fc2ブログ

柿田川公園に遊びに行きました

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1356弾は、静岡県駿東郡清水町にある
「柿田川公園」です
柿田川0-0
2022年11月某日
のりゅ、マイハニー、次女の3名は
静岡県駿東郡清水町にある今回記事の舞台
「柿田川公園」に遊びに行きました

柿田川公園には
当ブログ管理人が
愛してやまない遊具は
一切設置されてません

柿田川0-1
でも、柿田川公園は
日本一(東洋一)の
湧き出し量な湧水群を
見ることができる
パワースポット
だったりします
(↑上画像赤枠部分参照)

まぁ~詳しい事は回顧録本文で紹介しますね~

柿田川公園
(市町村HPの情報ページへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 128㎞(片道) 

到着目安 1時間45分

高速料金 3260円(最寄のIC降車の場合)
※2023年1月時点

駐車場 普通車50台 1台1回200円
駐車場営業時間 8:30~16:30
※最終入庫16:00

所在地  〒411-0907
静岡県駿東郡清水町伏見71番地の7

入場料 無料


柿田川2-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は「柿田川湧水群」概要です

日本最高峰な山に降った雨や雪が地下水となり
長い期間を経て流れ、ほぼ無菌で
適度にミネラルを含んだ水として湧き出している
柿田川湧水群は
【天然記念物】
であり
その湧水量は1日120万トンで
日本一(東洋一)
とのことです
柿田川3
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな柿田川湧水群こそが
【日本三大清流】に数えられ
全長1.2キロと日本最短の
一級河川の水源
であり
【日本の名水百選】
【21世紀に残したい
日本の自然百選】にも
選定されている
とのことです

…と、ここまで説明しましたとおり
アレコレもんげ~肩書きな
柿田川湧水群を観覧できる
柿田川公園の入場料金は無料
です

柿田川公園内に
数個所ほど設けられている
湧水の飲み場&汲み場の
利用料金も無料
ですが
柿田川4
町営駐車場の
普通車料金は1台1回200円
です
柿田川5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、柿田川公園マップです

柿田川公園近くには静岡県駿東郡清水町にある
世界初、幼魚を中心に展示している
「幼魚水族館(紹介記事へ)」を内包している
ショッピングモール「サントムーン柿田川」
それなりに遊具が充実している
「清水町総合運動公園(紹介記事へ)」があります

で、柿田川公園内には
「湧水の道」と名付けられている
散策路が整備されています


湧水の道を
上画像マップ矢印ルートで
観覧した場合巡ることになる順で
柿田川公園の見所を紹介します

柿田川6
(上画像は、拡大表示可能です)
第一展望台

柿田川公園の見所の1つであり
【日本三大清流】に数えられ
日本最短の一級河川の
最上流が望める展望台
です
柿田川7
そんな第一展望台には
上画像の階段を
下りなければ着けませんし
下りた場合は上らないと
柿田川公園の
他の見所にも行けませんし
お家にも帰れません


のりゅ的に
上画像の階段の上り下りは
大した労力とは
思いませんでしたが

柿田川8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写る母娘には
大した労力だと
思えたみたい
です

マイハニー&次女から
第一展望台には
行かない宣言されまして

柿田川9
のりゅは1人で
上画像の展望台に行きました

柿田川10
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、第一展望台にて
ピースしながら撮影した写真です
柿田川11
(上画像は、拡大表示可能です)
第一展望台からは【日本三大清流】に数えられ
日本最短の一級河川の最上流が望めましたし
上画像を拡大して見ても分からないと思いますが
あっちこっちで水が湧き出していたのが見えました
柿田川12
第二展望台

柿田川公園の見所の1つであり
上画像に写る母娘でも
足を運んだ展望台
です
柿田川13
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな第二展望台からは
かつて存在した紡績工場が使用していた
上画像に写る井戸の跡を
見ることができます

柿田川14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写る
青く澄んだ井戸跡は
柿田川公園最大の見所
であり
柿田川16
(上画像は、拡大表示可能です)
その証拠としましては
園内に設けられている
見所案内(上画像)にて
1番大きい写真が掲載されてます

柿田川16-1
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな井戸跡は
深さが5m以上あるのに
底で水が湧いているのが
確認できました

(↑上画像赤枠部分参照)
柿田川17
で、上画像に写る母娘は
柿田川公園最大の見所を
観覧しただけで
とても疲れたみたいで
園内で営業している
休憩所な食事処に
行ってしまいました…


なので、これより紹介する
柿田川公園の見所の数々は
のりゅ1人で巡りました

柿田川18
(上画像は、拡大表示可能です)
貴船神社(上画像)

柿田川公園の見所の1つであり
縁結びの神様として知られているとのことです
柿田川18-1
(上画像は、拡大表示可能です)
あと、貴船神社の参道には握れば良縁の
ご利益が授かるらしい2つの小さな石が
置かれている台座が設けられているみたいですが
見逃してしまいました
(↑非常事態な世の中の現状の影響から
のりゅ達が遊びに行った時は
2つの小さな石は撤去されてしまってたかも…)
柿田川19
(上画像は、拡大表示可能です)
湧水広場(上画像)

柿田川公園の見所の1つであり
水遊びOKな広場であり
水温は年間を通じて約15℃とのことです
柿田川19-1
湧水広場にて、水の中に指を入れてみた他
石の足場を飛び移って遊んでみました
柿田川20
八つ橋(上画像)

柿田川公園の見所の1つであり
湧水の道の後半に設けられている木製遊歩道です
柿田川21
(上画像は、拡大表示可能です)
船着場(上画像)

柿田川公園の見所の1つであり
見所名の【船着場】は通称であり
上画像に写る小さな2つの湧き間は
かつて存在した製紙会社が
使用していた井戸の跡とのことです
柿田川22
(上画像は、拡大表示可能です)
八つ橋を渡っていた道中
柿田川の中流(上画像参照)が望めました

八つ橋を渡り終えますと湧水の道も
ほぼ終了となりますので
柿田川23
(上画像は、拡大表示可能です)
当ブログ管理人は
第二展望台のみしか
行かなかったのに
とても疲れたらしい母娘

利用した柿田川公園内で
営業している
休憩所な食事処(上画像)にて
マイハニー&次女と合流しました


上画像の休憩所な食事処の名物は
柿田川の湧水を使用して作った
とうふアイスクリームとのことです
柿田川24
(上画像は、拡大表示可能です)
柿田川公園内では休憩所な食事処以外にも
土産物屋が営業していたりしますし
清水町観光案内所(上画像参照)
あったりします

清水町観光案内所で申し込め
指令書のミッションを
こなしながら
柿田川公園を探検して
景品が取得できる
※柿田川公園探検隊
どこぞの母娘には
クリア不可能な
チャレンジイベント
ですが
心惹かれた方は同公園に
遊びに行った際
ぜひ挑戦してみてくださいませ

(※クリックしますと、公式情報ページに飛びます)
柿田川25
(上画像は、拡大表示可能です)
ラストのおまけ情報としましては
柿田川公園内には上画像に写る
池泉回遊式庭園があったりします

といったところで、今回の回顧録終了です

柿田川公園
心惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示