FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
まかいの牧場 遊具編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第667弾は、静岡県富士宮市にある
「まかいの牧場 遊具編」です
まかい遊具1
上画像は、のりゅが、今回記事の舞台となる
「まかいの牧場」で、昼に食べたナン(カレー付)です
回顧録序文で書きたい
バカ(長女)にしてやられた
怒りの出来事
は、昼の時間に起こったので
トップ画像として掲載しました
まかい牧場施設1
2017年夏の終盤、のりゅは、娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人、KGO君
彼の娘であるLちゃんに同行してもらい
静岡県富士宮市にある
まかいの牧場へおでかけしました
まかい牧場施設3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
まかいの牧場マップです

前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
「施設概要・動物無料イベント編」では、まかいの牧場の
施設概要と開催されている動物関連の無料イベントを紹介
思い出を振り返りました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「動物有料イベント・有料体験編」では
同施設で開催されている
動物関連の有料イベントや有料体験を中心に紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「遊具編」です
同施設で遊べる遊具を紹介
思い出を振り返ります
まかい遊具2
さて、回顧録序文で書きたい
バカ(長女)にしてやられた
怒りの出来事
なんですが
Lちゃんを対面側から見て左側は
アツアツのラーメンを紙コップに入れる
補助作業等の関係から父親のKGO君が座りました
Lちゃんを対面側から見て右の席が空いていました
弥生ヶ丘公園1-1
(上画像は、この時のイメージです)
バカ姉妹が、お昼の時間
Lちゃんの隣の席を巡って
ケンカを始めました


のりゅは「やめろ!バカども!」
言って仲裁しました
すると、Lちゃんに質問されました

Lちゃん「おじさん
長女ちゃんと次女ちゃんのこと
『バカども』なんて呼んでるの?」


非常に返答に困りました…
「え~と…」と悩みながら言い訳を考えていたところ

長女「いっつもそうだよ!」

Lちゃんの隣の席は、何も言わなかった次女に
「座っていいぞ」と許可を与えました
ここぞと発言したバカ(長女)
のりゅの隣で、お昼を食べさせました

まかいの牧場
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 117キロ(片道)

到着目安 1時間50分

高速料金 2700円(新富士IC降車の場合)
※2017年10月時点

駐車場 800台 無料

所在地 〒418-0104 静岡県富士宮市内野1327

電話 0544-54-0342

定休日 12/1~3/20までの毎週水曜日
※不定休あり

営業時間 9:00~18:00
※12/1~3/20は、9:00~17:00

入場料 中学生以上800円、3歳~小学生500円、犬300円
※入場券は、1ヶ月間有効

牧場満喫チケット 
中学生以上1400円 3歳~小学生1200円
体験チケット①
トランポリン、羊飼いのゴルフ、健康吹き矢から
1つ選択・体験可能
体験チケット②
バター作り体験、引き馬体験
トラクターバス乗車券から1つ選択・体験可能
動物のおやつ引換券



それでは、まかいの牧場に設置されている遊具を紹介
思い出を振り返ります
まかい遊具3
まかいの牧場へ入場して最初に目撃した遊具は
上画像のブランコでした

このブランコは、まかいの牧場内施設
「食の体験工房」付近に設置されています
まかい遊具4
(上画像は、拡大表示可能です)
ブランコの次に目撃した遊具は
ウマ型複合遊具(滑り台&展望台付)
スプリング遊具
でした

これらの遊具は、まかいの牧場内施設
「ふれあい広場」に設置されています
まかい遊具5
謎のトランポリン
利用条件 70㎏以下
料金 5分100円、10分200円


謎のトランポリン
牧場満喫チケットというセットチケットに付いている
体験チケット①の選択肢の1つなので
前回記事(クリックにて、前回記事へ)でも
存在だけは紹介しました

謎のトランポリンの謎
跳ねている人物を観察・推察したり
トランポリンそのものを観察・推察したり
自分自身が跳ねながら観察・推察しても

絶対に分かりません
まかい遊具6
(上画像は、拡大表示可能です)
テレビで紹介されたこともある謎らしく
自分自身が謎のトランポリンを
体験したのち体感・実感できること
なのです
大人の方が体感・実感できるそうですが…
まかい遊具6-1
のりゅとKGO君(体重70㎏以上)
謎のトランポリンを謎を体感・実感する
資格がありませんでした…(泣)


でも、謎は知ることができました!
まかい遊具7
上画像は、スタッフのおじさんに
「ジャンプしてみてね」と促された子供組
です

※謎のトランポリンの謎は
地面に降りた後、思ったように
ジャンプができなくなってしまう
そうです
(※どこのトランポリンでも
同じ体感を実感できますね)

少なくとも、ジャンプしようとする時
ちょっとした違和感があるみたいですね
「なんか変な感じがする~」と長女が言ってました

謎のトランポリンの周辺には
幼児・小学生くらいが遊べるモノがいっぱいあります
まかい遊具8
(上画像は、拡大表示可能です)
コイン電動遊具(上画像上段)
バッテリーカー(上画像下段)

まかい遊具9
(上画像は、拡大表示可能です)
卓球(30分400円、道具2名分)
バトミントン(30分400円、道具2名分)

まかい遊具10
(上画像は、拡大表示可能です)
2歳まで利用できるトランポリン(上画像上左)
竹馬(上画像上右)、輪投げ(上画像下左)
ボール、縄跳び(上画像下右)
は、無料で遊べます

謎のトランポリン周辺の
幼児・小学生くらいが遊べるモノには
公園遊具もあります
まかいの牧場の公式HP等では
この周辺に設置されている公園遊具を
「幼児アスレチック」なんて紹介していますが
大規模公園にも負けない充実度でした
まかい遊具11
(上画像は、拡大表示可能です)
まずは、ご立派な複合遊具
まかい遊具12
上画像は、1つ前の画像で
確認できない複合遊具の一部です
まかい遊具13
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具の他にもターザンロープ(上画像上左)
床タイプのスプリング遊具(上画像上右)
アスレチック遊具(上画像下左)
スプリング遊具(上画像下右)
が設置されてます
まかい遊具14
(上画像は、拡大表示可能です)
健康目的のアスレチックも多数設置されてました

のりゅが「大規模公園にも負けない充実度」
評した理由を理解していただけたでしょうか?
まかいの牧場の遊具は
まだ終わりじゃあないんですよ!
まかい遊具15
上画像は、まかいの牧場内施設である
「ものづくり・陶芸工房」の隣にある
「コロボックルの砦」です

小学生以上専用
保護者同伴にて利用可の
アスレチック遊具
が設置されてます

アスレチック遊具内容を紹介します
まかい遊具16
(上画像は、拡大表示可能です)
「トム・ソーヤーの冒険」の主人公「トム・ソーヤ」
親友「ハックルベリー・フィン」の家を彷彿させる
コロボックル砦の上部
まかい遊具17
(上画像は、拡大表示可能です)
ネット遊具、ネットの橋
まかい遊具18
クライミングウォール①

「そんなのなくても登れるもんね~」と言いながら
赤枠部分の次女は、転落防止補助器具無しで登り
無駄にプライドの高い長女を挑発しました
たぶん、この時の自分は
含み笑いをしていた
と思います

まかい遊具19
クライミングウォール②(ほぼ垂直)
長女「パパ、見ててよ!
私は、こっち登れるからね!」


次女が「怖いからやらない」とスルーした
より難易度の高いクライミングウォールを
長女は、チャレンジしました

長女のプライド的には、次女の挑発よりも
のりゅの含み笑いの方が
お気に召さなかった
ようです
まかい遊具20
(上画像は、拡大表示可能です)
コロボックル砦の周辺(外)には、輪投げ(上画像左)
ブランコ(上画像右)
が設置されてました
まかい遊具21
コロボックル砦を遊んだのち
まかいの牧場敷地内の標高の高い場所
「海の見える丘」へ向かいました

海の見える丘にも設置されている遊具を紹介します
まかい遊具22
(上画像は、拡大表示可能です)
けんけんぱのできる切株(上画像左)、ブランコ(上画像右)
まかい遊具23
(上画像は、拡大表示可能です)
木製複合遊具です
まかい遊具24
(上画像は、拡大表示可能です)
木製複合遊具の後部は、丸太の橋、ネット遊具
ターザンロープ
がありました

といったところで、今回の回顧録終了です

まかいの牧場
「フィールドアスレチック編」に続きます☆
まかいの牧場 動物有料イベント・有料体験編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第666弾は、静岡県富士宮市にある
「まかいの牧場 動物有料イベント・有料体験編」です
まかい有料1
2017年夏の終盤、のりゅは、娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人、KGO君
彼の娘であるLちゃんに同行してもらい
静岡県富士宮市にある今回記事の舞台
「まかいの牧場」へおでかけしました
まかい牧場施設3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
まかいの牧場マップです

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・動物無料イベント編」では
まかいの牧場の施設概要と
開催されている動物関連の無料イベントを紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「動物有料イベント・有料体験編」
同施設で開催(営業)されている
動物関連の有料イベントと
有料体験を中心に紹介

思い出を振り返ります

サービスが悪いです!!

…と書いても
まかいの牧場の話ではありません
まかい有料2
サービスが悪いは、この時の同行人の1人
上画像赤枠部分の人物、KGO君です

前回記事(クリックにて、前回記事へ)で紹介した
無料イベント、羊の放牧を参加したのち
まかい有料3
のりゅ達は、ヒツジの飼育建屋「ヒツジの家」付近にある
「ハンモックの森」へ行きました
まかい有料4
(上画像は、拡大表示可能です)
ハンモックの森は、もともと備え付けられている
ハンモックで休憩したり
レンタルしたハンモック(有料)を
自分で設置して休憩できるコーナーです

KGO君「ハンモックかぁ~
1度は乗って寝転がってみたいねぇ~」


KGO君は、まかいの牧場へ向かう車中
上記台詞を語っていました 
まかい有料5
ソレがいざ、ハンモックを前にすると
彼は「やっぱやめとく」と言い出したのでした

のりゅが「なんでさ!?」と強い口調で尋ね
「荷物なら持つよ!」と気を利かせたところ


KGO君「きっとネタにされちゃうからね」

KGO君は、のりゅの
構えていたカメラを指差しました

ブログネタを提供してくれないなんて
彼は、サービス悪いですよね~?

まかいの牧場
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 117キロ(片道)

到着目安 1時間50分

高速料金 2700円(新富士IC降車の場合)
※2017年10月時点

駐車場 800台 無料

所在地 〒418-0104 静岡県富士宮市内野1327

電話 0544-54-0342

定休日 12/1~3/20までの毎週水曜日
※不定休あり

営業時間 9:00~18:00
※12/1~3/20は、9:00~17:00

入場料 中学生以上800円、3歳~小学生500円、犬300円
※入場券は、1ヶ月間有効

牧場満喫チケット 
中学生以上1400円 3歳~小学生1200円
体験チケット①
トランポリン、羊飼いのゴルフ、健康吹き矢から
1つ選択・体験可能
体験チケット②
バター作り体験、引き馬体験
トラクターバス乗車券から1つ選択・体験可能
動物のおやつ引換券



それでは、回顧録本文ということで
まかいの牧場で開催(営業)されている
動物関連の有料イベントと有料体験を中心に紹介
思い出を振り返ります
まかい有料6
引き馬体験
利用条件 身長90cm以上~体重80㎏以下
1人乗りは、3歳以上
料金 ショートコース(100m) 500円
ロングロース(200m) 800円
親子乗り(身長90cm未満の子供対象)
利用条件 合計体重80㎏以下
料金 ショートコース(100m) 800円
ロングロース(200m) 1000円
営業時間 9:30~17:00(冬期は、16:00まで)


引き馬体験の内容は、説明不要だと思うので省略します

それよりも紹介したいのは
牧場満喫チケットの存在です
のりゅとKGO君は、普通に入場料金を支払って
まかいの牧場へ入場
子供組は、牧場満喫チケットという
セットチケットを購入して入場しました

牧場満喫チケットのセット内容は
まかいの牧場の入場料金
動物のおやつ引換券
さらに、体験チケット①、②
2枚の有料体験チケットが着いてます

牧場内の有料体験が
※少々お得な値段で遊べちゃう
わけですね
(※最大300円の得とのことです)
まかい有料7
子供組3名は、体験チケット②を使い
引き馬体験しました

体験チケット②は
引き馬体験以外にも選択肢があります

まかい有料7-1
体験チケット②選択肢 
トラクターバス

料金 中学生以上400円 3歳~小学生300円
営業時間 9:30~17:00(冬期変更あり)


約20分かけて、まかいの牧場内を1周するとのことです
運転手兼ガイドさんの案内付で
牧場内の見所やオススメを教えてくれるようです
まかい有料7-2
(上画像は、拡大表示可能です)
体験チケット②選択肢 
バター作り

料金 400円 所要 約20分


まかいの牧場内には、バター作り以外にも
様々な体験教室があります

のりゅ達は、興味ないので全ての体験教室を
スルーしちゃいました
興味のある方は、公式HPで自ら調べたのち
まかいの牧場へおでかけ、体験してみてくださいませ

続いて、体験チケット①の選択肢を紹介します
まかい有料7-4
(上画像は、拡大表示可能です)
体験チケット①選択肢
トランポリン

利用条件 70㎏以下
料金 5分100円、10分200円


まかいの牧場のトランポリンは
ただのトランポリンではありません
謎のトランポリンなのです
謎の真相は、次回の回顧録にてお送りいたします
まかい有料8
体験チケット①選択肢
羊飼いゴルフ

料金 9ホール300円 18ホール500円


上画像は、羊飼いゴルフ場です
まかい有料9
(上画像は、拡大表示可能です)
羊飼いゴルフの概要とコースマップです
まぁ、道具の違うパターゴルフみたいなもんなんでしょう
まかい有料10
(上画像は、拡大表示可能です)
体験チケット①選択肢
スポーツ吹矢

料金 10本300円


1日20本吹くだけで、5㎞のウォーキングの
カロリー消費に匹敵するそうです
スポーツ吹矢の会場は、羊飼いゴルフ場内にあります
まかい有料10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
あと体験チケット①、②の選択肢にはない体験ですが
アーチェリーもできるみたいです

アーチェリー
利用条件 小学3年生以上
料金 10本500円

まかい有料11
おさんぽヤギ
利用条件 リードの1本は必ず大人が持つこと
料金 20分300円
営業時間 土日祝日10:00~16:00(冬期変更あり)
夏期平日10:00~15:00
雨天休止


ヤギを散歩させるのではなく
ヤギに散歩されるとのことです

Lちゃんが「ヤギさん、お散歩したい」と主張したので
娘に甘いKGO君が、お金を支払い
おさんぽヤギをやることになりました
まかい有料13
(上画像は、拡大表示可能です)
娘達も、おさんぽヤギを体験させてもらいました
子供組3名は、交代制で楽しんだわけですね

ちなみに、ヤギに付けられている
2本あるリードの1本は
必ず大人が持つことが
おさんぽヤギの利用条件
です
まかい有料14
(上画像は、拡大表示可能です)
おさんぽヤギを子供組3名より
楽しんだ38歳男性
です

「のりゅ君、やってくれる?」との、KGO君から申し出を
のりゅが断ったため
彼は、20分間リードを持ち続けました
つまり、KGO君が1番
おさんぽヤギを楽しんだ
わけですね!
ご覧くださいませ、上画像の超笑顔!

「ブログネタ、頂きました!
ありがとうございますぅ~♪」


ヤギと散歩するKGO君の様子を
写真撮影しまくりながら
のりゅは、心の中でお礼の言葉を送りました
まかい有料15
ヒツジのかけっこショー
開催日 土日祝日
春休み、夏休み期間等は毎日開催
予想チケット販売開始時間 14:20~
レース開催時間 14:30
観覧料金 無料
予想チケット購入料金 1枚200円
雨天休止


まかいの牧場へおでかけしたならば
必見のイベント
です
まかい有料16
ヒツジのかけっこショーは
色分けされた5頭のヒツジがレースをします
しかも、10名の子供達が
ヒツジと一緒に走り
ゴールに導く役目を担うレース
です
まかい有料16-2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ヒツジのかけっこショーのコース
障害、アップダウン付です

ヒツジのかけっこショーは
観覧するだけなら無料ですけれど
賭けに参加した方が断然楽しめます

まかい有料17
(上画像は、拡大表示可能です)
ヒツジのかけっこショーの賭けとは
色分けされた5頭のヒツジの中から
1着と5着のヒツジを予想

まかい有料18
受付スタッフの方に伝えて
上画像の予想チケットを購入
1着と予想したヒツジの色と
同じ色のチケットを渡されます
1着の予想が的中すれば景品が授与
1着と5着が的中すれば
より豪華な景品がもらえるようです

のりゅ達は、当てられなかったので
どんな景品もらえるのか?は提示することができません

ともあれ予想チケットが重要です
ヒツジのかけっこショーへ
子供が参加するためには
予想チケット購入が必須条件
です
まかい有料19
「お手伝いしてくれる人~?」と
スタッフの方は、予想チケットを持っている
子供の中から有志を募ります


参加できる子供の定員は、10名
1頭(1色)あたり2名
です
まかい有料20
おでかけメンバー子供組3名の中で
次女(青)だけがレースに参加できました
長女(赤)、Lちゃん(ピンク)は残念ながら
くじ引きの結果、参加できませんでした

ヒツジのかけっこショーへ我が子を参加させたい場合
不人気の色を選択させたほうが確率が高いと思いました
赤や青は、男の子に人気の色
ピンクは、女の子に人気の色ですね
のりゅ達のイベント参加時
赤、青、ピンクは、くじ引きの人数が多かったです
緑は、くじ引きの人数が少なく
黄は、定員と参加希望者の数がピッタリでした
まかい有料21
ヒツジのかけっこショースタート!
まかい有料22
障害、アップダウンを越えた先の
まかい有料23
ゴール手前に、エサ場が設置されています
よって、そのままゴールへ
駆け込むヒツジなんていません!
子供達は、エサ場に群がる
ヒツジを押して押してゴールさせます

まかい有料24
次女の頑張り(踏ん張り)によって
ゴールしたヒツジ(青)は2着でした

予想を的中させることはできませんでしたが
見ているだけで、すっげー楽しめたイベントでした♪

のりゅが、参加したかったり
子供組にやらせてみたかったけれど
諸事情により叶わなかった
有料イベント・有料体験が2つあります
まかい有料25
(上画像は、拡大表示可能です)
仔牛のミルクやり体験
受付時間 12:00
受付場所 ふれあい学習館前
料金 1組300円
備考 先着10組限定


ウシの赤ちゃんに触ったり
ミルクをあげる機会なんて、そうはありませんね
できれば体験してみたかったのですが
前回記事(クリックにて、前回記事へ)で紹介した
無料イベント、牛の乳搾り体験を優先したため
イベント受付の集合場所へ辿り着いた頃には
先着10組は集まっており受付終了してました
まかい有料26
(上画像は、拡大表示可能です)
キッズファーム
利用条件 5歳~10歳の子供
営業日 土・日・祝日限定
受付時間 13:00
受付場所 ふれあい学習館
所要時間 50分
料金 1人800円


制服を着て、カウボーイハットを被り
ウシ、ウマ、ヒツジ相手に飼育員体験ができます

のりゅ&KGO君は、キッズファームを
子供組にやらせたい気持ちはありました
でも、肝心の子供組の内、次女とLちゃんが
あまり乗り気じゃなかったので諦めました

といったところで、今回の回顧録終了です

まかいの牧場
「アスレチック・その他の遊び編」へ続きます☆
まかいの牧場 施設概要・動物無料イベント編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第665弾は、静岡県富士宮市にある
「まかいの牧場 施設概要・動物無料イベント編」です
まかい牧場施設1
2017年夏の終盤、のりゅは、娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」の1人、KGO君
彼の娘であるLちゃんに同行してもらい
静岡県富士宮市にある今回記事の舞台
「まかいの牧場」へおでかけしました

まかいの牧場へおでかけする数日前
ワンダー中級1-2
(上画像は、イメージ画像です)
次女「まかいの牧場なんて行きたくない!」

我が家の次女は泣き喚いていました
のりゅが「じゃあ、お留守番してる?」と尋ねれば

次女「でも、Lちゃんと遊びたい!
パパ、別の場所にして!!」


次女は、ワガママばかり主張して
のりゅを困らせました


のりゅには、次女が
まかいの牧場へのおでかけを
嫌がる理由がさっぱりわかりませんでした

それはそれとして、のりゅとKGO君が
まかいの牧場へおでかけするにあたり
電話での打ち合わせを終えた時

次女「ね~、パパ
『魔界(まかい)』って何?」


次女に妙な質問されました

「変な事を聞くなぁ~」とは思いつつも、のりゅは
「悪魔や怪物の棲む世界だよ」
と教えてあげた
んですよ

まぁ~、まかいの牧場と「魔界」は
まったくの関係ないのだから
次女が、おでかけを泣き喚くほど嫌がったり
ワガママばかり主張した件とも
まったく関係ありませんよね~
おでかけ前、次女をなだめるのに苦労しました

まかいの牧場
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 117キロ(片道)

到着目安 1時間50分

高速料金 2700円(新富士IC降車の場合)
※2017年10月時点

駐車場 800台 無料

所在地 〒418-0104 静岡県富士宮市内野1327

電話 0544-54-0342

定休日 12/1~3/20までの毎週水曜日
※不定休あり

営業時間 9:00~18:00
※12/1~3/20は、9:00~17:00

入場料 中学生以上800円、3歳~小学生500円、犬300円
※入場券は、1ヶ月間有効

牧場満喫チケット 
中学生以上1400円 3歳~小学生1200円
体験チケット①
トランポリン、羊飼いのゴルフ、健康吹き矢から
1つ選択・体験可能
体験チケット②
バター作り体験、引き馬体験
トラクターバス乗車券から1つ選択・体験可能
動物のおやつ引換券



まかい牧場施設3
まかいの牧場は、静岡県富士宮市の
「朝霧高原」にある有名な観光牧場です

まかいの牧場の「まかいの」は
漢字で書くと「※馬飼野」であり
「魔界」とは、まったく関係ありません

(※代表者の名字とのことです)
まかい牧場施設3-1
まかいの牧場マップです

レストラン、牧場関連の物産品を取り扱う店を内包する
併設の道の駅は、無料で入場・利用可能です
まかい牧場施設4
まかいの牧場内は、わりと広い上
アップダウンがあります
体力に自信のない方は、牧場内を周回する
シャトルタクシー(有料)を利用すると良いでしょう

まかいの牧場内で遊べる内容は

①何かを作る
②体を動かして遊ぶ
③動物とのふれあい


大きく分けて上記3つです

①何かを作る
まかい牧場施設5
(上画像は、拡大表示可能です)
バターやチーズといった牧場ならではの食材を作る体験
まかい牧場施設6
(上画像は、拡大表示可能です)
木材、木の葉、木の実といった自然の材料を使い
造形物を作るネイチャークラフト
ヒツジの毛を素材に小物を作るウール体験
粘土を素材に食器など作る陶芸体験等があります

何かを作る体験は、のりゅ&KGO君両者が
興味が無かったし
子供組に体験させる気もなかったのでスルーしました
まかい牧場施設6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
創作活動に励んだところで
のりゅが、作れる造形物は
チンコマンレベルが限界
ですしね~☆

②体を動かして遊ぶ
まかい牧場施設7
(上画像は、拡大表示可能です)
まかいの牧場内に設置されている
アスレチックやトランポリンといった遊具で遊べます
まかい牧場施設8
アスレチックの中には、別途有料
ヘルメット、転落防止用の装備を
身に付けチャレンジする
高難易度のモノ
もあります

まかいの牧場内で遊べる内容は
次回以降の回顧録で詳しく紹介、思い出を振り返ります

③動物とのふれあい
まかい牧場施設9
(上画像は、拡大表示可能です)
まかいの牧場内では
ウマ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ウシといった
牧場ならでは動物の他
ワラビー、ウサギ、モルモットといった動物も
飼育されています
まかい牧場施設10
(上画像は、拡大表示可能です)
たいてい動物は、営業時間内ならば
常時エサやり体験が可能
ですし
まかい牧場施設11
お触りすることも可能です

まかいの牧場における
KGO君最大の目当ては、動物とのふれあいでした

まかいの牧場へおでかけに向けて
電話での打ち合わせをしている最中
KGO君は「娘(Lちゃん)に
動物とのふれあいをさせてあげたい」と語り


KGO君「働いていると
子供とあまり遊んであげられないし
ましてや、動物とのふれあいなんて
そうはさせてやれないでしょ?」


彼から共感・同意を求める的な
ニュアンスの質問
をされました
のりゅは、まったく
共感・同意できませんでした!


のりゅは、ヒマ人
公私共に時間の管理が完璧な自分
しょっちゅう娘達と遊びまくってます

それに、まかいの牧場で飼育されている
動物とのふれあい体験となると
これまでのおでかけを通じて
娘達に、ン十回とさせていますし
そんじょそこらの施設では
体験できない動物とのふれあいも
多数させてます

まかい牧場施設12
(上画像は、拡大表示可能です)
ベルーガにキスしてもらう(クリックで、参照記事へ)

ベルーガのデコさわり(クリックで、参照記事①へ)
(クリックで、参照記事②へ)

サイを触る(クリックで、参照記事へ)

ホワイトタイガーにエサやり(クリックで、参照記事へ)
まかい牧場施設13
(上画像は、拡大表示可能です)
ライオンにエサやり(クリックで、参照記事へ)

セイウチに触る(クリックで、参照記事①へ)
(クリックで、参照記事②へ)

ゾウに乗る(クリックで、参照記事へ)

ゾウの鼻に乗る(クリックで、参照記事へ)

※そんじょそこらの施設では
体験できない動物とのふれあい例
です
(※他にも、イルカ、アシカ、アザラシ、ペンギン、キリン
カワウソ
等の生物相手に、ふれあい体験させてます)

のりゅが、KGO君の質問に
まったく同意・共感できなかった理由を
ご理解いただけたでしょうか?

そんな余談はさておき…
まかいの牧場の施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・動物無料イベント編」です
ここからは副題の残りの部分
まかいの牧場にて開催される
動物関連の無料イベントを紹介

参加した思い出を振り返ります
まかい牧場施設14
牛の乳搾り体験
開催時間 11:30~11:50 13:30~13:50
体験料金 無料


体験は、順番待ち先着順です
まかい牧場施設15
牛の乳を搾らせてもらえます(赤枠部分参照)

他の女性(メス)の乳を搾る機会なんて
なかなか無いですね
のりゅは、おっぱい大好きです♡

本音としては、少々体験してみたかったのですが
牛の乳搾り体験していたのは、子供ばかりでした
大人で、体験している方のを見かけなかったので
のりゅとKGO君は、写真撮影に徹しスルーしました

子供組3名が、牛の乳搾り体験を終えたのち
のりゅは、Lちゃんから
「おじさん、牛の乳搾りしなくてよかったの?」と
尋ねられました
Lちゃんは、我が家のバカどもとは違い
気遣いのできる優しい子
でした

「ありがとう、大丈夫だよ
おじさんも、Lちゃんのパパも
昔、いっぱい
絞ったことがあるからね


のりゅは、Lちゃんに上記の返答を返しました
KGO君から「おうぃ!」とツッコミが入り

「学校の掃除の時間に
ぞうきんをね♪♪」


満面の笑みを浮かべて付け加えました☆
まかい牧場施設16
羊の放牧
開催時間 10:00~(冬は、11:00~)
観覧参加料金 無料
雨天休止


飼育舎から放たれたヒツジを目の前で観覧できます
まかい牧場施設17
その後、ギャラリー(観客)は、ヒツジと一緒に移動開始
まかい牧場施設18
(上画像は、拡大表示可能です)
時には、道なき道を…
時には、エサをねだってくるヒツジをかわし…
まかい牧場施設19
上画像の「羊の放牧場」に辿り着きました
まかい牧場施設20
羊の放牧場で、ヒツジを撫でたり
エサやりしたりの行為は自由ですが
まかい牧場施設21
ヒツジさんは、エサへの執着が
スゴいので注意
です
まかい牧場施設22
(上画像は、拡大表示可能です)
ヒツジさん達のエサねだりの
アグレッシブさに、Lちゃんはタジタジ

お父さん(KGO君)を盾に隠れました…
(上画像左参照)

KGO君もエサを次々にねだられタジタジ
Lちゃんのリュックサックをかまれまいと必死でした
ヒツジさん達に、エサをねだられ
長女が最初にエサやりしていた場所から
柵際まで追い詰められていました(上画像右参照)
まかい牧場施設23
Lちゃん逃走!(上画像赤枠部分)
まかい牧場施設24
我が家の次女も逃走!!

のりゅは、1人エサを持っていなかったので傍観者でした
他4名おでかけメンバーの様子を観察していただけでも
十分楽しめた無料イベントでしたよ♪
まかい牧場施設25
(上画像は、拡大表示可能です)
モルモットの大行進
開催場所 ふれあい広場
観覧料金 無料


公式HPには掲載されていない無料イベントです
のりゅ達のおでかけした日
モルモットの大行進は、16:00からのイベントでした
のりゅ達は、次の目的地へ向かった関係から
15:30頃、まかいの牧場を退場してしまったので
モルモットの大行進を観覧しませんでした
興味を惹かれた方は、まかいの牧場へ遊びに行った際
モルモットの大行進を観覧してみてはいかがでしょうか?

といったところで、今回の回顧録終了です

まかいの牧場
「動物有料体験・有料イベント編」へ続きます☆
「我が家のおでかけ事情& のりゅの家族紹介」記事リニューアル更新のお知らせ
ブログ開設3周年~♪ということで
「我が家のおでかけ事情&
のりゅの家族紹介(紹介記事へ)」
記事を
2017年10月の現状に合わせて
リニューアル更新
しました
ぜひ読んでくださいませ☆
ブログ開設3周年のお知らせ
当ブログ「こどもとおでかけ回顧録」
祝!ブログ開設3周年~♪
迎えました~☆

2014年10月15日のブログ開設から
3年間に、のりゅの作成した
おでかけ回顧録の数は
なんと664記事!!
(+「(大きな子供が)1人おでかけ回顧録」6記事
「補足回顧録」4記事
マイハニー作成の「りんごママ回顧録」12記事)

1000記事突破!は、夢じゃなくて
今のペースで、あと2年間ほど続ければ
なんとか達成できそうですね…
その暁には
3周年1
(上画像は、拡大表示可能です)
浜松市出身の偉人の1人となり
3周年2
(上画像は、拡大表示可能です)
静岡県浜松市中区にある
「浜松科学館(紹介記事へ)」
施設内にある
浜松市を代表する偉人紹介コーナー
のりゅの写真と経歴が
飾られる日が来るかもしれませんな!


ともあれ皆様からの
拍手・賞賛のコメント、お待ちしています☆

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.