fc2ブログ

大宮公園 小動物園編

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1256弾は、埼玉県さいたま市大宮区にある
「大宮公園 小動物園編」です
大宮動物1
(上画像は、拡大表示可能です)
2021年10月後半
1泊2日な日程の旅行にて、のりゅ&次女は
埼玉県にあるスポット
巡り遊びました

で、その時の目的地の1つこそが
埼玉県さいたま市大宮区にある今回記事の舞台
「大宮公園」でした
大宮公園遊具3
(上画像は、拡大表示可能です)
大宮公園マップです

大宮公園が舞台の初回記事
「スポット概要・無料遊具編(紹介記事へ)」では
同公園のスポット概要と
大宮公園遊具4
園内施設の1つである
【児童遊園地】に設けられている
無料遊具の数々を紹介しました

大宮公園が舞台の第2回記事
「有料遊具編(紹介記事へ)」では
大宮公園内施設の【児童遊園地】で
楽しめる有料遊具の数々を紹介しました

今回記事は副題を
「小動物園編」と題しまして
大宮公園内施設の【小動物園】
飼育されている中で、のりゅが
注目した動物や展示舎を紹介

思い出を振り返ります

前々回記事、前回記事の宣伝と
今回記事本文の予告は以上としまして
ここからは余談を書かせていただきますね
大宮有料3
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、前回記事でも掲載した
大宮公園内施設の【児童遊園地】の一部
「児童スポーツランド」を撮影した写真です

※前回記事では、児童スポ―ツランドの情報だったり
当ブログ管理人が
【昭和な遊園地】が
大好き
だったりすることを
書きました
(※クリックしますと、前回記事に飛びます)

で、さらにですが
当ブログ管理人は
【入場無料の動物園】も
大好き
だったりします

上記の証拠としまして過去の
【入場無料の動物園】への
おでかけ実績例を挙げますと
静岡県浜松市(浜北区)から
神奈川県
横浜市西区にある
「野毛山動物園(紹介記事へ)」
群馬県
桐生市にある
「桐生が岡動物園(紹介記事へ)」
大阪府
池田市にある
「五月山動物園(紹介記事へ)」
島根県
出雲市にある
「愛宕山動物広場(紹介記事へ)」
遊びに行ったこと
です

まだまだま~だ当ブログ管理人が
入場無料の動物園が大好きな証拠となる
おでかけ実績例を挙げることはできますけれど
皆様に信じていただけたものとして
余談を進めさせていただきますね
大宮動物2
で、今回記事の舞台である
大宮公園内施設の
【小動物園】は入場無料
です
(↑上画像赤枠部分参照)
大宮動物3
大宮公園は
ブログ管理人的に
大好きをダブルで楽しめた
夢のスポット
なのです
大宮動物4
千葉県浦安市舞浜にある
テーマパークの魔法に対する
完全耐性を持っている
ブログ管理人的に
大宮公園は【夢の国】
です

大宮公園
(公式HPへ)

大宮公園小動物園
(動物園公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 263キロ(片道)

到着目安 3時間20分

高速料金 6710円(最寄のIC降車の場合)
※2022年1月時点

駐車場 278台(24時間駐車可)
※最初の1時間200円で
以降は30分ごとに100円ずつ加算される

所在地 〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4

電話 048-641-6391

定休日 月曜日(休日の場合は翌日)
12月29日~12月31日
※公園は年中無休

営業時間 動物園は、10:00~16:00
※公園部分は24時間営業

入場料 無料


大宮動物5
(上画像は、拡大表示可能です)
大宮公園【小動物園】マップです

入場料金無料の【小動物園】ですが
敷地面積は6000㎡と
一般的なサッカー場ほどの広さがあって
約60種類、300頭羽の動物が
飼育されています


出入口付近の広場では通常営業時
動物ふれあいイベントが
開催されたりするとのことですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響で
全てのイベントが当面休止中でした

のりゅ達は、出入口より入場して
上画像矢印ルートで観覧しましたので
見て回った順に展示舎や
飼育されている動物を紹介しますね
大宮動物6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「とりたちのらくえん」と名付けられている
フライングケージ内を撮影した写真です

とりたちのらくえん内では、フラミンゴなどの
鳥類が飼育されてます
大宮動物7
(上画像は、拡大表示可能です)
とりたちのらくえん内に入れば
上画像展示舎マップの通路を歩きつつ
フラミンゴなどの鳥類が
ノビノビ過ごしている姿を観覧できるのですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響から閉鎖中でした

よって、先に画像掲載した
とりたちのらくえん内部の写真は
展示舎外から撮影した写真です
大宮動物8
(上画像は、拡大表示可能です)
クビワペッカリー(上画像)

見た目は、イノシシっぽいのですが
足の形状が違ったり
哺乳類として属している科が異なるとのことです
(↑イノシシは、イノシシ科で
クビワペッカリーは、ペッカリー科に属する)

まぁ~イノシシとの違いはともあれ
クビワペッカリーは国内において
飼育しているスポットが少ない
わりとレアな動物だったりします
大宮動物9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ヤギ・ブタ・インコ・サル舎付近で
撮影した写真です

上画像の展示舎では
大宮動物10
(上画像は、拡大表示可能です)
ミニブタ(上画像上左)、リスザル(上画像上右)
シシオザル(上画像下左)
ブラウンケナガクモザル(上画像下右)
などが
飼育されています

ブラウンケナガクモザルは国内において
飼育しているスポットが少ない
わりとレアな小型なサルだったりします
大宮動物11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、小獣舎&ツル舎付近で撮影した写真です
大宮動物12
(上画像は、拡大表示可能です)
小獣舎&ツル舎では、ニホンアナグマ(上画像左)
シロフクロウ(上画像右)
などが飼育されてますが
大宮動物13
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅが最も注目した動物は
※【世界最小のツル】の仲間である
アネハヅル(上画像左)でした
(※上画像右の動物解説参照)

【世界最小のツル】ということに心惹かれて
この時、アハネヅルに
注目しちゃったのですが
【昭和な遊園地】だったり
【入場無料の動物園】だったり
【日本最古の観覧車】だったり
【国内でココしか見れない動物】だったり
他にもアレコレアレコレ
心惹かれまくっているため
遊びに行きたいスポットが多過ぎて
当ブログ管理人は
頭を悩ませております


当ブログ管理人は
千葉県浦安市舞浜にある
テーマパークの
魔法に対しては
完全耐性を持っていますが
それ以外の耐性は
わりとペラペラ紙
です
大宮動物15
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラ(上画像)

世界最大のネズミの仲間とはいえ
大宮動物16
(上画像は、拡大表示可能です)
珍しい動物とは思えないカピバラが
上画像の池+橋付な広い展示舎で
飼育されていることに驚きました
大宮動物19
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、猛獣舎付近で撮影した写真です
大宮動物19-1
(上画像は、拡大表示可能です)
猛獣舎では、ツキノワグマ(上画像)が飼育されてます

ツキノワグマは、通常営業時に開催される
何かをペロペロ舐める姿と
優れた身体能力を観察して楽しめる
ツキノワグマのペロペロタイムという
イベントの対象動物
だったりするのですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響で
全てのイベントが当面休止中でした
大宮動物19-2
(上画像は、同日の朝に別スポットで撮影した写真)
(上画像は、拡大表示可能です)
余談な思い出話となりますが
我が子(次女)がアイスを
ベロベロ舐めていた

次女のベロベロタイムなら
大宮公園に遊びに行った日の朝に
見れました

(↑上画像赤矢印部分参照)
大宮動物20
(上画像は、拡大表示可能です)
猛獣舎では、ブチハイエナ(上画像)
飼育されてます

ブチハイエナは、通常営業時に開催される
エサをガリガリ食べる姿を観察しつつ
飼育員さんの生態解説を聞いて楽しめる
ブチハイエナのガリガリタイムという
イベントの対象動物
だったりするのですが
のりゅ達が遊びに行った日は
非常事態な世の中の現状の影響で
全てのイベントが当面休止中でした
ピーター資料2
余談な思い出話となりますが
次女のガツガツタイムなら
この日の夕方に
宿泊したホテルで見れました

大宮動物21
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、リス・キジ舎付近で撮影した写真です
大宮動物22
(上画像は、拡大表示可能です)
リス・キジ舎では、アナホリフクロウ(上画像左)
ニホンリス(上画像右)などが飼育されてます

園内を1周見て回ったので
のりゅ達は【小動物園】を退園しました

といったところで、今回の回顧録終了
大宮公園が舞台の回顧録も終了です

大宮公園
興味を惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示