FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
ひらかたパーク 青アトラクション編①
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第941弾は、大阪府枚方市にある
「ひらかたパーク 青アトラクション編①」です  
ひらかた青①1
(上画像は、拡大表示可能です)
2018年2月末、のりゅ、娘達、マイハニーは
兵庫県&大阪府のスポットを巡る旅行をしました
旅行2日目にして最後の目的地が今回記事の舞台
「ひらかたパーク」でした

旅行初日の目的地だったスポットの数々が
どこだったのか?を知りたい方は
クリック先(クリックにて、参照記事へ飛びます)
回顧録序文を読んでくださいませ

上画像左に写っているベンチは、今回記事で紹介する
アトラクション付近に設置されている
フレンドリーベンチです

2名の人物が
フレンドリーベンチの両端に座りますと

上画像右に写っている長女のように
踏ん張って止まっていない限りは
両者共に中央部へ滑って移動してしまうので
くっ付いてしまう仕様になってます

ひらかた青①2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅと、マイハニーで
フレンドリーベンチの両端に座りまして
夫婦が、くっ付いてしまった様子を
長女に写真撮影させました

ひらかた青①3
くっ付いてしまったのち
フレンドリーベンチの仕様を超えて
のりゅが、マイハニー方向へ
引き寄せられてしまった様子も
長女に写真撮影させました

【愛ゆえの奇跡】でした♡
ひらかた施設4
(上画像は、拡大表示可能です)
ひらかたパークマップです

回顧録第939弾(クリックにて、第939弾へ)
「施設概要・緑アトラクション編」では
1910年開業から
現在に至るまで営業が存続している
日本最古の遊園地

ひらかたパークの施設概要を紹介
ひらかた青①4
(上画像は、拡大表示可能です)
ひらかたパークのアトラクション一覧です

上画像の一覧に載っている
緑色で区分されるアトラクションを紹介しました

回顧録第940弾(クリックにて、第940弾へ)
「赤アトラクション編」では
上画像の一覧に載っている
赤色で区分されるアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

今回記事は「青アトラクション編①」です
上画像の一覧に載っている
青色で区分されるアトラクション
12種類中6種類を紹介

(↑上画像赤枠で囲ったアトラクションです)
思い出を振り返ります

ひらかたパーク
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 244キロ(片道)

到着目安 3時間10分

高速料金 7050円(枚方東IC降車の場合)
※2019年4月時点

駐車場 1300台 普通車1日1500円

所在地 〒573-0054 
大阪府枚方市枚方公園町1-1

電話 072-844-3475

定休日 不定休

営業時間 10:00~17:00
※季節によって変動

入場料 中学生以上1400円、2歳~小学生800円

フリーパス料金 中学生以上4400円
小学生3800円、2歳~未就学児2600円


ひらかた青①5
ウィザードのまじかるジャンピン
利用条件 身長105cm以上
利用料金 1人1回300円
フリーパス利用可


ライドは最長部まで上昇したのち
上下に、ホッピングしながら下降します
ひらかた青①6
父娘3名は、何度もバンザイをしながら
アトラクションを楽しみました
ひらかた青①7
アンクルフロドのころっとろっこ
利用条件 4歳以上
小学生未満は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回300円
フリーパス利用可


低速であり、コースに設けられている
落ちるポイントは、ゆるやかなので
怖がりの子供でも楽しめるジェットコースターです
ひらかた青①8
家族全員で乗りましたが、コレといった感想ないっす
ひらかた青①9
ピピンとポピーのくるくるヘリコプター
利用条件 5歳未満は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回300円
フリーパス利用可


中央支柱部分は回転しながら上昇しますし
ヘリコプター型ライドも回転します
ひらかた青①10
のりゅは、次女が乗ったライドの
後列の席へ乗りました

ひらかた青①11
アトラクション稼働前~稼動中
のりゅは、ライド後列にある隙間から
後方のライドに乗った長女に
愛を込めた視線を送り続けました

ひらかた青①11-1
愛する旦那様が
我が子に愛を込めた視線を
送り続けていたことに
嫉妬していた
んでしょうかね~?


我が花嫁は腕組みをしながら
※しかめっ面で
のりゅのことを見ていました

(※しかめっ面→不快などの気持ちをあらわした顔)
ひらかた青①12-1
いたずら魔女のラビリンス
利用条件 3歳以上
小学生未満は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回500円
フリーパス利用可
雨天でも営業


上画像赤矢印の人物(次女)が
やる気をバーニングさせたアトラクション
でした
ひらかた青①13
いたずら魔女のラビリンスは
受付を済ませると、
カードが渡されます


カードをスタートポイントの
所定の場所に置くと、プレイヤーが
探し出す妖精の宝(チェックポイント)の色が
指定・指示されます

ひらかた青①14
(上画像は、拡大表示可能です)
プレイヤーは、簡単な迷路を探索
ひらかた青①15
(上画像は、拡大表示可能です)
迷路内にある指定・指示された
妖精の宝(チェックポイント)を見つけたら
カードを所定の場所に置き

ひらかた青①16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に載っている全6種類のミニゲームから
ランダムで始まる2種類をプレイすることになります

ひらかた青①17
(上画像は、拡大表示可能です)
ミニゲームを2回中2回成功させれば
金の宝箱ゲーム
ミニゲームを2回中1回成功させれば
銀の宝箱ゲームの挑戦権が
プレイヤーの持つカードに付与されます


金の宝箱ゲーム、銀の宝箱ゲーム共に
迷路の出たところにあるポイントで
カードを所定の場所へ置くことで
チャレンジすることができます

ひらかた青①18
(上画像は、拡大表示可能です)
金の宝箱ゲーム、銀の宝箱ゲームを成功させると
上画像に写っている景品がもらえます


上画像赤矢印の
アライグマのぬいぐるみを見た次女は


次女「アレほしい!頑張る!」

やる気をバーニングさせて臨んでいました

やる気を燃やして
ミニゲームをプレイする実力が
向上すれば良いのですが
そんな都合の良い展開にはならず
次女のミニゲームチャレンジは
2回とも失敗に終わりました


次女「カードを交換して!!」

景品を取得したがっていた次女は
ミニゲームを1回 or 2回成功させ

宝箱ゲームの挑戦権が付与された
カードを持っていた
父親、母親、姉に
交換要求をしてきました


最終的に喚かれ纏わりつかれて
折れたマイハニーが
次女と、カードを交換しました


次女「パパ、ねーね
何か当たったら、私に頂戴ね」


景品を取得したがっていた次女は
カードを交換しなかった父親、姉に
上記を通告してきました

ひらかた青①19
(上画像は、拡大表示可能です)
宝箱ゲームは、のりゅ、長女
次女3名共に、はずれに終わりました


景品を死守する自分 or 長女
       VS 
景品を奪おうとする次女


景品を死守する自分 & 長女
       VS 
景品を奪おうとする次女


2019年2月末の空の下
笑顔あふれる遊園地において
上記2ケースの醜い争いは
勃発せずに済んだ
のでした
ひらかた青①20
(上画像は、拡大表示可能です)
ヘアピンコースター グレージーマウス
利用条件 身長110cm以上
身長130cm未満で
9歳未満の子供は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回400円
フリーパス利用可


急カーブの連続な体感を楽しめる
ジェットコースターアトラクションです
(ライドは、上画像黒矢印の物体です)
ひらかた青①21
同内容のアトラクションを有する
他の遊園地と比較しても
ライド外観から狂気を感じられる具合は
ひらかたパークが断トツNO1!

…かもしれませんね(断定はできません)


最大4人乗りのライドですが
とにかく回転率の悪いアトラクション
です
ひらかた青①22
のりゅ達は、1時間以上順番待ちをしたのち
グレージーマウスを乗ることができました


この日1日で、ひらかたパークが有する
41種類のアトラクション(2019年4月時点)を
可能ならば全て遊びたいと考えていた
のりゅにとっては痛い時間ロスでした

ひらかた青①23
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、グレージーマウスコースです
(↑黄色のコース)

ライド外観には、ゾクゾクするモノを感じましたが
コースのアップダウン&急カーブの体感には
のりゅ個人としては、スリルを感じませんでした
1時間以上順番待ちして
ようやく乗れたアトラクションだったので

ライドが走行を終えた時点では
「割りに合わねぇ~
乗るんじゃなかった…」と思いました

ひらかた青①24
目は、画像加工で見えないし
口元は、マスクで見えないので
分かり難いでしょうけれど
上画像は泣いていた次女を撮影した写真
です

隣に乗っていた次女を見たら
急カーブの体感が怖かったそうで
わんわん泣いていました


ブログ管理人は
「乗ってよかった♪」と
感想を変えました☆


※「愛の試練」
(※愛の試練→「涙の数だけ強くなれるよ」
某ヒットソングのフレーズが有名ですね
絶叫・ホラーアトラクションを試練として与え
娘達を強者として成長させる育成方法です)


上記の教育方法を娘達相手に実践している
ブログ管理人にとって我が子が涙を流して
強者へと成長したことは喜ばしい成果なのです

…などど
建前なことをかきましたが
我が子の泣き顔を見ると
のりゅは愉快痛快な
気持ちになるんです♪

ゆえに、ブログ管理人は
我が子の泣き顔を見れただけで
グレージーマウス乗車の感想が
180°変わってしまったのでした

ひらかた青①25
(上画像は、拡大表示可能です)
絶叫の滝 バッシュ
利用条件 3歳以上
身長120cm未満で
小学生未満の子供は保護者の付添が必要
利用料金 1人1回500円
フリーパス利用可


急流滑りなアトラクションです
ひらかた青①26
(上画像は、拡大表示可能です)
急降下している時、叫ぶことで
絶叫度(得点)を測定してもらえます

ひらかた青①27
高得点の絶叫度(得点)は
ランキング形式で、その日1日表示されてます


グレージーマウス同様に
多数の客が順番待ちしていた
バッシュは、スルーしました
なので、アトラクション体験の感想は書けません

といったところで、今回の回顧録終了です

ひらかたパーク
「青アトラクション編②」へ続きます☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.