FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
ミラージュランド 施設概要・前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1009弾は、富山県魚津市にある
「ミラージュランド 施設概要・前編」です
ミラ初回1
2019年8月某日
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
富山県、石川県、福井県と
北陸3県のスポットを巡る
旅行をしました


旅行初日最初の目的地は
富山県魚津市にある日本最古の現存する水族館
「魚津水族館(紹介記事へ)」でした

そして、旅行初日第2の目的地こそが
魚津水族館と隣接立地の
遊園地にして今回記事の舞台
「ミラージュランド」でした
ミラ初回2
上画像を撮影した時点では
我が家の次女ちゃまは
ミラージュランドへ遊びに行くのを
嫌がっていませんでした


次女は、父親(のりゅ)から
ミラージュランドは
お化け屋敷&絶叫アトラクションが
一切無い遊園地
だと説明されており
怖い思いをせず楽しめると思っていたのでしょう

ミラ初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館の営業開始待ちをしていた時間
上画像赤枠部分に写る次女と一緒に
黒矢印方向へ行きました


その先で、上画像右に掲載した
ミラージュランドで楽しめる
アトラクションの一部が
載っている看板を見かけました

ミラ初回4
(上画像は、拡大表示可能です)
次女「ウソつき!
お化け屋敷あるじゃん!!」


看板を見た次女に
のりゅは、責められてしまいました


「いやいや、次女ちゃま
このアトラクションは
お化け屋敷じゃなくて

【恐怖の館】なんだよ
だから、ミラージュランドは
お化け屋敷が無い遊園地
なのよ
パパは、嘘をついてません!


のりゅは、丁寧に説明して弁解したのですが
次女にとっては
父親が嘘をついたか?否か?など
どうでもよかったみたいでした

次女に「遊びに行きたくない!」と
主張されてしまったのでした

魚津水2回-38
(上画像は、魚津水族館で撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
まぁ~それで
※魚津水族館のふれあい水槽
見た目ちょいキモな
海の生物を触ることを条件に

次女の主張を認めてあげたわけでありました

(※クリックにて、参照記事へ)

そんな経緯から、マイハニー&次女は
ランチを食べに行ってしまいまして
ミラージュランドは
のりゅと長女の2名で楽しむことにしました


ミラージュランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 360km(片道)

到着目安 4時間30分

高速料金 8240円(最寄のIC降車の場合)
※2019年9月時点

駐車場 1500台 無料

所在地 〒937-0857 富山県魚津市三ヶ1181番地1

電話 0765-24-6999

定休日 ※水曜日
※祝日の場合営業、翌日休業
※12月~3月中旬までは冬季休園

営業期間 3月中旬~11月末

営業時間 9:00~16:30(閉園17:00)
※季節によって変動

入場料 無料

のりもの券料金 1枚150円
11枚つづり券1500円(1枚あたりの値段約136円)
22枚つづり券2800円(1枚あたりの値段約127円)
33枚つづり券4000円(1枚あたりの値段約121円)
44枚つづり券5000円(1枚あたりの値段約114円)
※のりもの券に有効期限はありません


ミラ初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
ミラージュランド園内マップです

ミラージュランドは
入園&駐車無料の遊園地
です
ミラージュランドの営業期間は
3月中旬~11月末で
12月~3月中旬までは
冬季休園期間となります


ミラージュランドは、アトラクション以外も
色々なことを楽しめる遊園地
です
ミラ初回5-0
(上画像は、拡大表示可能です)
ミラージュランド内にある
ふれあい牧場フロンティアへ入場すれば
ポニーに乗ったり、エサやりをして楽しめます
ミラ初回5-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあい牧場フロンティアの入場料
体験メニュー料金は、上画像です
ミラ初回5-2
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年度の営業は終わってしまいましたが
夏季になれば、ミラージュプール
楽しむこともできます

ミラージュプール
プール施設 流れる海水プール
三連スライダー、幼児用プール
利用料金 高校生以上980円
小中学生320円、幼児100円
備考 コインロッカー料金は、1回100円

ミラ初回5-4
(上画像は、拡大表示可能です)
ミラージュランド内にある休憩所「しおかぜ」内には
キッズコーナーがあります
ミラ初回5-5
(上画像は、拡大表示可能です)
ミラージュランド内の冒険広場には
複合遊具が設置されてます
ミラ初回5-7
(上画像は、拡大表示可能です)
冒険広場近くの池では
コイ相手にエサやり(ガチャ100円)を楽しめます
ミラ初回5-8
(上画像は、拡大表示可能です)
あとは、バーベキュー広場
バーベキューを楽しんだり
テニスコートを借りて、テニスを楽しむことができます

バーベキュー広場
貸出用具 鉄板・網・炭用火ばさみ(各1個)
設備 全12卓(使用可能燃料は炭のみ)
洗い場:4箇所(水道)
鉄板専用洗い場:2箇所(水道)
受付場所 ミラージュハウス
利用料金 1卓/1回1030円


テニスコート
受付場所 ミラージュハウス
利用料金 1面/1時間410円
ラケットレンタル料 1本1回100円


ミラージュランドのアトラクション以外で
楽しめる内容は以上です
続きまして、ミラージュランドで楽しめる
アトラクションについて説明します
ミラ初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
ミラージュランドでは、13種類の
アトラクションを楽しめますが
フリーパスは販売されてません


アトラクションを楽しむには
のりもの券を購入する必要があります

(↑のりもの券に有効期限はありません
現金対応のアトラクションもあります)

ミラ初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
のりもの券料金は、1枚150円です
11枚つづり券1500円(1枚あたりの約136円)
22枚つづり券2800円(1枚あたりの約127円)
33枚つづり券4000円(1枚あたりの約121円)
44枚つづり券5000円(1枚あたりの約114円)

まとめて購入すると
のりもの券1枚あたりの値段は
お得になります

ミラ初回8
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅは、窓口で5000円支払いまして
44枚つづり券を購入
長女に半分の22枚を渡しました


お小遣いは有限でありますゆえ
のりもの券は追加で購入しないことを
ミラージュランドへ
入園する前から決めてました


「次女が、ミラージュランドへ
遊びに行かない方が
1人あたりが、アトラクションを
楽しめる回数は多いわけだな…」

(↑ミラージュランドへ遊びに行きたくないと
次女が主張した時
ブログ管理人が脳内で考えていたこと)
ミラ初回9
「恐怖の館に関しても
長女と入れば十分楽しめる…」

(↑ミラージュランドへ遊びに行きたくないと
次女が主張した時
ブログ管理人が脳内で考えていたこと)

ミラージュランドへ
遊びに行きたくないとの次女の主張を
ねちっこい性格の自分が
あっさり受け入れた背景には
上記の打算があったのでした


それでは、ミラージュランドで楽しめる
アトラクション13種類中
6種類を今回記事にて紹介
します
(↑残り7種類は、次回の回顧録で紹介します)
ミラ初回10
(上画像は、拡大表示可能です)
パラトルーパー
利用条件 3歳以上
小学生未満は保護者の同伴が必要
利用に必要なチケット枚数 2枚


客を乗せたライドは、くるくる回転
支柱は上昇します
ミラ初回11
のりゅは、長女が楽しんでいたのを見ていました
ミラ初回12
(上画像は、拡大表示可能です)
ティーカップ
利用条件 3歳以上
小学生未満は保護者の同伴が必要
利用に必要なチケット枚数 2枚


遊園地の定番アトラクション、ティーカップです

のりゅも長女も遊びませんでした
ミラ初回13
(上画像は、拡大表示可能です)
メリーゴーランド
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用に必要なチケット枚数 3枚
0~2歳は利用無料(保護者は有料)


遊園地の定番アトラクション
2階建て仕様のメリーゴーランドです

のりゅも長女も遊びませんでした
ミラ初回14
(上画像は、拡大表示可能です)
ミラたんふあふあ
利用条件 3歳~身長130cm以下
利用に必要なチケット枚数 3枚


魚津市のイメージキャラクター
「ミラたん」型ふあふあ遊具です
そんなキャラクターの
ふあふあ遊具内部に入って
跳ねて駆け回って楽しめます

のりゅ達の遊びにいった時
ミラたんふあふあは、暑さにより受付休止でした
営業していたとしても
のりゅも長女も身長制限オーバーにより
ミラたんふあふあを利用できませんでした
ミラ初回15
(上画像は、拡大表示可能です)
ウォーターシューター
利用条件 1人で座席に座れること
小学生未満は保護者の同伴が必要
利用に必要なチケット枚数 3枚
0~2歳は利用無料(保護者は有料)


ライドに乗ったのち、水鉄砲を
的目掛けて噴射して楽しめます

のりゅは、長女が楽しんでいたのを見てました

ここまで紹介した5種類のアトラクションを
のりゅは全て遊びませんでした

(休止していたアトラクションもありましたが…)
次に紹介するアトラクションを
利用するのに必要な
のりもの券を
のりゅが持っていた22枚から
長女の分も出してあげる
約束を交わしていたため
遊ぶのを控えていました

ミラ初回16
(上画像は、拡大表示可能です)
恐怖の館
利用条件 小学生以上
利用に必要なチケット枚数 4枚


2018年4月28日にオープンした
※ミラージュランドが
【日本一怖いホラーハウス】と
豪語するアトラクション
です
(※クリックにて、公式HP詳細紹介ページへ)

2019年3月16日
恐怖の館内の動画・写真撮影が
解禁となりました

ミラ初回17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、恐怖の館のバックストーリーです

まぁ~知らなくても問題なく楽しめます
ミラ初回18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、恐怖の館の注意事項です

①途中退場不可、覚悟して入ること
(↑のりゅなりに要約してます)

ウェルカムです♪

③館内は走ったり、戻らないこと

注意されなくても
この手のアトラクションへ
我が子と入ると、大抵の場合
怪奇体験をして足が重くなり
のりゅは、スロ~なスピードでしか
動けなくなるんですぅ~♪

ミラ初回19
恐怖の館の受付の際
覚悟ができてなかった長女は
スタッフの方に
「怖いですか…?」と尋ねていました


「『怖くないですよ』とは
返答しないと思うぞ」

(↑傍から聞いていたブログ管理人の脳内ツッコミ)

スタッフの方の返答は
「とても怖いですよー」でした


そんなこんなで、父娘2名は
恐怖の館へ入館しました


入った直後、斜め後方から
生暖かい風を感じて
振り向いて見たら…

ミラ初回20
扇風機が設置されてました
暑さ対策?それとも
演出だったのでしょうか?

ミラ初回21
(上画像は、拡大表示可能です)
生首のオブジェが、いっぱい設置されてます
ミラ初回22
正解のドアノブを同時に回さないと
開けられないドアがあります


この時なんですが
ブログ管理人は
カメラのシャッターは押せるのに
ドアノブを回そうとすると
腕が痺れてしまう怪奇体験中でした


ドアは、早く先に進んで
恐怖の館から出たがっていた長女が
開けてくれました

ミラ初回23
(上画像は、拡大表示可能です)
白装束のおっさん(上画像左)が登場したり
檻の向こうで、やたら
貧乏ゆすりしている人(上画像右)が登場します
ミラ初回24
(上画像は、拡大表示可能です)
恐怖の館内のトイレ、一部の部屋は汚いです
ミラ初回25
(上画像は、拡大表示可能です)
最後の部屋では、何か飛んできます
ミラ初回26
ラストのドアを開けて
恐怖の館から飛び出した長女

ミラ初回27
(上画像は、拡大表示可能です)
恐怖の館を飛び出した直後の
長女を撮影した写真
です

長女は、引きつった表情で
めっちゃ息切れしていました~♪


長女が泣いてくれたら
最高だったんですが
まぁまぁ楽しかったです☆


といったところで、今回の回顧録終了です

ミラージュランド
次回へ続きます☆

2020年5月追加の新情報
2020年春
ミラージュランドに新アトラクションが
2機種オープンした
とのことです
富山新1
(出典:ミラージュランド
アラビアンメリー
利用条件 小学生未満は保護者の同伴が必要
利用に必要なチケット枚数 3枚

富山新2
(出典:ミラージュランド
バイキング
利用条件 小学生以上、身長120cm以上
身長120cm~140cm未満は保護者の同乗が必要
利用に必要なチケット枚数 4枚


公式サイトより引用させていただいた
上画像2枚のアトラクションが新オープンしました
魚津水族館 展示編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1008弾は、富山県魚津市にある
「魚津水族館 展示編」です
魚津水2回-0
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
富山県、石川県、福井県と
北陸3県のスポットを巡る
旅行をしました


旅行最初の目的地だったのが
富山県魚津市にある今回記事の舞台にして
1913年の創立から
100年以上営業が存続している
日本最古の現存する水族館

「魚津水族館」でした

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「施設概要・イベント編」では
魚津水族館の施設概要と開催されている
イベントを紹介、思い出を振り返りました

今回記事は「展示編」です
魚津水族館の展示内容や
のりゅが注目した飼育生物を紹介

思い出を振り返ります

魚津水族館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 360km(片道)

到着目安 4時間30分

高速料金 8240円(最寄のIC降車の場合)
※2019年9月時点

駐車場 1500台 無料

所在地 〒937-0857 富山県魚津市三ヶ1390番地

電話 0765-24-4100

定休日 ※12/1~3/15までの月曜日、12/29~1/1
※祝日の場合営業、翌日休館

営業時間 9:00~17:00(最終入場16:30)

入場料 高校生以上750円、小中学生410円
    3歳以上100円

セットおでかけ候補
魚津総合公園(紹介記事へ) 敷地外の公園
ミラージュランド(紹介記事へ) 隣接スポット


それでは、回顧録本文ということで
まずは、入場料を支払わず
営業時間外でも観覧できる
展示・飼育生物から紹介
しますね
魚津水2回-2
(上画像は、拡大表示可能です)
※スタッフの方々が準備のため
入館するよりも早い時間に
魚津水族館へ到着してしまった
のりゅ達
は、営業開始までの待ち時間
屋外円形水槽などを観覧しました
(※到着したのは朝5時半頃でした
魚津水族館の営業開始時間は、9:00~)

パジャマ姿のままだった娘達と
屋外円形水槽へ行ってみるとチョウザメ
日本最大の淡水魚であり
絶滅危惧種の希少魚なことから
「幻の魚」なんて呼ばれる
イトウ

飼育・展示
されていました

イトウを無料で
しかも営業時間外で観れる
魚津水族館
の気前の良さに
のりゅは驚嘆しました


このあと、短時間で
3回も驚嘆することになりました


「パパー!ペンギンがいるー!」と
次女に呼ばれて
上画像矢印方向へ行ってみたところ

魚津水2回-3
(上画像は、拡大表示可能です)
ペンギンプールがあり
水族館のアイドル的存在
フンボルトペンギンを観覧できました

フンボルトペンギンを無料で
しかも営業時間外でも観れる
魚津水族館
の気前の良さに
のりゅは、また驚嘆しました

魚津水2回-4-3
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館へ
この日1番乗り入館するべく
のりゅは、8月の暑さに耐えながら
営業開始時間の約30分前から
入場口前で順番待ちを始めました


上記は、おでかけしたのなら
可能な限り
1番乗り入場したいと考えてしまう
おでかけブログ管理人の
こだわり&欲求による行動
でした


まぁ~1番乗りできたとしても
のりゅの心が満たされる以外は
たぶん意味のない行動
ですね

でも、そんな行動のおかげで
魚津水族館の入場口から少し歩いて
角を曲がった先のビューポイント(上画像)から
アザラシプールを観覧できることに
気付けました
魚津水2回-4-4
(上画像は、拡大表示可能です)
のんびり過ごしていた
魚津水族館NO1アイドル動物
ゴマフアザラシを観覧できました

ゴマフアザラシを無料で
しかも営業時間外でも観れる
魚津水族館
の気前の良さに
のりゅは、またまた驚嘆しました

魚津水2回-5
(上画像は、拡大表示可能です)
屋外からアザラシプールを観覧できる場所には
魚津水族館が飼育しているゴマフアザラシの
様々な解説資料が設けられてました


そんな解説資料の1つ(上画像)を見て
のりゅは、魚津水族館で飼育されている
「ミミ(38歳)」が国内ゴマフアザラシ
ご長寿ランキング2位であり
まだジャンプできるほど
元気である
ことを知りました


そんじょそこらの水族館では
お目にかかれない
ゴマフアザラシを無料で
しかも営業時間外でも観れる
魚津水族館
の気前の良さに
のりゅは、またまたまた驚嘆しました


のりゅは、魚津水族館へ
入場する前から
4回も驚嘆しちゃった内容を
マイハニーに熱を込めて
説明してあげました

でも、我が花嫁は
感受性が残念過ぎるがゆえ
理解できなかったようでした

魚津水2回-7
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館2階マップです

順路は、2階→3階→2階です
ここから紹介する展示・飼育生物は
入場料を支払って
営業時間にならないと観覧できません

魚津水2回-7-1
(上画像は、拡大表示可能です)
入場して、最初&2番目のコーナー
富山の河川コーナー(上画像左)
田んぼの生物多様性コーナー(上画像右)

「水槽周りは、凝ってるなぁ~」と思えたものの
飼育されている生物は
淡水魚、カメ、カエルなどだったので
短時間の観覧で次のコーナーへ進みました
魚津水2回-10
(上画像は、拡大表示可能です)
順路を進んだ先にある
波の水槽では、エサガチャ(100円)を購入
娘達と分け合って、エサを投げ入れてみました

上画像下段に写っているように
魚が大量に群がってきた光景を見て楽しめました
魚津水2回-11
上画像は、波の水槽の反対側にある
海岸の生物コーナーです
海岸で見られる生物が飼育・展示されてます
魚津水2回-12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、順路を進んだ先にある
深海生物コーナーです
コーナー名どおり、深海生物が飼育・展示されてます

このコーナーで飼育されている
上画像右の生物は、深海200~400mに生息する
コイボイソギンチャクの一種だそうです
解説資料によると正式名称がないとのことです
「発見されているのに名前が付けられてない
生物なんているんだぁ~」と思い注目しました
魚津水2回-13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、深海コーナー近くにある円柱水槽です

冬の富山湾で獲れる代表的な魚
ウマヅラハギ(たぶん上画像右の魚、確証無し)
飼育・展示されてます
魚津水2回-14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、順路を進んだ先にある
魚津水族館の最大水槽
富山湾大水槽です

富山湾大水槽には
日本で初めて造られた
全面アクリル製トンネルが
設けられてます


国内全ての水族館の
トンネル水槽は全て
ココから始まった
のです
魚津水2回-14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、アクリル製トンネルに入って
富山湾大水槽上部を撮影した写真
です

「澄み切った
のりゅの心のような光景だね
キミが見惚れてしまうのは
よ~く分かるよ」


のりゅは、上画像右に写る人物(マイハニー)に
上記を伝えました


上画像右に写る人物(マイハニー)は
のりゅに背を向けると
無言で歩き去ってしまいました

照れちゃって
顔が真っ赤になっちゃったがゆえの
リアクションだったと思いました!

魚津水2回-17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、富山湾大水槽付近にある
表層生物コーナー(上画像左)
富山湾のトピックスコーナー(上画像右)
です
どちらも富山湾に生息する生物を
展示しているコーナーです
魚津水2回-18
(上画像は、拡大表示可能です)
表層生物コーナーの1番の見所生物は
マツカサウオ(上画像左の魚)だと思われます

魚津水族館が、マツカサウオの発光習性を
世界で初めて発見した
んだそうです
魚津水2回-19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左は、順路を進んだ先にある
アマモ場コーナーのクラゲ水槽です
上画像右のような写真が撮れます
魚津水2回-20-1
(上画像は、拡大表示可能です)
アマモ場コーナーのメイン水槽は、上画像左です

反対側では、富山県に生息するサメとして
広く知られているドチザメ(上画像右の魚)
飼育しているドチザメ水槽が設けられてます
魚津水2回-21
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館3階マップです

順路を進むと施設3階へと進むことになります
魚津水2回-24
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、施設2階→施設3階の移動通路にある
ジャングルコーナーで飼育されている生物です

長女「パパが見たがってる
コモドドラゴンがいるよ」


見てみたい願望があり
調べたことがあって
魚津水族館へ来館した
2019年8月時点(9月現在も同じ)
世界最大のトカゲ
コモドドラゴンを飼育している
国内施設は皆無
なことを知っていた
のりゅは、長女に上記を伝えられて
瞬間的ではありますが※錯乱しました

(※気持や考えが色々と入り乱れて混乱すること)

上画像左黒矢印部分には
【コモドドラゴン!】と書かれて…

魚津水2回-25
(上画像は、拡大表示可能です)
書かれていませんでした

魚津水族館が飼育しているのは
コモドドラゴンの遠い親戚

コガネオオトカゲ
です

ジャングルコーナーでは、他に
毒を持つカエル、ヘビ、ピラニアなど
ちょい物騒な生物が飼育されています
魚津水2回-26
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像上左は、順路を進んだ先にある
サンゴ礁コーナーであり、その他の上画像は
コーナーに設けられている水槽です
魚津水2回-27
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像上左は、サンゴ礁コーナーの終わり辺りの
自動扉を抜けた先にあるバックヤードコーナーです
このコーナーでは、水族館の裏側を
営業時間内なら、いつでも観覧できる他
ダイバーさんを見たり、展示されている
資料や道具を見たりして楽しめます
魚津水2回-28-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、順路を進んだ先にあるキッズコーナーです

娘達は「浦島太郎ごっこ」をして遊んでました

キッズコーナー反対側には
魚津水族館で開催されるイベントの1つ
おさかなショーの開催会場がありますが
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
紹介したので、今回記事では省略します
魚津水2回-30
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、順路を進んだ先にある
ピラルク水槽で飼育されている
世界最大の淡水魚、ピラルク(上画像左)
ポルカドットスティングレイ(上画像右)
です
魚津水2回-31
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ピラルク水槽の反対側にある写真水槽です
変装衣装が置かれており
上画像のような写真が撮れます
魚津水2回-32
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、施設3階最奥のコーナー
うおすいファミリウムです
富山湾資料(上画像上右参照)や
ぬいぐるみや玩具(上画像下段参照)で遊べる
キッズコーナーが設けられてます
企画展が開催されるコーナーでもあります
魚津水2回-34
(上画像は、拡大表示可能です)
順路通りに進んだ場合は
施設3階→施設2階と移動することになります

上画像は、階段に設けられている
魚津水族館100年超の歴史を学べる展示資料です
魚津水2回-35
(上画像は、拡大表示可能です)
施設2階へ移動した先にあるのは
ウミガメ水槽です
このコーナーで飼育されている
アオウミガメは、ちょい特別な個体
です
魚津水2回-36
(上画像は、拡大表示可能です)
国内の水族館で飼育されている
アオウミガメ中2番目に
長生きをしている個体であり
施設老朽化で移転オープンするため
1980年11月に閉館した
2代目(現在3代目)魚津水族館時代から
唯一生き残っている飼育動物でもある
そうです
魚津水2回-37
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、順路を進んだ先にある
ガラエステコーナーです
ドクターフィッシュ体験が楽しめます
魚津水2回-38
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、順路を進んだ先にある
ふれあい水槽です
ヤドカリ、ヒトデとの触れ合いを楽しめます

この日の朝
娘達に秘密にしていたこと
バレてしまいまして、次女は
魚津水族館と隣接立地の遊園地
「ミラージュランド」へ遊びに行くのを
嫌がっていました


「ココで海の生物を触れたら
遊園地へ行かなくてもよいぞ」と
のりゅが伝えたところ

次女は、母親(マイハニー)を連れてきて
先に触ってもらい大丈夫なことを確認して
父親の与えた課題をクリアしました

魚津水2回-38-1
(上画像は、拡大表示可能です)
ふれあい水槽の反対側の窓からは
アザラシプールを観覧できます
真夏や真冬に、魚津水族館へ来館した場合は
屋内から観覧した方が快適ですよ

といったところで、今回の回顧録終了
魚津水族館が舞台の回顧録も終了です

魚津水族館
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆

おまけの情報
魚津水2回-39
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館屋上は展望台です
望遠鏡の利用料金は、100円です

次女が、上画像の遊園地へ
遊びに行くのを嫌がっていた理由
この日の朝、バレてしまった
娘達に秘密にしていたこと
次回の回顧録にて発表いたします☆
魚津水族館 施設概要・イベント編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1007弾は、富山県魚津市にある
「魚津水族館 施設概要・イベント編」です
魚津水族初回1
2019年8月某日
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
富山県、石川県、福井県と
北陸3県のスポットを巡る
旅行をしました


旅行最初の目的地だったのが
富山県魚津市にある今回記事の舞台
「魚津水族館」でした

ブログ管理人は
レトロな何かに心惹かれて
おでかけしちゃったりする
壮年男性
です
魚津水族初回2
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
「日本一懐かしい遊園地」とのキャッチコピーを自称
国の登録有形文化財の木馬(上画像上左)が
設置されている群馬県前橋市の遊園地
「るなぱあく(紹介記事へ)」

本州最古の観覧車(上画像上右)が設置されている
京都府京都市左京区にある
「京都市動物園」内施設ミニ遊園地(紹介記事へ)

「親、子、孫3代にわたる思い出の遊具」として
「名古屋市認定地域建造物資産第17号」に
認定されたスロープシューター(上画像下左)
ソレ以外にも昭和から稼働しているであろう
アトラクションが楽しめる
愛知県名古屋市千種区にある
「東山動植物園」内の遊園地(紹介記事へ)

1974年から1977年まで放送された子供向け番組
「がんばれ!! ロボコン」の
「ロボコン」
がオブジェ(上画像下右)として
設置されており、昭和から稼働しているであろう
アトラクションが楽しめる兵庫県神戸市灘区にある
「王子動物園」内の遊園地(紹介記事へ)
魚津水族初回2-0
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
1929年に製造、現存する国内最古の
アトラクション(上画像左)が楽しめる
奈良県生駒市にある
「生駒山上遊園地(紹介記事へ)」

1910年開業から現在に至るまで営業が
存続している日本最古の遊園地(上画像右)
大阪府枚方市にある
「ひらかたパーク(紹介記事へ)」

昭和な遊園地な光景(上画像下段)が
個人的に堪らない群馬県桐生市にある
「桐生が岡遊園地(紹介記事へ)」

ここまで挙げた遊園地は
そのスポットが有する
レトロな何かが、のりゅの
※心の琴線に触れた
ことが
きっかけとなって
アレコレ調べたのち、おでかけしました
(※心の琴線に触れる→人の心の奥を
揺り動かし、深い感動や共鳴を引き起こすこと)

魚津水族初回4
(上画像は、拡大表示可能です)
そして、今回記事の舞台である
※魚津水族館は
日本最古の現存する水族館
です
(※上画像赤枠部分参照)

「はぁぁふぅぅ…(溜息)
最古(さいこ)の水族館
その事実だけでも
【サイコー(最高)】に
ときめいてしまう
のは
何故なの…?」

(↑魚津水族館の施設概要を
知った時点におけるブログ管理人の自問)

レトロな何かに有しているスポットで
のりゅが心惹かれてしまうのは
遊園地だけではない
のであります


魚津水族館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 360km(片道)

到着目安 4時間30分

高速料金 8240円(最寄のIC降車の場合)
※2019年9月時点

駐車場 1500台 無料

所在地 〒937-0857 富山県魚津市三ヶ1390番地

電話 0765-24-4100

定休日 ※12/1~3/15までの月曜日、12/29~1/1
※祝日の場合営業、翌日休館

営業時間 9:00~17:00(最終入場16:30)

入場料 高校生以上750円、小中学生410円
    3歳以上100円

セットおでかけ候補
魚津総合公園(紹介記事へ) 敷地外の公園
ミラージュランド(紹介記事へ) 隣接スポット


魚津水族初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館は、1913年の創立から
100年以上営業が存続している
日本最古の現存する水族館
です

富山に、こだわった展示構成が
魚津水族館の見所の1つ
であり
北アルプスの渓流や
富山湾に棲む魚類などを中心に
約300種類・10000点の生物を
飼育・展示している
とのことです
魚津水族初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写る魚津水族館の施設建物は
1981年に移転オープンした3代目です

魚津水族館は、2013年の100周年の時に
リニューアル開館している
ので
建物内部は、建物外観ほど古臭くありません

魚津水族館の展示の見所や
のりゅが注目した生物などは
次回の「展示編」にて紹介しますね

そんな魚津水族館の入場料金は
高校生以上750円
小中学生410円、3歳以上100円と
低料金設定
です
駐車料金に至っては無料です

魚津水族館の施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・イベント編」です
ここからは副題の残りということで
魚津水族初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津水族館で開催されている
4つの
※キトキトイベントを紹介

(※きときと→富山の方言で、新鮮、精力的なこと)
思い出を振り返ります
魚津水族初回8
富山湾大水槽お食事タイム
開催場所 施設2階 富山湾大水槽
開催時間 ※10:10 11:20 13:50 15:00
※12月1日~3月15日までの平日は休止


魚津水族館の最大の水槽
富山湾大水槽へダイバーさんが潜って
魚津水族初回9
ブリなど相手に餌付けをするイベントです
魚津水族初回10-1
魚津水族初回10-2
「エサじゃなくて、ダイバーさんが
喰われてない…?」と
思えてしまうような光景を観て
楽しめちゃう(?)イベント
です
魚津水族初回11
(上画像は、拡大表示可能です)
おさかなショー
開催場所 施設3階 おさかなショー会場
開催時間 10:30 11:40 13:10 ※15:40
※12月1日~3月15日までの平日は休止


魚の学習能力を活かしたショーを観て楽しめます
魚津水族初回12
最初に披露されたのは
上画像の装置が水槽内に投入され
魚津水族初回13
(上画像は、拡大表示可能です)
隠されていた【ようこそ!】と書かれた垂れ幕を
魚が引っ張り出す内容のショーでした

次に披露されたのが
おさかなショーにおける
必見中の必見なショー

…だったみたいでした

魚津水族初回14
(上画像は、拡大表示可能です)
なんと、世界でココだけ!
ウマヅラハギ
お魚ショー
とのことです!!


世界各地で開催されている
お魚ショーに関する知識が無いので
のりゅを含めた家族4名の誰もが
ウマヅラハギのお魚ショーの
希少さを理解できませんでした


のりゅ家族だけでなく
世に生きる大半の方が
ウマヅラハギのお魚ショーの
希少さを理解できないと思いました


でも、オリジナルの
のぼりを作って館内に設置
大々的に宣伝しちゃっている
魚津水族館のPR活動に、のりゅは
ゾクゾクさせられちゃいました~♡

魚津水族初回15
ウマヅラハギのお魚ショーの内容は、輪くぐりでした
魚津水族初回16
(上画像は、拡大表示可能です)
ウマヅラハギは
3つの輪をくぐることに成功しただけでなく
魚津水族初回17
(上画像は、拡大表示可能です)
高さの違う3つの輪をくぐることにも成功
魚津水族初回18
(上画像は、拡大表示可能です)
高さの違う5つの輪をくぐることにも成功しました
魚津水族初回19
最後に披露されたのは、クイズショーでした

クイズが出題され
魚津水族初回20
(上画像は、拡大表示可能です)
魚が3択の回答を引っ張り出して
魚津水族初回21
答えが発表されました
魚津水族初回22
アザラシのお食事タイム
開催場所 施設2階 アザラシプール
開催時間 10:50 14:20


ゴマフアザラシが食事する姿や
飼育員さんが健康チェックしている様子を
観覧できるイベントです
ゴマフアザラシが
披露する芸も観れます

アシカが披露する芸を観れる水族館は
国内各地にありますが
ゴマフアザラシが披露する芸を観れる水族館は
わりと少ないと思われます

のりゅ達がイベントを観覧した時
披露された芸の一部を紹介します
魚津水族初回23
(上画像は、拡大表示可能です)
飼育員さんと握手(上画像左)

飼育員さんの足の間を通り抜けた芸(上画像右)
魚津水族初回24
(上画像は、拡大表示可能です)
飼育員さんが投げたフープやボールを
回収したのち届けた芸
魚津水族初回25
飼育員さんが複数投げたフープを
首にかけて回収したのち届けた芸
魚津水族初回26
水中からのジャンプなどを観れました
魚津水族初回27
(上画像は、拡大表示可能です)
4月中旬~11月終わりまでの
土日祝日に開催される
アザラシお食事タイムでは
飼育員さんが、マイクをつけて
ゴマフアザラシについての解説

「ゴマトーーク」
聴くことができる
とのことです

トークイベント名は
「ゴマトーク」ではなく
「ゴマトーーク」です
長音符が1本多い
のです

魚津水族館のイベント名付けの
ハイセンスさに、のりゅは
ゾクゾクさせられちゃいました~♡

魚津水族初回28
(上画像は、拡大表示可能です)
お得な情報を1つ
皆様へ教えてあげましょう!


アザラシのお食事タイムが開催される
アザラシプールは、上画像左赤枠部分に次女
写っている場所から黒矢印方向へ
移動したところにあります

アザラシプールは、魚津水族館へ
入場しなくても観覧できる水槽であり
建物外から観覧すれば
アザラシのお食事タイムは
無料で楽しめちゃうイベント
なのです
でも、真夏や真冬に建物外から
アザラシのお食事タイムを観覧する場合は
暑さや寒さを我慢せねばなりませんが…
魚津水族初回29
(上画像は、拡大表示可能です)
ペンギンのお食事タイム
開催場所 施設1階屋外 ペンギンプール
開催時間 ※11:30 15:20
※12月1日~3月15日までの平日は休止

魚津水族初回30
(上画像は、拡大表示可能です)
フンボルトペンギンが陸上で魚を食べる姿
水中で魚を捕食する姿を観れました
魚津水族初回31
また、お得な情報を1つ
皆様へ教えてあげましょう!


ペンギンプールは、上画像黒矢印部分にあり
魚津水族館へ入場しなくても観覧できる水槽です
ペンギンのお食事タイムは
無料で楽しめちゃうイベント
なのです
でも、ペンギンプールは
アザラシプールと違って
空調の効いた建物内から
観覧することができません
つまり、真夏や真冬に
魚津水族館へ来館して
ペンギンのお食事タイムを
観覧する場合は
暑さや寒さを我慢せねばなりません

魚津水族初回31-1
上画像に写っているのは、のりゅが
ペンギンのお食事タイムを
観覧していた時
冷房の効いた休憩所で
涼んでいたマイハニー&娘達
です

暑さを我慢して
ペンギンのお食事タイムを
観覧したのは、のりゅだけでした

皆様、褒めて褒めて~!

といったところで、今回の回顧録終了です

魚津水族館
次回へ続きます☆

おまけの情報
魚津水族初回32
(上画像は、拡大表示可能です)
3月下旬~5月中旬
魚津水族館では、
ホタルイカが飼育され
発光実験イベントが開催されます


8月中旬には、世界で初めて
発光する習性があることを
魚津水族館が発見した
マツカサウオ
発光実験イベントが開催されます
魚津総合公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません
魚津総合公園0
上画像に写っている海は
日本海(富山湾)です


☆祝☆新都道府県カテゴリ
「富山県で遊ぶ」誕生!!


2019年8月某日
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
富山県、石川県、福井県と
北陸3県のスポットを巡る
旅行をしました

魚津総合公園0-1
静岡県浜松市浜北区にある
自宅を深夜0時30分前に出発しました


※高速道路の利用料金は5540円!
(※ETC深夜割引料金です
浜松浜北IC→滑川ICの通常料金は、8240円)
マイカーを走らせた時間は約4時間半!
マイカーを走らせた距離は約360km!


のりゅと長女が着いて早々遊んだ
富山県にある今回記事の舞台は
お金と時間と労力を、それなりに
費やして着いたスポットでした

魚津総合公園1
そんなスポットこそが
回顧録第1006弾の舞台であり
富山県魚津市にある今回記事の舞台
「魚津総合公園」でした

魚津総合公園へ
朝早い時間に着いて早々
のりゅと長女が
何を遊んだのか?を書きますと

魚津総合公園3
公園に設置されている
遊具を遊びました


魚津総合公園
(公式サイトへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 約360km(片道)

到着目安 4時間30分

高速料金 8240円(滑川IC降車の場合)
※2019年9月時点

駐車場 1500台 無料

所在地 〒937-0857 富山県魚津市三ケ1390

電話 0765-24-6999

定休日 公園内施設によって異なる

営業時間 公園内施設によって異なる

セットおでかけ候補
魚津水族館(紹介記事へ) 内包スポット
ミラージュランド(紹介記事へ) 内包スポット


魚津総合公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津総合公園の敷地面積は、11.6ha

魚津総合公園は
現存する日本最古の水族館

「魚津水族館」
入園無料の遊園地

「ミラージュランド」を内包する
総合レジャー公園
です

上記2スポットこそが
この時の旅行の目的地でした

上記2スポットが舞台の
おでかけ回顧録は、近日作成して
皆様へお届けいたしますね

当初は目的地の営業開始時間まで
マイカーの中で待って過ごすつもりでした
でも、朝早くに到着して
上画像に掲載した公園マップを確認したら
魚津総合公園は遊具が
設置されているスポット
であることを知りました

目的地の営業開始時間まで
余裕ありまくりだったので
時間潰し&ブログネタを
1記事分増やすことを目的として
のりゅは魚津総合公園の遊具を
遊ぶことを決めたのでした


マイハニー「頭おかしいわね」

魚津総合公園の「ふれあい広場」へ行き
遊具を遊んでくることを伝えたところ
マイハニーに心外なことを言われました


魚津総合公園へおでかけした日は
2019年8月某日、つまり真夏でした


「熱中症になりかねない昼間に
遊具を遊ぶことに比べれば
幾分かは涼しい朝方に
遊具を遊ぶのは賢い選択なのだ
【頭がおかしい】と
言われるのは心外だぞ!」


のりゅは、マイハニーへ
上記を伝えて反論しました


マイハニー「富山県まで来て
遊具を遊ぼうと考える
アンタの頭がおかしいって
言ってんのよ!!」


のりゅが反論したのちの
マイハニーの返答は上記でした~☆

魚津総合公園5
マイハニーに悪口を言われたからといって
のりゅは、遊具を遊ぶことを中止しませんでした

のりゅは、長女を引き連れ
ふれあい広場へ向かいました

それでは、魚津総合公園に
設置されている遊具を紹介しますね
魚津総合公園6
(上画像は、拡大表示可能です)
幅広の滑り台

上画像黒矢印部分に写っている
石を埋め込んだ斜面も遊具なのかもしれません
魚津総合公園7
揺れる丸太足場のアスレチック遊具
魚津総合公園8
ネットの斜面遊具
魚津総合公園9
ターザンロープ

魚津総合公園ふれあい広場に
設置されている遊具は以上ですが
魚津総合公園10
魚津総合公園では
パークゴルフをプレイして遊べます

魚津総合公園11
(上画像は、拡大表示可能です)
魚津総合公園早月川パークゴルフ場
営業期間 4月~12月中旬
※冬期間(12月中旬~3月31日)休場
定休日 水曜日
営業時間 9:00~17:00(最終受付16:00)
電話 0765-24-9578
利用料金(1日) 一般510円、中高生310円
小学生以下無料
用具レンタル料(1組・1日) 100円


18ホールのパークゴルフ場が整備されてます

朝早い時間だったため
パークゴルフ場は、まだ営業してませんでした
まぁ~営業していたとしても
魚津水族館&ミラージュランドを楽しむことが
最優先だったためプレイしなかったと思いますが…

パークゴルフ場を写真撮影したのち
遊具を遊び、ブログネタを増やせたということで
のりゅと長女は、マイカーへと戻りました

といったところで、今回の回顧録終了です

魚津総合公園
魚津水族館&ミラージュランドとセットで楽しめます
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(2019年5月末) ナイトパレード編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1005弾は、大阪府大阪市此花区にある
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(2019年5月末)
ナイトパレード編」です
usj6回2019-1
2019年5月末
のりゅ、娘達、マイハニーの家族4名は
大阪府大阪市此花区にある今回記事の舞台
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」
おでかけしました
(以降、USJと記述します)
usj6回2019-2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
USJを1日遊んで退場したのち
駐車場へ向かっていた途中
コンクリートの床に、上画像の即興アートを
描かれていたスタッフの方が居ました

USJは、最後の最後まで
驚きと感動と楽しさを
届けてくれたスポットでした

usj2019初回2
(上画像は、拡大表示可能です)
2019年8月時点のUSJマップです

回顧録第1000弾(クリックにて、第1000弾へ)
「ハリー・ポッターエリア編」では
USJの施設概要と、9つに分かれるエリアの1つ
「ウィザーティング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」
楽しめるアトラクションやイベントを紹介
思い出を振り返りました

回顧録1001弾(クリックにて、第1001弾へ)
「ユニバーサル・ワンダーランド前編」では
9つに分かれるエリアの1つ
「ユニバーサル・ワンダーランド」
マスコットキャラクター3本柱の2柱
「スヌーピー」&「ハローキティ」
関連するアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

回顧録第1002弾(クリックにて、第1002弾へ)
「ユニバーサル・ワンダーランド前編」では
9つに分かれるエリアの1つ
ユニバーサル・ワンダーランドの
マスコットキャラクター3本柱の大黒柱
「エルモ」を筆頭とする
「セサミストリート」に登場するキャラクターに
関連するアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

回顧録第1003弾(クリックにて、第1003弾へ)
「ライドアトラクション編」では
残りのエリアで楽しめる
ライドアトラクション9機種を紹介
思い出を振り返りました

回顧録第1004弾(クリックにて、第1004弾へ)
「ショー・シアターアトラクション編」では
USJ残りのエリアで楽しめる
ショー&シアターアトラクションを紹介
思い出を振り返りました

今回記事がUSJが舞台の回顧録の最終回です
usj6回2019-3
回顧録副題は
「ナイトパレード編」です
2019年9月現在
USJで開催されている

ユニバーサル・スペクタクル・
ナイトパレード
~ベスト・オブ・ハリウッド~
を紹介
思い出を振り返ります

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(公式HPへ)

浜松浜北IC付近からの距離 274.5㎞(片道)

到着目安 3時間30分

高速料金 8070円
※最寄りの有料道路出口で降車の場合
※2019年8月時点

駐車場 普通車2800台
駐車料金は、2500円~3500円と日によって異なる
駐車場の営業時間目安は
パーク営業開始1時間半前~閉園2時間後まで

所在地 〒554-0031
大阪府大阪市此花区桜島2丁目1-33

電話 0570-200-606

定休日 無休

営業時間 日によって営業時間が異なる

1デイ・スタジオ・パス料金
12歳以上7400円~、4歳~11歳5100円~
65歳以上6700円~
※入場日によって異なります
※他にも様々なプランのチケットが販売されてます


usj6回2019-5
(上画像は、拡大表示可能です)
ユニバーサル・スペクタクル・
ナイトパレード
~ベスト・オブ・ハリウッド~

所要 約55分
備考 雨天の場合休止となる
パレードのルート、開催日
タイムスケジュールは公式HPにて確認推奨


ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレードでは
人気映画4作品に関連するフロートが
客の目の前を通ります

usj6回2019-5-1
(上画像は、拡大表示可能です)
開催時間から30分程度前に順番待ちしたところ
※①特別エリア鑑賞エリア付近で
※②ナイトパレードを観ることができました
(※①上画像赤枠部分のエリア)
(※②上画像黒矢印部分で観ました)

特別エリア鑑賞エリアは
ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレードを
間近で観覧できるエリア
です
特別エリア鑑賞券は、1名1300円です
特別エリア鑑賞券は、ウェブチケットストアや
ローソンチケットで購入できます
usj6回2019-6
(上画像は、拡大表示可能です)
人気映画4作品中最初に観れたのは
世界的人気を誇る映画
「ハリー・ポッター」に関連するフロートでした

ホグワーツ特急型フロート(上画像)が通り
usj6回2019-7
クィディッチ(作品内に登場するスポーツ)対戦中の
設定な魔法使いに扮したエンターテイナーを乗せた
フロートなどが通りました
usj6回2019-8
(上画像は、拡大表示可能です)
次に観れたのは
「トランスフォーマー」に関連するフロートでした

フロート上ではありますが
上画像に写っているトランスフォーマーは
頭、手、胴体が動きまくりでしたし
usj6回2019-9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っているトランスフォーマーは
トランスフォームしました
usj6回2019-10
(上画像は、拡大表示可能です)
次に観れたのは
「ジュラシック・ワールド」に関連するフロートでした

ナイトパレードの最中
ランプが点いて、警報が鳴り

小型恐竜ラプトル
檻から逃げ出しました!!

usj6回2019-11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像撮影時、のりゅは
「むぅ!このあと
どういう展開になるんだ!?」と
ちょい緊張しながら観てました

usj6回2019-12
威嚇だけして、ラプトル達は
自ら檻の中へ戻っていきました

なんか、シュールで笑えました
usj6回2019-13
(上画像は、拡大表示可能です)
巨大肉食恐竜、T-レックスのフロート
usj6回2019-14
(上画像は、拡大表示可能です)
人気映画4作品中最後に観れたのは
「ミニオンズ」に関連するフロートでした
usj6回2019-15
(上画像は、拡大表示可能です)
ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレードは
フロートの動きに合わせて
パレードルートの壁面が
プロジェクション・マッピングによって
次々に変化します


ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレードは
前回(2015年5月)USJで観た
マジカル・スターライト・パレードよりも
明らかにグレードアップを
遂げたナイトパレードだと思いました

のりゅは、パレードを
観覧した経験に乏しい男子です
ゆえに、パレードを観る目は肥えてませんし
※生来の性根が
真っ直ぐな男子ですから

ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレードを観て
のりゅは、素直に興奮&感動できました
(※のりゅ個人の認識です)

ユニバーサル・スペクタクル・
ナイトパレードを観て
素直に興奮&感動できない人が
居るとしたら、その人は

パレードを観る目が肥えているのか
生来の性根が捻くれているのか
あるいは、両方なんだと思います
(↑のりゅ個人の考えです)
usj2019初回1-
マイハニー「ディズニーと
比べちゃうと
1歩及ばないのよねー」

(↑我が花嫁が言っていた批評)

ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレードを
のりゅの隣で観覧していた
我が花嫁は素直に
興奮&感動できなかったようでした

usj6回2019-16
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、2018年12月に
我が花嫁が撮影した写真
です
(↑上画像のパレードが
開催されるスポットへ
のりゅが足を踏み入れたのは
2006年が最後です)


まぁ~マイハニーは
千葉県浦安市舞浜にある
ネズミのリゾート信者であるがゆえ
ネズミの国&海で開催されるパレードを
何十回と観た経験のある人物です
パレードを観る目が肥えているのでしょう

マイハニーの
生来の性格については
優しい旦那様の配慮から
書かないことにしますね~☆


といったところで、今回の回顧録終了
USJが舞台の回顧録も終了です

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.