FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202011
安松第3公園に遊びに行きました
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1112弾は、静岡県浜松市南区にある
「安松第3公園」です
安松第3-1
2020年6月某日、のりゅ&娘達は
静岡県浜松市南区にある今回記事の舞台
「安松第3公園」に、おでかけしました

さて、皆様は
何かを見て
叶わないかもしれない夢を
思い出し哀しみに
囚われてしまったこと
って
ありませんか?

のりゅは
安松第3公園に設置されている
【とあるオブジェ】を見て
叶わないかもしれない夢を
思い出し哀しみに
囚われてしまいました…


安松第3公園

浜松浜北ICからの距離 16㎞(片道)

到着目安 30分

駐車場 ありません

所在地 〒435-0034
静岡県浜松市南区安松町76-17

電話 管理団体は分かりません


安松第3公園は
駐車場が整備されていないスポット
です

今回記事を閲覧して興味を惹かれ
おでかけしたいと考えた方は
誰かに連れて来てもらうなどして
遊びに行ってくださいませ

設置されている遊具を紹介しますね
安松第3-2
鉄棒
安松第3-3
ジャングルジム
安松第3-4
滑り台
安松第3-5
ブランコ
安松第3-6
シーソー
安松第3-7
クワガタ型オブジェ
安松第3-8
ゾウ型オブジェ

安松第3公園に設置されている遊具は以上であり
のりゅが叶わないかもしれない夢を
思い出し哀しみに囚われてしまった
原因となった【とあるオブジェ】とは
上画像のゾウ型オブジェでした

安松第3-9
2020年6月某日
当時40歳男性にして
現在41歳男性(のりゅ)が
ゾウのオブジェに跨り
※男泣き
した理由を説明します

(※男泣き→やたらには泣かないはずの男が
こらえ切れず泣くこと)
ゾウの国イベント編3
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
2020年10月現在から
4年以上前の2016年5月某日

のりゅは、千葉県市原市にある
「市原ぞうの国(紹介記事へ)」に遊びに行きまして
現生最大の陸上動物である
ゾウに乗る夢を叶えました


そんな夢を叶えたのち
のりゅは
【発展型なゾウライド】を
体験したいとの
新たな夢を抱いたのでした

安松第3-10
(出典:那須ワールドモンキーパーク フェイスブック
(上画像は、拡大表示可能です)
【発展型なゾウライド】とは
栃木県那須郡にある
「那須ワールドモンキーパーク(公式サイトへ)」
開催していた
現生最大の陸上動物である
ゾウに乗りながらの
山道散策が楽しめるイベント
ゾウトレックのことでした


おでかけ関連の行動力だけは
人並みより優れている自分ですので
直ぐにでも
那須ワールドモンキーパークに
遊びに行きたかったのですが
新たに夢見た当時
長女がゾウトレックの
年齢における参加条件を
満たしていませんでした


もどかしくも逸る気持ちを抑えつつ
のりゅは、長女の年齢が
ゾウトレックの年齢における
参加条件をクリアする時まで
那須ワールドモンキーパークに
遊びに行くのを見送ることにしました


年月が流れ…時は満ち!!
のりゅは久し振りに
那須ワールドモンキーパークの
公式サイトを閲覧しました


ゾウトレックの開催情報は
那須ワールドモンキーパークの
公式サイトより
消失していたのでありました!


パソコンモニター前で
しばし呆然としていた自分でしたが
那須ワールドモンキーパークに
直接確認してみることを思い立ち
電話しました


それで、公式側の回答ですが
ゾウトレックは
コースとなる山道の改装により
当面の間休止
とのことであり
再開の予定は未定とのことでした

安松第3-9
(上画像は、イメージです)
那須ワールドモンキーパークとの
電話の通信を切ったのち

のりゅは※慟哭しました
(※慟哭→悲しみに耐えきれず
声をあげて泣くこと)


といったところで、今回の回顧録終了です

安松第3公園
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.