FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
萩の原神社敷地内公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第820弾は、静岡県浜松市中区にある
「萩の原神社敷地内公園」です
荻の原1
2018年5月&6月に巡った
静岡県浜松市にある公園の回顧録
※ファーストシリーズ(全6回)第3回目!

(※詳細を知りたい方は、クリックにて参照記事へ)

回顧録第819弾(クリックにて、第819弾へ)では
「笠井児童遊園」に設置されている遊具を紹介

のりゅは巡るに値する遊び場を
見出すため、浜松市の地図を広げ
行っていない公園を捕捉します

続いて「Google ストリートビュー」を利用
設置されている遊具を確認
100、200の※スカを積み上げながら
巡るに値する公園を見出している
のです
(※スカ→遊具がない、遊具が少ない等
ブログで紹介するほどでもない公園)

のりゅが独力で編出し活用
巡るに値する公園を見出している
上記の調査手法
も紹介
そして、浜松市の地図に載っている公園は
ほぼ調査し終えてしまった実情
を公開
その結果…

浜松市内の公園
      ↓
浜松市内の神社仏閣併設の遊び場


調査対象を移行させたことも公開しました

静岡県浜松市中区にある今回記事の舞台
「萩の原神社敷地内公園」は  
浜松市内の神社仏閣併設の遊び場を
調査して見出したスポットです

今回記事では、萩の原神社敷地内公園に
設置されている遊具を紹介

調査対象を移行させたのち、のりゅが

意欲と気力を失い
挫折しかけた※秘話


意欲と気力を取り戻し
挫折を乗り越えた※秘話


上記2つの※秘話を公開いたします
(※秘話→世間の人々に知られていない話)

萩の原神社敷地内公園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒433-8111
静岡県浜松市中区葵西6丁目18

電話 管理団体がわかりません


萩の原神社敷地内公園は
「萩の原神社」の敷地内にある遊び場で
遊び場の名前を記した看板等を
のりゅが発見できなかったことから
便宜上名付けたスポット名です

萩の原神社敷地内公園には、駐車場がありません
誰かに連れて来てもらえるのなら
ソレが1番のアクセス方法です
百里園公園1-0
上画像は、のりゅが保有する
静岡県浜松市の地図帳
です

「神社仏閣って、ヘタすりゃ
公園より数が多いんじゃね?
全部調べるつもりなわけ…?
バカなの?…だからって
死んでたまるかぁ!
我は生きるっ!!」

(↑調査対象を移行させたのち
地図帳を見た39歳男性の自問自答と1人芝居)

回顧録序文で公開を予告した
調査対象を移行したのち、のりゅが

意欲と気力を失い
挫折しかけた秘話
は上記です

萩の原神社敷地内公園に
設置されている遊具を紹介します
荻の原2
鉄棒
荻の原3
ブランコ
荻の原4
滑り台+ジャングルジムの複合遊具
荻の原5
ゆりかご遊具

以上4基の遊具に加えて

「こういった遊具との
※邂逅こそが我が喜び!
だから遊び場調査と
公園巡りはやめられん…」

(※邂逅→思いがけなく出会うこと)

のりゅが、萩の原神社敷地内公園を
巡るに値する遊び場だと
認定することになった遊具
がございます

ちなみに回顧録序文で公開を予告した
調査対象を移行したのち、のりゅが

意欲と気力を取り戻し
挫折を乗り越えた秘話
は上記です

それでは、萩の原神社敷地内公園の
真打遊具を紹介いたしましょう!
ソレがこちらの…
荻の原6
回転遊具です
荻の原7
(上画像は、拡大表示可能です)
この時のおでかけパートナーだった
我が家の次女ちゃまは回転を楽しんでいました
荻の原8
(上画像は、拡大表示可能です)
立って乗ることに飽きた次女は
寝転がっての回転を楽しんでいました

萩の原神社敷地内公園での思い出は
その程度でございました

といったところで、今回の回顧録終了です

萩の原神社敷地内公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.