FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
鶴ヶ池遊園地(+鶴ヶ池)に遊びに行きました
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1118弾は、静岡県磐田市にある
「鶴ヶ池遊園地(+鶴ヶ池)」です
鶴ヶ池1
2020年6月後半、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」のマー君に
同行してもらいまして
静岡県袋井市&磐田市にある
スポットを巡り遊びました
鶴ヶ池2
(上画像は、拡大表示可能です)
この時巡り遊んだスポットの1つにして
静岡県磐田市にある前回記事の舞台
「桶ヶ谷沼ビジターセンター(紹介記事へ)」を退館して
「桶ヶ谷沼」を散策したのち
上画像黒矢印部分に描かれている池
「鶴ヶ池」を目指して移動しました
鶴ヶ池3
目的地は鶴ヶ池の畔にあるスポット
「鶴ヶ池遊園地」でした

鶴ヶ池【遊園地】は
【遊園地】的アトラクションなど
皆無なスポットであり
遊具が設置されているだけの
実質は公園なスポット
です

でも、スポット名に
【遊園地】とのワードが
含まれているのだから
鶴ヶ池【遊園地】が
【遊園地】であることは
事実なのであります

鶴ヶ池4
にもかかわらず、鶴ヶ池【遊園地】に
向かっていた道中の車中で
のりゅが
「次は【遊園地】に遊びに行くよー」と
事実を伝えたのに
娘達は信用してくれませんでした

鶴ヶ池5
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
長女のヤツに至っては
信用しなかったばかりか
父親(のりゅ)のことを
日本の大人気漫画&アニメ

「ワンピース」に登場する
「ウソップ」よりウソツキだと
言い切りやがったのでした


以上が、鶴ヶ池遊園地に向かっていた
道中の車中における余談な思い出話です

鶴ヶ池遊園地(+鶴ヶ池)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 17㎞(片道)

到着目安 35分

駐車場  鶴ヶ池遊園地の近くに、1箇所
鶴ヶ池の北東に、もう1箇所あり 無料

所在地 〒438-0016 静岡県磐田市岩井1361

電話 0538-33-1222 (磐田市観光協会)


鶴ヶ池6
(上画像は、拡大表示可能です)
鶴ヶ池マップです

【鶴ヶ池】とのスポット名は
「源頼朝」が兄の供養のため
黄金の札をつけた数多くのツル
上画像マップの池に放ったこと由来で
名付けられたんだそうです

そんな鶴ヶ池には散策路が整備されており
水鳥や水生植物を観察しながらの散歩が楽しめます
鶴ヶ池7
鶴ヶ池の畔には
今回記事の舞台なスポット
鶴ヶ池【遊園地】があります


のりゅは長女を
【鶴ヶ池遊園地】と記されてる
看板まで連行しました


のりゅは、長女に
「パパが、ウソをついていない
証拠がコレだぁ~!
さぁ~謝れ!土下座だ!
詫びろ!詫びろ!
詫びろぉぉ!長女ぉぉぉ!」と
謝罪を要求しました

(↑鶴ヶ池遊園地に遊びに行った時点では
「半沢直樹2020年版」は放映されていません
よって、上記台詞は若干誇張しております)
鶴ヶ池8
長女は、父親(のりゅ)からの
謝罪要求を完全無視
したのち
マー君と一緒に歩き去って行ってしまいました…
鶴ヶ池9
鶴ヶ池遊園地に遊びに行く前に
鶴ヶ池の散策路に設けられている
観察舎に行ってみました
鶴ヶ池10
(上画像は、拡大表示可能です)
観察舎から撮影した鶴ヶ池です

上画像の風景を見ただけだと
めっちゃ山奥や田舎にある池だと
思われてしまうかもしれませんが
鶴ヶ池は、日本の大動脈な道路である
国道1号線&東名高速の間にあったりします
鶴ヶ池10-1
(上画像は、拡大表示可能です)
(出典:磐田市観光協会ページ
鶴ヶ池周りに整備されている散策路や観察舎からは
時期を狙い、運がよければ
水鳥の姿を観て楽しめるとのことです

観察舎から鶴ヶ池を撮影したのち
鶴ヶ池遊園地へと移動しました

鶴ヶ池遊園地に設置されている遊具を紹介しますね
鶴ヶ池11
(上画像は、拡大表示可能です)
小型複合遊具
鶴ヶ池12
(上画像は、拡大表示可能です)
複合遊具
鶴ヶ池13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、複合遊具を別角度から撮影した写真です

鶴ヶ池遊園地に設置されている遊具は以上です

長居するスポットでもないと判断しましたので
複合遊具の滑り台を1回ずつスライドしたのち
鶴ヶ池遊園地を退園しました

といったところで、今回の回顧録終了です

鶴ヶ池遊園地(+鶴ヶ池)
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.