fc2ブログ

はままつフラワーパーク フラワー・イルミネーション2022

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1344弾は、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク」で開催されている
「フラワー・イルミネーション2022」です
フラワーイルミ2022-1
2022年12月某日
長女を引き連れ、静岡県浜松市西区にある
「はままつフラワーパーク」
2021年12月4日現在開催中のイルミネーション
「フラワー・イルミネーション2022」
観に行ってきました

フラワー・イルミネーションは
2023年1月8日(日)までと
開催期間が限られている
ので
情報価値がなくならないうちに
おでかけ回顧録を作成・更新いたします

さて、毎年毎年
フラワー・イルミネーションを観に行ったのち
おでかけ回顧録を作成・更新するたびに
書いていることなのですが
2021年12月現在より
約16年前の2006年12月10日
のりゅが、マイハニーに
結婚を前提のお付き合いを
申し込んだスポットこそが
イルミネーション開催中の
はままつフラワーパーク
なのです

ゆえに、のりゅは
通い続けることが
【愛の義務】だと思ってます

フラワーイルミ2022-2
(上画像は、マイハニーの近影です)
でも、マイハニーは
腰さえ上げれば
フラワー・イルミネーションを
観に行けたはずなのに
旦那様(のりゅ)からの
同行要請を

「私の時間は
そんなに安くない!」

言って断りやがった
のです

最愛のパートナーと
フラワー・イルミネーションを
観に行けなかったことは
残念無念でしたけれど

マイハニーの発言した
上記下線のワードは
自分も使ってみたいと
思いました~♪


なので、近日
マイハニーから
荷物持ちとして買物に
付き合うことを
要請された時にでも

「俺の時間は
そんなに安くない!」

言ってみようと
目論んでいま~す☆


はままつフラワーパーク
フラワー・イルミネーション

(公式の情報ページに飛びます)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 21.5キロ(片道) 

到着時間目安 45分

駐車場 
フラワーパーク側 乗用車 600台(200円) 
動物園側 乗用車 590台(200円)

所在地  〒431-1209  
静岡県浜松市西区舘山寺町195番地

電話 053-487-0511

営業時間 3月~9月 9:00~17:00
10月~11月  9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30
(↑通常の営業時間)

休園日 12月29日~31日は施設点検のため休園

入園料 3月~6月 高校生以上600円~1000円
小中学生300円~500円

7月~9月 高校生以上無料、小中学生無料

10月~2月 高校生以上 500円、小中学生無料
※高校生以上は入園券に
園内で利用できる200円分のお買い物券付き
※花の見ごろに、よっての料金変動制
※未就学児はいつでも、無料
 
イルミネーション開催期間 2023年1月8日(日)まで

イルミネーション点灯時間 17:00~
※日によって、イルミネーション点灯後の
営業終了時間が異なる


フラワーイルミ2016-3
(上画像は、拡大表示可能です)
はままつフラワーパークマップです

はままつフラワーパークで
見て楽しむことができる
季節の花々については
当ブログ専門外な
情報となるので書きません
ゆえ
知りたい方は、ご自分で調べてくださいませ

はままつフラワーパーク(昼間)の
遊べる内容を知りたい方は

参照記事①(クリックにて、参照記事①へ)
参照記事②(クリックにて、参照記事②へ)
読んでください


フラワー・イルミネーションの会場は
だいたい赤枠部分です

フラワー・イルミネーションの
総電球数は約100万球


フラワー・イルミネーションは
2023年1月8日(日)まで

開催期間が短いので今回記事を閲覧して
観に行きたくなった方は、お早目に
はままつフワラーパークに遊びに行ってください
フラワーイルミ2022-3
観覧料金は、中学生以下無料
大人(高校生以上)500円で
200円分お買い物券付

とってもお得に楽しめるイルミネーションです
(↑駐車料金は、1台1回200円です)

イルミネーション概要は以上です

ここからは
園内各所に設けられている
イルミネーションの数々を紹介

思い出を振り返ります
フラワーイルミ2022-4
(上画像は、拡大表示可能です)
今回記事トップ画像として掲載した
スポット名イルミネーションは
はままつフラワーパークに入場して直ぐの広場である
ウェルカムガーデンに設けられてます
フラワーイルミ2022-5
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達は、ウェルカムガーデンから
噴水池の周りを反時計回りで観覧しました

上画像のイルミネーションは
ウェルカムガーデン→最初の橋の間に設けられてます
フラワーイルミ2022-7
(上画像は、拡大表示可能です)
最初の橋→大温室間には
クジャク型イルミネーション(上画像左)だったり
乗ることができるソリ付の
トナカイ型イルミネーション(上画像右)だったり
フラワーイルミ2022-8
(上画像は、拡大表示可能です)
その他の動物型イルミネーション(上画像左)だったり
お花畑なイルミネーション(上画像右)だったりが
設けられてます
フラワーイルミ2022-9
(上画像は、拡大表示可能です)
大温室に向かっていた道中
噴水ショー(上画像)が始まったので
立ち止まって観覧しました
フラワーイルミ2022-10
(上画像は、拡大表示可能です)
約6分間の音・水・光の調べは
フラワー・イルミネーションの見所の1つであり
噴水ショーの開催時間は
17:00~閉園30分前まで毎時00分と30分です
フラワーイルミ2022-11
(上画像は、拡大表示可能です)
噴水ショーを観覧したのちは
大温室(上画像)に入室しました
フラワーイルミ2022-12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、大温室に入って直ぐに撮影した写真で
フラワーイルミ2022-13
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、大温室2つ目の扉の先に
設けられているフォトスポットで撮影した写真です
フラワーイルミ2022-14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、フラワーイルミネーションの見所の1つ
高さ8mのモミの木のツリーを撮影した写真です
フラワーイルミ2022-15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、モミの木ツリー付近に設けられている
イルミネーションを撮影した写真です
フラワーイルミ2022-16
(上画像は、拡大表示可能です)
クリスタルパレスを退場したのち
ウェルカムガーデンを目指して移動しました

上画像は、道中の橋の上から撮影した写真で
フラワーイルミ2022-17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像も同じです
フラワーイルミ2022-18
(上画像は、拡大表示可能です)
ウェルカムガーデン付近には乗ることができる
汽車型イルミネーション(上画像左)だったり
天使の羽型イルミネーション(上画像右)だったりが
設けられてます
フラワーイルミ2022-19
フラワー・イルミネーションを一通り観覧したのち
200円分お買い物券は
同行してくれた長女に
報酬として手渡しました


で、長女は※分不相応にも
プレミアム生クリームソフト
「CREMIA(クレミア)」
食べたいと主張しやがりました

(※分不相応→身分や地位などに、そぐわしくない様)
フラワーイルミ2022-20
はままつフラワーパークの
CREMIA(クレミア)販売価格は
550円
です

200円分お買い物券だけでは
CREMIA(クレミア)は
購入できなかったわけでしたが

フラワーイルミ2022-21
不足分を
支払ってあげる条件として
来年度開催の
フラワー・イルミネーションにも
同行することを提示して
長女と約束を交わしました


これで何事もなければ
2023年度開催時の
フラワー・イルミネーションを
ぼっち観覧しなくて済みそうです

フラワーイルミ2022-22
(上画像は、長女が幼少の頃に撮影した写真であり
ペナルティのイメージです)

ちなみにですが
長女に警告しておいた
約束を反故した場合の
ペナルティは
父親(のりゅ)との
熱烈ハグしながらの
頬ズ~リズリの刑
です

といったところで、今回の回顧録終了です

フワラー・イルミネーション2022
心惹かれましたら観に行ってみてね☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
1位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示