FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
名古屋港シートレインランド(2018年2月)前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第792弾は、愛知県名古屋市港区にある
「名古屋港シートレインランド(2018年2月)前編」です
シートレ前2018-1
※2018年6月現在より4ヶ月以上前の
2018年2月初旬、のりゅは
愛知県名古屋市港区へおでかけしました
(※おでかけ回顧録作成が遅れに遅れた理由を
知りたい方は、クリックにて参照記事へ飛びます)

名水2018-14
おでかけメンバーは
のりゅ、娘達、マイハニー、※義父、義母の6名でした
(※クリックにて、義父&義母の紹介記事へ)

愛知県名古屋市港区のおでかけにおける主目的地は
回顧録第787弾~第789弾(クリックにて、第787弾へ)
舞台となった「名古屋港水族館」でした

同水族館を退館後、※マイハニー、義父、義母とは
少々別行動することになりまして、のりゅと娘達は
回顧録第790弾(クリックにて、第790弾へ)の舞台
「ガーデンふ頭臨港緑園」
手ぶらでバーベキューが楽しめるスポット
「ハーバーガーデン」内にある
木製巨大立体迷路「ハーバーメイズ」へ行きました

ハーバーメイズから戻ってきたのち
回顧録第791弾(クリックにて、第792弾へ)の舞台
「南極観測船ふじ」へ乗船しました

南極観測船ふじを退船後
名古屋港水族館と隣接する今回記事の舞台
「名古屋港シートレインランド」へ移動しました

突然ですが皆様
のりゅの遊びにおける信念は
「自分第一 子供第二」
です
これまで何回もブログ上で公言してきた信念ですね

そんな信念のブログ管理人は
この時、名古屋港シートレインランドにて

娘達にのみ
フリーパスを購入したのです!


皆様の声①「『※理想のパパ』
なりやがったのかっ!?
堕落だな!見損なったぞ!!」

(理想のパパ→我が子の笑顔を
自身の幸せに変換できる父親のこと)

皆様の声②「な、なんだってー!」

皆様の声③「己の信念を
貫けなかった男など
死んでも生きてても惨めなものだ」


上記3つの記述を例として
皆様の反応は色々だと思いますが、のりゅは
理想のパパになどなっていないし
信念を曲げたわけでもありません

そのことは回顧録本文で証明いたします

名古屋港シートレインランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 111.5キロ(片道)

高速料金 3620円
(木場ランプ 有料道路出口で降車の場合)
※2018年6月現在

到着目安 1時間35分

駐車場 ガーデンふ頭西駐車場 700台 有料
※30分100円、入庫から24時間ごとに1000円

所在地 名古屋市港区西倉町1番51号

電話 052-661-1520

休園日 10月~6月は、月曜日休園(祝日の場合、翌日)
※7、8、9月、春・冬休み期間、GWは、休園日なし
※冬季整備休園期間あり

営業時間 平日12:00~19:00、休日10:00~22:00
※季節によって変動あり

入園料 無料

フリーパス料金 3歳~小学生未満1200円
           小学生以上2200円

親子フリーパス料金 2700円
※3歳~小学生未満1名
16歳以上の付き添い者1名対象のフリーパス


シートレ前2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
名古屋港シートレインランドのマップです

名古屋港シートレインランドは
名古屋港水族館と隣接立地の小規模な遊園地です

そんな同遊園地は入園無料
フリーパス料金は、小学生以上2200円
3歳~小学生未満1200円

2017年7月21日より
3歳~小学生未満の子供と
16歳以上の付き添い者対象フリーパス

親子フリーパス2700円が誕生しました
あと公式HPで、フリーパス割引の
クーポンを取得できます


入園料金や各フリーパスの料金だけで考えるのなら
同遊園地は安く遊べるスポットです
ただし、2018年6月現在の同遊園地の
常設アトラクション数は、14種類
フリーパス対象アトラクションは、9種類
残り5種類は、現金対応アトラクション
です
丸1日遊べるような遊園地ではありません

同遊園地の施設概要は以上です
ココからは同遊園地が舞台の回顧録前編ということで
フリーパス対象アトラクション
9種類中6種類を紹介

思い出を振り返ります
シートレ前2018-3
大観覧車
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回700円(3歳以上有料)
フリーパス利用可


高さ85m、公式HPにて施設側が
中部地区最大級と豪語する観覧車です
15分の空中散歩が楽しめます
シートレ前2018-4
(上画像は、2018年2月のおでかけ以前に撮影したモノ)
大観覧車は、普通のゴンドラに加えて
全面がスケスケのシースルーゴンドラがあります
シートレ前2018-5
(上画像は、拡大表示可能です)
メリーゴーランド
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円(3歳以上有料)
フリーパス利用可


遊園地の定番、メリーゴーランドです
シートレ前2018-6
少々変わっている内容としては
乗った人間がコーヒーカップのように
任意に回せると思わしきライドがありました
…が実際に乗った娘達に
「回らない~!」と言われました

娘達の力が足りないのか?
回らない仕様なのか?が気になった38歳男性は
スタッフの方に質問してみたところ
「昔は回りました
今は回らないように固定してます」との回答がありました
シートレ前2018-7
(上画像は、拡大表示可能です)
ノースポール
利用条件 2歳以上
2歳~小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円(3歳以上有料)
フリーパス利用可


お子様向けミニミニ急流すべりです
シートレ前2018-8
ノースポールは、北極探検を
テーマにしている
とのことです

隣接施設である国内有数の水族館
※名古屋港水族館の南館のテーマは
「南極への旅」だったりします

(※クリックにて、同水族館の南館の回顧録へ)
実際に南極探検で使用された観測船
南極観測船ふじ(紹介記事へ)
名古屋港シートレインランド付近の港で
永久係留されてます


「対抗して造られたアトラクション…?」

ノースポールで遊ぶ娘達を写真撮影しながら
38歳男性は、上記なことを考えていました
メリーゴーランドの時同様に
スタッフの方に質問することを検討しましたが
質問内容が、いいがかりっぽいですよね
恥ずかしがり屋さんである38歳男性
勇気を出して尋ねることができませんでした

なので、この記事を読んで
名古屋港シートレインランドの
スタッフの方に質問しようと決意した方
もし、いらっしゃいまして
質問実行後、答えが判明したのなら
コメントを通じて教えてくれたら幸いです

シートレ前2018-10
ファミリーコースター
利用条件 4歳以上、身長105cm以上
小学生未満及び身長105cm~120cm未満は
保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円(4歳以上有料)
フリーパス利用可


お子様向けのジェットコースターです
シートレ前2018-12
(上画像は、拡大表示可能です)
ファミリースインガー
利用条件 4歳以上
4歳~小学生未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回300円(4歳以上有料)
フリーパス利用可


遊園地の定番、回転ブランコです
シートレ前2018-13
回転中、傘の部分が傾きます

次に紹介するのは、2015年7月導入の
名古屋港シートレインランドで
最も新しいアトラクション
です

ソレを紹介する前に、のりゅが
理想のパパになどなっていないし
遊びにおける信念
「自分第一 子供第二」
曲げたわけでもないことを証明するため

まずは、娘達にのみフリーパスを
買った理由を説明します

シートレ前2018-13-1
のりゅや娘達と別行動をしていた
マイハニー、義父、義母は
名古屋港シートレインランド付近にある
複合商業施設内のカフェで休憩中でした

「フリーパスを買い与えました
娘達は遊園地で好き勝手遊んでます
そちらは、ゆっくり休憩してください」


のりゅは、こちら側の現状を知らせるため
義父のスマホへ電話連絡しました

娘達に同遊園地のフリーパスを
購入したあげた理由は
「義父&義母相手が抱く
のりゅの好印象・高評価を
さらに上昇させちゃおうぜぇ~」との
目論見があったから
です
確固たる打算があってのことなので
※「子供の笑顔を見れれば幸せ」と
世迷いごとをほざく存在などに
のりゅはなっていません!

(※理想のパパのことです)
皆様、安心しましたか~?

では続いて、なぜ自分の分のフリーパスは
買わなかったのか?を説明します

名古屋港シートレインランドは
※2015年4月にもおでかけしており
フリーパス対象アトラクション
9機種中8機種は遊んだことがありました
(※クリックにて、2015年4月の回顧録①へ)
(※クリックにて、2015年4月の回顧録②へ)

のりゅが遊んでみたかったのは
2015年4月おでかけ時に
導入されていなかったアトラクションだけでした
娘達の好き勝手遊びまくる姿を眺めているのは
正直なところ腹が立ちますし
我慢するのはストレスが溜まりますけれど
「おこづかいが減る方がキツいな…」と考えた結果
自分の分のフリーパスは購入しないことを決めました
でも、節約するなら節約するで
趣向を凝らして遊ぶことを決意!

娘達をいじって遊ぶ
2つの計略を立案・構築
しました
シートレ前2018-14
4Dキング 
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
上映タイトルによっては、年齢制限あり
利用料金 1人1回400円
フリーパス利用可


2015年7月に導入された名古屋港シートレインランドで
最も新しいアトラクションです
娘達をいじって遊ぶ
2つの計略①の舞台
でもありました
シートレ前2018-15
(上画像は、拡大表示可能です)
シートレ前2018-15-1
(上画像は、拡大表示可能です)
4Dキングは、360度スクリーンによる
立体シアターを楽しめるアトラクションです
シートレ前2018-16
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達のおでかけした
2018年2月に上映されていたタイトルは
上画像に載っている4種類でした

のりゅは、ホラータイトル
「とおりゃんせ」を1人鑑賞しました


怖がり・ビビりな娘達を連れ込めたら
最高だった
のですが
とおりゃんせは、R15指定だったので
娘達は残念ながら鑑賞できないシアターでした
なので趣向を凝らしました!
シートレ前2018-18-1
上画像は、のりゅが「とおりゃんせ」の鑑賞を済ませ
シアタールームから退場

「とっても怖かった~
楽しいヤツを観ていたのに
急に変わって、怖いヤツが
始まることもあるかもしれない
気をつけてね、ヒヒヒヒヒヒ…」


次の上映を待っていた娘達に
一言囁(ささや)いたのち

遠ざかって撮影した写真です

のりゅ、この時の囁きは
娘達をいじって遊ぶ
2つの計略①
でした
計略を立案・構築した本人(のりゅ)は
「せいぜい、不安になる程度かな~?」と
計略①の成果を見込んでいました

長女は、まったく真に受けていないようでした
シートレ前2018-19
次女「コレ、絶対観たくない!
急に変わったりしないよね!?」


次女「パパが言ってた!」
(↑スタッフの方に「誰からそんなこと聞いたの?」と
尋ねられた次女が発した言葉です)

計略①は、次女に対して
想定以上の成果が出ちゃいまして
スタッフの方に絡んでしまう
想定外の事態を誘発させてしまいました

カウンターで自分が
恥をかくことになりました

(この時応対してくださいましたスタッフ様
ご迷惑をおかけしました…)

まぁ~計略①の結果がどうあれ
のりゅが節約するなら節約するで
趣向を凝らして遊んでいたことを
皆様に理解していただけたと思います
のりゅが遊びにおける信念を曲げていないことも
ある程度は理解していただけたと思います

娘達をいじって遊ぶ計略②は
娘達をいじって遊ぶ計略①よりも
ずっとずっと趣向を凝らしたモノ
でした
計略②については、次回の回顧録にて
お送りいたします

次回の回顧録では
のりゅが、遊びにおける信念
「自分第一 子供第二」

曲げていないことを
より理解することができるでしょう


といったところで、今回の回顧録終了です

名古屋港シートレインランド
次回「後編」へ続きます☆
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.