FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201806
奈良公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第763弾は、奈良県奈良市にある「奈良公園」です
奈良公園1
2018年春休み、のりゅ、娘達、マイハニーの4名は
1泊2日の日程で近畿地方のスポットを巡る旅行をしました

旅行初日にして最初の目的地は
京都府京都市右京区にある
回顧録第753弾~第756弾(クリックにて、第753弾へ)
舞台となった「東映太秦映画村」でした

旅行2日目にして最初の目的地は
京都府京都市東山区にある京都一の観光スポットな寺院
「清水寺(紹介記事へ)」でした
ついでに「地主神社(紹介記事へ)」も拝観しました

清水寺&地主神社を拝観したのち
京都府京都市→奈良県生駒市と移動
回顧録第759弾~第761弾(クリックにて、第759弾へ)
舞台となった「生駒山上遊園地」で遊びました

生駒山上遊園地を退園したのち
奈良県生駒市→奈良県奈良市と移動
同県を代表する観光スポットな寺院
「東大寺(紹介記事へ)」を拝観しました
奈良公園2
東大寺を拝観したのちは
今回記事の舞台となる「奈良公園」にて
旅行最後の遊びをすることにしました
のりゅは購入しておいた
ほにゃららなブツ(上画像)
取り出しました

旅行最後の遊びとは何なのかっ!?
ほにゃららなブツの正体とはっ!?

上記2つの謎の答えは回顧録本文にて明らかになります
(まぁ~たいした謎ではありません)

奈良公園
(公式HPへ)

浜松浜北IC付近からの距離 259キロ(片道)

到着目安 3時間20分

高速料金 7410円(木津IC降車の場合)
※2018年4月時点
※複数の有料道路の合算料金

「丸山駐車場」 平日47台、土日祝日100台
平日1日800円、土曜日1日900円、 日祝日1日1000円
営業時間 7:00~21:00
駐車場所在地 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1215-5
駐車場電話番号 0742-25-0244
※のりゅ達の利用した駐車場です
奈良公園には、他にも有料駐車場が多数あります

所在地  〒 630-8114 奈良県奈良市芝辻町543
「奈良公園事務所」の所在地

電話 0742-22-0375(奈良公園事務所)

セット訪問候補
東大寺(紹介記事へ) 内包する寺院


奈良公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
奈良公園マップです

奈良公園は、明治時代に開園した歴史ある公園です
公園の総面積は、502ha
ものすごく広大な敷地の公園なわけですが
奈良公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)で紹介した
ユネスコの世界遺産に登録されている東大寺
東大寺と併設立地の「東大寺ミュージアム(公式HPへ)」
東大寺同様にユネスコの世界遺産として登録されている
「春日大社(公式HPへ)」「興福寺(公式HPへ)」
「奈良国立博物館(公式HPへ)」
「県立美術館(公式HPへ)」
世界遺産な神社仏閣と文化施設を
多数内包している公園でもあり
※それらの敷地も加えた
※奈良公園の総面積は、660ha!

(※東西約4㎞、南北約2㎞)

さらに奈良公園内は、特別天然記念物「春日山原始林」
天然記念物「春日大社ナギ樹林」
「知足院ナラノヤエザクラ」「ルーミスシジミ棲息地」

奈良を代表する景勝地の1つ「若草山」
見る価値アリアリな
自然景観も多数存在する
ようです
広大過ぎる上、見所満載の公園なんですね

そんな奈良公園ですが
広大な敷地のどこにも
公園遊具はありません!


この時の旅行を計画していた段階で
広大過ぎる奈良公園内のどこかに
公園遊具があるのか?ないのか?

気になった自分は、奈良公園事務所
「奈良県庁 都市公園係」

両方に電話連絡して確認しました!
どちらも「ありません」が回答でした

「よし!広すぎる奈良公園を
ウロウロしなくて済むな♪」


のりゅは、今のところ
神社仏閣、自然景勝地に興味が持てない人間です
公園遊具(のりゅ興味の対象)が
無いということは、広すぎる奈良公園を
歩き回る必要も無いということ
ですね

よって心底安心したのでした☆
奈良公園5
東大寺の拝観を終えたのち
のりゅは、事前に購入しておいた
鹿せんべい(150円)を取り出しました
回顧録序文で書いた謎の1つ
ほにゃららなブツの正体は
鹿せんべい
でした
奈良公園6
そんでもって
旅行最後の遊びとは
シカ相手のエサやり
でした
奈良公園7
(上画像は、拡大表示可能です)
奈良公園内の林、芝生、水辺、舗装された通路等
シカはわんさかウロウロしている上
奈良公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
東大寺への道中や「南大門」を抜けた先
人がわんさか居る場所でも、シカはウロウロしていました
2017年度調査によると奈良公園内には
※1500頭ほどのシカが生息
しているそうです
(※「鹿苑」で保護されている数も含める)

油断していると上画像右赤枠のように
シカに持ち物を噛まれたりします

奈良公園10-1
奈良公園12-0
マイハニーや長女は、ほどほどのテンションで
シカのエサやりを楽しんでいました
奈良公園12-1
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、おそるおそる戸惑いながら…
奈良公園12-2
(上画像は、拡大表示可能です)
慣れたら超ハイテンション
シカのエサやりを楽しんでいました
奈良公園13
マイハニー、長女、次女は鹿せんべいを
あげ尽くしたので、移動することにしました

奈良公園のシカは、1回エサを与えると
あげた人の後をついてくるほど人懐っこかったです
奈良公園13-1
マイカーへ戻る途中、頃合いを見計らって
のりゅは温存しておいた
鹿せんべいを取り出しました


「あー!パパ!ずるい!」
「お願い!分けて!」と喚いていた

娘達の声が心地よかったです♪
奈良公園14-1
分けてあげませんでした~♪

上画像赤枠部分に写るのは
鹿せんべいを分けてもらえず
スネてウロウロしていた長女
ですね~
次女は、写真外でマイハニーに
抱き着いてスネていました


ちょっとした工夫をした結果
のりゅは、晴れやかな気持ちで
シカ相手のエサやりを堪能できました☆


といったところで、今回の回顧録終了です

奈良公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト



copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.