FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
海遊館へおでかけ(2015年5月訪問) 中編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第153弾は、大阪府大阪市港区にある水族館「海遊館」
中編となります
165-0.jpg
上の写真が、海遊館が誇る「太平洋」を再現した
世界最大級の水槽です
(最大長34メートル、深さ9メートル、水量5400トンだそうです)
のりゅが、撮影したへっぽこな写真の数々の中では
1番大水槽の迫力を感じられたので
回顧録トップ画像として掲載いたしました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)「海遊館」の順路に沿って
「グレード・バリア・リーフ」の水槽までを堪能した我が家族
(長女は、写真撮影に夢中なのか
水族館に夢中なのか、よくわかりませんが…)
165-40.jpg
「瀬戸内海」の水槽(鯛やタコ)を越えた先に
165-0-1.jpg
太平洋を表現した大水槽に到着
そして、ここには、海遊館のシンボルといえる魚がいます
2014年7月に、2匹いたソレが相次いで死亡してしまい
海遊館のシンボルが、不在の時期もあったそうですけれど
去年、5月の訪問に続いて、その姿を拝見することができました
(クリックにて、去年の訪問時の回顧録へ)

海遊館(公式HPへ)

訪問先基本情報

訪問ルート例
浜松駅→新幹線→新大阪駅→JR線→大阪駅→JR線→弁天町駅
→地下鉄→大阪港駅→徒歩→現地

交通費 浜松駅~大阪港駅までの料金 8700円(片道)
※2015年6月現在 

所在地 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1−1−10

電話 06-6576-5501

営業時間 10:00~20:00 季節によって変動
       (最終入館は19:00)

定休日 1月、2月に年間4日間

入館料 大人(高校生以上) 2300円
     小・中学生 1200円
     幼児(4歳以上) 600円
     シニア(60歳以上) 2000円
※キャプテンラインとのセットチケット料金は
クリック先を参照


セット訪問候補

天保山アニパ(紹介記事へ) 徒歩すぐ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(紹介記事へ) 対岸
大阪たこ焼きミュージアム(紹介記事へ) 対岸
※USJ、大阪たこ焼きミュージアムへは
キャプテンライン(クリックにて、参照記事へ)が便利


165-0-2.jpg
海遊館のシンボル「ジンベイザメ」が、こちらへ向かって
泳いできました(赤枠部分)

次女は「すご~い!」と大水槽に貼りついて眺め
長女は、シャッターチャ~ンスと言わんばかりに
カメラ(単射撮影しかできない古いデジカメ)を構えました
165-1.jpg
この時、長女の写したジンベイザメ
甚兵衛(じんべい)の模様が確認できますね
欲を言えば、しっぽが切れてなければ良かったのですけど
165-1-1.jpg
頭部辺りのドアップ
海遊館の入館前、拡大撮影のやり方を教えておいたのですが
使って撮影したようです
6歳児にしては、なかなかたいしたモンですよね?
165-3.jpg
遠方にいる様子
165-4.jpg
正面、下から…と、まぁ~熱心に撮影してくれてました
水族館を楽しんでいるのかは不明でしたけれど…
165-5.jpg
のりゅも負けじと
連射機能付、長女の持つモノより
新しいデジカメ
にて、ジンベイザメを撮影
甚兵衛(じんべい)の模様を確認できて
全身の姿を撮影成功と思っていたら
後で確認したらしっぽの半分が隠れていました

これで、上の写真が、1番見栄えがいいのだから
自分の撮影能力の無さが嫌になりました
165-6.jpg
165-7.jpg
長女とジンベイザメです

海遊館は、大水槽に沿って螺旋状に降下していく
順路となってます
そして、大水槽の反対側にも展示はあり
165-8.jpg
前回記事で紹介した(クリックにて、前回記事へ)
「モンタレー湾」水槽の深部
165-9.jpg
「タスマン海」水槽の深部等を見ることができます

タスマン海水槽の深部は、時々
「カマイルカ」が降下してくるのですが、動きが早すぎるのと
のりゅの撮影能力が無さすぎて(こっちの理由が大半)
その姿をうまく撮ることができませんでした(赤枠部分)
165-42.jpg
タスマン海水槽の深部から長女が覗きこむような形で
撮影したカマイルカです(赤枠部分)
165-16.jpg
「特設水槽」「マンボウ」の展示(赤枠部分)
今回は、置物ではなく、本物のマンボウの写真を撮影
無事、回顧録に掲載できました(クリックで、去年の海遊館記事へ)

特設水槽は「年間を通して、その時々の注目の魚を展示」
パンフレットに書いてありますが、去年もマンボウでした
165-17.jpg
「マンボウ最弱伝説」なんてモノがあるくらい
(クリックにて、最弱伝説に詳しいサイトへ)
マンボウは、体が傷つきやすい魚らしく
衝突防止用ネットを張っているとのお話を聞いたことが
ありましたゆえ、確認したところ
本当に張られていました(上写真で、ネットが確認できますね)
165-18.jpg
ちゃんとしたマンボウ全身の姿を撮影したかったので
しばらくシャッターチャンスを待ち続けていたのですが
ずっとこの位置から動かなかったので断念しました
165-13.jpg
「チリの岩礁地帯」水槽
この前あたりで、次女が「お花摘みに行きたい」と言いだして
それに、付き添った嫁とはぐれました

順路を戻って、トイレに行ったのか?
順路を進んで、トイレに行ったのか?
ぶっちゃけ嫁と次女が、どっちの行動をとったのか
見ていなかったので、困ったことになりました
(のりゅたちが、順路を進んで、はぐれたってことは
順路を戻ったのだと思われます)

どぉするかな~?電話してみるかな~?
なんて考えていると
長女が「パパ、どうしたの?先行こうよ」と急かしてきました
そして、のりゅが、嫁や次女とはぐれたことを伝えると

長女「ほっとけばいいよ」

と提案してきましたゆえ
本当に、ほうっておきました
(まぁ~いいや、何かあったら電話あるだろうし…と考えました)
165-14.jpg
はぐれた嫁と次女のことは、綺麗さっぱり気にしないことにして
順路を進んで「クック海峡」水槽に到着
165-15.jpg
長女の撮影「アカウミガメ」です
165-41.jpg
順路を進んで、「日本海溝」水槽

この辺りまでに、嫁から10回くらい着信があったようですが
その着信に、気づかなかったのは、ありがちなお話ですよね♪

といったところで、今回の回顧録終了です

「海遊館」次回へ続きます☆
(次回、後編は、こちらをクリックで飛びます)
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.