FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
東京スカイツリーにおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第91弾は、東京都墨田区にある
「東京スカイツリー」となります
100-0.jpg
東京スカイツリーは、全高634メートル
人工の建造物としては、もちろん日本一
(世界全体でも、ブルジュ・ハリーファの
828メートルに次ぐ世界第2位)
のりゅは、2012年5月22日のオープン以来、訪問して
展望エリアの最高到達点(451.2m)
ソラカラポイント制覇と
「天空の城ラピュタ」の
「ムスカ大佐のマネ」

(クリックにて「ムスカ大佐」グーグル画像検索)
「見ろ、人が○○のようだ!!」
(ムスカ大佐と違い、真に紳士なのりゅには
完璧に台詞を模倣できません)

をしたかったのですが
オープン当初は、すごい混んでいるだろうし
1歳と○カ月、よちよち歩きの次女を連れての東京行は
大変だろうなぁということで、1年遅らせて
上野動物園(紹介記事へ)に来園した翌日
2013年5月22日、ちょうどオープン1周年の日に訪問いたしました
(たまたまそうなっただけで、狙ったわけではありません)
100-1.jpg
上写真の御二方は、嫁の両親
のりゅからすれば義父と義母ですね

義父は、大手製造メーカーの敏腕営業マンとして
定年まで戦い抜いた人物
義母は、頭脳明晰、要領が良く、器用な方ですね
家事万能、内助の功としてほぼ完璧な人物
(もっと詳しく義父・義母を知りたい方は、クリック先を参照)

今や東京タワーを凌ぐ東京のランドマークとなった
東京スカイツリーに、義父と義母の御二方も興味があったそうで
一緒に行くこととなりました

東京スカイツリー(公式HPへ)

訪問経路例(浜松駅出発)

浜松駅→新幹線(自由席)→品川駅→
京浜急行本線(普通) 青砥行き
→都営浅草線(普通) 青砥行き→押上→徒歩→現地

交通費 
片道1人8180円
(特急自由席3340円+JR運賃4430円+私鉄運賃410円)
※2015年3月現在

所在地 〒131−0045 東京都墨田区押上1-1-2

電話 0570-55-0634

営業時間 8:00~22:00

定休日 無休
※強風の影響や点検整備などで
展望台営業の中止または営業時間の変更あり

展望エリア料金
4歳~5歳 当日券620円、日時指定券1130円
天望回廊は追加で310円
6歳~11歳 当日券930円、日時指定券1440円
天望回廊は追加で510円
12歳~17歳 当日券1540円、日時指定券2060円
天望回廊は追加820円
18歳以上 当日券2060円、日時指定券2570円
天望回廊は、追加1030円
※天望回廊(450m)の入場券は当日購入のみ
天望デッキ(350m)で販売


100-2.jpg
上野動物園(紹介記事へ)で1日楽しんだ後
東京スカイツリー付近の錦糸町のホテルに宿泊
ホテルから夜景と東京スカイツリーが見えました
(赤枠部分が、東京スカイツリー)
この時は、あんまり迫力を感じませんでしたね~

それより残念だったのは
ラーメン二郎のラーメンを食べようと錦糸町の隣町、亀戸にある店舗を
目指して娘たちが、寝静まった後、一人夜のトーキョーへ
(クリックで「ラーメン二郎、PC店」HPへ飛びます)











亀戸店
火曜日定休でした…

(2013年5月21日は火曜日です)

_| ̄|○ガックシ…
他の店舗に行く気になれず、そのままホテルに帰還しました…
二郎ラーメン、いまだ未経験です
100-4.jpg
まぁ、それはそれとして、次の日、東京スカイツリーの足元に来て
その迫力にびっくり
宿泊ホテルから見た時は、たいしたことないかなぁ~なんて思って
ゴメンナサイって気持ちになってしまいましたね

東京スカイツリー建設計画は、もっと前からありますが
2008年7月の着工から2012年5月のオープンまで
4年もかからず、これだけの建造物を完成させちゃうんだから
日本の建築の技術、造った人達もすごいですよね~
100-5.jpg
スカイツリーのエレベーター内部、装飾が凝ってましたね~

ちなみに、我が一向は、当日券ではなく
少々高くなってしまいますが、日時指定券にて展望エリアへ
なぜ、日時指定券かと言いますと、当日券販売カウンターは
混んでいると聞いていたので
おかげで、スムーズに350メートルの
「天望デッキ」へ行けました
当日券販売カウンターは
この日、平日にもかかわらず超混んでましたね
(2015年3月現在は、どうなんでしょう?)
100-9.jpg
エレベーターが去った後の写真
100-6.jpg
350メートルの天望デッキで
450メートル超の「天望回廊」のチケットを購入
ほとんど待ち時間なし
ストレスゼロで最上部の展望エリアまで到達
お金に余裕があるのなら、日時指定券をオススメします
100-7.jpg
天望回廊を歩きながら最高到達点(451.2m)を目指すと
途中、ソラカラちゃん(東京スカイツリーのマスコット)が
あと高さ何○メートルと案内してくれる表示がありました
スカイツリー景色
ついでに、東京の景色が、天望回廊どこからでも望めましたが
東京に、それほど馴染みがあるわけではないので
ここから見える東京の建物紹介があっても「ふーん」って感じ
のりゅの最重要課題は
最高到達点(451.2m)
ソラカラポイント制覇

でしたので、景色の重要度は3番目以降
2番目の課題は、ムスカ大佐のマネ
100-8.jpg
最高到達点(451.2m)
ソラカラポイント制覇
I'm No. 1!!
とポーズする長女
後に、ブログを始めるのなら、自分もやれば良かったですね
2013年5月の自分は、気がききません
100-10.jpg
1周年の証拠写真
東京は、歩く場面が多いので
長女にしては、珍しくおんぶを義母にせがんでました

ちなみに、東京スカイツリーまでの道中、東京スカイツリー内部
次女は、誰かしらに抱っこをせがんでました
こっちは、珍しくもなんともありません
100-11.jpg
ガラスなので下が見える床
この下が見える床、無料と有料(記念撮影用)がありました
写真は、無料の床です
スカイツリーガラス下1
スカイツリーガラス下2
安全だとは、わかっていても
下の景色をじっくり眺めると怖くって足がすくみました

ともあれ、この下の見えるガラスの床にて
肝心のムスカ大佐のマネなのですが
周囲に人もいっぱいだったので、声を出すわけにもいかないから
ニヤニヤ、ニタニタと笑い
心の中で思うだけ
にしておきました 

といったところで、今回の回顧録終了です

東京スカイツリーほどの訪問地、オススメされなくとも
行きたい人は、すでに足を運んでいるとは思いますが
日本最高の建造物、一度訪問してみる価値アリだと思います
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.