fc2ブログ

大久野島ビジターセンターに遊びに行きました

「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
当ブログでは充実していない地域の遊び場や
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

おともだちとおでかけ回顧録第13弾は
広島県竹原市にある「大久野島ビジターセンター」です
大久野ビジター1
2023年11月後半
のりゅは、広島県内にあるスポットを
巡り遊ぶ目的の旅行にて
同県竹原市にある今回記事の舞台
「大久野島ビジターセンター」
遊びに行きました
大久野ビジター2
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」であり
少年時代からの友人である
「かっちん(上画像矢印)」
大久野島ビジターセンターの展示を
観覧した思い出話は回顧録本文で
お送りするとしまして
これより書くのは今回記事序文の余談です
忠海フェリー5
(上画像左は、マイハニーの近影です)
【我が家のクソルール】
“遊びに行きたい”のが
旦那(のりゅ)の場合
その費用は全て
小遣いから支払い

“妻(マイハニー)の場合”
家計費計上とする

これより
家計管理者(マイハニー)と
上記ルールの
【納得いかないこと②】を
記させていただきますね


当ブログ管理人が
家計管理者(マイハニー)から
頂いている月の小遣いは
稼いだ月給の手取り10%
です

そんな立場の自分が
マイハニーに
家計関連で疑念を抱いて
何らかの指摘を伝えるたび
我が家は大黒柱(のりゅ)の
稼ぎが悪いがゆえ
妻(マイハニー)の小遣いを
ゼロ円としてるほど
貧乏なのにもかかわらず
旦那(のりゅ)には
自由に使える
お金を与えてあげてるのに
文句を言うなんて
最低だと反論されます


家計管理者(マイハニー)の
見解としましては
小遣いゼロなのだから

“遊びに行きたいのが
妻(マイハニー)の場合”

その費用の全てが
家計費計上なのは正当
だそうです
大久野ビジター3
家計管理者(マイハニー)の
見解によりますと
先述ルールの

“遊びに行きたいのが
妻(マイハニー)の場合”
には
韓国の男性アイドルグループ

「ストレイキッズ」
コンサートに行くのも
該当するのは当たり前で
そのための全費用が
家計費計上なのは正当
だそうです
大久野ビジター4
ストレイキッズコンサートは
公式ファンクラブに
入会してないと
チケットを得難いので
家計管理者(マイハニー)の
見解によりますと
その会費は関連費用で
家計費計上なのは正当
だそうです
大久野ビジター5
マイハニーが
上画像アイドルグループの
コンサートにも行くことを
熱望しており
公式ファンクラブに
入会してないと
チケットを得難いので
家計管理者(マイハニー)の
見解によりますと
その会費は関連費用で
家計費計上なのは正当
だそうです

大久野島ビジターセンター
(管理団体HPの紹介ページへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 535キロ(片道)
※大久野島に行く船に乗れる港までの距離

到着目安 7時間

高速料金 11840円(最寄のIC降車の場合)
※2024年2月時点

駐車場 約200台 無料
※大久野島に行く船に乗れる港に
設けられている駐車場の収容台数

所在地 〒729-2311
広島県竹原市忠海町大久野島
※大久野島に行く船に乗れる港の所在地は
〒729-2316 広島県竹原市忠海中町1-2-1

電話 0846-26-0100

定休日 水曜日(1-2月は水・木曜日)、年末年始

営業時間 9:00~16:00

入場料 無料

大久野島⇔港の往復乗船料 中学生以上720円
小学生360円
※保護者1名の付添につき未就学児1名まで無料
保護者1名に対して未就学児が複数名乗船する場合
2名以降の幼児は小学生料金となる

備考 大久野島行き戻りの船は
強風や荒天時、欠航の可能性あり


忠海フェリー9
(上画像は、拡大表示可能です)
大久野島と周辺マップです

大久野島ビジターセンターを
内包している大久野島

広島県竹原市にある
「忠海港(紹介記事へ)」から船で行けますが
詳細情報、注意点、耳よりな情報などを
知りたい方は同港が舞台の回顧録を閲覧ください
大久野島5
(上画像は、拡大表示可能です)
大久野島マップです

周囲約4㎞な大久野島は
宿泊施設、展示施設、テニスコート、グラウンド
プール&海水浴場もアリな複合レジャースポットです
忠海フェリー8
(上画像は、拡大表示可能です)
さらにですが
数百~千羽ものウサギ
生息してることで有名
ですけれど
詳しい情報を知りたい方は
大久野島(紹介記事へ)が舞台の
回顧録を閲覧くださいませ
大久野ビジター6
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、そんな観光島内の
自然・環境情報ステーションな
大久野島ビジターセンターの
入退場口周りを屋外から撮影した写真です
大久野ビジター7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、入場料金無料な
大久野島ビジターセンター

スポット概要案内を撮影した写真です

上画像の案内に記されていますとおり
大久野島ビジターセンターは
※竹和紙作り体験なども楽しめるスポットですが
事前予約制であり
予約可能日は水・木曜を除いた毎日であり
少々の参加費は必要とのことです
※(上画像赤線部分記述参照)

竹和紙作り体験以外のクラフトプラグラムに
興味アリな方は管理団体HPの紹介ページの
プログラム案内ページを閲覧ください
大久野ビジター8
(上画像は、拡大表示可能です)
大久野島ビジターセンター館内マップです

大久野島ビジターセンター内には
アレコレな展示が設けられてます
大久野ビジター9
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写る大久野島の風景やら
島内や近くの海に生息する生物やらの
展示も設けられてますが
大久野ビジター10
(上画像は、拡大表示可能です)
お子様でも楽しめる
科学館的展示も設けられており

上画像は、その1つである音楽の樹です

ハンドルを回るとボールが運ばれ
螺旋コースを転がって下っていきますので
その様を見て楽しめ、さらに利用者が
人力で発電した数値が表示されます
大久野ビジター11
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の展示は、空から見た大久野島です

ガラス床下には、大久野島の
巨大ジオラマが設けられており
同島を空から眺めている気分で
見て楽しめる内容の展示ですが

大久野ビジター11-1
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達の遊びに行った時は
上画像な透明具合でした

大久野ビジター12
(上画像は、拡大表示可能です)
空から見た大久野島には
大久野島ビジターセンターの
マスコットキャラクター?な「ぴょん吉」くんが
大久野島の名所を巡るコースを教えてくれて
知りたい場所のボタンを押すと
巨大ジオラマの該当する所が光るナビ機能付です
大久野ビジター13
そんな機能を使ってみたら
大久野島の巨大ジオラマの一部分が
パコッと開いて、ぴょん吉くんが登場しました

上画像演出は
幼児園児くらいなら
大喜びしちゃってテンションが
上がっちゃうかもと思いました

大久野ビジター14
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の展示は、瀬戸内海ものしりクルーズです
大久野ビジター15
(上画像は、拡大表示可能です)
瀬戸内海ものしりクルーズは
航路のポイント穴に
船型差し込み棒を挿入する
ぴょん吉くんが、その地域を案内してくれる展示です

「いやぁぁ!やめてぇぇ!
挿れないでぇぇぇ!!」と
脳内1人芝居しながら
上画像展示を
利用してみたら44歳でも
それなりに楽しめました~♪

大久野ビジター16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像にて、かっちんが通り抜けたのは
天と地の巨木という展示?orオブジェ?で
大久野ビジター17
(上画像は、拡大表示可能です)
その先は、不思議の海底(上画像)です

海底洞窟を探検する気分で
通過して楽しめるかもですし
大久野ビジター18
不思議の海底内では
ウミホタルの映像が上映されていて
ソレを見ることもできました
大久野ビジター19
上画像の展示は、不思議の地下世界です
大久野ビジター20
(上画像は、拡大表示可能です)
ウサギ、ヘビが穴を掘って地下で過ごしている様を
巨大断面模型を見て学べる展示こそが
不思議の地下世界です

ココまで紹介した以外にも、管理団体HPの
大久野島ビジターセンター紹介ページによると
クイズゲームやら電子図鑑やらな展示も
設けられているみたいなんですが
この時(2023年11月)も
2024年2月現在も故障中らしくて
今後ですが修理されて
再び利用できるようになるのか?は分かりません

大久野島ビジターセンターの
展示紹介は以上となりますが
大久野ビジター21
同ビジターセンター内には
ストレッチベンチ(上画像)
大久野ビジター22
様々な資料を閲覧できる上画像コーナーもあります

といったところで、今回の回顧録終了です

大久野島ビジターセンター
心惹かれましたら遊びに行ってみてね☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ご友人と遠方までお出掛けになったんですね。ビジタ-センタ-は、なかなか見応えのある施設のようですね。
我が家では、生活費を妻に渡しているので、家計費というものは存在しません。よって、お出掛けや外食にかかる費用は全て私の負担となります。妻からは、給料を家計へ入れるように言われていますが、どちらがいいんでしょうね。

Travelkingさんへ

コメントありがとうございます

次回、次々回と大久野島内スポットを紹介しますので
良かったら、ご家族での旅行を検討してみてくださいませ

結婚してる友人数名は、Travelkingさんと同じで
奥さんに稼いだ給料から生活費を渡して、やりくりしてもらい
残りは自身で管理しているみたいであり、自分などでは
こちらの方が良いかは分かりませんが羨ましいとは思います
プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示