fc2ブログ

マクセル アクアパーク品川(2023年8月)  イベント編

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1428弾は、東京都港区にある
「マクセル アクアパーク品川(2023年8月) 
イベント編」です
アク品233-1
2023年8月某日
のりゅは、次女を引き連れ
東京都港区にある今回記事の舞台
「マクセル アクアパーク品川」
遊びに行きました
夢見ヶ崎動物3
で、これより書きますのは
アクアパーク品川を含めて
東京都にあるスポットを
巡り遊んだ旅行時の

行きの新幹線内で
我が子(次女)に
非は無かったけれど
過ごしていた姿を見て
いらだちを覚えた思い出話
です
アクアパーク2023初回3
当ブログ管理人は
2023年12月現在
ガラケーユーザー
です

そんな自分は

「父よりも先に子供が
スマホを持つなんて
世間が認めても
パパ上様は認めん!!」


マイハニー&娘達に
上記の見解を
幾度も伝え続けてきました

池袋第1イン5
しかし、旦那様(のりゅ)の
意見を1ミクロンたりとも
尊重しないマイハニーは
今年(2023年)4月、次女が
中学生になったのを機に
スマホを与えてしまい
2023年12月現在
我が子ら(娘達)は
父親(のりゅ)より先に
スマホユーザーに
なってしまいました


なので
当ブログ管理人は
娘達がスマホを
慣れた感じで
いじっているのを見ると
その都度ですが
少しだけイラッとします

アク品233-2
(上画像は、拡大表示可能です)
で、アクアパーク品川を含めて
東京都にあるスポットを
巡り遊んだ旅行時の

行きの新幹線内で
次女がスマホを
充電&イヤホンしながら
いじっているのを見た時は


「次女の分際で
※スタイリッシュ文明人を
気取りやがってぇぇぇ!
なまいキィィィィィ!!」

※(スタイリッシュ→流行に合ったさま)

我が子(次女)に
非は無かったけれど
上記を脳内で叫んだほど
いらだちを覚えました


回顧録序文の余談は以上としまして
アクアパーク2023初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアパーク品川1階マップです

アクアパーク品川が舞台の初回記事
「スポット概要&展示観覧前編(紹介記事へ)」では
スポット概要と同水族館1階を紹介
思い出を振り返りました
アクアパーク2023初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアパーク品川2階マップです

アクアパーク品川が舞台の第2回目記事
「展示観覧後編(紹介記事へ)」では
同水族館2階を紹介、思い出を振り返りました
アクアパーク2023初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアパーク品川が舞台の最終回な
今回記事は
「イベント編」
と題しまして
上画像に写るイルカショーを含めて
同水族館で開催されている
イベントを紹介
、思い出を振り返ります

マクセル アクアパーク品川
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 233キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 7340円(最寄のIC降車の場合)
※2023年12月時点

駐車場 1台30分500円
※アクアパーク品川(入場料金・ショップなど)や
品川プリンスホテル(ショップ、遊び場)にて
当日に合計5000円以上利用した客は
最大3時間まで駐車場料金が無料となる

所在地 〒108-8611
東京都港区高輪4-10-30 

電話 03-5421-1111

定休日 12/29~1/1
火曜日(祝日の場合翌日)
※春夏冬休み期間は無休

営業時間 10:00~20:00(最終入場19:00)
※季節・曜日によって異なる場合あり

入場料 高校生以上2500円
小中学生1300円、4歳以上800円


アク品233-3
(上画像は、拡大表示可能です)
デイver.
ドルフィンパフォーマンス

開催場所 ザ スタジアム
所要 約15分
観覧料金 無料


昼間の時間帯、アクアパーク品川で
開催されるイルカショーであり
開催時刻は季節によって異なるかもなので
公式HPでイベントスケジュールを
確認して同水族館に遊びに行くことを推奨します

上画像参照なイルカの単独ジャンプだったり
アク品233-4
(上画像は、拡大表示可能です)
2頭の共演ジャンプ(上画像左)だったり
2頭の回転&共演ジャンプ(上画像右)だったり
アク品233-4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像参照なトレーナーの方との
コンビネーションジャンプだったり
アク品233-5
(上画像は、拡大表示可能です)
くるくる回るダンス(上画像)だったり
アク品233-6
(上画像は、拡大表示可能です)
高速移動(上画像)だったり
アク品233-7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っている状態での水面移動だったりは
デイver.ドルフィンパフォーマンスで
見ることができた技(芸)の例です

ココまで画像掲載して紹介したイルカの技(芸)は
他の水族館でも見ることができると思いましたが
アク品233-8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写るウォーターカーテンな演出と
アク品233-9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写る噴水の演出と
アク品233-10
(上画像は、拡大表示可能です)
煙の演出アリで、イルカショーが見れるのは
アクアパーク品川のみだと思いました
アク品233-11
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなイルカショーである
デイver.ドルフィンパフォーマンスは
前列の席で観覧しますと、イルカが
盛大な水飛沫(上画像参照)を
プレゼントしてくれます
アク品233-12
我が家の次女は最前列に着席して
盛大な水飛沫を引っ被りながら
デイver.ドルフィンパフォーマンスを
観覧しましたが、上画像に写ってますとおり
流れていた軽快な音楽に合わせて
手を振って楽しんでました

ちなみの情報となりますが
次女が着ていたレインポンチョ(100円)は
ザ スタジアムのインフォメーションで売ってます
アク品233-13-0
(上画像は、拡大表示可能です)
ナイトver.
ドルフィンパフォーマンス

開催場所 ザ スタジアム
所要 約15分
観覧料金 無料


夜の時間帯、アクアパーク品川で
開催されるイルカショーであり
開催時刻は季節によって異なるかもなので
公式HPでイベントスケジュールを
確認して同水族館に遊びに行くことを推奨します

「星の海の中を
イルカさんが
舞っているような
ロマンチックで
幻想的なショーだったね♡
愛する次女ちゃんと
一緒に観れて
パパは幸せだったよ~♡」

(↑44歳男性が娘に伝えた感想)

上画像参照なイルカショー終了後
次女に上記を伝えまして
アク品233-13-2
(上右イラストは、イメージです)
我が子(次女)に
「キモッ!!」と
ドン引きされたのは

品川プリンス2-2
(上画像は、イメージです)
計画通りでした

むしろ計画通り過ぎて
面白くなかったがゆえ
次女ちゃまが
もっともっともっと
父親(のりゅ)の心を
ふか~くエグるくらいの
きっつい返答&反応を
してくれたら良かったのにと
思ってます

93-14.jpg
(上画像は、イメージです)
「まだまだだね」

ナイトver.ドルフィンパフォーマンスを
観覧したのち、次女に感想を伝えて
我が子(次女)の返答と反応を
楽しんだ当ブログ管理人が
最終的に下した評価は上記
でした
アク品233-14
(上画像は、拡大表示可能です)
余談な思い出話は以上としまして
上画像参照な
ライトアップ演出されていたプールでの
イルカのジャンプだったり
アク品233-15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像参照な
プロジェクションマッピング演出アリな空間での
高所ボールタッチジャンプだったり
アク品233-15-1
(上画像は、拡大表示可能です)
トレーナーの方との水中ダンス(上画像左)だったり
人を背に乗せての高速移動(上画像右)だったりが
ナイトver.ドルフィンパフォーマンスで
見ることができた技(芸)の例です

ライトアップ&プロジェクションマッピング演出アリの
イルカショーは、2022年8月に遊びに行った
神奈川県横浜市金沢区にある
「横浜・八景島シーパラダイス(紹介記事へ)」でも
観ることができましたが
アク品233-16
(上画像は、拡大表示可能です)
当ブログ管理人としては
ナイトver.ドルフィンパフォーマンスの
キラッキラの方が好みでした
アク品233-17
(上画像は、拡大表示可能です)
さらに上画像参照な煙の演出アリで
アク品233-19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像参照な噴水の演出もアリでした
アク品233-20
(上画像は、拡大表示可能です)
キラッキラで水の演出アリな中
ナイトver.ドルフィンパフォーマンスは最終盤となり
上画像参照なイルカの一斉ジャンプが披露され
終了となりました

アクアパーク品川に遊びに行ったのなら
デイver&ナイトverの
両方のドルフィンパフォーマンスを観なければ
もったいないと思います
アク品233-21
(上画像は、拡大表示可能です)
ウォーターカーテンコール
開催場所 ザ スタジアム
観覧料金 無料


イルカは登場しないので技(芸)は
見れませんでしたが上画像参照な
光と水、あと音のショーが楽しめました
アク品233-22
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ウォーターカーテンコール開催中に
撮影した写真ですが、同イベントは
同イベントは休止の日もあるので
公式HPで開催日時を確認して
アクアパーク品川に遊びに行くことを推奨します
アク品233-23
(上画像は、別スポットで撮影した参考写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
イルカにタッチ
開催場所 ザ スタジアム
参加条件 小学生未満は保護者の付添が必要
参加方法 WEB事前予約制
定員 各回12組(1組4名まで)
参加料金 1名900円
※小学生未満は無料


イルカにタッチに参加しますと
イベント名どおりの体験が楽しめますが
上画像は別スポットで撮影した参考写真であり
公式HPの掲載写真を見る限り
アクアパーク品川では
プールに入らず、ふれあうみたいです
アク品233-24
(上画像は、拡大表示可能です)
ワイルドライブビューイング
開催場所 各動物展示室
観覧料金 無料


給餌時間、各動物展示室の様子を
リアルタイムのカメラ映像で観察できるイベントな
ワイルドライブビューイングの対象動物は
ペンギン、コツメカワウソ、ゴマフアザラシ
アク品232-23
(上画像は、拡大表示可能です)
ミナミアメリカオットセイ(上画像)です

ワイルドライブビューイングの開催時間は
季節によって異なるかもなので
公式HPでイベントスケジュールを
確認して同水族館に遊びに行くことを推奨します
アク品233-27
(上画像は、拡大表示可能です)
ミニパフォーマンス
開催場所 フレンドリースクエア
所要 約10分
観覧料金 無料


動物のチョットした技(芸)を
見て楽しめるイベントな
ミニパフォーマンスに登場するのは
ミナミアメリカオットセイ
アク品233-28
(上画像は、拡大表示可能です)
ペンギン、コツメカワウソです

でも、2023年12月現在
公式HPに、ミナミアメリカオットセイ&ペンギンの
ミニパフォーマンス登場予定が載ってません

あと、ミニパフォーマンスの開催時間は
季節によって異なるかもなので
公式HPでイベントスケジュールを
確認してから遊びに行くことを推奨します
アク品233-29
ワンダーチューブの
フィーディングタイム

開催場所 ワンダーチューブ
所要 約10分
観覧料金 無料


飼育員の方が給餌しながら
ワンダーチューブで飼育している魚類について
解説するイベントとのことであり
アク品232-11
(上画像は、拡大表示可能です)
ワンダーチューブのフィーディングタイムに
参加しますと飼育している国内スポットが少ない
ノコギリエイ(上画像)の食事場面を
見ることができるとのことですが
開催時間は季節によって異なるかもなので
公式HPでイベントスケジュールを
確認してから遊びに行くことを推奨します
アク品233-30
サンゴトーク
開催場所 コーラルカフェバー
所要 約15分
観覧料金 無料


2023年12月現在、サンゴトークは
土曜日限定開催のイベントとのことで
アク品233-31
(上画像は、拡大表示可能です)
参加しますと、上画像の場所で
スタッフの方が、サンゴの再生活動について
解説してくれるとのことです
アク品233-32
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラにごはん
開催場所 アクアジャングル
参加条件 4歳以上
小学生未満は保護者の付添が必要
参加方法 WEB事前予約制
定員 各回8組名
参加料金 1名400円
※小学生未満は無料


上画像は、観覧時ちょうどタイミングで
食事してた世界最大の齧歯類動物を
撮影した写真ですが
カピバラにごはんに参加しますと
同動物相手のエサやり体験が楽しめます

画像付で紹介できるイベントは以上ですが
アクアパーク品川では

ワンダートークガイド
参加条件 小学生未満は保護者の付添が必要
参加方法 WEB事前予約制
定員 各回1組(1組5名まで)
参加料金 1組2000円


スタッフの方と、おしゃべりしながら
同水族館裏側を巡れるガイドツアーな
上記イベントを開催しています

といったところで、今回の回顧録終了
アクアパーク品川が舞台の回顧録も終了です

マクセル アクアパーク品川
心惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



マクセル アクアパーク品川(2023年8月) 展示観覧後編

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1427弾は、東京都港区にある
「マクセル アクアパーク品川(2023年8月)
展示観覧後編」です
アク品232-0
2023年8月某日
のりゅは、次女を引き連れ
東京都港区にある今回記事の舞台
「マクセル アクアパーク品川」
遊びに行きました
アクアパーク2023初回4
アクアパーク品川は
品川駅から徒歩約2分の
場所にあるスポット
です

のりゅ&次女は
アクアパーク品川を含めて
東京都にあるスポットを
巡り遊んだ旅行にて
同水族館&品川駅近くの
ホテルに宿泊しました


遊具大好きな自分は
旅行で宿泊した早朝
旅先にある公園を
巡っちゃったりする趣味を
持っている人物
です

で、前回記事序文にて
真夏(8月)の暑い中
当ブログ管理人が
品川駅周辺の公園を
でたとこ勝負の
徒歩で巡った経緯と
その後でしたが

【成果ナシの連続】
体力は残っていても
やる気を失いまして
遊具ウォッチング数ゼロで
宿に戻った思い出話を
書きました


今回記事では
【成果ナシの連続】
詳細な思い出話を

回顧録序文の余談として
書きますね
アク品232-2
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
アクアパーク品川&品川駅近くの
ホテルで一夜過ごしたのちの

真夏(8月)の早朝
まずは、東京都港区にある
「高輪森の公園」まで
歩いて行ってみましたが

開閉門時間が
決められているスポットであり

入園できなかったので
成果ナシ1回目
でした
アク品232-3
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
次に、東京都港区にある
「こうなん星の公園」まで
歩いて行ってみましたが

緑地と駐輪場のみの
遊具ゼロなスポットで
成果ナシ2回目
でした

「くそぉぉぉぉ!
※【3度目の正直】だぁぁ!」

(↑44歳男性の脳内での叫び)
※(意味→勝負で、1度や2度は当てにならないが
3度目は確実であるということ)

真夏(8月)の暑い中
成果ナシ2連続で
やる気が尽きかけまして
上記を脳内で叫び
自身を奮い立たせたのち

アク品232-4
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
東京都港区にある
「芝浦中央公園」まで
歩いて行ってみました


芝浦中央公園が
遊具アリなスポットだと
記載された上画像案内を
見つけましたが

アク品232-5
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
開閉門時間が
決められているスポットで

またしても入園できず
成果ナシ3回目
でした

※【2度あることは3度ある】
※(意味→物事は繰り返し起こる傾向があるので
失敗を重ねないようにという戒め)

真夏(8月)の暑い中
上記ことわざを
痛感した自分は
体力は残っていても
やる気を失いまして
遊具ウォッチング数ゼロで
宿に戻ったのでした…(泣)

品川プリンス8-0
(上画像は、拡大表示可能です)
※【戦い】に敗れても
当ブログ管理人が
流した汗と悔し涙は
上画像に写る
アクアパーク品川の
キラッキラくらいに
綺麗で美しかった
と思ってます
※(でたとこ勝負の公園巡りのこと)

今回記事序文の余談は以上としまして
アクアパーク2023初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアパーク品川1階マップです

アクアパーク品川が舞台の初回記事
「スポット概要&展示観覧前編(紹介記事へ)」では
スポット概要と同水族館1階を紹介
思い出を振り返りました
アクアパーク2023初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアパーク品川2階マップです

アクアパーク品川が舞台の第2回目記事の
今回は同水族館2階を紹介
思い出を振り返ります

マクセル アクアパーク品川
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 233キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 7340円(最寄のIC降車の場合)
※2023年12月時点

駐車場 1台30分500円
※アクアパーク品川(入場料金・ショップなど)や
品川プリンスホテル(ショップ、遊び場)にて
当日に合計5000円以上利用した客は
最大3時間まで駐車場料金が無料となる

所在地 〒108-8611
東京都港区高輪4-10-30 

電話 03-5421-1111

定休日 12/29~1/1
火曜日(祝日の場合翌日)
※春夏冬休み期間は無休

営業時間 10:00~20:00(最終入場19:00)
※季節・曜日によって異なる場合あり

入場料 高校生以上2500円
小中学生1300円、4歳以上800円


アク品232-6
(上画像は、拡大表示可能です)
前回記事で紹介しました上画像参照な
アクアパーク品川の
第1~第4展示区分は
キラッキラなので
田舎っぺ(のりゅ)には
刺激が強過ぎ
でした
アク品232-7
(上画像は、拡大表示可能です)
5 リトルパラダイス

アクアパーク品川の第5展示区分にして
上画像参照な
【リトルパラダイス】は
第1~第4展示区分と比べて
演出が地味
なので
田舎っぺ(のりゅ)が
精神的に動揺せず
観覧できたとの意味では
【ちょっとした天国】だったと
評しても過言ではないと考えます

アク品232-8
(上画像は、拡大表示可能です)
2023年8月に遊びに行った時
リトルパラダイスの水槽では
チンアナゴ(上画像左)だったり
上画像右だったりが見れましたが、同展示区分は
定期的テーマが変わるとのことなので
同年12月現在、飼育している生物も
変わっているかもしれません
アク品232-9
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなリトルパラダイスには
合計9基の水槽が設けられており
上画像も、その1つとのことです
アク品232-10
(上画像は、拡大表示可能です)
6 ワンダーチューブ

上画像参照な全長20mのトンネル水槽こそが
アクアパーク品川の第6展示区分です
アク品232-11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、アクアパーク品川の
第6展示区分で撮影した写真であり
ワンダーチューブで見れる
ノコギリエイ(上画像参照)
国内飼育スポット数が
一桁なレア生物
とのことです

さらに書きますと
ノコギリエイの仲間で
ドワーフソーフィッシュ
世界でココだけの
飼育生物
とのことです

上記情報を把握したのち
アクアパーク品川に
遊びに行きまして
ワンダーチューブ滞在中
ドワーフソーフィッシュを
「どれかな…?」と
数十秒探してみましたが
「どれか分からん…」との
結論に至りまして
ブログ掲載用に
写真撮影するのを
諦めました


回顧録序文の余談で
書きました思い出話である

遊具目当てで
品川駅周辺の公園を
巡っていた時とは異なり
世界でココだけの
飼育生物をブログ掲載用に
写真撮影することは
すんなり諦められました

アク品232-12
(上画像は、拡大表示可能です)
7 ライフミュージアム

アレコレな標本を見ることができる
アクアパーク品川の第7展示区分であり
アク品232-13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ライフミュージアムの展示例です
アク品232-14
(上画像は、拡大表示可能です)
8 アクアジャングル

キラッキラではないけれど
上画像参照な趣向が凝らされている
アクアパーク品川の第8展示区分であり
アク品232-15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写るカメ
アクアジャングルで撮影しました
アク品232-16
(上画像は、拡大表示可能です)
世界最大の齧歯類動物であり
上画像に写るカピバラ
アクアジャングルで撮影しました
アク品232-17
(上画像は、拡大表示可能です)
9 ワイルドストリート

アクアパーク品川の第9展示区分であり
上画像の展示内では
【よちよち歩きする鳥類】が飼育されており
アク品232-18
飛ぶように泳ぐ姿(上画像参照)も観覧できます
アク品232-19
(上画像は、拡大表示可能です)
で、先述しました【よちよち歩きする鳥類】とは
頭部に飾り羽を持つことが特徴な
キタイワトビペンギン(上画像左)
同鳥類の仲間中では2番目に大きい
オウサマペンギン(上画像右)
アク品232-20
(上画像は、拡大表示可能です)
同鳥類の仲間中では最速で泳げる
ジェンツーペンギン(上画像左)
アフリカ大陸に棲息している
ケープペンギン(上画像右)です
アク品232-21
(上画像は、拡大表示可能です)
コツメカワウソ(上画像)
ワイルドストリートで飼育されています

当ブログ管理人達が、ワイルドストリートを
観覧したのは夕方だったのですが
コツメカワウソは、ハンモックで過ごしていて
アク品232-22
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の展示内を
動き回っている姿は見れませんでした
アク品232-23
(上画像は、拡大表示可能です)
ミナミアメリカオットセイ(上画像)
ワイルドストリートで飼育されてますが
当ブログ管理人達が観覧した時(夕方)
同海洋哺乳類は爆睡中でした
アク品232-24
(上画像は、拡大表示可能です)
ゴマフアザラシ(上画像)
ワイルドストリートで飼育されてますが
当ブログ管理人達が観覧した時(夕方)
同海洋哺乳類は爆睡中でした
アク品232-25
(上画像は、拡大表示可能です)
セクシーポーズ(上画像)で
爆睡していたゴマフアザラシも居ました
アク品232-26
(上画像は、拡大表示可能です)
10 フレンドリースクエア

アクアパーク品川の第10展示区分で
イベント開催時間に行きますと
登場する生物のミニパフォーマンスが見れます
アク品232-27
(上画像は、拡大表示可能です)
11 ザ スタジアム

アクアパーク品川の第11展示区分であり
直径約25mの円形プールで飼育されているのは
アク品232-28
(上画像は、拡大表示可能です)
カマイルカ(上画像)です

上画像は、イルカショー開催中で
カマイルカが動きを止めていて
顔出ししてくれてた時に撮影した写真ですので
アク品232-29
(上画像は、拡大表示可能です)
イベント時間外で高速水泳中だと
その姿は上画像参照な感じで
はっきり見えなかったりします

ザ スタジアムでは
バンドウイルカも飼育されており
上画像は、当ブログ管理人が
「ソレかな?」と思って撮影した写真です
アク品232-30
(上画像は、拡大表示可能です)
ザ スタジアムでは
最大体長6mで頭部が丸いことが特徴な
オキゴンドウも飼育されており
上画像は、当ブログ管理人が
「ソレかな?」と思って撮影した写真です

ちなみに上画像矢印部分に
写っているのは次女であり
アクアパーク2023初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
我が子(次女)は
アクアパーク品川の名物イベントである
ドルフィンパフォーマンス(上画像)
最前列で観覧しました

ドルフィンパフォーマンスを含めて
アクアパーク品川で
開催されているイベントの数々は
次回の回顧録で詳しく紹介しますね

といったところで、今回の回顧録終了です

マクセル アクアパーク品川
次回の「イベント編」に続きます☆

マクセル アクアパーク品川(2023年8月) スポット概要&展示観覧前編

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1426弾は、東京都港区にある
「マクセル アクアパーク品川(2023年8月)
スポット概要&展示観覧前編」です
アクアパーク2023初回1
2023年8月某日
のりゅは、次女を引き連れ
東京都港区にある今回記事の舞台
「マクセル アクアパーク品川」
遊びに行きました
品川プリンス8
(上画像は、拡大表示可能です)
当ブログ管理人達は
アクアパーク品川を含めて
東京都にあるスポットを
巡り遊んだ旅行にて
同水族館を内包していて

品川駅から
徒歩約2分の場所
ある
「品川プリンスホテル(紹介記事へ)」
宿泊しました


で、遊具大好きな自分は
旅行で宿泊した早朝
旅先にある公園を
巡っちゃったりする趣味を
持っている人物
です

しかしながら
この時は真夏(8月)であり

東京都までの移動手段は新幹線だったため
徒歩で公園を巡ることになり
暑い中あまり無理をすると
体調を崩しかねないと考え
そんな趣味は止めとくとの
方針を固めてました

アクアパーク2023初回2
(上画像は、拡大表示可能です)
ですが、旅の最中
品川駅周辺に点在する公園の場所が載っている
上画像が例な
※【宝の地図】を
見つけてしまいまして
真夏の気温上昇なんて
比較にならないレベルで
巡りたいとの欲求が
高まってしまいました

※(個人の感想です)

あふれだす情熱を胸に
やっぱり趣味を楽しもうと
考えを改めた自分
でしたが
急な方針変更だったので
品川駅周辺の公園の
遊具事情を
下調べしてませんでした

アクアパーク2023初回3
公園を巡る前に
遊具調査して厳選したいと
考えましたが自分は
この時(2023年8月)も
2023年12月現在も
インターネット契約してない
ガラケーのユーザー
です
池袋第1イン5
旅の同行者だった次女は
スマホを持ってましたが
一時的に借りようとしたり
代わりに調べてと
要請した場合
めんどくさがられて
嫌がられるのは
容易に想像できました

アクアパーク2023初回4
なので、自分は
※出たとこ勝負で
品川駅周辺にある公園を
巡ることにしました

※(出たとこ勝負→計画・見通しを持たず
成行き次第で行い、結果を運に任せること)

上画像撮影時
ピースする余裕アリでしたが

その後、暑い中
成果ナシの連発で
体力は残っていても
やる気を失いまして
遊具ウォッチング数ゼロで
ホテルに戻りました…(哀)


以上の思い出話を
読んでくれました皆様に
【アドバイス】を送りますね

品川プリンス8-0
(上画像は、拡大表示可能です)
真夏、あるいは真冬
品川駅周辺で
無計画に徒歩で
公園を巡るよりも
上画像のキラッキラで
冷暖房完備な屋内施設の
アクアパーク品川に
遊びに行った方が
100%快適に楽しめます


【アドバイス】とは上記であり
ためになったね~

マクセル アクアパーク品川
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 233キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 7340円(最寄のIC降車の場合)
※2023年12月時点

駐車場 1台30分500円
※アクアパーク品川(入場料金・ショップなど)や
品川プリンスホテル(ショップ、遊び場)にて
当日に合計5000円以上利用した客は
最大3時間まで駐車場料金が無料となる

所在地 〒108-8611
東京都港区高輪4-10-30 

電話 03-5421-1111

定休日 12/29~1/1
火曜日(祝日の場合翌日)
※春夏冬休み期間は無休

営業時間 10:00~20:00(最終入場19:00)
※季節・曜日によって異なる場合あり

入場料 高校生以上2500円
小中学生1300円、4歳以上800円
 

アクアパーク2023初回4-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、アクアパーク品川の
名物イベントである

ドルフィンパフォーマンス

撮影した写真です

光、音楽、水による演出がスゴ過ぎな
イルカショーを見て楽しめるアクアパーク品川は
ドルフィンパフォーマンス以外にも
アレコレなイベントが開催されているスポットですが
詳しいことは同水族館が舞台の
第3回目記事で紹介します
アクアパーク2023初回5
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなアクアパーク品川1階マップです
アクアパーク2023初回6
(上画像は、拡大表示可能です)
アクアパーク品川2階マップです

約350種20000点もの生物を
飼育しているアクアパーク品川の
入場料金は高校生以上2500円
小中学生1300円、4歳以上800円
です

駐車料金は1台30分500円ですが
アクアパーク品川(入場料金・ショップなど)や
品川プリンスホテル(ショップ、遊び場)にて
当日に合計5000円以上利用した客は
最大3時間まで駐車無料サービスが受けられます

アクアパーク品川の展示区分数は11であり
アクアパーク2023初回7
(上画像は、拡大表示可能です)
1~11の展示区分名は上画像です

スポット概要は以上としまして
ここからは、アクアパーク品川の
展示区分1~4を紹介

思い出を振り返ります
アクアパーク2023初回8
(上画像は、拡大表示可能です)
1 パークエントランス

アクアパーク品川に入場して直ぐの展示区分であり
演出は季節によって異なるとのことです

上画像撮影時は8月でしたので
パークエントランスの演出は夏バージョンで
星空が投影された壁面に
アクアパーク2023初回9
(上画像は、拡大表示可能です)
最初の展示区分の水槽内では
大輪の花火(映像)が咲き乱れてました
アクアパーク2023初回10
(上画像は、拡大表示可能です)
2 マジカルグラウンド

アクアパーク品川の第2展示区分であり
上画像に写っているのは
同水族館内で楽しめる
アトラクションの1つ

ポート・オブ・パイレーツ
です

ポート・オブ・パイレーツ
利用条件 身長120cm以上
利用料金 1名1回500円


アトラクション外観と周囲の造形物が凝っていて
アクアパーク2023初回11
(上画像は、拡大表示可能です)
迫力&揺れの大きさは
なかなかにハイレベルな海賊船ですが
アクアパーク2023初回11-1
国内各地で、絶叫ライドだったり
お化け屋敷だったりをチャレンジして
乗り越えてきた次女にとって
ポート・オブ・パイレーツは
最後列に座っても
楽しいだけだったみたいであり
あまり期待してませんでしたけれど
我が子(次女)が涙の数だけ
強くならなかったのは
少しだけ残念だと思いました

アクアパーク2023初回13
(上画像は、拡大表示可能です)
ドルフィンパーティー
利用条件 5歳以下は保護者の付添(有料)が必要
利用料金 1名1回500円(5歳以下無料)


アクアパーク品川の第2の展示区分で楽しめる
メリーゴーランド的アトラクションであり
アクアパーク2023初回14
(上画像は、拡大表示可能です)
海の生物型ライドに乗れることが
そこらの回転木馬とは異なる仕様だったりします
アクアパーク2023初回15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ドルフィンパーティー近くに
設けられている映像演出を背景に
我が家の次女を撮影した写真です

次女「パパ…ココって
本当に水族館なの?」


上画像撮影前
次女に上記を質問され
肯定したのですが
我が子(次女)は
イマイチ合点がいかないとの
様子でしたね~

アクアパーク2023初回16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、マジカルグラウンド内エリアの1つ
イマーシブエリア「パターンズ」であり
その時によって演出は異なるとのことであり
アクアパーク2023初回17
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が遊びに行った時は
上画像に写っている色鮮やかな魚が
同エリア内の水槽で飼育されてました
アクアパーク2023初回18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、マジカルグラウンド内エリアの1つ
アトリウムエリア「カラーズ」であり
その時によって演出は異なるとのことであり
アクアパーク2023初回19
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が遊びに行った時は
パロットファイヤー(上画像左)
トゲダルマガレイ(上画像右)
などが
同エリア内の水槽で飼育されてました
アクアパーク2023初回20
(上画像は、拡大表示可能です)
3 コーラルカフェバー

館内カフェ&バーが営業している
アクアパーク品川の第3展示区分です
アクアパーク2023初回22
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
上画像は
2023年12月現在より約7年前
アクアパーク品川おでかけ時で
コーラルカフェバー滞在時に
撮影した写真ですが

フラミンゴ姿勢で水槽を
観覧されていた方が居ました

アクアパーク2023初回23
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
そんな方が1名だけなら
気付けませんでしたが
同じ展示区分内で
フラミンゴ姿勢な方が
合計2名も居たのを
見かけたことで
2023年12月現在より
約7年前でしたけれど
田舎っぺ(のりゅ)は
当時の大都会トレンドな
観覧ポーズを
学ぶことができました

アクアパーク2023初回23-1
(上画像は、拡大表示可能です)
で、2023年8月某日
コーラルカフェバーにて
ソフトクリームを購入しまして
上画像に写る水槽兼テーブルで
一休みしていた時

アクアパーク2023初回25
田舎っぺ(のりゅ)は
2023年12月現在より
約7年前に学べた
当時の大都会トレンドな
フラミンゴ姿勢で
デザートを堪能しつつ
展示を見て楽しみました♪

アクアパーク2023初回25-1
(上画像は、拡大表示可能です)
次女ちゃまにも
教えてあげました~♪

アクアパーク2023初回26
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、コーラルカフェバー内に
設けられている水槽を撮影した写真であり
順路を進むと第4展示区分に着きます
アクアパーク2023初回28
(上画像は、拡大表示可能です)
4 ジェリーフィッシュランブル

アクアパーク品川の第4展示区分であり
ジェリーフィッシュランブル見所となる
幅9m、奥行35mな上画像空間は
キラッキラ演出がスゴい
です
アクアパーク2023初回29
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像空間の音と光の演出は
時間や季節ごとに変わるとのことです
アクアパーク2023初回30
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、先に画像掲載した空間内に
設けられている水槽を撮影した写真であり
ジェリーフィッシュランブルで
飼育されているのはクラゲです
アクアパーク2023初回31
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、先に画像掲載した空間を
出て直ぐの場所に設けられていた展示を
撮影した写真です

上画像の場所では生まれて
それほど月日が経過してないクラゲが
生後1日~4日、生後15~22日
生後29~36日なんて
細かく分けて飼育されてました

といったところで、今回の回顧録終了です

マクセル アクアパーク品川
「展示観覧後編」に続きます☆

品川プリンスホテルを紹介します

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1425弾は、東京都港区にある
「品川プリンスホテル」です
品川プリンス1
2023年8月
のりゅ&次女は東京都にあるスポットを
巡り遊ぶ目的で旅行しました

そんな旅行で宿泊したのが
東京都港区にある今回記事の舞台
「品川プリンスホテル」でした

品川プリンスホテルは
遊べる内容アリな宿で
併設の遊び場も
充実しているので
今回記事にて紹介
します

さて、皆様
お茶目さんな
当ブログ管理人は
【まわりくどいイタズラ】が
大好き
だったりします
品川プリンス1
(上画像右は、マイハニーの近影です)
次女ちゃまに
ちょっとした贅沢を
覚えさせたのちの後日
マイハニーから
文句を言われるのを
楽しんだりしているのは
【まわりくどいイタズラ】の
一例
だったりします
品川プリンス2
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、品川プリンスホテルの
宿泊した部屋で撮影した写真で
同ホテルに泊まった夜

アイス大好きな
次女ちゃまは
父親(のりゅ)に
ハーゲンダッツ
おごってもらいまして
我が子(次女)は人生初で
その味を堪能しました


ついでの仕込みとして
次女ちゃまに
ハーゲンダッツは
そこらのスーパーなどで
購入できるとの情報を
教えてあげました

品川プリンス2-1
旅行から帰宅した後日
次女ちゃま&マイハニーが
近所のスーパーに
買物に行って
ちょっとした贅沢を
覚えた我が子(次女)が
母親(マイハニー)に
父親(のりゅ)に
おごってもらって
堪能したハーゲンダッツを
また食べたいとの
要望を伝えたのは

品川プリンス2-2
計画通りでした
品川プリンス4
さらにでしたけれど
マイハニーが
娘(次女)に余計なことを
覚えさせた旦那(のりゅ)に
文句を言ってきたのも

品川プリンス2-2
計画通りでした

品川プリンスホテル
(公式HPへ)

ホテル基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 233キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 7340円(最寄のIC降車の場合)
※2023年12月時点

駐車場 宿泊客は1泊(24時間)1台1500円
一般客1台30分500円
※館内施設利用金額合計が5000円以上で
駐車料金3時間無料サービスが受けられる

所在地 〒108-8611
東京都港区高輪4-10-30 

電話 03-3440-1111

チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00


品川プリンス5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、品川プリンスホテル外観を
撮影した写真ですが、同宿は【メインタワー】【Nタワー】
【アネックスタワー】【イーストタワー】
と分かれており
巨大過ぎて、その全景を撮れませんでした

品川プリンスホテルは日本最大級の
客室数を誇るシティホテル
とのことです
品川プリンス7
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな品川プリンスホテルは
複合商業施設でもあり
、ホテルとの枠を
超越したエンターテイメントタウンとのことです
品川プリンス8
(上画像は、拡大表示可能です)
品川プリンスホテル内の
筆頭な遊び場は
上画像看板の水族館である

「アクアパーク品川(紹介記事へ)」
です
品川プリンス8-0
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像はアクアパーク品川内で撮影した写真です

大都会のキラッキラな水族館の詳細は
次回の回顧録で紹介しますね
品川プリンス8-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、先に画像掲載したアクアパーク品川の
入場料金案内を撮影した写真です
品川プリンス8-2
(上画像は、拡大表示可能です)
品川プリンスホテルに泊まりますと
アクアパーク品川を
割引料金で入場することができます

品川プリンス8-3
(上画像は、拡大表示可能です)
プリンスホテル品川内には
アクアパーク品川以外にも
上画像参照な映画館だったり
品川プリンス9
上画像参照な都内最大級のレーン数を
有しているボウリング場だったり
品川プリンス9-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像参照な託児ルームだったり
品川プリンス10
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像参照なフードコートだったり
品川プリンス11
上画像参照なコンビニだったりが営業しています

ちなみの余談ですが
回顧録序文で書きました思い出話であり
【まわりくどいイタズラ】の
要だったハーゲンダッツは
上画像コンビニで購入しました


品川プリンスホテル内のアレコレなショップや
エンターテイメント施設の詳しい情報を知りたい方は
公式HPを閲覧くださいませ
品川プリンス13
(上画像は、拡大表示可能です)
以上なシティホテルであり
エンターテイメントタウンな品川プリンスホテルの
駐車料金の詳細は上画像です
品川プリンス14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、宿泊した部屋を撮影した写真です

品川プリンスホテルの宿泊料金は
客室のランク、曜日、時季によって変わりますが
上画像の部屋は、リーズナブルでした
品川プリンス15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、2020年4月3日オープンな
【アネックスタワー】ロビーフロアを撮影した写真です

ロビーフロアには、図書コーナーがあって
品川プリンス16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写るオサレなブランコイスも設けられていて
品川プリンス17
(上画像は、拡大表示可能です)
テーブルサッカーゲームだったり
ボードゲームだったりも置かれてました
品川プリンス18
(上画像は、拡大表示可能です)
品川プリンスホテル【メインタワー】には、プールや
品川プリンス19
(上画像は、拡大表示可能です)
最新のゴルフシミュレーター場も
設けられているとのことですので
心惹かれた方は公式HPにて
詳細情報を調べたのち
品川プリンスホテルを宿泊されるなり
遊びに行ってみてくださいませ~☆

あらかわ遊園(2023年8月)  のりもの広場編

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1424弾は、東京都荒川区にある
「あらかわ遊園(2023年8月) 
のりもの広場編」です
あら遊3回2023-1
(上画像は、拡大表示可能です)
2023年8月某日
のりゅは、次女を引き連れ
東京都荒川区にある今回記事の舞台
「あらかわ遊園」に遊びに行きました

あらかわ遊園は
2023年12月現在から約7年前
2016年12月にも
次女(当時6歳)を引き連れ
おでかけしたスポット
です
あらかわ2023初-4
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
前々回記事にて
上画像を掲載しまして

2016年12月
あらかわ遊園おでかけ時
当時6歳だった次女が
父親(のりゅ)の小遣いで
購入した動物用エサを
ぜ~んぶ一挙豪快に
与えてしまった思い出話

回顧録序文の余談として書きました

あら遊3回2023-2
さらに前回記事にて
2023年12月某日
13歳となって当時のことを
すっかり忘れていた次女に
決定的な場面が
写っている写真を
見せてやった思い出話

回顧録序文の余談として書きました

あら遊3回2023-3
次女「私って昔から
可愛いんだね♡♡」

(↑ナルシストな13歳女子の発言)

ナルシストな次女
感想な返答は上記
でした

今回記事序文の余談は以上としまして
あらかわ2023初-9
(上画像は、拡大表示可能です)
あらかわ遊園の入場有料エリアマップです

あらかわ遊園が舞台の初回記事
「スポット概要&どうぶつ広場編(紹介記事へ)」では
同遊園地のスポット概要とアレコレな動物を
見て、触れて、エサやりして楽しめる
【どうぶつ広場】を紹介、思い出を振り返りました

あらかわ遊園が舞台の第2回記事
「遊具&遊戯施設編(紹介記事へ)」では
同遊園地の遊具&遊戯施設を紹介
思い出を振り返りました

あらかわ遊園が舞台の最終回な
今回は「のりもの広場編」と題しまして
同遊園地のアトラクションを紹介
思い出を振り返ります

あらかわ遊園
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 244㎞(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 7340円(最寄のIC降車の場合)
※2023年12月時点

駐車場 114台(地下駐車場) 7:30~22:30
平日 30分100円 最大500円
土・日・祝日、春夏冬休み期間 60分300円

所在地 〒116-0011 
東京都荒川区西尾久6-35-11

電話 03-3893-6003

定休日 12/29~1/1
火曜日(祝日の場合翌日)
※春夏冬休み期間は無休

営業時間 9:00~17:00
※季節・曜日によって異なる

入場料 高校生以上800円、65歳以上400円
中学生400円、小学生200円、幼児無料
 
フリーパス料金(入場料+のりもの乗り放題)
高校生以上1800円、65歳以上1400円
中学生1000円、小学生700円
未就学児500円、2歳以下無料


あら遊3回2023-4
スカイサイクル
利用条件 3歳以上
身長120cm未満は保護者の付添が必要
利用料金 中学生以上のりもの券2枚
小学生以下のりもの券1枚
※のりもの券の販売価格は1枚100円
フリーパス利用可


全長228mコース上を利用客自身が
ペダルを漕ぐことでライドを走らせることができ
電動アシスト機能付なので
体力に自信がない方でも大丈夫とのことです

上画像は
営業開始の少し前
スタッフの方が
試運転されていたのを
撮影した写真
です
あら遊3回2023-4-0
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、スカイサイクル乗降場を撮影した写真です

2階な場所から乗り降りするスカイサイクルの
コース最高部は約5mとのことです

上画像矢印部分には
スカイサイクルのライドが写ってます

あら遊3回2023-4-1
のりゅ達が遊びに行った日
スタッフの方が
試運転されたのちの
営業開始直前なタイミングで
一時的に雨が降って
コースが濡れて
スカイサイクルは休止となり
当ブログ管理人達が
あらかわ遊園を
退園するまでの間
ライドのカバーは
被されたままでした…

あら遊3回2023-4-2
(上画像は、拡大表示可能です)
ファミリーコースター
利用条件 3歳以上、身長80cm以上
未就学児は保護者の付添が必要
利用料金 中学生以上のりもの券2枚
小学生以下のりもの券1枚
※のりもの券の販売価格は1枚100円
フリーパス利用可


ファミリーコースターライドの外観はイモムシ型です
あらかわ遊園地14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなファミリーコースターは最高速度は13.7㎞/hと
日本一遅いジェットコースターを自称されており
また評判でもある
ことのことです
あら遊3回2023-5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は
営業開始の少し前
ファミリーコースターが
試運転されていたのを
撮影した写真
です
あら遊3回2023-6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ファミリーコースターの
ライド&コースを撮影した写真です

ファミリーコースターのコース全長は約138m
1回の利用でライドは2周走行します

のりゅ達が遊びに行った日
ファミリーコースターが
試運転されたのちの
営業開始直前なタイミングで
一時的に雨が降って
コースが濡れて
同コースターは休止となり
当ブログ管理人達が
あらかわ遊園を
退園するまでの間
利用できませんでした…

あら遊3回2023-9
この日でしたが
当ブログ管理人は
あらかわ遊園の
アトラクション全6機種を
ぜ~んぶ楽しもうと
フリーパスを購入したのちの
営業開始直前なタイミングで
一時的に雨が降って

スカイサイクル&ファミリーコースターの
2機種が休止となって
どちらも利用できないまま
退園との不幸に
見舞われたのでした…(泣)

あら遊3回2023-10
(上画像は、拡大表示可能です)
ウォーターシューティングライド
利用条件 3歳以上
未就学児は保護者の付添が必要
利用料金 中学生以上のりもの券2枚
小学生以下のりもの券1枚
※のりもの券の販売価格は1枚100円
フリーパス利用可


2022年4月リニューアルオープン後
楽しめるようになった新アトラクション
です
あら遊3回2023-11
(上画像は、拡大表示可能です)
消防車型ライドは火災中設定のビル周りを回り
利用客を乗る部分は上下の動きを繰り返します

そんな動きのアトラクション稼働中
客が備え付けの水鉄砲を噴射
ビルの窓の穴へ水を入れ続けることで
上画像枠部分の得点表示が加算されます

ひら橙①13
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
当ブログ管理人は
表示上の最高得点99点を
叩き出したことがあるくらい
ウォーターシューティングライドが
大得意でして

国内各地の遊園地にて
同アトラクション利用時
家族や見知らぬ方々と
スコアを競い合いまして
2023年12月現時点
常勝不敗
だったりします
(↑当ブログ管理人が脳内で
一方的に勝負を挑んでの結果です)
あら遊3回2023-12
この日も
当ブログ管理人は優勝
見慣れてしまった
ヴィクトリーランプ点滅
写真撮影しました

あら遊3回2023-13
優勝のライドは高所に上がり
敗北のライドは最下降します
ので

当ブログ管理人は
敗北者(次女)を
見下しながら


「ふっ…
空しいものだが
今日も当たり前に
勝利してしまった…
敗北を知りたい…」

(↑44歳男性の脳内の独白)

上記を考えました
あら遊3回2023-14
(上画像は、拡大表示可能です)
豆汽車
利用条件 未就学児は保護者の付添が必要
利用料金 中学生以上のりもの券2枚
小学生以下のりもの券1枚(2歳以下無料)
※のりもの券の販売価格は1枚100円
フリーパス利用可


コース全長は223mとのことです
あら遊3回2023-15
(上画像は、拡大表示可能です)
豆汽車のコースは【どうぶつ広場】を
巡るように設けられており
アカカンガルー、カピバラなどを観覧しながらの
約3分な機関車旅が楽しめます
あら遊3回2023-16
そんな豆汽車は愛娘(次女)に
隣り合わせで座ることを
拒否されずに楽しめました

あら遊3回2023-17
(上画像は、拡大表示可能です)
メリーゴーランド
利用条件 未就学児は保護者の付添が必要
利用料金 中学生以上のりもの券2枚
小学生以下のりもの券1枚(2歳以下無料)
※のりもの券の販売価格は1枚100円
フリーパス利用可

あら遊3回2023-18
(上画像は、拡大表示可能です)
メリーゴーランド利用者は、木馬以外
パンダ型&イルカ型なライドにも乗れますし
あら遊3回2023-19
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅが選んだ恐竜型なライドや
次女が選んだ馬車型ライドにも乗れます
あら遊3回2023-20
(上画像は、拡大表示可能です)
観覧車
利用条件 未就学児は保護者の付添が必要
利用料金 中学生以上のりもの券4枚
小学生以下のりもの券2枚(2歳以下無料)
※のりもの券の販売価格は1枚100円
フリーパス利用可


円環の直径は38m、高さは40m
利用客を乗せるゴンドラは約9分で1周します
あら遊3回2023-21
のりゅ&次女は下部が
シースルー仕様のゴンドラに乗りました
あら遊3回2023-22
全部に備わっているか?は分かりませんが
のりゅ達が乗ったゴンドラはエアコン付で
あら遊3回2023-23
(上画像は、拡大表示可能です)
タッチパネル操作でアレコレな情報を閲覧できる
【あらかわ遊園 観覧車ナビ】付でした
あら遊3回2023-24
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなゴンドラからは、東京都墨田区にある
「東京スカイツリー(紹介記事へ)」が望めました

といったところで、今回の回顧録終了
あらかわ遊園が舞台の回顧録も終了です

あらかわ遊園
心惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示