fc2ブログ

あらかわ遊園(2023年8月) スポット概要&どうぶつ広場編

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第1422弾は、東京都荒川区にある
「あらかわ遊園(2023年8月)
スポット概要&どうぶつ広場編」です
あらかわ2023初-1
2023年8月某日
のりゅは、次女を引き連れ
東京都荒川区にある今回記事の舞台
「あらかわ遊園」に遊びに行きました

あらかわ遊園は
2023年12月現在から約7年前
2016年12月にも
次女(当時6歳)を引き連れ
おでかけしたスポット
です
あらかわ2023初-2
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
上画像は、2016年12月おでかけ時
あらかわ遊園内で購入した
動物用エサを撮影した写真
です
あらかわ2023初-3
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
2016年12月おでかけ時
あらかわ遊園内の
動物の展示場には
上画像矢印部分に写る
エサやり用の傾斜台が
設けられてました


2016年12月
あらかわ遊園に
遊びに行く前まで
対象となる動物に
エサを1個あげて
食べてくれたら
も1つどーぞと与えるのは
幼児にだって説明不要の
基本的な給餌方法だと
思い込んでました


しかしながら
そんな思い込みは
【甘っちょろい戯言】だと
教えてくださったのが
当時6歳だった次女
でした
あらかわ2023初-4
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
次女(当時6歳)は
父親(のりゅ)の小遣いで
購入した動物用エサを
一挙豪快に与えて
基本的な給餌方法でも
説明してもらえなければ
分からない児童(次女)が
この世に存在することと
【甘っちょろい戯言】に
当てはまらないのは
実子(次女)との【真実】を
教えてくださいました


「けれども、拙者は
そんな【真実】よりも
【甘っちょろい戯言】の方が
好きでござるよ」

(↑当ブログ管理人の独白です)

あらかわ遊園
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 244㎞(片道)

到着目安 3時間5分

高速料金 7340円(最寄のIC降車の場合)
※2023年12月時点

駐車場 114台(地下駐車場) 7:30~22:30
平日 30分100円 最大500円
土・日・祝日、春夏冬休み期間 60分300円

所在地 〒116-0011 
東京都荒川区西尾久6-35-11

電話 03-3893-6003

定休日 12/29~1/1
火曜日(祝日の場合翌日)
※春夏冬休み期間は無休

営業時間 9:00~17:00
※季節・曜日によって異なる

入場料 高校生以上800円、65歳以上400円
中学生400円、小学生200円、幼児無料
 
フリーパス料金(入場料+のりもの乗り放題)
高校生以上1800円、65歳以上1400円
中学生1000円、小学生700円
未就学児500円、2歳以下無料


あらかわ2023初-5
あらかわ遊園
再おでかけした理由は
2022年4月に
リニューアルオープン
したからでした

あらかわ2023初-6
(上画像は、拡大表示可能です)
あらかわ遊園の全体マップです

あらかわ遊園の駐車料金は
平日30分100円で最大500円
土日祝日、春夏冬休み期間は
60分300円
です

入場料金が発生しない場所に
夏季のみ営業する子どもプールが設けられており
その利用料金は
高校生以上350円、中学生以下150円です

さらに入場料金が発生しない
上画像枠部分には、お金を支払わず
楽しめる遊具が設けられてます

あらかわ2023初-7
(上画像は、拡大表示可能です)
帆船型複合遊具
あらかわ2023初-8
(上画像は、拡大表示可能です)
汽車型複合遊具

あらかわ遊園の入場料金を支払わず
無料で楽しめる遊具は以上の2基
です
あらかわ2023初-9
(上画像は、拡大表示可能です)
あらかわ遊園の入場有料エリアマップです

あらかわ遊園は、1922年オープンな老舗遊園地で
東京都内唯一となる公営遊園地で
約30年ぶりの大規模改修を終えたのち
2022年4月リニューアルオープンしました

園内には様々な遊具や
遊戯施設が設けられてますが
詳しい事は、次回の回顧録で紹介します

さらに上画像マップに載ってますとおり
観覧車、メリーゴーランドなどが楽しめる
あらかわ遊園の入場料金は
高校生以上800円、65歳以上400円
中学生400円、小学生200円
幼児無料
ですが
あらかわ2023初-10
(上画像は、拡大表示可能です)
アトラクションを利用されるつもりなら
フリーパス(入場料金込)
購入することをオススメします

フリーパス料金は
高校生以上1800円
65歳以上1400円
中学生1000円、小学生700円
未就学児500円、2歳以下無料
です

あらかわ遊園で楽しめるアトラクションは
同遊園地が舞台の第3回記事で詳しく紹介します
あらかわ2023初-11
スポット概要は以上としまして
今回記事で紹介するのは
あわかわ遊園の
【どうぶつ広場】
です
あらかわ2023初-11-0
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は【どうぶつ広場】を撮影した写真です

2016年12月に遊びに行った時と比較して
上画像に写る【どうぶつ広場】に限らず
リニューアルオープン後の
あらかわ遊園内は、とてもとても綺麗になってました
あらかわ2023初-13
ミーアキャット(上画像)
先に画像掲載した【どうぶつ広場】で
見ることができる動物です
あらかわ2023初-14
(上画像は、拡大表示可能です)
ミーアキャットの展示場前には
短時間しか立ち止まって観覧しなかったので
上画像に写る緊張感ゼロな姿は見れましたが
同動物の有名な行動である
立ち上がり警戒ポーズは見れませんでした
あらかわ2023初-15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写るヤギ&アルカパ
【どうぶつ広場】で見ることができる動物です
あらかわ2023初-16
(上画像は、拡大表示可能です)
先に画像掲載した展示場で飼育されている
ヤギ&アルカパは給餌OKな動物であり
エサは展示場付近に
設けられているガチャ(1回100円)で購入できます
あらかわ2023初-17
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、先に画像掲載した
ヤギ&アルカパ展示場隣の動物関連施設である
ふれあい広場&ふれあいコーナーを撮影した写真です
あらかわ2023初-18
(上画像は、拡大表示可能です)
幼体のヤギ(上画像左)、ヒツジ(上画像右)
ふれあいコーナーで飼育されていて
あらかわ2023初-19
お触りOKな動物です

上画像に写る動物ふれあい体験が楽しめる
ふれあい広場の利用可能時間は
10:00~11:30、13:00~15:30
です
あらかわ2023初-20
アヒルは、ふれあい広場隣の
ふれあいコーナーで飼育されている鳥類ですが
お触りはNGとのことです
あらかわ2023初-21
ふれあいコーナーでは、アヒル(上画像矢印)以外に
上画像に写るモルモットも飼育されてます
あらかわ2023初-21-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像で、皆様に分かってもらえるか?は
分かりませんけれど、あらかわ遊園の
モルモット達の毛並みはツヤツヤ綺麗でした
あらかわ2023初-22
(上画像は、拡大表示可能です)
そんなモルモットは、お触りOKな動物です

上画像に写る動物ふれあい体験が楽しめる
ふれあいコーナーの利用可能時間は
10:00~11:50、13:00~15:30
です
(↑20分ごとに10分の休憩あり)

ふれあいコーナーでは、ウサギ
飼育されているみたいですが
のりゅ達が【どうぶつ広場】を楽しんでいた時
バックヤードから出されてなかったのか?
その姿を見ることができませんでした
あらかわ2023初-23
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、あらかわ遊園内施設の1つで
1階は飲食メニューを販売していて、2階は休憩所な
もぐもぐハウスを撮影した写真です

もぐもぐハウスの隣、上画像矢印方向には
動物展示場が設けられていて
あらかわ2023初-24
(上画像は、拡大表示可能です)
ソコで飼育されているのは
アカカンガルー(上画像)です
あらかわ2023初-25
(上画像は、拡大表示可能です)
アカカンガルー展示場付近で飼育されているのは
世界最大の齧歯類動物であるカピバラ(上画像)です
あらかわ2023初-26
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラは、給餌OKな動物でエサは
現金100円 or のりもの券1枚で購入できました

次女がエサやりしてた時
カピバラが大中小と集まったのが印象的でした
あらかわ2023初-26-0
(上画像は、拡大表示可能です)
次女は、幼体なカピバラを
ひいきして、エサを与えてました

あらかわ2023初-26-1
(上画像は、拡大表示可能です)
成体なカピバラさんが
つかまり立ちして
クレクレPRしてたのに
次女の心には
響かなかったようでした…

あらかわ2023初-27
(上画像は、拡大表示可能です)
カピバラさんは、上画像イベントの
対象動物でもありますので
心惹かれた方は、上画像を拡大して確認するなり
ご自分で調べるなり、しっかり情報収集してから
あらかわ遊園に遊びに行ってくださいませ
あらかわ2023初-28
(上画像は、拡大表示可能です)
様々な種類のフクロウだったり
ハリスホーク(上画像1番右)
カピバラ展示場隣の展示場で飼育されています
あらかわ2023初-29
(上画像は、拡大表示可能です)
ラストに紹介する動物は
ポニー(上画像)であり
あらかわ2023初-30
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像体験の対象動物です

ポニー乗馬
利用対象 3歳~10歳
受付場所 入園口
定員 平日各回先着20名
土日祝日・春夏冬休み各回先着40名
開催・受付時間 1回目10:30、受付9:00~10:20
2回目13:30、受付10:30~13:20
3回目15:00、受付13:30~14:50
料金 1回100円(フリーパス不可)

あらかわ動物20
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
2023年現在、次女は13歳となり
利用対象外となってしまいましたが
前回(2016年12月)
あらかわ遊園に
遊びに行った時
次女(当時6歳)は
ポニー乗馬を楽しみました

もりのゆうえんち3
(上画像は、2016年12月に撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
今回記事の締めの余談となりますが
次女(当時6歳)が
父親(のりゅ)に
連れられ遊びに行った
あらかわ遊園で
ポニー乗馬を
楽しんでた同日同時刻
マイハニーと
長女(当時8歳)は
千葉県浦安市舞浜にある
上画像テーマパークを
満喫してました~☆


といったところで、今回の回顧録終了です

あらかわ遊園
次回の「遊具&遊戯施設編」に続きます☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
「あらかわ遊園」のフリ-パス料金は安いですね。「東山動植物園」の遊園地は高校生以上の料金が2500円ですので、かなり割安に感じます。
来春に、家族4人でディズニ-シ-へ行く計画を立てていますが、長男がいまいち興味を示さず、2+2で別行動になるかもしれません。子供達も年齢を増すごとに、意見がまとまらなくなるものですね。

Travelkingさんへ

コメントありがとうございます。
お家族内で意見がまとまらなくなったとのことですが
奥様は旅行&おでかけへの熱意を失われていないみたいで羨ましいかぎりです。

我が家のマイハニーは、意見がまとまらないレベルを上回り
加齢や体力低下の影響から疲れるのが目に見えていると言って
30代の頃までは年に数回遊びに行ってたディズニーリゾートへの
興味すら失いつつあります。

ディズニーすら行きたがらないのだから他のスポットは
お話にならないレベルとのことで、旅行&おでかけ不参加が多くなりました。
プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示