FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 新ユニバーサル・ワンダーランド 長女と行動編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第149弾は、大阪府大阪市此花区にある
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の
「新ユニバーサル・ワンダーランド 長女と行動編」となります
161-0.jpg
前回記事のおさらいとなりますが(クリックで、前回記事へ)
のりゅと次女が「新ユニバーサル・ワンダーランド」
遊んでいると別行動をしていた嫁から
「長女が、新ユニバーサル・ワンダーランドで遊びたがっている」
との内容の電話が入り
嫁は、時間の許す限り「ユニバーサル・クールジャパン」
を見に行きたいとの希望を伝えてきましたゆえ、ペア交代
今度は、のりゅと長女のペアが
新ユニバーサル・ワンダーランドで、遊ぶこととなりました

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(公式HPに飛びます)

訪問先基本情報

我が家の訪問経路
浜松駅→新幹線→新大阪駅→JR線→大阪駅→JR線
→ユニバーサルシティ駅→徒歩→現地

交通費 浜松駅~ユニバーサルシティ駅までの料金 8420円(片道) 
※2015年6月現在

所在地 〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島二丁目1番33号

電話 0570-200-606

営業時間 季節、日によって異なる

定休日 無休

スタジオパス料金 
1デイ・スタジオ・パス 大人(12歳~64歳) 7200円
               こども(4歳~11歳) 4980円
              65歳以上 6470円

Clubユニバーサル会員(登録無料)限定
バースデー・1デイ・パス 大人(12歳~) 6700円
               こども(4歳~11歳) 4580円
※誕生月とその翌月、本人と同伴者5名まで購入可


この時の訪問時、我が家が利用したエクスプレスパス
ユニバーサル・エクスプレス®・パス7 6600円~9800円
(大人、こども共通価格+時期によって価格変動制)
エクスプレスパスの効果
①ハリーポッターエリアの入場確約券付
②※ハリーポッターエリア、USJ人気アトラクションの
  待ち時間が短縮できます
※一部のアトラクションは、時間指定となります

            
他にも、いろいろなスタジオパス、エクスプレスパスがありますが
めんどいので省略します
(訪問時の目的に応じたパスを検討、購入することを推奨します)

セット訪問候補

大阪たこ焼きミュージアム(紹介記事へ) 徒歩すぐ
海遊館(紹介記事へ) 対岸
天保山アニパ(紹介記事へ) 対岸
※海遊館、天保山アニパへは
キャプテンライン(クリックにて、参照記事へ)が便利


161-1.jpg
フライング・スヌーピー
利用条件 身長122cm以上、付き添いありなら身長92cm以上
「※よやくのり」対象(18時まで発券可能)
※よやくのりとは、アトラクションの近くの発券機で
指定時間を予約、その時間に行けば
優先して乗せてくれるので、効率よくアトラクションを楽しめます
無料なので、利用するほうがお得です

161-2.jpg
スヌーピーに乗って、空を飛び、手元のレバーで上下します
低速回転なので、そんなに酔わないと思います
長女は、スヌーピーの上下操作を写真のように
満面の笑顔にて、楽しんでおられました

実のところ、このフライング・スヌーピーに乗って
遊んでいる上の写真は
「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリア」
入場する前、遊んだ様子です
USJ開園時間が、9:30分
我が家の指定入場時間は、10:00時だったので
30分余裕があったため、ちょっとの時間
新ユニバーサル・ワンダーランドで遊んでいたのです

その時、このフライング・スヌーピーと
161-3.jpg
エルモのゴーゴー・スケートボード
利用条件 身長122cm以上、付き添いありなら身長92cm以上
よやくのり対象(18時まで発券可能)


2015年3月に出来た新アトラクション
「エルモのゴーゴー・スケートボード」を家族で体験しました
161-4.jpg
エルモのゴーゴー・スケートボードは
海賊船のような動き+旋回をいたします
端に行くたび、くるんと機体が旋回して
なかなか爽快なアトラクションでした

サンリオキャラクター好きな関係で
「ハローキティのリボン・コレクション」
「時間があれば行きたい」と言っていたものの
嫁は、基本的、お子様向けのアトラクションばかりの
新ユニバーサル・ワンダーランドに、興味がありません
そんな嫁もUSJのCMで、紹介されているコレには
かなり興味シンシンのご様子でした
「乗りたい」との趣旨を大阪行きの新幹線の中で
熱意を持って語っておられました

そんな嫁を見て、テレビのCMひとつで
これだけ熱くなって語れるのだから
嫁みたいなミーハーな人って
基本的に、幸せなんだろうなぁ~

考えてました

「ハリー・ポッター」について
※にわかなんて言葉も
なまぬるいレベルの嫁

(※小説はおろか、映画も見たことがない人)
ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリアへ
行きたがっていた理由も
『※SMAP』が、ハリーポッターのエリアをCMしていて
街や城を歩いて宣伝する番組を見たから…」
でしたからね~
(※嫁は、自称元ジャニオタです
でも、のりゅは、今でも十分ジャニオタだと思っています)



搭乗後、エルモのゴーゴー・スケートボードについて
嫁に、感想を聞いてみたところ「1回乗ったら満足」だそうです
160-25.jpg
同じくテレビのCMで、紹介されていた新アトラクション
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて、のりゅと次女が楽しんだ
「モッピーのバルーン・トリップ」については
実物を見るまでは、嫁は
目を輝かせて「乗りたいわ~」
なんて語っていたのですが
「何アレ…CMと違うじゃん」と
実物を見た瞬間、興味を失ったご様子
モッピーのバルーン・トリップに乗ることなく
ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリアへ
移動しました

そういう経緯だったので、ここから先の回顧録が
本当の「長女と行動編」なわけですね
(ちなみに、ハリー・ポッターエリアの回顧録を読みたい方は
こちらをクリックで飛びます)

161-5.jpg
スヌーピーのグレードレース
利用条件 身長122cm以上、付き添いありなら身長92cm以上
よやくのり対象


新ユニバーサル・ワンダーランド最恐のアトラクション
それなりのスピードで走行するジェットコースターです
(といっても、のりゅや長女には、全然怖くないレベルです)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
読んでもらえればわかってもらえますが
次女の捨て身の拒否行動によって
一時、断念せざる得ませんでした

そして、上写真は、長女を連れてのライドを終えた後の様子です
ライド受付前、次女の捨身の拒否行動の結果
巻き添えを喰らったスタッフの方
「先ほどとは、違うお嬢さんなんですね」
なんて、少々笑われながらの対応となりました
(重ね重ねすみませんでした)
161-6.jpg
ハローキティのリボン・コレクション
利用条件 特にありませんが
推奨年齢は、3才~6才のお子様とのことです


サンリオキャラクター好きの嫁が
「時間があれば行きたい」と語っていたアトラクションです
ユニバーサル・クールジャパンを優先したので
嫁は、今回体験せず閉園となりました

アトラクションの内容は、とりあえず「キティちゃん」に会えます
161-7.jpg
リボン・コレクション内部に入ると
キティちゃんが、考案、手がけたファッションのデザイン画が
飾られていました
キティちゃんは、デザイナーとしても超一流です

しかし、皆様
キティちゃんの能力は、デザイン技術だけではありません
そもそも、このリボン・コレクションのあるエリア
「ハローキティ・ファッション・アベニュー」
「ハリウッド帰りのセレブなハローキティが
リボンをテーマにしたブティックをオープン」

公式HPで紹介されてますからね~
つまり、海外で学んだキティちゃんが、エリアをコンセプト
そして、施工の監修、さらに、経営までしているという意味です
彼女は、創業者経営者としても
超一流なわけであります

以前「サンリオピューローランド」へ訪問した際
(クリックにて、参照記事へ)
のりゅは、キティちゃんの持つスキルの多彩さ、レベルの高さに
度胆を抜かれましたけれど、ここでも驚愕させられてしまいました

仕事を選ばないことで有名(クリックにて、詳しいサイトへ)
キティちゃん、のりゅにとって
尊敬するけど見習いたくない方ですね
161-8.jpg
キティちゃんの部下の方が受付
長女は、名前を聞かれていました
161-9.jpg
161-10.jpg
館内の奥に通してもらえると
キティちゃんの手がけたドレスを試着体験できるコーナーや
161-11.jpg
利用客を退屈させない配慮からか
このようなおしゃれな滑り台が設置されてました
(さすが、キティちゃんですね、スキがありません)
161-12.jpg
そして、メインの展示となる「リボン・コレクション」です
キティちゃんのデザイン、作成した
リボンのコレクションが、大量に飾られていました

キティちゃんには「ミミィちゃん」という双子の妹がいる
お話は有名ですね
2人はソックリすぎて家族でも見分けがつかないので
リボンのつけ方で、周囲から区別してもらっているそうなのです
よって、キティちゃん、ミミィちゃんにとって
リボンは、大事なおしゃれのチャームポイント
様々なデザインのリボンが、大量に必要となるとの事情が
理解できます

しかし、のりゅは、別の理由を察してました
きっと、キティちゃんは、こなさなきゃならない仕事が多すぎるから
「※多重影分身の術」を使って、仕事をしており
その仕事に応じたデザインのリボンが、必要なんだろう…
と推理してみたのですが、皆様どう思いますか?
(※キティちゃんなら、使える気がします)
161-13.jpg
そして、いよいよアトラクションクライマックス
雑誌のモデルの撮影を受けていたキティちゃんが
お忙しい中、わざわざお時間を空けていただき
うちの長女の※名前(実名)を呼び
親身に、触れ合ってくださいました
(※サンリオピューロランド来園時も会っているので
長女の名前を覚えていたのでしょうか?凄いですよね♪)
161-14.jpg
一緒に、記念撮影
この後、のりゅもキティちゃんと一緒に
記念撮影をすることになり
その際の誘いの言葉は
「おにーさんもご一緒に」ですよ
営業・交渉技術完璧ですよね
161-14-1.jpg
キティちゃんの営業・交渉技術に、負けてしまいました
記念撮影の写真代は、自腹でございます

リボン・コレクションにて、商売上手なキティちゃんに
してやられた後
161-15.jpg
セサミのビッグ・ドライブ
利用条件 6歳~12歳のこども(大人不可)

セサミのビッグ・ドライブへ移動
今回、来園時、アトラクションの締めとなりました
161-16.jpg
辺りは、相当暗くなっていて
長女1人しか利用者がいませんでした

よって、長女1人に、変な帽子をかぶせてもらえ
2人のスタッフの方が、ドライブを盛り上げてくれる
サービス対応付の締めとなりました

※今回体験できなかった
(※機会は、あったけど次女の拒否されました)
新ユニバーサル・ワンダーランドのアトラクションに
「エルモのリトル・ドライブ(3歳~5歳のこども、大人不可)」
いうモノがあります

基本は、ビック・ドライブより狭いコースに
リトルドライブ1
去年、来園時の写真となってしまいますが
こんな感じのカートに乗って、楽しめます
(3~5歳のこどものみですよ、大人は乗れません)

といったところで、今回の回顧録終了です

次回は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の回顧録、最終回
「マジカル・スターライト・パレード編」となります
お楽しみに☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.