんが
飼育種類数は、同県にある国内有数の水族館
「名古屋港水族館(紹介記事へ)」に匹敵します
竹島常設2017-2
のりゅが、竹島水族館の見応えは
大規模水族館以上だと考える理由②

解説文書が豊富すぎること

「解説は日本一級!」を自ら謳うだけあって
展示水槽ひとつひとつには、上画像な感じで
たっくさんの手作り解説文書が貼られています
しかも、楽しく読めちゃうモノばかりです
竹島常設2017-3
例えば上画像の魚、アカマツカサ
竹島常設2017-4
(上画像は、拡大表示可能です)
アカマツカサの手作り解説文書は
上画像の通り、面白おかしい内容で作成・貼られています

さらに、近隣の時事ネタを取り入れて
作成されていたりするからスゴい
です
竹島常設2017-5
(上画像は、拡大表示可能です)
例えば、上画像の我が家の次女が見入っていた
アリゲーターガーの飼育されている水槽には
竹島常設2017-6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の解説が貼られていました

わりと最近「名古屋城」の堀で、アリゲーターガーが捕獲され
話題になりましたね
その時期の旬に合わせて解説文書を作成・掲示する
スタッフの方のたゆまぬ努力に脱帽しました
竹島常設2017-7
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅが、竹島水族館の見応えは
大規模水族館以上だと考える理由③

深海生物の飼育種類数は日本一なこと

のりゅは、長年疑問に思っていたことがありました
自ら「深海日本一!!」を謳う竹島水族館ですけれど
のりゅの住む県、静岡県(沼津市)には
「沼津港深海水族館(紹介記事へ)」という名前の
水族館が存在します
竹島水族館は、沼津港深海水族館よりも
深海生物の飼育種類数が上なのか?
本当に日本一なのか?という疑問
です

間違いなく沼津港深海水族館より上!
日本一とのことです!!


水族館スタッフの方から聞いた話だと
沼津港深海水族館の
深海生物飼育種類は約50種類

竹島水族館は、100種類以上です



ダブルスコアかいっ!

長年の疑問が解消されたのは、嬉しかったです
でも、沼津港深海水族館の深海生物飼育種類数には
ちょっとがっかりですね
世界で唯一のシーラカンス冷凍保存の展示等
深海生物だけが沼津港深海水族館の
売りじゃあないんですけれど…
竹島常設2017-8
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな竹島水族館を
次女と2人巡りました(赤枠部分に次女)

一緒におでかけしていたはずの長女が
何をしていたのか?
は、のちのち書くとして
のりゅが興味を惹かれた水槽や生物を紹介
思い出を振り返ります
竹島常設2017-9
竹島水族館へ入館、最初に目を引かれたのは
上画像のクラゲ水槽でした
2016年10月に寄進された水槽らしいので
2015年3月に来館時(クリックにて、前回来館時の記事へ)
勝実に無かった水槽です
竹島常設2017-10
世界一美しいとされるナマズで
水族館で飼育されているのは、激レアらしい
ゼブラキャットは健在でした
2015年3月に来館時(クリックにて、前回来館時の記事へ)より
2年以上の年月が経過して、たいぶ大きくなってましたね
竹島常設2017-11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の次女が頭を突っ込んで観覧している水槽も
2015年3月に来館時(クリックにて、前回来館時の記事へ)
たぶん無かった水槽です

飼育されていたのは、ナマズの1種(上画像右)でしょうか?
生物名を確認し忘れました
竹島常設2017-12
(上画像は、拡大表示可能です)
竹島水族館のスタッフの方が作った
カージナルテトラ大群水槽に魅了させられました
アートアクアリウム展なんかで飾られていても
おかしくないクオリティだと思いましたが
竹島常設2017-13
(上画像は、拡大表示可能です)
貼られていた解説文書は、自虐ネタでした
竹島常設2017-14
上画像は、ウツボ軍団水槽です
竹島常設2017-15
(上画像は、拡大表示可能です)
7種類のウツボが飼育されていることに
のりゅは「1度に、これだけの種類のウツボ見たことないぞ!
竹島水族館、すげぇ!」と驚嘆させられました
しかし、ウツボに関して真にスゴいのは
三重県鳥羽市にある
「鳥羽水族館(紹介記事へ)」であること
のちのち知ることとなりまして
のりゅは、大いに笑わさせていただきました

どういうことか?を説明します
水族館同士では
飼育生物の交換が頻繁に行われるそうです

竹島水族館は、鳥羽水族館へタカアシガニを送りました
※太陽系最大級の超水族館からは
竹島水族館サイドが頭を抱えるほどの
種類・点数のウツボが送られてきた
そうです
(※鳥羽水族館が自ら掲げる肩書き)
国内有数の水族館、鳥羽水族館ならともかく
小規模な水族館、竹島水族館からすると
ウツボ(そこそこ大きい生物)を多種類・多点数入手してしまい
水槽の区分けに、とても苦労したそうですよ
竹島常設2017-16-1
(上画像は、拡大表示可能です)
2015年3月に来館時(クリックにて、前回来館時の記事へ)
娘達がフグマネをしたアラレフグも健在でした
「2年前より、めっちゃでっかくなった?」と思い
解説文書を確認したところ
竹島常設2017-16-2
(上画像は、拡大表示可能です)
このアラレフグ
国内の水族館で飼育しているのは竹島水族館だけ
レアどころか国内唯一な展示生物
あることが判明したそうです(上画像赤線部分を参照)
貴重なフグであることが判明後
エサが1割増しになったそうなので
のりゅが、約2年前に比べて大きくなったように感じたのは
気のせいではないと思われます
竹島常設2017-17
上画像は、カピバラ水槽です
水槽名どおり2匹のカピバラが飼育されており
前回記事(クリックにて、前回記事へ)で紹介した
カピバラショーの開催場所でもあります
竹島常設2017-18
(上画像は、拡大表示可能です)
旦那様カピバラ「たいよう」くん
のりゅ達の滞在時間、ずっとお昼寝していました
竹島常設2017-19
(上画像は、拡大表示可能です)
反対に、嫁さんカピバラ「そら」ちゃん
のりゅ達の滞在時間、ずっと起きていて
愛嬌をふりまいたり
カピバラショーを演じたりと大活躍
でした
マイハニーには、そらちゃんを
見習ってほしいものですな!

竹島常設2017-20-1
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラ水槽を観覧したあとは順路に従い
深海コーナー、サンゴ礁の魚コーナー
まったりうむ、アシカプールを観覧しました
竹島常設2017-21
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、たけすいの小窓
2017年5月時点の展示は、小さな深海生物でした

たけすいの小窓に限りませんけれど
竹島水族館の飼育されている中で
珍しい生物には、珍マークが貼られています
海の生物に詳しくない観覧客でも
着目できる施設側の配慮・工夫が素晴らしいですね
竹島常設2017-22
(上画像は、拡大表示可能です)
パパと竹島水族館を巡ってくれた報酬として
次女ちゃまには、パクパクおさかなプール
ウミガメ相手のエサやり体験(1皿300円)をさせてあげました

以上な感じで、のりゅと次女は
竹島水族館を一通り巡ったわけですが
この間、長女が何をしていたのか?
発表いたします
竹島常設2017-23
タッチプール(さわりんぷーる)
ずっと遊んでいました(上画像赤枠部分に長女)
竹島常設2017-24
(上画像は、拡大表示可能です)
長女「私、タッチプールで遊んでるね♪」
長女は、のりゅや次女と別行動中、タッチプールで
タカアシガニ、オオグソクムシ、サメ等の
海の生物を触りまくっていました

長女の過去を知らない方が見て読んでも
「ふーん、楽しんだんだね」程度の感想しか抱かないでしょう
でも、コレは驚くべきことなんですよ!
タワー水26
(上画像は、拡大表示可能です)
(画像解説→次女がタッチプールのヒトデに触り
長女はソレを拒否、のりゅがムリヤリ起こして
無駄にプライドの高い姉に、妹の雄姿を見させたのです)


上画像は、ほんの1年と半年前の長女です
のりゅが、アチコチの水族館へおでかけ
※愛の試練を与えまくった結果
海の生物お触りNGだった長女は
大得意になっちゃいました

(※愛の試練→上画像のように、搦め手の時もありますが
報酬を提示、触ることを促す等の手法の場合もあります
全ては、強い娘に育ってほしいという父の願いゆえ…)


「まさか、長女から
『タッチプールで遊んでるね♪』
なんて台詞を聞く日が来るなんてなぁ…」

のりゅは、自らの教育の正しさとスゴさを実感
「娘よ!存分にお触りして楽しむがよい!」と快く許可しました

といったところで、今回の回顧録終了です

竹島水族館、次回へ続きます☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.