FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202105<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202107
【日本三景】天橋立を端から端まで散策しました
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1172弾は、京都府宮津市にある
【日本三景】に数えられる景勝地「天橋立」です
天橋立散策1
2021年3月下旬
のりゅ、マイハニー、娘達の家族4名は
京都府宮津市にある
【日本三景】として数えられる景勝地
「天橋立」を散策・観覧して
周辺スポットも巡り遊びました

天橋立散策2
(上画像は、展望スポットで撮影しました)
(上画像は、拡大表示可能です)
天橋立は、龍が天を舞い上がる姿に
なぞられ称される

「飛龍観(上画像の景色)」

天橋立散策3
(上画像は、展望スポットで撮影しました)
(上画像は、拡大表示可能です)
右上がりに勢いよく
天に昇る龍を想像して命名された

「昇龍観(上画像の景色)」
観れることで有名な景勝地
です

飛龍観&昇龍観を背景として
我が家の娘達を撮影した画像は
高所から天橋立を望める
観光スポットに滞在していた時
撮影しました

天橋立散策4
よって、のりゅ達は
朝7時30分頃から
天橋立を散策開始した時点では
飛龍観&昇龍観を
観ていませんでした


のりゅは、1日あっちこっちと
巡り遊ぶ時間を確保しつつ

【日本三景】として有名な
天橋立の景色を観る前に
端から端まで歩いて
渡っちゃう旅行プランを
立案・構築したのでした


のりゅとしましては
上記の旅行プランは
一石二鳥であり
レアな経験が積める
素晴らしき発想だったと
自負しています


しかし、上画像赤矢印部分に写る
マイハニーからすれば
バカ(のりゅ)しか考えない
最低の旅行プラン
とのことです

あと、マイハニーが言うに
飛龍観&昇龍観を背景として
娘達を撮影していた時は
雨が止んでいたのに

天橋立を端から端まで
歩いて渡ろうとして
※雨が降ってきたのは
バカ(のりゅ)のせい
とのことです
(※上画像で傘をさしているマイハニー&娘達参照)

天橋立
(天橋立観光協会サイトへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北ICからの距離 約330㎞(片道)

到着目安 4時間10分

高速料金 8980円(最寄のIC降車の場合)
※2021年5月時点

駐車場  周辺に有料駐車場は多数あり
※のりゅ達が利用した智恩寺駐車場情報
所在地 〒626-0001 京都府宮津市字文珠466
普通車100台 1台1日700円
営業時間は、8:00~だが
料金後払い可能で営業時間前に駐車可能

所在地 〒626-0001
京都府宮津市文珠天橋立公園

電話 0772-22-8030(天橋立観光案内所)

定休日 年中無休

散策可能時間 終日可能

散策料 無料


天橋立散策5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像には、天橋立マップと見所と
スポット概要と周辺の観光スポットが載ってます

【日本三景】として数えられ
散策無料な天橋立は

特別名勝に指定されていたり
様々な日本の100選に選出されていたりする
幅約20m~170m
全長約3.6kmの※砂州(さす)です
(※砂州→流水によって形成される砂の堆積構造)

観光船(有料)を利用した場合は約12分で
端から端まで行けますし

(↑上画像参照)
天橋立散策6
(上画像は、拡大表示可能です)
モーターボート(有料)なら約5分
レンタサイクル(有料)なら約20分で
端から端まで行けますが
徒歩の場合は約50分
かかります
(↑上画像参照)
天橋立散策7
(上画像は、拡大表示可能です)
レンタサイクルを取り扱っている店は
天橋立周辺に多数あります

朝7時30分から散策開始した時は
どこもかしこも営業してませんでした

天橋立散策8
(上画像は、拡大表示可能です)
あと、前回記事(クリックにて、前回記事へ)の舞台
「智恩寺(文殊堂」のある辺りの陸地と
天橋立をつないでいて
船が通るたびに90度旋回する珍しい橋
廻旋橋が実際に回転している場面を
観れなかったことも
朝7時30分から散策開始した弊害でしたね~
天橋立散策9
(上画像は、拡大表示可能です)
まぁ~多少の弊害はあったけれど
のりゅ達は、天橋立をテクテク歩いて散策しました

大小約8,000本の松が生い茂っているらしい
天橋立は、1983年
日本の名松100選に選出された景勝地です
天橋立散策10
(上画像は、拡大表示可能です)
1本の松が三又になっていて有名な
ことわざを連想させることから命名された
「智恵の松(上画像上左)」

昭和天皇が皇太子時代に
御手植えされたことから命名された
「御手植えの松(上画像上中)」

千貫文目の価値があると言われ命名された
「千貫松(上画像上右)」

1本の幹から釣り合いのとれた二本が現れ
夫婦のごとく仲良く寄り添っている様から命名された
「夫婦松(上画像下左)」

二俣でバランス良く立っていて
仲良くしている様子から命名された
「なかよしの松(上画像下中)」

羽衣天女伝説を連想させる優美な様から命名された
「羽衣の松(上画像下右)」

上画像&上記6本を例として
天橋立には数多くの命名松があります

散策しながら命名松を観るのも
天橋立の楽しみ方の1つなんだそうです
天橋立散策11
(上画像は、拡大表示可能です)
命名松以外で、天橋立に数多くあるのは※碑です
(碑→後世に伝えるために
石面に文字を彫って記念として立てた石)

日本三景の碑(上画像上左)

「与謝野鉄幹・晶子夫妻」の句碑(上画像上右)

芭蕉の句碑(上画像下左)

御上陸の碑(上画像下右)


上画像&上記4つを例として
天橋立には数多くの碑が設けられてます

散策しながら碑を観るのも
天橋立の楽しみ方の1つなんだそうです
天橋立散策12
(上画像は、拡大表示可能です)
散策しながら命名松や碑を観る以外の
天橋立の楽しみ方としましては
恋愛のパワースポットとしても人気らしい
「天橋立神社(上画像)」を参拝したり
天橋立散策13
(上画像は、拡大表示可能です)
海水浴だったりとのことです
(↑天橋立は、夏になると
海水浴客で賑わうらしいのですが
上画像の場所が海水浴場か?は分かりません)

ちなみの情報ですが天橋立は、1996年
日本の渚100選に選出された景勝地です
天橋立散策14
で、テクテク歩き続けたら
松並木の終点に着きました

2021年3月下旬
【日本三景】として数えられる
国内有数の景勝地を
端から端まで歩いたのに
誰とも、すれ違わなかった
です

のりゅは、マイハニーに
「※コレはコレで
レアな経験だよね~?」と
同意を求めました

(※上記赤線部分の経験)

しかし、マイハニーは
返答してくれませんでした~☆

天橋立散策15
(上画像は、拡大表示可能です)
で、松並木終点から少し歩いてようやく
少しだけ昇龍観っぽいと思えた景色を
観ることができました

といったところで、今回の回顧録終了です

天橋立
興味を惹かれましたら散策してみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
京都シリーズがいよいよ始まりましたね。
天橋立を歩いたことは聞いていましたが、本当に歩ききったんですね。
しかも朝早くて誰とも会わなかったというのは貴重な経験です。
飛龍観も昇龍観もいい写真ですね。
2021/05/11(火) 18:12:31 | URL | ダブルセブン #- [ 編集 ]
ダブルセブンさんへ
コメントありがとうございます
天橋立旅行を計画していた段階では参考にさせていただきました

平日(春休み)、悪天候、早朝という条件があったにせよ
天橋立を歩いて誰ともすれ違わなかったのはレアな経験ですよね~
マイハニーの価値観がずれてるんですよね~

このコメントを切り札として
自分は間違っていないと、マイハニーに主張してみますね!
2021/05/12(水) 21:56:13 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.