FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
オービィ横浜 アニマルコンテンツ編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第884弾は、神奈川県横浜市西区にある
「オービィ横浜 アニマルコンテンツ編」です
オービィ後1
2018年10月末、のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
1泊2日の日程の旅行で
神奈川県横浜市内にある
動物飼育施設4スポットを巡りました


旅行初日にして最初の目的地は同県同市旭区にある
「よこはま動物園ズーラシア(紹介記事へ)」でした

そして旅行初日にして第2の目的地が
同県同市西区みなとみらいにある大型商業施設
「マークイズみなとみらい」内スポット

「オービィ横浜」でした

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・映像&体感コンテンツ編」では
オービィ横浜の施設概要と
映像&体感エキシビジョンを紹介
思い出を振り返りました

今回記事の副題は
「アニマルコンテンツ編」です
オービィ横浜にて
本物の動物とふれあえる
アニマルコンテンツ3種と
2018年12月時点で開催されている
期間限定エキシビジョンを紹介

思い出を振り返ります

ここから書くのは、回顧録序文の余談です
オービィ後1-1
旅行初日、のりゅ達は
「ホテルJALシティ関内 横浜(公式HPへ)」
宿泊しました


ホテルJALシティ関内 横浜は
数多くの中華料理店、物産店等が立ち並ぶ
世界最大級の規模を誇る中華街である

「横浜中華街」から徒歩3分な立地のホテル
です
オービィ横浜2
上画像は、旅行初日の夕方
疲れと眠気から力尽きた次女ちゃま
です

前回記事(クリックにて、前回記事へ)でも
書いたことですが
寝ていた次女のことは
マイハニーに任せて
のりゅは長女と2人で
オービィ横浜へ遊びに行きました


のりゅと長女は、オービィ横浜の
営業終了時間まで、アレコレ遊んで
ホテルへ戻ったのは午後22時30分頃
でした

のりゅ的に、とても満足に
遊べた旅行初日でした♪
旅行初日の旅行計画も
100%遂行することができました!

ズーラシア概3-1
せっかく近くまで来た機会だったので
マイハニーは、横浜中華街へ行き
アレコレ食べてみたかったそうです


しかし、数時間待っても
次女が自主的に起きることはなく
無理に起こすことは可哀想だと考え
マイハニーは、横浜中華街へ
行くことを諦めたそうです


ホテルの部屋の
電気ケトルで湯をわかして
自宅から持ってきた
カップラーメンをすすりつつ
テレビを見て過ごし
マイハニーの旅行初日は
終わったとのことで~す☆


オービィ横浜
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 217キロ(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 4840円(横浜町田IC降車の場合)
※2018年12月時点

駐車場 マークイズみなとみらい駐車場 900台
※駐車場営業時間 8:45〜23:00
※駐車場料金 30分毎 270円/高さ制限 2.1m
※マークイズみなとみらい内の店舗利用により
駐車料金の割引サービスあり
2500円→1時間無料、5000円→2時間無料
10000円→3時間無料
※マークイズみなとみらい、ランドマークプラザ
クイーンズパーキングの駐車券が割引サービス対象

所在地 〒220-0012 
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 
マークイズみなとみらい5階

電話 045-319-6543

定休日 不定休
※マークイズみなとみらいの休館日に準じる
年1回程度施設点検の為休館あり

営業時間 月~木 9:00~21:00
金~日、祝日、祝前日 9:00~22:00
※最終入場は営業終了の1時間前
カフェカウンター 11:30~16:30(最終オーダー16:00)
アニマルガーデン 9:30~19:30(最終受付19:15)
キャットパラダイス 10:00~20:00(最終受付19:45)
アニマルスタジオ 10:00~20:00(最終受付19:45)

入場料 大人800円、中高生500円、小学生300円
60歳以上300円、幼稚園児以下は無料

パスポート料金(入場料込み+フリーパス) 大人2200円
中高生1800円、小学生1500円、4歳~未就学児1200円
60歳以上1700円、3歳以下は無料


それでは、回顧録本文ということで
オービィ横浜にて
本物の動物とふれあえる
アニマルコンテンツ3種と
2018年12月時点で開催されている
期間限定エキシビジョンを紹介

思い出を振り返ります
オービィ後2
(上画像は、拡大表示可能です)
アニマルガーデン
利用条件 小学生以下は、16歳以上の同伴が必要
営業時間 9:30~19:30(最終受付19:15)
体験時間 約15分
定員 1回30名
利用料金 1人1回500円
パスポート利用可


上画像右が、アニマルガーデン内部です

部屋に入れる定員は30名です
前の回の客の退場したのち
案内されるまでは順番待ちすることになります
オービィ後3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、アニマルガーデンで
飼育されている鳥類例
です

フクロウ(上画像左)は、運が良ければ
限定のふれあいイベントが開催され
その時、ふれあうことができる
とのことです

ヨウム、インコ(上画像中)
スタッフの方へ声をかけ補助してもらいながら
ふれあうことができます


オニオオハシは、ふれあうことができません
他にも、タランチュラ、クランウェルツノガエル
観覧限定の生物が飼育されています
オービィ後4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、アニマルガーデンで
飼育されている動物例
です

カピバラ、ムツオビアルマジロ、ケヅメリクガメ
噛まれないように注意する必要はありますが
優しく触ったり、撫でるのは自由
です

ミーアキャットは、運が良ければ
限定のふれあいイベントが開催され
その時、ふれあうことができる
とのことです
オービィ後4-2
(上画像は、拡大表示可能です)
ほんの3年ほど前まで動物への
お触りが全然ダメだった長女は
幾多の動物飼育スポットへおでかけ
のりゅに教育されたことにより動物への
お触りが大好きな娘へと成長しました


その証拠として、上画像の写っているとおり
アニマルガーデンにて、長女は
様々な動物とのふれあいを楽しんでいました
オービィ後4-3
(上画像は、拡大表示可能です)
(画像解説→次女がタッチプールのヒトデに触り
長女はソレを拒否、のりゅがムリヤリ起こして
無駄にプライドの高い姉に、妹の雄姿を見させたのです)

39歳男性は、※約3年前の
上画像の出来事を思い出し
「実に、つまらん…
あの頃に戻れよ」と思った

(※クリックにて、上画像を撮影したスポットの回顧録へ)

39歳男性は、約3年前の上画像の出来事を思い出し
「実に素晴らしいな…
あの頃から、ずいぶん成長したものだ」と思いました
オービィ後5
キャットパラダイス
利用条件 小学生以下は、16歳以上の同伴が必要
営業時間 10:00~20:00(最終受付19:45)
体験時間 約15分
定員 1回20名
利用料金 1人1回500円
パスポート利用可

オービィ後6
上画像が、キャットパラダイスの内部です

部屋に入れる定員は20名です
前の回の客の退場したのち
案内されるまでは順番待ちすることになります
オービィ後7
(上画像は、拡大表示可能です)
キャットパラダイスで飼育されているのは
エキシビジョン名から丸分かりでしょう、ネコです
オービィ後8
(上画像は、拡大表示可能です)
ネコを抱きかかえるのは禁止ですが
優しく撫でたり、触ることは自由
です

触り方が下手なんでしょうかね~?
※のりゅは、あっちこっちのネコを
撫でてみましたが、そのたびに逃げられました

(※上画像右に、ちょっとだけ写っている方が
撫でていた時は、ネコは逃げなかったのに
のりゅが触ると上画像右に写るネコは逃走しました)
オービィ後9
途中、ねこじゃらしが配布されます
オービィ後10
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅの使い方が下手だったんでしょうかね~?
配布された、ねこじゃらしを使って
あっちこっちのネコの前で、揺らしてみましたが
ネコ達は、まったく反応してくれませんでした

オービィ後11
(上画像は、拡大表示可能です)
ねこのおやつ(200円)が売り切れでなければ
もう少しネコに、ふれあってもらえたかもしれませんが
ネコとふれあったら逃げられ…
ねこじゃらしを揺らすも無反応なネコを見ただけ…
以上が、のりゅのキャットパラダイスの思い出
でした
オービィ後12
アニマルスタジオ
利用条件 小学生以下は、16歳以上の同伴が必要
営業時間 10:00~20:00(最終受付19:30)
体験時間 約30分
定員 1回45名
利用料金 1人1回500円
パスポート利用可

オービィ後13
上画像が、アニマルスタジオ内部です

部屋に入れる定員は45名です
前の回の客の退場したのち
案内されるまでは順番待ちすることになります
オービィ後14
(上画像は、拡大表示可能です)
フクロウ(上画像上段)、プレーリードッグ(上画像下左)
ボールパイソン(上画像下右)

運が良ければ
限定のふれあいイベントが開催され
その時、ふれあうことができます


のりゅと長女が
アニマルスタジオを利用した時
限定のふれあいイベントが
開催されたのは、ボールバイソン
でした

「限定のふれあいイベントが
開催されたのは幸運なんだろうけど
触れるのが、でっかいヘビ…
自分って運が良いのかしら…?
それとも悪いのかしら…?」


上記なことを考えながらも
せっかくの機会だったので39歳男性は
ボールバイソンを触ってみました

アニマルガーデン、アニマルスタジオで開催される
一部の動物との限定ふれあいイベントは
ゲリラ的な開催のイベント
です
客が触りたい動物の限定ふれあいイベントが
開催されるとは限らないし開催されたとしても
客が、ふれあいを望む動物とは限りません

オービィ後15
(上画像は、拡大表示可能です)
ウサギ(上画像左)、テンジクネズミ
抱きかかえるのは禁止ですが
優しく触ったり、撫でたりするのは自由
です

インコ(上画像右)は、寝ている時は
起こさないことがルールですが
そうでなければ、指を出して乗ってもらう等の
ふれあいは自由
です
オービィ後16
(上画像は、拡大表示可能です)
ミツユビハリネズミは、人気動物で
ふれあいを管理しているスタッフさんが居ました
順番待ちして、自分の番となったら
渡された手袋を装着して、ふれあうことができました


「ブログに載せる写真がほしいから
ふれあってちょーだいね」と
のりゅに頼まれた長女は
ハリネズミとふれあいました

※そこに笑顔はありませんでした
(※上画像矢印部分の表情参照)
オービィ後17
(上画像は、拡大表示可能です)
フトアゴヒゲトカゲは、スタッフの方へ声をかけ
補助してもらいながら、ふれあうことができます


「ブログに載せる写真がほしいから
ふれあってちょーだいね」と
のりゅに頼まれた長女は
トカゲとふれあいました

※そこに笑顔はありませんでした
(※上画像矢印部分の表情参照)

長女が笑顔じゃなかった理由は
ハリネズミ、トカゲを触るのが嫌だったからではなく
他の動物とのふれあいに時間を費やし
集中したかったからでした

オービィ後18
長女が、ふれあいに時間を費やし
集中したかった動物は、ヒヨコ
でした
オービィ後19
うっとおしい父親の頼みごとを終え
ヒヨコとのふれあいを楽しんでいた
長女は、上画像の笑顔
でした
オービィ後20
(上画像は、拡大表示可能です)
「そんなに楽しんもんかな~?」と思って
のりゅは、長女から
ヒヨコのエサ(1カプセル100円)
少々わけてもらいました


上画像右に写っているように
ヒヨコに、すっごい群がられました

まぁ~これはこれで、そんじょそこらのスポットでは
体験できないことなのかもしれません

オービィ横浜のアニマルコンテンツについては以上です

今回記事で紹介した動物が
オービィ横浜で、ふれあえる動物の全てではありません
もっと詳しく知りたい方は
公式HPのエキシビジョン紹介ページを
閲覧することをオススメします
オービィ後22
ちなみの情報となりますが
アニマルスタジオの出入り口付近には
軽食、ドリンク、アイスクリーム等を販売している
カフェカウンター
があります
営業時間は、11:30~16:30
(最終オーダー16:00)
です

のりゅ達が、オービィ横浜へ入場したのは
17時過ぎでしたので、カフェカウンターは
営業終了しちゃってました
よって、のりゅと長女は
マークイズみなとみらいの
フードコートで夕食としました

マイハニーよりは
確実に良い物を食べて
旅行初日を終えました~♪

オービィ後23
(上画像は、拡大表示可能です)
なりきりニャンコ展
開催期間 2019年3月10日(日)まで
開催場所 オービィ横浜マルチスペース
利用料金 入館料さえ支払えば無料


2018年12月現在開催されており
来年の3月10日(日)まで開催されている
期間限定のエキシビジョン
です
オービィ後24
ネコの扮装衣装が用意されており
それを着て、エキシビジョンを楽しむことができます

大人でも、ネコのしっぽ
ネコの手くらいは装着できます
…が
のりゅは自主的に
ネコの扮装するのを止めました

オービィ後25
(上画像は、拡大表示可能です)
なりきりニャンコ展コンテンツ①
木のぼりファイト


木登りをしたのち
「ニャーン、ニャーン」と鳴き続けて
ハートゲージを3段階
ためることができればクリア
です

軽めとはいえ
ネコの扮装をした39歳のおっさんが
木登りをして「ニャーン、ニャーン」と
鳴き続ける姿の写真は
さすがに、ちょっとだけ
ブログ掲載しにくいですよねぇ~?

250-16.jpg
(上画像は、別スポットで撮影した画像です)
ちなみに、のりゅが
ウサギさんに扮装した画像は
過去ブログ掲載したことがあります

オービィ後26
(上画像は、拡大表示可能です)
なりきりニャンコ展コンテンツ②
キャットウォーク


難易度低めのアスレチックを落ちずに進んで
土管を潜って、ゴールします

オービィ後27
(上画像は、拡大表示可能です)
なりきりニャンコ展コンテンツ③
マウスアタック


光ったボタンを素早くタッチ
20秒間で何回ボタンをタッチできるかを
チャレンジできるコンテンツ
です
10回以上で大成功とのことです

初回チャレンジの際、長女が14回のところ
オービィ後27-1
のりゅは、26回押すことができまして
別に競い合ったわけではありませんが
長女に勝利いたしました
オービィ後28
(上画像は、拡大表示可能です)
なりきりニャンコ展コンテンツ④
ハンタージャンプ


垂直跳びで、上部のボタンをタッチ
光らせることができればチャレンジ成功
チャレンジできる高さは
120cm~240cmまでの6段階
です

長女は、200cmのところのボタンが届かずでした
オービィ後29
のりゅは、ハンタージャンプ最高の高さとなる
240cmのボタンを押すことに成功
別に競い合ったわけではありませんが
長女に勝利いたしました

なりきりニャンコ展コンテンツ⑤
ニャンコフォトスポット


ネコのお面をつけ、巨大なダンボールへ入ったり
畳の上で丸くなって記念撮影できるフォトスポット
ですが
写真撮影するのを忘れてました
なので、ニャンコフォトスポットの画像は
ブログ掲載できません

といったところで、今回の回顧録終了
オービィ横浜が舞台の回顧録も終了です

オービィ横浜
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.