fc2ブログ

宮島水族館 スポット概要&イベント編

「こどもとおでかけ回顧録」過去の記事探しには
「訪問地別目次(クリックにて飛びます)」
活用されると便利ですし
当ブログでは充実してない地域の遊び場や
自然景勝地スポットなどについて知りたい方
宿泊施設を重視して旅行を検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

おともだちと旅行中に
1人おでかけ回顧録第3弾

広島県廿日市市にある
「宮島水族館 スポット概要&イベント編」です
宮水族初0
2023年11月某日
のりゅは、広島県内のスポットを巡る旅行にて
同県廿日市市にある今回記事の舞台
「宮島水族館」
1人遊びに行きました


上画像に写っているのは
当ブログ管理人であり
撮影してくれたのは
旅行の同行者だった友人
です

ピースしながら
スポット名表示の下に立ち
友人に撮ってもらった上画像を
見てもらえれば、ある程度は
分かってもらえるとは思いますし
自分で自分のことを
書くのもなんですが

当ブログ管理人は
※【浮かれポンチ】
です
※(浮かれポンチ→お調子者で
間抜けな行動をとる人のこと)

弥山霊火堂13-3
(上画像は別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像パネル穴2箇所に
交互に顔ハメして友人に
それぞれバージョンな
写真を撮ってもらったのち

弥山霊火堂13-2
(上画像は別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の結合写真を
暇潰しで作成したのち
不特定多数に
見てもらいたいとの欲求を
覚えて、マイブログで
公開しちゃうくらい
自分は
【浮かれポンチ】
です
おりづるタワー0-1
(上画像は別スポットで撮影した写真です)
【浮かれポンチ】な
当ブログ管理人

宮島水族館に
1人遊びに行っていた間
友人は上画像の資料館に
1人入館してました


当ブログは
おでかけスポットを
紹介している回顧録な
ウェブサイトですが

【浮かれポンチ】な
管理者である自分と
上画像の資料館との
相性は最悪だと吟味
して
その熟慮の結果
同資料館には
行かないことを決めたのち
友人と別行動して
宮島水族館に
1人おでかけしました


宮島水族館
(公式HPへ)

おでかけ先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 600キロ(片道)
※宮島口旅客ターミナルまでの距離

到着目安 7時間35分

高速料金 13250円(最寄のIC降車の場合)
※2024年4月時点

宮島口旅客ターミナル駐車場 300台
※24時間出庫可で
月~金の7:00~17:00は、30分/200円
月~金の17:00~7:00は、60分/100円
土日祝の7:00~17:00は、30分/300円
土日祝日の17:00~7:00は、60分/100円
最大料金は
【月~金】7:00~17:00以内 最大料金1200円
【月~金】17:00~7:00以内 最大料金400円
【土日祝】7:00~17:00以内 最大料金1600円
【土日祝】17:00~7:00以内 最大料金400円で
入庫時の曜日・祝日により異なり
繰り返し適用される

宮島口旅客ターミナルの所在地 〒739-0411
広島県廿日市市宮島口1丁目11-5

所在地 〒739-0588
広島県廿日市市宮島町10−3
※宮島水族館に行くには
宮島口旅客ターミナルから
連絡船に乗船する必要あり

電話 0829-44-2010

定休日 無休
※施設整備・点検のため臨時休館日あり

営業時間 9:00~17:00 
※最終入館時間は16:00

入場料 高校生以上1420円、小中学生710円
4歳~小学生未満400円、4歳未満無料


宮島フェリー9
(上画像は、拡大表示可能です)
宮島水族館を内包する
【日本三景】の1つに
数えられる景勝地な
“宮島”
※「宮島連絡船(上画像矢印)」
乗船することで行けます

※(クリックしますと参照記事に
飛びますので、詳しいことを知りたい方は
リンク先の回顧録を閲覧ください)

厳島神社6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
“宮島”中心部マップです

“宮島”は宮島水族館以外にも
【世界遺産】な「厳島神社(紹介記事へ)」
筆頭に見応えアリな神社仏閣が複数あって
ロープウェイや登山観光も楽しめてと
アレコレ巡りがいバツグンな観光島です

さらに“宮島”はアレコレなグルメも楽しめますが
当ブログ管轄外となりますので
詳しいことは、ご自分で調べてください
宮水族初1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、宮島水族館の外観を撮影した写真です

入場料金は、高校生以上1420円
小中学生710円
4歳~小学生未満400円
4歳未満無料な宮島水族館
の建物は
“宮島”の景観を損なわないように
考えて造られた建築物とのことです
宮水族初2
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな建築物内な宮島水族館1階マップです
宮水族初3
(上画像は、拡大表示可能です)
宮島水族館2階マップです

380種15000点以上の生物を
展示している宮島水族館は
中国地方有数の水族館
であり
宮水族初3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
瀬戸内海に棲息する生物を中心に飼育しており
同水族館の目玉は
スナメリ(上画像)
だと思われます

世界最小クラスの鯨類なスナメリを
見れる国内スポット数は一桁
であり
なかなかにレアな生物です
宮水族初3-2
(上画像は、拡大表示可能です)
スナメリ以外にも小水槽群(上画像左参照)で
飼育されているアレコレな生物を見て楽しめますし
宮島水族館内には水量ン百トンな
大水槽(上画像右)も設けられてます
宮水族初3-3
(上画像は、拡大表示可能です)
さらに、宮島水族館内には
凝った装飾の水槽(上画像左参照)や
ライトアップ&プロジェクションマッピング演出アリな
水槽(上画像右参照)も設けられてますが
同水族館の展示については
次々回の回顧録で詳しく紹介します

スポット概要は以上としまして
今回記事の副題は
「スポット概要&イベント編」です

ここからは、宮島水族館の
イベントの数々を紹介
しながら
参加した催しは思い出を振り返ります
宮水族初4
(上画像は、拡大表示可能です)
ペンギンお食事タイム
開催場所 2階 ペンギンプール
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


飼育員の方が、フンボルトペンギンについて
解説しながら給餌するイベントです

当ブログ管理人が参加した際には
高速水泳して獲物を捕食するフンボルトペンギンは
動体視力が非常に良いとの情報を
飼育員の方が小魚を素早くブラブラさせ
同鳥類が目で捕捉して首振りで追えるとの
実演を通じて学べましたし
個体名の由来だったりも聞けました
宮水族初5
(上画像は、拡大表示可能です)
飼育員の方が、展示場に入場した直後
エサを求めるフンボルトペンギンに群がられて
少々あわてられていた場面も見れました
宮水族初6
あと、当ブログ管理人が
宮島水族館に遊びに行った時期は
エサやり体験アリVerな
ペンギンお食事タイムも
開催されてました


スタッフの方に質問しての回答によると
エサやり体験アリVerな
ペンギンお食事タイムは
飼育員の方が
定員3名で希望者を募り
人数が多いのなら
ジャンケンとの流れになる
とのことです
宮水族初7
(上画像は、拡大表示可能です)
ペンギン撮影会
開催場所 1階 ふれあい広場
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


フンボルトペンギンと記念撮影できるイベントですが
スタッフの方に撮ってもらうことはできないとのことです
宮水族初8
(上画像は、拡大表示可能です)
ペンギンふれあいタイム
開催場所 1階 ふれあい広場
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


フンボルトペンギンに
触れちゃうイベント
ですが
公式HPを確認した限り
2024年4月現在は開催されてませんけれど
そのうち再開されるかもなので紹介しておきます

ドキドキしながら
順番待ちしたのち
ペンギンふれあいタイムに
参加しましたが
子連れ客が行列の大半の中
44歳おっさん(自分)が
独り交じって並んでた状況も
胸が動悸してた理由の1つ
です
宮水族初9
(上画像は、拡大表示可能です)
で、上画像は
ペンギンふれあいタイムが開催される前
展示場から、フンボルトペンギンが
運ばれてきた場面を撮影した写真です

運搬されてたフンボルトペンギンが
手足を高速でバタバタさせてた姿は
なかなかに可愛かったです
宮水族初9-1
ペンギンパレード
開催場所 不明
参加料金 不明
備考 詳しいこと知りたいのなら電話確認推奨


ペンギン複数羽が展示場外を
散歩するイベントだと思われますが
公式HPを確認した限り
2024年4月現在は開催されていません

ペンギンパレードについて詳しいことを知りたいのなら
電話確認されることを推奨します
宮水族初10
(上画像は、拡大表示可能です)
テッポウウオシューティングタイム
開催場所 1階 テッポウウオ水槽
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


テッポウウオが、水鉄砲を噴射して
吊り下げられたプレートに貼り付いているエサを
落として食す場面を見ることができるイベントですが
当ブログ管理人が参加した時
5分くらい待っても同魚類は
シューティングしてくれませんでした


テッポウウオシューティングタイム参加時
別イベントの開催時間が迫っていて
ハイライトシーンの観覧&写真撮影を
諦めて移動してしまったので
肝心な場面の画像は掲載できません
宮水族初11
アザラシふれあいタイム
開催場所 1階 ひれあしプール前
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


当ブログ管理人が
テッポウウオシューティングタイムの
ハイライトシーンの観覧&写真撮影を
諦めた理由なイベントであり
宮水族初12
(上画像は、拡大表示可能です)
アザラシふれあいタイムは
開催されますと

ゴマフアザラシ(上画像)
展示場から出てきますので

宮水族初13
(上画像は、拡大表示可能です)
触れて毛並みを体感できちゃいます

ちなみの思い出話となりますが
アザラシふれあいタイムの
順番待ち時も
落ち着いた気分では
居られませんでした…

宮水族初14
(上画像は、拡大表示可能です)
カワウソお食事タイム
開催場所 1階 カワウソプール
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


コツメカワウソ(上画像)の食事場面を
見ることができるイベントです
宮水族初15
当ブログ管理人が参加した時は、食事場面だけでなく
ボールで遊んでたシーンも見れました
宮水族初16
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像ラブリー場面も見れました
宮水族初17
(上画像は、拡大表示可能です)
カワウソふれあいタイム
開催場所 1階 ふれあい広場
参加料金 無料
備考 定員アリな催しで
参加するには、イベント開催時間前に
ふれあい広場付近に設置される予約カードを
取得する必要があるので、公式HPにて
情報確認することを推奨


キュートなコツメカワウソと
握手&タッチできちゃうイベント
です
宮水族初17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
トドお食事タイム
開催場所 2階 トドプール
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


大型海獣なトド(上画像)の食事場面を
見ることができるイベントです
宮水族初18
(上画像は、拡大表示可能です)
魚たちのお食事タイム
開催場所 1階 いやしの海
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


大水槽で飼育されている魚(上画像参照)に
ダイビング装備したスタッフの方が水中に潜って
給餌する場面を見ることができるイベントです
宮水族初19
(上画像は、拡大表示可能です)
生きものおもしろ講座
開催場所 1階 せとうち研究所
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


スタッフの方が生物について
おもしろおかしく教えてくれるイベントです
宮水族初20
(上画像は、拡大表示可能です)
夏期:ジャブジャブタイム
冬期:なでなでタイム

開催場所 1階 ふれあいの磯
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


夏期に開催され、タッチプールに裸足で入って
磯の生物に触れるのが、ジャブジャブタイムであり
6月~10月間に開催され、スタッフの方の解説が聞け
ふれあいも楽しめるのが、なでなでタイムとのことです
宮水族初21
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ジャブジャブタイム&なでなでタイムの
開催会場を撮影した写真です
宮水族初22
(上画像は、拡大表示可能です)
オットセイのお散歩タイム
開催場所 1階 ライブプール
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


ミナミアメリカオットセイ(上画像左)
1階 はつこい庵→1階 ライブプールと
散歩するイベントです

オットセイのお食事タイム
開催場所 1階 はつこい庵
参加料金 無料
備考 公式HPの開催スケジュール確認推奨


ミナミアメリカオットセイの食事場面と
パフォーマンスを見ることができるイベントです

といったところで、今回の回顧録終了です

宮島水族館
次回の「アシカライブ編」に続きます☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりゅ

Author:のりゅ
静岡県浜松市浜北区在住
HNのりゅです、はじめまして
皆様は「子供のように遊びたい」
って思いませんか?

※子供を隠れ蓑にして遊べば
周囲からは家族想いの
立派なパパに映りますよね♪
(※偽装は、完璧です☆)

子供と一緒に遊びたいアナタの
力になれれば幸いです

各種ランキングに参加しています
下リンクをクリックすると順位が上昇します
応援よろしくお願いします
     ↓
人気ブログランキング 東海地方旅行

日本ブログ村 東海のおでかけスポット

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
2位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示