FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
高林児童遊園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第866弾は、静岡県浜松市中区にある
「高林児童遊園」です
高林遊園1
毎年8月21日は「静岡県民の日」
普段は入場有料なスポットが
無料開放されたりする日
です
ゆえに、2018年の静岡県民の日
のりゅは娘達を引き連れ、静岡県浜松市内の


西区にある「中村家住宅(紹介記事へ)」
中区にある「加茂真淵記念館(紹介記事へ)」
中区にある「木下惠介記念館(紹介記事へ)」
中区にある「浜松城天守閣(紹介記事へ)」
西区にある「浜名湖館山寺美術博物館(紹介記事へ)」
北区にある「気賀関所(紹介記事へ)」

上記6スポットを巡りました

さらにそれとは別に、同日
浜松市内の公園を5スポットも
巡っちゃっていたのでした

つまり、1日で11スポットも
巡っちゃった
わけですね~
何の準備もなく、おでかけをして
11スポットも巡れたわけではありません…

※綿密に練られ構築された計画の下
のりゅだからこそ成しえた成果
です
(※計画の詳細、のりゅだから成しえた理由を
知りたい方は、クリック先の記事序文を読んでね
2018年静岡県民の日に巡った
公園回顧録シリーズを第1回目から読みたい方も
クリックすれば、その記事へ飛びます)


…というわけで、2018年静岡県民の日おでかけした
静岡県浜松市の公園回顧録シリーズ

第2回目の舞台は、静岡県浜松市中区にある
「高林児童遊園」でございます

のりゅは、高林児童遊園へ来園

「なっ!?これは、まさに
『昭和的ご近所公園』の理想型!?」


同公園の様子や有する遊具を
初見確認した際39歳男性は
心中にて感嘆の叫びを上げました


「…」

続いて、瞬間的に判定した
自身の評価が正しいのか?を
確認するため、39歳男性は
もう1度、同公園が有する遊具を
見回しました


「むぅ…『あと一歩』
『昭和的ご近所公園』の理想型なのに
惜し過ぎる…」

(↑少々落胆した39歳男性)

39歳男性は上記へと評価を改めました

全てのネタ晴らしは回顧録本文にて、お送りいたします

高林児童遊園

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 15.5キロ(片道)

到着目安 30分

駐車場 敷地内へ駐車できます

所在地 〒430-0907
静岡県浜松市中区高林3丁目2−24

電話 管理団体がわかりません


高林遊園2
上画像は、高林児童遊園の併設施設
「高林町公民館」です
車にて、高林児童遊園へおでかけした場合
高林町公民館の前あたりへ駐車できます


のりゅだけが感じるのかもしれない
高林児童遊園の魅力の1つ
と書きますか…
のりゅは、※昭和な雰囲気の遊園地を
愛しており、ソレ目当てに
各地へおでかけしています

(※クリックにて、昭和な遊園地へおでかけした
参照記事へ飛びます)


そのこと繋がりからと書きますか
併設施設である高林町公民館の
昭和な造りや雰囲気が
個人的に堪らなく好み
でした

高林児童遊園を初見確認した際
高林町公民館が併設施設としてあることが
「昭和的ご近所公園」の理想型
瞬間的ではありますけれど
のりゅが評価した理由の1つでもありました

高林遊園3
車で高林児童遊園へおでかけした場合
公園の敷地内へ駐車できますが、※到着直前に
通ることになる数十メートルの道は狭いです
(上画像黒矢印部分参照)
のりゅは軽自動車で来園したのですが
少々ヒヤヒヤしながら通過しました

同公園に設置されている遊具を紹介します
高林遊園4
砂場
高林遊園5
ジャングルジム+滑り台の複合遊具

車で高林児童遊園へおでかけした場合
上画像黒矢印ルートで進入できます
高林遊園6
太鼓橋、鉄棒
高林遊園7
シーソー、雲梯

高林児童遊園に設置されている遊具は以上です

同公園に設置されている遊具は全て
昭和の時代に設置されたであろう
定番遊具ばかり
でした

「なっ!?これは、まさに
『昭和的ご近所公園』の理想型!?」


昭和な遊園地を愛する自分は
昭和な公園も愛しています

同公園の様子や有する遊具を
初見確認した際
心中にて感嘆の叫びを上げました


その後、自身が瞬間的に判定した評価が
正しいのか?を確認するため
同公園が有する遊具を再確認して
ブランコが無いことに気が付きました


「むぅ…『あと一歩』
『昭和的ご近所公園』の理想型なのに
惜し過ぎる…」


のりゅは、評価を改めました

同公園での思い出は以上です

といったところで、今回の回顧録終了です

高林児童遊園
興味を惹かれましたら、おでかけしてみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.